<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★実在する天国について

実在の天国の情報は知る必要が無い(記事No.205)

 実在の天国の情報は知る必要が無い。

 実在の天国に行く為の情報は、地球にある。

 地球でまともに暮らせば、結果として、天国に行かれる。





 

★真実を認識する為の知識1

私は点を言っている。正しく繋げて線にすること(記事No.204)

【★1。当然のことは、言われない、書かれない】

<1>。当然のこととは、<現状の、まともな人>が生まれ付き持っている「心と考え」や、感覚的なものなどのこと。

<2>。歴史書や教科書にも書かれない。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造】

<1>。聖書や経典は、1文字違うだけで、真実(真理)が伝わらない。



【★3。私の情報は、「点の状態の情報」である】

<1>。私は、全てを説明する時間と能力(体力など)を持たない。

<2>。私は「点の状態の情報」を提示するので、<現状の、まともな人>が生まれ付き持っている「心と考え」で、抜けている情報を補填してほしい。補填するしか方法は無い。

<3>。私の「点の状態の情報」は、「途中式」や「答え(結論)」が無い状態である。

<4>。無いものは、<現状の、まともな人>が生まれ付き持っている「心と考え」で、補填するしかないが、かなり多くの人が間違えて捉えているものが多い。

<5>。奔放な被害妄想などの妄想により、補填され、間違った解釈をしている人が多い。

<6>。私は、少しでも多くの情報を与えたい。

 だが、過去の私も、今の私も、『5人組や、5人組の仲間達』の妨害により、必要な情報を伝えられない状態である。

 長い年月『5人組や、5人組の仲間達』の妨害が続いている。

 『5人組や、5人組の仲間達』の妨害が無ければ、既に必要な情報を得ているはずだった。

 必要な情報を得ることで、「正当で正しい世界」は形成され、世界中の人が幸せに暮らす世界が作られているはずだった。
 




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸な状況を楽しむ機能を持つ(記事No.203)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸な状況を楽しむ機能を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を「悲劇のヒロイン(カッコイイの対象)」だと考え、「不幸な状況の『自分』」を、他人事のように演じる(体感する)ことで快楽を得る。

<2>。現実の世界で自分が行動しているとは考えず、不幸な状況の設定に対して、自分ではない人を、自分が演じている状態だと認識する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「不幸な状況の設定に対して、自分ではない人を、自分が演じている状態」から、快楽物質を分泌する。

※補足1。<現状の、まともな人>が、困難な状況に対して、使ってもよい機能である。だが、多用は「心と考え」に悪影響である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この機能から快楽を得る為に、故意に、自分を不幸だと考える機能が備わっている。(被害妄想、逆恨みなど)





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を行わせ、観察する(記事No.202)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、他人に悪事を行わせ、「観察する」】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、他人に悪事を行わせ、観察することで「知る」ことが快楽だから。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、他人に悪事を行わせ、他人の悪事を、多くの人に「見せる(知らせる、教える)」ことが快楽だから。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人(多くの人)が、不快になるものを「見せる(知らせる、教える)」ことにより、他人(多くの人)に不快感を与えることで、快楽を得る。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った解釈になる情報を「見せる(知らせる、教える)」ことにより、他人(多くの人)を誘導する(騙す)ことで、快楽を得る。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、他人に悪事を行わせ、他人の悪事を、多くの人に観察させることで、多くの人を騙して、快楽を得る。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、他人に悪事を行わせ、他人の悪事を、多くの人に「見せる」ことで、自分たちは正義であり、他人はこんなに悪いことをしていると、表現する(妄想の体感をする)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に「見せる」ことで、発生する相手の反応を楽しむ。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に「見せる」ことにより、相手から、「自分に興味を持ってもらうこと」、「自分を価値ある者として扱ってもらうこと」、「自分と交流をしてもらうこと」などで快楽を得る。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に「見せる」ことで、「教えてあげる」と、いう自分が有能である状態の妄想を楽しむ。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事ではないことを、悪事であるとする、告げ口の快楽である。(悪事の内容は些細であるが、些細な悪事を罰の判断者に報告し、悪事を行っている相手が怒られることを喜ぶ状態)

※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』が見せる情報は、捏造のものである。

<3>。悪事は、次々と発生して行われる。

 ①。「悪事の発生する状況(場面、条件)」は、常に、無限に近い数(種類)があり、「悪事の発生する状況(場面、条件)」から発生する「悪事の選択肢(閃き、案)」は無限に近い数(種類)がある。

 ②。つまり、悪事は、無限に近い数が、次々と発生する。

<4>。無限に近い数が発生する悪事は、全てを知る(見る、観察する)ことは出来ないので、全てを知る(見る、観察する)必要は無い。

 ①。悪事を知ることの目的(理由)は、悪事を無くす為(行動)に使う情報を仕入れることであり、「知る」ことが最終的な目的(理由)では無い。

   悪事を観察することの、最終的な目的は、悪事を無くすことであり、悪事を無くした結果、「正当で正しい世界」を形成することである。

 ②。無限に近い数が発生する悪事を、知ることは終わらない。

   無限に近い数なので、知ることを終わらせることは不可能なので、知り続けて、全てを知ろうとする必要は無い。

 ③。悪事を無くす為に、「必要な分だけ」を知るだけで充分である。

<5>。行動として、悪事を無くすために動かないのならば、「知る」ということ自体が不要である。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「知る」ことを目的として行動する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、知ることが目的である考え、相手を騙して誘導して、「他人に悪事を故意に行わせ、観察する」ことに、相手を利用する。

  (1)。相手は『5人組や、5人組の仲間達』が「知る」ことを目的にしていると気付かない(分からない)。相手は、知ることは、良いことの「結果に繋がっているはず」だから、「知ることに意味があるはず」だから、協力しようと考える。これは「騙して」に含まれる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「知るだけで終わる(無意味)な状態」の世界観で、知ることに意味があると考えて、行動して生きている。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「知った情報を持っている」と、人に提示すると快楽を得る。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、真実の情報は見せない。(部分的な情報や、捏造された情報の提示である)

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人に悪事を故意に行わせ、観察する」ことに、相手を利用して、相手の命を無駄に使わせて、自分を倒そうとする善人の邪魔を行い、自分は幸せに暮らそうと妄想し、行動している。

  (1)。「知る」こと(無意味であり、知った後に続くもの(繋がり)が無い単品)に、相手を利用して、相手の命を無駄に使う。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行う(行った)が、罰は受けずに、幸せに暮らしたいと考える。

<7>。観察した情報を分析して、悪事を無くす為に使わない状態の、「観察のみでは無意味」である。

 ①。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、観察のみの状態に意味があると考え、「悪事を故意に行わせ、観察する(悪事)」を行い続けている。

 ②。ただ「見ているだけ」の状態である。

 ③。ただ「見たものから感想(批判、苦情など)を持つだけ」の状態である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪事を故意に行わせ、観察する(悪事)」ことから快楽を得ている。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の、「自分は判断者(有能者)である」、「観察すること(カッコイイことを行っている)に意味がある」、「自分は強要する権利がある(観察する為など)」、「良いことを行っている(自分たちは正義だ)」という妄想により、「悪事を故意に行わせ、観察する」が行われる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、低能者であり、観察を使用する能力を持たない。

  (1)。観察の結果(情報、分析)を、正しいもの(悪事を無くすこと)に使用する能力を持たない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』には、観察は、観察という、単体のものである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「観察を行うだけで終わる人」であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を、「観察を行うだけで終わる人」であると認識しない。

  (1)。「観察を行うだけで終わる人」は、無意味な存在であり、邪魔であり、悪人であり、妄想者であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、認識しない。

  (2)。「観察を行うだけで終わる人」が、観察をすることは、無意味であり、邪魔であり、悪事であり、権利を持たないが、『5人組や、5人組の仲間達』は、認識しない。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、観察に続くもの(繋がるもの)の存在を認識しない。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「<現状の、まともな人>は、観察は何の為に行っているのか」、「観察の必要、不要の判断」などを理解しない。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、「観察を行う人」と、いう「ごっご遊び」である。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は分かる(有能)が、相手は分からない(低能)と妄想する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に同情する(可哀想と思う)ことで、自分は有能であると妄想する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うときに、罪悪感を持たない。

   1。罪悪感が発生する機能が無い。

   2。罪悪感が発生しても、肉体への苦痛を回避する機能が有る。その1つが、相手が悪い(低能)と考えることである。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、同情の生体反応が機能している状態は、相手が悪い(低能)という認識と同じ効果がある。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、同情を、相手が悪い(低能)という認識を持つために使う。

  (4)。この場合、『5人組や、5人組の仲間達』は、とても悲しそうな顔をする場合があるが、同情により、相手が悪い(低能)と認識する為の、現実逃避の状態の顔である。(目が細い)

 ②。現実的には、真実の状態は、自分は分からない(低能)で、相手は分かる(有能、機能がある)状態である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が怒っているのは、「自分が悪いことを行っているから」ではなく、「自分は分かる(有能、知っている)が、相手は分からない(低能、知らない)」だからと考える。







★やる事の提示・「行うこと」

誰が、嘘の情報を与えているのかを知ること(記事No.201)

【★1。誰が、嘘の情報を与えているのかを知ること】

<1>。 「誰が」、「誰に」、「何を教えたのか」。

<2>。与えられた情報は「何」だったのか。

 ①。各自の行動の判断に使われた、情報は「何」だったのか。

 ②。どんな嘘の情報を与えられたのか。

<3>。「誰が」情報を与えたのか。

 ①。行動の判断となった情報は、誰から渡されたのか。

  (1)。誰に、何を言われたから、自分は、どのように判断し、どのように動いたのか、全て公表すること。

<4>。誰が「何を考え」、嘘の情報を与えたのか。

 ①。目的。

 ②。理由。

 ③。その情報を「何の為」に与えたのか。

 ④。質問は、理論で詰めていくこと。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、間違った情報を与え、相手が与えられた間違った情報により、判断を間違って行動をするように、誘導を行う。

 ①。与える情報を嘘のものにして、故意に、曲解させるようにすれば、<現状の、まともな人>でも、「心と考え」の機能していない人と同じく、狂った結論を出す。







★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想により「自分は出来る」と考え、行動して、現実には「自分には出来なかった」と、いう結果の状態になる(記事No.200)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想により「自分は出来る」と考え、行動して、現実には「自分には出来なかった」と、いう状態になる】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想により「自分は出来る」と考え、行動を行う。

 現実(本当)には、「自分には出来る為の能力が無い」ので、「出来ない」と、いう状態になる。

 「自分には出来る」という「妄想」の結果の未来予測から行動を行うが、行動を行う過程で、「現実」の結果の未来予測が発生する(現実への気付き)場合がある。

 ※補足1。現実の経過(結果の途中までの状態)が分かり、結果の未来予測が簡単な状態になり、現実の結果を少し分かる状態になった。

 ※補足2。妄想から時間が経ち、妄想から少し冷めた状態になり、現実を少し分かる状態になった。

 「自分には出来る」と「妄想」して行っていたが、行っている途中で、「自分には出来ない」と、真実(「現実」)に気付いた状態である。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の出来ない状態に気付くと、「自分には出来ない」と、いう現実を認めず、出来ないという現実を壊そうとする。

 ①。周囲の物や、人に攻撃を与える。

  ()。「自分には出来ない」と、いう現実を認識したから怒りが発生する。

  ()。「自分には出来ない」と、いう現実の状態の原因は、自分ではなく他にあると、いう現実逃避から、怒りが発生する。

  など。

 ②。出来ない自分は、低能ではなく、悪人(強い人)であると、いう表現を行う。

  ()。「自分には出来ない」と、いう現実の状態を、自分はその状態を元から知っていた、元からその状態を予定していたと、見せ掛ける為の行動である。

()。出来ない自分を、低能(弱い人)ではなく、強い人であると見せ掛ける為に、文句や批判が発生しないように、自分は怖い(危険な)人であると、表現する。

 ③。出来ない結果の、現実の状態を、さらに悪化させる行動を行う。

  ()。求めていたことが、手に入らなかったので、求めていない(必要ない)と表現を行う。(どうでもいい。など)

 ③。出来ている人に攻撃(邪魔)を行い、出来ない自分と同じ状態か、出来ない自分より下の状態にしようと行動する。

  ()。妬み。

  ()。この行動により、手に入るはずの物も、手に入らなくなるが、低能者は自分の不利益を理解しない。

  ()。『5人組や、5人組の仲間達』は、出来ない自分が悪いのではなく、出来ている他人が悪いと考える。

  ()。「★1」の場合の、「何故できないのか?」の疑問の答えは「自分が低能であるから」であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が低能であるという認識を持たないので、「何かおかしい」などの答えを持つ。「何か」が分からなく、「おかしい」とは自分以外の失敗の原因を探している状態である。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、出来ないことに気付き、行動を諦めるが、諦め方(辞め方)が間違って(狂って)いる。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、出来ない状態に気付くと、出来ないという現実を認めず、その場から逃げる。

 ①。出来ないのに行い、自分の判断や能力による行いにより、結果が悪い状態になると、悪い状態をそのままにして、その場から逃げる。

  ()。『5人組や、5人組の仲間達』は、責任というものを持たない。

  ()。悪い状態から発生する、自分に対する罰などから逃げる為の行動である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、やりたい放題に行い、壊された悪い状態が、現実の世界に残る。

  ()。<現状の、まともな人>が、壊された悪い状態を、直す。

   ※補足1。修復不可能な場合も多い。修復不可能な場合、修復できない状態の損失(マイナス)を抱えたまま、未来に進むことになる。

  ()。<現状の、まともな人>が直したら、また、『5人組や、5人組の仲間達』が、「自分には出来る」と考え、壊しに来る。

  ()。『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔は、延々に続く循環がある。

※補足1。能力の無い人が、出来ないのに行うと、必ず、悪い状態の結果になる。

※補足1。モノマネによる、「自分には出来る」も、同様である。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、妄想により「自分は出来る」と考え、行動して、現実には「自分には出来なかった」と、いう結果の状態になることへの対処法】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、「絶対に」行い(悪事)への罰を与えること。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、行い(状況)から逃げれば、自分に対する罰を解決できると考えるので、絶対に逃がさず、必ず罰を与えること。

  ()。自分には出来ないのに、出来ると考えて(妄想)行動を行ったことは罪である。

   1。出来ないのに、出来ると考えて行動を行う人には、出来る為の能力が無いことが確定する。

   2。出来るか、出来ないかの、判断する為の能力が無いことが確定する。

  ()。自分の行いから発生した、悪い状態に対する罰を与えること。

  ()。自分の行いから発生した、悪い状態を、悪化させようとしたことに、罰を与えること。

  ()。自分の行いから発生した、悪い状態から、逃げようとしたことに、罰を与えること。

   1。言い訳などの、罰から逃れる行為の、全てに対して罰が必要である。

  ()。自分の行いを、途中で辞めれば、罰が発生しないと考えるこことに、罰を与えること。

<>。罰を与えただけでは、悪人は反省(改善)しない、また、妄想により、「自分には出来る」と考え、行い、逃げるを繰り返す。

<>。【『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、駆除すること】。『5人組や、5人組の仲間達』が、2度と、「行う」ことが出来ない状態にすること。

 ①。「自分には出来る」と考えても、「行うことが出来ない状態」にすること。

 





★やる事の提示・「行うこと」

DNAは、潜伏先のトイレに出るだろうか?(記事No.199)

 DNAは、潜伏先のトイレに出るだろうか?




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の後、弱い自分を、自分(他者)が認識しないように、さらに悪事を重ね、自分は弱くないと、表現を続ける(記事No.198)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行った後、弱い(低能、負けている)自分を、自分(他人)が認識しないように、さらに悪事を重ね、自分は弱くない(低能ではない、負けていない)と、表現を続ける】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、行動した後(結果)の予測能力が無いので、悪事を簡単に行うが、悪事を行った後、「罪悪感」や、「悪事を行ったことは失敗だった(反省では無く、自分の間違い(失敗、低能)であるという気付き)」と、いう閃き(発想、思い付き)が発生することがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、行動前の、行動した後(結果)の「予測」は、自分に都合が良い妄想によるものであり、『5人組や、5人組の仲間達』は、的中しない予測により行動している。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を罪(悪いこと)だと認めることは、「自分の失敗(間違い、低能)を認めること」なので、自分の「自分は有能(強い状態)である」と、いう認識を保つ為にも、自分が間違ったことを(失敗)したと、認めない(苦痛からの現実逃避)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を罪(悪いこと)だと認めることは、「罰の発生を受入れること」なので、罰(苦痛)から逃げる為にも、自分が間違ったことを(失敗)したと、認めない(苦痛からの現実逃避)。

<4>。そして、罪に対する罰から逃れる為の、行動(悪事)が始まる。

 ①。発生した罪に対する、罰からは逃れられないので、罰が発生するまで、逃げ続けることになる。

 ②。逃げ続ける、時間が長ければ長いほど、罰の量が増える(罰から『逃げる』ことは、悪事であるので、逃げる時間が長いほど、「『逃げる』を行い続ける状態」であり、「悪事を行い続ける状態」であり、罰が増え続けている状態である)。

 ③。逃げる為に、さらに悪事を行うので、次々と悪事を行い、悪事を重ねていく。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が阻止されないならば、増長し、悪事の度合いを増していく。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事が阻止されないならば、阻止できない世界(人)は低能(馬鹿、弱い)であり、阻止されない自分は有能(賢い、強い)と考える。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、次々と悪事を行い、その悪事が阻止されないことで、自分は有能であると、いう考えを強めていく。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、次々と悪事を行い、その悪事が阻止されないことで、阻止できない世界(人)は低能(馬鹿、弱い)であると、いう考えを強めていく。

 ④。悪事に対する、罰の発生までの時間が長ければ長いほど、自分は強いという妄想は強まっていき、自分は強いという価値観により、現実世界で行動を行う。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が阻止されない場合、次々と悪事を重ねていき、悪事が増え、罰も増大していくが、悪事が阻止されるまで悪事を重ね続ける。

  (1)。悪事を辞める(止まる)ことで、自分の負け(低能、弱さ)を認めるのが怖いから。

   1。自分は、悪事を行ってはいけないと認識していたが、悪事を行ってもよいと考えた状態で、現実世界で行動していた(低能)状態だろうか?と、自分の有能さに疑問が生じるから。

  (2)。自分の悪事に対する罰の発生が怖いから。増えていく罪と罰を認識すると、ますます逃げようと考える。

  (3)。どこまで、自分の有能(強さ)を、世界(他人)の低能(弱さ)を、証明(悪人の自分の中での証明)可能なのか、確かめる為(妄想による快楽の発生)。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を阻止できない社会に対して、自分が「指揮をしてあげよう」、「世話を焼いてあげよう」と考える場合もある。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、完全に阻止されるまで、永遠と増大し、増長し、行われ続ける。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事から逃れるために、「本当には、自分が加害者であり悪事を行った」が、「相手が加害者であり、相手が悪事を行った」と、いう現実逃避の「妄想」を作り出す。

 ①。自分の「悪事に対する罰の発生から逃れる為」に妄想を作り出す(本能など、悪人に備わっている機能)。

 ②。自分の「悪事を行ったという認識から逃れる為」に妄想を作り出す。

  (1)。悪事を行ったという認識から、次々と発生する、色々な考えが、苦痛(怖い、面倒くさい)だから現実逃避の妄想を作り出す。

 ③。「自分が行った悪事は、相手が悪いから、行った(発生した悪事である)」という、妄想を作り出す。

 ④。本当には、現実には、相手が悪い状態ではないが、悪事を行った後、急遽(きゅうきょ)、「相手が悪いという状態(相手の否定など)」であると、いう現実逃避の妄想を作り出す。

  (1)。本当には、現実には、相手が悪い状態ではないが、悪事を行った後、急遽、発言や、行動で、「相手が悪いという状態(相手の否定など)」であると、いう表現を行う場合がある。

  (2)。急遽ではなく、前もって用意している場合もある。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事から逃れるために、「本当(実際、現実)には、自分が加害者であり悪事を行った」が、「相手が加害者であり悪事を行った」と、いう現実逃避の妄想を作り出し、作り出した妄想を現実だと思い込む能力が高い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「相手が悪いことをした」と、いう自分が作った妄想で、現実の世界で、行動することがある。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が、妄想で作り出したことを、現実として行動する」ことがある。

   1。「自分が、妄想で作り出したことを、現実として行動している」と、自覚できる深さの認識として持っている場合が多い。

 ⑥。この妄想は、妄想であると、本人が認識していない(表面の意識に上がっていない)場合もある。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、群れで悪事を行う場合が多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、個人で悪事を行う能力が無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に罪を被せて、自分は逃げる為に、個人で悪事を行いたくない。

  (1)。「自分は悪事の指示者であり、悪事の実行犯は、他人であり、悪いのは実行犯である」と、いう理論が、社会に受け入れられると考え、悪事を行う人。

   1。自分は指示をした『だけ』であり、悪事を「行った」わけではない、ので、悪いことはしていないと、いう理論である。

   2。他人が、悪事を行うように、悪事への誘導が発生する場合もある。(他人への悪事の指示だが、他人がそれを、指示だと分からないように、悪事に向かわせる)

   3。実行犯が罰を受けている間に、自分は逃げようとする考えである(悪人の本能的に備わっている機能)。

  (2)。「自分は指示されたことを行っている『だけ』であり、行っている自分は悪くない、悪事の支持者が悪い」と、いう理論が、社会に受け入れられると考え、悪事を行う人。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<7>の②の(1)と(2)」により、全員、「自分は悪いことを行っていない」と、いう逃避の認識の状態で、悪事を行っている。

   1。自分が悪事を行っている認識はあるが、言い訳として、「自分は悪事の指示者であり、悪事の実行犯は、他人であり、悪いのは実行犯である」や、「自分は指示されたことを行っている『だけ』であり、行っている自分は悪くない、悪事の支持者が悪い」と、いう理論が社会に受け入れられると考え、悪事を行う。

 ③『5人組や、5人組の仲間達』は、一緒に悪事を行う群れの仲間に、自分が低能(弱い)と思われないように、見せ掛ける為の行動を行う。

  (1)。悪事を辞め、自分の負け(低能、失敗)を、他人には思われたくない(知られたくない)ので、悪事を行い続ける。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行い、悪事に対して、色々と発生することを認識する(考える)と、笑いが発生する場合がある。

 ①。悪事を「認識した」から、発生した笑いである。

 ②。悪事から発生する、色々なことを「認識した」から、発生した笑いである。

 ③。「苦痛の発生からの現実逃避」、「自分は低能ではない(負けていない、弱くない)と、いう表現」から、発生した笑いである。







★真実を認識する為の知識1

誰でも邪魔には怒りが発生する(記事No.197)

 誰でも、24時間の行動の、どんな場合でも、邪魔されても良い状態は無い。

 試しに数日でも、24時間の自分の行動を、「今、邪魔されたら?」と、考えて行動してみてほしい。

 世界中のもの、全て、邪魔されては困る、必要なもので出来ていることに気付く。

 邪魔されたら、機能しない。組織も。仕組みも。

 邪魔により、人の機能も阻害される(ストレスも含む)。体が壊れる。

 大事なもの、苦労があるものは、特に、邪魔に対する怒りが発生する。

 『5人組や、5人組の仲間達』の行動は、全てが、邪魔である。




★その他

悪人の存在は悲しい(記事No.196)

 真理をたくさん知ると、「簡単に世界は幸福な状態になれる」と、認識する。

 「簡単に世界は幸福な状態になることが可能だ」と、認識する。



 「簡単に世界は幸福な状態になれる」という真理に気付くと、幸福な状態になっていない、世界の一面を見ると、悲しみが発生する。

 具体的に言うと、悪人を見ると、「世界は幸福な状態になれるのに、何故、こんなのが存在しているのか」と、悲しみが発生する。

 「汚い状態の世界は、簡単に直るのに、直っていない現状」が、とても悲しい。



 <現状の、まともな人>は、悪人を見ると、悲しいと感じる。

 悪人に自分が攻撃されたことよりも、 「汚い状態の世界は、簡単に直るのに、直っていない現状」が、とても悲しい。

 悪人は、自分が攻撃を行った結果、<現状の、まともな人>の悲しいという表現を見ると、自分が強いから相手が悲しんでいると考えるが、 悲しい理由は、そんな低能の(低い)場所には無い。

 悲しい理由は、真理という高い場所から発生している。

 自分が有能であるから知った、真理の高い場所から、発生した悲しみであり、悪人が低能だから発生した悲しみである。


 


※補足1。汚い状態の世界が、直っていない原因は、悪人の存在である。





 

★真実を認識する為の知識1

私の分断された映像の記憶の情報は、強要された、捏造されたものである可能性がある(記事No.195)

【★1。私の分断された映像の記憶(実際に目で見たもの)の情報は、強要された(無理やり見せられた)、捏造されたものである可能性がある】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』の、見せたかったものである。

 それを前提として、私の分断された映像の記憶(実際に目で見たもの)の情報を使うこと。

 ※補足1。【真実の】、実際に目で見た、本当の(捏造ではない)、連続した記憶の断片の情報も多数ある。

     情報の真実か捏造かは、私が、映像の不完全さで判断できる。(捏造されたものには「矛盾」、「故意」、「誘導」などがある)
 
<>。捏造されたものは、それはそれで使い道(使い方)がある。

 ①。捏造された映像の記憶を、「捏造された映像の記憶である」と、私は認識しても、それを情報として提示する。


 本物の私の、本来の人生では、過去の人生の全も含め、連続した映像の記憶()の情報である。

 それが、分断している時点で、不完全な情報である。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、何千年も、捏造された映像の記憶を作り続けている。

 ①。

 ②。真実では無いもの(不完全なもの)を、真実(完全なるもの)に、見せ掛ける為に費やしたもの全て(苦労、労力、人の命、時間)は、悪人が自分の悪事を隠そうとした努力の量である。

  ※補足1。真実とは、完璧な美である。捏造で作られたものは、醜悪である。


 ③。悪人は、自分の悪事を隠そうすることに、自分の「苦労、労力、命、時間など」を使う。

 ②。悪人は、自分の悪事を隠そうとすることに、一生懸命なので、どれほどの自分の「苦労、労力、命、時間など」を使ったのか、意識しない。

 『5人組や、5人組の仲間達』の、



【★2。私の分断された映像を、繋げようとする捏造もある】

★『5人組や、5人組の仲間達』

全ての嫌がらせは、行っては、いけないこと(記事No.194)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「行っても、よい嫌がらせ」と、「行っては、いけない嫌がらせ」があるという、価値観(判断)を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に嫌がらせを行うことを楽しむが、「行っても、よい嫌がらせ」と、「行っては、いけない嫌がらせ」があるという、価値観(判断)を持つ。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の「行っても、よい嫌がらせ」と、「行っては、いけない嫌がらせ」の判断により、嫌がらせに対して感想(批判&受容)を持つ。

 ①。自分が、「行っても、よい嫌がらせ」であると、判断する嫌がらせであれば、嫌がらせを楽しむ(快楽の発生)。

 ②。自分が、「行っては、いけない嫌がらせ」であると、判断する嫌がらせであれば、嫌がらせを怖がる。

  (1)。その行動(嫌がらせ)を行うことで、悪いことであるという罪悪感(不快感)などが発生し、快楽の少ない行動(嫌がらせ)であると、いう判断である。

  (2)。その行動(嫌がらせ)を行うことで、「罰が発生する可能性が高い」、「罰が大きなものになる可能性が高い」、「多くの人が嫌がらせの相手の味方になる可能性が高い」、「大事になる可能性が高い」と、いう判断である。

  (3)。嫌がらせに対して、楽しそうに「それは、ダメでしょ」など、嫌がらせを行うことに同調しながらも、悪事に対する批判の発言をすることで、嫌がらせに対して、「行っても、よい嫌がらせ」と、「行っては、いけない嫌がらせ」の、判断をしたことを、主張する。

  (4)。嫌がらせに対して、楽しそうに「それは、ダメでしょ」など、嫌がらせを行うことに同調しながらも、悪事に対する批判の発言をすることで、「行っている相手より、自分の方が優れている(有能である)と、いう表現」、「自分は止めたが相手は行ったと、いう言い訳」、「相手は悪人だが、私は善人であると、いう表現」、「相手が嫌がらせを行い、自分は行わず見ている(知る)だけで、自分は快楽のみを手に入れ、相手が罰を受ける」などである。

 ※補足1。<現状の、まともな人>の、嫌がらせ(悪事)を止める行動とは、違う。

<3>。現実の、真理として、当然の正しいことは、「行っても、よい嫌がらせ」など、存在しない。

   嫌がらせは、全て、「行ってはいけない」ことである。

<4>。「★1の<3>」が、<現状の、まともな人>の認識だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌がらせを、「行っても良いことであり、当たり前に手に入れる笑い(快楽、交流)である、面白い(楽しい)こと」であると認識している。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が嫌がらせを行い、自分が罰を受けるのは嫌がるが、他人が悪事を行い、その悪事を見ていることで、自分は快楽だけを得て、罰を受けない状態は好む】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うように、他人を誘導する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うように、他人を誘導したが、他人が悪事を行うことを断った場合、自分も悪事を行うことを辞める場合がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が罰を受けるのは構わないが、自分は罰を受けたくない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が悪事を行うのは、安全で楽しいが、自分が悪事を行い、危険な目にあうのは楽しくない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が行う悪事で、快楽を得ようとしていた場合、他人が悪事を行わないと、不快感(怒り)が発生する。



【★3。『5人組や、5人組の仲間達』は、良いものをあげて、気に入られようと考え、悪事を見せることがある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事とは、「楽しいもので、良いもの」であるので、気に入られようとする相手(好きな人)に、「楽しいもので、良いもの」として、悪事を見せてあげることがある。



【★4。『5人組や、5人組の仲間達』は、気に入られようとする相手(好きな人)に、構ってほしくて、嫌がらせを見せる】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、気に入られようとする相手に、構ってほしくて、嫌がらせを見せて、相手の反応を見たがる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、気に入られようとする相手に、自分を有能だと(強いと)思われる為に、嫌がらせを見せて、自分の有能(強い)を表現する。





★『5人組や、5人組の仲間達』

モノマネ者は、必ず、自分がモノマネを行っていると認識している(記事No.193)

 モノマネ者は、必ず、自分がモノマネを行っていると認識している。

 モノマネ者が、モノマネを行っていると認識しないなら、「モノマネ」が、出来ない。

 モノマネ者は、自分が偽者だと、認識している。




★『5人組や、5人組の仲間達』

本当に、分からないのなら、分からないことで出来ないことがある(記事No.192)

 生きるのに必要だから持っている機能である。

 生きるのに必要だから持っている機能によって、「分かる」。


 生きる為に行うことの、何が出来る人は、何を分かる人か。

 何が分かれば、何を分かることが可能なのか。


 分からない人には、出来ないものがある。



 本当に、分からないのなら、分からないことで出来ないことがある。

 生活する為に、出来ているのなら、「分かる」という機能を持っているという、証明である。







★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は仲間とは違い、悪人では無いと、見せ掛ける(記事No.191)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪人の仲間の中にいるが、自分は仲間とは違い、悪人では無いと、見せ掛ける】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他の仲間が、相手に嫌がらせ(悪事)を行っている場合、自分は、仲間とは違い、悪人では無いと見せ掛ける。

 ①。相手への嫌がらせ(悪事)は自分も行いたいが、他の仲間が相手へ嫌がらせ(悪事)を行っている場合、相手への嫌がらせ(悪事)は他の仲間に行わせ、自分は仲間とは違い、悪人では無いと見せ掛ける。

 ②。相手に行う嫌がらせ(悪事)に対する罰は、他の仲間が受け、自分は、罰から逃れられるという考えである。

 ③。他の仲間が相手へ嫌がらせ(悪事)を行ったことで、自分は、相手への嫌がらせ(悪事)からの満足を手に入れ、嫌がらせ(悪事)に対する罰からも、逃れられるという考えである。

 ④。自分の敵である相手に攻撃を行い、自分は攻撃に対する反撃を受けず、さらに、自分は相手の群れに入れる可能性も作る、悪人に備わっている能力である。

  ※補足1。善人は、行わないことである。

  ※補足2。自分は、仲間とは違い、悪人では無いと、見せ掛けることで、相手に、良い人だと思われる(誤解される)可能性がある。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他の仲間が、相手に嫌がらせ(悪事)を行うように、誘導することも多い。

 ①。他の仲間に、自分が行いたい悪事を行わせ、悪事に対する罰の、照準が自分に向かず、照準を他の仲間に向かわせ、自分は安全に相手に嫌がらせ(悪事)を行う為である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この行動が、暴かれないという妄想を持ち、悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、この行動が、他人は気付かないという妄想を持ち、悪事を行う。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、この行動で、自分は罰を受けないという妄想を持ち、悪事を行う。






★『5人組や、5人組の仲間達』

気持ちの悪いもの(悪人)を見ると、不快感が発生する(記事No.190)

【★1。気持ちの悪いものを見ると、不快感が発生する】

<1>。見ることで、不快感が発生するものが存在する。

<2>。触ることで、不快感が発生するものが存在する。

<3>。聞くことで、不快感が発生するものが存在する。

<4>。五感の全てが、生きる為に備わったものであり、五感の全てが、不快感(命の危険)を教えてくれる。

<5>。対象に対して、不快感が発生する理由は、対象が「命が危険になる可能性があるものだから」である。

<6>。生存競争で獲得した、生まれ付きに備わっている能力である。

<7>。悪人の外見を見たり、声を聞いたり、人の五感で感じることが出来る、悪人の、全ての表現が、気持ち悪いものと、感じる場合がある。

<8>。「★1の<>」は、悪人が、自分の「命が危険になる可能性があるものだから」である。

<9>。悪人が、気持ち悪いものだと、感じる人が生き残り、感じない人が死んだという、生存競争の結果、備わった能力である。

<10>。悪人を見て、不快感が発生するのは、当然のことである。

 ※補足1。逆に、悪人は、善人に対して不快感を発生させている場合がある。

 ※補足2。悪人は、「善人に負ける(相手が有能、自分が低能)」という状態が、自分の「命が危険になる可能性があるものだから」である。

<11>。私や、<現状の、まともな人>は、『5人組や、5人組の仲間達』が嫌いである。

<12>。私や、<現状の、まともな人>は、『5人組や、5人組の仲間達』とは、不快感が大量に発生する、気持ちの悪いものである。







★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、真実が、何故、必要なのか分からない(記事No.189)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、真実が、何故、必要なのか分からない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、何故、真実でないと、いけないのか、分からない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、何故、人が、真実に、こだわって(執着して)いるのか、分からない。

<3>。真実が、何故、必要なのかの判断は、「正常な理論」から発生した価値観である。

 ①。<現状の、まともな人>は、「~だから、真実は必要だ」、「真実が無い状態では、世界は正しく機能しない」などの考えが、幼少期に発生し、それを価値観として持って生きている。

 ②。「★1の<3>の①」は、理論である。まともな「心と考え」を使った、正常な理論で考えることが出来る機能を持っているから、真実が必要であること(理由)を理解し、価値観となった。

 ③。真実を、何故、必要だと思うのかは、必要である理由に、納得したからである。

<4>。正常な理論で考えることが出来る機能が無いと、真実が、何故、必要なのか分からない。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、嘘を付き、騙すが、何故、「嘘を付くこと」、「騙すこと」が悪いことか分からない。

 ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪いことだと認識している人もいる。

<6>。真実が必要なのは、真理であり、神の望むことである。

  嘘(捏造、騙し)は、神も私も許さない。







★やる事の提示・「行うこと」

「悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事を行える」と、いう考え(記事No.188)

【★1。「悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事を行える」と、いう考えに重点をおいて、分析などを行ってほしい】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事を行える」と考える。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事が許されると、考える。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事に対する罰が、「減る」、「無くなる」と、考える。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、自分が悪事だと分かっていると、いうことを他人は分からないと、考える。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、自分が悪事だと分かって行っていると、いうことを他人は分からないと、考える。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事を行い続けられると、考える。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事が阻止されないと、考える。

 など。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の中の主犯たち(実行犯、指示者)の割合の、最大数の悪事の原因である。

<3>。これに対応することで、悪事の抑止が「かなり」高まる。

<4>。「悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事を行える」と、いう考えを否定する行動を行うこと。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の中には、本当に分かって無い人も存在する。

  悪事を抑止する為に、<『5人組や、5人組の仲間達』の中には、本当に分かって無い人も存在する>と、いう認識も必要になることが有る。

  だが、『5人組や、5人組の仲間達』の100%が、「悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事を行える」と考えて悪事を行っていると、いうことを前提にして、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を抑止する行動をしてほしい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の行った悪事に対する、『5人組や、5人組の仲間達』の「全て」の主張(発言、表現)が、「悪事だと分かっているが、悪事だと分かっていないと見せ掛ければ、悪事を行える」と考えて主張(発言)しているものだと、捉えて判断してほしい。

<6>。真実の答えとして、「悪事だと認識して、悪事を行っている」と、「悪事だと認識しなくて、悪事を行っている」は、両方が悪いことである。

  悪いことは防ぐこと。悪いことには罰を与えること。

  つまり、どちらも同じであり、どちらも同じ悪いことであり、「悪事だと認識しなければ、悪いこと、ではない」は、間違いである。

  どちらの状態であっても、罪であり、罰が発生する。






★やる事の提示・「行うこと」

偽者の見分け方(記事No.187)

【★1。偽者の見分け方】

<>。体を動かしているのは、「心と考え」である。

  「心と考え」が違うと、体の動かし方も違う。

<>。「悲しい時」、「怒っている時」などの感情の違いで、体の動かし方が違う。

  「集中している時」、「新しい考えに出会い、考えが変わった以降(思想、価値観の変化)」などでも、体の動かし方が違う。

<>。つまり、偽者と本物は、それぞれの「心と考え」により、体の使い方、体の動かし方が違う。

  体の使い方とは、心拍数や、分泌物なども違うということ。

<>。同じ体でも、中身の「心と考え」が別人であると、同じ機能や動きをしない。

  ①。体を動かしているのは、中身の「心と考え」だから。

  ②。中身の「心と考え」が違うと、同じ体でも、同じ機能や、動きをしない。

<>。本物が、自分の本物の体を使って「有能」でも、偽者が、本物の体を使っても「有能」になれない。

  本物が、自分の本物の体を使って「強く」ても、偽者が、本物の体を使っても「強く」なれない。

<>。本物と、偽者の、日常生活の動きに、必ず変化が出る。

 ①。全身の筋肉の、どこに緊張があるのか、どこに力が入っているのかを、知ることの出来る機械がほしい。

 ②。分泌などが、どういう時に、どこに緊張が発生するのか、知ることの出来る機械が必要である。

 ①。本物と、偽者は、【「心と考え」が違う、「思想、価値観、考え方など」が違う】、だから、日常生活の、常に、全身の筋肉の力の入っている部分、力の量に違いが出る。

   24時間の、常に、違っている状態である。



【★2。偽者からの、本物の体への害の発生】

<>。偽者と、本物では、「心と考え」が違うので、欲しがる栄養も違う。

  ①。本来、自分の体に、必要だと考える栄養を、食べたくなり、不要だと考える栄養を、食べたくない。

    必要な栄養は、自動的に、閃きとして、体が「心と考え」に教えてくれて、食べたくなり、食べる行動を行う。

    ()。食べたくなる栄養は、体が、「何を行ったか」、「どんな活動をしたか」、「どんな運動をしたか」などで変化する。

    ()。偽者が、本物のモノマネを行っても、本物が、過去に行ったことと同じことを、本物が行っても、「完全に」同じ活動を行うことは、絶対に無い。必ず差が発生する。

 ()。諸行無常である。常に、状況は違い、状況から状態に違いが発生し、違いの有る状態のそれぞれに対して、本物(有能)が対処を考えて、本物が行動する必要がある。本物(有能)が対処を考えて、本物が行動をすると、完璧に上手に、まともな世界の機能が発生し、一番良い状態になる(世界中が幸せになる)。違いの有る状態のそれぞれに対してモノマネ者は対応できない。モノマネ者には、<本物の「心と考え」からの、違いの有る状況(状態)のそれぞれに対しての、一番良い結果になる為の、正しい有能な判断>が出来ないから。

  ※補足1。モノマネ者(低能)の判断とは、低能(不完全、間違え、劣ったもの)であるから、モノマネ者には、一番良い状態である、正しい有能な判断が出来ない。

  ※補足1。有能な者は、モノマネを行わない。

  ※補足1。必然と、モノマネ者は低能となる。

   ()。本物の行動には、「自分で作った考え」がある。モノマネの行動には、「人の作った考え(もの)を盗む」がある。

ありえない。偽者が

 偽者の体の機能の「心と考え」から発生した食べたいと思うものでは、本物の体に必要な栄養が摂取できない。

 偽者が本物の体を使うことで、本来の本物の体が失われ、本来の本物の活動(命)が、被害を受ける。





 








<>。体は、心拍数や、分泌物などから影響を受け、体は健康になったり、傷付けられたりする。

<>。偽者が、本物の体を勝手に使うことで、本物の、本来の分泌物などの影響が体に発生することが害される。

  本物の、本来の分泌物などの影響が、体には必要である。(成長、回復、耐性など)

 

★真実を認識する為の知識1

個体(各自)の、刺激に対する反応(行動)は、生まれ付きの肉体により推測(判断、認識)できる(記事No.186)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に対して、私は、必ず正しい行動を返す】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』が、生まれ付き悪事を行う悪人であるのと同じく、私は、正しい行動を返すように生まれ付いている。

 ※補足1。正しい行動とは、「正当で正しい世界」の形成の為の、神が、欲しがる(設定した)行動。

<2>。生まれ付きとは、肉体(DNA)であり、刺激に対する決まった反応を返す機能がある、物体である。

<3>。生まれ付きの、脳であり、神経であり、全身であり、「心と考え」による、反応である。

<4>。生まれ付きにより、刺激に対して、必ず決まった反応を返すことになる。

<5>。過去の状態も含めて、私の反応は、生まれ付きにより推測(判断、認識)できる。

<6>。過去の状態も含めて、私の行動は、生まれ付きの肉体で証明できる。(私が本当に行ったこと)

<7>。同じく、『5人組や、5人組の仲間達』の行動も、生まれ付きの肉体で証明できる。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』が悪人であることは、本当に行ってきたこと(悪事)は、生まれ付きの肉体で証明できる。

<9>。肉体の、どんな機能が、どんな刺激に対して、どんな反応を返すのか、分析すること。





★『5人組や、5人組の仲間達』

人が何故、怒っているのか理解できない人の世界観(記事No.185)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、人が、何故、怒っているのか理解できない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何故、自分が怒られる(攻撃される)のか」分からない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が怒られる(攻撃される)理由は、悪事を行っているから、<現状の、まともな人>に怒りが発生し、「罰を与える為」、「悪事を抑止する為」に、怒られる(攻撃される)が発生している、である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何故、自分が偽者を行ってはいけないのか」分からない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何故、自分が<善人の仲間>に入れないのか(入っては、いけないのか)」分からない。



【★2。人が何故、怒っているのか理解できない人の世界観】

<1>。人が何故、怒っているのか理解できないので、自分の行動により、相手に怒りが発生して、相手が怒りにより、自分を攻撃してきた場合、「突然、相手が自分を攻撃してきた」という認識になる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事により、相手に怒りが発生して、相手が怒りにより、自分を攻撃してきた場合、「突然、相手が自分を攻撃してきた」という認識になる。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、生まれ付き備わっている機能による、悪事だと認識できない悪事を行っているので、「突然、相手が自分を攻撃してきた」という認識になる。

<4>。人が何故、怒っているのか理解できない人の世界観とは、「周りの人は、自分に対して、突然に怒る(攻撃する)人」である。

※補足1。<現状の、まともな人>には、「正常、道理、正当」な機能としての、怒る理由がある。(正常な反応)

※補足2。逆に、自分に対して怒っている人が、<現状の、まともな人>の「正常、道理、正当」な機能としての、反応では無い理由で、怒っている場合もある。(相手の自分への不当な怒り)

    その場合は、自分の不完全ではなく、相手の不完全である。



【★3。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行動により、相手に怒りが発生して、相手が怒りにより、自分を攻撃してきた場合、相手が悪いと考える】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行動により、相手に怒りが発生して、相手が怒りにより、自分を攻撃してきた場合、相手が自分を攻撃する理由が分からないので、相手が悪いと考える。

※補足1。自分が悪いと認識している場合も、「自分が低能であると、自分で考えたくない(相手に思われたくない)」などの理由で、相手が悪いと考える。








★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』には、知識とは、自分を有能に見せ掛ける為のものである(記事No.184)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』には、知識とは、自分を有能に見せ掛ける為のものである】

<1>。知識は、「考え(閃き、発展)」、「使う」などの為にあるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、「考え(閃き、発展)」、「使う」などの為の機能が無い。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「考え(閃き、発展)」、「使う」などの為の機能の「存在」を知らない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』には、知識を、「考え(閃き、発展)」、「使う」などの為に使う機能が無いので、「知っている」ことが有能だと判断している(価値観)。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪人の生存競争に、「情報を知っていること」が使われたので、情報を知っていることが、大事であり、有能なことである。

<5>。<現状の、まともな人>の「心と考え」からの正常な判断力が無いので、モノマネで生きる為には、判断力よりも、記憶力(モノマネする為の、覚える場面の数が多い)が必要になるので、情報を知っている(覚えている)ことが、大事であり、有能なことである。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「知っている」から、自分は有能であると、表現をする。

 ①。知らない状態の人に、自分は知っていると、表現をする。

 ②。「自分が有能であると評価される為」、「嫌がらせ」が目的である。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の、有能であるという判断(価値観)は、発想力などでは無く、記憶力であることが多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、記憶力以外の能力に、気付くことが出来ない。(存在、繋がり、深くにある考えを、認識しないから)

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、記憶力以外では、騙すための能力が高い。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、考えを正確に的中させると、悪事の抑止に効果がある(記事No.183)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、考えを正確に的中させると、悪事の抑止に効果がある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、考え(心理学、行動理由など)を、細かく正確に的中すると、『5人組や、5人組の仲間達』には不快感が発生するが、分かられて(防がれて)いるならば、悪事を辞めようと判断する場合がある。

 ①。「悪事は成功する」という妄想により、快楽が有る。

 ②。「悪事が失敗する」という予測には、快楽が無い。

 ③。「悪事は成功する」という考えによって、実際の行動(悪事)が行われる。

 ④。発生した不快感に対して、「自分は負けていない(低能ではない)」という表現(行動、悪事)が、発生する場合がある。さらに、これを「防ぐ」ことで、悪事の抑止力が高まる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事への考えが、分かられて(防がれて)いない状態は、相手が低能であり、自分は有能であると判断するので、悪事の抑止の効果は少ない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の考えが、相手に分かられているのが、部分的であると認識する場合、相手が低能であり、自分は有能であると判断する。

  (12月)。自分は、「まだ勝てる(相手は弱い、低能である)」、「まだ負けていない(自分は低能ではない)」状態だと判断する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の考えが、相手に「全て」を分かられていないと認識する場合、相手が低能であり、自分は有能であると判断する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の考えを、指摘する場合、部分的に的中して、部分的に間違えであると、悪事の抑止に、逆効果の場合がある。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の考えの、確実に分かっている部分のみ、指摘するだけに留める方が、悪事の抑止になる場合がある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、考えを、正確に細かく的中させる必要がある。



【★2。私の、悪人の行動分析などの主張は、<現状の、まともな人>の既に持っている認識である】

<1>。私の、悪人の行動分析などの主張は、<現状の、まともな人>の既に持っている認識であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、<現状の、まともな人>に認識されていないと、考えている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が主張(提示、公表)したから、自分の考えが知られてしまったと、考える。

 ①。私の、悪人の行動分析などの主張は、<現状の、まともな人>の、「当然、道理、普通のこと(ありふれていること。ありきたり)、人が前提として持っているもの」、である。人に生まれ付き備わっている、「心と考え」の主張である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の主張の以前は、自分の考えは知られていないと考える。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の、悪人の行動分析などの主張を、<現状の、まともな人>の、「当然、道理、普通のこと(ありふれていること。ありきたり)、人が前提として持っているもの」、とは考えない。

<3>。<現状の、まともな人>は、前提として、認識を持ち、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を見て(判断して、評価して)いる。

 ①。<現状の、まともな人>は、前提として、認識を持ち、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、不快感を感じている。

 ②。<現状の、まともな人>は、前提として、認識を持ち、『5人組や、5人組の仲間達』を、嫌い、嫌なもの、最低な生き物、低能、害だと認識している。

 ③。<現状の、まともな人>は、前提として、認識を持ち、『5人組や、5人組の仲間達』を、有能だと判断していない。不快なものだと認識している。

 ④。<現状の、まともな人>は、前提として、認識を持ち、『5人組や、5人組の仲間達』を、褒めない、カッコイイと判断しない。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を行わないでいる状態は、相手に幸せを与えているという認識である(記事No.182)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を行わないでいる状態は、自分が相手に自由(幸せ)を与えているという認識である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を辞めてあげるのは、自分の善意(悪人自身の認識では善意)であると、いう認識である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を辞めてあげるのは、強い自分が、弱い相手を助けて(救って、相手に良いことをして)あげていると、いう認識である。

 ①。<現状の、まともな人>の人には、悪事を行わないことは、「当然、正当、道理、普通のこと(ありふれていること。ありきたり)」であり、悪人の「相手を助けて(救って、相手に良いことをして)あげている」ことであるとは、認識しない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪事を行えるのに、悪事を行わない場合は、強い自分が、弱い相手を助けて(救って、相手に良いことをして)あげていると、いう認識である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪事を行えるのに、自分は悪事を行わないで、相手に悪事を受けない状態を許可してあげたと、いう認識である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は善人である」という表現の為に、「悪事を行えるのに、行わなかった」と提示(発言、表現)する場合がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の情報(映像)などで、「自分は善人である」という表現の為に、悪事を行えるのに、行わなかったと提示(発言、表現)する場合がある。

 ※補足1。捏造とは、情報を知る人の認識が、『5人組や、5人組の仲間達』に都合の良い解釈となるように、間違った認識へ誘導する為に、『5人組や、5人組の仲間達』が、故意に情報(出来事)を作り出したもの。

 ②。この表現は、「見せ掛ける為」と、「実際にそれが、自分が善人である証明になると、いう認識(「★1の<2>の①」が分からない)による提示」の場合がある。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」という状況を好み、「自分は悪事を行える」ことを、実際に確認することがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」ことを確認する為に、悪事を行う場合がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」ことを、相手(社会)は、どうやって、防ぐ予定(方法)なのか知りたいので、実際に悪事を行って確認する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、隙だらけで生きている人に攻撃が出来る状態である、隙だらけで生きている人は、攻撃されても良いと考えて生きているのか、実際に試してみよう」と考え、攻撃してくる。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」という状況や、実際の悪事を、防がない人を、低能だと判断する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、「自分は悪事を行える」という状況を、何故、防がないのか、理解できない。

 <例えば>

 (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、窓ガラスは簡単に割れ、侵入できるのに、そのままの状態にして、扉に鍵をかけただけで、安全だと認識している人を、低能だと判断する。

 (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、柵は簡単に跨いで(またいで)通れるのに、そのままの状態にして、家を柵で囲むだけで、柵の中に誰も入って来ないと考え、安全だと認識している人を、低能だと判断する。

   ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』には、簡単に跨げる柵は、無意味であり、無意味なのに人は柵を作っている、状態である。

 (3)。無防備に歩いている状態も、『5人組や、5人組の仲間達』には、隙だらけ(攻撃可能)の状態である。

 (4)。<現状の、まともな人>の価値観では、悪事を行わないので、それで充分だと判断していることである。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行えるのに、相手の為に悪事を行わない」と、見せ掛ける(思わせる)ことがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の低能(負け、失敗)を認識すると、「自分は低能(負け、失敗)ではなく、本当は有能である」と表現する為に、自分は本当は悪事を行えるが、故意に、行わないでいるのだと、見せ掛けることがある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は現状に恐れていない」と、見せ掛ける為に、この表現をする場合がある。



【★2。正しく生きている人は、悪人と、生きている目的が違う】

<1>。正しく生きている人は、悪人と、生きている目的が違う。

 ①。悪人には、持つことが不可能である、まともな「心と考え」から発生した、生きている目的である。

 ②。悪人が「知る」ことが出来ても、モノマネは不可能である。

 ③。極論を言うと、生きている目的とは、「正しく生きること」である。

<2>。正しく生きている人は、悪人と、「意識しながら生きているもの」が違う。

<3>。正しく生きている人は、正しく生きている結果、隙だらけである。

 ①。生きている目的の為に、、正しく生きている結果、隙だらけになっている。

 ②。隙だらけで生きているのが、本来の人の生き方であるが、現状では悪人を増大させる、危険な生き方である。

   (悪人の存在しない、本来の世界「正当で正しい世界」では、本来の人の生き方が最良である)

<4>。正しく生きている人は、悪人に邪魔されない「神が与えた世界」を楽しんでいるのだが、可能な状態の人は、実際(現実)に、悪人に邪魔されない世界を作るべきである。

 ①。正しく生きる為には、「神が与えた世界」を認識し、神が与えてくれた幸せを「体感して」生きることも大切である。

   (悪に視点を向けるのではなく、神の美に視点を向けて生きている状態である)。

 ※補足1。悪人は、「神が与えた世界」の認識が無い。

       悪人の、故意(わざと)に人のモノマネをすることで手に入れる、「神が与えた世界」の体感や世界観は、不完全なものである。

 ※補足2。悪人は、「神が与えた世界」の認識が無い結果、何故、人が隙だらけなのか、分からない。

 ②。実際(現実)に、悪人に邪魔されない世界を作るには、悪人との戦いがあるが、本当に正しく生きているといえる。





◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、愛情を感じる(記事No.181)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、愛情を感じる】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、自分は強い(有能)と考える。

  自分は強いから(有能だから)、悪事が許されたと考える。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、自分は大事にされていると考える。

  自分は大事にされているから、悪事が許されたと考える。

<>。有能者や、大事にされている人は、『5人組や、5人組の仲間達』から見て、悪事を許されていることがある。

 ①。有能者や、大事にされている人が、悪事を許されているのは、許した方が、「正当で正しい世界」の形成の為になるからである。

②。『5人組や、5人組の仲間達』の認識で、有能者や、大事にされている人が、悪事を許されていることとは、

 <例えば>

 (1)。総理大臣が、順番待ちをせず、並んでいる人より優先して、重症でもないのに、医者に診てもらうこと。

   有能者や、大事にされていない人以外が、順番待ちをせず、並んでる人より優先して、重症でもないのに、医者に診てもらうことは、悪い(狡い)ことである。

   『5人組や、5人組の仲間達』ならば、怒られる(阻止される)ことである。

 ※補足1。まともな「心と考え」を持っている人ならば、優先されるのが、当然なことであり、悪事ではない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を許されている、理由を分からない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を許されている理由の推察は、有能だから、大事にされているからなどの、表面だけの(薄い)把握から考えになる。

 ※補足1。悪事を許される理由は、

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の「分かった」という発言(記事No.180)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かった」、「これで分かった」という発言をすることがある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事(私への強要、覗きなど)を行い、行った悪事には意味があったと見せ掛ける(思わせる)為の発言である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、見たい(遊びたい、快楽を得たい)などの欲望の満足(目的、理由)「だけ」の為に、悪事(私への強要、覗きなど)を行うが、「欲望の満足の為の悪事では無く、意味のあること(悪事)だった」と、見せ掛ける為の発言である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、「情報を持っている」、「有能である」など、見せ掛ける為に発言する。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が妄想(計画)した通りに、現実の出来事(計画)が進まなかったので、失敗した(低能である)が、失敗(低能)ではないと見せ掛ける為の発言である。

 ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が妄想(計画)した通りに、悪い状態(善行の邪魔や、嫌がらせが成功した状態)になったが、自分は計画していなかった、思いもよらない結果であると、表現することもある。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、分かる必要性が無いことを、分かる必要性が有るかのように、見せ掛ける為に発言する。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、分かる必要性が無いことを、分かる必要性が無いと、分からないので、分かった状態の自分は有能であると、表現する為の発言である。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、分かる必要性が無いと、いうことを分からない状態の人であると、見せ掛ける為の発言である。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』は、破綻した理論、妄想、逃避、嘘などで生きているので、行動や考えが狂っていて、正当性(善)が無く、非理論的であり、「分かる」という状態は無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かる」為の機能が無い。

   『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かった」と発言するが、『5人組や、5人組の仲間達』は「分かった」という状態ではない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の行う実験とは、「実験から答えが導かれない」、「実験と答えに理論的な繋がりが無い」、「実験は答えの証明にならない」。

   つまり、無意味であり、悪事であり、時間や労力などの無駄であり、解決(幸福)に進むことは無い。

 ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「分かった」という発言は、「行った悪事は無意味では無い」、「分かった答えによって解決に進む」、「行った悪事は実験だった」など、見せ掛ける為である場合がある。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』が、「分かった」と発言をしたら、何を分かったのか、理論などを「詳しく」聞くこと。

 (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、嘘や、破綻した理論に気付くために。

 (2)。何が分かったのか。

 (3)。何から、何を分かったのか。

 (4)。それが分かると、何の役に立つのか。何に使えるのか。

 (5)。分かる必要性はあるのか。

 (6)。行う必要はあるのか。行っても良いと考えているのか。

 (7)。何故、『5人組や、5人組の仲間達』が行うのか、権利が有るのか。能力が有るのか。他の人でも出来ること、他の人の方が良いとは考えないのか。

 (8)。出来事(行動)が悪事であることが分かるか。

 (9)。出来事(行動)の、何が悪いのか、どのぐらい悪いことか、分かるか。

 (10)。出来事(行動、悪事)から発生する、未来に起こる罰は、どのぐらいだと推察しているのか。

 (11)。失敗した場合の、処置はどうするのか。

 (12)。失敗した場合は、悪いことが発生するのか。悪いことだと認識できるのか。

 (13)。失敗(悪事)の責任は、どう行うのか。絶対に責任をとるのか。

 など。

 ※補足1。詳しく聞くだけでは無く、「嘘や、破綻した理論」に気付き、『5人組や、5人組の仲間達』が悪人(低能者)だと気付き、悪事(行動)を阻止すること。





★真実を認識する為の知識1

私の主張は、まともな「心と考え」を持っている人には伝わる、分かる(記事No.179)

 『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の不利な状態を改善しようと、一生懸命、私の主張の矛盾や間違いなどを探し、私が間違えている(間違いである)と表現する。

 だが、私の主張を理解する人は、世界にたくさん存在する。

 私の主張は、まともな「心と考え」を持っている人には、伝わること、分かることである。



 私の主張は、まともな「心と考え」を持っていることを前提として書かれたものである。

 前提を持っている(まともな判断力が有る、まともな価値観が有る)状態だから、私の主張の情報が分かる(理解する)のである。

 前提を持っている状態に、私の主張の情報は、足されて(プラスされて)、前提が、私の主張を判断、納得、共感などする。それにより、私の主張が、伝わること、分かることが出来る。

 私の主張を、理解するには、まともな「心と考え」を持っているという、前提が必要である。

 前提を持っていない『5人組や、5人組の仲間達』には、理解が出来ないものである。




 『5人組や、5人組の仲間達』には、分かることが出来ず、「間違いである」か、「正しいか」の判別は不可能である。

 『5人組や、5人組の仲間達』は、間違いではないことを、間違いであると判断しているのである。

 『5人組や、5人組の仲間達』には、伝わらないことである。

 まともな「心と考え」を持っている人には、伝わることである。



 私は、全てを細かく提示する必要が無い。

 足りない提示は、まともな「心と考え」を持っている人の、前提や推測で埋まる。



 さらに、いつものことで、『5人組や、5人組の仲間達』の「負け惜しみ」である。

 ※補足1。「負け惜しみ」とは、負けている状態を認識しているのに、自分の負け(失敗)を認めないで、負けていないと表現すること。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を止める為の善人からの攻撃に対し、反発し、反撃(悪事)を行う(記事No.178)

【★1。<現状の、まともな人>は、無差別に殺していない】

<1>。<現状の、まともな人>は、無差別に死刑(罰)を行っていない。

<2>。死刑(罰)は、「正当で正しい世界」の形成に必要だから、悪事を行った、悪人に対して行われている。

<3>。罰は、無差別ではなく、判断によって、行われている。



【★2。悪人は、罰が行われる理由(判断)が分からない】

<1>。悪人は、罰が行われる理由(判断)の「存在」を、知らない場合がある。

<2>。悪人は、分かる為の機能が無いので、罰が行われる理由(判断)が分からない。

<3>。悪人に、分かる為の機能が無いので、無差別に罰が行われていると判断する。

 「何故、罰が行われているのか」、「罰の発生する理由(判断)」などが分からないので、罰の発生に差は無く、無差別(いい加減)に行われていると、認識する。

<4>。「無差別に行われる攻撃」と、「悪人を倒すための攻撃」は、違うが、悪人は、その違いを持たないので、全て同じに見える(認識する)。



【★3。悪人は、「正当に行われた処置の行動」と、「無差別に行われた行動」の、区別がつかない】

<1>。悪人は、「正当に行われた処置の行動(善行)」と、「無差別に(正常な判断が無く)行われた行動(悪事)」の、区別がつかない。

  悪人は、2つの違いが分からない。同じだと認識する。

<例えば>

①。悪事を行った悪人を、牢屋に「閉じ込める」のは、行うべきこと(善行)である。

  悪事を行っていない人を、「閉じ込める」のは、悪事である。

②。悪事を行った悪人を、死刑(罰)で「殺す」のは、行うべきこと(善行)である。

  悪事を行っていない人を、「殺す」のは、悪事である。

<2>。悪人は、正当な処置の罰に対して、なぜ行われるのか理由が分からないので、怒り(反発)を持つ。

<3>。悪事を行った悪人を、死刑(罰)で「殺す」のは、行うべきこと(善行)であり、それに対して、残っている悪人の仲間が、仲間を殺されたからと、死刑(善行)を行った人を攻撃するのは悪事である。

 ①。悪事を行った悪人を、死刑(罰)で「殺す」のは、「正当で正しい世界」の形成の為の、正当な処置(善行)である。

 ②。「正当で正しい世界」の形成の為の、良いことに対して、良くないという考え(価値観、反応)は間違いである。

 ③。「仲間を殺されたから、仲間を殺した相手を攻撃(駆除)する」のは、<現状の、まともな人>の反応にもある。だが、「何故、仲間が殺されたのかの理由」、「何に対して攻撃するのか(攻撃の理由)」によっては、この反応は悪事となる。

 (1)。「何に対して攻撃するのか」は、攻撃の理由であり、攻撃の対象である。

   「相手が悪いこと」か(or)、「自分が悪いこと」か、「善に対して」か、「悪に対して」か、などである。

 (2)。善人が、悪人の悪事で、殺された(攻撃された)場合、残っている善人の仲間が、悪人を攻撃する(殺す、駆除する)のは、正義である。

 (3)。悪人が、善人の正義(善行、悪人の悪事の阻止など)で、殺された(攻撃された)場合、残っている悪人の仲間が、善人を攻撃する(殺す、駆除する)のは、悪事である。

 (4)。悪人の仲間が「殺された理由」が、悪人の仲間が「悪事を行ったから」で、悪人の仲間が殺されることで「正当で正しい世界」が形成されるのならば、悪人の仲間が殺されたことは、善行(正しいこと)である。

 (5)。善行(良いもの)に対して、良くないという考え(価値観)は、間違いである。

 (6)。善行(正義)に対して、攻撃しようとするのは、間違いである(悪人である、悪事である)。

 (7)。「仲間を攻撃された(殺された)から、仲間を殺した相手を攻撃する(殺す)」、正当な理由(判断)は、「善人が、悪人に攻撃された(殺された)」という状況である。

 (8)。「仲間を攻撃された(殺された)から、仲間を殺した相手を攻撃する(殺す)」、正当ではない理由(判断)は、「悪人が、善人に攻撃された(殺された)」という状況である。

 (9)。悪人が悪事を行ったので、悪事を止める為の反応として、悪事を行った悪人が殺されたのならば、当然のことであり、善行である。

 (10)。善行として、悪人を殺した<現状の、まともな人>が、残っている仲間の悪人に、攻撃される(殺される)のならば、悪事である。

 ※補足1。悪事が何であるか、罰は何が必要かには、審議が必要である。



【★4。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事を止める為の、善人から悪人への攻撃(善行)に対し、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、反発し、反撃(悪事)を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事を止める(駆除する)為に、『<善人の仲間>や、<現状の、まともな人>(善人)』は、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)を攻撃する。

<2>。善人が、悪人の悪事を無くす為に、悪人を攻撃することは、正当な正しい行動であり、「正当で正しい世界」の形成の為になる、善行(正義)である。

<3>。善人が、悪人を攻撃した(殺した)ことに対し、残っている悪人の仲間が、反発(反撃)を行うのは、正当な行為ではなく、「正当で正しい世界」の形成の為にならない、悪事である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分が行った「悪事に付属して発生する」、悪事を止める為の、善人による悪人への「罰(攻撃など)」に対して、反発し、反撃(悪事)を行う。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分の悪事に対する、罰から逃れる為に、善人による悪人への罰(攻撃など)に対して、反発し、反撃(悪事)を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、何故、自分が攻撃されるのか(罰の理由、罰の正当性)が分からない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の快楽だけ欲しがり、罰の不快感(苦痛)は嫌がり、逃れようとする。

  ※補足1。罪と罰は、必ず一緒に発生する。どちらか片方だけの発生は、絶対に無い。

  ※補足2。過去に、罪は行った(発生した)が、罰はまだ受けていない(発生したが到着していない)状態の、罰は、未来永劫、消えることなく増え続け、必ず罰を受け取ることになる。(罰が増える理由は時間)。

      「正当で正しい世界」の為に、『<善人の仲間>や、<現状の、まともな人>(善人)』は、『5人組や、5人組の仲間達』の、過去に、罪は行ったが、まだ受けていない罰を、『5人組や、5人組の仲間達』に、必ず与える。

      罪の発生だけの状態の、悪事の、全てに対して、罰を与える。

      罰は逃げても、「必ず」受けることになる。

<6>。正義に対する反発(反撃)である、悪事は許さない。悪事には罰を行う。

<7>。悪人が無くなるまで、悪人の絶滅まで、善と悪の戦いは続く。

<8>。善と悪の戦いは、悪事が先に発生し、正義の悪人の駆除が、続いて発生する。順番が逆になることは無い。

 ①。悪事の予測による、正義の悪人の駆除はあるが、「悪事が発生したから、悪事の予測が、続いて発生」している。

   悪事の発生→悪人の駆除→悪事の予測→悪人の駆除である。

<9>。善と悪の戦いは、悪人の悪事が発生しなくなるほど、悪人の数がほど、少なくなる。







★『5人組や、5人組の仲間達』

悪事への正義の介入と、<現状の、まともな人>の行動への悪人の介入(記事No.177)

【★1。<現状の、まともな人>(正常な判断を持った人)が、正義の為に、悪人の悪事を止める為の介入(仲介)】

<1>。<現状の、まともな人>(正常な判断を持った人)が、正義の為に、悪人の悪事を止めようと、介入(仲介)を行うことがある。

 これは、正常な判断を持った人が、自分には悪事を止める為の能力が有ると判断して行うので、「正当で正しい世界」の形成の為になり、正義となる。良いことである。

 困っている人を助け、悪いことを止める、人助けである。

<2>。正常な判断と、行う為の能力が無いのに、自分を正義であると間違い、<現状の、まともな人>の行動を止めようとするのは、悪事である。<余計な干渉>である。迷惑である。

 ①。<現状の、まともな人>の、正常な判断からの行動を止めるのは、「正当で正しい世界」の形成の邪魔である。

 ②。自分を有能であると妄想し、判断が無いのに、自分には判断が有ると考えて(妄想して)いる人がいる。

 ③。自分を有能であると妄想し、能力が無いのに、自分には能力が有ると考えて(妄想して)いる人がいる。

 ④。悪人は、判断も、能力も無いのに、「自分には行える」、「自分には行う権利がある」と考えて(妄想して)、行動する。

<3>。「正常な判断の有無と、行う為の能力の有無」で、悪事になるか、善行になるか、が決まる。

<4>。善行には、「正常な判断」と、「行う為の能力」の両方が必要であり、片方だけでは、悪事である。

<例えば>

 ①。「正常な判断」と、穴に落ちた人を助ける為の「能力」が有る人が、穴に落ちた人を助けることは、人助けであり、善行である。

 ②。「正常な判断」と、穴に落ちた人を助ける為の「能力」が有る人(★1の<4>の①と同じ人)が、山で遭難している人を助ける為の「能力」が無いのに、山で遭難している人を助けることは、悪事である。

   「正常な判断」と、山で遭難している人を助ける為の「能力」が有る人が、山で遭難している人を助けることは、人助けであり、善行である。

<5>。善行を行うには、「自分には能力が有るか無いか」の、真実(本当)の状態や、「自分の能力が使える状況か」の、状況の把握(現実認識)などの、能力が必要である。



【★2。悪人が、正義に見せ掛けて、他人の行動に介入するのは、悪事である】

<1>。悪人は、他人の行動の邪魔を行うことで快楽を得る。

 ①。相手の行動の邪魔を行う(防ぐ)ことは、「相手の欲しがっているもの」を邪魔する(防ぐ)ことである。

 ②。悪人は、「相手の欲しがっているもの」を防ぐことで、相手に不快感(怒り、悲しみなど)を発生させ、相手の不快感(怒り、悲しみなど)の状態を楽しむ。

 ③。悪人は、相手の欲しがっている状態が強いほどに、邪魔したいと、いう欲望も強まる。

<例えば>

 ①。悪人は、人生をかけて、目標(夢)を達成しようとしている人の邪魔をする。

 ②。悪人は、命をかけて、目標(夢)を達成しようとしている人の、邪魔をする。

 ③。悪人は、一生懸命、目標(夢)を達成しようとしている人の、邪魔をする。

<2>。悪人は、表現(発言)能力の低い、子供や、病人などの、行動を邪魔する。

 ①。悪人は、他人が「どうしても欲しいもの」を防ぐほど、悪人は快楽を得る。

 ②。悪人は、簡単に他人の「どうしても欲しいもの」を防げる状態や、自分に害(罰)が発生しない状態を好む。

  ※補足1。児童養護施設や、小学校、病人の施設などに、悪人は潜伏することを好む。暴かれずに、悪事を行い、快楽を得れるから。

 ③。悪人は、有能(強者)が集まる場所では生きづらい。有能に、自分の悪事を暴かれ、悪事を防がれる(悪人が駆除される)から。

   悪人は、自分の悪事が暴かれないところ、悪事を防がれないところに潜伏する。

  ※補足1。悪人は、有能が集まる場所では生きやすい。有能の得た利益を、分けてもらえるから。

      悪人は、自分が悪事が出来る状態する為に、少しずつ有能が集まる場所を壊していく。

      悪人は、有能の幸福な状態を壊したい(嫉妬など)ので、少しずつ有能が集まる場所を壊していく。

      悪人は、有能の得た利益を、分けてもらうことが不要になると、有能が集まる場所を壊す。

<3>。悪人は、他人の成功(幸福な状態)を、他人の有能(勝ち)の状態であり、自分の低能(負け)の状態だと判断し、その状態を壊そうとする。

<4>。悪人は、悪事の理由に、正義を行っていると見せ掛ける。

 ①。悪人は、自分は「正義を行う為に、悪事を行っている」と、悪事を隠すために、正義を使う。

  ※補足1。悪人は、正義を「他人や社会が好むもの」と、捉えている

  ※補足2。悪人は、正義(「他人や社会が好むもの)」)を知っているが、本当に、本心から、正義を「行う理由」は持たない。

 ②。悪人は、自分の悪事が防がれないように、暴かれないように、正義を行っていると見せ掛ける。

<例えば>

 ①。登校拒否児などを救おう(正義)と、登校拒否児に嫌がらせ(悪人の快楽、本音、悪事)を行うなど。

<登校拒否児への嫌がらせの具体的な行動は>

 ①。相手は、出来るなら行っているが、相手の「出来ないこと」に対して、悪人は、「行おう」、「出来るよ」などの、発言をする。

 ②。相手の「出来ない」という判断(判定した)の理由についての真偽(正誤)を、確かめない(聞かない)、判断できない(事情を理解しない)。

  ※補足1。問題の解決には、必ず問題の発生している理由(原因)を知る必要がある。

 ③。相手の「心」が傷付くことを認識しない。困っている相手の「心」を傷付けている段階で、既に、救う能力が無い証明である。

 ④。相手の、良くない状態だと知っているが、改善が出来なくて困っている状態に対して、「このままでは良くない」という発言。

  ※補足1。悪人は、相手の不快感が発生していること(弱点)に、あえて焦点を当てて、追加の不快感(攻撃、嫌がらせ)を与える。

 ⑤。悪人(能力の無い人)の、自分には能力があるという妄想による、弱者への強要。

 ⑥。登校拒否児は、低能者の認められたいという欲望(快楽)や、有能者に思われる体感などの、自己満足の為の道具ではない。

 ⑦。「★2の<4>の<登校拒否児への嫌がらせの具体的な行動は>の①~⑥」の、全て、問題の解決法では無い。

 ⑧。出来ない理由に対する、解決が必要である。

 ⑨。目標は登校では無く、人生の幸福などであり、登校する必要が無い場合がある。登校以外の方法でも良い。方法は複数ある。

 ⑩。本人の意志が尊重されるべきであり、強要を行うべきではない。本人の意志を動かすべきである。

   嫌いなものを強要すると、嫌いが強まる場合がある。

 ⑪。本人のタイミング(時機、心の準備、勢い)に合わせるべきであり、タイミングの発生の時に、行動する為の力が消えないうちに行動が出来るように、必要な準備(出発時などの)をしておくべきである。

 ⑫。他人の(急な)タイミングで意見される(傷付けられる)のは、不快なので、言いたいこと(アドバイスのみ)が書いてある本を渡しておき、読みたい時に、読みたければ、読める状態が良い。(大量の本を渡して、選べる状態も良い。本人が読みたい本が一番である)



【★3。悪人は、自分の悪事により快楽を得ることを、悪いことだと感じていない】

<1>。悪人は、自分の悪事により快楽を得ることを、悪いことだと感じていないが、他人(社会)から批判(邪魔)されることが有る(自分に不快感が発生する)と、認識している場合がある。

<2>。悪人は、他人(社会)からの、悪事への批判や、邪魔などによる、自分の不快感が発生しない為に、悪事を隠そうとする。

<3>。悪人は、悪事を隠そうとするが、悪事を行うことは辞めない。

 ①。悪人は、悪事を止められないように、悪事に対する罰が発生しないように、悪事を隠そうとするが、悪事を辞めようとはしない。

<4>。悪人には、悪事を辞める、必要性(理由)が無い。

 ①。悪人には、罰さえ発生しないなら、悪事を辞める必要性(理由)が無い。

 ②。悪人は、悪事から、得を受け取る(妄想から発生する快楽、生存の為の利益など)。

 ③。悪人は、悪事を成功させると、得(快楽など)を受け取っている。

 ④。つまり、悪人には、悪事を辞める理由は無い。







★『5人組や、5人組の仲間達』

悪人には、悪事を辞めることは、負けを認めることであり、嫌がる(記事No.176)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、自分の負けを認める(認識する)ことである】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、自分の考え(計画、妄想)の失敗を表し、自分の低能を表し、それを認識することである。

 ①。自分には、考え(計画、妄想)が、達成することが「出来ない」という状態である。

 ②。計画の段階で、悪事を止めることになる原因に気付き、原因の対処法を考えておくべきだったが、自分は「出来ない」という状態である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の計画を、達成できると、自分は有能であると、いう妄想による快楽を得る。

  悪事の計画を、達成できないと、自分は低能であると、「人に思われた」、「自分の能力が表現された」、「現実に証明された」、状態である。

 ①。悪事の計画とは、計画(考えた、妄想)の通りに行動を行えば、快楽を得る(勝つ、自分は有能)と、いう妄想の予測に基づいている。

 ②。悪事の計画は、『5人組や、5人組の仲間達』が、「欲しがっているもの」が手に入る為の行動である。

   悪事を防ぐことは、「欲しがっているもの」を手に入れることを防ぐことなので、『5人組や、5人組の仲間達』には、怒りが発生する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、計画(考えた、妄想)の通りに行動が出来なかった場合、計画の通りに、現実に「ならなかった」のが悪い(失敗の原因である、失敗の原因は自分ではないもの)と考えるが、計画の通りに行動が出来なかった場合のことを、計画のときに考えられなかった(準備できなかった)ので、計画(考える)能力が無い、低能である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、もう逃げられない場合など、悪事を辞める必要性を認識すると、悪事を止める場合がある。

  ①。逃げる必要性がある場合も、悪事を止めて、逃げる。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の負けを認識すると、自分は負けていないと表現する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を止めるとき、自分は負けていないと表現をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、負けを認めるのは、悔しいので、自分は負けていないと表現をする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に低能(負け)と思われたくないので、有能(勝ち)だと、思われる為の表現をする。

 ③。自分は負けていないという表現を、相手に、自分を弱くないと思わせる為に行う。

 ④。自分は負けていないという表現を、相手に不快感(攻撃)を与え、相手に不快感を与えられる自分は強いと考える為に行う。

<例えば>

 ①。自分は「満足した」から、悪事を止めると、いう表現。欲しいものは手に入れて無いが、欲しいものは手に入ったと、いう表現。

 ②。悪事を止めることで、このまま悪事を続けるより、自分たちは得をすると、いう表現。

 ③。「こうなることは、分かっていた」と、いう発言により、現実には失敗したが、「これは失敗では無く、自分の計画は成功した」と、見せ掛ける為の表現。

   自分は、「分かっていなかった(低能)」ではなく、「分かっていた(有能)」と、見せ掛ける為の表現。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、分かっていなかったことを、分かっていたと、嘘を付くことが多い。

<2>。実際には、自分の負けを認めて(認識して)いるので、発生した表現である。

 ①。負けの認識が無い場合、自分は有能であると思わせる為の表現は発生しない。



【★3。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、自分は悪人であると、認めることである】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、「今まで行ってきたこと(悪事)」が、無駄(無意味)であることを表す。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、「今まで行ってきたこと(悪事)」が、無駄だったと、認めることを表す。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、妄想した快楽が手に入らないことを表す。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、「今まで行ってきたこと(悪事)」が、罪(悪事)だと、認めることを表す。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、「今まで行ってきたこと(悪事)」が、罪だと認識することが可能な能力を、自分は持っていることを表す。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事を辞めるとは、「今まで行ってきたこと(悪事)」の、「罪(悪)」に対する、罰が発生する状態を表す。







カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ