<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.1257)

★《5人組や、5人組の仲間達》

低能者の《5人組や、5人組の仲間達》が、正常な有能者との子供を、手に入れることは不可能である(記事No.1256)

【★1。低能者の《5人組や、5人組の仲間達》が、正常な有能者との子供を、手に入れることは不可能である】

<1>。有能者は、有能である能力から、低能者を、低能者であると、判別することが出来る。

 ①。「低能者を、低能であると、判別することが出来る能力」は、有能者が、有能だから、持っている能力である。

 ②。「有能者」と、「低能者を、低能であると、判別することが出来る能力」は、切り離すことが出来ないものである。

<2>。低能者は、有能者に憧れ、有能者との子供を欲しがる。

<3>。有能者は、有能である能力から、低能者を判別することが出来るので、低能者は、有能者から、愛されることが無く、正常な状態(社会など)では、低能者は、有能者との子供を手に入れることが出来ない。

<4>。だが、低能者である《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者に、自分が低能者であると、判別されることが無く、有能者との子供を手に入れようとする。

 ①。有能者は、低能者を判別が出来ないならば、有能者ではない。

  (1)。有能者が、低能者を判別が出来ない状態とは、有能者の、有能が、異常な状態である。

   1。有能者の、有能である能力が、異常な状態では、有能者の愛(生体の反応、判断、肉体の状態)などが異常な状態であり、子供の製造、教育などにも、有能者の有能が発揮されない状態である。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、低能者である。

  (1)。これは、未来永劫の、不変の、絶対のものである。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の有能を壊す(奪う)と、いう悪事を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の、正常な有能の状態を、壊して(奪って)、有能者の、《5人組や、5人組の仲間達》は低能者であると、いう正常な判断を壊す(奪う)と、いう悪事を行う。

  (2)。そして、この悪事などから、低能者である《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者との子供を手に入れようとする。

 ④。だが、低能者である《5人組や、5人組の仲間達》が、有能者を手に入れようとすることは、矛盾である。

  (1)。真実としては、低能者が、正常な有能者との子供を、手に入れることは不可能である。




★やる事の提示・「行うこと」

新しい指示を受けた場合は、『前提条件として固定されているもの』は変更せずに、そこに新しい指示を追加するものとして、受け取ること(記事No.1255)

【★1。新しい指示を受けた場合は、『前提条件として固定されているもの』は変更せずに、そこに新しい指示を追加するものとして、受け取ること】

<1>。新しい指示を受けた場合に、前に受けた指示を変更して(無い状態にして)、新しい指示のみを行うならば、いつまで経っても、指示が終わることは無い。

 ①。Aの指示を行っている状態に、Bの指示が追加された場合に、Aの指示を行うことが無くなり、Bの指示を行うことのみになるならば、いつまで経っても、指示(目的)が達成されることが無く、指示(目的)が終わることも無い。

  (1)。Aの指示のある状態に、Bの指示を受けたことから、Aの指示を行うことが無くなり、Bの指示を行うことのみになるならば、また、Aの指示を受けることになる。

  (2)。その後、Aの指示を受けたことから、Aの指示を行うことのみになり、Bの指示を行うことが消えるならば、また、Bの指示を受けることになる。

  (3)。つまり、永遠に指示が繰り返されると、いうことである。

  (4)。指示の目的である必要な状態(指示者が指示することから得ようとしている状態)とは、『Aの指示と、Bの指示の共存の状態』であり、『Aの指示が、前提条件として存在している状態に、Bの指示が追加されている状態』である。

<2>。『前に受けた指示を無くす』のか、『無くさないで追加する』のか、分からない場合は、指示者に確認をすること。

 ①。前に受けた指示を無くすならば、指示者に「前に受けた指示は無くすのか?」と、いう確認をすること。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、権利が無いのに、他人を評価して、自分の評価を提示(強要)する悪事を行う(記事No.1254)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、権利が無いのに、他人を評価して、自分の評価を提示(強要)する悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「権利」、「能力」、「正当性」などが無く、他人を「評価(判断)」して、「許可を与えよう(禁止しよう)」とする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「権利」、「能力」、「正当性」などが無く、他人を「評価(判断)」して、自分の評価の通りに、他人に行動をさせようとする。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、裏付けや、善悪の正常な判断が無い、現実逃避などからの自分の主張を、正しいものであると《悪である(間違った)》認識をして、他人の都合などを加味しない《悪である(間違った)》判断を行う。

 ②。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の生まれ付き備わっている機能からの性質であり、育った環境などが違った場合にも、持っている特徴である。

 ③。これは、悪事であり、人として、かなり異常な状態である。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を正確に認識しない(記事No.1253)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を正確に認識しない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、正確に捉えることが出来ない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、特徴という部分の認識で捉える。

<2>。真実としては、『美』とは、くっきりとしたものである。

 ①。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、大まかなもの(大体のもの)として、捉える。

  (1)。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』の模造品と、本物の『美』の、違いが分からない。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉を手に入れることが出来ても、〈本物の『美』を持つ人〉を、手に入れることが出来ない。

 ①。真実として、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉と、〈本物の『美』を持つ人〉は、違うものである。

  (1)。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、違いが分からないので、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉が手に入ったならば、〈本物の『美』を持つ人〉も、手に入れることが出来ると、いう《悪である(間違った)》認識をする。

 ②。真実として、〈本物の『美』を持つ人〉から、汚物である《5人組や、5人組の仲間達》が愛されることは、不可能である。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ