<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】やる事などに対して、専用のウェブサイトの作成 (記事No.84)

 【やる事】やる事などに対して、専用のウェブサイトの作成が必要かと考える。

 人が沢山集まる場が良いので、必要になるまでは、他のことに使っていてもよい。

 いずれ、私が、誰かに委託して、作ろうかとも思っているのだが、手間がかかるので、作っておいてもらえると助かる。

【★1。どんなウェブサイトが必要か】

<1>。「私を守ろうとする者たち」の提示&交流の場。

 ※1。【過去の失敗】私が攻撃され、私が善行を出来ない状態になった (記事No.81)を参照。

<2>。過去の犯人たちと、犯罪者予備軍(犯人の関係者など)の一覧。

 ※1。過去の犯人の、再犯が多いので。













◎このブログについて

神という表記について (記事No.83)

 「神」という言葉は、本当は「神様」と、「様」の敬称を付けた方が、丁寧で良いと思う。

 私は、神を、とても尊敬しているし、とても大事に思っているので、「様」を付けたい気持ちがある。

 だけど、「神様」と書くよりも、「神」と書く方が、分かりやすいので、「神」と書くことにする。

 「神」という言葉は、それ以上無い、一番上の、凄い状態を表す言葉なので、「神」という言葉には、すでに、敬称が付いているようなものである。

 私の書く、ブログや、小説にも「神様」ではなく、「神」と表記されているが、私の気持ち的には「神様」と思っている。





★真実を認識する為の知識(罪には罰)

【罪には罰】罪人に、罪(悪行)を、行わせない方法 (記事No.82)

悪人に、罪(悪行)を、行わせない方法


【★悪人が罪(悪行)を行う理由】

<>。悪人は、悪行を、行いたいから行うのである。

 ①悪人は、悪行を、行いたいという、欲求が強い。

<>。悪人は、未来予測が無いので、

<>。悪人は、妄想願望を未来予測だと思う。大した事じゃないと思う。ばれない。逃げ切れる。なんとかなる。

<>。悪人は、裁かれなかった経験から、また、裁かれないと発想する。罪に対する罰がないと思う。

<>。悪人は、記憶力が無い。(体感として薄れる)

<>。悪人は、方法を発想できない。

<>。悪人は、習慣で行う。

<>。悪人は、現実認識がないまま行う。でたらめに、それでもよいやと。

など。




【★悪人に罪(悪行)を行わせてしまう原因と、罪(悪行)を、行わせない為の対処法】

<>。【原因】①過去に行われた罪(悪行)に対しての、罰の提示がないから。

   ②罰が行われたtこを知らないから。

  【対処法】

  ②罰が行われたと、提示する。「罰が行われた」と、いう知識(情報)を与える。
 


<>。【原因】①過去に行われた罪()に対して、罰が行われなかったことがある。


【対処法】
  ①罰を徹底する。罪には必ず、罰を与える。

 ②<絶対>逃げ切れない。罰から助かることはない。暴かれる。という実績を作る。

 ③<過去に1度も>逃げ切れたことがない。悪行を行えば、助かったことがない。暴かれなかったことはない。と、いう歴史の実績を作る。

<>。【原因】罪を犯したのに、褒める。

【対処法】褒めている者を罰する。


<>。【原因】リアリティがない。

【対処法】①際にわたり、説明する。



<>。【原因】 ②罰が少なかったことがある。


【対処法】 ②適切なばつ。上回る。


 ※1。悪人の行いたいという、欲求を、上回る程の罰が無ければ、行いたいという欲求は止められず、罪の行為は無くならない。

 ※2。罪に対して、罰が軽いと、罪の行為は止まらない。

 ※4.大きな罰であれば、おこないたいという欲求がでるたび、予測として出てくる。

 ※3。大きな罰であれば、未来予測がなくても、予測として出てくる。



<>。【原因】軽い冗談だと、社会の認識がある。発想する。

【対処法】大事であると、社会の共通認識を持ち、表現していく。

<>。【原因】

【対処法】願望は通用しないと、徹底していく。認識させていく。

<>。【原因】記憶力が無い。

【対処法】思い出させる。

<>。【原因】体感として薄れる

【対処法】体感を自分でメモらせて、何度も、それを読ませて、覚えさせる。

<>。【原因】願望の未来予測に対して、

【対処法】理論が破綻していると、理論の破綻を指摘する。

<>。【原因】脳に、まともな経路が無い。

【対処法】 欲しい者に対して、その手段では手に入らないと教える。

 結局、損している。と教える。

<>。【原因】悪を悪だと判断できない。

【対処法】現実世界の法則で、社会の構成のために、必要なルールがあると説明する。前提条件。

 前提条件に違反したら、罰を与えると教える。

 悪を悪だと判断できない、欠陥品であると、教える。

<>。【原因】習慣で行う。周りが行っているから行う。

【対処法】
 間違った教えで、行動していると、教える。

 間違った考えの、道筋が、脳に出来ていて、それによって、何度も、間違った行動をとっていると教える。

 間違った教え、考えで行ってきたことは、全て間違えの選択による、行動なので、行動の1つ1つを考えながら行うように指示する。
 周りが行っていることは、一部の人間の行っていることであると、教える。


<>。【原因】生まれながらに、間違った発想をする機能を持っている。

【対処法】治らない。

 殺す。

 何で作られたのか調べて、2度と作らせない。

<>。【原因】いざとなると、考えがまとまらず、おかしな行動を取る物体である。

【対処法】治らない。

 まともな人でも、あるが、まともな人は悪行をしないのと、まともな人は、そういう状況にならないように生きるので、そういう状態になりにくい。



など。



善人に危害が及ぶことは、「正当で正しい世界」には無い。あり得ない。許容できない

悪人の悪行は、善人に危害が及ぶことである





【★悪人に罪(悪行)を行わせない為の、具体的な罰の方法】

<>。拷問。

<>。必要ならば、拷問後、死刑。

 ※1。罪への最大の罰が、死刑である、現在の法の罰則では、★1により、死刑などの罰を恐れない悪人が多く、悪行を防げない。

 ※1。現在の法の罰則では、悪人の悪行を防げていない。

 ※2。現在の法の罰則は、「罪に対する罰の発生を予測する者」、が対象であり、悪人の本質に対応していない。




【★悪人に、★の、適正な罰を与えない場合】

<>。悪人の、悪行は止まらず、防げず、悪人は悪行を行い続ける。

<>。悪人の駆除が行われず、悪人が自由な生活(悪行を行う)をすることになる。

 ①善人に危害が及ぶ。善人の生産活動に寄生される。善人の生きている意味への害。

 ②「正当で正しい世界」が作れず、世界は不幸に溢れ、世界は、まともな機能をしないものになる。

 ③悪人が、繁殖し、増える。(悪人の仲間作り。悪人と同じ悪行をする人が発生する。悪人の子供の作成)

 ④神の目的が邪魔され、達成できず、「正当で正しい世界」が作れない。

<>。悪人に、★の、適正な罰を与えないかぎり、現在の不幸な状態の世界が、永久に続いていく。




【★よくある疑問への答え】

<>。【疑問】悪人を排除しようとすると、悪人が進化して、強くなるだけである。だから、悪人を排除しないで、放置しておくのが一番いいのでは?

 【答え】

  ①悪人を放置しておいても、悪人は進化して、強くなる。

  ②排除が不完全であるから、進化して、強くなる。完全に根絶やしにすることは可能。絶滅した種族も地球にはある。

  ③完全に根絶やしとは、悪人の悪の水準を下げるに至るまでの、悪人の排除である。

<>。【疑問】悪人の存在も、神によって作られたものであり、悪人がいる今の世界の状態が、神による完全な世界の状態では?

 【答え】

  ①悪人を排除しようとする正義も、神により作られている。

  ②善があるから、悪がある。全てのものには差があり、2極化されるから。

   人の存在には、常に、善が存在し、悪が存在する。

   だが、悪人がどの程度、「悪」であるかの、悪の水準は変えられる。

   現在の悪人の、悪の水準は、かなり高すぎて、「正当で正しい世界」に存在可能な「悪」ではない。

   現在の悪人は、人の、間違った行い(歴史)の結果、現在の悪人の状態(現在の悪の水準)になっている。

   「正当で正しい世界」のために、悪人を駆除して、悪の水準を下げる必要がある。

  ③神による完全な世界の状態は、「正当で正しい世界」であり、現在の世界の状態ではない。

   神は人に無駄な不幸を与えない。神は、人に無駄な不幸を与えるような、悪い人ではない。

   悪人による、世界での不幸の発生は、神の意志や、望むことでは無い。

   人の間違った行いによって、発生している不幸である。




【★「悪人に罪を行わせない」ことの、必要性(重要性)】

<>。悪人の悪の活動によって、人の活動が阻害されている。

 悪人によって、活動が阻害されている状態では、本当の幸せが無く、命による生産性も低い。

<>。悪人によって、人の幸福が阻害されている。

<>。悪人の存在しない「正当で正しい世界」では、誰もが幸福で、神の本来の作りたかった世界、神の本来の与えたかった幸せがある。





★過去の失敗

【過去の失敗】私が攻撃され、私が善行を出来ない状態になった (記事No.81)

【過去の失敗】に、よくあるのが、【私が攻撃され、私が善行を出来ない状態になった】と、いうものがある。


【★1。私への攻撃の種類】

<1>。私の、肉体的な損傷。

 ①。暴力による傷を受けた。

 ②。殺された。

<2>。私への操作。

 ①。偽者が私の中に入る。

 ②。私の「心と考え」や、「意識と記憶」の操作。

 など

<3>。私の記憶を奪う。

 ①。私の、善行をするための、計画、意志、などを、発生していない状態にされた。

 ②。私は、人生の苦難の末、神と出会い、真理を学んだが、神と出会う前の、苦難の状態にされた。

 (「長期の苦しい修行の末、やっと真理に出会えた修行僧」や、「長期の必死の頑張りによって、やっと得たものがある」者なら、私の気持ちなどの状態が、少し分かる)

<4>。私を眠らせる。

 ①。私を眠らせて、活動できない状態にする。

 ②。私を眠らせているが、私は元気に活動しているかのように、見せかけることがある。

<5>。私を拉致監禁。

 ①。私の所在を分からなくし、善人による、私への助けが、行われないようにする。

 ②。私が「善行を行えない場所」、「道具などを奪うこと」を、強要する。

<6>。ごっこ遊びに、私を付き合わせるのを、強要する。

<7>。私への嫌がらせなどにより、私に精神的ストレスを与える。

 ①。精神的ストレスにより、体の機能が不調となり、善行が行えない。

<8>。私の行為への邪魔。

 ①。私の行いは、全て、善行に繋がる。だから、私の行いの邪魔は、全て、善行の邪魔となる。

 ※1。「私の行いは、全て、善行に繋がる」ように、見えないこともある。

 休み時間や、「くだらないこと」をするのも、善行の全体から見ると、必要である。

 全てのことは、繋がっている。私の場合は特にそうである。無駄なことは無い。

 ※2。そう見えない場合、私の中身が偽者など、妨害を受けている可能性がある。

 ※3。直接的に、私への攻撃行為を行わなくとも、隠れて、間接的に、私へ攻撃(邪魔)がいくように、罪が暴かれづらいように、行われることもある。

など。



【★2。攻撃による邪魔の結果。私の状態】

<1>。私の善行を行う、時間を奪われる。

<2>。私が善行を行う、手段を奪われる。

<3>。私が善行を行う、能力を奪われる。

<4>。私が善行を、行えない状態になる。

など。




【★3。なぜ、私が攻撃されるのか、理由】

<1>。「私が悪い」と、現実逃避や、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘の誘導によって、考えるから。

<2>。現状の汚い世界で、利益を貪っている悪人にとって、私が、邪魔な存在であるから。

 ①。「正当で正しい世界」を作るための、世界中の善行の、総指揮官が、私である。

 ②。私が、「正当で正しい世界」を作るための、全ての情報を持っている、唯一の者である。

 ③。.私が、「正当で正しい世界」を作るために、神から指示を受けている、唯一の者である。

 ④。私が、正しい、「現状の世界の認識」と、「過去に行われた真実の出来事の記憶」を、一番、持っている者である。

 ⑤。私が機能しなければ、「正当で正しい世界」は、発生しない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事が、暴かれないように、大規模な口封じのための、私への攻撃。

<4>。人の欠陥品(悪人)による、逆恨みや、自分は強いという表現による、私への攻撃。

<5>。私への妬みによる、私への攻撃。

 ①。悪人の、正しく生きられない状態(物体)の認識から、正しく生きる者への妬みが発生する。

 ②。人から注目を浴びている、人から尊敬されている、人から頼られているなど、悪人の欲しがるものを、私が持っていることに対する妬み。


など。



 私への攻撃の、全ての理由は、悪である。

 どんな理由があっても、善行の邪魔を許してはいけない。



【★4。解決法】

<1>。単純に、私を守ればよい。

 ※1。私の身辺の警護。

 ※2。常に、私の状態の把握。

<2>。同時に、「私を攻撃するであろう者」、「私への攻撃を行う者」が、私へ近づかないように対処しろ。

 ※1。過去の犯人の、再犯が多い。「過去の犯人と、犯罪者予備軍(犯人の関係者など)」を、知り、常に、状態を見張れ。

 ※2。常に、『5人組や、5人組の仲間達』の状態を知り、見張れ。

 ※3。上記、「※1と※2」が、私に近づいてきた時点で、「※1と※2」を、攻撃する必要がある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の行動方式として、他の人を使って(誘導など)、罪の行為を、行う(発生させる)ことが多い。

 ※1。他の人に、罪の行為を行わせることで、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分は悪くないという、「ならない」主張の妄想を持つ。

<4>。刑務所の犯罪者の「資料や情報」や、犯罪心理学などにより、犯罪者の特徴が、いくらか分かる。

 そこから、私への攻撃を、行うであろう犯人像が、少し分かる。

<5>。必ず、私への攻撃者が、私の周りに集まってくる。

 私を守ろうとする者も、私の周りに集まってくる。

 そして、私を守ろうとする者に、成り済まし、私への攻撃者が、私の周りに集まってくる。

 私を守ろうとする者か、私への攻撃者か、判断が必要である。

 ※1。私を守ろうとする者は、世界中に、自分は守ろうとする者であると、知らせろ。(有名で、人が多いホームページサイトの利用など)

 ①世界中の許可により、私を守る者として選ばれる必要がある。

 ②また、私の許可により、私を守る者として選ばれる必要がある。

 ③私を守る者同士、お互いに情報を交換する必要がある。

 ※2。過去の犯人と、犯罪者予備軍(犯人の関係者など)と、『5人組や、5人組の仲間達』は、信用するな。

<6>。世界で情報を共有し、私の周りに、私への攻撃を行う者が、近寄らないようにしろ。




【★5。なぜ再犯者の発生や、同じ失敗が繰り返されるのか】

<1>。過去に行われた出来事の、記憶が無いから。

<2>。現状の世界(現状)の認識が、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘の情報などによって、出来ていないから。

<3>。過去に行われた罪(犯行、犯罪)についての、罰の提示が甘いから。
  
 ※1。「罪人に、罪(悪行)を、行わせない方法」を参照。

 ※2。『5人組や、5人組の仲間達』による、捏造の、「罪」と「罰」に、騙されないように。

など。





★【私は言っていない】

【私は言っていない】2 (記事No.80)

 『5人組や、5人組の仲間達』によって、「私が言った」 とされることは、『5人組や、5人組の仲間達』の、嘘である。

 『5人組や、5人組の仲間達』が、「私が言った」と主張するものは、<【私は言っていない】1>以外にもある。



 もちろん、【私は言っていない】



【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が、「私が言った」と主張するもの】

<1>。私の、口から出た発言の言葉。

<2>。私が、紙に書いたもの。

<3>。私が、ブログに書いたもの。

<4>。私が、メールに書いたもの。

<5>。私ではない人が、行った(おこなった)ものも、「私が言った(行った)」と、主張することがある。

などである。



【★2。私は『5人組や、5人組の仲間達』に、対して、言っていない】

<1>。「私が、他の人に対して書いたもの」でも、『5人組や、5人組の仲間達』の主張によると、『5人組や、5人組の仲間達』に対して書かれたものである。と、なる。

<2>。「私が、他の人に対して、行って(おこなって)くれと、指示していないもの」が、『5人組や、5人組の仲間達』の主張によると、『5人組や、5人組の仲間達』に対して指示されたものである。と、なる。

<3>。「私が、他の人に対して、行って(おこなって)くれと、指示しているもの」が、『5人組や、5人組の仲間達』の主張によると、『5人組や、5人組の仲間達』に対して指示されたものである。と、なる。



【★3。私は『5人組や、5人組の仲間達』の行為に、不快感と怒りを持っている】

<1>。まともな人であれば、嫌悪感がある、『5人組や、5人組の仲間達』の行為である。

<2>。私は、まともな人以上に、現実認識があり、正しい「心と考え」があるので、まともな人以上に、嫌悪感を持っている。

<3>。正しい「心と考え」のある人が、不快感と怒りを感じないはずがない、行為である。




【★4。私は、『5人組や、5人組の仲間達』の行為を、辞めさせたい】

<1>。私は、『5人組や、5人組の仲間達』の行為に、不快感と怒りを持っているので、当然の反応として、当然の思いとして、辞めさせたい。

<2>。世界中の、まともな人が、『5人組や、5人組の仲間達』の行為を、辞めさせたいと思っている。

<3>。まともな人の反応として、まともな人の思いとして、「『5人組や、5人組の仲間達』の行為を、辞めさせたい」が、発生する。

 ※1。『5人組や、5人組の仲間達』による、「真実ではない情報の提示などの、騙し」や、「過去に何があったのかの、記憶を持たない」ことにより、現状認識が出来ていない人がいる。

 その人たちは、現状がよく分からず、本来の自分とは違う反応として、間違った反応をしている。

 だが、まともな人の反応というものは、決まっているので、その人たちも、真実の情報の提示と、過去の記憶を与えれば、まともな人の反応をとる。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の行為を辞めさせるのは、世界全体の幸せに、大きな貢献となる。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の行為を辞めさせるのは、「正当で正しい世界」の作成に、大きな貢献となる。










◎このブログについて

記事No.について (記事No.79)

★1。以下の、記事No.の、記事は無い。

・(記事No.1)
・(記事No.10)





★2。記事No.は、このブログの管理用にあるもので、あまりNo.に意味は無い。






◎健康法

ビタミンC (記事No.78)

 健康法に「ビタミンCを飲む」ことも、紹介しておく。



 ビタミンCの健康効果で、私が、一番実感できるものは「風邪を、ひきにくくなった」と、いうもの。

 風邪かな? と、思うような、風邪の初期症状の段階で飲んでも、本格的に風邪の症状が出るのを防いでくれる場合がある。

 もちろん、本格的に風邪をひいている時にも、ビタミンCを摂取すると、治りを助ける。

 ビタミンCは、他にも、色々と健康に役立つ効果があるそうなので、毎日飲むことがオススメである。



 私は、ビタミンCを、粉で飲んでいる。

 粉で飲むのが、ビタミンCを摂取するのに、一番、安上がりな方法だと考えているから。



 クエン酸を取るときに、ビタミンCを、一緒にクエン酸水に混ぜて飲むのが、楽である。








 サプリメントの錠剤では「持続型のビタミンC」があり、ビタミンCを、時間をかけて、ちょっとずつ溶かして吸収することが可能である。

 好きな時に、好きなものを飲めない方へ、「持続型のビタミンC」も、紹介しておく。









【★1。ビタミンCの特徴】

<1>。ビタミンCは、多く飲んでも、吸収できなかった分は、尿から出ていくだけ。

 つまり、あまり飲む分量を、気にしなくても、よいということ。

 私も、あまり分量を気にせず、コップ1杯に、小さじ半分ぐらいを、いい加減に入れて飲んでいる。

 ※1。1日の、ビタミンCの摂取目安量は、レモン5個分の、100mgである。



<2>。ビタミンCは、1日中、消費されるので、1日中、飲み続けるのが効果的。

 一気に、大量に飲んでも、吸収されないので、1日中、ちょっとずつ、飲み続けるのが、一番よい飲み方である。




★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】神の目線で、物事を捉え、真実を知るために、必要なものの作成 (記事No.77)

【やる事】神の目線で、物事を捉え、真実を知るために、必要なものの作成。

 真実を知り、本当の犯人(原因)に対して、問題解決(望む結果)の為の処置を行っていくために、真実を知り、本当の犯人(原因)を知る必要がある。

 本当の犯人(原因)が分からないと、問題解決(望む結果)の処置を行う為の、標的(原因)が分からず、問題解決(望む結果)の為に、誰(何)に、何をすればよいのかも分からない。

 本当の犯人じゃない人を、犯人として攻撃するのことも、過去の失敗の原因(理由)の1つである。


【★1。世界中の人の「心と考え」を見れるようにする】
・世界中の人の、「心と考え」を、過去のものも見れる状態にする。
・世界中の人の、「心と考え」を、リアルタイムで見れる状態にする。
・これは、私に対しては、もう存在していると知っている人も多い。
 世界中の人に対して、取り付けないと、問題は解決しない。
・世界中の人の、感覚の体感もできる機能が欲しい。(心の痛みや、真実が暴かれそうな時の犯人の体感などを、知るためなどに使用する)




【★2。世界中の人の、行動を動画で撮影する】
・世界中の人の、行動を動画用カメラで撮影したものを、過去のもの(録画)も見れる状態にする。
・世界中の人の、行動を動画用カメラで撮影したものを、リアルタイムで見れる状態にする。
・これは、私に対しては、もう存在していると知っている人も多い。
 世界中の人に対して、取り付けないと、問題は解決しない。
・音があるので、音も聞こえるようにする。
・強姦など、犯人の犯行などを、知る必要がある場合は、モザイクも、外すべきである。
・一時停止、映像に対するメモの挿入、世界中で情報の共有など、真実の分析に、必要な機能も充実させる。
・同時期の、他の場所の映像も、複数並べて、見比べたり出来るようにする。
・映像には、必ず、前後がある。なぜなら、時間は止まったことがなく、ずっと続いているから。
 主観的な映像(人の目線の映像)は、命の終わりと共に終わるが、客観的に、人体の外からの映像(外見や、周りの環境の撮影)には、終わりが存在していない。必ず、映像はずっと続いている。
・1つの動画用カメラが壊されても、すぐに次の動画用カメラが起動し、記録できない部分がある状態には、ならないようにする。
・衛星も使う。

【★3。世界中の場所を見れるようにする】
・世界中の場所を、動画用カメラで撮影し、見れない場所が無いようにする。死角が無いようにする。
・人が通らないような場所も、動画用カメラで撮影したものを、過去のもの(録画)も見れる状態にする。
・人が通らないような場所も、動画用カメラで撮影したものを、リアルタイムで見れる状態にする。
 ※「★1と★2」の、機能を取り付けてない者などが存在するから。(犯人の可能性が高い)
・音があるので、音も聞こえるようにする。
・一時停止、映像に対するメモの挿入、世界中で情報の共有など、真実の分析に、必要な機能も充実させる。
・同時期の、他の場所の映像も、複数並べて、見比べたり出来るようにする。
・映像には、必ず、前後がある。なぜなら、時間は止まったことがなく、ずっと続いているから。
 主観的な映像(人の目線の映像)は、命の終わりと共に終わるが、客観的に、人体の外からの映像(外見や、周りの環境の撮影)には、終わりが存在していない。必ず、映像はずっと続いている。
・1つの動画用カメラが壊されても、すぐに次の動画用カメラが起動し、記録できない部分がある状態には、ならないようにする。
・衛星も使う。


【★。「大きな問題の解決」と比較して、「小さな問題」を、優先させるな】
・問題解決の為の、真実の公表である。
・「恥ずかしい」などは、「大きな問題の解決」と比較して、「小さな問題」である。どうでもよい。
 大きな問題を解決せずに、被害者をそのままにして、相対的に無価値な問題を優先するな。




【★捏造や、操作、強要の発見】
・映像の前後
・捏造を行っている現場も突き止め、犯人の摘発。

【★主犯を発見】
たどる

【★悪用禁止】
【★私は、これが存在していると知っている】


★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】死刑より、上の水準の、罰の作成 (記事No.76)

【やる事】死刑より、上の水準の、罰の作成。



【★1。罪には、罰が必要である】

<1>。罰による、罪(悪行)の抑止力は大きい。

<2>。罪に対しては、罰以外の対処法は無い。

<3>。罪が招いた結果を、拭い去る方法は、罪を犯した者を罰することである。

 ※1。罪を犯していない、別人(犯人ではない人)を、犯人だとして罰すると、罪に対応して無いので、罪を拭い去る効果はない。
  さらに、罪が増える場合が多い。

<4>。罪によって出来た傷口は、罪を犯した者への罰で、治せる。

<5>。罪によって、正当な世界の形成が損なわれているが、罰によって、正当な世界の形成が改善され、正当な世界が作られる。

<6>。罪には、罰が、神のルールである。

 ①原因には、対応している、結果の発生がある。

 ②欲しい結果のためには、対応している、原因が必要。

 ③欲しい結果のための、原因の作成には、原因と、結果が、正しく繋がっている必要がある。正当な理論の展開が必要である。

 ④罪を浄化する(結果)ためには、罪人への罰の執行(原因)である。




【★2。死刑より、上の水準の罰の、必要性】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、罪が大きすぎる。まともな人の、犯す罪ではない。現状の、普通の、まともな人への罰では、対応できない。対応していない。

<2>。まともな人と、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、罰が同じでは、どちらにとっても、不完全な対策となる。

 なぜなら、

 ①まともな人と、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、罰に対する、認識などの、反応が違う。

 ②まともな人と、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、罪に対する、認識などの、反応が違う。

 ③まともな人と、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、罪と、罰に対する認識が、同じではない。

 ④まともな人と、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、犯す罪が、同じではない。(罪の程度、大きさ、種類など)

 ⑤まともな人と、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、再犯の可能性、罰による罪の抑止力の大きさ、罰の予測の現実感などが、同じではない。

<3>。罰の最大値の死刑を、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、恐れない。(予測能力や、現実認識の欠陥など。刑罰の抑止力のなさ)

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の恐れるもの、嫌がるもの、によって、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、悪行の抑制をするべきである。




【★3。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の恐れるもの、嫌がるもの】

<1>。拷問

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、罪に対して、行われるべきもの。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、悪行の、唯一の、抑止力となるもの。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、罪に対応している、罰である。




【★4。罰の絶対の施行】

<1>。必ず行われないと、いけない。

<2>。1度でも、行われなかった場合、過去に「行われなかったこともある」として、また、行われないだろう、という願望の妄想が発生し、悪行の抑止力が低下するので、絶対に行うことが重要である。

※1。カジノで、1回でも勝つと、99回負けているのに、「また勝つ、と、いう妄想」の方が、行動の意志決定に使われる。心理。









★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】「ならない」の提示 (記事No.75)

【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、「ならない」の提示を、沢山して欲しい。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の主張や、見せかけの行動の、「ならない」部分を、「成り立たない」と提示して欲しい。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、全ての行動様式、思考様式を、書ききってもよい。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、言い訳や、行動などは、同じことの繰り返しであり、行動様式も全て書き出すことが可能な範囲の数に留まる。

 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、言い訳や、行動などは、別人であっても、同じ「反応、行動様式、思考様式」をすることが多いので、各「言い訳や、行動など」の、各「ならない」を作成すると、言い訳や、行動などに対して、「ならない」を提示するだけでよいので、円滑に処理できる。




【★1。「ならない」とは】

<1>。理論的に成り立たないこと。理論的に破綻していること。

<2>。悪人の、妄想(願望など)から生まれ、妄想の世界にのみ存在する法則。妄想の理論。

<3>。現実世界の、まともな人には、通用しない、理論。

<4>。倫理観などがある、正当な現実世界では、成り立たない法則。

<5>。もしも認めて、現実世界に反映すると、現実世界の正当さが破綻していく、狂った理論。



【★2。「ならない」とは、以下に当てはまらないこと】

<1>。現実社会の法則。

<2>。正当な理論展開。

<3>。常識的なものの見方。

<4>。現実に存在する法則。

<5>。真実の法則。

<6>。まともな人の納得。



【★3。「成り立つ」理論とは】

<1>。正当な世界の構成のために、世界中のまともな人が、共通して持っている認識の理論。

<2>。まともな人の「心と考え」による理論。

<3>。まともな人の「心と考え」による、状態の認識(現実の認識)から、生まれる理論。

<4>。神から見た、ものの見方。全ての人の行いが見え、人の「心と考え」が見え、ありのままに物事を捉え、判断する状態。

<5>。現実世界の法則。

<6>。原因と結果が正しく繋がっている、正しい繋がりが続いていく、正しい理論展開。




【★4。「ならない」の提示用、作成例。<例えば>】

<1>。<具体的な出来事。具体例。何を元にして考察したか>

①自分が、努力して能力を高め、やっと手に入れようとしている成功を、悪人によって奪われた(邪魔された)。

※1。この行為を、神は絶対に許さない。「正当な者が、正当なものを持つ」ことにより、正当な(正しい)世界が作られ、保持されていく。と、いう、神のルールがある。



<2>。<悪人の妄想の「ならない」理論。「ならない」状態の主張>

①他の人から奪ったり、他の人の成功の邪魔をすれば、他の人の能力が、少なくなる(高まるのを防げる)ので、自分の能力が、高く(強く)なるという妄想理論。

②他の人が持っているのは、不快であり、他の人から、持っているものを奪うと、満足できるので、行ってもよい。と、いう妄想理論。

③暴かれたら罰を受けるかもしれないが、知られない(暴かれない)のなら、行ってもよい事である。と、いう妄想理論。

④今に罰が発生しないなら、未来にも罰が発生しないだろうという、妄想理論。


<3>。<現実世界の法則に通用する、正当な理論。倫理観や、真実を認識した理論。正しい理論>

①他の人から奪っても、奪ったもので、自分の能力が高く(強く)なるわけではない。依然として、自分の能力はそのままに見える場合もあるが、実際には、罪と罰により低くなっている。

②他の人の邪魔をしても、自分の能力が高く(強く)なるわけではない。依然として、自分の能力はそのままに見える場合もあるが、実際には、罪と罰により低くなっている。

③他の人から奪ったものを、自分のものに見せかけても、「正当ではない、能力のない者」が、奪ったものを持っているだけの状態であり、自分の能力が高く(強く)なったのではない。自分の能力が高く(強く)、なったと見せかけて(妄想して)いるだけである。

(1)。奪ったものは、能力のある者のために用意されたものである。正当な現実世界が、能力のある者のために、「正当な世界を作成、保持する」ために、用意したものである。

(2)奪われた者は、能力はあったが、奪われたという状態であり、さらなる成功のための能力が、悪人の奪う(邪魔する)行為によって、低くなった状態である。正当な現実世界の損失である。

④奪って得たものは正当なものでは無い。

⑤悪人によって、奪われる前は、能力を持っている人が、能力によって正当に持っていた。あるべきところにあった。と、いう状態である。

⑥人の能力が低くなっても、自分の能力が高くなるわけではない。

⑦奪うという行為は、正当性を無くす、正当な現実世界の法則を害するという状態になるので、正当な現実世界の発達に害がある。正当な現実世界の発達に害のある行為を、許す(そのままにする)ことは出来ない。

⑧人から奪った者に、罰を与えなくてはならない。「正当な世界を作成、保持する」するための、害を無くすために、行うべきことを行う。



【★5。「ならない」妄想理論は、現実世界の法則では成り立たないと、世界で共通している認識として、提示する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、現実世界を認識する為の、機能を持たないなどによって、現実世界の認識が、出来ないので、妄想の理論が発生しやすい。

<2>。『「成り立たない」という現実の状態』の表現(提示、結果、行動)が少ないと、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、「妄想の理論が、現実世界に通用する」という考えは、強まって行く。

<3>。『「成り立たない」という現実の状態』を、『「ならない」妄想理論』を主張をする人に、認識させると、『「ならない」妄想理論』を主張する人の、行動が変わる。

 その変わった行動は、また別の『「ならない」妄想理論』の主張をするもので、新しく発生した『「ならない」妄想理論』の主張であるが、それに対しても、『「成り立たない」という現実の状態』を、提示していく。次々に発生しても、次々に『「成り立たない」という現実の状態』を提示していく。

<4>。『「成り立たない」という現実の状態』を提示することで、『「ならない」妄想理論』を主張をする、行為が、少し収まった(減った)ように見えるが、『「ならない」妄想理論』を主張する物体であることは、不変であるので、『「ならない」妄想理論』を主張する物体を、削除しないと、問題は改善はされない。『「ならない」妄想理論』の主張は、その物体がある限り続く。

<5>。『「ならない」妄想理論』と、『「成り立たない」という現実の状態』の一覧は、一般常識として、成人前に世界の全ての人が学び、知識として持って生きると、世界から「ならない」が減って行く。


【★6。得た認識は、世界で共有して欲しい】

<1>。世界で協力してやった方が、早く進む。

<2>。世界で協力してやった方が、意見交換が進み、改善されたり、深く、確実な認識になる。





★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】なるべく個人所有の装置で行う (記事No.74)

【やる事】

やる事として、大掛かりなものも書いた。

それは、政府や、大きな機関で行われることだと思うものが多い。

だが、なるべく、個人所有の装置でも行って欲しい。

政府や、大きな機関で行いつつも、個人でも行って欲しい。



なぜなら、個人の所有の、数が増えれば増えるほど、その機能を防ぐのが簡単ではなくなるから。

やり方は複数がいい。1種類だけだと、1種類だけを防ぐだけで済むから。








★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】GPS(位置情報)の把握など。 (記事No.73)

【やる事】GPS(位置情報)の把握など。

『5人組や、5人組の仲間達』の悪行を把握し、知ることが、解決への大きな助力となる。



【★1。GPSの作成(GPSとは、位置情報)】

<1>。誰が。

<2>。いつ(何時何分何秒)。

<3>。どこに居たのか。(場所)

<4>。各自のGPSを、リアルタイムで、24時間×365日。毎日把握可能な状態にする。

<5>。私のGPSを、、リアルタイムで、24時間×365日。毎日把握可能な状態にする。

<6>。私の位置から、半径500メートルの範囲に、『5人組や、5人組の仲間達』などの、過去の犯人が近づいたら、犯人の体内から、大きな音が発生するようにする。(装置は体内から取り出せないように。周りの人に気付かせるための装置)

<7>。衛星から、位置情報が分かっているようだ。(衛星以外を使って情報を得てもよい)

<8>。GPSで見れない人こそ、『5人組や、5人組の仲間達』であり、犯人である。(見れない状態の、ON・OFFのスイッチ対策もする)


【★2。【やる事】具体的な行動】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、再犯者がとても多いので、過去の犯人を知り、GPSで、リアルタイムで見張る。悪行をしようとしたら、すぐに世界で情報を共有し、対処する。

<2>。私の位置に、近い場所にいる人をGPSで知り、見張る。悪行をしようとしたら、すぐに世界で情報を共有し、対処する。

<3>。私の位置に、再犯者を近づけないようにする。

<4>。私への、悪行の行動を起こした者(実行犯)の、行動の時間をさかのぼって情報を見る。過去の情報から、実行犯の近くに居た者、指示を与えた者や、主犯、関係者を摘発する。(直接的な接点、間接的にも、たどれる)

※1。実行犯が、操作などされている可能性があるので、全ての犯人の摘発には、これだけでは不十分であるが、行うことで、かなり犯人を特定できて、悪行を防げる。

<5>。私の位置から、半径500メートルの範囲に近づいた、過去の犯人(再犯予定者)を逮捕、捕獲。(一生出さない)

<6>。悪行の発生した、悪行の発生しそうな、場所に存在していた人が、現状の改善、解決の対処を行うべき人である。悪行の発生にならないように、未然に防ぐ行動をとること。やらない人には罰を与える。(GPSによって、行うべき人も分かる)


【★3。私は、過去に、この機械が存在していたのを知っている。作れる】





★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】現金の廃止。入出金の完全なカード化。 (記事No.72)

【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』の、行動の把握、場所の特定、悪行の制止、などのために、現金を完全に利用できなくし、カードで全ての入出金の管理をする。



【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、お金を手に入れている】

<1>。なんらかの手段で、お金を手に入れている。(何からお金を手に入れているのか。関係者の摘発など)

<2>。私の収入が、資金源になったこともあった。(私の意識を奪って操る、代理人だと見せかける、など)



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、お金を使っている】

<1>。クローン作製の材料や、機械の購入、食料など、必要なものを購入している。



【★3。お金の流れを確認しろ】

<1>。使った時、使った場所を知れば、カメラに犯人が映っている。

<2>。何に使ったのか。(何を欲しがるのか)

<3>。潜伏先がわかる。(届け先などから)

<4>。仕入れ先などを辿れば、仲間が分かる。



【★4。現金の利用を認めてしまうと】

<1>。現金が使えるのならば、歩いている人からも奪える。

<2>。現金が使えるのならば、住宅侵入などの泥棒も、現金を手に入れる手段として可能。

<3>。人から奪ったお金が、暴かれることがなく、そのまま利用可能。



【★5。問題点の改善案】

<問題1>

<1>。カード化すると、停電のとき、全ての商品が買えなくなる。

<問題1への対策> 用意しておく。

<1>。料金の支払いを、独立した電源で行える、機械を用意しておく。(乾電池など)

<2>。カードの№など、支払いに必要な情報と、支払日、支払金額を、メモしておく。(手書きでもよい)

 ①電卓の利用など。

 ②内容をメモした紙を、客にも手渡す。店名のハンコがあると、楽。

 ③何を買ったかは、在庫の無くなっているものから、逆算できる。

<3>。後日、停電が直った時に、入力する。



<問題2>

<1>。何を買ったかが、全て分かられてしまう。恥ずかしい。

<問題2への対策>

<1>。「大きな問題の解決」と比較して、「小さな問題」である。どうでもよい。大きな問題を解決せずに、被害者をそのままにして、相対的に無価値な問題を優先するな。

<2>。無駄に人の目を気にする人がいる。これは、まともな人の生き方、考え方をすれば無くなる。

<3>。恥ずかしい品も、「生き方」が、しっかりしたものであれば、普通に買える。なんともない。

<4>。今まで通りの、買い物の内容でよい。気にすることはない。



【★6。カード化を辞めるな。解決しろ】

<1>。実行の始めには、問題がいくつか起こるだろう、だが、全て解決し、改善し、カード化の施行を辞めるな。

  カード化を辞めたがる者こそ、『5人組や、5人組の仲間達』である。

<2>。カード化施行の邪魔をする者は「誰」だろうか。何に対しても文句を言いたがる者がいる、それこそ『5人組や、5人組の仲間達』である。邪魔をする者は、『5人組や、5人組の仲間達』の可能性があるので、注意しろ。

<3>。文句とは、問題点に対するものであるので、それを解決しろ。直す必要のない問題点は直さなくてよい。

<4>。問題に対して、「どうすれば改善するのか」、「どうすれば解決するのか」が、まともな考え方。紙に図など書きながら考えるのもよい。難しい問題でも、ふと、ひらめく事がある。疲れる考え方なので、休みを取りながら考える。



【★7。その他、副産物】

<1>。ヤクザの資金源の制止。ヤクザが儲からないので、ヤクザの数が減る。

<2>。政治家の黒い資金源が無くなるので、お金のない、真面目な、正当な、よい政治家が増える。

<3>。基本的に、お金に対して、悪の発生があるので。お金を見張っていないと、悪は自由に増える。


【★8。『5人組や、5人組の仲間達』の行動】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、人のお金を奪い、勝手に利用する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の主張が、「奪ったお金でも、お金は良いことに使った」と、いうものであっても、それは、理論的に通らない、「ならない」ことである。現実社会の法則には、通用しないことである。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、お金を、悪行のために使う。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の主張の、「善行のために」とは、「ならない」。小さな善行のために、大きな悪行は許されない。





★まだ未分類の記事

憐れみとは (記事No.71)

憐れみとは、

★★★【悪の場合】★★★

【★1。対象者を、自分より、能力などが低いと思うこと】

<1>。自分が、他の人より、能力などが低いと妄想しているので、発生する心。

<2>。自分が、他の人より、能力などが高いと妄想しているので、発生する心。

<3>。「①と②」は、他の人と自分を比べて、正しい自分の順位(価値)を、認識してしまうと、「負けている」と認識してしまうので、「①と②」で、他の人の能力を自分より、低いと妄想して、自分は「命の危機」にある存在である、という認識からの、恐怖などから、自分を守っている。

 ※1。「負けている」と、感じると、「命の危機」だと感じてしまう。

 ※2。他の人よりも、真実として、現実として、能力が高い人は、この機能が不要であり、邪魔である。

  なぜなら、正確に人の能力を判別できることは、正しく生きることに不可欠だから。

  もしも、感情(心)の反応として、「他の人の能力を、自分より低いと考える、妄想」が発生しても、理性(考え)で、その反応が間違いであると、気付ける。

 ※3。自分の方が、相手より、能力などが低いのに、相手の方が、自分より、能力などが低いとし、意図的に、自分を有能だと見せかける(見てもらう)ために、相手を憐れむ演技をする。

 これは、★1とは少し違うが、演技により、自分を有能だと、思ってもらえると考える、悪人の妄想である。
 



【★2。悪の仲間作り>にも、使われる感情である】

<悪の仲間作り>の流れ、

<1>。悪人は、他の人に対する、憐れみの感情が発生した場合。

 他の人を、自分より能力などが、低いと判別すると、仲間になろうと、寄り合おうとする、ことがある。

 ※1。悪人の感情は一過性のもの、であることが多いので、信用するな。

 ※2。悪人より、有能になろうとすると、邪魔をしてくるので、仲間になるな。

 ※3。悪人と一緒にいると、悪行に巻き込まれるので、近くにいるな。

 ※4。悪人と一緒にいると、悪に染まり続けるので、仲間になるな。心(心の一部)は失うと、なかなか戻ってこない。一生、心を無くしたまま生きる可能性が高い。

 ※5。悪人と一緒にいたくないと思う人は多い、周りにいる人が、その人を悪人から助ける担当である。
   助けてあげたのに、また、悪人の元に戻る人がいる。それは助けられない。
   自主的に、何度も戻るなら、一生続くので、助けるのをやめてよい。

<2>。以下、①→②→③→④と、順番に、進む。

 ①悪人が、相手を攻撃する。

 ②相手が悲しみを表現すると、悪人は、自分(悪人)より能力などが、低いと判断し、満足する。

 ③「自分が攻撃した相手なのに、助ける」や、「自分は、反省していると、相手に見せかける(瞬間的な反省の発生)」を行う。

 ④相手が、③の悪人を受け入れると、悪人は、相手を仲間にするか、自分が強いという妄想に満足する。相手が受け入れなければ、相手を敵だと判断し、再度攻撃しようとする。

 ※1。善人は、攻撃して来る者を、敵(悪)だと正しく捉える。悪人の見せかけの反省を見抜く。善人は、<悪の仲間作り>に、自分が陥落することを、恥(悪)だと捉える。

 ※2。悪人は、③の場合、相手が弱いと分かると、喜々として、攻撃を過熱することもある。

 ※3。悪人の、相手を攻撃して、相手の能力を奪い、傷付け、自分(悪人)は有能だと思う妄想や、満足や安心を得る行為などに対して、善人が、被害を受ける必要は無い。悪人の仲間に入るな、仲良くなるな、許すな。



★★★【善の場合】★★★

【★1。共感、助け合いの為に、憐れみを持っている】

<1>。困っている人を助ける為にある、「心と考え」である。

 ①善人を、助ける為に使え。

 ②自分の心を使って、相手の心を判断している。自分だったら嫌だという判断から発生している。(共感)

 ③正当な世界には「正しい」群れの形成が必要であり、正しい群れの形成の為の能力である。(助け合い)

 ※1。辛さを知る者が、辛い状態の者を助けようとする。これは「共感」による、助けである。
   この場合「共感」いう言葉が正しいと思うが、ここでは、「憐れみ」とした。「同情」という言葉でもいい。

【★2。良くないものに対する判断として、憐れみを持っている】

<1>。あまりにも、能力の低い者に対する、差による憐れみである。

<2>。正当に生きている人が、悪人の、汚い生き方、その状態について、憐れみを感じることもある。

<3>。自分が、憐れみの対象者と、同じ状態に、ならないためにある、憐れみである。

<4>。自分の価値観から、遠すぎる、真逆の存在だから、発生する憐れみ。

<5>。自分は良いと思う生き方(自分の価値観)をしているのに、していない人に対して、発生する憐れみ。

<6>。自分の価値観によって発生しているので、その価値観が正当かどうかによっては、悪も感じる憐れみである。

 だから、善人の、憐れみは、必ず正当な方向の憐れみとなる。
 
<7>。善人の、憐れみは、正しい世界への、改善の方向に向く。

<8>。悪人の、この憐れみは、悪の価値観なので、悪の方向からによるもの。

  悪人の、この憐れみは、現実世界の法則に、存在していない、妄想である。

 ※1。この憐れみの、対象者じゃない者は、正当に生きている者で、能力などが低いだけの者である。

 (頑張っても結果が出ない者。病人など。)
  
 感情(心)の反応として、憐れみが発生しても、理性(考え)で、その反応が筋違いだと気付ける。





【★3。自分が、憐れみの対象者と、同じ状態に、ならないために、なぜ憐れむのか】

<1>。自分の価値観として、その状態は、嫌な(不幸な)、状態である。

 共感として、自分だったら嫌だという、発想によって、憐れんでいる。

<2>。この憐れみはなぜあるのか。

 状態(世界)の、改善のためである。

 なぜ、憐れみの対象者が発生したのか、どうしたら再発を防げるのか。

 自分たちの行いの悪さから、対象者が発生したのではないか。

 など、改善のために、行動する力である。

 「救いたい」という気持ち(心)である。




【★4。憐れみを感じる対象者が、悪人であるなら、絶対助けるな】

<1>。悪人は、善人の、憐れみの感情を利用して、生き残ってきた者である。

<2>。悪人は、意識しても、無意識でも、憐れみを貰うために演技する。

<3>。悪人は、罪に対する罰を逃れるために、演技する。騙す。

<4>。悪人は、奪うため、盗むため、などの悪行のために、演技する。

<5>。悪人に、騙されるな。




<6>。悪人は、害である。

 害だと思うから、改善しようと思う。

 憐れみでは、改善しない。

<7>。善人は助けろ、悪人は助けるな。




<8>。感情だけでは正しい行動が出来ない。

<9>。感情が教えてくれることを知り、知識や、知能を使って、「心と考え」の両方を使って行動を選べ。

<10>。感情に流されるとは、子作りしたいままに、相手に強要すること。

 感情に流されるとは、怒りのままに、殴ること。

 感情に流されるとは、憐れみを感じたままに、悪人を助けること。

<11>。悪人を助けることは正しい行動ではない。




<12>。悪人は、害である。

<13>。害は改善しろ、未来に残すな。

<14>。どうやって、悪人が、悪行をすることを、不可能にさせるか。

 どうやって、悪人を、減らすか。(今が改善されたら終わりじゃない。未来に残すな)

 どうやって、悪人から、善人を守るのか。




<15>。悪人は駆除し、未来に存在させない。

<16>。(悪の程度によるが)、悪人の悪に対する治療は不可能である。

<17>。悪人に対して、いずれ良くなると捉えると、善人の消耗が激しい。

<18>。悪は、DNA(生まれ付き)によるもので、それは治ることはない。

 治すべきではない、駆除するべきである。






★まだ未分類の記事

絶対の前提条件として、【悪人よりも、善人が、優先される】 (記事No.70)


【★1。人は、各自、自由に動いていい、権利を持っている。悪人の指示に従う必要は無い】

<1>。絶対の前提条件として、悪人よりも、善人が、優先される

 ※1。どんな場合に対してでも、絶対の前提条件である。



【★2。人は、悪人の、好きなように動かしていいオモチャではない】

<1>。悪人は、人の「心と考え」や、意志などに対して、理解がない、存在を認識しない、ので、オモチャと、人の区別がない。
  
 悪人は、オモチャと、人を、同じような「物」として、認識している。



【★3。悪人は、人が、「心と考え」を持っている物体だとは考えない、自分だけが「意識」を持っていると考える】

<1>。悪人は、人の意志の「存在」を理解しない。

<2>。悪人は、自分を、世界に、ただ1人の、「意志」を持っている主人公で、他の人は、中身の無い、ただの登場人物として、認識している。※世界の認識範囲は狭い。



【★4。人は、悪人の、動いて欲しいよう(指示)には動かない】

<1>。人が、誰かの指示に従って動いているのは、誰かの指示に従って動きたい意志があるから。

<2>。人は、悪人の、不快で無意味な、指示に従って動きたくない意志がある。

 ①。悪人は、「なぜ、他の人の指示には従い、自分(悪人)の指示には従わないのか」と、考えやすい。

 「なぜ、その指示に従っているのか」が、分からない悪人の世界観は、他の人は、ただ「人の指示に従っている」というだけのもの。そこに、「なぜ」の理由は無く、どんな意志で、などは、悪人の世界観に無い。
 
 ②。悪人は、従わない人に、強要して、指示に従わせようとする。(当たり前の反応として、悪人の指示には、人は従わないから)

 ③。悪人は、「人が、なぜ、自分(悪人)の、指示に従わないのか」の原因を、自分(悪人)が悪いのではなく、相手(従わない人)が悪いから、相手は指示に従わないでいる、と、考える。

 ④。悪人と、善人では、出す指示の内容、意味、結果などが違う。

 ⑤。悪人の指示に従うものは、悪人の仲間である。




【★5。悪人は、人の意志(「心と考え」)の、ごく僅かだけの理解しかない】

<1>。悪人は、人の「心と考え」を、読み取る力が少ない。

 ①。五感で、人の「心と考え」を読み取る力が少ない。

 ②。悪人が、読み取る部分は、人を助けるためのもの(協調)ではなく、「騙す、奪う、取り入られる」などのための、悪人が生き残るために使う部分。(善人と、悪人では、生き残りの方法が違う)

<2>。人の痛みを感じない(共感しない)。







★悪人とは

【悪人の特徴】悪人の考え方 (記事No.69)

【悪人の特徴】悪人の考え方とは、


【★1。悪人は、予測能力が、かなり少ない】

<1>。全体の、一部分のみを、捉えて、一部分のみで考えた、ことからの予測を持つ。

  ※1。悪人は、考えに使うための、世界の認識範囲が狭い。考えに使う、項目数が少ない。

<2>。一部分に対する、近い将来の予測のみで、考える。未来を細部までは考えない。遠い未来は考えない。

<3>。予測したものは、妄想から生まれていることが多いので、現実と、予測との差が大きい。



【★2。悪人は、記憶力がない】

<1>。すぐに忘れる。

<2>。不快な情報を、記憶から削除する機能が高いので、何度失敗して(怒られて)も、同じことを繰り返す。

  ※1。不快な情報を、気にしない能力も高い。反省しない。



【★3。正しい理論展開を持たない】

<1>。原因と、結果の、流れを理解しない。理論(ドミノ理論)の流れの思考をしない。

<2>。妄想(願望など)で、繋がらない原因と結果を繋げ、論点と関係のない、妄想で生まれた原因と結果に、取り替えられる。

<3>。原因と結果の関係が分からないので、悪いことをして、罰を受けても、悪いことと、罰の繋がりを理解しない。罰を受けた理由を、悪いことをしたから、とは考えない。理由を他から探す(①現実逃避②不当な穴埋め③人へ罪を被せる④理由もなく罰を受けたという体感)。



【★4。違いが分からない】

<1>。比べても差異を分からない。どう違うのか分からない。

<2>。差異を見つけ出せない。差異に気付かない。

<3>。同じだと思いたがる。一般化したがる。



【★5。勝手な結論付け】

<1>。悪人は、他の人の、理論を持つ意見も、理論が存在していると分からない。だから、デタラメに意見を言っているように見える。人の意見に意味が存在しているとは、認識して(考えて)いない。だから、デタラメな意見を、他の人と同じよう(悪人にとっては)に、言っているつもりである。そして、理論展開を持たない結論を提示し、強要してくる。

<2>。正当な理論展開をしないので、破綻した理論から、破綻した結論を出し、破綻した結論で、行動し、人へも強要する。







★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』へ行うこと (記事No.68)

 <【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』へ行うこと>

 『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の、機能を持たない、悪人であるので、『5人組や、5人組の仲間達』へ対する、「心」への攻撃は、予想した反応と、違うことがあり、苦痛や、悲しみを、与えられないことがある。

 まともな人は、心への攻撃が、一番、辛いだろうと考える。

 だが、彼らには、その心の機能が無いのだ。



 悪人が、まるで悲しんでいるかのように見えるとき、それは、「悲しんでいる人の擬態」であり、先祖代々、その技で、悪事をしても許されてきた、歴史がある。

 悪人の悪事が、そのまま悪事である、そのまま悪人であると、暴かれているのなら、今の時代まで子孫は生き残っていない。

 必ず、悪人が、生き残るための、子孫を残せるはずの、許されるための、悪人ならではの、機能がある。(人の作った法律も、悪人の生き残りの利益に、なってしまうことがある)



 善人は、自分に、悲しみがあるから、悪人も、同じである、という発想を持ちやすい。これは、「善人の妄想」である。

 悪人が、善人と、同じように悲しんでいるわけじゃない、「同じように悲しんでいるように、見える」だけである。



 『5人組や、5人組の仲間達』への、罰として、心への攻撃が、一番よいという人が多い。

 行っても構わない、誰もが、『5人組や、5人組の仲間達』の、被害者なのだから。

 誰もが、『5人組や、5人組の仲間達』へ、自分が行いたい、罰を行える権利がある。

 なので、好きな罰を、行ってもよい。



 ただ、私の意見として、『5人組や、5人組の仲間達』は、心を持たないので、「肉体への苦痛が一番」ではないかと思っている。

 なるべく、長い時間(3日~10年以上が望ましい)、肉体への苦痛を与えたい。

 という、望みがある。

 肉体への苦痛も、長時間、行えば、心へも、苦痛が行くようになります。




 最終的に、各自、各時代の自分と、合体し、知識の共有を、行うことが出来るので、少しでも苦痛を与えることに、意味がある。



 それと、原初の反応(原始時代など、初期の段階の人間が、すでに、持っていた機能)なら、悪人も、善人と同じものを、持っている可能性がある。



 何にしても、『5人組や、5人組の仲間達』に、罰を、執行しなくては、ならない。






★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】各サイトで、データのバックアップ&復元を厳重に (記事No.67)

 すでに、行ってあると思うが、各ホームページサイトの管理をしている方に、【データのバックアップ(情報の保存)】と、【データの復元(変更された情報を元に戻す)を、可能な状態にしておく】ということを、やって欲しい。



【★1。なぜなら、偽者の私が、「本物の私が、作成したもの」を削除や、変更する可能性があるから】

<1>。偽者の捏造に、気付いたら、すぐに復元すること。

<2>。また、偽者が、何を行いやすいのかを知れば、行ったことから、偽者を特定できる可能性がある。

 ※1。「誰が」、偽者として、活動しているのか。



【★2。また、『5人組や、5人組の仲間達』の犯人たちの、行ったことを追跡するのに、バックアップを調べる可能性があるから】

<1>。何を買ったか。届け先の住所はどこか。いつ買ったか。他に一緒に買ったものがあるか。



【★3。データのバックアップは、なるべく長く保存して欲しい】

<1>日本だと、湿気により、CD-ROMなどに、カビが生えたりするので、保存している媒体(外付けHDD)などを、新しいものに買い替え、データの移動をしたりも、お願いしたいです。

 ※データの移動時の、データの劣化にも注意。



【★4。バックアップは何重にも】

<1>『5人組や、5人組の仲間達』が、そのデータのバックアップを、削除しに行きますので、保存場所を複数にしたり、工夫して下さい。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』と、なっている者たち、とは (記事No.66)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』と、なっている者たち、とは】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、過去と、現在に、私に、嫌がらせなどを、行ったりした、生き物たちで、『5人組や、5人組の仲間達』に、『5人組や、5人組の仲間達』の、仲間だと、選ばれた者たちが、多い。

<2>。過去に、私に、殺された人。

 ①私は、無意味な、殺しはしない。正当な、理由があり、殺している。
 ②私は、悪人の悪行に対して、怒りを持ち、殺しているので、殺された人は、悪人である可能性が、かなり高い。
 ③過去の、私の、「殺している映像」は、中身が別人(偽者)、強要、捏造など、である場合がある。
  なので、過去の、私により、「殺された人の映像」の、人物たちの全てが、悪人、ではない。

<3>。過去に、私に、冷たくされた(断られた)人。
 ①私は、無意味に、人に、冷たくしない(断らない)。正当な、理由があり、人に、冷たくしている(断っている)。
 ②私は、人の「心と考え」や、能力を、見抜いて、状況によって、判断しているので、私が、冷たくしている(断っている)人は、その時、不要な人や、邪魔な人、である可能性が、かなり高い。
 ③過去の、私により、「冷たくされた(断られた)人の映像」は、中身が別人(偽者)、強要、捏造など、である場合がある。
  なので、過去の、私により、「冷たくされた(断られた)人の映像」の、人物たちの全てが、その時、不要な人や、邪魔な人、ではない。

<4>。【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】は、現実世界の法則では、悪人、邪魔、不要である、可能性が高いので、存在することが、私にとって、害であり、『5人組や、5人組の仲間達』の、私に対する、嫌がらせである。

<5>。私に対する、嫌がらせのために、『5人組や、5人組の仲間達』は、【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】を、私の近くに配置したり、私に対する操作をさせるなど、【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】を使う。

<6>。【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】が、私に嫌がらせをすれば、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分達が悪いのではなく、【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】が悪いと、罰の判断者に、思ってもらえる、という妄想を持っている。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】が、勝手に、嫌がらせを行っているだけで、『5人組や、5人組の仲間達』は、関係なく、悪くないとして、罪を問われず、間接的に、私に、嫌がらせが出来る、という妄想を持っている。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の、妄想の法則では、『5人組や、5人組の仲間達』は、【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】を、助けてあげた。『5人組や、5人組の仲間達』は、良いことをした(現実世界の法則では、悪人の復活。悪行の再発である)。となり、悪いことをしていないと、罰の判断者に思ってもらえる、という妄想を持っている。

<9>【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】を、助けてあげるという、演技による、『5人組や、5人組の仲間達』の、【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】に対する、<悪人の仲間作り>が、行われる。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』の、<悪人の仲間作り>により、【<2>の「①と、②」と、<3>の「①と、②」】は、現在の、『5人組や、5人組の仲間達』と、なっている。







★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】私からの、指示を受けているのに、行わない人には、罰を与える (記事No.65)

 【やる事】私からの、指示を受けているのに、行わない人には、罰を与える。



【★1。もしも、私からの指示を受けているのに、行わない場合】


 ★『5人組や、5人組の仲間達』と、なっている者たち、とは★

↑上記、リンク先ページの理論により、


<1>。もしも、私からの指示を受けているのに、行わない人は、『5人組や、5人組の仲間達』に、仲間だと、選ばれ、未来で、『5人組や、5人組の仲間達』として、行動している可能性が高い。



【★2。私からの、指示を受けているのに、行わない人に、罰を与えろ1】

<1>。まとまって、多くの人数で、行動することで、『5人組や、5人組の仲間達』の悪行を、妨害しやすく、様々な被害を、最小限に防ぐことができる。人への、被害も少ない。

<2>。私からの、指示を、行うことは、勇気が伴い、時には、苦痛も伴う。

<3>。<2>の理由から、誰もが、やりたくない事である。だが、やらないと、『5人組や、5人組の仲間達』による、被害が拡大する。

<4>。「誰かが、やってくれる」と思うのなら、他の人も、「誰かが、やってくれる」と、思うので、結局、誰も、やらない、ということになる。

<5>。まとまった、多くの人数になるためには、<4>の、不参加の人数を、いかに減らすかが重要となる。

<6>。以上のことから、<私からの、指示を受けているのに、行わない人には、罰を与える>ことが、必要である。



【★3。私からの、指示を受けているのに、行わない人に、罰を与えろ2】

<1>。私からの指示は、『5人組や、5人組の仲間達』を、駆除し、現状の世界を、良くするための、行動となる。

<2>。私からの指示は、『5人組や、5人組の仲間達』を、駆除し、現状の世界を、神の望んでいる世界に、直すための、行動となる。

<3>。世界を良くするための、邪魔や、神の望んでいる世界に、直すための、邪魔を、するものは、罪人である。

<4>。以上のことから、<私からの、指示を受けているのに、行わない人には、罰を与える>ことが、必要である。



【★4。私からの、指示を受けているのに、行わない人に、罰を与えろ3】

<1>。現在の世界では、無駄に、無意味に、苦しんでいる人が、多くいる。苦しむ必要がないのに、苦しんでいる人たちである。その全ての原因は、『5人組や、5人組の仲間達』である。

<2>。現在の世界の、人の、苦しみや、悩みなどの、全ての原因は、『5人組や、5人組の仲間達』である。

<3>。本来の、人の、苦しみや、悩みなどは、無駄ではない、意味がある。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』により、正しい状態が、邪魔されている、現状の世界では、人は、生きる意味を、持てない。苦しみや、生きることは、ただの徒労に終わる。

<5>。人の苦しみを、理解せず、救おうとせず、自分には関係ないことで、放っておいても大丈夫、だと思えるのは、罪人である。

<6>。苦しんでいる人がいるのなら、救おうとする、努力をしなくてはならない。(救うのは善人に限る)

<7>。善人を、救うための行動が、私からの指示である。

<8>。以上のことから、<私からの、指示を受けているのに、行わない人には、罰を与える>ことが、必要である。




【★5。私ではない、別人(偽者)の、指示には従わないで欲しい】

<1>。私の指示は、悪人の指示とは違い、意味のあるもので、意味のある結果となるものである。

<2>。なぜ、その指示を行うことが、必要なのか、分からなければ、私に「行う意味」を、質問すれば良い。

<3>。私は、なぜ、それを行って欲しいのか、答える。

<4>。別人(偽者)は、無意味な指示を出し、行うための、有用な意味も答えられない場合が多い。

<5>。別人(偽者)は、行う意味がよく分からない、指示を出すことが多い。

<6>。私は、深い意味のある指示を出すことがある。

 ※1。その場合、意味の説明が長いので、説明を拒否することがある。

 ※2。その場合、『5人組や、5人組の仲間達』への、対策で、意味の説明を拒否することがある。

 ※3。私は、深い意味のある指示は、深い意味を察することが、出来そうな人に出す。

    出来そうな人の基準は、社会的な地位のある人(知能の高いという理由で、スポーツ選手などの有名人ではない)や、付き合いが長いなどで、私がよく理解している人、本物のアレク、などである。


 ※4。私は、深い意味のある指示は、あまり出さない。別人(偽者)が、意味のない指示を出そうとして、騙そうとしている可能性が高い。

 ※5。私のように見える者が、指示を行う意味を、答えられないなら、拒否して良い。

<7>他の人に、私から指示を受けると、相談してもよい。

 ※1。その場合、『5人組や、5人組の仲間達』が、近付いてきて、妨害する可能性があるから、注意。相談者の選択と、相談できる範囲は、よく考えて欲しい。







★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』の、行いを信じない。 (記事No.64)

【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』の、行いを信じない。

 『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人では、行わないことを、行います。

 それに対して、『5人組や、5人組の仲間達』の、特性を知らずに、判断し、行動すると、『5人組や、5人組の仲間達』の、思う壺で、『5人組や、5人組の仲間達』の、たくらんだ通りの、結果となります。

 

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、行動】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分達は、強いと表現してくる。(表現したがる)
<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、強さが無くても、自分達を強いと表現してくる。
<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、強さが無くても、自分達を、強いと妄想して、行動する。

<>。自分達を強いと、思ってもらえていると、妄想して、行動する。快楽を感じる。(カッコをつける、など)

<>。実際には、強さが無くても、その、演技により、<「自分達は強い」という妄想が、現実に存在している>という、妄想を持っている。
 ※1。妄想を、現実に存在していると、認識している。
 ※2。演技であるが、演技(嘘)である、自覚は、ほとんど持っていない。本当に強いと妄想している。
 ※3。何段階も、妄想の、連続性がある。何段階も、理論の、成り立たない状態の、連続性がある。
 ※4。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想を、現実世界で、演技することで、妄想の、体感としての、快感があるので、行っている。
<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、強さが無くても、<「自分達は強い」という妄想が、現実に存在している>という、妄想が、現実世界に、通用すると、妄想して、行動する。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際の強さが有っても、無くても、自分達を強いと(妄想)して、表現してくる。
<>。表現してくる強さは、実際には無く、妄想である可能性が高い。

【★『5人組や、5人組の仲間達』の、思わせたいもの】
・『5人組や、5人組の仲間達』は、とても強く、賢く、尊敬されるべき存在である。
・『5人組や、5人組の仲間達』は、自分達こそが、正義で、褒められるべき存在である。
・『5人組や、5人組の仲間達』は、とても強い、権力を持っている。
 ※権力を持っていると思ってもらいたいのは、悪人の特徴として多いが、『5人組や、5人組の仲間達』の特質としては、以下の※に書いた。
※自分達が罪人であり、世界中の人の攻撃対象であると、暴かれないために、思われないために、権力を持っていると思わせたい。
※自分達が罪人であり、権力を持っていないと、暴かれると、総攻撃されるので、権力を持っていると思わせたい。
※自分達が、悪事を続けていくために、権力を持っていると思わせたい。権力を持っていると思われると、悪事をしても攻撃されないから。悪事の快楽を味わい続けたいと考えている。
※過去に、権力を持っていると、思わせたことで、数々の悪事を成功してきた。
※実際の権力者は、私である。

【★主張】

・★1と、★2により、だから、『5人組や、5人組の仲間達』の、命令、指示をきけ。

【★4。★1~★3までの、<例えば1>】

 刑務所に、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間達が、捕まっている場合、『5人組や、5人組の仲間達』が、刑務所に勝手に入り込んで、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間達を、刑務所から、出せと、刑務所にいる人に、指示をしてくる、ことがある。

 これは、

・普通の人なら、行わないことを、行っている状態なので、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分達をカッコイイと妄想し、快楽を得ている状態。

・普通の人なら、行わないことを、行っている状態なので、<『5人組や、5人組の仲間達』は、権力を持っている>と、見ている人に、思ってもらえると、妄想している状態。

 実際に、過去に、さほど抵抗もなく、刑務所から、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間を出したことがある。

 つまり、刑務所にいる人に、『5人組や、5人組の仲間達』は、その行いを可能にする、権力を持っていると、信じさせた(思わせた)結果である。

【★どうやって、<例えば1>のその行いを可能にする、権力を持っていると、信じさせた(思わせた)のか】
・普通の、まともな人なら、絶対に行わない行為をすることで、「何か、その行為を許可された人」であると、普通の、まともな人は判断するから。
・過去に、『5人組や、5人組の仲間達』が、「普通の、まともな人なら、絶対に行わない行為」を、行っているところを見た事があるので、今、、『5人組や、5人組の仲間達』が、「普通の、まともな人なら、絶対に行わない行為」を、行っていることに対して、、「何か、その行為を許可された人」なのだろうと、判断したから。
※過去に、「何か、その行為を許可された人」なのかは、確認していない。
・入り口の、数人が、<『5人組や、5人組の仲間達』は、権力を持っている>と判断して、行動していると、それを見た、同じ水準にいる人が、同じ行動をとってしまうから。
※権力を持っているのかは、未確認の状態でも、入り口の数人の行動を模範にする。



【★実際に権力を持っていた可能性】
・実際の持っている権力は、入口の数人であった可能性がある。
・実際の持っている権力は、電話先の1人だけであった可能性がある。
・実際の持っている権力は、電話先の1人のモノマネ、
・電話の回線の勝手な使用。
※過去に、『5人組や、5人組の仲間達』による、電話回線を、使った騙す行為がいくつもあった。
・過去の映像は、『5人組や、5人組の仲間達』の、普通の刑務所からの、出所日だっただけ。
・『5人組や、5人組の仲間達』の、TVの撮影などの、許可をとっていた。
・刑務所にいた人が『5人組や、5人組の仲間達』であった。



【★】
同じ事で、過去の事から、勝手に発生した妄想によって、彼らは権力を得る。何度も続いた結果、実際に権力を得た

【★現実的に見て】
・現実の状態を、まともな人から見ると、こんな馬鹿に、こんな権力を持たせている状態は、危ない。
・状態が不愉快。
・行おうとして、失敗した場合も、罪に問われるべきである。(実際の罰の執行)
・今後も、被害は、拡大していくだろう。



【★取るべき処置】
<>『5人組や、5人組の仲間達』の、障害物となること。
10人が陥落しても、2人が残れば、2人の障害物となる。
障害物が多ければ、多いほど、新たな障害物を生み、『5人組や、5人組の仲間達』の活動が阻害される。


・突破されているのは、どこまでだろうか。確認。

【★個々の行動で求められるのは】
・つまり、個々の行動で求められるのは
・実績を1つでも創ると、パチンコ的なもので、再犯する。
・成功確率を下げる

 ※ちなみに、私の書いた、この文章から、『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に行ってみた(快楽悪人の俺強いんだぜ)が、防いだことがある。
 実際に行ってみた理由は、
 ・俺強いんだぜのヤンキーの集まりの思想。悪乗り。
 ・今度悪事を働くための、確認であった。
・それで権力を得られるなら、映像として、実績として、作って置こうと思った。その後、罰を受けたとしても、罰を受けている部分の映像は見せなければ、バレないという思想。






★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】近くに住む人、知り合い、世界中の人など、との連携 (記事No.63)

 【近くに住む人、知り合い、世界中の人など、との連携を、とる】

 いざ、事件が起きた時に、すぐに行動できるように、準備をしておくこと。



 過去に、『5人組や、5人組の仲間達』に、勝手に自宅に侵入される人が多くいた。

 住民が居ても(在住中でも)、鍵がかかっていても、勝手に開けられ、勝手に侵入される。



 『5人組や、5人組の仲間達』の、特性として、「人が嫌がること」や、「普通の人が、普通は、行わないだろう、と思っていること」を、自分たちは、出来ると、表現することで、快楽を得ようする。と、いうのがある。



 つまり、

 【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「人の嫌がること」を、行う】

 【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、「普通の人が、普通は、行わないだろう、と思っていること」を、行う】

 その行いによって、自分が強いと思えたり、相手の反応が楽しかったり、するから。



 そこで、必要になる処置が、助け合いです。


【★3。【やる事】近くに住む人、(遠くと、近く)の知り合い、世界中の人、などとの連携】 

 「近所に住む人が、嫌いだから助け合いたくない」、とかではなく、人類全体の敵である、『5人組や、5人組の仲間達』の、活動の阻害を、優先してください。

 嫌いな人と、普段は、仲良くしなくても良いですが、『5人組や、5人組の仲間達』が、関わる時は、緊急事態なので、助け合って下さい。

 『5人組や、5人組の仲間達』の、悪の行為が発生したら、すぐに、音を出す。声を出す。助けを求めに行く。などで、助けを呼んでください。

 「『5人組や、5人組の仲間達』がいる」と言ったり、表現したりして下さい。叫べるときは叫んで下さい。

 また、助けを欲しがっている人に気付いたら、助けてあげてください。

 人数が多くまとまることで、『5人組や、5人組の仲間達』の、悪の行為を防ぐ、一層の効果が出ます。

 まとまって、行動して下さい。

 警察に連絡も必要ですが、過去に、警察が機能しなかったことがあります。

 『5人組や、5人組の仲間達』を、倒すべきだと、知識や、判断が、出来ている人の割合は、その時代によって違います。

 また、『5人組や、5人組の仲間達』である、敵に、助けを求めている場合も、考えられます。

 1人、2人、100人に、断られたからといって、諦めず、仲間を探して下さい。

 場合によっては、『5人組や、5人組の仲間達』を、殺す事も必要です。状況の判断をして、行って下さい。




【★4。知らせる情報】

<1>。発生した場所。

<2>。どんなことが発生したのか。何を行われたのか。

<3>。誰が行ったのか。犯人は誰か。犯人の特徴は何か。

<4>。発生した時間。(これは、可能であればでよい。時計を見ているのに気付かれると、犯人に怒られるから)



【★情報は、すぐに、世界中の人に、知らせて下さい】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、活動が、始まったということが、分かるから。

<2>。活動の規模が、分かるから。

<3>。生き残った人が、『5人組や、5人組の仲間達』を、倒します。

 ★3と、★4と、★5は、これは、いつ、いかなる場合でも、行ってください。



※(注意)訓練したい場合は、訓練すると、先に知らせてから、行ってください。

 突然、勝手に、訓練を始めると、オオカミ少年のように、信じてもらえなくなり、いざという時に、機能しなくなる可能性がありますので。









★収入と支出

収入と支出 (記事No.62)

 このブログで、収入と支出を書くことによって、私の資金の不透明が無くなり『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を、いくらか防げると考える。

 このブログで、書かれていない場合は、悪事が行われている可能性がある。

 <1>。過去に『5人組や、5人組の仲間達』に、私のお金を、勝手に使われることがあった。

 <2>。私のお金の大部分は「正当で正しい世界」を作りたい人の、協力として集まっている。

 <3>。私のお金は「正当で正しい世界」を作る為のものである。つまり、神様の金である。

 <4>。私のお金が『5人組や、5人組の仲間達』の、資金源とならないように。

 <5>。私の、自分の記憶の為の、日記的な役割もある。





★悪人とは

【悪人の特徴】悪人は、なぜ悪いことをするのか(悪人の快楽2) (記事No.61)

 『5人組や、5人組の仲間達』を、よく知るためにも、<【悪人の特徴】悪人は、なぜ悪いことをするのか(悪人の快楽2)>について書いておく。



 ・悪人は、なぜ、悪の行動をとるのか。

 ・悪人の、悪の行動は、何を目的としているのか。

 ・悪人は、悪の行動で、何が欲しいのか。

 ・悪人の、悪の行動の理由。

【★悪の行動の理由】
・悪人は、快楽が欲しい。

【★どんな快楽が欲しいのか】
・笑い(楽しい)の快楽。
・人より自分が上であるという思い。
人を下にさげる。
・人を自由に動かす。
・人の持っているものをもつ。
・楽がしたい。
・権力
・尊敬されたい。褒められたい。
・目立ちたい。(自分を見て欲しい)
・自分を上のものだと思って欲しい。強いと。
・支配したい。閉じ込めたい。
・自分がよいものと扱われたい
・人の幸せを奪いたい。自分の下にこさせたい。


【★悪人は、やってはいけないという判断する機能がない】
止めるための機能を持たいない


【★悪人は、上記★の、快楽が手に入る状態(状況)を作り出そうとする】

★悪人とは

【悪人の特徴】騙す行為(悪人の快楽1) (記事No.60)

【★1。】悪人は、騙すという行為が、楽しい(快楽)である。

<1>。悪人は、騙された人の、騙された時の、反応(リアクション)が、楽しい。

<2>。まともな人も、恐怖を感じたときに、恐怖の苦痛から逃げるために、「笑う」行動をとることがある。

 ※1。これは、笑いの種類の1つである。全ての笑いの意味が、恐怖から逃げるためではない。

<3>。赤ちゃんも、「いないいないばあ」で、恐怖(ビックリ)を感じ、恐怖の反応から、笑いに逃げているから、笑うのである。

 ※2。「いないいないばあ」とは、両手で顔を隠し、顔が隠れている状態から、瞬間的に、両手を顔から外し、顔を見せることである。

<4>。突然の刺激的なこと。ビックリするようなことで、笑いが発生する。

<5>。恐怖を感じると、恐怖から逃げるために、笑いが発生する。

<6>。恐怖の認識を、やわらげるために、笑うのある。

<7>。<2>は、まともな人も持つ、反応であるが、悪人は、この反応の、欠陥を持っている場合がある。

<8>。悪人は、騙された人の、反応に対して、悲しみや、恐怖、驚きなど、を感じると、やわらげるために、笑うのである。

<9>。悪人は、「悲しみや、恐怖、驚きなど、を感じた」という、自覚が無い者が多い。笑いという反応だけの認識を持っていることが多い。

<10>。悪人は、「悲しみや、恐怖、驚きなど、を感じた」という、感覚もなく、瞬時に、笑いの感覚に移動しているのである。

<11>。つまり、悪人は、騙された人の反応から、笑いだけを感じて、認識しているのである。




【★2。悪人は、騙された人を、馬鹿だと、考える】

<1>。悪人は、騙された人が、なぜ、騙されたのか、理解しない。

<2>。善人は、優しさや、理論や、不要な機能がない、などの、まともな人の機能(特徴)を持つので、騙されるという結果になっている。

<3>。悪人と、善人は、機能に違いがあり、善人の反応は、悪人の持たない機能によるので、機能がない悪人は、善人の反応を、理解(認識)できない。

 それは、目の見えない人が、目の見えることを理解(認識)しない、ことと同じで、悪人は、目の機能がない、ようなもの。

<4>。まともな人(善人)の、当たり前の反応(機能)を、持っていないので、認識できない。機能を感じられない。機能の存在を知ることができない。

<5>。悪人は、善人が、騙されるという反応を、馬鹿だと考える。まともな人が、なぜ、騙されたのか、理解できない。

<6>。悪人は、騙された人に対して、

 ①よく考えれば、分かるのに、騙されている。

 ②なぜ、こんなに簡単に、騙されるのか。

 ③そんなわけ無いだろう。なのに、騙されている。

 と、考える。

<7>。悪人は、騙される者は、頭が悪く、弱い存在であると考える。




【★3。悪人は、人を騙すことに、成功した自分を、賢くて、人より優れていると考える】

<1>。悪人は、人を騙すことで、自分を有能だと考える。

<2>。悪人は、人を騙す事で、自分を強者であると考える。

<3>。自分の方が、人よりも、優れている、上に位置する存在である、と、考えることは、楽しい(快楽)。



【★4。騙されるものより、騙すものの方が、優秀だと考える、結果】

<1>。悪人は、騙される者に対し、導こうとする(悪人は欠陥品なので、導く先は、不完全なもの)。

<2>。悪人は、騙される者に対し、強要をする。

<3>。悪人は、騙される者に対し、主導権を握ろうとする。

<4>。悪人は、騙される者を、自由に(倫理観なく)、使おうとする。

<5>。悪人は、騙される者を、無価値として扱う。



【★5。騙す行為は、何度も行われる】

<1>。騙す行為は、一時的な快楽で、満足が続かないので、悪人は、騙す行為を、何度も求める。

<2>。騙す行為は、快楽(楽しい)であるから、悪人は、騙す行為を、何度も求める。

<3>。悪人は、記憶力が無いので、満足が続かないので、騙す行為を、何度も求める。

<4>。悪人は、満足しない(記憶力がない。欲深い(それ以上の量を求める、それ以上の水準を欲しがる)ので、騙す行為の、快楽を、何度も求める。

<5>。悪人は、快楽を求める機能が強いので、騙す行為を、何度も求める。

<6>。悪人は、暇を感じていることが多いので、暇つぶしとして、騙す行為を、何度も求める。






★悪人とは

【悪人の特徴】悪人とは (記事No.59)

 『5人組や、5人組の仲間達』を、よく知るためにも、<【悪人の特徴】の悪人とは>について書いておく。



 まともな人の、常識や、理論では、悪人の行動は、無意味で、非理論的で、得るものが無い、など不可解なものが多い。

 そこで、悪人の行動を、理解するためには、いくつかの「前提条件」が必要になる。

 悪人とは、の以下の説明に、いくつかの「前提条件」が含まれている。



【★1】 悪人とは、

<1>悪人と、善人は、違う生き物である。

<2>悪人とは、まともな人としての、機能を、持たない、人の欠陥品である。

<3>悪人は、善人の、持っている機能を、持っていない。

<4>悪人は、善人の、持っていない機能を、持っている。

<5>悪人と、善人は、状況に対する反応が、違う。

<6>悪人と、善人は、物事に対する反応が違う。

<7>悪人の作成には、2つの作成過程がある。

 ①人の自然な、進化の過程によって、作られた悪人。

  (1)絶えるべき進化をした人は、絶やす必要がある。

  (2)絶えるべき進化をした人とは、悪人として、存在している人。

  (3)ある状況に対する進化であっても、その状況に対して、他の進化の仕方をするべきだから。

  (4)その状況に対する変化は、1つとは、限らない。

  (5)いろいろな人が出来上がる法則がある、出来上がったものは選別され、神の意志に合わないものは、絶えるべきである。
 
 ※1。①の病気の人は、人の自然な進化の過程なので、「受け入れ」、世界の法則により、選別される。




 ②人の行動による、「悪い社会の作成」や、「悪い選択」によって、作られた悪人。

  (1)この1つの例として、環境汚染などがある。

  (2)環境汚染などは、本来の人の進化の、邪魔であり、害である。

  (3)環境汚染などで、人の物体が汚染され、まともな機能を、出来ない状態にある。(まともな機能の喪失など。病気の発現)

  (4)環境汚染などで、人の物体が汚染され、まともな機能を持たない人が、まともな機能を持たない人を、作成している。

   ・種が、まともな人を、作成できる機能を持っていない。

   ・妊娠の過程で、まともな人を、作成できる機能を持っていない。

   ・妊娠の過程で、まともな人を、作成するのに害になるものを、体に取り入れている。(食べ物、塗る、吸うなど)

  (5)結果として、まもとな人で無いもの(欠陥品)が、作成されている。

  (6)まともな人で無いものは、必ず悪人である。とは言えない。

  (7)まともな人で無いものの、中に、悪人は、含まれている。

 ※2。②の病気の人は、人の不自然な、間違った、良くない、悪の、行為の結果なので、「受け入れない」

    行為を改めると同時に、作成された人も、未来へは続けさせれない。

    ②の病人は、人の不自然な、間違った、良くない、悪の、行為の、被害者である。




<8>悪人とは、神の意志に、背くものである。

<9>悪人とは、神に必要だから存在しているこの世界(地球・宇宙)に、害があるものである。

<10>世界全体が、神の必要な状態になる(その為に宇宙は作られた)のを、邪魔しているのが、悪人である。

<11>悪人とは、絶やすべきものである。

<12>悪人とは、神の意志で、存在するものではない。

 ①悪人が出来上がったら、悪人だと判別し、絶やす処理が行われる、という、神の意志の、世界の法則がある。

 ②その世界の法則は、人の「心と考え」によって、発生する。

 ③神の意志は、「悪人は絶やされるもの」がある、世界である。







★アレク達と、私の兵へ

私が評価した本物のアレク・ヘパ・エペイロス王へ。指示。 (記事No.58)

 私が評価した本物のアレク・ヘパ・エペイロス王へ。指示。

 21世紀の今、存在しているか分からないが、一応書いておく。指示以外もある。
 これを書いている、私は、普通ぐらいの知能。

<>。私は、強要しない。
・本物の3人の知能が高いと判断したのは、私。私のみの価値観である。
・これを書いている、21世紀の今の私は、普通ぐらいの知能。
・私と出会ったときに、私が「表せ」など発言する場合がある。意味は「本物の自分であるか、私に表現してほしい」ということ。偽者(モノマネ者)は、本物のモノマネを言う。本物なら、その時の、本物の状態を発言で表してほしい。私は遅いので、しばらく会話の交流が必要な場合が多い。「育った歴史」、「持っている知識」、「現状報告」、「本物の知能」などが嬉しい。
・役に立たない本を、渡されることがある。
・偽の情報をもらうことがある。
・低能者を信じるな。悪は必ず低能者。知能が高いと感じる悪は、知能の高い善と比べると、考える筋道が違う。
・悪は騙してくる。
・自分達の状況は、毎回同じとは、限らない。
・仲間として、偽物が多く混じっている。
 前に生きていた自分と、偽者の利用方法が違うことが多い。
 前の自分の、真意を読み取るのが、困難なようだ。
 偽者の仲間は、邪魔となり、悪であることが多い。
 利用方法は、その都度の自分が、判断するべきである。
 使えない仲間は、フィリッポス王も、アレクも、エペイロス王も殺した。そもそも仲間にしない。存在するわけがない。
 私は偽者が嫌い。偽物は性質上、悪だから。まともな人は、偽物をして存在することを拒む。
・私はカチカチ、3人はユルユル柔らかい。
 例えば、通常の人が、50人の敵に、100人の仲間を用意する戦いの場合、
 本物の3人ならば、60人程度を用意する判断をする。
 私ならば、200人を用意する判断をする。
 本物の3人の、この判断が、失敗の原因としてよくある。
 3人が、私にとって危険がないと判断することで、私がよく危険な目にあっている。
 私は、カチカチが好きである。私は、痛いの嫌い。私は、死ぬの嫌。
・3人と、私には、子供はいない。子供は作らなくてよい。作った子供は奪われた、『5人組や、5人組の仲間達』に。
・体の中に、別人(偽者)がいることがある。突然、変わることがある。最低でも毎日中身を確認しろ。
・兵の中に、別人(偽者)、女、が混ざることがある。カッコイイことだと考え、勝手に強引に参加したがる。やり方が悪質でもある。低能者は、現状認識と、未来予測を持たない。『5人組や、5人組の仲間達』である。彼らがいると機能できない。私は、彼らに気付くと殺す。1万人以上いると考えて欲しい。悪というのは、同じ考え方をしない。
・『5人組や、5人組の仲間達』を倒したいと言うなら、世界中に仲間がいる、敵に言うな。
・別人(偽者)が、体の中から出て、本物が戻ってくることがある。縛れ。戻って来ないことが多い。
・私と、本物の3人は、知能が高いので、本物が分かる。
 本物でも、知能が低いことがある。
・私の「意識と記憶」は、操作を受けて、判断と、行動を強要されることがある。
 記憶が消されることもある。
・『5人組や、5人組の仲間達』は、善を悪に染めようとする。
 同じ状態に、引きずり下ろそうとする。
・『5人組や、5人組の仲間達』の行いは、善の「心と考え」で判断すると、するべきではない。
・本物の私は、知能が一番高い時(マックス(MAX)時)、女にしては少し戦える。範囲を持っていることもある。
 普通の状態の知能では、戦うのが、かなり困難。範囲があったり、なかったり。
 頭の悪い私には、戦うことは、かなり不可能。
 戦っている私は怖いらしい。弓と刀。馬からよく降りる。槍は凄く苦手で無理。私は、ずっと昔の、姫と王の種かも、だから怖いのはしかたない。
・本物のアレクは、我々の中で、一番知能が高い。察する。
 王様なのは、本物の仲間に、愛される可愛い心の部分を持っているから。
 王様なのは、他の将軍が逃げることを選択する状況の戦いでも、勝てると考えて戦うから(カローデン、発想力、勇気)
 アレクの本物の仲間は、父親も、その父親も、ずっとアレクの先祖の家来。
 アレクの本物の仲間は、偽者よりも、知能が高い。
・私が選んだ、私の兵を、私は殺さない。
・アレクは、子供の頃、一番女の子に見える。先祖代々の、姫の種が入っているから。
 アレクは、10代に、すごく男になり、別人のような外見に変わる。先祖代々の、王の種が入ってるから。しばらく会わないと分からなくなる。
 馬で戻ってくるアレクを、アレクだと分からない私に、細くて弱そうなマケドニア兵を、アレクだと、いたずらで見せてきた。そのアレクのいたずらに、怒ったフィリッポス王に、アレクが殺されたことがある。「普通に戻って来い」って怒られていたよ。私も絶対そう思う、辞めた方がいい。ヘパが本物のアレクを教えてくれる。
 このいたずらは、アレクじゃなく、悪人によって行われることもある。


・1万年で一番賢い
・アレクはよく、私に、失うことのない「意識と記憶」をくれるために頑張っている。眠らされているなら、死んでるようなもの、アレクは私に、生きている命と、時間と、可能性をくれようとする。成功すれば、結果的に世界の為にもなる。アレクたちの為にもなる。アレクがやらない場合は、正しい知識を持ってないから。

・アレクの5歳ぐらいの頃は、ずっと自分を見つめていて欲しがる。自分から目を離さないで欲しがる。赤ちゃんの全員が持っている特徴だけど、アレクは5歳ぐらいでも持っている。アレクは王様で我がままだからかもしれない。
・アレクの5歳ぐらいの頃は、私がいないと、「彼女」と、私を泣きながら呼び続けることがある。私は年下だから、他の部屋で寝ていることがある。子供の頃はみんなそうだが、大人よりも少し多く眠る。
・私と、アレクの5歳ぐらいの頃は、偽者の仲間が子供として、混ざっていることがあるので、アレクと、私と、ヘパと、エペイロス王の安全に注意して欲しい。
・私と、アレクの5歳ぐらいの頃は、お皿に食べ物が無ければ、無理して食べない。ヘパはよく食べる。ヘパによく食べ物を取られるが、まだみんな幼いので、状況がよく分かっていない。私と、アレクの皿に食べ物を追加するとよい。私もアレクも、あんまり食べないけど。私もアレクも、特に気にしない。
・アレクの5歳ぐらいの頃は、私は「アレク」と言い、アレクは「彼女」と言う。言い合っている。子供なので、それが楽しい。まだみんな幼いので、状況がよく分かっていない。
・アレクの5歳ぐらいの頃は、フィリッポス王に「アレク分からん」って、言われていた。
・本物のフィリッポス王は、アレクを的確に導く。察する親子。
・私は人質の状態が嫌い。一応、守るために人質らしいんだけど、私はそれを知らないから。
 重たいお金を持っていくことがある。
 近くに置いておけば安全だろうと、遠征にいるが、私を邪魔だと思う仲間に、私が暗殺されそうになる。
 私の体に少しでも傷がつくのを、アレクは、考えられないほど、嫌がる。王の嫁に傷とは、守れない自分が嫌、抱くと悲しいとなる。私は自分の傷を気にしない。
 暗殺については、「仲間が俺の言うこと(守れ)を聞かないことが問題なんだ」と言う。仲間はよく分ってくれない。私は真意を理解した。
 私が血が出て死にそうな場合、気絶しただけのことがある。早く治療しろ、死んでない。
 遠征以外の戦場では、私は怖がっている。アレクのユルユルで、たまに死ぬ。
 
・偽者が入ることで、死ぬ者が多過ぎる。死に過ぎる。機能しない。
・悪人の私への強要があると、結果として、死なないはずの者が、死ぬ結果となる。

・本物のヘパは、まぁまぁ知能が高い。察する。
 アレク大好き。天然
・本物のエペイロス王は、知能が高い。察する。
 アレクを知能が高いと思っている。アレクと仲良し。
 エペイロス王の、本物の仲間(家来)は、偽者よりも、ほんの少し、知能が高い。

・動物の皮

・王によって、選ぶ家来が違う。
 王によって、王の意志で、選ばれた家来だから、有能となる。
 選ばれない、勝手に潜入する(成り代わる)偽者の家来に、有能は発生しない。
 他の王の家来として、有能であっても、王が変わると有能が発生しない。
 家来に愛される王だから、家来の有能が発生する。
 選ばれない、勝手に潜入する(成り代わる)偽者の家来に、王を選ぶ権利は発生しない。
 
 『5人組や、5人組の仲間達』の下では、家来は有能になれない。
・マケドニアの時代と、21世紀の時代、両方の状態で用意しろ。
・墓、本物
強い。『5人組や、5人組の仲間達』など悪人は、後ろから攻撃してくる。
・奴隷商人に売られ
 ・私は『5人組や、5人組の仲間達』の記憶がない場合、未来に絶望すると、自殺したり、自暴自棄になり、セレウコスのところに奴隷として存在したりする。
 <絶望する原因は>
 ・私の国に『5人組や、5人組の仲間達』が、選ばれることなく、住民や、家来として、勝手に潜入し(偽者)、モノマネなどによる、デタラメな国の処置が行われ、本来存在するはずの住民が殺され、【守るべきものが無い】こと。
 ・子供の作られ方を知った時に、たまに。
 ・女の未来に期待がないと感じた時。
 ※セレウコスの国が狭くなったのは、私を奴隷として使ったことにアレクが怒ったから。
 アレクも私に気付いたが、私がヒドイ状態だったので、私に気付かない演技をした。
 セレウコスは、アレクに気付かれていることで、圧迫感が少しあったようだ。
 セレウコスは、いまいちな能力なので、アレクは、そのままにしている。
 ※本来の私は、普通の女の10倍ぐらい、たくましい「心と考え」と、行動力を持つが、不思議と、絶望の状態になることがある。
・私は、病気を持っている場合があり、足が悪い歩き方。21世紀の今は、病気を持っている。
 マケドニア時代の私は、病気がない状態のことが多い。病気があると、体が弱い。治らない。

★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】やる事は、休みながら、行ってほしい (記事No.57)

 いくつか、やる事を提示しているが、行えない、行いたくない、など理由があるなら、行わなくても良い。

 強制されて、行うことでは、ない。

 各自の「心と考え」による湧き起こりや、行いたい理由などにより、自発的に行われるべきものである。


 
 行えるときに、無理のない範囲で、行ってほしい。

 なぜなら、心に負担がかかる作業が多く、疲れるし、体の健康にもよくないから。

 行う場合は、ゆっくり、マイペースに、休みを多めにとって、作業してほしい。



<1>。心と、体の健康に気をつけて、活動可能な力を高めること。

<2>。心と、体の回復法を学び、最大の回復力で回復すること。(これのコツは回復時間を、急がないこと)

 この2点は、年を取るごとに必要性が増してくる。少しずつでも学びながら生きると、生活が少し楽になる。







★やる事の提示・「行うこと」

【善人と、悪人の、「心と考え」と、行いの差の考察】を作成 (記事No.56)

【善人と、悪人の、「心と考え」と、行いの差の考察】を作成。

 これは、『5人組や、5人組の仲間達』と、善人の、「心と考え」と、行いの違いに対して、考察して、作成するもの。

 完成したものは、「『5人組や、5人組の仲間達』と、善人の違い」となる。




 ※このブログの、ここの1つの記事だけとして、『5人組や、5人組の仲間達』以外の人を、全員、善人として説明する。

 ※心理は推察になることが多いと思うが、推察から立証が行われることもある。




 私の「悪人を分析したもの」が、心に刺さるという人がいる。

 私の、悪人の分析として、発表したものが、自分のことでは無いかと考える人がいる。

 これを見ている人は、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)や、善人もいるので、その場合もあるし、そうじゃない場合も存在する。



 【善人と、悪人の、行いの差の分析】は、そうじゃない場合の、善人に作成して欲しい。

 私は、『5人組や、5人組の仲間達』と、善人には、違いがあると思う。

 だが、私が教えるのは、めんどくさいので、各自、同じじゃないかな?っと、感じた善人の人が自作するとよいと思う。

 他の人が教えてあげてもよい。
 




【★1。自分の思ったこと(善人)】

<1>自分の思ったことを、理論の順序で書いていく。

【★2。『5人組や、5人組の仲間達』の、思ったこと(悪人)】

<1>『5人組や、5人組の仲間達』の思ったことを、理論の順序で書いていく。

【★3。その場合の、自分の行動としての表現(自分だったら、こうする)】

<1>自分だったら、実際には、現実には、どんな行動を行うと、思っているのか。または、どんな行動を行ったのか。

【★4。その場合の、『5人組や、5人組の仲間達』としての、行動として行われたこと】

<1>『5人組や、5人組の仲間達』は、どんな行動を行ったか。

【★5。上記の、どこが同じだと思うのか】

【★6。上記の、どこが違うと思うのか】

【★7。世界で、情報を共有し、発展させ、各自が記録を保存し、未来へ残す】



※1。★3と、★4は、同じでもよい。★1と、★2に違いが出るはず。

※2。善人と、悪人では、★3と、★4が、同じであっても、出てくる「結果」に、違いが出てくることが、かなり多い。





★やる事の提示・「行うこと」

【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成2 (記事No.55)

<【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成1>を元に、いくつかの例を書く。


<例えば1>

【★1。行われたこと(出来事)は、どんなものなのか。ここで作成するのは、「どんな出来事」に対する考察か】

【★2。★主張★『5人組や、5人組の仲間達』の、主張】

<>何を見せたいのか。

【★3。★妄想★『5人組や、5人組の仲間達』の、妄想を、主観的に見た認識】

<>何と思われたいのか。

【★4。★真実★出来事の、状態の、真実の姿。本当のこと】

<>真実とは。真実の状態。

【★5。★答え★映像から認識する本当の答え。妄想の、現実世界での、存在状態】

<>

【★6。強要(操作)されている、状態】

<>





<例えば2>

【★1。行われたこと(出来事)は、どんなものなのか。ここで作成するのは、「どんな出来事」に対する考察か】

【★2。★主張★『5人組や、5人組の仲間達』の、主張】

<>何を見せたいのか。

【★3。★妄想★『5人組や、5人組の仲間達』の、妄想を、主観的に見た認識】

<>何と思われたいのか。

【★4。★真実★出来事の、状態の、真実の姿。本当のこと】

<>真実とは。真実の状態。

【★5。★答え★映像から認識する本当の答え。妄想の、現実世界での、存在状態】

<>

【★6。強要(操作)されている、状態】

<>




カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ