<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★私の意志

★私の意志

私は『5人組や、5人組の仲間達』の、私や世界(状態)への、判断、強要に、絶対に復讐する(記事No.269)

【★1。私は、『5人組や、5人組の仲間達』の、私や世界(状態)への、判断、強要に、絶対に復讐する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』が、私が喜ぶことを行うことが不可能だということは、過去の1万年以上の実績で証明されている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』が、私が喜ぶことを行うことは、理論的に不可能であり、絶対に無理なことである。

 ①。私は、『5人組や、5人組の仲間達』の、不幸ではない状態で存在することに、不快感がある。

 ②。私は、『5人組や、5人組の仲間達』の『全て』が、不快である。生理的嫌悪感がある。

 ③。私は、『5人組や、5人組の仲間達』に関係する『全て』に、不快感がある。生理的嫌悪感がある。

<3>。私は、『5人組や、5人組の仲間達』が、私の行動を、判断、強要することを、嫌だと思っていて、怒りがあり、必ず、復讐すると主張している。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、私の自分な行動を、「させられない」という、判断は、悪事であり、私は嫌だと思っていて、私は怒りがあり、私は必ず復讐すると主張している。

   「させられない」という判断の結果、私に行動などを強要することは、悪事であり、私は嫌だと思っていて、私は怒りがあり、私は必ず復讐すると主張している。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、私の自由な行動ではないことを、私に「させる」という、判断は、悪事であり、私は嫌だと思っていて、私は怒りがあり、私は必ず復讐すると主張している。

   「させる」という判断の結果、私に行動などを強要することは、悪事であり、私は嫌だと思っていて、私は怒りがあり、私は必ず復讐すると主張している。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、全ての判断、強要は、悪事であり、私は嫌だと思っていて、私は怒りがあり、私は必ず復讐すると主張している。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の、判断や強要は、まともな『心と考え』を備えている人ならば、不快を感じるものである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、判断や強要は、まともな『心と考え』を備えている人ならば、嫌がるものである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、判断や強要は、まともな『心と考え』を備えている人ならば、怒りが発生するものである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、判断や強要は、まともな『心と考え』を備えている人ならば、『5人組や、5人組の仲間達』を、駆除(攻撃)しようと行動するものである。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、判断や強要は、まともな『心と考え』を備えている人ならば、『5人組や、5人組の仲間達』の、判断や強要が出来る状態を、防ごうと行動するものである。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』が、私に不幸を強要していることは、過去の1万年以上の実績で証明されている。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』が、世界の幸せを邪魔していることは、過去の1万年以上の実績で証明されている。






★私の意志

『5人組や、5人組の仲間達』は、人の行動に対して「~(行われた行動)~だから、ダメなんだよ」と発言するが、判断する権利を持たない(記事No.167)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、人の行動に対して「~(行われた行動)~だから、ダメなんだよ」と発言するが、『5人組や、5人組の仲間達』は、判断する権利を持たない】

<1>。私の、「自分の意志で行動している」、「最有能者(神)の善悪の判断を元にした行動をしている」、「意味のある行動をしている」など、正常な状態に対して、『5人組や、5人組の仲間達』の強要が行われる場合の、強要を行う理由(言い訳)として、発言される。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動に対する可否について、判断する能力も、権利も持たない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、誰の行動に対する可否についても、判断する能力も、権利も持たない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』が、私の行動に対する可否について、判断したり、決めたり、私に行動の強要などを行う、正当な理由は無い。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』が、私の行動に対する可否について、判断したり、決めたり、私に行動の強要などを行うのは、悪事である。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私に強要を行うことで、「自分は有能であるという妄想」、「偽造などによる嘘(悪)の権力を楽しむ」、「善行の邪魔」をする。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は正しいことを行える」、「自分は正しいことを知っている(分かる)」、「自分に能力がある」と見せ掛けて、強要(悪事)を行う。



【★2。「★1」と同じ、『5人組や、5人組の仲間達』の反応として、「(私が)困っている」などの発言もある】

<1>。私が、「迷っている」、「考えている」、「自分の意志で行動している」など、正常な状態に対して、『5人組や、5人組の仲間達』の強要が行われる場合の、強要を行う理由(言い訳)として、発言される。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この発言(理由、言い訳)により、悪事(強要)を行っても、罰が発生しないという考えがある。

<3>。現実の真実の状態として、「私は困っていない」。正常な状態があるだけである。

<4>。私(神)の意志は、断固として、絶対に『5人組や、5人組の仲間達』の<余計な干渉>を受け入れない。

 ①。真実の、私(神)の意志として、「私(神)は『5人組や、5人組の仲間達』に<余計な干渉>を、行ってほしくない」。

 ②。真実の、私(神)の意志として、「私(神)は『5人組や、5人組の仲間達』の<余計な干渉>を、嫌がっている(不快感を持っている。怒っている。怒りが発生している)」

 ③。真実の、私(神)の意志として、「私(神)は『5人組や、5人組の仲間達』の<余計な干渉>が行われるなら、困っている方が良い(楽である、嬉しい)」

 



★私の意志

提示したことが、行われないのに、次の提示は無い。(記事No.144)

 私の意志を無視し、私に強要をすることで、私から情報を聞き出し、無意味な知識欲などを満足させようとする悪人(知ることで満足(快楽)を得るだけの者)が存在するので、私の意志を提示しておく。

 ※補足1。情報は、知るだけでは意味が無い。情報を知るのは、情報を正当な利益の為に、正しく理論的に使う為である。

       情報を知り、知ったことで自分が賢いと妄想し、賢いと思われると妄想し(権力の発生の妄想など)、「ごっこ遊び(知ろうとしている自分は有能である)として、知ろうとすること」が行われることが多い。

       知りたい欲望だけで、知ろうとする行為は悪である。

 ※補足2。私への強要には、騙す行為が使われる場合が多い。



【★1。私の指示を行わない状態で、次の指示は与えない(発生しない)】

 これは、絶対の法則である。

<1>。指示の完了を、神が認めてから、「正当で正しい世界」の為の、次の指示が与えられる。

<2>。大きな1番目(大きな括り(くくり)。段階の1つ)の指示の完了の為に、細かい指示が多発し、同時進行するが、大きな1番目の完了が認められてから、次の、大きな2番目の指示の発生となる。







★私の意志

【私の意志】正しいことを発表したい(記事No.133)

 私は、多数の間違ったものを世界に発表するよりも、1つでも良いから正しいものを発表するべきだと考える。



 私は、私の作成物が、『5人組や、5人組の仲間達』によって、改変されること(悪事)に対し、不快感(怒り)を持っている。

 『5人組や、5人組の仲間達』に、私の「協力」、「手伝い」、「補助」などは、絶対に不可能であり、私は、されたくない。

 『5人組や、5人組の仲間達』の妄想では、自分たちは、私の「協力」、「手伝い」、「補助」などを「している」、「行っている」、「出来ている」などと、考えられているが、「現実には、本当は、真実では、出来ていない」ので、私は、不快感(怒り)を持っている。

 私は、『5人組や、5人組の仲間達』の悪意により、故意(無自覚)に私の作成物が改変されること(悪事)に対し、不快感(怒り)を持っている。

 私の作成物は、本物の私により、常に臨機応変に、常に世界の流れと時機に合ったものが作られ、発表されることが、本来であり、正当な流れ(縁の線、正しこと、自然)である。

 私が、同じものを作る必要性は無い。

 私が、同じものを作ると、『5人組や、5人組の仲間達』は、勝手に決めて(強要、予測、曲解、妄想)、「勝手に私が作ったものとして発表されるもの(多数の間違ったもの、過去の私が作ったもの、私が作ったと捏造されたもの)」の、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事(不当)に対し、不快感(怒り)を持っている。

 私は、同じものを作ることを強要されること(悪事)に対し、不快感(怒り)を持っている。



 正しいものは、常に、「本物の私」のみが作成することが可能であり、『5人組や、5人組の仲間達』の「余計な干渉」が、少しでもあれば、間違ったものになる。



 正当な不快感(怒り)には、復讐が発生し、この復讐とは、正義である。

 悪事は、絶対に許さない。

 『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を止めろ。





★私の意志

私の意志(記事No.99)

【★1。私とは】

 私とは、「神の代理人」である。



【★2。私の意志】

 私の意志、私の望みは、私の生き方を誰にも強要されず、自分の意志により、神から貰った命を、正しく使って生きることである。

 私は、暴かれなければ構わないだろうなどの悪の発想により、勝手に私の「心と考え」や、体を使われ、行動を強要される、遊び道具として使われたくない。



 私は、自分の命を、神の代理人として使いたい。

 神の代理人として、神から教えてもらったことを、人に教えたい。

 神が何を人に伝えたいのか、私の知っていること全てを、教えられるだけ教えたい。

 本当の神の想い、真理、真実、正しいこと、幸福の受け取り方、神の望み、神の害となっている者など、私の知っていること全てを、教えられるだけ教えたい。

 神の代理人として、現状の世界を、本来の世界(「正当で正しい世界」)に直す方法を示したい。



 私が何をして生きるか。

 私の幸せが何であるか。

 誰にも決められたくない。

 誰にも強要されたくない。



 勝手な妄想により、私の幸せを判断し、私の生き方を決め、私に命の使い方の強要をするな。

 私の生き方は、私が決める。

 私の幸せは、私が決める。



 「強要」からは何も得られない。

 「騙す(試すなど)」からは何も得られない。



 神の代理人の邪魔をする者を、神は絶対に許さない。

  ※1。神の代理人の補助は、神を補助することになる。



【★3。神に反抗するのならば、自業自得として、悪い報いを体験する】

 神は私に、「真理」を教え、「人はどうやって生きるべきなのか」を、教えてくれた。

 神は私に、「どうすれば人は幸せになれるのか」を、教えてくれた。

 神は私に、方法を教えてくれた。



 私の邪魔とは、神の代理人の邪魔であり、「神の教えを聞くことが出来なくなる」と、いうこと。



 神には伝える意志がある。

 私には伝える意志がある。

 だが、神も私も強要はしない。



 神の教えを不要とし、「神の代理人」の邪魔をするのならば、神の教えを聞くことは出来ない。

 神の教えを聞くことが出来なかった過去の「原因」により、現状に不幸が存在している(「結果」)。

 神の教えを聞く為には、悪人による、「神の代理人」への邪魔を防ぐ必要がある。

 「神の代理人」の邪魔をした結果、不幸になるのは、人である。

 神の教えを聞けなかった結果、不幸になるのは、人である。



 世界の全ては、「原因と結果」である。

 原因と結果の法則は、神が作った、絶対の法則である。

 「神の代理人」の邪魔をする(原因)と、人は不幸になる(結果)。

 「神の代理人」への邪魔が無い(原因)と、人は幸福になる(結果)。



 世界の全ては、神の意志による法則の、原因と結果なので、

 幸福になりたければ(「結果」)、幸福になるための「原因」が必要である。

 不幸になる「原因」を作ってしまうと、不幸になってしまう(「結果」)。 



 私は、世界の全ての幸せの為に、「神の代理人」として、神の教えを伝え続けるけれど、幸せ(教え)を拒むならば、幸せ(教え)を拒む人には、強要はしない。

 幸せを拒むならば、人は不幸なままで生きるしかない。

 自業自得である。

 神に反抗し、自業自得として、悪い報いを体験しても、神の原因と結果の法則の通りであり、神は構わない。

 神は人を救いたい意志があるが、人が神に反抗するのならば、神が人を救う法則は無い。



 救われたい(「結果」)のならば、救われる為の「原因」を作ることが、神の提示している法則である。

 救われる為の「原因」とは、「神の救いを拒まない」こと。

 救われる為の「原因」とは、「救われたいと意志を持ち、救われたいと表現(行動)をする」こと。

 救われる為の「原因」とは、「救われる為の行動をする」こと。

 救われる為の「原因」とは、「神の救いが来たら、神の救いを受け取ろうと行動する」こと。

 

 人の不幸とは、人が作り出したものである。

 神は人に幸福を用意して、地球(宇宙)を作った。

 不幸というのは、全て、人のせいである。

 「自分のせい」、「先祖のせい(過去の人)」、「社会のせい」など、不幸というのは、全て人が作り出したものである。

 不幸というのは、神のせいではない。

 ※1。人のせいにすると、怒りが発生し、苦しみが発生する。苦しみには意味がある。苦しみの意味を分からず、無意味に体感するのは、単なる苦痛である。苦痛を正しく分散して消すとよい。本当の苦しみの発生源を、直していく行動をとるべきである。「他の人(未来人を含む)に、同じ苦しみを体験させないように行動する」と考えると分かりやすい。(2019/6現在、そのうち詳しく書く予定)


 不幸であること(「結果」)の、「原因」を作り出したのは、人である。

 不幸であること(「結果」)の、「原因」は、人の「悪の心」から作られたものである。

 人の「悪の心」が作り出した不幸の「原因」は、人が解決するべきである。

 人が作り出した不幸の「原因」を、人が反省し、人が不幸の「原因」を治すべきである。

 救われる為の「原因」を作れないのならば、救われるという「結果」を与えるつもりは、神には無い。



 神の作った「原因」と「結果」の法則は、人が幸福になれる法則である。

 神の作った「原因」と「結果」の法則は、人を幸福にする法則である。

 神の作った「原因」と「結果」の法則は、神の世界の最善の法則である。

 神は最善の法則を変える必要は無いし、変える意志が無い。




 











カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ