<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.896)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「そうですよね?」と、いう発言(記事No.895)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行っている悪事を、自分以外の人に「そうですよね?」と、確認する為の発言をする性質を持つ】

<1>。この確認は、「必要性が無く」、「主犯は自分では無いと、見せ掛ける為の、確認」の発言である。

<2>。自分の行っていること(悪事)は、自分以外の人から、指示を受けて行いっていることであると、表現する為の発言である。

 ①。自分の行っていること(悪事)は、自分以外の人が、指示するから(悪事の表の理由)、自分が行っていることであるので、自分が悪い(責任がある)わけではないと、表現する為の発言である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際の、主犯(指示者)に、確認する場合も多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、関係の無い人を、悪事に関係していると、見せ掛ける為にも、この発言を行う。





★アレク達と、私の兵へ

アレク達は、文明の無い国から来るので、21世紀の日本は何でも珍しい(記事No.894)

【★1。アレク達は、文明の無い国から来るので、21世紀の日本は何でも珍しい】

<1>。よくありがちに、アレクは、動物として、私の家に、連れて来られる場合に、21世紀の日本の世界を見るのが楽しくて、とても嬉しそうに私の家に来る場合がある。

 ①。アレクは、人なのに、動物にされているのに、アレクは傷付く心があるのに、アレクは美しい『心と考え』を持つから、前向きに生きようとしている状態である。

<2>。よくありがちに、アレク達は、21世紀の日本の世界を、色々と見たがる。

<3>。アレク達は、『5人組や、5人組の仲間達』に、文明の無い暮らしを強要されている場合がある。

 ①。アレク達は、『5人組や、5人組の仲間達』に、機械の無い国で生活することを強要されている場合がある。

 ②。ほんの少しの文明を持つ場合もある。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が、人から真実を奪うので、間違った認識(情報、解釈など)を元にして、間違った人生を、人が、生きることになる(記事No.893)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が、人から真実を奪うので、間違った認識(情報、解釈など)を元にして、間違った人生を、人が、生きることになる】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』が、人から真実を奪い、捏造などの間違った情報を与えるので、人は、間違った認識(解釈など)をさせられて、間違った人生を、生きることになる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の事の悪事から、最愛の人の同士で、攻撃し合うことも多い。

<2>。<例えば>過去に、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間であると思い込まされて、本当の自分の自覚が無い人が、最愛の人を攻撃することがあった。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の仲間であると思い込まされていた、歩兵が、アレクと、戦っていた。

  (1)。歩兵は、命をかけても、アレクを守りたいが、『5人組や、5人組の仲間達』に、間違った認識(情報、解釈など)を持つように誘導されて、戦わせられた。

  (2)。歩兵は、先祖代々、アレクの先祖を守っていて、自分の命の意味は、アレクを守ることであった。

  (3)。歩兵は、自分の大切な、自分の大好きな、先祖代々が、自分の命に望んでいることは、アレクを守ることであり、自分もアレクが大好きなので、アレクを守りたかった。

  (4)。だが、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、最愛の人と戦う状況になった。

  (5)。『5人組や、5人組の仲間達』が、「アレクに、あなたはアレクである」と、「歩兵に、あなたは歩兵である」などと、真実を「全て」教えれば、発生しない不幸(悲しみ)であった。

  (6)。この出来事では、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間であると思い込まされていた、アレクは、私に「アレク」と呼ばれ、自分が「アレク」であると分かり、歩兵は、私に「歩兵」と呼ばれ、自分が「歩兵」であると分かり、アレクが歩兵を殴った。

   1。その後、歩兵は、自分は何て悪いことを行ったのかと、とても悲しんで泣いていた。

  ※補足1。アレクは、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間であると思い込まされて、自分がアレクであるという自覚が無いことが何度もあるが、私の記事などの情報から、アレクの情報を知って、「自分がアレクではないか?」と、考えるようである。

  ※補足2。歩兵も、自分が歩兵であるとは自覚していないが、自分は、『5人組や、5人組の仲間達』ではなく、「私の<善人の仲間>ではないか?」と、考えるようである。

  ※補足3。『5人組や、5人組の仲間達』の仲間であると思い込まされている人は、自分が『5人組や、5人組の仲間達』とは違うのではないか(性質などが)と、考えるようである。

  ※補足4。『5人組や、5人組の仲間達』の仲間であると思い込まされている人は、自分は本当は悪人ではないと考え、私に名前を呼ばれたがる。その為に、危険だが、私に近づくことがある。

  ※補足5。『5人組や、5人組の仲間達』の仲間であると思い込まされている、ヘパ(ヘファイスティオン)が、アレクの敵であったことがあり、あいつがヘパなのかと、驚いたアレクは「ヘパは馬鹿じゃないよ」と発言していた。詳細は分からないが、大分、ヘパに苦労させられたのかもしれない。

<3>。<例えば>過去に、私は、牛として私のところへ届けられたアレクに、とても痛みを与えて殺して、アレクを食べさせられたことがある。

 ①。真実としては、私が真実の情報を知っていたならば、最愛の人である、アレクに痛みを与えたり、食べたりすることは無い。

 ②。真実としては、私は、アレクの記憶を消されていた(操作を受けていた)状態であり、とても怒っていた状態のことである。

<4>。真実としては、世界中の全ての不幸は、『5人組や、5人組の仲間達』が、真実の情報を奪うので、発生している。

 ①。真実としては、世界中の全ての不幸は、『5人組や、5人組の仲間達』が、真実の情報を奪うことが原因で、発生している。

 ②。真実としては、『5人組や、5人組の仲間達』が、真実の情報を隠さなければ、捏造などの間違った情報を与えなければ、世界中の全ての不幸は、発生していない。

<5>。真実を知り、自分が間違った行動(悪いこと)を行ったと自覚した人は、みんな「凄く」悲しむ(不快感を感じる)。

 ①。この悲しみ(不快感)は、とても大きいので、自殺する人も、多い。

 ②。真実としては、最初から、真実が公表されていたら、この状態にはならなかった。

 ③。真実としては、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事により、真実を奪われているので、誰も、正しい人生を生きることが出来なくて、本当の自分が悲しむ(不快感を感じる)ことになる、間違った人生を、生かされている(強要されている)。

 ④。真実としては、みんな、真実を認識して、本当の自分が、本当の『心と考え』で、真実を体験(判断)して、正しい人生を生きたいと、望んでいる。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には怖れていることを、怖れていないと認識する為に、現実逃避の妄想が、現実であると、いう間違った認識をして生きる(記事No.892)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には怖れていることを、怖れていないと認識する為に、現実逃避の妄想が、現実であると、いう間違った認識をして生きる】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には怖れていることを、自分が恐れていると認める(認識する)のが嫌なので、自分は怖れているのではなく、楽しんでいる(自分の方が有能者である、勝負している等)と、いう現実逃避の妄想を作り出し、それが、本心であると、いう間違った認識を持ち、行動する。

<2>。<例えば>『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、相手が怖いが、「自分は相手を観察する(相手の価値を判定する)、相手よりも上の立場である」と、いう現実逃避の妄想を作り出し、それが本当であると、いう間違った認識をして、行動する。

 ①。これは、『5人組や、5人組の仲間達』の、『ごっこ遊び』としての、世界観の設定でもある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が設定した世界観で、現実の世界を体験することで、相手が怖いなどの現実から、現実逃避する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、この設定は、現実などと「繋がりの無いもの」、「裏付けのないもの」などを、「大量に」使って、決められる。

   1。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、現実などと「繋がりの有るもの」、「裏付けの有るもの」などを、「大量に」使って、現実逃避の妄想を作る。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』と、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人は、現実などと「繋がりの無いもの」、「裏付けのないもの」などの、分量に「差」が有る。

<3>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、現実逃避が必要な場合でも、妄想は妄想であるという自覚を残し、現実を完全に無視した行動をしない。

 ①。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、現実逃避が必要な場合でも、妄想は妄想であるという自覚を残し、現実の行動には、部分的な現実逃避の妄想を使う場合が多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想を、妄想であるという自覚を無くし(極めて少ない状態)、現実逃避の妄想を、現実であるとして、妄想を元にして、現実で行動する。

<4>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、現実逃避とは、一時的な妄想であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、長期間(一生)、現実逃避を現実であると間違った認識を続けて、生きる。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ