<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★悪人とは

★悪人とは

悪人は、繋がりを把握しないので「だけ」と考える。(記事No.160)

【★1。悪人は、悪事を行っても、悪事ではなく「普通のことを行っていただけ」と捉える(認識する)】

<例えば1>

 ①。行った銀行強盗で死者が出ても、自分は「お金を運ぼうとしただけ」と主張する。

  (1)。銀行強盗には死者が出る可能性があるが、可能性を考えずに行ったので、自分は「お金を運ぼうとしただけ」と主張する。

  (2)。銃を装備していたが、死者が出る可能性は考えずに行ったので、自分は「お金を運ぼうとしただけ」と主張する。

  (3)。一緒に銀行強盗を行う仲間が、悪いことを行うことは計画として知っていたが、自分はそれを告発しなかった場合も、自分は「お金を運ぼうとしただけ」と主張する。

  ※補足1。当然に考えられる可能性を、考えなかった時点で悪いことである。罪の軽減は絶対に許容できない。

<1>。悪人は、正当な理論を持たないので、繋がりを持たず、「だけ」だと捉える。

 ①。1つのことは、沢山のことに繋がるが、悪人は、繋がりを把握しない。

 ②。悪人は、多数の繋がりを認識しない。

   悪人は、少ない繋がりしか認識しない。

   悪人の、繋がりの認識は、1本の線のみの場合がある。(その1本も、繋がっていない(正当な理論として繋がらない)場合がある)

   (繋がりを多く認識するほど、賢い)

<例えば2>

 ・「欲しい物があるので、お金が欲しい」→1本の線。
  「お金が欲しいから、泥棒しよう」→1本の線。
  
 ・「なぜ、それが欲しいのか(複数の理由)」→多数の繋がり。
  「お金が欲しいなら、どんな方法があるか(複数の発想)」→多数の繋がり。
  「泥棒した場合の結果予測(複数の結果)」→多数の繋がり。

 ③。繋がりは理論に使用するものである。正しい理論の結果に、正しい繋がりが見える。

 ④。行動が何に繋がっているのか、悪人は認識しない。



【★2。悪人は、善悪の判断(価値観)が無く、悪いことだという認識が無いので、「だけ」だと考える】

<1>。善悪の判断が有る人は、悪いことを重大なことだと捉えて大きく反応するが、善悪の判断が無い悪人は、悪いことを普通のこと(ありふれていること。ありきたり)だと捉えるので、小さな反応しか無く、「だけ」となる。



【★3。悪人は、自分の悪事が、「凄く酷いことの状態である」と、いう認識を持たない】

<1>。悪人は、自分の悪事が、どこに繋がるのか把握(認識)しない。

<2>。悪人は、自分の周りの、自覚できる(見える)部分にしか現実の世界を持たないので、自覚できない(見えない)部分に存在している世界は推測しない。

  悪人の考え(計画)の中に、自覚できない部分の世界は入らない。

<3>。悪人は、自分の悪事により、悲しむ人が、「どのぐらい発生するのか」、「どのぐらい悲しいのか」など、推測しない。

<4>。悪人は、自分の悪事により、被害が、「どのぐらい発生するのか」、「どのぐらい大きな被害か」など、推測しない。

<5>。悪人は、悪事の被害(多数の繋がり)が分かっていたら、悪事を行わなかった場合もあるが、「被害を教えれば分かる」、「分からなかったのなら仕方が無い」などの処置をするのは間違っている。<現状の、まともな人>の「心と考え」が当然として分かることが、「分からなかった」ことが、悪いことである。『5人組や、5人組の仲間達』は、分からなかったならば、罰は許されると考える。

<6>。悪人は、繋がりが分からないので、怒られても(罰を受けても)、「何が悪くて(原因)」怒られたのかを認識しない。

 ①。悪人は怒られた結果、「原因ではないことを治す」、「そのまま何度も行い続ければ、いつか成功すると考えて行う」、「相手が悪いと妄想する」などの反応をする。



【★4。悪人は、悪事であると認識していたが、行い、「だけ」としか認識していないと見せ掛けて、罪の軽減を手に入れようとする】

<1>。悪人は、実際に機能が無くて、「分かることが不可能である」ことが多いが、「分かることが可能である」ことも存在する。

<2>。「★1の<例えば1>」では、死者が出ても構わない(問題が無い)と思って、行動したが、自分は予期していなかったと、見せ掛ける場合がある。



 

★悪人とは

悪人は「有る」と知っていても、何が有るのか予測できないことは「無い」と判断する(記事No.159)

【★1。悪人は、「有る」と知っていても、何が有るのか予測できないことは、「無い」と判断する】

<1>。罪を行えば、必ず罰が発生するが、悪人は、どんな罰が発生するの分からないと、罰は無いと考える。

 ①。悪人は、存在することは分かるが、何が存在するのか分からない場合、存在しないと考える。

 ②。悪人は、存在しないでほしい(自分に都合が悪い)場合、願望の妄想により、存在しないと考える。

   存在しないことが、事実だと考える。

<2>。妄想として、存在しないと考えたことが、現実(真実)であると考えて、現実の世界で実際に行動する。





★悪人とは

悪事を止められ、自分の都合が悪くなっても、「悪事を止めることが悪いことである」とは、ならない(記事No.158)

【★1。悪事を止められ、悪事を止められたことで自分の都合が悪くなっても、「悪事を止めることが悪いことである」とは、ならない】

<例えば>

 ①。悪人は、盗みを阻止されると、「せっかくテレビを買おうと思っていたのに(盗んだ金で)、阻止されたから出来なくなった」と、自分が受けた被害を表現して、相手が悪いと表現する。

 ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「せっかく」という言葉を、「自分は苦労した(だから相手が悪い)」、「相手にとって利益になることを自分が行っていたのに」などの、「相手が悪い状態である」と、いう表現によく使う。もちろん、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘などを使った誘導であり、『5人組や、5人組の仲間達』が悪い。

<1>。悪人は、この主張により、減刑される(許される)と、いう価値観(判断)を持つ。

<2>。悪人は、盗みを阻止され(失敗であり自分が低能の状態)、不快感が発生し、盗みを阻止した人から攻撃を受けたと捉えるので、「盗みを阻止した人に、自分が悪いと(悪いことを行ったと)思わせる」為の、嫌がらせである。

<3>。悪人は、「相手が悪いのである」と表現をすることで、相手に、自分の方が強い(有能、負けていない)と思わせることが出来ると、いう考えを持つ。

<4>。悪人の、自分は被害者だから、助けてほしいという表現である。

<5>。考えることが苦手な人は、悪人のこの主張を、一理ある(自分も失敗したらその気持ちになるだろう)と考え、判断を狂わせられ、「自分が悪人に対して悪いことをしたのではないか?」など考えるが、理性などでその考えは間違っていると、止めることが出来る。

 ①。正しい判断の為には、多数の可能性を閃くことが必要になる。色々な可能性が閃くのは悪いことでは無い。

  (1)。「自分が悪人に対して悪いことをしたのではないか?」などの考えが、可能性として閃くことは普通であるが、その考えが間違っていると理性などで判断することは出来る。

  ※補足1。(基本的に)、悪事を阻止することは、悪いことではない。良いことである。

<6>。悪事により、自分に都合のよい利益を得ようとすることは、悪事が許される理由にならない。

<7>。悪事が、<現状の、まともな人>の「心と考え」の判断(善悪など)の結果、減刑されることがあるが、判断を持たない悪人には、減刑されるか、されないかの違いが分からない。

 ①。同情などが含まれた、<現状の、まともな人>の「心と考え」の判断など。

 ②。悪人は、何故、減刑された人が減刑の処分と判断されたのか、自分と何が違うのか分からない。

 ③。悪人は、減刑の理由の、自分なりの判断による答えを持つが、正確には(本当の)答えを把握できない。







★悪人とは

有能は大切である(記事No.156)

【★1。悪人は、他人の有能を否定(批判)したい欲望を持つ】

<1>。悪人は、他人の有能を認識すると、否定(批判)を始める。

 ①。悪人は、他人の有能を認識すると、自分が低能である状況に対して、不快感(危機、怒り)を感じる。

  (1)。悪人の、他人と自分を比べることは、どちらが強い(有能)かに繋がり、妄想の中で戦いが自動的に発生する。

  (2)。悪人は、差を、存在するだけのものと捉えず、戦うべきものだと、捉える。

  (3)。<現状の、まともな人>は、人と自分を比べる必要は(ほとんど、かなり)無いが、悪人の生存競争には必要な能力であり、悪人は人と自分を比べる機能が強い。

  (4)。低能者は、有能者を無くすことで、生存競争を生き残った場合がある。

 ②。悪人は、他人の有能を壊したい(奪いたい)、欲望を持つ。

  (1)。悪人は、相手の能力を下げることで、相手が有能であり、自分が低能である状況を、無くそうと考える。

  (2)。悪人には、生まれ付きに備わっている、本能的な欲望なので、沸き上がる強い欲望(感情、考え、反応)である。

 ③。他人の有能を認識したから発生した欲望であり、他人の有能を認識している状態であり、自分の負けを認識している状態であり、苦痛の状態であり、苦痛から逃れる為の反応(欲望)である。

<2>。悪人は、相手の有能から、不快感を感じるので、相手から攻撃されたと判断する。

 ①。悪人は、相手が有能だから、自分が不快感を与えられた、自分が攻撃を受けたと認識するので、相手に攻撃(嫌がらせ、批判)を行う。

 ②。悪人は、嫌がらせにより、相手が悲しむと、「相手の有能を下げた」、「相手に勝った(自分が強い、有能)」と考える。

  ※補足1。有能である現実はそのまま存在するので、悪人の意識が、相手の有能に向くたびに、相手の有能を認識するたびに、何度も攻撃して来る。

      悪人は、暇になると、意識が、悪事や、他人の有能などに向く。

<3>。悪人は、相手に否定(批判、嫌がらせ)を行えば、現実に存在する、相手の有能が無くなるという妄想を持つ。



【★2。有能は大切である】

<1>。有能とは、群れの発達の為であり、幸せを作る為のものである。

<2>。有能は、能力を増大する(伸ばす)べきものであり、攻撃や邪魔されるものでは無い。





★悪人とは

悪人は、有能だと思われる為に、低能だと思われることを行う(記事No.152)

【★1。悪人は、何が有能であるかを判断する、正当な価値基準を持たない】

<1>。悪人は、有能であるという評価を欲しがるが、何が有能なのか、何が有能ではないのかを、判断する正当な価値基準を持たない。

<2>。悪人の持つ有能を判断する価値基準は、現実の<現状の、まともな人>の持つ価値基準とは違う。

<3>。悪人は、現実の<現状の、まともな人>からの有能であるという評価を欲しがるが、現実の<現状の、まともな人>の持つ価値基準は分からない。



【★2。現実の<現状の、まともな人>の、有能である価値基準とは】

<1>。極論を言えば、「幸せな世界の形成」の為に、役に立つか立たないか」である。

   役に立てば有能であり、役に立たなければ低能である。

 ①。「優しさ」は、<現状の、まともな人>から、有能であると判断されるが、判断の理由は、群れの維持や発展の為に必要なものであり、群れの維持や発展は、「幸せな世界の形成」の為に役立つからである。

 ②。「発展の為の能力」は、<現状の、まともな人>から、有能であると判断されるが、判断の理由は、群れの維持や発展の為に必要なものであり、群れの維持や発展は、「幸せな世界の形成」の為に役立つからである。

 ③。「強さ」は、<現状の、まともな人>から、有能であると判断されるが、判断の理由は、群れの維持や発展の為に必要なものであり、群れの維持や発展は、「幸せな世界の形成」の為に役立つからである。



【★3。現実の<現状の、まともな人>の、低能であるとするもの】

<1>。「幸せな世界の形成」の、役に立たないものは、<現状の、まともな人>から、有能と評価されない。

<2>。「幸せな世界の形成」の、邪魔になるものは、<現状の、まともな人>から、低能と評価される。

<3>。悪事とは、「幸せな世界の形成」に、真逆に働く、邪魔な(害である)行為である。

<4>。悪事は、「幸せな世界の形成」の邪魔になるので、低能であると評価される。

<5>。「幸せな世界の形成」の為に、人には沢山の当然の能力が備わっている。(先祖代々の能力、生まれ付きの能力)

  「幸せな世界の形成」の為に、「一番必要なもの」は、優しさなどの「心と考え」であるので、その当然の能力が無いものは、「かなり低能である」と評価される。

 ※補足1。「心と考え」のうち、かなり初期(昔)の人から備わっている能力で、必要性が高いものは、根が深い。

       かなり当然である能力なので、無いと、「かなり低能である」と評価される。



【★4。悪人は、有能であるという評価を手に入れる為に、低能であると評価されることを行う(表現する)】

<1>。悪人は、「心と考え」の機能が正常では無いので、何が有能で何が低能と評価されるのか、正確には分からない。

 ①。悪人は、褒められること(有能)を、他人が褒められている出来事(行動)から学んでいるので、「出来事(行動)」が、「有能」だと捉えて(認識して)いる。

  (1)。悪人は、褒められる行動に「必ず」ある、「心と考え」の存在を、分からない(知らない)。

  (2)。「何を考えて(想って)行動しているのか」が、評価には大切である。

  (3)。「心と考え」が違うならば、有能と同じ行動をしても、有能ではない場合も多い。

<2>。悪人は、自分の妄想による価値観として持っている、「他人から有能であると思われること」を行うが、現実には、<現状の、まともな人>に低能であると評価される行いである場合が多い。

 ①。他人に有能であると思われようとする行動は、<現状の、まともな人>の価値観では低能者の行為である。

   ※補足1。「有能であると思われる(褒められる)ことが【目的】」ではなく、行動をするべきである。

<例えば>

 ①。自分を有能に見せ掛ける為の嘘は、嘘であると暴かれると、「かなり」低能であると判断される。

  ※補足1。嘘は「幸せな世界の形成」の邪魔になる。

  ※補足2。この行動は、「幸せな世界の形成」の『かなり』邪魔になる、「「心と考え」のうち、かなり初期(昔)の人から備わっている能力で、必要性が高いものが、無い状態」であるので、「かなり低能である」と評価される。

  ※補足3。嘘が暴かれなければ良いと考えることも、「かなり」低能であると判断される。

<3>。悪人は、自分の妄想による価値観として持っている、「他人から有能であると思われること」を、行えば行うほど、現実には、<現状の、まともな人>から、低能であると評価される。



【★5。「幸せな世界の形成」とは、「正当で正しい世界」の形成のことである】

<1>。幸せな世界の最大(最善)の状態とは、「正当で正しい世界」である。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ