<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.1208)

★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、他人(私)に、実際に行わせる(相手の反応を試す)と、いう悪事を行う(記事No.1207)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人(私)に、実際に行わせる(相手の反応を試す)と、いう悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が不快感を感じたので、他人(私)に同じ不快感を感じさせる等の嫌がらせの為に、捏造の状況を作り出し、他人(私)を操作して、他人(私)に、自分の感じた不快感を体感させると、いう悪事を行う。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人(私)が、自分と同じ不快感(状況)に、どんな反応をするのかを見て、「その反応をモノマネすれば良い」と、いう《悪である(間違った)》価値観を持つ。

 (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が不快感を感じたので、他人(私)に、同じ不快感を感じさせる等の嫌がらせの為に、捏造の状況を作り出し、他人(私)を操作して、他人(私)に、自分の感じた不快感を体感させることを、「モノマネする(学ぶ)為に、行っている」と、いう嘘(言い訳、表の理由)を言えば(主張すれば、見れ掛ければ)、悪事を行ったことに、罰を受けない、いう《悪である(間違った)》価値観を持つ。

 (2)。「モノマネする(学ぶ)為に、行っている」と、いうのが《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の言い訳(表の理由)であるが、「モノマネする(学ぶ)為に、行っている」と、いう表の理由は、悪事を行ったことに、罰を受けない理由ではなく、「モノマネする(学ぶ)為に、行っている」ことは、完全な悪事である。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、正解の(正しい)反応とは何であるかを学ぶ為に、自分が体験したことを、他人(私)に同じ体験をさせて、不快感を感じさせる等の嫌がらせの為に、捏造の状況を作り出し、他人(私)を操作して、他人(私)に自分の感じた不快感を体感させる。

 ①。《真実としては》、悪事から手に入れた方法を使うことは、悪事であるので、どんな方法を行っても、正解の(正しい)反応など無い。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》が、実際に行わせた、他人(私)の反応は、正しい(真実の)ものではない。

 ①。実際の場合(真実)の、他人(私)の反応は、「《5人組や、5人組の仲間達》が、実際に行わせた、他人(私)の反応」とは、別のものになる。

 ②。「《5人組や、5人組の仲間達》が、実際に行わせた、他人(私)の反応」を、モノマネしても、正しいもの(認められるもの、許されるもの、褒められるもの)ではない。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、「手柄(功績)を立てると、仲間になれる」と、いう《悪である(間違った)》価値観を持つ(記事No.1206)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「手柄(功績)を立てると、仲間になれる」と、いう《悪である(間違った)》価値観を持つ】

<1>。悪人が、褒められようとする事柄(行動)は、善人に怒りを発生させる(善人から怒りを受ける)事柄(行動)である。

 ①。悪人の群れで、褒められる(高い評価を受ける)事柄は、善人の群れでは、怒られる(敵だと認定される)事柄である場合が多い。

  (1)。悪人の群れでは、長の、仲間として受け入れるかの判断が、「自分より低能者であるか、自分の役に立つか」と、いう《悪である(間違った)》価値観なので、「媚」などが受け入れられやすい。

   1。悪人の群れでは、長の、仲間として受け入れるかの判断として、自分より低能者であり、「正義感の無い方法で、『長に受け入れられよう』、『長の家来(言い成り)になろう』と、する人」が、受け入れられやすい。

  (2)。善人の群れでは、長の、仲間として受け入れるかの判断が、「正しい《心と考え》の表現」である。

   1。善人の群れでは、「正義感の無い方法で、『長に受け入れられよう』、『長の家来(言い成り)になろう』と、する」人は、長の怒りを発生させて駆除される。

   2。善人の群れでは、「正義感の無い方法で、『長に受け入れられよう』、『長の家来(言い成り)になろう』と、する」ことは、長への侮辱である。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、正常な《心と考え》が無いので、善人が「何が原因で、長(仲間、群れ)に受け入れられているのか」が分からない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何が原因で、長(仲間、群れ)に受け入れられているのか」が分からないので、善人の行動を、目で見た情報などの表面上の情報(認識)だけを、モノマネする。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》から見た、善人の群れの、表面上だけの情報(認識)では、群れに受け入れられる(褒められる)方法とは、「手柄(功績)を立てている」ように見える。

   ※補足1。現実の真実としては、群れに受け入れられる(褒められる)方法とは、「正しい《心と考え》の表現」が行われた場面であるが、《5人組や、5人組の仲間達》には、「手柄(功績)を立てている」場面のように見える。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人)が、他の群れに受け入れられようとする場合の方法。

 ①。他の群れの長に、自分の手柄(功績)を渡そうとする。

  (1)。手柄は、人から奪ったものであることが多い。

   1。他の悪人の群れでは、正義感の無い方法の方が、受け入れられやすい。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、善人の群れに入りたい場合には、自分が善人であると、見せ掛けようとする。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、善人の群れに入りたい場合には、自分が善人であると、見せ掛ける為に、「良い人の行動などの、表面上の認識をモノマネしたもの」が使われる。

<例えば>

  ①。「作り笑顔」。

  ②。「臨機応変の無い、会話(流れ、話し方なども含む)」。

  ③。「欲しがっているものを手渡す」

  などで、見せ掛けが行われる。

 ※補足1。《実際としては》、善人が行っていることは、悪人の表面上の認識とは、違うこと(別物)を行っている。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人のモノマネを行って受け入れられない場合、モノマネの方法が間違っていることが原因であり、自分が悪いのではないと《悪である(間違った)》認識をする。

 ①。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、モノマネで失敗しても、自分を低能であると、正しく認識(反省)しない。

<5>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他の群れに受け入れられようとする場合。

 ①。群れの敵を批判することで、その群れに受け入れられようとする。

  (1)。この批判は、手柄(手土産)としての趣旨が強く、正当な批判ではない場合が多い。
 



★やる事の提示・「行うこと」

《5人組や、5人組の仲間達》と戦う立場に存在する人が、《5人組や、5人組の仲間達》と戦わなかった場合の処置(記事No.1205)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》と戦う立場に存在する人が、《5人組や、5人組の仲間達》と戦わなかった場合の処置】

<1>。この処置の対象者。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》と、戦う立場に存在することになった人が、この処置の対象者である。

  (1)。長い歴史上、複雑に絡んだ経緯から、不本意ながらも、《5人組や、5人組の仲間達》と、戦う立場に存在することになった人が存在する。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》と、戦う立場に存在することになった人が、戦わないならば、世界は悪い状態のままであり、改善することが無い。

  (3)。《5人組や、5人組の仲間達》と、戦う立場に存在することになった人が、戦わないならば、他に戦う人(最適な人)が存在しないので、世界は悪い状態のままであり、改善することが無い。

  (4)。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》と、戦う立場に存在することになった人は、戦わないならば、世界中の人の敵(害)である。

  (5)。だから、《5人組や、5人組の仲間達》と、戦う立場に存在することになった人が、戦わないならば、この処置の対象者である。

 ②。《善人の仲間》の一部の、《5人組や、5人組の仲間達》との戦い(善行)に、大きな役に立たなかった人、自己判断から途中脱退した人などが、この処置の対象者である。

  (1)。実際には、もっと、《5人組や、5人組の仲間達》との戦い(善行)に、役に立つことが出来たのに、行おうとしなかった人が、この処置の対象者である。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》と戦うことに、協力していないのに、協力したように見せ掛けた(捏造の映像(情報)の作成を行おうとした)人が、この処置の対象者である。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》と、戦う立場に存在することになったのに、戦わなかった、《本来の自分の人生を生きているような状態》の、外国の俳優なども、この処置の対象である。

 ⑤。女は、この処置の対象外である。対象者は、女が居ない状態で、生涯を暮らせ。

  (1)。私は、この場所に住まないが、「《5人組や、5人組の仲間達》が侵入していないこと」、「正しく処置が行われているか」などを、確認する為に、自発的に、この処置の場所に、行く場合がある。

  (2)。私が、自発的ではなく、操作を受けている状態で、この場所に行くならば、この処置は、正しく行われていない状態なので、何度も発生することになる。

 ⑥。この処置の対象者は、正しい世界を形成する為に、実際には、もっと協力することが出来たのに、行わなかったので、反省する意味も込めて、真面目に、この処置に取り組むこと。

<2>。この処置は、とても軽い罰である。これより重い罰である、拷問を受けることの対象者は、拷問を受けることを優先して、罰を受け入れること。

 ①。拷問を受けることの対象者は、拷問を受けることを優先して、罰を受け入れ、この処置は行わないこと。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、この処置に、一切、関わらないこと。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、この処置に、関わることは、悪事である。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が、この処置を、助力しようとしては、いけない。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、この処置を、行っては、いけない。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》が、この処置を、「判断しよう」、「許可しよう」などと、しては、いけない。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》が、この処置を、「判断しよう」、「許可しよう」などと、することは、悪事である。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》が、よくありがちに、この処置に侵入しようとするので、気を付けること(対象者が不幸な状態であるほど、《5人組や、5人組の仲間達》は侵入しない)。

<4>。この処置とは。

 ①。これは、《5人組や、5人組の仲間達》と戦うべき人が、戦わないと、いう現状を改善する為の、対処(処置)である。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》と戦うべき人が、行うべきことを、行わないと、いう現状を改善する為の、対処(処置)である。

 ②。まともな世界を形成することを、達成することが出来ない状態が、長いので、改善する為の、対処(処置)である。

 ③。行うべきことを、行わなかった、世界(神)の敵への、罰である。

 ④。この処置は、私の好みの内容の、処置である。

 ⑤。この処置は、苦痛があり、この処置の対象者が、行いたくないと感じる方が、効果的である。

 ⑥。この処置は、罰であるので、この処置の対象者は、人生を楽しもうと、しないこと。

<5>。この処置は、正しく達成することが出来ないと、何度も発生するので、気を付けること。

 ①。この処置は、《5人組や、5人組の仲間達》を駆除することが出来たならば、無くなる。

 ②。この処置は、《5人組や、5人組の仲間達》を駆除するまで、無くならない。

<6>。この処置は、世界を正しい状態にする為のものであるので、邪魔(阻止)をすることは、悪事である。

 ①。この処置の対象者に、この処置を行うことを、辞めさせないようにすること。

  (1)。この処置の対象者に、この処置を行うことを、辞めさせようとすることは、悪事である。

<7>。この処置の場所。

 ①。《青森にある、人と、ネット販売用の倉庫のある場所》の近くに、作ること。

 ②。「狭い」範囲の海を、養殖する為に使うので、その海の場所から、近い場所が良い。

<8>。この処置の対象者は、生涯を、この処置の場所に住み、この処置の場所から、出ることが無いようにすること。

 ①。この処置の対象者は、協力者(助力者)に、映像や写真のカメラなどを持たせて、図書館や、店などの品を撮影させて、その撮影したものの中から欲しい品を選んで、手に入れても、構わない。

  (1)。インターネット、通信販売などで、欲しい品を、手に入れても構わない。

 ②。この処置の対象者は、この場所で、仕事(お金を稼ぐ、募金を貰う)などを行っても、構わない。

<9>。この処置の協力者(助力者)。

 ①。正当な、日本の、国家公務員一種ならば、この処置の対象者の、協力(助力)を行っても、構わない(《5人組や、5人組の仲間達》は、学力「など」が無いので、国家公務員一種に、なれないから)。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が成ることが不可能である、アメリカの、正当な、学力「など」を持つ人が、この処置の対象者の、協力(助力)を行っても、構わない。

 ③。この処置の対象者ではない、《善人の仲間》は、この処置の対象者の、協力(助力)を行っても、構わない。

 ④。上記3つだけが、この処置の協力者(助力者)である。上記3つ以外の人は、この処置に協力(助力)しては、いけない。

<10>。この処理の場所に、《善人の仲間》が入っても、構わない。

 ①。この処理の場所に、この処置の対象者ではない、《善人の仲間》が入っても、構わない。

<11>。この処置の場所に、《5人組や、5人組の仲間達》が、入らないようにすること。

 ①。この処置の場所に、《5人組や、5人組の仲間達》が、入ることは、悪事である。

<12>。この場所を、《5人組や、5人組の仲間達》への、拷問を行う場所に使っても、構わない。

<13>。この場所は、常に、映像のカメラなどで監視されている状態にすること。

 ①。この場所の、常に、撮影(記録)されている映像などは、「各国の」政府機関が監視(記録)していても、構わない。

 ②。この場所の、常に、撮影(記録)されている映像などを、世界に、公表しても、構わない。

 ③。この場所の、映像などの情報を、《5人組や、5人組の仲間達》が、見ようとしては(知ろうとしては)、いけない。

  (1)。この場所の、映像などの情報を、《5人組や、5人組の仲間達》が、見ようとする(知ろうとする)ことは、悪事である。

 ④。この処置の対象者などが、自分達が監視されていることを知らなくても、構わない。

<14>。食べ物は、この場所で、収穫を得ることが出来るまでの、始めの半年だけ、他所から手に入れることを許可する。

 ①。この処置の対象者は、畑、田んぼ等に、野菜などを作ること。

 ②。この処置の対象者は、ハーブ(調味料、薬)などを作ること。

 ③。この処置の対象者は、温室で、植物を作ること。

 ④。この処置の対象者は、牛、羊、鶏、豚、馬を育てること。(飼育方法なども学ぶこと、出産も学ぶこと、解体して食べること)

 ⑤。この処置の対象者は、食料の保存方法を学ぶこと。(干し肉、瓶詰など)

 ⑥。この処置の対象者は、海で、養殖をすること。(狭い範囲で良い)

 ⑦。つまり、この処置の対象者は、食べ物は、自分達で作ること。

<15>。この処置の対象者は、生活用品の、自分達で作ることが可能なものは、「全て」、自分達で作ったものを使い、生活すること。

 ①。糸、布、洋服なども、自分達で作ること。

 ②。船、木工、金属、汽車なども、自分達で作ること。

 ③。本を作る為のものは、実際に行い(作り)、学ぶこと。

 ④。パソコンは、部品を手に入れて、自分達で組み立てること。

<16>。この処置の対象者は、《5人組や、5人組の仲間達》から、攻撃を受けることが有るので、鎧と、盾を装備しておくこと。

<17>。この処置の対象者は、学んだことを、全て本に書き、出版すること。

 ①。本を読む可能性のある対象者は、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている人も、含まれる。

 ②。本を読む可能性のある対象者は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、とても馬鹿の状態にされている可能性があるので、「とても」詳しく、「とても」分かりやすい言葉で書くこと。

 ③。本を読む可能性のある対象者は、電気や、文明を持たない状態の可能性がある。

 ④。本は、日本語、英語、ギリシャ語などでも、書くと良い。

 ⑤。本には、電気などを使わない場合の生活方法を、書くこと。

 ⑥。生活の知恵も書いておくこと。

 ⑦。その他、必要なことを、なんでも、書いて出版すること。

<18>。この処置の対象者は、各自が、日記を書くこと。

 ①。世界に、ブログがある状態(時代)ならば、ブログにも、日記を書き、公表すること。

 ②。自分以外に、誰が存在して、何を行っているのかも、書くこと。

 ③。日記は、本として出版すること。

<19>。この処置の対象者は、《21世紀の時代の日本》などから、薬や、医者などを利用しても、構わない。

 ①。だが、自然界からしか、薬が手に入らない場合の為に、医療や、薬を学んで、本を残すこと。

<20>。この処置の対象者は、船の運転、汽車の運転、大型の車の運転などが出来るようになると良い。

 ①。船は、世界を移動する可能性がある。

<21>。この処置の対象者は、仲良く、協力して生活すること。

 ①。特に、アメリカ人は、暴れないようにすること。

 ②。1つの国の為ではなく、世界の為に、行動しようとすること。

<22>。手紙、荷物の郵送などを許可する。

<23>。この処置の対象者は、酒、タバコ、麻薬などを、禁止する。

<24>。この処置の対象者は、本を作りながらも、内容を学ぶこと。

<25>。この処置の場所の、家などの建物は、壁が全て、透明の状態にすること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者の侵入の対策の為に、壁は全て透明であり、中が見える状態にすること。

 ②。床は、透明ではなくても、構わない。

 ③。天井は、透明ならば、衛星から見えるので、良い。

 ④。カーテンを利用しても良いが、部屋に誰も居ない場合には、カーテンを開けること。

  (1)。寝る場合や、病気で寝ている場合などの、必要時には、カーテンを閉めても構わない。

  (2)。つまり、なるべくカーテンを開けて、中が見える状態を保つこと。

 ⑤。トイレも壁は透明であるが、局部を隠せるだけの壁の一部に、曇りガラスのようにする為の、シールを貼っても、構わない。

<26>。必要なもの。

 ①。必要最低限のもので、質素に、真面目に、生活して、よく作業(善行)をすること。

  (1)。この処置の対象者の善行とは、「本を作ること」、「実際に体験して、本の内容の真偽を確認すること」などである。

 ②。文房具。

 ③。本などの資料。

 ④。種。

 ⑤。電気。

 ⑥。パソコン。(メール。ソフトなど)

 ⑦。電話。

 など。




【★2。作成する本】

<1>。ハーブの育て方。使い方。

 ①。種を手に入れて、種を収穫するまでを詳しく。

 ②。薬、香辛料、アロマなど。

<2>。野菜の育て方。

 ①。種を手に入れて、種を収穫するまでを詳しく。

 ②。温度。温室なども、詳しく。

<3>。初歩的な、料理の方法の本。

 ①。初歩的な、料理のレシピ。

 ②。薬膳料理のレシピ。

 など。

<4>。果物などの、木の育て方。収穫の仕方。

<5>。電気の無い時代の、ワインの作り方。

<6>。羊、牛、鶏、豚、馬の、紹介。飼育方法。医療方法。

<7>。海での養殖。

 ①。しじみ、あさり、はまぐり、ほたて。

 ②。こんぶ。

 など。

<8>。保存食の作成法。(干し肉、ジャムの瓶詰など)

<9>。世界中の動物の、紹介。飼育方法。医療方法。

<10>。世界中の虫の、紹介。飼育方法。医療方法。

<11>。電気の無い時代の、木工の本。

<12>。電気の無い時代に、金属を加工する為の本。

<13>。電気の無い時代に、ガラスを作る為の本。

<14>。世界のどの場所に、どの資源があり、どのように利用するのか。

<15>。電気の無い時代に、汽車を、どのように作るのか。

<16>。電気の無い時代に、船を、どのように作るのか。

 ①。船で世界を移動する為に、海流なども、紹介すること。

 ②。電気の無い時代に、港を、どのように作るのか。

<17>。電気の無い時代に、医療を、どのようにするのか。

 ①。電気の無い時代に、薬を、どのように作るのか。

<18>。火力発電、水力発電、風力発電、自転車の発電の方法。

 ①。電力は少なくて、構わない。DVDや、パソコンが見れるぐらいの電力で構わない。

 ②。危険のあるものは、よくない。

<19>。電気の無い時代から来た人への、《21世紀の時代の日本》の暮らし方。

<20>。電気の無い時代に、DVDや、レコードの作り方。

 ①。少なくとも、DVDの内容を読み取りたい。

<21>。電気の無い時代に、糸、布、洋服、毛糸の作り方など。

 ①。電気の無い時代の、足ふみで動くミシンの紹介と、使い方。

 など。

<22>。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合に、利用できる知識。

<23>。電気の無い時代の人に、学力を付ける為の本。(簡単なものから、大学卒業ぐらいまで、さらにあっても良い)

 ①。足し算、引き算、掛け算、割り算など。

 ②。文字の読み書き(ひらがな、かたかな、漢字、ローマ字、ギリシア語、英語など)。

 ③。買い物が出来る為の算数の知識。(消費税の計算も)。

 ④。世界史。

 ⑤。理科(生物、物理、化学)。

 など。

<24>。印刷技術。

<25>。製本技術(紙の作成から)。

<26>。電気の無い時代の、壺の作り方。レンガの作り方。(焼き物)

<27>。電気の無い時代の、建築方法。コンクリートの作り方。

<28>。電気の無い時代の、戦い方。戦術。城の作り方。

<29>。電気の無い時代の生活の方法。

<30>。電気の無い時代の、石鹸の作り方。

<31>。蜂蜜の作り方、利用方法。

 など。





【★3。作成する本の、補助的な説明文】

<1>。本は、手書きで複写(コピー)される場合があるので、挿絵は、線のみで構成されていると良い。(写真の利用よりは、線のみの挿絵が良い)。

 ①。さらに、どのように挿絵を複写すれば良いのかも、本に書いておいてほしい。

<2>。可能であれば、私が、本の内容を確認したい。

<3>。本を書いた作者が、誰なのかを、明確に提示(記載)すること。

 ①。どこから、どこまでの範囲の内容を、誰が、作成したのかを、明確に提示(記載)すること。

 ②。つまり、本の内容の、責任の所在を明確にすること。

 ③。他人の書いた本(他人の手柄)を、自分が書いた本(自分の手柄)であると、見せ掛けようとする悪事に気を付けること。

  (1)。この悪事は、《5人組や、5人組の仲間達》が、よくありがちに、行うことなので、気を付けること。

 ④。参照した本、助力者が誰で、どのような助力をしたのかも、明確に提示(記載)すること。

  (1)。些細な助力は、提示(記載)しないこと。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》の名前がある本は、やり直し(作り直し)である。

<4>。全ての本は、文明、電気、機械などの無い状態で、利用が出来る内容にすること。

 ①。<例えば> 電動ミシンが無い状態なので、足で踏むミシンを紹介して、使用方法などを書くこと。

<5>。本は、全て、未来に残すこと。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組の仲間達》は、アフリカで、正しく埋まっていると、天国に行ける可能性がある(記事No.1204)

【★1。《5人組の仲間達》は、アフリカで、正しく埋まっていると、天国に行ける可能性がある】

<1>。これは、『おまじない』のようなものであり、《5人組の仲間達》が善人になる為の、儀式である。

 ①。この儀式は、神が私に与えた知恵から発生した、《5人組の仲間達》に与える為の、私の好みの内容である。

 ②。この儀式は、神への祈りであり、神への誓いであり、神への願いであるので、真面目に、綺麗な心で行い、神に、自分が、どのようなものかを見せる(提示する)こと。

 ③。この儀式は、神への誓い(約束)であるので、「絶対に」、途中で辞めては、いけない。

  (1)。この儀式を途中で辞めることは、巨大な悪事であり、神の大きな怒りを発生させるものである。

  (2)。私は、《5人組や、5人組の仲間達》は、ヤンキーが多いので、根性があり、この儀式を途中で辞めないことが、可能であると考える。

  (3)。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、儀式の途中での、辞めたい(離脱したい)という主張(発言)は、受け入れては、いけない。

 ④。《5人組の仲間達》には、仏教などの厳しい修行から、天国へ行くよりも、この儀式で天国へ行く方が簡単である。

  (1)。《5人組の仲間達》には、仏教などの厳しい修行よりも、この儀式を行う方が、天国に行きやすい。

 ⑤。この儀式は、「自発的(本当の自分の意志から)」か、「《5人組や、5人組の仲間達》以外の人に埋められる」かで、始めること。

  (1)。この儀式を行うことを、《5人組や、5人組の仲間達》が、強要をしては、いけない。

  (2)。この儀式を行うことを、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人ならば、《5人組の仲間達》に、強要をしても構わない。

 ⑥。《5人組の仲間達》が、善人になることは、神、私、世界中の人の、望みである。

 ⑦。この儀式を達成した後には、完全に、悪事を辞めた状態で、綺麗な心を持ち、神から天国に連れて行ってもらうことを待つこと。

 ⑧。この記事の説明文が、守られなかった場合は、失敗であり、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、「全員が」、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

  (1)。この儀式は、正しい方法で行われない場合には、失敗であり、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、「全員が」、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

 ⑨。この儀式は、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、「全員で」、「同時に」達成することである。

  (1)。儀式の途中で、誰かが、儀式を失敗したり、儀式を離脱する場合には、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、「全員が」、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

 ⑩。この儀式の時間は、連続したものでないと、いけない。

  (1)。一瞬でも、儀式が途切れては、いけない。一瞬でも、儀式を中断しては、いけない。

  (2)。一瞬でも、儀式が途切れたならば、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

<2>。《5人組の仲間達》は、アフリカで、ドラム缶の中に、千年間、埋まり続けた後に、アフリカの地面の中に、千年間、埋まり続けると、天国に行ける可能性がある。

 ①。何故なら、《5人組の仲間達》は、アフリカで、ドラム缶の中に、千年間、埋まり続けた後に、アフリカの地面の中に、千年間、埋まり続けると、善人に変化するから。

  (1)。「どのぐらい」善人に変化するかは、それぞれ、各自で違う。

  (2)。どのぐらい悪事を行ったか(どのぐらい悪人だったか)により、善人に変化することが成功しても、まだ悪人である可能性がある。

   1。何故なら、「とても悪人」が、善人に変化することが成功しても、「少し悪人」に変化しただけの場合があるから。

   2。《5人組の仲間達》は、悪事を行う前に、早くに儀式を始めるべきである。少しでも悪いことを行っていない状態で、儀式を始めるべきである。何故なら、その方が、善人になりやすく、天国に行きやすいから。

   3。《5人組の仲間達》が、巨大な悪事を行った場合には、この儀式を行っても、善人になることは出来ないので、天国に行くことは出来ない。

  (3)。《5人組の仲間達》が、善人に変化する量を多くする(大幅に善人に変化する)為には、正しい埋まり方を厳守する(完全に守る)必要がある。

  (4)。《5人組の仲間達》が、善人に変化して、善人になれた場合には、天国に行ける可能性がある。

<3>。《5人組の仲間達》の、正しい埋まり方。

 ①。《5人組の仲間達》は、ドラム缶の中で「木の椅子」に座り、ドラム缶から「首から上だけが出る状態」で、ドラム缶の中で、肩より上まで(首の途中まで)を「世界で一番硬いコンクリート」に、埋まること。

  (1)。椅子は、釘かネジと、木「だけ」で作られた椅子であり、塗装(接着剤)などが完全に無い、皮なども貼っていない椅子を使うこと。

  (2)。過去の失敗として、《5人組の仲間達》は、固くないコンクリートに埋まり、自分で抜け出すことがあったので、「自分で抜け出すことが出来ない状態」にする為に、肩の上に金属の棒を、体の前側から後ろ側へ橋のように渡して、ドラム缶に固定すること。これを両肩の、それぞれに行うこと。

  (3)。コンクリートは、ドラム缶を、完全に満たす状態にすること。

  (4)。コンクリートは、混ぜる水の量を、最高の硬さになるものにすること。

 ②。ドラム缶に千年間埋まることを達成したら、次に、自分で、アフリカの地面に埋まる為の穴を「手で」掘り、その穴の中に座り、肩より上まで(首の途中まで)地面に埋まり、千年間埋まり続けること。

  (1)。アフリカの地面に埋まる場合には、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人に、土(砂)を掛けてもらうこと。

   1。《5人組や、5人組の仲間達》以外の人でないと、いけない。

  (2)。ドラム缶を出てから、アフリカの地面に埋まるまでは、24時間の内に行わないと、いけない。

   1。ドラム缶を出てから、アフリカの地面に埋まるまでは、途中で、他のことを行っては、いけない。

   2。ドラム缶を出てから、アフリカの地面に埋まるまでは、誰とも話さずに、無言でないと、いけない。

  (3)。アフリカの地面に埋まることは、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、「全員で」、「一斉に」行われることである。

   1。何故なら、この儀式は、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、全員で達成することだから。

  (4)。過去に《5人組の仲間達》は、「ドラム缶が終われば、次の、アフリカの地面に埋まることは、楽である」と、言っていた。

  (5)。途中で失敗した場合は、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》ことになるので、失敗しないように、気を付けること。

   1。この際に、離脱者、失敗者が多いので、気を付けること。

   2。この儀式は、途中で辞めてはいけないので、失敗した場合には、速やかに、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始めること。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》の、正しい埋まる場所。

 ①。アフリカ。

 ②。完全に、日陰にならない場所。屋根、壁、床などは無し。

 ③。一緒に儀式を行う《5人組の仲間達》は、全て、同じ場所(お互いに見える場所)に埋まること。

  (1)。何故なら、一緒に儀式を行う《5人組の仲間達》は、「同時に」善人になるので、「誰が」、「いつ始めたか」、「いつ失敗したか」を、知らなくては、いけないから。

   1。何故なら、一緒に儀式を行っている《5人組の仲間達》の、増えた時、減った時を、把握しないと、経過した時間(儀式の達成した時間の量)を把握することが出来ないから。

   2。自分の後ろなどは、自分から見える位置に置いておいた、鏡で見る(確認する)と良い。

   3。一緒に儀式を行っている《5人組の仲間達》で、教え合っても構わない。

<5>。《5人組の仲間達》は、自分も、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》と一緒に埋まろうとするので、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、「みんなで」、一緒に埋まること。

 ①。何故なら、《5人組の仲間達》は、仲間と一緒に、仲間の「みんなで」、天国に行った方が、幸せだから。

  (1)。「仲間のみんなで天国に行こうとする方が、心が綺麗であり、神が喜ぶ」。

  (2)。だから、《5人組の仲間達》の、儀式への、途中からの参加を、拒んでは、いけない。

 ②。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、1人でも、途中で離脱した場合には、その離脱した時から、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

 ③。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》に、1人でも、途中から参加した場合には、その参加した時から、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

  (1)。途中から参加する《5人組の仲間達》は、歓迎すること、何故なら、「仲間のみんなで天国に行こうとする方が、心が綺麗であり、神が喜ぶ」から。

 ④。この儀式は、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の人数が多いほど、《5人組の仲間達》を、善人に変化させる力が大きくなる。

  (1)。だから、多くの《5人組の仲間達》を、埋めること。

 ⑤。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、儀式の経過した時間(儀式の達成した時間の量)が多くなるほど、《5人組の仲間達》は、自分も、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》と一緒に埋まろうとするので、最初から、《5人組の仲間達》の「みんなで」、儀式を始めた方が、成功しやすい。

 ⑥。過去に、《5人組の仲間達》は、「仲間の〇〇とは、同じ天国に行きたくない」と、発言した。

  (1)。だが、天国は広いので、嫌いな人とは、別の場所にある天国に住むことが可能である。

<6>。やり直しになり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める場合には、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、ドラム缶に埋まっている状態ならば、そのまま埋まり続けながら、やり直すこと。

 ①。つまり、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、ドラム缶に埋まっている状態ならば、やり直しの場合に、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、ドラム缶から出ては、いけない。

 ②。つまり、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、ドラム缶に埋まっている状態ならば、そのまま、埋まりながら、「千年の数を数えること」だけを、ゼロから、やり直せば良い。

<7>。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、埋まりながら、会話することは、行っても構わない。

 ①。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、埋まりながら、本や、テレビなどを見ることは、行っては、いけない。

  (1)。つまり、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、埋まりながら、会話すること以外の娯楽を、行っては、いけない。

 ②。私は、助言として、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》に、埋まりながら、仲間同士で会話をして、励まし合うように教えた。

 ③。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、埋まりながら、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人と、会話しても構わない。

<8>。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、埋まりながら、行うこと。

 ①。朝日を浴びながら「神様、おはようございます。今日も1日、見守って下さい」と、言うこと。

 ②。夜空を見ながら「神様、おやすみなさい。今日も1日、ありがとうございました」と、言うこと。

 ③。自分の悪い部分が、どこであるかを、考えること。

  (1)。自分の悪い部分を無くす為には、何をするべきかを、考えること。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》の、悪い部分が、どこであるかを、考えること。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の、悪い部分を無くす為には、何をするべきかを、考えること。

 ⑤。世界中の、悲しんでいる人の悲しみを、自分が体験した場合の、自分の思考や体感を、考えること。

  (3)。世界中の、悲しんでいる人が、自分だった場合のことを、考えること。

   1。自分だったら、その悲しみを、どのように感じるのか、どのように対処するのかと、考えること。

 ⑥。悪いことを考えては、いけない。心を綺麗に保ち、自分の思考の内容を、神に見てもらうようにすること。

 ⑦。天国に行ったら、どのように暮らすのかを、考えること。

<9>。この儀式は、《5人組や、5人組の仲間達》の、血縁者だけにしか、効果が無い。

 ①。この儀式を、《5人組や、5人組の仲間達》の、血縁者以外の人が、行う場合は、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

 ②。《5人組》は、《5人組の仲間達》の血縁者であるが、ミーアキャットの砂漠に埋まる方が優先なので、この儀式を行っても、善人には、なれない。





【★2。いくつかの失敗を書いておくので、儀式を始める前に、対処してから、儀式を行うとよい】

<1>。過去の失敗として、《5人組の仲間達》は、自分は、悪事を行っても、この儀式を行えば、悪事を行った事実が無くなると、いう《悪である(間違った)》判断(認識)をして、悪事を行ったことがある。

 ①。《真実としては》、《5人組の仲間達》が、この儀式を行っても、悪事を行ったことは、消えない(罪は消えない)。

 ②。善人しか行けない天国に、悪事を行っても構わないと、いう《悪である(間違った)》判断(価値観、認識)を持つ悪人は、行くことが出来ない。

 ③。善人しか行けない天国に、行こうとするならば、悪事を行わないという強い意志を持つ、善人にならなくては、いけない。

<2>。過去の失敗として、《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組の仲間達》が幸せになろうとすることを、邪魔(阻止)をした。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組の仲間達》が幸せになろうとすることを、邪魔(阻止)をするので、この儀式を行う前に、防御策を行わないと、いけない。

 ②。過去の失敗のほとんどは、《5人組や、5人組の仲間達》の、他人の幸せを邪魔(阻止)をする性質からであり、協力しない性質から発生している。

<3>。過去の失敗として、《5人組や、5人組の仲間達》は、私に、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を見せることを、強要する悪事を行ったことがある。

 ①。私が、本心からの(自発的な)行動ではなく、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を見ることを「強要された(誘導された)」などの場合には、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、善人になる量が、半分以下に減る。

 ②。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の体の中に、私の《心と考え》が入った場合には、儀式が中断した(儀式の時間が連続していない)ことになるので、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

<4>。過去の失敗として、《善人の仲間》や、《5人組や、5人組の仲間達》の血縁者以外の人が、この儀式に参加していたことがある。

 ①。《善人の仲間》や、《5人組や、5人組の仲間達》の血縁者以外の人は、《5人組や、5人組の仲間達》から、騙された、強要された、誘導されたなどの、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の結果、この儀式に参加して、一緒に埋まっていた状態である。

  (1)。《善人の仲間》は、この儀式に参加する必要が無く、天国に行ける人であるので、この儀式に参加させては、いけない。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の血縁者以外の人は、この儀式の効果が無い人であるので、この儀式に参加させては、いけない。

 ②。《善人の仲間》が、この儀式に参加している場合は、《善人の仲間》を、助ける(救い出す)こと。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》の血縁者以外の人が、この儀式に参加している場合は、《5人組や、5人組の仲間達》の血縁者以外の人を、助ける(救い出す)こと。

 ④。《善人の仲間》や、《5人組や、5人組の仲間達》の血縁者以外の人が、この儀式に参加している場合は、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、《ゼロ(最初)から、やり直しであり、また、「ドラム缶に埋まる千年間」のゼロ(最初)から、始める》こと。

 ⑤。この儀式は、《5人組や、5人組の仲間達》の血縁者のみで、行わないと、いけない。

<5>。この儀式の途中で、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、1人でも死んだ場合、埋まっている《5人組や、5人組の仲間達》は、死人を除去した時点から、《また、ドラム缶に埋まることの、ゼロから、千年間を始める、やり直し》である。

 ①。儀式の途中で、死人が出ないようにしないと、いけない。

<6>。過去の失敗として、《5人組や、5人組の仲間達》が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》に、「嘘の経過した時間」を教えると、いう悪事を行ったことがある。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》に、実際には、千年経っていないのに、「千年経った」と、いう嘘を言ったのである。

 ②。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、自分で、経過した時間を数えること。

  (1)。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、念のために、時間を多めに、埋まっていること(儀式に必要な量の時間よりも、短い量ならば儀式は失敗であるが、長い量ならば、構わない)。

<7>。この儀式の途中で、研究者などが、ドラム缶ごと、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を運んでいくことがある。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を運んでいくことは、悪事である。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》以外が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を運んでいくことは、構わない。

  (1)。何故なら、研究者が、研究することから、世界中の人の幸せが生まれるので、この儀式よりも、研究者の研究の方が、優先である。

  (2)。研究者が、研究することから、世界中の人の幸せが生まれるので、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、儀式を成功させる為にも、研究者の研究が、必要である。

  (3)。何度も、研究者が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を運んでいくことで、いずれ、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が運ばれていくことが、減り、徐々に、この儀式は行いやすくなっていく。

  (4)。つまり、何度も、研究者が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を運んでいくことで、この儀式が成功する可能性が高まるので、何度も、研究者が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を運んでいくことは、この儀式の成功の為の、協力でもある。

 ③。研究者は、「研究者である」と、発言すれば、研究者である。

 ④。《5人組の仲間達》は運ばれて行っても、また、戻ってくることがある。

  (1)。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、1人でも運ばれて行った時点で、《また、ドラム缶に埋まることの、ゼロから、千年間を始める、やり直し》である。

  (2)。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、1人でも戻って来た時点で、《また、ドラム缶に埋まることの、ゼロから、千年間を始める、やり直し》である。

 ⑤。この儀式で、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、幸せになることを望むように、世界中の人も、幸せになることを望んでいる。

  (1)。世界中の人が、幸せになりたいから、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、運んで行こうとする場合があるが、それは良いことである。

   1。何故なら、世界中の人が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、運んで行こうとすることは、神の望みであるので、「この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、神に褒められること」である。

   2。つまり、世界中の人が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、運んで行こうとすることは、「この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、善行である」。

 ⑥。世界中の人が、幸せになるほどに、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、運んで行こうとすることの、量(回数)は、減る。

  (1)。つまり、世界中の人が、幸せになるほどに、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、この儀式を成功しやすくなる。
  
  ※補足1。ここの説明文の、世界中の人とは、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人である。

 ⑦。「《5人組や、5人組の仲間達》以外が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、運んで行こうとすること」を、邪魔(阻止)しては、いけない。

  (1)。「《5人組や、5人組の仲間達》以外が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、運んで行こうとすること」を、邪魔(阻止)することは、悪事である。

<8>。《5人組や、5人組の仲間達》が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、出しては、いけない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、儀式を中断させよう(辞めさせよう)としては、いけない。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が、この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》を、運んでいくことは、いけない。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》が、この儀式を邪魔(阻止)することは、悪事である。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》は、埋まっている《5人組の仲間達》を、よくありがちに、見にくる。

<9>。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、世界に、他にも存在しているならば、この儀式の効果は無い。

 ①。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、世界に、他にも存在している状態を防がないと、いけない。

 ②。何故なら、善人になろうとして儀式を行っているのに、世界に、他にも存在している自分が、悪事を行っているならば、罪が増えている状態であり、善人になることは、出来ないから。

 ③。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》が、世界に、他にも存在しているならば、「この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》の、世界に、他にも存在している自分」を捕獲して、一緒に埋まり、儀式を続けること。

  (1)。この捕獲と、一緒に埋まることは、助力があっても構わない。

<10>。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、「未来の」研究者などが使うので、そのままにしておくこと。

 ①。この儀式の埋まっている《5人組の仲間達》は、「未来に」、必要になるので、そのままにしておくこと。







カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ