<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★私の状態

★私の状態

本物の私の行動(記事No.97)

 本物の私の行動。

【★1。キーワード】

<1>。「まずは」、仲間の選別・判定。

 ※1。偽者が判定を行うこともあるので、仲間の選別・判定は、何度も(最低でも毎朝)行う。

 ※2。偽者の判定対策に、1度「敵」と判定された者は、死ぬまで監禁し、本物の私がいつでも、敵と判定された者を、知ることが出来るように、資料を用意すること。

 ※3。本物の私が「敵」と判定した者は、人物をよく調べ(心理、情報など)、長時間、大きな苦痛を与えて拷問し、殺すこと。(調べ足りない場合は、偽者のせいであり、仕方がない)

 ※4。アレクたちが仲間の場合、日本人の仲間はいらない。

<2>。仲間の名簿。

<3>。拷問。

<4>。放送。広く公表。

<5>。偽者。

 ※1。偽者と、本物の、区別をつけること。

 ※2。偽者は、私以外の人も操作するし、操作以外にも、偽者は存在する。

 ※3。強制力を持った者の偽者が来るが、本物かどうか、確認してから、指示に従うなら、指示に従ってほしい。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』。

<7>。悪人退治。

<8>。DNA。(各自の体が持っている、各自(人)の設計図)

<9>。神。

<10>。世界を良くするために。世界の幸せの為に。世界を本来の状態にする為に。

<11>。真実。真実の公表。

<12>。心理学。行動学。など。

<13>。資金の透明化。

<14>。日記。

<15>。私の主な善の為の活動は、紙に真理や、必要なものを書くこと。

<16>。復讐。

 ※1。復讐という結果には、必ず原因がある。原因の前に、結果は来ない。

 ※2。正義(善人)の復讐とは、悪人の駆除に繋がり、世界を治す。

 ※3。悪人の復讐とは、逆恨みである。

<17>。世界の全ては原因と結果。理論。




【★2。】

<1>。偽者の私を、無駄に動きまわらせるな。私の体が疲労する。偽者の私は、座らせておくこと。

<2>。同じ態勢を長時間させるな、1時間に1度、少し体操を行わせること。体が固まるから。







★私の状態

【私の状態3】 (記事No.54)


 私に対して、何かを行うときは、質問しろ。許可をとれ。

 『5人組や、5人組の仲間達』に対して、大きな作戦行動をとる場合、なるべく、私に対して、質問しろ。許可をとれ。

 可能な限り、質問しろ。許可をとれ。

 私が目の前にいるのに、質問しない、許可をとらないなど、勝手な行動は許さない。罪。

 



 とはいえ、質問したくても、許可をとりたくても、とれない場合がある。

 『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔によって、「意識と記憶」がなかったり、眠らされていたり、別人(偽者)などによる。





 過去に、「質問できない、許可が取れない」という、発言を聞いたことがある。

 その場合、無駄に、時間だけが過ぎ、無駄に、私と、世界中の人の命が、消耗されるだけだが、

 必ず、犯人に罰は与えられるので、あまり焦らないように。





 また、邪魔が入らないように、努力をしてみて欲しい。
 
 どういう操作によって、邪魔されているのか、考えられる邪魔に対する、できる限りの対処をして欲しい。

 可能であれば、どう邪魔されるのかを、調べて、知り、対処して欲しい。

 その際、私の移動は無しで、私への接触や、投薬なども、無い方が嬉しい。

 つまり、私の周りに、電波の妨害を作ったり、私の遠くから、私に影響がないように、私をスキャンしたりである。

 私の近くに接近する者がいると、その者が私を、攻撃する可能性があるので、なるべく離れた位置が望ましい。

 私の目が覚めたときに、周りの環境などの状態が分かるように、大きな文字で書いた、手紙や看板を置いておいて欲しい。

 私の意識のない状態や、別人の時の映像を撮影しておいて、私が目覚めた時に見せて欲しい。

 上記は、私が普通に生活しているのなら、無くてよい処置もある。




 

★私の状態

【私の状態2】 (記事No.53)

【★1。「心と考え」の変更】

 私の意識が戻る時、

<考え・記憶(持っている情報)・感情(心状態・体の反応)・現状認識(現状把握と、持っている情報)・判断能力>

の、変更が、ありえる。



【★2。記憶の削除】

 私の、場所が移動させられ、移動後の場所で、私の意識を始めようとする者がいるが、意識が戻る時には、記憶が消されていることがある。

 場所の移動が無い場合にも、意識を失い、意識が戻る時には、記憶が消されていることがある。







★私の状態

【私の状態1】 (記事No.15)


【私の状態】

 私は、私が自主的にやったことと、私が、やらされたこと(強要)を見分けて欲しい。真実を知って欲しい。

 映像や、実像の、私という物体の、外見の動きなどを見ているだけでは、分からない事が多いので、私の状態を教えておく。

【①私の肉体の中に、偽者(別人)が入って、私の意志を無視し、勝手に私の肉体を動かし、私として行動していることがある<外見は私、中身の「心と考え」が、偽者(別人)の状態>】
 ※入っていると表現したが、意味は伝わると思う。

<1>その時、私の意識は、眠っているような状態(眠っているという意識もない)で、私は意識が無い状態である。

・偽者と、本物の私では、声が違ったり、しゃべり方が違ったり、動作が違ったりする。発言内容も、私が言わないような、ものだったりするので、私と、偽者の特徴の違いから、どちらが肉体を動かしているのか判断できる。私のモノマネが、とても上手い偽者もいるので注意して欲しい。

・偽者より、私の方が知能が高い、ことが多いので、知能の高さで、本物の私だと判別できる。(知能の高さとは、知識の多さではない。知能が高い者は、この行為を行うべきではないと、判断ができるので、行わない場合が多く、必然と、偽者は低能者となる)
 だが、偽者は、私が過去に言った発言などを、モノマネして話したりするので、知能が高いように感じられることがある。私が過去に書いたりした内容も、モノマネされることがある。

・偽者は、私のモノマネ、以外のものも、話すことができる。(指示を受けた発言や、自主的な発言など)

・私の肉体の中に、入る可能性のある、偽者は、私以外の世界の人の全てである。だから、偽者の特徴から中身を判断より、私の特徴から中身を判断する方が簡単。

・私の肉体の中に、入る可能性のある、偽者は、私の肉体の中に入る意志が無いのに、急に、強要され、勝手に入れられている者もいる。その場合、中身が「まともな人」だったり、普通の人だったりすると、状況に気付いてから、中身が別人であると自白する。また、中身が、「まともな人」や、普通の人でなければ、そのまま私だとして、私の偽者として、行動を続けようとすることがある。

・私の肉体の中に、入る可能性が、よくある、偽者は、5人組の子供たちや、5人組の仲間達や、『5人組や、5人組の仲間達』に妬まれている者(妬まれている者に対する、嫌がらせとして入れられる)である。

・偽者が、私の体を使って、勝手に、しゃべっている最中に、急に本物の私が、私の体に戻ることがある。徐々に入れ替わったり、瞬間的に入れ替わったりである。

・偽者が、私の体に対し、勝手に、自傷行為をすることがある。全力で止めろ。本物の私が、自分で自分を傷つけたりするのは、ほっといてよい。

・偽者が、誰だか特定して、【問題解決となる正しい対処】をして欲しい。

・私は、電波などを受けて、操作されている可能性があるので、どこから電波などが発生しているのか、場所の特定をし、犯人たちを捕まえて、【問題解決となる正しい対処】をして欲しい。
 場所は1ヵ所ではないと、私は推察している。

・私が、外部から操作されないように、電波などを、遮断や妨害して欲しい。


【③私は、意識を、失わされることがある】

<1>外部からの操作などによって、ある時、急に意識がなくなり、ある時、急に意識が戻る。(急じゃないこともありえる)

<1>私の、意識が戻る時、「記憶や、意識」が、意識を失う前と、「別のもの」になって、「別のもの」の状態で、行動を始めることを強要されていることがある。
 「別のもの」とは、「私の過去の時点の「記憶や、意識」の状態」や、「まったく新しく作られた、強要されている意識」などである。

 例えば、

 20歳を生きていたのに、意識を奪われ、意識が戻ると、18歳の時の「記憶や、意識」で、その状態で生きることを強要されている。と、いうこと。
 
<1>意識が戻る時の、「記憶や、意識」の状態は、

 例えば、

 20歳を生きていたのに、意識が奪われ、意識が戻って始まる時に、

・「18歳の時の「記憶や意識」で、周りの状況(環境、世界)が、18歳の時のものである状態」
 →これが過去に一番多い。私を騙す偽造行為で、他の人も、これがよいことだと言われ、騙される。

・「18歳の時の「記憶や意識」で、周りの状況(環境、世界)が、20歳の時のものである状態」

・「20歳の時の「記憶や意識」で、周りの状況(環境、世界)だけが、18歳の時のものである状態」

・「単純に、意識を奪われていただけ、ということもある。私の「記憶や意識」が、意識を失っていた時間分だけ無くなり、周りの状況(環境、世界)が、意識を失っていた時間分だけ、進んでいる状態」
 (実際に、意識を失っていた時間の長さと、意識が戻った時に、失ったと思っている時間の長さは、一致しない時などもある)

・「まったく新しく作られた(過去の私の状態の利用からの応用も含む)「記憶や意識」で、周りの状況(環境、世界)が、それに合わせたもの、の状態である」(周りの状況(環境、世界)は、色々変えられる)

・「自分が誰だか、ここがどこだかも分からない状態」(どちらかは、分かっている状態もある)

 などがある。

<1>意識を失う前の記憶を失って、意識が戻ることもある。
 その場合、人生や、世界が最初から、やり直しとなることもある。
 (『5人組や、5人組の仲間達』による、世界の無意味な繰り返しの、原因の1つ)

<1>意識の無い状態で、私が自分で動くことがある。
 これは、体の中に偽者が入っている状態ではないが、私の意志で動いているわけでは無く、強要されている状態。
 過去の私が動く時に、使った脳などの状態を、再現して操作に使えば、私を過去の動いたとおりに動かすことが出来る。
 さらに、どんな時に、どんな風に、脳などを使うかが分かれば、状態を再現して、操作に使える(操作の応用は可能である)。



<1>私の意識が戻った瞬間を、私の外見の、状態の変化で、分かる人がいる(過去にいた)。

<1>意識を奪われることで、私の、記憶や、意識は、分断しているものとなる。

・私の意識を奪う為に、私を眠らせたり、私が自主的に眠るまで待ったり、私を殺したりもする。





【私は眠らされる】

・外部からの操作などで、勝手に、眠らされる。
・眠り続けさせられる。



【④私は、悪人の勝手に、拉致され、場所を移動させられ、行動を強要されることがある】

・ある時、意識が戻ると、別の場所に居ることがある。
・ある時、意識が戻ると、別の場所に居て、それまでの、意識を失う前までの記憶と、違う記憶を与えられ、意識を持った行動を始めることを強要される。


【④私は、勝手に、記憶を消されたり、記憶を増やされたりすることがある】




・私は、今、私の命の時間の、全てを善行に使いたいと考えているのだが、意識を奪われ、命を無くされ、善行の邪魔をされる可能性の高い状態である。



★以上のことによって、
<1>これによって、私の命は無くなっている。私の善行可能な時間は、私の命の、有限の時間のみで、24時間×365日×寿命年数である。私の命は有限である。意識が無くなっている時間は、善行できないし、命が奪われて無くなっている、ということである。
 ※上記の寿命の意味は、一般的な認識の寿命と、私のいう寿命とは違うもの(別記する予定)。

・これによって、私の命は無くなっている。私の善行可能な時間は、私の命の、有限の時間のみで、24時間×365日×寿命年数である。私の命は有限である。眠らされている時間は、善行できないし、命が奪われて無くなっている、ということである。
 ※上記の寿命の意味は、一般的な認識の寿命と、私のいう寿命とは違うもの(別記する予定)。
・私は、今、私の命の時間の、全てを善行に使いたいと考えているのだが、眠らされ、命を無くされ、善行の邪魔をされる可能性の高い状態である。



【②外部からの悪人による操作により、私の知能が上がったり、下がったりする】

 ・私の体への直接的な薬物投与などで、私の知能が上がったり、下がったりする。
 ・電波のようなもので、外部からの私への操作を受けた結果、私の知能が上がったり、下がったりする。
 ・進んできた人生によって、学んだことが違うので、他の人生を進んだ私と比べると、私の知能が上がったり、下がったりする。
 ・体調不良などで、私の知能が上がったり、下がったりする。これは、一般の人にもあるが、私は体が弱いので特に顕著である。
【⑤私は違う事を考えていると、偽造されることがある】
【外見も中身も違うのに、私であると、演技をする偽者がいる】

・私の外見などを、知らない人に対して、騙そうとする行為である。

・過去に、「私の心と考える機能(中身)」が、別人の中に、入れられていたこともあり、それを知っている人が、本物の私である可能性を考えて、親切にするので、それなどを目的にして騙そうとする行為である。

・私として生きたいと望む者は、特に女に多いが、実際に私の偽者として行動するのは、悪いことだと自覚する者も多く、実際に私の偽者として行動しているのは、かなり低能の悪人である可能性が高い。
 また、低能の女が、悪人の低能の男に、私の偽者として行動するように強要されていることも多い。その場合、悪人の低能の男(隠れていることもある)が、本当の犯人なので、突き止めて、問題解決となる正しい対処(本当の犯人の罪を暴く→本当の犯人の罪を、世界への公表→本当の犯人へ罰を与える→再発防止)をして欲しい。低能の女も、無罪ではない(本当の犯人よりは、罰が軽くてよい)。

※偽者が私を名乗る行為や、偽者が私であると演技する行為は、かなり罰が重いようで(実施の罰は世間が決めているようである。私の主張としても罰は重くして欲しい)、ヤクザや、詐欺師もしない。これは、倫理観的にも、多くの人が、やらない行為である。





★★全ての、真実を知れ、真実を確認しろ、真実を認識して判断しろ★★





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ