<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

善悪の判断が無いと、本能の反応をそのまま受け入れて、行動する可能性が高い(記事No.1349)

【★1。善悪の判断が無いと、本能の反応をそのまま受け入れて、行動する可能性が高い】

<1>。善悪の判断が無いと、いうことは、本能の反応のそのままを受け入れて、行動するということでもある。

 ①。理性には、善悪の判断が含まれている。

  (1)。理性で、本能からの行動を、良いものか悪いものかと判断して、悪いものは、行わないように阻止している。

<2>。善悪の判断が無いと、いうことは、本能の反応を、そのまま「構わないもの(良いもの)」として捉えて、本能の反応のそのままで、行動する可能性が高い。

 ①。善悪の判断が無いと、いうことは、本能の反応を、そのまま「当然のもの」として捉えて、本能の反応のそのままで、行動する可能性が高い。

<3>。真実としては、本能の反応は、動物的な反応であり、人の正しい(幸せな)社会を正しく形成することに、適していないものも多い。

 ①。真実としては、本能の反応を、人の正しい(幸せな)社会を正しく形成することに、適しているか、適していないかを判断することが必要である。

  (1)。その判断の為に、善悪の判断が必要である。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、善悪の判断をする為の機能が無い。




★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

神の話を、人が聞かないならば、神も、人の話を聞かない(記事No.1347)

【★1。神の話を、人が聞かないならば、神も、人の話を聞かない】

<1>。自分が悪いことを行ったから、不幸になっているならば、神は、その人を助けない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、「《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を助力した人」が不幸になっても、神は「《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を助力した人」を助けない。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、幸せになる人(生物など)は、存在しない。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、不幸しか作り出さない。

 ④。この正しい認識が無いことから、よくありがちに、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を助力する人がいる。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を防ごうとした人や、神の為に行動した人を、神は助ける。

 ①。神の為に行動したことは、未来永劫消えることがない、実績である。




★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

《5人組や、5人組の仲間達》は、相手に体験させた不幸を、自分が体験すると、苦情を言う(記事No.1346)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手に体験させた不幸を、自分が体験すると、苦情を言う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になると、「相手が奪われた状態は救われたのに、自分の奪われた状態は救われない」と、苦情を言う(自分の状態は不当であると主張する)。

 ①。「自分の奪われた状態」は、「自分が相手に体験させた(強要した)状態(自分のせいで、相手が体験した状態)」である。

  (1)。「自分の奪われた状態」は、「自分が相手に与えた不幸(苦しみ)を、自分が体験している状態」である。

 ②。つまり、自分が、相手に体験させた不幸(苦しみ)への、反省が無いと、いうこと。

 ③。相手は、奪われるということに、正当性が無い状態である。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、奪われるということに、正当性がある状態である。

   1。奪うという悪事を行ったから、自分が奪われるということに、正当性が発生した。

   2。奪うという悪事を行っても構わないとするならば、それは自分と同等の存在(自分以外の生物)も、同じ状態になる権利を持っているので、世界(社会)の状態として、奪い、奪われるという状態を作り出すものである。

    ※補足1。奪うという悪事を行っても構わないとするならば、それは自分と同等の存在(自分以外の生物)も、同じ状態になる権利を持っているので、相手も奪うという行為を行うことに、不当性は無い状態である。

    ※補足2。自分も、奪われる対象になるということである。

    ※補足3。この認識(理解、思考の流れ、思考の要素、価値観)を《5人組や、5人組の仲間達》は、持たない(持つことが出来ない)。

   3。「自分だけが奪われる対象になることが無くて、自分以外は奪われる対象である」と、いうことは成り立たないことである。

    ※補足1。この認識(理解、思考の流れ、思考の要素、価値観)を《5人組や、5人組の仲間達》は、持たない(持つことが出来ない)。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることは、正当なことであり、当然なことである。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることから、《5人組や、5人組の仲間達》を救っては、いけない。

  (1)。なぜなら、正当であり、当然の状態だから。

  (2)。この正当であり、当然の状態が壊れるならば、また、《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという「悪事を行うもの」としての存在になる(戻る)。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることに、不満を持ち、相手にやり返すと、いう悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることに、不満を持ち、相手にやり返すことは不当なことである。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》には、相手から奪うという性質がある。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》には、悪事を行うという性質がある。

  (3)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手からの攻撃を受けて、相手に攻撃をするもの(性質)」ではなく、「相手からの攻撃が無い状態なのに、相手に攻撃をするもの(性質)」である。

  (4)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手から不快なことを行われたから、相手にやり返す」という状態ではなく、先に、《5人組や、5人組の仲間達》から、相手へ、相手が不快なことを行う(奪う)という行為(攻撃)があり、その悪事への罰に、やり返す(反発する)という状態である。

   1。重要なことは、先に攻撃したのが《5人組や、5人組の仲間達》であるということ。

   2。重要なことは、「《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から攻撃が無い状態なのに、相手に攻撃をするもの(性質)である」と、いうこと。

   3。《5人組や、5人組の仲間達》は、故意ではない場合も、相手に不快を与えるものである。

    つまり、《5人組や、5人組の仲間達》の自由な行動は、正常な人(状態)を、壊すものである。

   4。重要なことは、先に攻撃をする性質を持つものを駆除しなければ、戦いは終わらないということ。

   5。正しい人の社会に、先に攻撃をする性質を持つ人は、存在させては、いけない。

   6。《5人組や、5人組の仲間達》は、正常な世界の状態に、存在することが許可されるものではない。

   7。正常な人の我慢で、異常な人の悪事を受け入れようとするならば、悪事が増大する(悪事が減らない、善が減る)。

<4>。「★1の<3>」の、この互いにやり返すという状態から、「戦いは、お互いがやり返して終わらないものである」と、いう間違った認識を持つ人がいる。

 ①。この間違った認識を、思考の結論として持つ人は、この状態の、解決方法が無いという前提を持つ。

  (1)。解決方法を持つならば、この状態は終わると、いう認識になる。

 ②。この間違った認識を、思考の結論として持つ人は、この状態を、部分の認識で捉えている。

  (1)。「歴史上、何度もあったことであり、上手く解決できなかったという実績」を、思考の要素にしている。

  (2)。真実としては、解決したこともあった。だが、思考の要素に、解決したことが無い状態である。

  (3)。世界は常に同じ状態(同じ結果、完成したもの、断定した状態)ではない。正しい状態は、悪い状態を改善することである。

③。この間違った認識を、正しいことであると『決めつける』ことは、いけない。

 (1)。常に、思考を柔軟な状態に保ち、新しい思考の要素を歓迎するべきである。

 (2)。つまり、「善の為に必要なものは、不可能に思えたことが、何度も覆った」実績を認識して、覆る可能性があると、いう認識を思考の要素に持つこと。

<5>。悪の勢力と善の勢力は互いに、行ったり来たりの波の状態であり、波は止まらないが、波の幅は小さくしなくては、いけない。

 ①。現状は、悪の勢力が強すぎる状態である。

  (1)。悪を駆除する力が足りない状態である。

 ②。善が、悪を上回ることで、「★1の<3>」は解決する。

  (1)。歴史に、絶滅した生き物の、多数の実績がある。




★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

他人の意向を無視して、他人に行動を強要しては、いけない(記事No.1345)

【★1。他人の意向を無視して、他人に行動を強要しては、いけない】

<1>。「自分以外の人(生物、女性など)」を、自分の人生の為の道具であると、いう《悪である(間違った)》認識をする人は、悪人である。

 ①。「自分以外の人(生物、女性など)」は、自分の人生の為の道具であると、いう《悪である(間違った)》認識は、間違っている。

 ②。真実としては、「自分以外の人(生物、女性など)」は、自分の人生の為の道具として存在しているのではなく、自分と同じ状態(同等)の、命として存在しているのであり、自分よりも下位のものではない。

<2>。「自分以外の人(生物、女性など)」は、自分の人生の為の道具であると、いう《悪である(間違った)》認識から、「自分以外の人(生物、女性など)」を、本人の意向を無視して、自分に都合が良いように使おう(行動させよう)とする悪人がいる。

 ①。自分だけの為に、相手の意向を無視して、相手を、自分に都合が良くなるように使おう(行動させよう)とすることは、悪事である。

 ②。自分の為になり、相手の為にもなることを行う為に、相手に協力を求めるならば、相手の協力がなぜ必要なのか、相手に説明をして、相手の同意を得て、相手の意向から、相手が自分で行動することが、正当であり、正常な状態である。

  (1)。自分の為になり、相手の為にもなることを行う為に、相手の意向を無視して、相手を、自分に都合が良くなるように使おう(行動させよう)とすることは、悪事である。

  (2)。正当であり、正常なことは、「相手の行動は、相手の意向で決めるもの」である。

<3>。この世界は、自分だけの為に存在するものであり、自分さえ良い状態ならば、「自分以外の人(生物、女性など)」が、不幸な状態でも構わないと、いう《悪である(間違った)》認識をする人は、悪人である。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組や、5人組の仲間達》より巧みに行うことが出来る人に、行うことの強要を行う(記事No.1344)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組や、5人組の仲間達》より巧みに行うことが出来る人に、行うことの強要を行う】

<1>。自分で行うことが出来る人に、行うことを強要することは、悪事である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分で行うことが出来る人に、行うことを強要すると、いう悪事を行う。

<2>。自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、上手く出来るならば、強要(補助)は邪魔である。

 ※補足1。強要は、悪事である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、上手に出来る人に、強要(補助)すると、いう悪事を行う。

 ②。自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、「結果が良いものになる」、「能率的である」、「幸せ」、「意味が有る」などならば、強要(補助)は邪魔である。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、「結果が良いものになる」、「能率的である」、「幸せな」、「意味が有る」人に、強要(補助)すると、いう悪事を行う。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組や、5人組の仲間達》より巧みに行うことが出来る人に、不幸な(低能な、悪い)結果になる行うことの、強要を行う。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、嫌われているのに、相手に自分を強要する。

 



カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ