<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)の、<善人の仲間>への侵入(記事No.293)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)の、<善人の仲間>への侵入】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、自分が<善人の仲間>として扱われたい場合、他人の肉体で行動して、その行動の結果<善人の仲間>であると判定されても、他人が<善人の仲間>だと判定されたことになり、他人が<善人の仲間>だと判定されて生きていくことになるだけなので、自分の体が<善人の仲間>と扱われる為に、自分の体で、<善人の仲間>の偽者として侵入してくることが多い。

 ①。悪人が、<善人の仲間>だと判定され、<善人の仲間>だと扱われることは、存在しない(不可能である)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、存在しないものを、存在すると妄想して、存在しないものを手に入れる為に活動する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、存在しないものが、存在するという妄想の理論は、破綻している。成立しない。

 ④。この『5人組や、5人組の仲間達』の行動は、<善人の仲間>の行動の多くが邪魔される行動なので、存在しないと認識している悪人が、故意に、存在しないことを認識できない悪人に、行わせていることも多い。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、<善人の仲間>や、悪人ではない人が、悪人だと判定(認識)されると嬉しいので、悪人ではない人を、悪人だと見せ掛ける為に、他人の体を使って悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分ではない他人が、どれほど苦痛を受けても、構わないという価値観である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人に罪を擦り付けたい」、「他人を悪人だと見せ掛けたい」、「悪事を行っても自分ではなく他人が被害(罰)を受ければよい」場合、他人の肉体を操作して、他人が自分の意志で行動していると見せ掛けて、悪事を行う。





★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

モノマネの行動は、状況に適用しない、悪い結果となる「正しくない行動」である(記事No.253)

【★1。成功法則とは、成功者の「行動」のモノマネを行うことではない】

<1>。成功法則などの、良い結果(未来)に繋がる行動の為の、法則は、「行動した手順」や、「どんな場面に、どんな行動をしたか」などの、単品では存在しない。

 ①。成功法則として本などに書かれている「行動」を、そのまま、それだけをモノマネしても成功はしない。

 ②。成功法則の正しい認識とは、「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」と、「行う能力」の、有無により、成功するか、しないかがあると、いうものである。

 ③。「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」は、とても沢山の正常な『心と考え』の機能を所持することで、能力を持つことが可能になる。

  (1)。状況の認識能力。現実認識能力。

  (2)。各状況に適用する、最善の手段は何か判断できる能力。

  など。

 ④。成功者の、成功の為の「行動」を知っても、とても沢山ある「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」は、成功者のモノマネが出来ないので、成功者のように成功は出来ない。

 ⑤。成功者の、成功の為の「行動」をモノマネしても、とても沢山ある「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」は、成功者のモノマネが出来ないので、成功者のように成功は出来ない。

<2>。成功法則とは、各状況を把握し、各状況に適用する、最善が何であるかを判断し、最善の行動をすることである。

 ①。成功者は、各状況を把握し、各状況に適用する、最善が何であるかを判断し、最善の行動をしたから成功したのである。

 ②。成功者は、各状況を把握し、各状況に適用する、最善が何であるかを判断し、最善の行動を出来る能力があるから成功したのである。

 ③。各人の、所持している能力は違うので、各人の最善の行動は違う。

 ④。各人の、各場面の、状況は違うのので、各人の最善の行動は違う。

 ⑤。成功した他者の人生の一場面の、他者の行動と、同じモノマネをしても成功しない。

   他者と、自分の人生の一場面は、「状況」、「所持する能力」などが、違うから。

<3>。成功者は、自分の人生の一場面の「状況を把握」して、「自分の能力など、判断に使う全ての要素から、成功の為の選択」を行い、「行動する」ことで成功している。

 ①。成功者と「同じ行動をすること」が成功法則ではない、「成功の為の正しい選択を行い、行動する能力を持っている」ことが、成功者の成功法則である。

 ②。成功者の、「成功の為の正しい選択を行い、行動する能力を持っている」という部分が、成功法則である。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動のモノマネを行う】

<1>。私の人生の、各場面は、常に違う。

  違うのが正常であり、故意に同じものにしようと(捏造)するのは、不自然であり、悪事である。

<2>。私の人生の各場面に、私が、常に判断を行い、私が行動する。

  ①。それが正しいことであり、神の望みであり、世界中の人の望みである。

  ②。それを邪魔する『5人組や、5人組の仲間達』は、悪人である。

  ③。それを邪魔することに、私はとても怒りがあり、絶対に復讐する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の「行動」の「モノマネ」をする。

 ①。「何が正しい行動(最善)か」は、状況により、常に、変わる。

 ②。状況が常に違うのは、当然であり、自然なことであり、正当なことである。

 ③。常に変わる状況に、常に適用する行動が変わるのは、当然であり、自然なことであり、正当なことである。

 ④。常に変わる状況に、状況の判断の無い、私の行動のモノマネを行うことで、状況に適用する「正しい行動(最善)」に、ならない。
   「正しい行動(最善)」に、ならない、から、状況に適用しない「正しくない行動」となり、世界中の全てのものが不幸の状態になっている。

 ⑤。常に変わる状況に、状況の判断の無い、私の行動のモノマネを行うことで、常に、私の人生が壊され、私が怒り罪人に復讐することを神に誓い、罰を受ける人が増え、世界中の人の人生が無意味となり、世界中に不幸が生まれる。




★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

『5人組や、5人組の仲間達』は、嘘や、誤魔化しの返答をする(記事No.243)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、嘘や、誤魔化しの返答をする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』に、なぜ悪事を行った(おこなった)のかなど、質問すると、言い訳として、質問者が問題としている部分とは関係のないことを答える。

 ①。悪人の、生存の為に備わった技である。質問者(敵)の考えの、正当な理論の構築の邪魔をする為の技である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、この行動は、故意に行っている場合と、故意ではなく本能的に行っている場合がある。

<例えば>

 ①。「知らなかった」という答え。

  (1)。「知っていたか」、「知らなかったか」について、質問者は質問していない(問題としていない)場合が多い。

  (2)。真実としては、知っていた(分かっていた)場合も、知らなかったと答える場合が多い。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、破綻した理論で考える機能しか備わっていないので、質問に対応した、正当な答えを、考えて導き出すことは出来ない。

 ①。質問に「対応する」答えを、返答する(考え出す)ことは出来ない。

 ②。会話として成立しない、言葉のやり取りが発生する。(低能)

 ③。だから、会話のみで、真実を知ろうとしてはいけない。(真実を知る為には、自白剤の使用、物的証拠からの正当な理論、などを推奨)

 ④。質問に対応する答えを、返答する(考え出す)ことが可能な場合もある。だから、可能か不可能かの確認は、必ず行うこと。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、このような返答により、罰から逃れられると妄想する。

   『5人組や、5人組の仲間達』は、このような返答により、罰から逃れられると妄想するから、発言する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の先祖たちは、このような返答により、罰から逃れ生存してきた。

   <現状の、まともな人>は、同じ過ちを続け、未来に悪人を残してはいけない。

 ②。絶対に、嘘や、誤魔化しの返答に騙されてはいけない。罰の執行を辞めてはいけない。罰を減らしてもいけない。

 ③。なぜなら、罰を行わないことは、悪の増大に繋がるから。






★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

迷惑な行為を行い、相手に嫌がられているのに、「行ってあげている」は、成立しない(記事No.242)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想したものを現実の世界で実行することで、妄想を「体感して」快楽を得る】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分がカッコイイと考える状態(自分が有能な状態)を、妄想(発想)して、妄想したものを現実の世界で実行することで、妄想を体感して快楽を得る。

 <例えば>

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「有能に活動している善人」をカッコイイと考えると、現実の自分は悪人で低能で別物だが、妄想で自分が、「有能に活動している善人」と同じものだと考え、現実の世界で、「有能に活動している善人」のモノマネを行う。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想したことが、現実の本当であると考え、現実の世界で実際に行う。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、行うべきではない悪事を行い、「行ってあげている」という表現を行う(認識を持つ)】

<1>。誰も、『5人組や、5人組の仲間達』に、頼んでいないことを、『5人組や、5人組の仲間達』は勝手に行い、「自分は行ってあげた(自分は良いことをした、自分はカッコイイ)」と認識する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、関係の無いことなので、誰も頼まない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、能力が無いことが明らかなので、誰も頼まない。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』に行われると、迷惑で、不快で、邪魔で、害で、破壊されるので、誰も頼まない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の行いは、行うべきではない悪事なので、誰も頼まない。

 ⑤。善人(有能)が行えば善行となることでも、悪人(低能)が行えば悪事となるので、誰も頼まない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』に、「行ってはいけない」と言っても、行っている「有能に活動している善人」をカッコイイと考えると、現実の自分は悪人で低能で別物だが、妄想で、自分が「有能に活動している善人」と同じものだと考え、現実の世界で、「有能に活動している善人」のモノマネを行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』に、「行ってはいけない」と言っても、言われた通りにしない(言われたことを理解しない)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の意志と違うことを言われても、認識しない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の意志と違うことを言われても、言われた通りにする必要性が無いと判断する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』に、「行ってはいけない」と言っても、「自分には出来る」という妄想が発生し、行う。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の行動には、現実の世界では、「行ってあげている」と、いう人から感謝されている状態は無く、人から嫌がられている(怒られている)状態が発生している。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の世界では、迷惑、害、邪魔として存在している。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の行動には、現実の世界では、「良いことを行った」という状態は無く、「悪事を行った」という状態が発生している。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の行動には、現実の世界では、「自分が有能であるという表現が出来た」という状態は無く、「自分が低能であるという表現をした」という状態が発生している。

<4>。世界中の人が、『5人組や、5人組の仲間達』に、行動してほしくないと考えている。

 ①。世界中の人が、『5人組や、5人組の仲間達』の行動は、悪事であると考えている。

 ②。世界中の人が、『5人組や、5人組の仲間達』の行動は、害、邪魔、迷惑であると考えている。

 ③。世界中の人が、『5人組や、5人組の仲間達』に、何も行動できない状態として、死んでほしいと考えている。

<5>。迷惑な行為を行い、「行ってあげている」は、成立しない。「ならない」理論である。

 ①。迷惑な行為を行い、相手に嫌がられているのに、「行ってあげている」は、成立しない。「ならない」理論である。





★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

『5人組や、5人組の仲間達』は、現状の世界の問題を解決することを邪魔する(記事No.217)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、現状の世界の問題を解決することを邪魔する】

<1>。革命は、現状の世界の問題に気付き、現状の世界の問題を解決して、世界を現状より良いものにしようという、人の「心と考え」から発生する。

<2>。その革命により、「本当に」、現状の世界の問題が解決して、世界が現状より良くなるのなら、その革命を邪魔する人は、「世界を良くすることの邪魔をする人」である。

<3>。「世界を良くすることの邪魔をする人」は、現状の世界の問題をそのままで良いと考え、現状の世界を良くしようと考えない、現状の世界の状態を続けたいと考える人である。

<4>。現状の世界の問題をそのままで良いと考える人は、「自分さえ良ければ、他人の苦しみはそのままで良い」と考える人である。

<5>。現状の世界の問題を良くしようと考えない人は、「永久に、現状の世界の問題が存在する状態が続く、人が苦しむ世界を続けていきたい」と考える人である。

<6>。現状の世界の問題は、解決するべきである。

<7>。問題がある場合、「解決すること」は、永久に、常に、発生しなくてはいけない。




<8>。上記は、本来のまともな人の、生き方としての、前提である。

<9>。そして、重要なのは、現状の世界の問題を【どのように解決するか】である。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ