<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

悪事を阻止する行動を、『各自』が行うべきである(記事No.212)

 世界に対する重大な悪事を、誰も止めずに、行われる悪事を見守るだけならば、その悪事は世界の総意である。

 悪事を、行わせない為の行動は行うことが可能だった。

 とても沢山の、「行わせない為の行動」の数があった。

 だが、「行わせない為の行動」を行う人は少なく、悪事を阻止する力は少なかった。

 悪事が行われる状態を、そのままでよいと考えた、世界の総意である。

 「悪事を阻止する為に自分に出来たこと」を行わなかったのだから、悪事が行われることを許可している状態である。

 悪事は予測できる状態であった。

 悪事が行われたのは、世界の総意である。






◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、愛情を感じる(記事No.181)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、愛情を感じる】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、自分は強い(有能)と考える。

  自分は強いから(有能だから)、悪事が許されたと考える。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、自分は大事にされていると考える。

  自分は大事にされているから、悪事が許されたと考える。

<>。有能者や、大事にされている人は、『5人組や、5人組の仲間達』から見て、悪事を許されていることがある。

 ①。有能者や、大事にされている人が、悪事を許されているのは、許した方が、「正当で正しい世界」の形成の為になるからである。

②。『5人組や、5人組の仲間達』の認識で、有能者や、大事にされている人が、悪事を許されていることとは、

 <例えば>

 (1)。総理大臣が、順番待ちをせず、並んでいる人より優先して、重症でもないのに、医者に診てもらうこと。

   有能者や、大事にされていない人以外が、順番待ちをせず、並んでる人より優先して、重症でもないのに、医者に診てもらうことは、悪い(狡い)ことである。

   『5人組や、5人組の仲間達』ならば、怒られる(阻止される)ことである。

 ※補足1。まともな「心と考え」を持っている人ならば、優先されるのが、当然なことであり、悪事ではない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を許されている、理由を分からない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を許されている理由の推察は、有能だから、大事にされているからなどの、表面だけの(薄い)把握から考えになる。

 ※補足1。悪事を許される理由は、

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

★途中★『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の加担をした場合でもが、悪事を行った人に対して、批判を行う(記事No.170)

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の加担をした場合でもが、悪事を行った人に対して、批判を行う。

<>。。『5人組や、5人組の仲間達』は、人を不快な気持ちにすることを好むから。

 ①。人に、落ち込ませたり、反省させたりすることで、自分を有能であると考える。

 ②。人に、指示を出来る位であると、自分には能力があると考える。

 

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分も悪いことした側の人であると認識しない。

 ①。悪いことを知っていたのに、留めなかった自分は、自分は、悪いことを知っていたと表現する。

  ※補足1。悪事を止めなかった()悪いと考えない。

  ※補足1。一緒に悪事を行ったが、悪事を一緒に行った仲間に被せる為の機能である。

 ※補足1。悪事を行えて楽しかったが、悪事を実行したのは、他の人であり、自分は楽しいことだけ得て、罰は受けないように逃げようと考える行動である。

 ②。


 

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

★途中★過去の実績(記事No.169)

過去の実績(記事No.)

【★。過去の実績、過去の罪を、現在の状況に合算すること】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、過去の罪を反省(改善)することが無い、再犯する、何度でも悪事を行う。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、再犯者が多い

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、罪に対する罰から逃げようとする、必ず罰から逃げられないと提示、表現すること。

過去の罰を

<>。過去の罪を、無いものとして、現在の状況に加算して使わないならば、何度でも、同じ悪事が行われることになる。

 ①。行われた悪事に対して、悪事を止める為の処置(原因)が無いから。

【★1。悪人が、1つの悪事を辞めたことで、悪人の「悪事が終わった(止まった)」とは、ならない】

<>。悪人が、1つの悪事に対して、本当に悪いと学び、本当に2度としない場合でも、他にも、「かなり沢山」の悪事の選択肢がある。

 ③。悪事の選択肢は「かなり沢山」であるので、1つ1つに対して、悪いと学ばせ、2度と行わない状態には出来ない。

 ※補足1。無限の選択肢が存在する。


<>。悪事の発生源である、悪人の個体がそのまま残るのなら、その個体からまた悪事は発生する。

 ③。悪人は、生まれ付き、悪事を行う為の機能を備えた生き物(物体)である。

   悪人という物体が生存しているときは、悪事を生産する為の機能が活動している状態である。



  

※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』は、1つの悪事も辞めることは無い。

<>。悪人は多数存在して、悪事の選択肢は「かなり沢山」存在するので、「★」は不可能である。

 ①。悪人は「多数」が存在するので、1人1人に、「悪事は、いけないこと」であると学ばせるのは、不可能である。

  ※補足1。悪人は、「悪事は、いけないこと」であると、学ぶ為の機能が無い。学べない悪人も多い。

  ※補足1。悪人の1人に、学ばせるのに、とても苦労する。それを、多数に対して行うのは無理である。
【★過去に罪を犯した人の自由な行動を止めること】

<>。過去に罪を犯した『5人組や、5人組の仲間達』に、自由な行動を行わせると、悪事を行う。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うように生まれた人であり、悪事を行う機能を持っている。



<>。悪事を強要された人は、除く。



【★直さなければ、<『5人組や、5人組の仲間達』が、楽しい妄想が出来る、繰り返しの世界>が続く。】

<>。直さなければ、延々と同じ悪人により、同じ悪事が繰り返され、<『5人組や、5人組の仲間達』が、楽しい妄想が出来る、繰り返しの世界>が続く。


◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

【やる事】悪事を知ること(記事No.113)

【★1。悪事を知ること】

<1>。誰(『5人組や、5人組の仲間達』、犯人、悪人)が、何を目的(欲、偽造など)に、誰(私など)に、何(偽造の為になど)を行わせているのか、全て知ること。

<2>。どんな人(人格、DNAなど)が、何を考えて(どんな思考回路で、など)、どんな人(人格、状態など)に、何を(どんな結果になることを、どんな悪事を、どんなことを)強要しているのか、全て知ること。

<3>。誰(『5人組や、5人組の仲間達』、犯人、悪人)が、何を目的に、自分(悪人の仲間たち)で、何を行っているのか、全て知ること。

<4>。神の目線(状況も、「心と考え」も、全て、分かる(見透かす、お見通し)状態)で、真実の現実の世界を捉えること。見せ掛け(捏造)で騙されないこと。犯人が何を隠している(隠そうとしている)のか、暴くこと。

<5>。「全て」の悪事を知ること。

<6>。全ての悪事を知るために、邪魔を行っている『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を、優先的に知ること。




【★2。悪事を知ることの理由】

<1>。悪事は、「正当で正しい世界」の形成の邪魔であり、現状の世界の、最大の問題である。

<2>。悪事を放置すれば、悪事は消えることが無く、さらに悪化した状態となる。

  悪事による被害は、未来の自分や他人だけが対象では無く、現在の自分も、悪事による被害を受けることになる。

<3>。悪事を、正す(排除する、駆除する、無くす)には、悪事を知ることが必要になる。

<4>。知らない悪事は、正す(排除する、駆除する、無くす)ことが出来ない。

<5>。悪事を、正す(排除する、駆除する、無くす)ために、悪事を知ること。




【★3。悪事を、正す(排除する、駆除する、無くす)ために、行動すること】

<1>。悪事を知り、知っただけでは、悪事を、正す(排除する、駆除する、無くす)ことが出来ない。

<2>。悪事を知り、知っただけでは、不幸を受入れただけであり、不幸を受入れ続けるだけである。

<3>。悪事に対して、頭の中で文句(苦情、不満)を思っているだけでは、悪事を、正す(排除する、駆除する、無くす)ことが出来ない。

<4>。悪事を知ったら、悪事を、正す(排除する、駆除する、無くす)ために、行動すること。

<5>。問題を大きな状態で捉えると、行動方法が分からない。問題を分割して、問題を小さな状態で捉えると、行動方法が閃く(分かる)場合がある。

<6>。問題を解決する為に、小さな一歩でも、進んで(行動して)いくべきである。

 ①。問題の全体を捉え、大きなものと捉えると、圧倒されてしまう。

   とても大きな問題や、複数の問題を同時に、処理していても、「行っているのは、常に、目の前の1個」だけである。

   沢山あるように感じても、目の前にある、1個、1個、1個と、小さく捉えて、処理していくこと。










カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ