<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★真実を認識する為の知識(罪には罰)

★真実を認識する為の知識(罪には罰)

悪人の、善人に対する攻撃が終わらない限り、悪人と善人の戦いは続く(記事No.215)

【★1。悪人の、善人に対する攻撃が終わらない限り、悪人と善人の戦いは続く】

<1>。悪人の罪に対する正当な罰が、足りた(満ちた)場合、世界に平和が訪れる。世界の幸福な状態が作られる。

<2>。悪人を自由に生存させておくと、悪人の作り出す罪が増える。

 ①。悪人に、罪を作り出せる自由を与えてはいけない。

 ②。悪人を、罪を作り出せる状態にしてはいけない。

<3>。悪人の作り出す罪には、正当な罰が行われ、その罰は、罪に対して足りた(満ちた)量でなくてはいけない。

<4>。悪人は、悪人を倒そうとする善人を攻撃する。

 ①。この行動に正当な理由は無い。

 ②。この行動は悪事であり、罪である。

 ③。悪人が、「悪人を倒そうとする善人を攻撃する悪事」を続けるかぎり、悪人の罪は増え続け、罪に対する、善人が悪人に行わなければならない罰も増え続ける。

<5>。善人は絶えることが無い。どれほど少なくても、善人は発生し、絶えることが無い。

 ①。善人の絶滅した状態は、悪人も絶滅する状態で、人が絶滅する状態である。

  (1)。なぜなら、善人が存在しない、悪人だけの世界では、悪人の生存の為の機能がないから。

  (2)。悪人は、盗むものが無ければ、生存できない。

  (3)。悪人の群れは、必ず破綻するように出来ている。

  (4)。悪人の群れは、能力のある人を殺し、誰の能力も育たないものである。

  (5)。悪人の群れは、『何も無く』、自分の生存の為にある欲を満たすのみの、ただの(単純な)生存の状態となる。

  (6)。悪人の群れは、自分の子孫の為に行動しない、子孫で遊ぶ(妄想する、快楽を得る)自分の為の行動があるだけである。

 ②。つまり、善人は絶えることは無い。

 ③。だから、善人と悪人の戦いを終わらせるには、善人が悪人を絶やす必要がある。






★真実を認識する為の知識(罪には罰)

正しい罰は受け入れること(記事No.120)

 罪には、罰が「必ず」発生する。

 神は、地獄を用意してあるし、地球で生きているときに、神からの罰を受けることも可能である。

 神からの罰を逃げれることが、可能だと考えるのは間違えている。

 神は、救いとして罰を与える。

 神からの罰は正しい。罰は浄化である。

 神の作った法則には、幸せもあるが、罰もある。





 神が与える罰は、受け入れること。





 <善人の仲間>や、正しい人が、正しい目的で、正しく行う罰である拷問は、神からの罰である。

 地獄の罰と、同じである。

 行った罪から発生したのが、罰であるので、罪に対して、正しいで値である、正しい効果のあるのが、罰である。

 罪に対して、罰が上回ることは無い。

 罰とは、罪を消す効果があるものである。





 現状では、<『5人組や、5人組の仲間達』が、楽しい妄想が出来る、繰り返しの世界>で、『5人組や、5人組の仲間達』が、自由に、遊びとして、妄想として、拷問を行っている。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人、偽者)の行う拷問は、間違っている。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人、偽者)の行う拷問は、受け入れる必要が無い。受け入れてはいけない。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人、偽者)には、拷問を行う権利が無い。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人、偽者)には、神の罰である、拷問を行えない。

 悪人こそが、罰(拷問)の対象者であるから。





 『5人組や、5人組の仲間達』の行う拷問からは、逃げていい。逃げるのが正しい。

 神の行う罰(拷問)からは、逃げようと考えてはいけない。罪と罰が拡大し、悪化するから。







★真実を認識する為の知識(罪には罰)

【罪には罰】罪人に、罪(悪行)を、行わせない方法 (記事No.82)

悪人に、罪(悪行)を、行わせない方法


【★悪人が罪(悪行)を行う理由】

<>。悪人は、悪行を、行いたいから行うのである。

 ①悪人は、悪行を、行いたいという、欲求が強い。

<>。悪人は、未来予測が無いので、

<>。悪人は、妄想願望を未来予測だと思う。大した事じゃないと思う。ばれない。逃げ切れる。なんとかなる。

<>。悪人は、裁かれなかった経験から、また、裁かれないと発想する。罪に対する罰がないと思う。

<>。悪人は、記憶力が無い。(体感として薄れる)

<>。悪人は、方法を発想できない。

<>。悪人は、習慣で行う。

<>。悪人は、現実認識がないまま行う。でたらめに、それでもよいやと。

など。




【★悪人に罪(悪行)を行わせてしまう原因と、罪(悪行)を、行わせない為の対処法】

<>。【原因】①過去に行われた罪(悪行)に対しての、罰の提示がないから。

   ②罰が行われたtこを知らないから。

  【対処法】

  ②罰が行われたと、提示する。「罰が行われた」と、いう知識(情報)を与える。
 


<>。【原因】①過去に行われた罪()に対して、罰が行われなかったことがある。


【対処法】
  ①罰を徹底する。罪には必ず、罰を与える。

 ②<絶対>逃げ切れない。罰から助かることはない。暴かれる。という実績を作る。

 ③<過去に1度も>逃げ切れたことがない。悪行を行えば、助かったことがない。暴かれなかったことはない。と、いう歴史の実績を作る。

<>。【原因】罪を犯したのに、褒める。

【対処法】褒めている者を罰する。


<>。【原因】リアリティがない。

【対処法】①際にわたり、説明する。



<>。【原因】 ②罰が少なかったことがある。


【対処法】 ②適切なばつ。上回る。


 ※1。悪人の行いたいという、欲求を、上回る程の罰が無ければ、行いたいという欲求は止められず、罪の行為は無くならない。

 ※2。罪に対して、罰が軽いと、罪の行為は止まらない。

 ※4.大きな罰であれば、おこないたいという欲求がでるたび、予測として出てくる。

 ※3。大きな罰であれば、未来予測がなくても、予測として出てくる。



<>。【原因】軽い冗談だと、社会の認識がある。発想する。

【対処法】大事であると、社会の共通認識を持ち、表現していく。

<>。【原因】

【対処法】願望は通用しないと、徹底していく。認識させていく。

<>。【原因】記憶力が無い。

【対処法】思い出させる。

<>。【原因】体感として薄れる

【対処法】体感を自分でメモらせて、何度も、それを読ませて、覚えさせる。

<>。【原因】願望の未来予測に対して、

【対処法】理論が破綻していると、理論の破綻を指摘する。

<>。【原因】脳に、まともな経路が無い。

【対処法】 欲しい者に対して、その手段では手に入らないと教える。

 結局、損している。と教える。

<>。【原因】悪を悪だと判断できない。

【対処法】現実世界の法則で、社会の構成のために、必要なルールがあると説明する。前提条件。

 前提条件に違反したら、罰を与えると教える。

 悪を悪だと判断できない、欠陥品であると、教える。

<>。【原因】習慣で行う。周りが行っているから行う。

【対処法】
 間違った教えで、行動していると、教える。

 間違った考えの、道筋が、脳に出来ていて、それによって、何度も、間違った行動をとっていると教える。

 間違った教え、考えで行ってきたことは、全て間違えの選択による、行動なので、行動の1つ1つを考えながら行うように指示する。
 周りが行っていることは、一部の人間の行っていることであると、教える。


<>。【原因】生まれながらに、間違った発想をする機能を持っている。

【対処法】治らない。

 殺す。

 何で作られたのか調べて、2度と作らせない。

<>。【原因】いざとなると、考えがまとまらず、おかしな行動を取る物体である。

【対処法】治らない。

 まともな人でも、あるが、まともな人は悪行をしないのと、まともな人は、そういう状況にならないように生きるので、そういう状態になりにくい。



など。



善人に危害が及ぶことは、「正当で正しい世界」には無い。あり得ない。許容できない

悪人の悪行は、善人に危害が及ぶことである





【★悪人に罪(悪行)を行わせない為の、具体的な罰の方法】

<>。拷問。

<>。必要ならば、拷問後、死刑。

 ※1。罪への最大の罰が、死刑である、現在の法の罰則では、★1により、死刑などの罰を恐れない悪人が多く、悪行を防げない。

 ※1。現在の法の罰則では、悪人の悪行を防げていない。

 ※2。現在の法の罰則は、「罪に対する罰の発生を予測する者」、が対象であり、悪人の本質に対応していない。




【★悪人に、★の、適正な罰を与えない場合】

<>。悪人の、悪行は止まらず、防げず、悪人は悪行を行い続ける。

<>。悪人の駆除が行われず、悪人が自由な生活(悪行を行う)をすることになる。

 ①善人に危害が及ぶ。善人の生産活動に寄生される。善人の生きている意味への害。

 ②「正当で正しい世界」が作れず、世界は不幸に溢れ、世界は、まともな機能をしないものになる。

 ③悪人が、繁殖し、増える。(悪人の仲間作り。悪人と同じ悪行をする人が発生する。悪人の子供の作成)

 ④神の目的が邪魔され、達成できず、「正当で正しい世界」が作れない。

<>。悪人に、★の、適正な罰を与えないかぎり、現在の不幸な状態の世界が、永久に続いていく。




【★よくある疑問への答え】

<>。【疑問】悪人を排除しようとすると、悪人が進化して、強くなるだけである。だから、悪人を排除しないで、放置しておくのが一番いいのでは?

 【答え】

  ①悪人を放置しておいても、悪人は進化して、強くなる。

  ②排除が不完全であるから、進化して、強くなる。完全に根絶やしにすることは可能。絶滅した種族も地球にはある。

  ③完全に根絶やしとは、悪人の悪の水準を下げるに至るまでの、悪人の排除である。

<>。【疑問】悪人の存在も、神によって作られたものであり、悪人がいる今の世界の状態が、神による完全な世界の状態では?

 【答え】

  ①悪人を排除しようとする正義も、神により作られている。

  ②善があるから、悪がある。全てのものには差があり、2極化されるから。

   人の存在には、常に、善が存在し、悪が存在する。

   だが、悪人がどの程度、「悪」であるかの、悪の水準は変えられる。

   現在の悪人の、悪の水準は、かなり高すぎて、「正当で正しい世界」に存在可能な「悪」ではない。

   現在の悪人は、人の、間違った行い(歴史)の結果、現在の悪人の状態(現在の悪の水準)になっている。

   「正当で正しい世界」のために、悪人を駆除して、悪の水準を下げる必要がある。

  ③神による完全な世界の状態は、「正当で正しい世界」であり、現在の世界の状態ではない。

   神は人に無駄な不幸を与えない。神は、人に無駄な不幸を与えるような、悪い人ではない。

   悪人による、世界での不幸の発生は、神の意志や、望むことでは無い。

   人の間違った行いによって、発生している不幸である。




【★「悪人に罪を行わせない」ことの、必要性(重要性)】

<>。悪人の悪の活動によって、人の活動が阻害されている。

 悪人によって、活動が阻害されている状態では、本当の幸せが無く、命による生産性も低い。

<>。悪人によって、人の幸福が阻害されている。

<>。悪人の存在しない「正当で正しい世界」では、誰もが幸福で、神の本来の作りたかった世界、神の本来の与えたかった幸せがある。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ