<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★やる事の提示・「行うこと」

★やる事の提示・「行うこと」

やり直しは、不可能である(記事No.1198)

【★1。やり直しは、不可能である】

<1>。上書きはされない、悪事が追加(増量)されている状態である。

 ①。捏造の状況や、私の意識などの操作などから、真実ではない状態を持たせて、騙そうとする悪事が行われる。

  (1)。この悪事を行おうとする悪人は、《5人組や、5人組の仲間達》と血縁が無くても、《5人組や、5人組の仲間達》と別に行動を行っていても、全て、《5人組や、5人組の仲間達》である。

  (2)。この悪事は、悪い状態が作られることの「主要な原因」である。

   1。神も私も、この悪事を、「大きなこと」であると、いう認識を持つ。

 ②。神も私も、この悪事を、未来永劫に、受け入れることが無く、許すことも無い。

 ③。神も私も、真実のみしか、受け入れない。

  (1)。世界中の誰もが、真実の情報のみしか、受け入れては、いけない。

   1。世界中の誰もが、嘘(騙す)ということを、受け入れては、いけない。

  (2)。世界中の誰もが、真実の情報のみを使って生きる状態であり、嘘に騙されて嘘の情報を使って生きない状態であるように(状態になるように)、生きる為の処置をすること(未来に真実の情報を残すなど)。




★やる事の提示・「行うこと」

《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分の悪事が記憶から無くなる」と、いう《悪である(間違った)》性質への対応(記事No.1188)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分の悪事が記憶から無くなる」と、いう《悪である(間違った)》性質への対応】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、行ったこと(悪事を行ったこと、失敗したこと)が、思考の要素(記憶、認識)から消えて、次の行うこと(悪事)を考え始めると、いう《悪である(間違った)》性質を持つ。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、悪事を行ったことから、現実逃避する為にも、次の行うこと(悪事)を考え始めると、いう《悪である(間違った)》性質を持つ。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、行ったこと(悪事を行ったこと、失敗したこと)などを、列挙して、それを、《5人組や、5人組の仲間達》の常に見える場所に置くなどして、《5人組や、5人組の仲間達》に、自分が、「どのようなことを行ったのか(どのような悪いことを行ったのか、どのような失敗をしたのか)」などを、思考の場に使う要素として、持ち続けさせること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、自分が、「どのようなことを行ったのか(どのような悪いことを行ったのか、どのような失敗をしたのか)」などの正しい認識を、常に、持った状態にすること。

 ②。列挙は、膨大な量になるので、機械などを使い、《5人組や、5人組の仲間達》に、持たせると、良い。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》が、行ったこと(悪事を行ったこと、失敗したこと)などの、列挙の内容は、「とても詳しい」ものにすること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》には、「とても詳しい」状態のものの、認識が必要である。

 ②。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》が、自分で、自発的に認識をすることが不可能なことまで、《5人組や、5人組の仲間達》以外が、教えることで、《5人組や、5人組の仲間達》に、自分が、「どのようなことを行ったのか(どのような悪いことを行ったのか、どのような失敗をしたのか)」などの、詳しい認識を持たせること。





★やる事の提示・「行うこと」

世界中の人の『心と考え』が分かる機械に、欲しい機能(記事No.1156)

【★1。世界中の人の『心と考え』が分かる機械に、欲しい機能】

<1>。思考の流れには、種類がある。

 ①。その種類の反応がある箇所を、一括に、抽出が出来る機能(犯人の一括の抽出)。

 ②。「その種類の反応」で、その種類の反応のある箇所を、検索することが出来る機能。

<2>。これは、誰が、何を考え、何を行ったのかを、知ることに使うことである。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の思考の流れには、種類(特徴)がある。

<4>。思考の流れの種類とは。

 ①。現実逃避。

 ②。嫌がらせ(悪事)などを目的にしたもの。

 ③。妄想を、現実であるとして、行動して、邪魔(阻止)を行ったもの(破綻した理論、決めつけ、裏付けが不適格、不十分など)。

 など。

 ※補足1。種類は、これを、さらに細分化させたものであること。




★やる事の提示・「行うこと」

悪い状態の、本当の原因である、私の偽者に、処置をすること(記事No.1088)

【★1。悪い状態の、本当の原因である、私の偽者に、処置をすること】

<1>。本物の私からの指示を受けているのではなく、私の偽者(私への強要者など)からの指示(悪事)を、受けている。

 ①。本物の私からの指示を受けているのではなく、操作(誘導)などをされている、本物の私からの指示(悪事)を、受けている。

<2>。悪い状態の、本当の原因である、私の偽者(私への強要者など)ではなく、原因とは無関係の、本物の私に、処置しようと行動するので、いつまで経っても、本当の原因が改善されず、同じ原因からの悪い状態の発生が続く。

<3>。地球上に、物体として、私の偽者(私への強要者など)が存在して、リアルタイムで(私が動いていること同時刻に)、私の操作などを行っているので、私の偽者(私への強要者など)を探して、私の操作などを止めること。




★やる事の提示・「行うこと」

私の、最愛の人(アレク達や、仲間達)には、幸せな状態を与えること(記事No.949)

【★1。私の、最愛の人(アレク達や、仲間達)には、幸せな状態を与えること】

<1>。「私が」、最愛の人(アレク達や、仲間達)に、幸せを与えることが、邪魔(阻止)されているのに、「誰かが」、「最愛の人に、幸せを与えること」が許可されるのか?

<2>。「私が、最愛の人(アレク達や、仲間達)に、幸せを与えることが、邪魔(阻止)されていること」を、阻止しようとせず、構わないことであるとして、行動する(生きる)悪人がいる。

<3>。神は、「最愛の人に、幸せを与えること」を、いけないことである、とは、言わない。

 ①。だが、「私が、最愛の人(アレク達や、仲間達)に、幸せを与えることが、邪魔(阻止)されていること」を、阻止しようとせず、構わないことであるとして、自分の、「最愛の人に、幸せを与えること」を、行えとは、言わない。

 ②。神は、「私が、最愛の人(アレク達や、仲間達)に、幸せを与えることが、邪魔(阻止)されていること」を、阻止しろ、構わないことではない、と、言う。

<4>。正義を行った、私の、最愛の人(アレク達や、仲間達)が、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の犠牲者として、不幸な状態を強要されている(苦しんでいる)。

 ①。私の、最愛の人(アレク達や、仲間達)は、正しいことを行ったのに、正しいことに協力しなかった人達のせいで、真実を見ようとしなかった人達のせいで、不当に、不幸な状態を強要されている(苦しみを与えられている)。

 ②。正しいことを行った善人(正義)が、罰から逃れたい悪人に、苦痛を与えられるのは、不当であり、間違っていることであり、異常なことである。

  (1)。悪人は駆除される(正義から攻撃される)ものであり、正義は助けられるものである。

  (2)。これは、世界の全ての人の、行動の善悪を判断する為の、基本概念である。

 ③。幸せになることが正当であり、幸せになることが当然である、正しい人(とても大切な、私の、最愛の人(アレク達や、仲間達))が、『5人組や、5人組の仲間達』のせいで、不当に、不幸な状態を強要されている(苦しみを与えられている)状態である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、「妬み」、「逆恨み」、「悪いことを行いたい性質」、「偽者の侵入」、「私への操作」などの悪事から、私の最愛の人が、不幸な状態なのである。

<5>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、「最愛の人に、幸せを与えること」が出来ず、最愛の人が不幸な状態にいることは、とても心が痛いことである。

 ①。善人が、善人に幸せを与えることを、邪魔(阻止)することは、悪事である。

 ②。善人が、善人に幸せを与えることが、可能な状態を作ること。




カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ