<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★過去の失敗

★過去の失敗

過去の実績(記事No.861)

【★1。過去の実績】

<1>。過去に、世界中の人型の『5人組や、5人組の仲間達』を、全て駆除したことが無い。

 ①。つまり、自動蘇生や、動物などのクローン作成の機械の操作などを、恐れる前に、まずは、人型の『5人組や、5人組の仲間達』の全ての駆除を行い、その後、何が起こるかを、確認して、その起こったことへ、対応するべきである。

<2>。過去に、在庫を減らしたことがあり、その際は、『5人組や、5人組の仲間達』は、在庫を手に入れようとした。

 ①。「連続」、削除を行い「続ける」と、発生する。

  (2)。工場などでの自作を含む。

 ②。材料の動きの見張りと、連続削除は、同時である。





★過去の失敗

悪人の改心を信じないこと(記事No.124)

 悪人は、「自分は改心した」と、人を騙す。

 「自分が改心したと騙されている人の状態」も、悪人は楽しい。

 「本当に」、「完全に」、悪人の改心の結果を「受け取る(確認する)」まで、悪人の改心を信じないこと。

 私は、「絶対、本当に、悪人は改心しない」と、ずっと提示している。

 悪人の悪は、生まれ付き備わっている、機能の不完全によるものだから。

 だが、「悪人は改心する」と、いまだに考えている者がいる。私はその者も悪人だと判断する。

 「悪人は改心する」と考える者でも、悪人の改心の結果を確認するまでは、悪人の改心を信じないことが、可能であると考える。

 「悪人は改心する」と考える者は、 「本当に」、「完全に」、悪人の改心の結果を「受け取る(確認する)」まで、悪人の改心を信じないこと。



 『5人組や、5人組の仲間達』は、「もう分かった」、「もうしない」、「〇〇だと思っていたんだよね」、「今後は2度と行わない」など、反省したように、よく見せ掛けてくる。

 実際に、「心と考え」の反省の反応があっても、悪人の「心と考え」は一時的なものである。

 悪人は、反省により、罪が許してもらえ、罰から逃げられると考えている。

 『5人組や、5人組の仲間達』が、簡単に、悪事を行わなくなるなら、現状は発生していない。

 『5人組や、5人組の仲間達』が、簡単に、悪事を行わなくなるなら、1万年以上も、現状が続いていない。



 敵を、「あと少しで倒せる」状態のとき、敵の「反省した」、「もう2度と行わない」などの見せ掛け(演技)に騙され、敵を倒さない(駆除しない)ことを選ぶ者が存在する。

 過去に何度もある失敗である。



 敵を、「あと少しで倒せる」状態へ、どれほど長い道のりだっただろうか、どれほど困難な道のりだっただろうか。

 敵を、「あと少しで倒せる」状態へ、苦労して辿り着いても、苦労があったことを認識しない者がいる。

 全人類の長期間の苦労(努力)の結果、悲願である「悪人の駆除」の為に、敵を「あと少しで倒せる」状態に辿り着いた状態であると、認識すること。

 悪人(敵)を駆除することは、原始人も含めた、全人類の悲願であると、認識すること。




 敵を、「あと少しで倒せる」状態が、再度、手に入るとは限らない。

 敵を、「あと少しで倒せる」状態のとき、悪人(敵)を、信じること無く、「必ず」、「完全に」、「躊躇(ちゅうちょ)なく」、悪人を駆除すること。

 

 敵を、「あと少しで倒せる」とき、悪人の駆除を達成しても、「悪人の駆除」の完全な達成まで、まだ到達していない状態である場合がある。

 「本当に」、「完全に」、悪人の駆除の結果を「受け取る(確認する)」まで、悪人の駆除が終わったと、信じないこと。

 悪人は、私達の「心と考え」など、全てを弄ぶ。

 『5人組や、5人組の仲間達』は、達成したことを喜んでいる人に、本当は達成していないと気付かせ、気落ちさせることがある。



 敵を、「あと少しで倒せる」状態で、悪人の駆除を達成させた場合。

 「完全な悪人の駆除」や、「<『5人組や、5人組の仲間達』が、楽しい妄想が出来る、繰り返しの世界>の終わり」や、「正当で正しい世界」へ、1歩近づいた場合がある。

 それは喜ぶべきことだが、悪人は、人の喜びを消すことに、喜びを感じる生き物である。

 「本当に」、「完全に」悪人の駆除の結果を「受け取る(確認する)」まで、悪人の駆除が終わったと、信じないこと。

 油断しないこと。期待しないこと。







★過去の失敗

【過去の失敗】私が攻撃され、私が善行を出来ない状態になった (記事No.81)

【過去の失敗】に、よくあるのが、【私が攻撃され、私が善行を出来ない状態になった】と、いうものがある。


【★1。私への攻撃の種類】

<1>。私の、肉体的な損傷。

 ①。暴力による傷を受けた。

 ②。殺された。

<2>。私への操作。

 ①。偽者が私の中に入る。

 ②。私の「心と考え」や、「意識と記憶」の操作。

 など

<3>。私の記憶を奪う。

 ①。私の、善行をするための、計画、意志、などを、発生していない状態にされた。

 ②。私は、人生の苦難の末、神と出会い、真理を学んだが、神と出会う前の、苦難の状態にされた。

 (「長期の苦しい修行の末、やっと真理に出会えた修行僧」や、「長期の必死の頑張りによって、やっと得たものがある」者なら、私の気持ちなどの状態が、少し分かる)

<4>。私を眠らせる。

 ①。私を眠らせて、活動できない状態にする。

 ②。私を眠らせているが、私は元気に活動しているかのように、見せかけることがある。

<5>。私を拉致監禁。

 ①。私の所在を分からなくし、善人による、私への助けが、行われないようにする。

 ②。私が「善行を行えない場所」、「道具などを奪うこと」を、強要する。

<6>。ごっこ遊びに、私を付き合わせるのを、強要する。

<7>。私への嫌がらせなどにより、私に精神的ストレスを与える。

 ①。精神的ストレスにより、体の機能が不調となり、善行が行えない。

<8>。私の行為への邪魔。

 ①。私の行いは、全て、善行に繋がる。だから、私の行いの邪魔は、全て、善行の邪魔となる。

 ※1。「私の行いは、全て、善行に繋がる」ように、見えないこともある。

 休み時間や、「くだらないこと」をするのも、善行の全体から見ると、必要である。

 全てのことは、繋がっている。私の場合は特にそうである。無駄なことは無い。

 ※2。そう見えない場合、私の中身が偽者など、妨害を受けている可能性がある。

 ※3。直接的に、私への攻撃行為を行わなくとも、隠れて、間接的に、私へ攻撃(邪魔)がいくように、罪が暴かれづらいように、行われることもある。

など。



【★2。攻撃による邪魔の結果。私の状態】

<1>。私の善行を行う、時間を奪われる。

<2>。私が善行を行う、手段を奪われる。

<3>。私が善行を行う、能力を奪われる。

<4>。私が善行を、行えない状態になる。

など。




【★3。なぜ、私が攻撃されるのか、理由】

<1>。「私が悪い」と、現実逃避や、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘の誘導によって、考えるから。

<2>。現状の汚い世界で、利益を貪っている悪人にとって、私が、邪魔な存在であるから。

 ①。「正当で正しい世界」を作るための、世界中の善行の、総指揮官が、私である。

 ②。私が、「正当で正しい世界」を作るための、全ての情報を持っている、唯一の者である。

 ③。.私が、「正当で正しい世界」を作るために、神から指示を受けている、唯一の者である。

 ④。私が、正しい、「現状の世界の認識」と、「過去に行われた真実の出来事の記憶」を、一番、持っている者である。

 ⑤。私が機能しなければ、「正当で正しい世界」は、発生しない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事が、暴かれないように、大規模な口封じのための、私への攻撃。

<4>。人の欠陥品(悪人)による、逆恨みや、自分は強いという表現による、私への攻撃。

<5>。私への妬みによる、私への攻撃。

 ①。悪人の、正しく生きられない状態(物体)の認識から、正しく生きる者への妬みが発生する。

 ②。人から注目を浴びている、人から尊敬されている、人から頼られているなど、悪人の欲しがるものを、私が持っていることに対する妬み。


など。



 私への攻撃の、全ての理由は、悪である。

 どんな理由があっても、善行の邪魔を許してはいけない。



【★4。解決法】

<1>。単純に、私を守ればよい。

 ※1。私の身辺の警護。

 ※2。常に、私の状態の把握。

<2>。同時に、「私を攻撃するであろう者」、「私への攻撃を行う者」が、私へ近づかないように対処しろ。

 ※1。過去の犯人の、再犯が多い。「過去の犯人と、犯罪者予備軍(犯人の関係者など)」を、知り、常に、状態を見張れ。

 ※2。常に、『5人組や、5人組の仲間達』の状態を知り、見張れ。

 ※3。上記、「※1と※2」が、私に近づいてきた時点で、「※1と※2」を、攻撃する必要がある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の行動方式として、他の人を使って(誘導など)、罪の行為を、行う(発生させる)ことが多い。

 ※1。他の人に、罪の行為を行わせることで、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分は悪くないという、「ならない」主張の妄想を持つ。

<4>。刑務所の犯罪者の「資料や情報」や、犯罪心理学などにより、犯罪者の特徴が、いくらか分かる。

 そこから、私への攻撃を、行うであろう犯人像が、少し分かる。

<5>。必ず、私への攻撃者が、私の周りに集まってくる。

 私を守ろうとする者も、私の周りに集まってくる。

 そして、私を守ろうとする者に、成り済まし、私への攻撃者が、私の周りに集まってくる。

 私を守ろうとする者か、私への攻撃者か、判断が必要である。

 ※1。私を守ろうとする者は、世界中に、自分は守ろうとする者であると、知らせろ。(有名で、人が多いホームページサイトの利用など)

 ①世界中の許可により、私を守る者として選ばれる必要がある。

 ②また、私の許可により、私を守る者として選ばれる必要がある。

 ③私を守る者同士、お互いに情報を交換する必要がある。

 ※2。過去の犯人と、犯罪者予備軍(犯人の関係者など)と、『5人組や、5人組の仲間達』は、信用するな。

<6>。世界で情報を共有し、私の周りに、私への攻撃を行う者が、近寄らないようにしろ。




【★5。なぜ再犯者の発生や、同じ失敗が繰り返されるのか】

<1>。過去に行われた出来事の、記憶が無いから。

<2>。現状の世界(現状)の認識が、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘の情報などによって、出来ていないから。

<3>。過去に行われた罪(犯行、犯罪)についての、罰の提示が甘いから。
  
 ※1。「罪人に、罪(悪行)を、行わせない方法」を参照。

 ※2。『5人組や、5人組の仲間達』による、捏造の、「罪」と「罰」に、騙されないように。

など。





★過去の失敗

解決方法は、単純で、簡単なことではない。 (記事No.26)


 私の体感と、過去の記憶によると、現在、1万年以上、くだらなく無駄な時間が過ぎている。

 繰り返しで、新しく進むことのない世界。

 『5人組や、5人組の仲間達』の、オモチャとしての世界。

 かなり長い時間、続いているという、知識をもっている人が、いることが多いので、私が言いたいことが、少しでも理解できるかもしれないので、書いておく。



 続くための、「原因」があり、原因を解決することで、終わる(正しくなる)という「結果」になる。



 つまり、これだけ長い時間を、解決できず、失敗してきたから、今でも続いている。

 これだけ長い時間、解決のために、常に、頑張ってきた。善人は絶えることが無いから。

 単純で、簡単なことで、解決するのならば、これほど、大きな問題になっていないし、これほど、長い時間かかっていなく、解決している。

 つまり、続いてきた長い時間と、過去に、どれほど頑張る力が発生したのかを、考えると、

・大体の解決方法は、すでに試されている。
・解決方法は、単純で、簡単なことではない。

 というのが、推察される。




 解決方法は、唯一、私が知っている。

 なぜなら、神から、唯一(たぶん)、助力を頂いているから。

 解決方法は、ある。解決は可能。

 ゆえに、総指揮官は、私である。




 解決は、過去のいつの段階でも可能であったし、今回も可能である。

 「やらない・行動しない」ということが、失敗の大きな原因としてある。

 解決には、「行動」こそが必要である(正しい行動)。




 一番、解決を望んでいるのは、神&私である。








★過去の失敗

【過去の失敗】倒す対象が、私になったことがある。 (記事No.25)

 過去に失敗となった、現状の問題の解決法の1つに、

 【倒す対象が、私になった】と、いうものがある。

 なぜ、その行為が行われたのかには、とても沢山の、理由がある。

【★1。行われた理由】

<1>。【私を倒す方法が簡単だと思えた】<私と神(善)>と、<『5人組や、5人組の仲間達』(悪)>の、対立により、現在の問題があるのではないか、それなら、対立はどちらかを倒せば終わり、どちらかの方向性で、未来を作ればよいのでは。と、考えた者たちがいる。

 『5人組や、5人組の仲間達』は、数がたくさんいて、広範囲に存在するなどの理由で、倒すのが困難である。

 そして、「私は、1人であり、簡単に倒せる」ので、私の側を倒そうという、安易な発想が発生し、行為に至った。

 ※1。現状の問題は、善と悪の対立が原因ではない、悪の存在が原因である。

 ※2。悪の方向性で、「正当で正しい世界」の、幸福のある未来は作れない。

 ※3。なかなか理解してもらえないが、私を倒す方が困難である。なぜなら、神の力が働くから。



<>。【嘘などによる悪の誘導】『5人組や、5人組の仲間達』によって、『5人組や、5人組の仲間達』に、都合の良くなるよう、真実の捏造などを行い、真実ではない情報を人に与え、悪いの(原因)は、私であると、人を騙したから、騙された人が、私を倒す対象だと思い、行為に至った。

 ※1。騙される人の、現実逃避などにより、騙されていると気付いても、そのまま騙され続けることを選ぶことがある。



<>。【現実認識の無さ】無知や、「心と考え」の機能の無さにより、現実認識が出来ず、何をすれば良いのか、分からない者が、勝手な判断で、行為に至った。

 ※1。出来ない人が、自分は出来る人だと考えているのは、妄想である。

  出来る人が、自分は出来ない人だと考えているのも、妄想である。

<>。【知識の無さ】「過去に何があったのか」、「現在の状況はどんな状況なのか」、「どんな因果があるのか」、「善と悪は、それぞれ何が目的なのか」、「物事がなぜそうなのるのか」、など、判断するための知識を知らず、現実認識が出来ず、何をすれば良いのか、分からない者が、勝手な判断で、行為に至った。

 ※1。自分は「知らないという状態の者」であることを、知るべきである。

 ※2。必要な情報を、草の根を分けても捜し出し、知るべきである。



<>。【過去の失敗を繰り返す】知識の無さでもある。過去にあった失敗を知らず、何度も、同じ失敗を繰り返す者たちがいる。

 ※1。過去の情報を手に入れろ。

 ※2。長く続いた年月から、簡単に思いつく方法は、すでに試されていると推察できるはず。行いたい事は、過去にあったか、確認をとってから行うべきである。

<>。【過去の失敗を成功だと考える】過去の失敗の行為があるから、現状の世界が有り、現状の世界が、また欲しいから、また、過去の失敗の行為を行う。と、考える者たちがいる。

 ※1。他の人の苦しみが理解できない、自己中心的な発想であり、悪人である。

 ※2。現状の世界の問題の認識が足りない者に多い発想である。

 ※3。現状の世界に問題がないと考えるのは、「間違った神の認識によるもの」、「現実逃避」、「「心と考え」の機能の欠陥」など、どんな理由にせよ、間違いである。





 私を殺すという、そんな簡単で単純なことで、解決する問題ならば、もうすでに解決しているだろう?

 何よりも、答えとして、現在も、私が存在しているだろう?

 その行為の答えとして、長い歴史に、常にある、私の存在を提示する。




 現状を良くしようと行動している、私への攻撃は、そのまま、現状を悪くしようとしている、『5人組や、5人組の仲間達』の活動力になる。

 なぜなら<<現状を良くしようとする、最大の力である、私の力が低下し>>、<<現状を悪くする、最大の力である、『5人組や、5人組の仲間達』の、力が強いという妄想が、各所で発達し、『5人組や、5人組の仲間達』が行った、悪事の結果が未来へ残る>>から。

 私への攻撃は、現状を良くしようとする、神の邪魔であり、神への反抗である。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ