<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、真っ直ぐに、考えることが出来ない(記事No.331)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に、正しく、真っ直ぐに、考えることが出来ない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「本当に手に入れたいもの」がある場合、「本当に手に入れたいもの」とは、「別のもの」を手に入れる為に行動する。

 <例えば>

 ①。親の愛情が欲しいと思って、親の怒りを手に入れる。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、親の愛情が欲しいから、親に怒られることを行うのである。

  (2)。愛情と、怒りでは、受け取るものが違い過ぎるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、それに気付かずに、欲しいものが手に入ったと認識して、満足している場合がある。

  (3)。自分が、「本当には愛情を欲しいと思っている」ことに気付かずに、「自分は怒りを手に入れたいと思っている」と認識している場合もある。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、手に入れたいものを、「手に入れられない行動」をする。

 ①。手に入れる為の行動が、手に入れること(結果)に繋がっていない行動をする。

 ②。行動が、「本当に手に入れたいもの」を、手に入れるという結果に、繋がっていない。

<例えば>

 ①。好きな女を手に入れる為に、好きな女に嫌がらせを行い、好きな女を殺して無くす。

  (1)。手に入れようと行動したのに、欲しくて手に入れたいものが、無くなってしまう結果になる。

  (2)。手に入れようと計画して(考えて)、手に入れる為に行動した(計画を実行した)のに、欲しくて手に入れたいものが、無くなってしまう結果になる。

 ②。幸せが欲しいのに、悪人を助力する。

  (1)。「本当の幸せ」を手放して(消して、無くして)、悪人がくれる「嘘の幸せ」を手に入れる。

  (2)。幸せが欲しいのに、悪人に加担したことで、罰が発生する道のりを選んだ。

  (3)。これを行えば、幸せになれると、妄想(決めつけ、現実逃避)して、悪事を行うこと。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な(正常な、正しい)理論をする為の機能が無いので、正当(正常な、正しい)な理論が出来ない。

 ①。正当な理論が出来ないので、欲しいものを手に入れる為に、何をするべきなのか、分からない。

 ②。正当な理論が出来ないので、欲しいものを手に入れる為に、必要なこと(行うべきこと)とは、別の(違う)ことをする。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、不可能なことを、可能であると妄想して行動して、不幸な状態を悪化させていく。

<例えば>

 ①。罰から逃れられると妄想して、罰から逃れる為に悪事を重ねて(増やして)、罰を増やす結果を受け取る。




★『5人組や、5人組の仲間達』

悪人の要求は、受け入れてはいけない(記事No.329)

【★1。悪人の要求は、受け入れてはいけない】

<1>。悪人の、自分の都合だけしか考えない要求(要望、主張)を、受け入れる(反映する)ことは悪事である。

<2>。悪人の、自分の都合だけしか考えない要求(要望、主張)を、受け入れる(反映する)たびに、世界は不幸になっていく。

<例えば>

 ①。正論への「あの人の主張は、自分を傷付けるから、主張を辞めてほしい」と、いう悪人の要求(要望、主張)。

  (1)。「自分を傷付ける」と、いう自分の都合だけが理由では、相手が正論の主張を辞める正当な理由にならない。

  (2)。相手の正当な状態を、自分の都合の良いように、変更しようとすることは、悪事である。

   1。相手を、自分に都合が良くなるように、相手の意志を無視して(騙して、強要して)、相手を動かそう(変化させよう)とすることは悪事である。

   2。相手の正当な状態を、悪い状態だと認識するのは、悪人である。

  (3)。主点は、善か、悪かである。

   1。相手が善ならば、相手がそのまま続行することが正当であり、相手が悪ならば、相手を阻止するのが正当である。

<3>。悪人の、自分の都合しか考えない要求(要望、主張)を、叶える(指示を受ける)ことは、悪事の理由にならない。

 ①。悪事は悪事であり、悪いことである。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、悪事を理由にして、「<だから>他人に任せられない」と主張する(記事No.327)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人に任せられない」と主張する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人に主導権は与えられない」と主張する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人に自由は与えられない」と主張する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>自分が他人に強要するべきである(強要している)」と主張する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人が出来ないから、自分が代わりに行ってあげている」と主張する。

<2>。元々、本来、『5人組や、5人組の仲間達』に、「他人に主導権を与えるか与えないのか」の判断、決定をすることは、与えられて(許されて)いない(行ってよいことではない、悪事である)。

 ①。勝手な、他人の権利の侵害である。

 ②。勝手に、他人の幸せを奪い取っているのである。

 ③。正当な理由ではないので、<だから>の繋がりが間違っている。

  (1)。正当な理由では無いので、<だから>で、繋がらない理論である。

  (2)。正当な理論が成り立っていない主張である。

<3>。他人に悪事を行わせて、他人(の悪事)を批判しても、自分が悪事を行ってもよいという理由にはならない。

 ①。他人に悪事を強要して、他人(の悪事)を批判しても、自分が悪事を行ってもよいという理由にはならない。

 ②。他人に悪事を行うように誘導して、他人(の悪事)を批判しても、自分が悪事を行ってもよいという理由にはならない。

 ③。現実の真実として、他人に悪事を強要した悪人が、一番に悪い。

 ④。現実の真実として、他人に悪事を強要した悪人に、一番、主導権は与えられない。

<4>。悪人は、故意に、他人に間違わせ、間違えたことを理由に、他人の自由な状態を批判して、自由な行動をさせられない(任せられない)と主張する。

<5>。現実の真実としては、故意に、他人に間違えさせている悪人に、自由な判断、行動は任せられない。

 ①。現実の真実としては、故意に、他人に間違えさせていることが、理由になると認識している悪人に、自由な判断、行動は任せられない。

 ②。現実の真実としては、悪人に、他人の自由な行動を許可するか、許可しないかの判断や決定することは許されない(許可されない、権利が無い、してはいけない、悪事である)。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、解決方法が正当(正常、正解)ではない(記事No.326)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、解決方法が正当(正常、正解)ではない】

<例えば>

 ①。「人が死んで、悲しんでいる人がいるので、死人を生き返らせてあげた」。

 ②。「欲しがっている人の為に、欲しがっているものを泥棒してきてあげた」。

 ③。「新車の色が少し気に入らないと言っているので、新車を壊してあげた」。

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、正当では無い解決方法を強要(強行)する悪事から、不幸な結果が作られる。

 ①。被害が拡大する。

 ②。解決が必須である問題が増える(難度も増す)。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当の解決方法が出来ない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』が、正当では無い解決方法(悪事)を行うので、被害者、不幸などが増えている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、正当ではない解決方法(悪事)の、根本にあるのは、嫌がらせである。

 ①。行い(悪事)の結果、相手が嫌がることを予測して行っている場合が多い。

 ②。正当ではない解決方法(悪事)を行う為の、「嘘の善行」が理由にある場合が多い。

  (1)。自分は良いことを行おうとしたと、見せ掛ける(騙す)為の、「嘘の善行」である。

  (2)。悪事の、本当の目的は、「嘘の善行」を行うことではなく、悪事(悪いこと)を行うことである。

  (3)。悪事を行う為の理由として、「嘘の善行」があっても、悪事は悪事であり、悪いことである。

 ③。行い(悪事)の結果の、相手の不快感の反応が見たいという欲望があるので、行う場合が多い。

<3>。本当に、解決方法が正当では無い(正しくない解決方法であるという)自覚が無い場合もある。

 ①。自覚が無い『5人組や、5人組の仲間達』が、判断、決定、自由な行動などを行っているのは悪事である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』には、費用対効果の計算が無い(記事No.325)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』には、費用対効果の計算が無い】

<1>。費用対効果とは、使った費用によって、得られる成果である。

<2>。費用対効果の概念があると、お菓子1つを泥棒した場合に、殺されること(罰)が絶対である(可能性が高い)ならば、おかし1つを泥棒(罪)しない。

<3>。費用対効果の概念が分かる為には、それぞれの事象の、程度(どのぐらい)が認識できる必要がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、認識できない。

<4>。費用対効果の概念が分かる為には、それぞれの事象の、程度(どのぐらい)を、比べた「差」を認識できる必要がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、認識できない。

 ②。利益や、損失の認識には、「差」の認識が必要である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、行動から得られる利益、発生する損失の計算(把握、認識、予測)が出来ない。

 ①『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為に、他人の体に入り、他人の体を操作する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為に、人を犠牲にする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』が、お菓子1つを食べる為に、人が殺される。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為に、「他人の体に入り操作したこと(悪事)」で、罰を受ける為に、追われ続ける。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為(少ない快楽の為)に、「他人の体に入り操作したこと(特大の悪事を行ったこと)」で、罰を受ける為に、追われ続ける(特大の苦痛を受ける)。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、少ない快楽の為に、特大の悪事を行うことを、選択して、決定して、実行して、特大の苦痛を受けることになる。


 


カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ