<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.492)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「なんで、~しちゃいけないの?(~を行っては、いけないのか?)」の、発言(記事No.491)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「なんで、~しちゃいけないの?(~を行っては、いけないのか?)」の、発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(行動)を批判されると、「なんで、~しちゃいけないの?(~を行っては、いけないのか?)」と、発言する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「本当の悪事を行ってはいけない理由」とは、別の部分を理由にして、「行っては、いけないのか」と、主張(表現)する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、悪事が阻止される理由を、「本当の悪事を行ってはいけない理由」とは、別の解釈をしていると、主張(表現)する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を、「本当の悪事を行ってはいけない理由」とは、別の方向から捉えた認識で、「行っては、いけないのか」と、主張(表現)する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を批判されると、故意に、自分は正しいことをしていると、間違った認識(主張)をしようとする。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人は行っても良いこと(許可されていること)」を、「他人は行っているのに、自分は行っては、いけないのか」と、主張する。

  (1)。現実の真実として、「他人と自分は、立場や権利や能力が違う」、「他人と自分の、状況が違う」、「本当の悪事を行ってはいけない理由とは違う(無関係)」、「他人と自分を同じに扱うことに、正当性が無い」などの状態(主張)なので、他人と自分を同じに扱えという主張は、悪事を行ってもよいという理由には、ならない。

<3>。どんな理由(認識)であっても、悪事に含まれることであるならば、行ってはいけない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は~しただけ、だから、悪くない」と、主張する。

 ②。どんな理由(認識)であっても、悪事が発生するのならば、行ってはいけない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、部分の認識、曲解などを使って、表の理由を作り出す。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、罰から逃れようとする為などに、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかけることで、相手に不快感を与える(嫌がらせを行う)ことが、楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかけることで、自分が相手を騙して、相手を操縦することが楽しい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかけることで、相手に自分の悪事の批判を諦めさせようとする。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な機能が無いので、故意に曲解(言い訳)などをしない場合も、悪事の批判を受けている状態に、「何が問題(原因)」か、「本当の悪事を行ってはいけない理由」などが分からない場合がある。

<7>。「★1の<5>と<6>」の、どちらにしても、悪事(悪人)である。




★やる事の提示・「行うこと」

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、うやむやにしては、いけない(記事No.490)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、うやむやにしては、いけない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、「うやむやにしよう」とする対応をするので、悪事が進行するのである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、「うやむやにしよう」とする対応をするので、1つも、異常な状態が、正しく治らないのである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、「うやむやにしよう」とする対応をするので、捏造の世界で生きることを強要されること(不幸)が続くのである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の、「1つ1つに」、決着をつけるべきである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の、「1つ1つに」、「何があったのかの分析」、「どう対処するのか(罰)」、「再発した場合の対処法」など、の処置をするべきである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事、悪人に、1つも見落とさず、決着をつけること。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事への、罰の、見せしめの力(悪事を行った場合の罰の見本)が弱いのなら、悪事を阻止する力も弱まる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事へは、強力な罰を与えること。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事への罰は、捏造の世界で生きることを強要されること(不幸)が続くことを、止める為の力である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事へ処置を行わないので、常に、私の近辺に、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が徘徊している(彷徨う、自由に行動している)、危険な状態があるのである。

<5>。私(神)は、発生した悪事、存在している悪人の、全てに、許すことが無い。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、異常である(記事No.489)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、異常である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、間違っているもの(価値観)である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の正義とは、全体を捉えず、部分だけを要素に使い、判断した結果の、間違っている正義である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の正義とは、一部分だけを助けて、他(善人)に不幸を作り出す(与える)、間違っている正義である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の正義とは、全体を捉えず、自分に都合の良い解釈をして作り出された、破綻した理論からの、間違っている正義である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、正義とは、まともな人の『心と考え』を備えている人のような、『心と考え』から生まれたものではなく、他人の正義(善人が求めているものなど)についての発言(表現)などから、正義とは何であるかの推察をして、間違った解釈をして学んだものである。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「正義とは、他人に威張る為のもの」という、価値観である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が正義を使って悪事を批判していると、「他人は正義を使って、威張っている」と、認識する(学ぶ、価値観)。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が正義を使って悪事を批判していると、正義を使えば、他人を批判することが出来る(他人に嫌がらせが出来る、他人よりも優位な立場になれる)と、認識する(学ぶ、価値観)。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違っている(異常な)正義を強要する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、物事に、「自分が」、勝手に、自分の価値観で、決めよう(判定しよう)とする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人(物事)に、「自分が」、勝手に作り出した、自分の価値観を、強要しようとする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、行う必要が無いことを、「行わなくては(しなくては)、いけない」と決めつけ、相手にも強要する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った正義などから、「行う必要がないこと」、「強要される正当(必要)性が無いこと」などを、相手にも強要する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の間違った正義は、『5人組や、5人組の仲間達』の判断の要素に無い、「他人の意志(自由)」を無視した(考慮しない)、強要として表現される。

 ⑤。間違っている正義を、他人に強要することは、悪事である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、悪事を行う為の、表の理由として、使用される場合もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌がらせを行う為に、嫌がらせを行う理由(言い訳)として、『5人組や、5人組の仲間達』の間違った正義を使う場合もある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、正義を悪事の理由にすれば、どんな悪事を行っても、許されると、いう価値観である。

  (1)。通常では許されない行為が、正義を理由にして許されている場合がある。

    現実の真実として、これが許されている理由は、「その状況」に対応した、必要性があり、全体の利益があり、最善(最適)である行為だからである。

  (2)。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に都合の良いように解釈をするので、「正義を悪事の理由にすれば、どんな悪事を行っても、許される」と、いう解釈(世界観、学び)になる。





★真実を認識する為の知識1

現状の基礎(記事No.488)

【★1。現状の基礎】

<1>。まず、神がある。

<2>。そこに、正常な機能を持たず、一般的な神の概念も、理解することが出来ない低能者が、主導権を握り、世界の全てを自分に都合が良いように、オモチャにしている状態がある。

<3>。彼らは、選択や行動の結果を予測することが出来ず、妄想を現実にする為に、強要している。

<4>。彼らは、解決法ではないことを、解決法であると、認識して行動する。

<5>。彼らは、求めるものと、無関係であるものを、関係があると、認識して行動する。

<6>。彼らは、不可能なことを、不可能なことではないと、認識して行おうとする。

<7>。彼らは、求めるものが、手に入れることが不可能であるという、真実の理論を持たない。

<8>。彼らは、他人の幸せの必要性を持たない。

<9>。彼らは、一時的な悪事の快楽や、妄想に、現実逃避しては、現実の不幸を悪化させる。

<10>。彼らは、学ぶこと無く、行い続ける。

<11>。彼らは、神が「何であるか」も、分からない。

<12>。現状は、「分からない」と、いう低能(欠陥)者の、自由行動である。

<13>。神の「絶対」が分からない低能者の、神への暴挙である。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ