<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★真実を認識する為の知識1

現状の世界で、人生で経験する苦難は、神からの試練では無い(記事No.254)

【★1。現状の世界で、人生で経験する苦難は、神からの試練では無い】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』が、自由に活動している、正当な世界が壊された現状の世界では、正当な神からの試練は無い。

<2>。現状の世界で、人生で受けている困難とは、『5人組や、5人組の仲間達』の活動の、結果として発生している困難である。

<3>。現状の世界で、人生で受けている困難は、受ける必要のない困難である。

<4>。現状の世界で、人生で受けている困難は、神からの試練ではない。

 ①。神からの試練は、この世界に発生するが、現状の世界で、人が受けている困難は、神からの試練では無い。

 ②。現状の世界で、人生で受けている困難は、人(悪人)が作り出した困難である。

<5>。現状の世界で、人生で受けている困難は、困難を克服しても、意味がない困難である。

<6>。現状の世界で、無意味に発生し、無意味に苦しんでいる苦難は、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除することで無くなる。





★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

モノマネの行動は、状況に適用しない、悪い結果となる「正しくない行動」である(記事No.253)

【★1。成功法則とは、成功者の「行動」のモノマネを行うことではない】

<1>。成功法則などの、良い結果(未来)に繋がる行動の為の、法則は、「行動した手順」や、「どんな場面に、どんな行動をしたか」などの、単品では存在しない。

 ①。成功法則として本などに書かれている「行動」を、そのまま、それだけをモノマネしても成功はしない。

 ②。成功法則の正しい認識とは、「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」と、「行う能力」の、有無により、成功するか、しないかがあると、いうものである。

 ③。「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」は、とても沢山の正常な『心と考え』の機能を所持することで、能力を持つことが可能になる。

  (1)。状況の認識能力。現実認識能力。

  (2)。各状況に適用する、最善の手段は何か判断できる能力。

  など。

 ④。成功者の、成功の為の「行動」を知っても、とても沢山ある「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」は、成功者のモノマネが出来ないので、成功者のように成功は出来ない。

 ⑤。成功者の、成功の為の「行動」をモノマネしても、とても沢山ある「成功する為に必要なことが何であるかを、認識(判断)する能力」は、成功者のモノマネが出来ないので、成功者のように成功は出来ない。

<2>。成功法則とは、各状況を把握し、各状況に適用する、最善が何であるかを判断し、最善の行動をすることである。

 ①。成功者は、各状況を把握し、各状況に適用する、最善が何であるかを判断し、最善の行動をしたから成功したのである。

 ②。成功者は、各状況を把握し、各状況に適用する、最善が何であるかを判断し、最善の行動を出来る能力があるから成功したのである。

 ③。各人の、所持している能力は違うので、各人の最善の行動は違う。

 ④。各人の、各場面の、状況は違うのので、各人の最善の行動は違う。

 ⑤。成功した他者の人生の一場面の、他者の行動と、同じモノマネをしても成功しない。

   他者と、自分の人生の一場面は、「状況」、「所持する能力」などが、違うから。

<3>。成功者は、自分の人生の一場面の「状況を把握」して、「自分の能力など、判断に使う全ての要素から、成功の為の選択」を行い、「行動する」ことで成功している。

 ①。成功者と「同じ行動をすること」が成功法則ではない、「成功の為の正しい選択を行い、行動する能力を持っている」ことが、成功者の成功法則である。

 ②。成功者の、「成功の為の正しい選択を行い、行動する能力を持っている」という部分が、成功法則である。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動のモノマネを行う】

<1>。私の人生の、各場面は、常に違う。

  違うのが正常であり、故意に同じものにしようと(捏造)するのは、不自然であり、悪事である。

<2>。私の人生の各場面に、私が、常に判断を行い、私が行動する。

  ①。それが正しいことであり、神の望みであり、世界中の人の望みである。

  ②。それを邪魔する『5人組や、5人組の仲間達』は、悪人である。

  ③。それを邪魔することに、私はとても怒りがあり、絶対に復讐する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の「行動」の「モノマネ」をする。

 ①。「何が正しい行動(最善)か」は、状況により、常に、変わる。

 ②。状況が常に違うのは、当然であり、自然なことであり、正当なことである。

 ③。常に変わる状況に、常に適用する行動が変わるのは、当然であり、自然なことであり、正当なことである。

 ④。常に変わる状況に、状況の判断の無い、私の行動のモノマネを行うことで、状況に適用する「正しい行動(最善)」に、ならない。
   「正しい行動(最善)」に、ならない、から、状況に適用しない「正しくない行動」となり、世界中の全てのものが不幸の状態になっている。

 ⑤。常に変わる状況に、状況の判断の無い、私の行動のモノマネを行うことで、常に、私の人生が壊され、私が怒り罪人に復讐することを神に誓い、罰を受ける人が増え、世界中の人の人生が無意味となり、世界中に不幸が生まれる。




★真実を認識する為の知識1

現状の世界の状態が改善できないのなら、苦しみの人生は、何度でも繰り返し続く(記事No.252)

<>。現状の世界の状態が改善できないのなら、繰り返し続いていく現状を、味わい続けることになる。

<>。現状の世界の状態が改善できないのなら、何度でも、同じ苦しみの人生を生き続けることになる。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、発生した感情の体感に、間違った解釈を持つ(記事No.251)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、発生した感情の体感に、間違った解釈を持つ】

<1>。「心」が、悲しみの反応を作り、感情を体感させる。

 ①。体の体感が心の反応を作り、体の体感で心の反応を知ることが出来る。

 ②。心の体感が発生している場合は、心を味わっている場合である。

<2>。「なぜ、悲しいのか」の理由は、「考え」で作られる。

 ①。「考え」の為の機能が無いのなら、「なぜ、悲しいのか」が分からない。

 ②。「考え」の為の機能に欠陥があるのなら、「なぜ、悲しいのか」の間違った解釈を持つ。

<3>。悲しみなどの感情を、正しく認識するには、正当な『心と考え』が必要である。






★やる事の提示・<善人の仲間>の集まり用

善の活動の心掛け(記事No.250)

【★1。善の活動の心掛け】

<1>。怒ってはいけない。体に悪いから。正しい行動の害になるから。

 ①。悪を悪であると、現実を認識すると怒りが発生するのが正しい人であるが、悪への怒りの反応を知っていれば良いだけであり、怒りの反応を、何度も、常に、繰り返し、体感する必要は無い。

 ②。怒りは散らすこと。

 ③。ストレス解消を取り入れ、健康と保つこと。

<2>。神の為に働けることの喜びを感じること。

 ①。神の為に働くことが出来る状態で良かった。

 ②。神の為に働くことが出来る、『心と考え』が備わっていて良かった。

 ③。神が人に望むことを、理解することが出来る、人が持っているべきの『心と考え』が備わっていて良かった。

<3>。進めば進むほどに、幸せな世界に近づいている。

 ①。毎日を神の為に働くのなら、毎日に幸せな世界に近づいている。

<4>。全ての命(人生、行動)に、神は必ず結果をくれる。善行には幸せをくれる。悪事を行う人には罰を与えてくれる。

<5>。間違い続けて、大きな不幸のある間違った世界を作った歴史を、やっと今、間違いに気付くことが出来た。

  やっと今、未来の方向を正しく直すことが出来るようになった。

  やっと今、本当の幸せに向かえるようになった。

 ①。改善が、今から始まるのである。

<6>。正しい世界を未来に渡すこと。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の行動の全てが、悪だと示している(記事No.249)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の行動の全てが、悪だと示している】

<1>。真実を隠そうとする。

<2>。真実が公表されるのを阻止する。

<3>。行い(悪事)を行うことの理由を言わない。(理論を答えられない)

<4>。嘘をつく。

<5>。騙す。

<6>。捏造しようとする。

<7>。まったく正当ではない(悪事を行うことの理由にならない)、言い訳。

<8>。強要する。

<9>。他人に悪事を行わせ(誘導、強要)、自分は隠れる。

<10>。悪人の行動、考え方などの特徴と一致。

<11>。現実逃避の表現を、他者に見て欲しがる(アピール、承認欲求、悪を行う自分を誤魔化す)。

<12>。現実を認識できる能力が無い。

<13>。妄想で考え出した善悪のルールに沿っての行動。

<14>。やりたい放題の行動の責任を取らず、逃避(自殺を含む)。(責任という概念の認識が無い)

<15>。『5人組や、5人組の仲間達』の、どこに「正しいものという表現」が存在すると思えるのだ?

  『5人組や、5人組の仲間達』が、悪事を行い続けている悪人であることは明らかである。

  現実を認識しろ。

  『5人組や、5人組の仲間達』を駆除すること。




★真実を認識する為の知識1

「悪いことだから阻止する」が正しく、「可哀想だから阻止する」は間違っている(記事No.248)

【★1。「悪いことだから阻止する」が正しく、「可哀想だから阻止する」は間違っている】

<1>。「可哀想だから」という行動する為の判断(理由)を、行動の決定に使うことは間違っている。

 ①。「可哀想だから」という理由は、「正しいことか、悪いことか」を判断するのに使われることであり、直接的に、行動の判断に使うものではない。

 ②。「可哀想だから」という理由は、「正しいことか、悪いことか」を判断するのに含まれている(下位に位置する、使われている)。

 ③。つまり、理論としては、「可哀想だから→悪いことである→悪いことは阻止する」が正しく、「可哀想だから→阻止する」は間違っている。

  (1)。「悪いことだと判断している」から、阻止するのであるが、「悪いことだと判断している」が抜けると、正しい判断が出来ない。

   1。この場合、可哀想だという感情だけで判断し、正しいことが行われていても、可哀想だから阻止する。と、いう間違った判断が作られる。

   2。この場合、可哀想なことは阻止するが、悪いことは阻止しない。と、いう間違った判断が作られる。

<2>。判断の理由、行動の決定に使うことは、「正義であるか、悪であるか」、「正しいことか、悪いことか」である。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、単純な思い付きで生きている(記事No.247)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、単純な『ひらめき』、『思い付き』で生きている】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、理論の無い、瞬間的で単純な『ひらめき』、『思い付き』、『頭に浮かんだ発想』で判断し、行動を決定して生きている。

 ①。行動した結果を、考えて行動することは無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、判断と行動は、その場面だけが、繋がりを持たない、単品として存在しているという認識である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、その場面が楽しければ、それで良いという価値観を持つ。

    場面には、必ず前後の繋がりがあるということは、考えるときに無い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、『その場しのぎ』の行動の連続で、生きている。

 ③。<現状の、まともな人>の、突然の、どのようにすれば良いのか分からない困った事態に、『即席に作る嘘』が考えに発生する場合と、思考回路が似ている。

  (1)。考える機能が働いていない状態である。

<2>。<現状の、まともな人>の、判断、行動には、必ず理論の考えが発生して、答えを選択する段階がある。

  ①。だから、<現状の、まともな人>の、判断、行動には、正当な意味(理由、目的)が付随する。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(主犯)は、誰もが見かけている人である(記事No.246)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(主犯)は、誰もが見かけている人である】

なぜなら、突然変異の、1人しかいない、姿形では無いから。

誰もが、『5人組や、5人組の仲間達』(主犯)と、似ている人を、見かけている。

こんなに巨大な悪事を行う人である。

刑務所、精神病棟などに存在している。

悪人だと分かることが可能な、姿形の人である。




カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ