<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、真っ直ぐに、考えることが出来ない(記事No.331)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に、正しく、真っ直ぐに、考えることが出来ない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「本当に手に入れたいもの」がある場合、「本当に手に入れたいもの」とは、「別のもの」を手に入れる為に行動する。

 <例えば>

 ①。親の愛情が欲しいと思って、親の怒りを手に入れる。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、親の愛情が欲しいから、親に怒られることを行うのである。

  (2)。愛情と、怒りでは、受け取るものが違い過ぎるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、それに気付かずに、欲しいものが手に入ったと認識して、満足している場合がある。

  (3)。自分が、「本当には愛情を欲しいと思っている」ことに気付かずに、「自分は怒りを手に入れたいと思っている」と認識している場合もある。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、手に入れたいものを、「手に入れられない行動」をする。

 ①。手に入れる為の行動が、手に入れること(結果)に繋がっていない行動をする。

 ②。行動が、「本当に手に入れたいもの」を、手に入れるという結果に、繋がっていない。

<例えば>

 ①。好きな女を手に入れる為に、好きな女に嫌がらせを行い、好きな女を殺して無くす。

  (1)。手に入れようと行動したのに、欲しくて手に入れたいものが、無くなってしまう結果になる。

  (2)。手に入れようと計画して(考えて)、手に入れる為に行動した(計画を実行した)のに、欲しくて手に入れたいものが、無くなってしまう結果になる。

 ②。幸せが欲しいのに、悪人を助力する。

  (1)。「本当の幸せ」を手放して(消して、無くして)、悪人がくれる「嘘の幸せ」を手に入れる。

  (2)。幸せが欲しいのに、悪人に加担したことで、罰が発生する道のりを選んだ。

  (3)。これを行えば、幸せになれると、妄想(決めつけ、現実逃避)して、悪事を行うこと。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な(正常な、正しい)理論をする為の機能が無いので、正当(正常な、正しい)な理論が出来ない。

 ①。正当な理論が出来ないので、欲しいものを手に入れる為に、何をするべきなのか、分からない。

 ②。正当な理論が出来ないので、欲しいものを手に入れる為に、必要なこと(行うべきこと)とは、別の(違う)ことをする。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、不可能なことを、可能であると妄想して行動して、不幸な状態を悪化させていく。

<例えば>

 ①。罰から逃れられると妄想して、罰から逃れる為に悪事を重ねて(増やして)、罰を増やす結果を受け取る。




★真実を認識する為の知識1

神は、悪人に怒りを持っている(記事No.330)

【★1。神は、悪人に怒りを持っている】

<1>。悪人に、一番に怒っているのは神である。

 ①。悪人に、天使や、被害者よりも、怒っているのは、神である。

 ②。何故なら、悪人とは、神の目的を阻害するものだから。

  (1)。何故なら、「神の目的の為の世界」であり、「神の目的が最優先の最大のもの」なので、神の目的に協力する天使や、神の目的の為に存在している被害者よりも、目的を邪魔された神の怒りとは、大きいものである。

  (2)。何故なら、神の目的は、天使や人の目的でもあるが、目的の達成を一番に望んでいる(欲しがっている)のは、神だから。

<2>。神は心を持っている。

 ①。怒りという感情の意味を知れば、神が怒る機能を持っていることは、当然であると理解できる。

  (1)。「★1の<1>」の怒りとは、目的の達成を望んでいるから、目的の達成が出来ない場合に、発生するものである。

  (2)。まともな人の『心と考え』を備えている人は、何かを行う場合に、必ず目的を持っている。

    神は、まともな『心と考え』を備えている。

  (3)。目的の無い、行動は有り得ない。目的が無いのなら、行動は発生しない。

  (4)。目的が無いのなら、計画は発生しない。目的が無いのなら、成形は発生しない。

<3>。ちなみに、神の一番の怒った状態とは、神の作った「全て」の世界の、消滅の始まりである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

悪人の要求は、受け入れてはいけない(記事No.329)

【★1。悪人の要求は、受け入れてはいけない】

<1>。悪人の、自分の都合だけしか考えない要求(要望、主張)を、受け入れる(反映する)ことは悪事である。

<2>。悪人の、自分の都合だけしか考えない要求(要望、主張)を、受け入れる(反映する)たびに、世界は不幸になっていく。

<例えば>

 ①。正論への「あの人の主張は、自分を傷付けるから、主張を辞めてほしい」と、いう悪人の要求(要望、主張)。

  (1)。「自分を傷付ける」と、いう自分の都合だけが理由では、相手が正論の主張を辞める正当な理由にならない。

  (2)。相手の正当な状態を、自分の都合の良いように、変更しようとすることは、悪事である。

   1。相手を、自分に都合が良くなるように、相手の意志を無視して(騙して、強要して)、相手を動かそう(変化させよう)とすることは悪事である。

   2。相手の正当な状態を、悪い状態だと認識するのは、悪人である。

  (3)。主点は、善か、悪かである。

   1。相手が善ならば、相手がそのまま続行することが正当であり、相手が悪ならば、相手を阻止するのが正当である。

<3>。悪人の、自分の都合しか考えない要求(要望、主張)を、叶える(指示を受ける)ことは、悪事の理由にならない。

 ①。悪事は悪事であり、悪いことである。




★真実を認識する為の知識1

悪人が、罰を受けることもなく、幸せな状態でいることは悪事である(記事No.328)

【★1。過去の、悪事の罰を受けていない、自由に利益を得て生きている悪人が存在する】

<1>。現状は、過去の悪事の罰を受けていない悪人が、罰から逃れようとして悪事を行って(重ねて)いる状態である。

<2>。悪人は、どれほどの罪を犯したのかの認識が無く、正当な罰の発生から逃れる為に暴れているだけである。

 ①。正当な罰から逃げることは不可能である。

 ②。逃げれば逃げるほど、罰の到着(発生)が遅れれば遅れるほど、罰は巨大化する。

<3>。悪人の、現状の悪事の多くは、いくら逃げても罰が追ってくる状態への、逆恨みの反抗である。

<4>。罪を犯した加害者が、罰を与えようとする正当な行動をする被害者を、駆除して罰から逃れようとするのは、悪事である。

 ①。悪人は、自分の行った悪事の罰から逃れる為に、自分の罪を知る人を、駆除しようとする。

 ②。悪人は、自分の行った悪事の罰から逃れる為に、自分に罰を与える権利を持つ被害者を、駆除しようとする。

 ③。悪人は、自分の行った悪事の罰から逃れる為に、自分に罰を与える権利を持つ人の全てを、駆除しようとする。

 ④。悪人は、自分の行った悪事の罰から逃れる為に、自分に罰を与える能力を持つ人の全てを、駆除しようとする。

<5>。悪人は、被害者から奪ったが、自分が奪われるのは嫌なので、自分に罰を与える(悪人から奪う)権利を持つ被害者を、駆除しようとする。

 ①。悪人が、「被害者から奪ったのに、自分は所持しようとする」ことは悪である。

 ②。悪人が、「被害者から奪ったものを、自分は所持しても構わない」という価値観は悪である。

 ③。悪人が、被害者から奪ったという事実(原因)は、常に存在し続ける。

<6>。悪人を、罰を受けることもなく、幸せを手に入れられる自由な状態にすることは悪事である。

 ①。悪人が、罰を受けることもなく、幸せな状態でいることは悪事である。

<7>。悪人は、自分の行った悪事の罰から逃れる為に、さらに悪事を行い続ける。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、悪事を理由にして、「<だから>他人に任せられない」と主張する(記事No.327)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人に任せられない」と主張する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人に主導権は与えられない」と主張する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人に自由は与えられない」と主張する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>自分が他人に強要するべきである(強要している)」と主張する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を強要して、他人が悪事を行ったことを理由にして、「<だから>他人が出来ないから、自分が代わりに行ってあげている」と主張する。

<2>。元々、本来、『5人組や、5人組の仲間達』に、「他人に主導権を与えるか与えないのか」の判断、決定をすることは、与えられて(許されて)いない(行ってよいことではない、悪事である)。

 ①。勝手な、他人の権利の侵害である。

 ②。勝手に、他人の幸せを奪い取っているのである。

 ③。正当な理由ではないので、<だから>の繋がりが間違っている。

  (1)。正当な理由では無いので、<だから>で、繋がらない理論である。

  (2)。正当な理論が成り立っていない主張である。

<3>。他人に悪事を行わせて、他人(の悪事)を批判しても、自分が悪事を行ってもよいという理由にはならない。

 ①。他人に悪事を強要して、他人(の悪事)を批判しても、自分が悪事を行ってもよいという理由にはならない。

 ②。他人に悪事を行うように誘導して、他人(の悪事)を批判しても、自分が悪事を行ってもよいという理由にはならない。

 ③。現実の真実として、他人に悪事を強要した悪人が、一番に悪い。

 ④。現実の真実として、他人に悪事を強要した悪人に、一番、主導権は与えられない。

<4>。悪人は、故意に、他人に間違わせ、間違えたことを理由に、他人の自由な状態を批判して、自由な行動をさせられない(任せられない)と主張する。

<5>。現実の真実としては、故意に、他人に間違えさせている悪人に、自由な判断、行動は任せられない。

 ①。現実の真実としては、故意に、他人に間違えさせていることが、理由になると認識している悪人に、自由な判断、行動は任せられない。

 ②。現実の真実としては、悪人に、他人の自由な行動を許可するか、許可しないかの判断や決定することは許されない(許可されない、権利が無い、してはいけない、悪事である)。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、解決方法が正当(正常、正解)ではない(記事No.326)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、解決方法が正当(正常、正解)ではない】

<例えば>

 ①。「人が死んで、悲しんでいる人がいるので、死人を生き返らせてあげた」。

 ②。「欲しがっている人の為に、欲しがっているものを泥棒してきてあげた」。

 ③。「新車の色が少し気に入らないと言っているので、新車を壊してあげた」。

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、正当では無い解決方法を強要(強行)する悪事から、不幸な結果が作られる。

 ①。被害が拡大する。

 ②。解決が必須である問題が増える(難度も増す)。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当の解決方法が出来ない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』が、正当では無い解決方法(悪事)を行うので、被害者、不幸などが増えている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、正当ではない解決方法(悪事)の、根本にあるのは、嫌がらせである。

 ①。行い(悪事)の結果、相手が嫌がることを予測して行っている場合が多い。

 ②。正当ではない解決方法(悪事)を行う為の、「嘘の善行」が理由にある場合が多い。

  (1)。自分は良いことを行おうとしたと、見せ掛ける(騙す)為の、「嘘の善行」である。

  (2)。悪事の、本当の目的は、「嘘の善行」を行うことではなく、悪事(悪いこと)を行うことである。

  (3)。悪事を行う為の理由として、「嘘の善行」があっても、悪事は悪事であり、悪いことである。

 ③。行い(悪事)の結果の、相手の不快感の反応が見たいという欲望があるので、行う場合が多い。

<3>。本当に、解決方法が正当では無い(正しくない解決方法であるという)自覚が無い場合もある。

 ①。自覚が無い『5人組や、5人組の仲間達』が、判断、決定、自由な行動などを行っているのは悪事である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』には、費用対効果の計算が無い(記事No.325)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』には、費用対効果の計算が無い】

<1>。費用対効果とは、使った費用によって、得られる成果である。

<2>。費用対効果の概念があると、お菓子1つを泥棒した場合に、殺されること(罰)が絶対である(可能性が高い)ならば、おかし1つを泥棒(罪)しない。

<3>。費用対効果の概念が分かる為には、それぞれの事象の、程度(どのぐらい)が認識できる必要がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、認識できない。

<4>。費用対効果の概念が分かる為には、それぞれの事象の、程度(どのぐらい)を、比べた「差」を認識できる必要がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、認識できない。

 ②。利益や、損失の認識には、「差」の認識が必要である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、行動から得られる利益、発生する損失の計算(把握、認識、予測)が出来ない。

 ①『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為に、他人の体に入り、他人の体を操作する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為に、人を犠牲にする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』が、お菓子1つを食べる為に、人が殺される。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為に、「他人の体に入り操作したこと(悪事)」で、罰を受ける為に、追われ続ける。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、お菓子1つを食べる為(少ない快楽の為)に、「他人の体に入り操作したこと(特大の悪事を行ったこと)」で、罰を受ける為に、追われ続ける(特大の苦痛を受ける)。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、少ない快楽の為に、特大の悪事を行うことを、選択して、決定して、実行して、特大の苦痛を受けることになる。


 


★真実を認識する為の知識1

「無理だ」の発言(記事No.324)

【★1。「無理だ」の発言】

<1>。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、元々(既に)、「無理(不可能)である」と、判断可能であった(認識していた)ことを、『5人組や、5人組の仲間達』は、判断(認識)することが出来なくて、「無理(不可能)ではない」と考えて行動する(悪事を行う)が、行動の途中で「無理(不可能)である」と気付いた場合の、『5人組や、5人組の仲間達』の発言。

 ①。その後、『5人組や、5人組の仲間達』は、破壊的な行動を取ることが多い。

<2>。「可能である」という判定をした、「判定の判断の材料の、知識、方法、理論など」を持っている人(私)が、行っていることを、「判定の判断の材料の、知識、方法、理論など」を知らない人が、勝手な妄想の判断で、「不可能である」と、判断(判定)した場合の、発言。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を、阻止しようと活動する人が、「断片的」な知識が増えるごとに、「断片的」な知識ではなく、「全体」を把握できたと妄想したり、判断の変化が発生するので、発言する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を、阻止できないと妄想する人の発言。

  (1)。可能であるという、「判定の判断の材料の、知識、方法、理論など」を持っていない人の発言。

 ③。私は、不可能なことを、行おうとはしない。

  (1)。不可能なことを行うことは、無駄であるので、まともな人の『心と考え』を備えている人は、行わない。

  (2)。「不可能であるか、不可能でないか」の判断の為の、理論などの「能力が有るのか、無いのか」である。

 ④。私は、可能であると認識しているから、行っていることである。

<3>。正しいことを行っている人の、「やる気を無くさせる為」、「嫌がらせをする為」、「自分の罪を暴かれないように、罰を受けないように、正しい人の正しい行いの邪魔をする為」などの、悪人の発言。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「無理だ」と発言することで、自分がカッコイイ状態であると、妄想して体感している場合がある。

 ①。「無理だ」と発言することは、自分は「他人に教えてあげる人」、「注目を浴びる人」、「人の行いへの否定」、「発見した(閃いた)人」などのカッコイイ状態であるという、『5人組や、5人組の仲間達』の、認識である。





★真実を認識する為の知識1

「正しいこと」以外は、「悪いこと」である(記事No.323)

<>。「正しいこと(もの)」と、いう概念がある。

 ①。「正しいこと(もの)」と、いう括り(くくり、範囲)がある。

<>。「正しいこと(もの)」と、合致しないものは、「悪いこと(もの)」である。

 ※補足1。「悪いこと(もの)」の定義を、簡単に説明すると、こうなる。

 ※補足2。「判断の必要性の無い、重要度(関心)が薄い、どうでもよいこと(もの)」、「善悪の中間のこと(もの)」を、「正しいこと(もの)」に含めた(括った)場合のこと。

 ①。「正しいこと(もの)」以外は、「悪いこと(もの)」である。

<>。つまり、「悪いこと(もの)」には、とても沢山の種類がある。

 ①。悪事、悪人には、とても沢山の種類がある。

 ②。1つ1つの悪事、悪人を分析して、再発しないようにする必要がある。

 ③。だが、それは、とても大変で時間がかかる。

 ④。だから、「どのように悪いのか」よりも、「正しいこと(もの)と合致するか、合致しないか」が、判断などに、優先されるべき場合が多い。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、悪事の1つ1つに精密に判断(対策)するよりも、「正しいこと(もの)と合致するか、合致しないか」と、判断(対策)することが必要な場合が多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、悪事の1つ1つに対策させようとする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、悪事の1つ1つに対策していないならば、対策されていない悪事は行っても良いと認識する。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「正しいことと、合致しないこと」を行っている。

  『5人組や、5人組の仲間達』は、「正しくないこと」を行っている。

  『5人組や、5人組の仲間達』は、「行ってはいけないこと」を行っている。

  だから、削除する。

  ①。この判断を、『心と考え』の芯として、基盤(土台)として持って、判断、行動をするべきである。






★真実を認識する為の知識1

「本物の私が選ぶ」ということが、「正しいこと」である(記事No.322)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』に、私への強要をさせるな】

<1>。「本物の私が選ぶ」ということが、「正しいこと(最善、正義、神の選択、神の代行)」である。

<2>。「本物の私が選ぶこと」と、「正しいこと」は、イコール(同じ)である。

<3>。つまり、「本物の私が選んだこと」ならば、「何でも正しいこと(もの)」である。

 ①。「私の偽者が選んだこと」ならば、「何でも間違っていること(もの)」である。

 ②。「私の偽者が選ぶ」ならば、「何でも悪事(悪いこと、もの)」である。

 ③。「本物の私以外が選んだこと」ならば、「何でも間違っていること(もの)」である。

 ④。「本物の私以外が選んだこと」ならば、「何でも悪事(悪いこと、もの)」である。

<4>。本物の私が選んだことを否定することは、「正しいこと(最善、正義、神の選択、神の代行)」を否定している状態である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が本物の私の選択を否定することは、「正しいこと(最善、正義、神の選択、神の代行)」の邪魔である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「正しいこと」が「何なのか」を知らない。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、本物の私の選択していることを否定(イチャモン)して、間違っていることを強要する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、本物の私の選択していることを否定(イチャモン)して、「『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)に都合の良いこと」、「私(神)の意志を無視したこと」、「不自然なこと」、「悪事」、「私(神)が嫌がること」などを、強要する。

  (2)。これに、神も、私も、怒りを持ち、『5人組や、5人組の仲間達』の削除を望んでいる。





★『5人組や、5人組の仲間達』

悪人は、理解が無いので覚えないし、忘れる(記事No.321)

【★1。悪人は、少ない要素の認識で判断して生きている】

<1>。意味が分からないことは忘れやすい。

<2>。悪人は、『心と考え』に欠陥があるので、理解が出来ず、意味の分からないことが、世界に大量にある。

<3>。意味を分かることが可能な人は、理解して、記憶に残りやすいが、悪人は、意味が分からないので、忘れる。記憶しない。

 ①。悪人は、意味が分からないことが、日常なので、意味が分からないことを、気に留めない。分からないままに放っておく。

 ②。悪人は、意味が分からないことは、聞いたという出来事すら、忘れてしまう。

<4>。悪人は、話を聞いても、意味が分からないので、忘れる。

 ①。悪人に、正しいことを言っても、意味が分からないので、忘れる。

<5>。悪人は、他の理由でも、忘れる。

 ①。悪人は、他の理由でも、覚えることが困難である。




★真実を認識する為の知識1

私の発言の「別に良い(平気)」、「別に構わない」について(記事No.320)

【★1。私の発言の「別に良い(平気)」、「別に構わない」について】

<1>。私の発言の解釈を、間違えている人が多いので、書いておく。

<2>。私は、悪人の悪事や、悪い状態について、「別に良い(平気)」、「別に構わない」という趣旨の発言をすることがある。

 ①。「悪人が、どんなに悪事を行っても、その悪事から発生する不幸の、一番の多い量を体験するのは、その悪人である」と、いう意味の発言である。

 ②。「悪人が、どんなに悪事を行っても、因果応報で、その悪人が、一番に不幸になる」と、いう意味の発言である。

 ③。「悪人が、どんなに悪事を行っても、その悪事に対応する悪人の受ける罰(不幸、苦痛)は、被害者の受けた不幸(苦痛)より、かなり増大した量である」と、いう意味の発言である。

 ④。「悪人が、どんなに悪事を行っても、【必ず、絶対、間違いなく】、その悪人が、罰を受けることになる」と、いう意味の発言である。

 ⑤。「悪人が、どんなに悪事を行っても、未来永劫(少なくても宇宙が終わるまで)、悪人に不幸(苦痛)が付きまとう」と、いう意味の発言である。

 ⑥。「悪人が、どんなに悪事を行っても、未来永劫(少なくても宇宙が終わるまで)、悪人に不幸(苦痛)が発生し続ける」と、いう意味の発言である。

  ※補足1。悪人の悪事の度合いが特大の場合、宇宙が終わった後も、不幸(苦痛)が続く可能性が高い。

 ⑦。「悪人が、どんなに悪事を行っても、死んでも、地獄で再生され、苦痛を味わい続ける」と、いう意味の発言である。

 ⑧。「悪人が、どんなに悪事を行っても、神の攻撃(因果)からの、逃げ場は無い」と、いう意味の発言である。

 ⑨。「悪人が、どんなに悪事を行っても、神から逃げれることは不可能である」と、いう意味の発言である。

 ⑩。「悪人が、どんなに悪事を行っても、悪人の悪事を防がなかった人(悪人と戦わなかった人、被害者を救おうとしない人)が、不幸になるだけである」と、いう意味の発言である。

 ⑩。たまに、「後で処理すれば良い」と、いう意味の場合もある。

<3>。悪人の悪事を許可している意味の発言ではない。

 ①。悪人の悪事は、無くすべきである。

<4>。悪い状態を、そのままで良いと、許可している意味の発言ではない。

 ①。悪い状態は、改善するべきである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が、よく言う台詞(記事No.319)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、言葉の意味の解釈が違う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、言葉の意味を正しく認識(解釈)することが出来ない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、事象を認識する能力に欠陥が有るので、事象を表す(知る、思考に使う)為の言葉の、意味の正常な認識も、出来ない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人と、同じ言葉への、意味の認識が、違う場合が多い。

 ③。言葉の意味の解釈には『心と考え』が使われる。正常な『心と考え』が無いのならば、言葉を正常に認識することも出来ない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、『心と考え』が正常ではなく、まともな人の『心と考え』を備えている人と違うので、選ぶ(使う)言葉も違う。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人と違う言葉を使うので、「『心と考え』を表現する為の言葉」、「必要とする言葉」は、「特徴」がある。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』の、使用する言葉は、『5人組や、5人組の仲間達』の『心と考え』の動き(思考、理論、状態、性格、物体など)を表現する。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』が、よく言う台詞】

<1>。「これ、あるからね」

 ①。相手の主張、行動などへの否定である。

 ②。「これがあるから、相手(の主張、の行動)はダメである(受け入れない)」と、いう主張。

 ③。イチャモンの理論からの否定であるが、この主張により、相手を否定する(受け入れない、攻撃する)理由を手に入れることが出来たと認識する。

 ④。相手が正しい(有能な)ことを行っている場合に、自分の低能の状態から、逃れようとして発言する。

   (1)。「相手が羨ましい」、「正しい(有能な)相手から、低能(悪人)な自分は攻撃を受けそうだ」などの考えからの発言。

 ⑤。相手が正しい(有能な)ことを行っている場合に、相手は低能であるという、周りにいる人への表現(誘導)である。

 ⑥。私は悪事をしているのではなく、「これが、あるから(相手が悪いから)」(悪事を)行っていた。と、いう主張である。

<2>。「まだやるの」

 ①。相手(状況)への否定(批判)である。

 ②。この否定は、善悪の判断からの、悪い方に向けられるのではなく、弱者の方に向く。

  (1)。自分はどちらの側に付けば得をするかの、相手の強弱の判断からの、批判の方向である。

  (2)。つまり、悪人の価値観からの発言である。

   ※補足1。一般的な人では、悪人の悪事を否定する場合に、悪人が強者だと判断していても、悪人に向かって発言されるが、『5人組や、5人組の仲間達』のこの発言の意味は少し違う。

 ③。「相手の有能な状態は、いつまで続くのか、いつ終わるのか」と、いう主張。

  (1)。相手の苦痛の状態を分かる場合、自分も苦痛を感じたり、何も出来ない自分を低能者(悪人)だと認識するので、その低能者(悪人)だという認識から、逃れようとする考え。

 ④。「終わる」という結果の為の、原因が無いが、状況が続くというのは、相手の有能な状態が続くことなので否定する。

  (1)。「終わる」という結果の為の、原因が無いが、状況が続くというのは、自分が低能な状態が続くことなので否定する。

  (2)。「終わる」という結果の為の、原因が無いが、「終わらないこと」への苦情は、問題点(着目点)が違うので、異常なことである。

   1。「悪いことが行われていること」への苦情が、正当である。「悪いことが行われていること」を解決すれば、終わるから。終わる為の正常な方法である。

   2。「原因が無いこと」への苦情が、正当である。「原因が無いこと」を解決すれば、終わるから。終わる為の正常な方法である。

   3。「悪いことが行われている」という、悪が問題で苦痛を受けているのである。

     「終われば、悪いことが行われている」という悪が、無くなるわけではない。

     悪が罰を受け、2度と発生しない処置がされた場合に、悪が無くなるのである。

 ⑤。相手を低能(自分は有能)だと認識しようと、努力している(妄想をしている)時に、発言されることが多い。

 ⑥。状況(状態)を低能だと認識しようと、努力している(妄想をしている)時に、発言されることが多い。

  (1)。状況を馬鹿にして、自分は「高みの見物」であると、いう妄想。

  (2)。無意味なことを行っている状況だという妄想。

    ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』は、無意味なことを行うが、『5人組や、5人組の仲間達』の無意味なことを阻止しようとする活動は、無意味ではない。

         見ている自分という存在が、阻止することが出来ない低能者であるという認識から逃れる為に、発言されることが多い。

<3>。「なんで、〇〇なの?」

 <例えば>

 1。「悪事を行ってはいけない」と、いう主張に、「なんで、悪事を行ってはいけないの?」という発言。

  ※補足1。悪事を行ってはいけないことは知っている場合。

  ※補足2。悪事を行ってはいけないことは知っているが、何故いけないのか、詳しく知らない(理解が出来ない)場合。

 ①。正論に対する否定。正論の内容を、そのままオウム返しにすることで、正論を批判する。

  (1)。相手が低能で、自分は有能であるという、妄想をする為の質問(表現)である。

   1。説明が出来ない人は、低能であるという妄想。

  (2)。「相手が間違っていることを言っている」と、いう表現。

 ②。自分は、その理論が「分からない人である」という表現。

  (1)。まともな人の『心と考え』を備えている人には、当たり前すぎて説明しない部分を、故意に、分からないと表現することで、相手を否定できるという妄想である。

   1。当たり前すぎて、言葉での説明が不要なものとして、当然備わっている『心と考え』からの認識が、理由(疑問への答え)である場合、言葉での説明は難しい。

   2。説明が出来ない(答えられない)相手は、低能であるという妄想。

   3。説明が出来ないのならば、理論は間違えているという妄想。

 ③。「それ以外にも受け取れる(曲解することが可能な)内容である」、「限定されていない(そうとは言い切れない)ことである」、という否定。

 ④。説明が出来ないのならば、「悪事を行っても良い」、「悪事を行っていけない理由など無い」という価値観(解釈)。

  (1)。「自分以外は低能者であり、分からない(説明が出来ない)ことに、ただ従っているだけであると、いう解釈」

 ⑤。当然なことが分からない人に説明しても、当然なことが分からない人は、分かることは出来ない。

  (1)。説明することが無駄(無意味)であると判定すると、まともな人の『心と考え』を備えている人は、無駄(無意味)なことは行わない。

  (2)。まともな人の『心と考え』を備えている人は、正論への相手の批判が、相手の低能を表していると、現実の真実を認識している。

  (3)。現実の真実として、当然なことが分からない人は、悪人(欠陥品)である。

<4>。「私も」。

  ※補足1。現実の真実として、同じである場合ではない。

 ①。他人が有能者であると、自分も他人と同じであるという主張(モノマネ)を行う。

 ②。他人の意見に便乗する(他人を利用する)。

  (1)。生理的に、相手が嫌がると認識していて、故意に、行う場合も多い。

  (2)。本当は、「何も意見を持っていなかった」、「別の意見を持っていた」などの場合に、「私も」と嘘を言い、他人の意見に便乗する(他人を利用する)。

 ③。明らかに、反対の意見を言っていたが、相手の意見を聞くと、「私も」と、乗り換える。

  (1)。手の平返し(易々(やすやす)と意見を変えること)が、低能者(悪人)の状態だという認識(価値観)が無い、卑怯者である。

  (2)。「反対の意見を言っていたことは、無くならない事実」である。

    だが、「意見を乗り換えれば、反対の意見を言っていたことが、無くなる」と、いう妄想(価値観)を持つ。

  (3)。明らかに、反対の意見を言っていたが、相手の意見を聞くと、「私も」と、乗り換える場合、悪人の群れに受け入れられやすい(悪人に好まれる)。

    明らかに、反対の意見を言っていたが、相手の意見を聞くと、「私も」と、乗り換える場合、善人の群れから、削除されやすい。

 ④。まともな人の『心と考え』を備えている人は、明らかに、反対の意見を言っていたが、相手の意見を聞くと、「私も」と、乗り換えた人の意見を、嘘では無い現実の真実の意見であると、認識しない。

 ⑤。相手が有能者で、自分が低能者である状態を認識すると、自分の立場が有能者であると妄想する。

  (1)。自分は相手と同じものだと妄想する。自分は相手と同じ能力を持っていると妄想する。

  (2)。相手の「全て」をモノマネして、相手に「成りきる」行動を行う場合もある。

 ⑥。相手が有能者で、自分が低能者である状態を認識すると、自分の仲間に入ろうとする。

<5>。「私、知っているの」

 ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』の、この言葉は、嫌がらせ(悪事)以外で、発言されることは無い。

 ①。あなたが不幸(低能)な状態であることを、私は知っていると、いう主張である。

  (1)。自分は有能で、相手は低能であるという表現である。

  (2)。情報を持っているという主張(状態)が、悪人の生存方法として、当然(普通)のことなので、生まれ付き、自然に悪人が行う嫌がらせ(悪事)である。

  (3)。悪人の嫌がらせの大半がそうであるように、相手に攻撃を受けないだろうという予測を持って、行われる嫌がらせで(悪事)ある。

  (4)。あなたが知らないことを、私は知っていると、いう主張である。

 ②。同時発生の、それを見ていた他の悪人が、その嫌がらせを否定して、自分が有能であると表現する場合がある。

  (1)。それを見ていた他の悪人は、その悪事を行った悪人を否定する行動をする。

  (2)。それを見ていた他の悪人は、その悪事を否定することで、自分はその悪人とは違う有能者であると、表現する場合がある。

  (3)。それを見ていた他の悪人を利用して、自分を有能者(善人)に見せ掛ける、悪人の手段である。

  (4)。それを見ていた他の悪人を利用して、自分を有能者(善人)に見せ掛ける、悪人の自分だけは助かろうとする手段である。

  (5)。悪人の、被害者に取り入る(善人の群れに潜入する)手段である。

 ③。「★2の<5>の②」とは別に、まともな人の『心と考え』を備えている人の価値観では、この嫌がらせは悪事なので、行った悪人を否定する行動をするべきである。

  (1)。悪人が、善人であると、見せ掛けるのではなく、まともな人の『心と考え』を備えている人も、悪事を行った悪人を否定する。

  (2)。悪人が、善人であると、見せ掛けることは悪事であり、まともな人の『心と考え』を備えている人が、正当な正しい行動をするのは、当然(善行)のことである。

<6>。「私、辞める」

 ①。「私は、悪事を辞める」、「私は、悪人と一緒に行動することを辞める」などの表現であり、「辞めることで解決できない状況(状況の解決方法にならないこと)」、などの場合に、安易に発生する。

 ②。悪人は、悪事を行ったのに、罰を受けずに、悪事を行うことを辞めれば、全てが解決すると考える。

  (1)。悪事を行った事実が、悪事を行うことを辞めれば、全て無くなると考える。

  (2)。悪人は、その場から逃げることで、罰を受けることを解決して先祖から生き残ってきたので、「辞める(逃げる)と、解決する」と考えやすい(価値観を持っている)。

  (3)。現実の真実として、悪事を行ったこと(事実)は、悪事を行うことを辞めても、罰を受けなければ、無くならない。

 ③。悪人が、逃げ切れないと判断(認識)した場合にも、発生しやすい発言である。

  (1)。「反省している」、「自分は本当は悪人では無い」などに、見せ掛ける(誘導する)為の発言である。

 ④。悪人は、悪事を辞め、その後、罰を受ける(反省する、改善する)こともなく、普通の生活をする(行おうとする)場合が多い。

 ⑤。つまり、悪人は、悪事を大きなもの(重要なもの、大事(おおごと))ではないと、認識している。

<7>。「彼女は辞めないな」

 ①。「自分は間違えていた、これからは間違えないから大丈夫」と、いう主張である。

  (1)。この主張は、正当な理論ではない、証が無い、実績が無い、言い逃れ、妄想、嘘の主張である。

  (2)。現実の真実としては、「本当は、間違えていることを(悪事であることを)、知って(自覚して)いたのに、(悪事を)行った」である。

  (3)。現実の真実としては、「今後も間違い(悪事)を続ける(長い歴史に、正しかった(成功した)実績は無い)」である。

  (4)。現実の真実としては、正しいことをする(成功する)という結果になる為の、原因(要素)が無い状態である。

    現実の真実としては、正しいことをする(成功する)という結果になる為の、正当な理論が無い状態である。

    現実の真実としては、「正しいことをする(成功する)」という妄想(嘘)が有るだけである。

 ②。絶対に負けることが無い神が、主張を曲げることは、ありえないことである。

  (1)。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、あり得ないことを、あり得ると妄想して、間違ったことを行っているから、この発言が出るのである。

  (2)。神が正しい主張を曲げることは無いが、『5人組や、5人組の仲間達』は、神の正しい主張を曲げさせようと行動する。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、不可能なことを、可能であると妄想して、私や<善人の仲間>の邪魔をしている。

  (4)。神は正しい主張を辞めない。神は諦めない。

  (5)。『5人組や、5人組の仲間達』の駆除以外の、現状の解決法は無い。

 ③。既に、絶対のこととして確定していたことであるが、「今、知った(分かった)」という主張である。

  (1)。「自分は、知らなかったから、(悪事を)行っていた」、「知っていたら、(悪事を)行わなかった」と、いう主張である。

   1。現実の真実としては、「知っていても、(悪事を)行った」である。

   2。現実の真実としては、「知っていたが、(悪事を)行った」である。

  (2)。「知らなかったならば、仕方がないと思ってもらえる」と、いう主張である。

  (3)。「知らなかったならば、低能者ではないと、思ってもらえる」と、いう主張である。

  (4)。「知らなかったならば、許される」と、いう主張である。

  (5)。「今、知ったから、今までの自分の行動は失敗したわけではない」と、いう主張である。

   1。「自分の負けではない」、「自分は低能者ではない」と、いう主張である。

  (6)。現実の真実として、当然のこと(まともな人の『心と考え』を備えている人は、既に知っていたこと)であったが、『5人組や、5人組の仲間達』は、「今、知った(分かった)」と、主張している状態である。

<8>。「〇〇じゃないと、いけないんだ」

 ①。決めつける。勝手な解釈。妄想。

  (1)。相手の正論への否定である。

  (2)。現実の真実として、全ての状況に臨機応変に判断して行動するという、正しい生き方の為には、その状況に合う柔軟な発想(判断)が無い、1つに決めつける状態ではいけない。

 ②。曲解をすることで、間違った解釈をすることで、現実逃避をして行動する。

  (1)。「故意に」、間違った解釈を正しいと認識して、「故意に」、その間違った解釈を使った行動をする。

  (2)。自分が、間違った解釈をして、間違った行動をすることで、相手に嫌がらせを行えるという価値観である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意ではない場合も、間違った解釈を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しい理論や、正しい認識をすることが出来ないから。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った解釈からの判断(主張)を、他人に強要する。

<9>。「〇〇というのはね」(眼鏡女、目細女の場合が多い)

 ①。相手の正当な行動への批判。イチャモン。オウム返しである。

 ②。その主張を裏付ける、正当な理論(理由、証拠)は言わない(無い)が、とにかく否定を行う。

  (1)。この否定を聞いた『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行う理由が出来たと受け取る。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、指示を受けたことを、行っただけであると認識する。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、困っている人を、助けただけであると認識する。

    ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』は、困っている人の主張の、理論の詳細(主張の正当さ)は確認しない(悪事を行う判断に関係ない、構わない)。

    ※補足2。『5人組や、5人組の仲間達』は、困っている人の主張の、善悪の判断(主張の正当さ)は確認しない(悪事を行う判断に関係ない、構わない)。

   3。現実の真実として、悪事を正当化できていない。

    現実の真実として、悪事は悪事であり、悪いことであることに変わりはない。

 ③。現実の真実として、正当な行動への批判は、悪事である。

<10>。「これはダメ」

 ①。正義の人が、悪人の駆除(正しいこと)を行っていると、駆除の進め方(過程、手順)を部分的に捉えて、批判する。

  (1)。正義の人が、悪人を攻撃すると、「攻撃したこと」の単品(部分的)を捉えて、悪いことであると認識(主張)する。

  (2)。現実の真実として、全体を捉えると、正義の人が悪人を駆除している、善行であることが分かる。

 ②。正しい判断には、全体を大きく捉える必要がある。

  (1)。判断に使う、認識する範囲は、「大きければ、大きいほど」、「多ければ多いほど」良い。

  (2)。部分的な認識では、正しい判断が出来ない。

  (3)。全体として、見えてない(知らない)部分に、何があるのか、知るべきである。

    批判の前に、正しいこと(現状を深く詳しく知る、正しい情報、何故なのか)を知るべきである。

 ③。現実の真実として、正しいことを批判することは悪事である。

  (1)。正しいことが行われているのに、本能的な恐れから、悪いことが行われていると、間違った解釈をしてはいけない。

  (2)。正しいことが行われているのに、本能的な恐れから、早く終わらせ(逃げ)たくて、出鱈目な判断からの、間違った解釈(行動)をしてはいけない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「与えてあげているのに、感謝しないのは悪い」という価値観から、正当な幸せを手に入れている人から、幸せを奪う。

  (1)。私や<善人の仲間>が、正当な幸せを手に入れている状態から、幸せを奪う場合の、「悪事を行う(幸せを奪う)、理由(イチャモン)」や、「悪人の仲間への、悪事の誘導(仲間の悪人は指示が出た等と、受け取る)」である。

  (2)。善人が正論として、悪人を否定すると、「自分を否定したから悪い」と妄想(悪人の間違っている価値観)を理由(イチャモン)にして、正当な幸せを手に入れている人から、幸せを奪う。

    現実の真実として、正しいことを間違っていると主張(批判)する、悪人が悪い。

  (3)。善人が正しいこととして、悪人を削除(攻撃)すると、「自分(悪人)を削除(攻撃)したから悪い」と妄想(悪人の間違っている価値観)を理由(イチャモン)にして、正当な幸せを手に入れている人から、幸せを奪う。

    現実の真実として、正しいことを間違っていると主張(批判)する、悪人が悪い。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「与えてあげたのに、自分を敬わないから悪い」と妄想(悪人の間違っている価値観)を理由(イチャモン)にして、正当な幸せを手に入れている人から、幸せを奪う。

    1。元々として、本来として、正当な状態として、善人が、正当な幸せを手に入れている状態は、当然の状態である。元々あった状態である。あるべき状態である。

    2。元々の、本来の、正当な状態として、善人が、正当な幸せを手に入れている状態を、『5人組や、5人組の仲間達』が奪った(壊した)状態である。

    3。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の、「与えてあげた」という理論は、成り立たない。

    4。現実の真実として、良いこと(善行)とは、見返り(自分が敬われる、利益がある)を求めないで、行うことなので、「与えてあげたのに、自分を敬わないから、相手は悪い」という理論(主張)は、成り立たない。

    5。「自分が相手に与えてあげたのに、相手が自分を敬わないから、相手は悪い」という理論(主張)は、悪人の理論(妄想、価値観)である。

  (5)。善人が、正当な幸せを手に入れるのは、正当なこと(権利)であり、『5人組や、5人組の仲間達』が、その幸せを奪うことは、悪いこと(阻止するべきこと)である。

  (6)。善人が、正当な幸せを手に入れるのは、正当なこと(権利)であり、『5人組や、5人組の仲間達』が、その幸せを奪うか奪わないかの判断をしたり、強要をすることは悪いこと(阻止するべきこと)である。





★私の状態

私の意志は、<善人の仲間>を幸せにしたい(記事No.318)

【★1。私は、<善人の仲間>を幸せにしたい】

<1>。私の意志(意向)は、「<善人の仲間>を、幸せにしたい」ことである。

 ①。私は、いつも、<善人の仲間>に、「完全なる幸せ」を与える為に行動している。

 ②。だが、いつも、『5人組や、5人組の仲間達』に邪魔されて、<善人の仲間>に、「完全なる幸せ」を与えることが出来ていない。

 ③。本物の私の活動が、『5人組や、5人組の仲間達』に邪魔されて出来ないことから、<善人の仲間>に、本物の私だけが与えることが出来る、「完全なる幸せ」を与えることが出来ていない。

  (1)。本物の私の肉体が操作され、本物の私が行うべきことが出来ないので、<善人の仲間>に、本物の私だけが与えることが出来る、「完全なる幸せ」を与えることが出来ていない。

  (2)。本物の私の肉体を、私の偽者が操作することで、本物の私が行うべきことが出来ないので、<善人の仲間>に、本物の私だけが与えることが出来る、「完全なる幸せ」を与えることが出来ていない。

  (3)。「完全なる幸せ」とは、「発生する全ての状況に、モノマネではない、本物の私の最善の対応をする」、「どんな状況にでも、モノマネではない、本物の私の最善の対応をする」、本物の私の最善の善行によって、<善人の仲間>が手に入れることが出来るものである。

    私の偽者や、『5人組や、5人組の仲間達』が、私のモノマネなどを行うのならば、<善人の仲間>は、「完全なる幸せ」を手に入れることが出来ない。

 ④。過去に、本物の私は、<善人の仲間>に、「完全なる幸せ」を与えることが出来ないことが悲しくて、何度も「ごめんね」と言っている。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』に邪魔されることが無ければ、<善人の仲間>に「完全なる幸せ」を与えることが出来て、「ごめんね」と謝ることなど無かったのに、『5人組や、5人組の仲間達』に邪魔された結果、「ごめんね」と謝ることしか出来ない、悲しみの状態が発生した。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』に邪魔されることが無ければ、<善人の仲間>に「完全なる幸せ」を与えることが出来て、悲しくなることも無いのに、『5人組や、5人組の仲間達』に邪魔されてた結果、悲しみ(不幸、苦痛)の状態が発生した。

<2>。神は<善人の仲間>が大好きである。

 ①。<善人の仲間>は、神のお気に入りである

 ②。神は<善人の仲間>に、幸せになって欲しいと望む。

 ③。神は<善人の仲間>が、とても大事である。

 ④。神は<善人の仲間>が、不幸な状態にあること(「完全なる幸せ」を手に入れられない状態であること)に、とても怒りを持っている。

 ⑤。<善人の仲間>に不幸を与える悪人には、神の大きな罰が発生する。

 


★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が批判された」と、周りにいる人に表現する(記事No.317)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、批判された場合、「〇〇と批判された」という趣旨の内容のことを、周りに居る人などに言う】

<1>。「自分は批判された内容を、気にしていない有能である」、「自分は相手の攻撃が効いていない有能である」と、いう周りに居る人などへの、自分の有能さの表現である。

<2>。「有能の自分に、低能者が、反発している状態である」と、いう周りの人への、自分の有能さの表現である。

 ①。自分が低能であると認識している場合に、低能の状態に困っている(負けそうな)自分を隠そうとする表現である。

 ②。自分が有能であると妄想している場合に、自分の快楽を周りの人に提示して、自分の有能さや、快楽などの同意を求める。

 ③。相手より自分の方が有能であると、差を妄想して、快楽を得る。

<3>。批判により、傷付いた(動揺した)感情を、周りの人に癒して(励まして)欲しいという表現である。

 ①。自分は批判されたけど、「この批判に、周りの人はどう思う?」、「この批判に、周りの人は、どのように処置(行動、反逆)したい?」という表現である。

  など。

<4>。「私は批判された被害者の状態である」という、周りの人への表現である。

 ①。「私を批判した相手は、悪い人である」という、周りの人への表現である。

 ②。「自分が被害者であり、相手は加害者の悪人であると、相手を批判している」表現である。

  (1)。相手を悪人であると提示することで、相手を攻撃する理由を作り、相手を攻撃することへの罰から逃れようとする表現である。

  (2)。相手を悪人であると提示することで、相手を攻撃する理由を作り、仲間の助力を得ようとする表現である。

 ③。「批判された」という主張で、相手が悪人であり、相手を攻撃する理由が出来たという妄想(価値観)は、間違っている。

<5>。批判されている内容(理由)が、真実の正しいもの(正義)であるならば、批判を言っている人は正しい人あり、批判することは正しいことである。

  つまり、批判されている内容(理由)が、真実の正しいもの(正義)であるならば、現実の真実の状態では、批判を言われている人が、悪人である。

 ①。批判している人が全て悪人ではない。

 ②。批判していることが、全て悪事では無い。正しい批判も有る。

 ③。だから、「批判された」という主張で、相手が悪人であり、相手を攻撃する理由が出来たという妄想(価値観)は、間違っている。

<6>。「私は〇〇ではないのに、〇〇と言われた」という、相手が間違っている低能者であると、いう周りの人への、自分の有能さの表現である。

 ①。相手が間違っていて、自分は低能者ではないと、いう周りの人への、自分の有能さの表現である。

 ②。「相手が間違っていることを言っている」と、いう否定(批判)の表現である。

 ③。「相手が変なこと(おかしなこと、正当ではないこと)を言っている」と、いう否定(批判)の表現である。

<7>。現実の真実としては、相手が正論を言っていることが多い。

 ①。現実の真実としては、「内容の意味が理解できないだけ」であることが多い。

 ②。現実の真実としては、「相手の正論を受け入れたくない(同意したくない)だけ」であることが多い。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な認識から、異常な繋がりの思考をする(記事No.316)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な認識から、異常な繋がりの思考をする】

<1>。悪人は、事象を見ても、正当な認識する機能が無いので、事象の正当な(現実的な、真実の姿の)認識をしない(出来ない)。

 <例えば>

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人が、綺麗なものだと感じている事象を、悪人は、食べれそうだと認識する。

 ②。まともな人の『心と考え』を備えている人は、事象の全体像を認識しているが、悪人は部分の認識をしている。

   (1)。悪人は、全体像を認識できる為の、認識の機能が無い。

   (2)。全体像を認識する為には、認識の為の複数の機能が必要であるが、その複数の機能の内の、幾つかに欠陥があり、正常に機能していない部分が有る。

    だから、全体像を認識することが出来ない。事象の、色、形、材質、人との関係性、生存との関係性などの欠陥。

<2>。この欠陥は、正常な繋がりを持った思考(認識)が出来ない状態である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がりを持った思考(認識、理論)が出来ない。

<3>。この欠陥から、正常な繋がりを持った思考(認識)が出来ず、異常な繋がりで思考をすることになる。

 ①。悪人とは、必ず、異常な繋がりで思考をするものである。

   正常な繋がりで思考をする人は、悪事を行わない、悪人にならない。

   欠陥があるから、悪事を行おうと、思考(発想、発案)するのである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な繋がりで思考をしている。

<4>。悪人は、異常な認識で、事象を認識して(全てのものを知り、全てのものを把握して)、その異常な認識から、異常な繋がりをする発想をするのである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事(全ての物事への)の認識(発想)である。




    

★真実を認識する為の知識1

強要していないか、行動に気をつけて欲しい(記事No.315)

【★1。強要していないか、行動に気をつけて欲しい】

<1>。正当な判断が出来ない人が、自分は判断が出来る(可能な、権利がある)人だと妄想して、私に「強要する」ことがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』と、同じ生き物である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』と、同種の悪人である。

 ③。この悪人は、大量に存在する。

 ④。自分は『5人組や、5人組の仲間達』と戦う側の人だと、妄想する悪人が、自分は私に強要が出来る人であると妄想して、強要する。

  (1)。強要する人は、絶対に、<善人の仲間>ではない。

<2>。現状、『5人組や、5人組の仲間達』に、強要をされている私の状態を考えて行動するべきである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、モノマネするので、強要していないか、気をつけて行動して欲しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が行っていることを、自分も同じ権利(能力)が有ると妄想して、同じことを行おう(同じ利益を得よう)とする。

<3>。私に許可が取れるなら、許可を取るべきである。

 ①。本物の私の活動が阻害されていて、補助(自発的な考えからの行動)が必要だと考える人は多い。

   (1)。だが、実際に役に立つ補助が出来る人は少ない。

   (2)。実際に役に立つ補助が出来る人と、実際に役に立たない邪魔な補助(善悪の正常な判断の無い、破綻した理論からの、勝手な行動)をする人がいる。

     出来る人か、出来ない人かの判断を、確実に出来るのは、私のみである。

     『5人組や、5人組の仲間達』が、出来る人か、出来ない人かの判断をすることは、凶悪な悪事である。

   (3)。実際に役に立つ補助が出来る人は、許可を取るべきだと判断していることが多い。

   (4)。補助が必要だと考え、自分に補助が出来ると妄想して、強要や邪魔などの悪事を行う悪人は多い。

<4>。私の意志の尊重を考えた行動をするべきである。

 ①。私は「強要」について、かなり強く注意するように言っている。大きな意味のあることである。





★真実を認識する為の知識1

正当な人生を生きるべきである(記事No.314)

【★1。本来の世界、人としての本来の生き方、正当な人生を生きるべきである】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、捏造された、嘘の情報で生きて、真実を知らずに、正しいことを行わずに、一生を終える人は不幸(とても悲しいこと)である。

 ①。生きる意味を達成できなかったことは、不幸な(とても悲しい)ことである。

 ②。命や、人生や、『心と考え』などを、弄ばれ、『5人組や、5人組の仲間達』に、都合よく利用されることは、不幸な(とても悲しい)ことである。

<2>。その無意味な繰り返しの人生を、行い続けることは、不幸(とても悲しいこと)である。

<3>。これは、『5人組や、5人組の仲間達』に、作り出されている、不幸(とても悲しいこと)である。

<4>。これは、『5人組や、5人組の仲間達』に、強要されている、不幸(とても悲しいこと)である。

<5>。過去に、『5人組や、5人組の仲間達』と、戦わなくても良いと判断して行動したことから、今に作られた結果である。

 ①。過去に、「自分さえ良ければ、他人が苦痛を受けていても、構わない」と判断して行動したことから、今に作られた結果である。

 ※補足1。もちろん、過去に、戦った人達も存在する。

       戦う人達はゼロになることは無い。

       戦う必要性が有ると判断できる機能を持つ人がゼロになると、社会が機能しなくなるから。

 ②。過去に、「今の自分さえ楽しければ、未来の自分は苦痛を受けても、構わない」と判断して行動したことから、今に作られた結果である。

<6>。現状、自分の生きる人生が、まともな人の『心と考え』を備えていない悪人に、全て判断されて強要されている状態である。

 ①。私だけでは無い。世界中の人がその状態である。

 ②。どんな悪人が、全て判断して強要しているのかを知れば、驚愕するだろう。

  (1)。これほど凶悪なことが出来る悪人である。




★真実を認識する為の知識1

悪人には、幸せを与えないこと(記事No.313)

【★1。悪人には、幸せを与えないこと】

<1>。悪人が、幸せになることは、罪(悪事、悪いこと)である。

<2>。悪人が、体感した幸せを、全て、罰に変えて、悪人に与える。

<3>。悪人に、幸せを与えた人には、罰を与える。





★私の状態

偽者対策の一環(記事No.312)

【★1。偽者対策の一環として行う】

<1>。私が、善の活動をするときは、広く情報を開示(公表)する。

 ①。情報の不透明な部分がある場合、私の偽者が、活動している可能性が高い。

 ②。動画配信を予定している。

 ③。動画配信の可能性が高い。

<2>。私が、善の活動を仲間と行うときは、仲間の紹介(情報、誰が仲間か、仲間がどんな人か)を、広く開示(公表)する。

 ①。動画配信の可能性が高い。

 ②。過去に、私の偽者の邪魔で、仲間の全てを紹介できなかったことがある。

 ③。動物などの生き物には、分かりやすいように、名前を書き入れたいと思っている。

   (1)。最初は、本物の私の、直筆を予定している。

<3>。私の、善の活動は、大衆(まともな人の『心と考え』を備えている人)が、理論の納得を出来るものである、本物の私は、行動の説明をする。

 ①。私の、善の活動は、本物(本人)の行動であると、納得できるものである。

 ②。私の行動が、私の偽者(悪人、サイコパス)が好みそうな行動だと感じたら、行動の説明を求めて欲しい。私の偽者の行動の可能性があるから。

 ③。行動の説明とは、行動を行う理由、何故その行動を行うのか、などである。

 ④。本物の私は、無意味な行動を行わない。






★やる事の提示・「行うこと」

主犯(しゅはん)を、まずは削除する必要がある(記事No.311)

【★1。現状の悪い状態を作り出している、主だった人(主犯(しゅはん))を、「まずは」削除する必要がある】

<1>。だから、私は「主犯」を教える。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、大量に存在する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、世界中の人と、子孫を作り出すことが出来るので、どんな種類の人でも、『5人組や、5人組の仲間達』として、存在する可能性がある。

 ②。世界中のどんな悪人でも、『5人組や、5人組の仲間達』は、子孫として取り込み、悪人の仲間を作り出すことが出来る。

 ③。主犯だけでも、かなりの数が存在する。

<3>。私は、過去からずっと、「敵」、「主犯」と、発言(表現、提示)して、行うべきことを、そのままに大衆に教えている。

<4>。主犯は、「クローンを作成する機械の操作」、「他人の肉体を乗っ取る機械の操作」などの、現状の悪い状態を作る、主要な悪事を行っている人である。

 ①。この機械を操作している人に、罪悪感は無い。

  (1)。自分は、機械を操作しているだけであるという、認識で、悪事を行っている。

   1。指示を受けているだけで、悪人は別にいる自分ではないと、いう認識など。

  (2)。『心と考え』が無いので、罪悪感というものは、備わっていない。

<5>。主犯は、『5人組や、5人組の仲間達』が、どんな行動をすれば良いのか、指示(命令、誘導)を出している人である。

 ①。他の悪人に、悪事を行うように、誘導することも、指示を出している状態である。

<6>。主犯を削除すれば、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が止まる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他の人が悪事を行っているから、自分も悪事を行うという考えのものも多い。

  (1)。一人では、怖くて悪事を行わない悪人は多い。

 ②。自発的に、勢いよく、躊躇なく、悪事を行う活動を行っている主犯を、削除することで、大きく悪事が阻止できる。

<7>。主犯は、一般の大衆の中にも多く存在する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、単純な、潜伏の生活として、主犯が一般の大衆の中に存在することが多い。

  (1)。逮捕などされている場合も多い。

 ②。大衆心理を、誘導する種類の人が、主犯である可能性が高い。

  (1)。大衆心理を、誘導する種類の人は、『5人組や、5人組の仲間達』に気に入られ、主犯に抜擢される可能性が高い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、単純な、潜伏の生活として、自分が『5人組や、5人組の仲間達』である認識の無い悪人が、備わっている悪人の機能の反応として、悪人として行動しているだけである。

   ※補足1。自分が『5人組や、5人組の仲間達』である認識を持つものもいる。

 ③。小さな力しかない場合も多いが、数多く存在して、着実に『5人組や、5人組の仲間達』を補助する働きをする人達である。

    ※補足1。この悪事に、誘導されないように注意すること。

           誘導の効果はゼロには出来ないが、誘導の効果を少なく防ぐことは可能である。

 ④。この大衆の中に存在する、よくいる種類の悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』に気に入られて、過去に何度も、善人の活動の邪魔を、直接的に行うことが可能な位置に存在する。

<8>。主犯とは、現状を作り出す、「主要な原因」である。

<9>。クローンなので、同時に複数人が存在する場合がある。

 ①。一人が、普通に生活していたとしても、もう一人が悪事を行っている場合がある。

  (1)。DNA、人間性を知ると、主犯を削除することの補助になる。

  (2)。一人を調べて、主犯だという情報が取れなくても、本物の私が、操作されていない状態で「主犯」だと言っているのならば、主犯であることは間違いない。

 ②。過去に、主犯として活動していた人が、現在、普通に暮らしているからといって、主犯ではないとは、ならない。

  (1)。過去に、主犯として活動していた人が、現在、普通に暮らしている状態は、異常(悪事)である。

  (2)。主犯(悪人、悪事を犯した人)だと認定されているのに、現在、社会で、悪事を行える状態で、自由に暮らしている状態は、異常(悪事)である。

  (3)。主犯(悪人、悪事を犯した人)だと認定されているということは、悪事を行う物体であるということである。

 ③。私が主犯だと提示している場合、「私が主犯だと提示している」と、認識すること。

  (1)。本当に主犯であるかどうか分からない状態の場合、「私が主犯であると提示している」と、いう現実の認識を持つこと。

  (2)。「私が主犯であると提示している」ことを、どうでも良いことだと捉えて、油断しないこと。

<10>。主犯(敵、悪人)を削除し続け、主犯(敵、悪人)が、もう2度と発生しないように、主犯が存在しない状態の未来(世界)を作り、維持しないといけない。

 ①。何度も悪人を削除しても、その都度、『5人組や、5人組の仲間達』に、その悪人をクローンで作られる(その悪人が自由に悪事を行える状態、その悪人が自由に生存している状態、削除したその悪人がまた居る状態、削除したその悪人が削除されていない状態)では、悪人の存在する(悪人の減らない)不幸な世界は、幸せな世界に改善しない。 

 ②。何度も悪人を削除しても、その都度、『5人組や、5人組の仲間達』に、削除した状態(悪人の存在しない(居ない)状態)を無くされるのでは、悪人の存在する不幸な世界は、幸せな世界に改善しない。

  (1)。確定した悪人を、「必ず」削除することで、かなり防げる。









★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、問題に適切な解決方法が行えない(記事No.310)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、問題に、適切な解決方法では無く、間違っている解決方法を行おうとする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、適切な解決方法ではないことで、問題の解決を望んでいる(欲望の)人に、嫌がらせを行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が望んで(欲しがって)いることを、与えないことで、相手に嫌がらせを行い、快楽を得る。

 ②。故意に、嫌がらせの為に、自分は適切な解決方法が、分からない人であると、見せ掛ける。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の価値観では、自分が問題を解決しないといけない立場は、自分が主導権を握っているという立場である。

  1。自分が有能者であり、他人が低能者であるという状態である。

  2。『5人組や、5人組の仲間達』は、主導権(弱み)を握られている相手が、主導権(弱み)を握っている自分の、命令に従う状態であると、認識する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の価値観では、問題を解決しないといけない立場は、自分が低能者で、相手が有能者である状態なので、不快感を感じる。

 ①。不快感のある現実から逃避する為に、相手の嫌がる解決方法を行い、自分が有能者で、相手が低能者であると、妄想する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の価値観では、相手の利益の為に、素直に、真っ直ぐ正当な、適切な解決方法を行うことは、自分の敗北を意味する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の価値観では、相手の望む(主張する)ように、素直に、そのまま、指示(命令)を受け入れることは、自分の敗北を意味する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』には、正当な理論の為の、繋がりが正しく分かる機能が無いので、適切な解決方法が、分からない。

 ①。正しく問題解決をする為には、問題の発生の「原因」と、問題の発生している「結果」の繋がりを、正しく把握する機能が必要である。

 ②。正しく問題を解決する為には、問題が解決した状態の「結果」と、その結果を作る為の「原因」(問題の解決方法)の、繋がりを、正しく把握する機能が必要である。

 ③。繋がりが正しく認識することが出来ないと、解決(結果)の為に、どんな問題(原因)を作り出せば良いのかが分からない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、『心と考え』の機能に欠陥があるので、適切ではない問題の解決方法を、閃く(発想する)。

 ①。脳の中の情報の、大量にある可能性の中から、状況に、対応している(最適な、合っている)情報を、抽出できない。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の、閃く(発想する)ことが出来る解決方法の、選択肢(個数、種類、案)は、数が少ない。

 ①。沢山の選択肢を閃くことが出来ないので、沢山の選択肢の中から選べない。

 ②。沢山の選択肢を閃くことが出来ないので、問題解決の方法(手段)が少ない。

 ③。沢山の選択肢を閃くことが出来ないので、正しい(正解の)問題解決が、閃かない(発想できない)場合もある。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、閃いた(発想した)解決方法の中から、最善のものを選択する能力が無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況に、何が最善なのかの、正しい判断(選択)が出来ない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、選択肢が沢山あり、選択肢の中に正しいものが存在していても、正しいものを選ぶ(抽出する)ことが出来ない。





★やる事の提示・「行うこと」

<善人の仲間>の『心と考え』が、動物の体に入れられることがある(記事No.309)

【★1。<善人の仲間>の『心と考え』が、『5人組や、5人組の仲間達』の嫌がらせで、動物の体に入れられることがある】

<1>。元々は、人として生まれたが、その『心と考え』を、動物の体に入れられている<善人の仲間>がいる。

 ①。特に、<善人の仲間>の、アレクなどである。

 ②。私の意志(意向)は、「全て」の<善人の仲間>は、本物の私のものであり、同じ場所で、一緒に暮らし、助け合って暮らしていきたいことである。

  (1)。私の意志(意向)は、<善人の仲間>と一緒に暮らすことである。

     私が、<善人の仲間>と一緒に暮らすことは、当然(正当、権利)である。

  (2)。私の意志(意向)は、「全て」の<善人の仲間>を、不幸から助けることである。

 ③。元々、人として生まれたのだから、人として生きることが当然(正当、権利)である。

  (1)。元々、人として生まれたのに、動物の体で生きることを強要されることに、正当性は無い。

 ④。<善人の仲間>であるアレクは、「動物の体でも良い」、「動物の体でも生きていたい」、「動物の体でも、本物の私を助けたい」、「動物の体でも、神や、善人や、仲間を助けたい」、「動物の体でも生きることが可能である(活動出来る)」と、主張した(意志を表現した)。

  (1)。アレクは、本当(最善として)は、人の体で生きたい意志が有る。

   だが、動物の体で生きることを否定すると、『5人組や、5人組の仲間達』に殺される(削除される)可能性があるので、動物の体でも、受け入れている。

  (2)。既に、動物の体で生きているのなら、動物の体でも、命である。

   命を、「不要になったから」、「間違えたから」、「罪が暴かれそうだから」、「罰を受けそうだから」、「邪魔になったから」等の、悪人に都合の良い理由で、殺すことは悪事である。

  (3)。私の意志(意向)は、動物の体でも、<善人の仲間>であり、大事なものであるということ。

  (4)。アレク達は、動物の体で生きる必要性(正当な理由)が無いのに、動物の体で生きることを強要(誘導)されている状態である。

   1。アレクは、『5人組や、5人組の仲間達』に、「動物の姿であるならば、21世紀の私の所へ行かせてあげる」と言われ、判断を誘導されることが多い。

    アレクが、人の姿で、21世紀の私の所へ来れないことの、正当な理由は無い。

    私の意志(意向)は、最善としては、人の姿で、21世紀の私の所へ来て欲しい。だが、どんな生き物の姿でも、私は愛するし、受け入れたいと、いうこと。

<2>。アレクは、電気や銃の無い、未発達の世界で生きていることがある。(戦いの道具は剣と槍)

 ①。アレクは、21世紀の文明を、自分の国に持ち帰る為に、行動することが多い。(自分の国、自分の仲間、自分の家族の為に)

 ②。アレクは、クローンなどの、現状の異常さ(特大の悪事の発生している状態)を、いまいち認識できていない無知な状態が多い。

 ③。アレクは、中世のような生活をしている(強要されている)状態であることが、多いので、21世紀の一般的な人とは、知識が足りないことから、価値観が違う。

   だから、アレク達は変わり者だが、『心と考え』は善人であり、悪人ではない。

<3>。元々は、人として生まれたが、その『心と考え』が、動物の体に入っているのは、<善人の仲間>だけではなく、『5人組や、5人組の仲間達』(敵)の場合も多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、動物の体の方が、表情とかが分かりにくく、<善人の仲間>として潜入しやすいので、故意に自分の意志で、動物の体に『心と考え』を入れ、<善人の仲間>の偽者として潜入することがある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、間接的に<善人の仲間>に嫌がらせを行う為に、直接的に<善人の仲間>に嫌がらせを行うものとして、自分の意志ではなく動物の体に『心と考え』を入れられた、<善人の仲間>に嫌がらせを行う偽者を、潜入されることが多い。

  ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』の中でも、知能の低い、下位のもの(大切ではないもの)であり、「現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』が、自分に不幸を強要している」ということが分からず、「私が、自分に不幸を強要していると妄想」して、私に攻撃をしてくるものである。

  ※補足2。過去の、<善人の仲間>に嫌がらせを行った実績などから、『5人組や、5人組の仲間達』に利用できると判断されて、使われ続けているものであるが、完全なる敵であり、同情をしてはいけない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「動物の体の中に入り、動物の体を使えば、攻撃されても傷付くのは自分ではなく、動物の体である」と考え、「他人が傷付いても構わない」という価値観から、動物や、他人の体を操作して、<善人の仲間>の活動を邪魔を行おうと行動することが多い。

 ③。動物の体の中に、人の『心と考え』があるからといって、中身が<善人の仲間>とは限らない。

 ④。私の意志(意向)として、敵は削除する。動物であっても、絶対に<善人の仲間>には、なれない。

   (1)。もしも、許可するのなら、悪事は増大する。

<4>。過去に、動物の体に、人の『心と考え』が入れられた状態の<善人の仲間>が、監禁(軟禁)され、不自由な(不幸な)生活を強要され、自分の意志を無視された『5人組や、5人組の仲間達』のオモチャとして利用されたり、拷問(虐待)を受けたりしたことがある。

 ①。<善人の仲間>は、私が助けに来てくれると、ずっと待っている。

 ②。<善人の仲間>は、苦しい現状の強要から、自力で脱出して自由に幸せに生きていくことが出来ず、私が助けに来てくれることを、ずっと待っている。

 ③。<善人の仲間>は、私(指揮官)と一緒に暮らしたいと、ずっと望み続ける。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、<善人の仲間>が、私と一緒に暮らしたい(私の所に行きたい=一緒に生きたいの意味)という、正当な望みを持つことを不快に思い、「何故、自分を好きになって(認めて)くれないのか」と、不当な(間違った、逆恨みの、イチャモンの)怒りを持つ。

  (2)。私と、<善人の仲間>は、「同じ」仲間である。善人の「同じ」仲間が一緒に暮らしたいと望むことは当然(正当)である。

    善人の「同じ」仲間は、お互いが「一緒に居るだけで、幸せ」なのである。

  (3)。私と、<善人の仲間>が、一緒にいられない状態を強要することは、悪事である。

  (4)。私と、<善人の仲間>が、一緒にいられない状態を強要する人は、悪人である。

<5>。過去に、私の所に来て(私と出会えて)、私の確認の出来ている生き物、私の記憶にある生き物は、以下である。

   ※補足1。アレク以外も、私の本当の仲間の<善人の仲間>など、複数で存在することがある。

   ※補足2。アレクは、同時(同時刻)に、「複数」の動物(人、生き物)として存在することが多い。

 ①。コアラ。

 ②。キリン。

 ③。象。

  (1)。世話(管理)が大変で、<善人の仲間>活動の邪魔が出来るので、嫌がらせとして選択された生き物。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、『心と考え』を入れ替えて潜入すれば、破壊力が強く、嫌がらせが出来て楽しいと妄想して、嫌がらせとして選択された生き物。

  (3)。私は、中身が<善人の仲間>であるならば、どんな生き物でも愛する。

 ④。ゴリラ。

  (1)。世話(管理)が大変で、<善人の仲間>活動の邪魔が出来るので、嫌がらせとして選択された生き物。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、『心と考え』を入れ替えて潜入すれば、破壊力が強く、嫌がらせが出来て楽しいと妄想して、嫌がらせとして選択された生き物。

  (3)。私は、中身が<善人の仲間>であるならば、どんな生き物でも愛する。

 ⑤。ライオン。

  (1)。世話(管理)が大変で、<善人の仲間>活動の邪魔が出来るので、嫌がらせとして選択された生き物。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、『心と考え』を入れ替えて潜入すれば、破壊力が強く、嫌がらせが出来て楽しいと妄想して、嫌がらせとして選択された生き物。

  (3)。私は、中身が<善人の仲間>であるならば、どんな生き物でも愛する。

 ⑥。カンガルー。

 ⑦。ウォンバット。

 ⑧。ヤモリ。

  (1)。私が嫌いで怖がるので、嫌がらせとして選択された生き物。

  (2)。中身が<善人の仲間>であるならば、私は愛する。

 ⑨。ゴキブリ。

  (1)。私が嫌いで怖がるので、嫌がらせとして選択された生き物。

  (2)。中身が<善人の仲間>であるならば、私は愛する。

 ⑩。ミーアキャット。

 ⑪。フラミンゴ。

 ⑫。サル系。

 ⑬。鯨(シャチかも)。

 など。

<6>。動物園などで発見されることが多い。

  ①。新しく製造された生き物が動物園などに運ばれてくるのか、今、動物園にいる生き物が肉体を使われて作られるのか。

  ②。一般の民家に、監禁されていることがある(ライオン、コアラなど)。

    檻など、特殊な部品が必要になることも有るので、建築の際に注意すること。

  ③。大きな公園などに、突然に発生することがある。

  ④。外国に存在することがある(象が荷物運びを行わせられたり、野生の同じ動物たちに混ぜられたり)。

  ⑤。住宅街に、キリンの住む場所が作られ、監禁されていたりする。

 ※補足1。舌が切られたり、手足が切られたり、助けを求めることが出来ない場合もある。

<7>。生き物の中に、人の『心と考え』がある場合、全て、私の関係者であるので、全部、私の所へ情報を持って来ること。

<8>。動物に限ったことではなく、遺伝子を操作され、病気の遺伝子を作られた肉体で、「元々の、本物の、本来の人」としての人生ではない人生を強要されている状態の<善人の仲間>が存在する。

 ①。当然だが、私の意志(意向)として、<善人の仲間>であるので、一緒に生活したい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(敵)も、この状態で生存していることがある。

<9>。私が、救いに行くのを待たずに、自分から私の所に来てもらうことは、大歓迎である。

 ①。私が、救いに行くのを待たずに、自分から私の所に来てもらうことは、とても嬉しいことである。

 ②。私が、救いに行くのを待たずに、自分から私の所に来る場合、危険に注意して(危険が発生しないように)来てくれると嬉しい。

 ③。私が、動物の仲間が存在していると思い出したのは、2019年の10月ぐらい、39歳の時である。

    どんな人生を生きるかで、思い出す時期などは変わるし、思い出せないことも、あるかもしれない。

    その場合、私は、過去を教えてもらうべきであるし、教えてもらいたい。



【★2。アレク達へ】

<1>。動物として生きて、その後に、その動物だった頃の記憶を持って、人の中に『心と考え』を入れられて、人として生きることが始まる場合もある。

 ①。だから、動物である状態に諦めずに、未来の為に学ぶ(活動する)ことを止めないで欲しい。

 ②。当然だが、私達<善人の仲間>は、いずれ「必ず」天国にも行くのだから、天国の生活用などの知識もあると嬉しい。

<2>。過去に、動物として生きて得たもの(知識、本、物品)などを、マケドニアの生活に持って帰れたことがある。

 ①。21世紀のマケドニアにも、中世のような文明を強要されているマケドニアにも。

<3>。「愛している」。大事な<善人の仲間>へ。





★真実を認識する為の知識1

悪人には不幸を与え、善人には幸せを与えること(記事No.308)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』には不幸を与え、善人には幸せを与えること】

<1>。悪人には苦痛(罰、不幸)を、罪には罰を与えること。

<2>。善人には利益(幸せ)を、善行には徳を与えること。

<3>。「★1の<1>」と、「★1の<2>」が、「徹底」されないと、世界は幸せ(『正当で正しい世界』)にならない。

 ①。「★1の<1>」と、「★1の<2>」が、一時的なものや、部分的なものや、捏造ではなく、「徹底」されて、永続的に行われ続けないと、世界は幸せ(『正当で正しい世界』)にならない。

<4>。悪人に幸せや、利益を与えた場合、与えるほどに、世界は不幸になる。

 ①。悪人の欲望を達成させては(満たしては)いけない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』に幸せ、快楽などを与えた分だけ、世界は不幸を体感する(世界には不幸が発生する)。

 ③。悪人が幸せを望むことは、悪事である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』が幸せを望むことは、悪事である。

<5>。善人に不幸や、苦痛を与えた場合、与えるほどに、世界は不幸になる。

 ①。私や<善人の仲間>に、不幸や、苦痛、悲しみ、不快感、強要、騙し、略奪などを与えた分だけ、世界は不幸を体感する(世界には不幸は発生する)。

<6>。善人が幸せになり、悪人が不幸になる、法則が、規律正しく厳守されている状態が、幸せな世界を作り、維持する。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』から、与えられたものは、下級の品である(記事No.307)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』から、与えられたものは、下級の品である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の欲しがるものを、相手に「少し」与える。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に与えることで、自分は良い人だと見せ掛ける為に、「少し」与える。
「騙す為」、「信用させる為」、「良い人だと思われる為」、「相手の弱みを握る為」、「相手に命令(強要)を受け入れさせる為」の、手段である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の欲しがるものを、全て与えることは、嫌がる。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、少し与えるだけで、騙す事が可能なので、相手を騙す為に全てを与える必要はないと考える。

   1。相手が満足してしまったら、それ以上、相手が欲しがらず、相手を操作する手段が無くなるので、全て与えることはしない。

   2。相手が、自分の命令の通りに動くように仕向ける為に、相手の欲しいものを、ちらつかせる為に、全て与えることはしない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に与えることが出来る自分の状態を、有能者だと妄想して快楽を得る。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分から、与えられている相手を、低能者だと妄想して快楽を得る。

   1。相手は、与えられたことから、今後、自分の命令(指示)を受け入れるだろうと妄想する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に「少し」与える行為から、自分は相手に「やってあげた」という現実逃避の妄想が出来る。

  (1)。自分が行った悪事から、罪悪感が少し発生した場合、「やってあげた」と認識することで、罪の意識から解放される。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、罪悪感から、素早く抜け出し、苦痛の影響をほとんど受けない機能が備わっている。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪いことを行った」という認識がゼロであると、悪事が上手く出来ない(生存が出来ない)ので、悪事の為に少しだけ認識することが出来るが、「悪いことを行った」ことから発生する、苦痛の影響をほとんど受けない機能が備わっている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が喜ぶことを行うことで、不快感を感じる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が喜ぶ(幸せ)状態は、相手が有能であり、自分が低能の状態であると認識するので、相手が喜んでいる状態から、不快感を感じる。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』に、与えられたものを、信用してはいけない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』から与えられたものは、100ある内の、1つだけの可能性が高い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』から与えられたものは、最高のものではない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』から与えられたものは、この程度なら、相手に与えても良いだろうと、悪人の判断が、行われたものである。

   1。この悪人の判断とは、自分が悪事を行うことに、影響は無いという判断である。

   2。この悪人の判断とは、この程度の喜びなら与えても、自分は不快に思わないだろう(相手は自分より低能者の状態だろう、相手は自分の命令を受け入れる状態だろう)と、いう判断である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』から、与えられたものに、恩を感じではいけない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』から、与えられたものに、恩を感じることは悪である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』から、与えられたものに、感謝してはいけない。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』から、与えられたものに、感謝することは悪である。

   ※補足1。神に感謝することは可能である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』から、与えられたもので、操作されてはいけない。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、与えられ恩を返せと強要するが、恩を返してはいけない。

   (1)。受け取らないか、受け取ったままで良い。




★やる事の提示・「行うこと」

『5人組や、5人組の仲間達』の真実の目的を聞く(記事No.306)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』から、悪事を行う理由(目的)を聞いてみればよい】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』を駆除する為に、必要な場合だけ、悪事を行う理由(目的)を聞けばよい。

 ①。聞くことが目的では無い、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除することが目的である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』を駆除する為に、聞くことが必要な場合のみ、聞けば良い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』を駆除する為に、聞くことが不要な場合は、聞くな。

 ④。正しい行動をする為には、何が正しい行動なのか(何を行うべきなのか)を判断する為に、真実の情報を知る必要がある。

 ⑤。正しい行動をする為に、必要な情報を知っているのならば、それ以上知る行動を続けてはいけない、正しい行動を実行するべきである。

<2>。私は、『5人組や、5人組の仲間達』が、悪いこと(悪人の都合にだけ良いこと)を行う理由(目的)を、認識している(既に知っている)。

 ①。だから、『5人組や、5人組の仲間達』を攻撃する。駆除しようとする。

<3>。だが、大衆は、『5人組や、5人組の仲間達』が悪いことを行っていると、認識していない人もいる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、悪いことを行っていると、認識している人でも、悪いことの「本当の大きさ(程度)」を、認識していない場合が多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』に、誘導され、嘘の情報を真実だと思って生きている人もいる。

<4>。その結果、真実を認識していない大衆が、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除しようとする<善人の仲間>の邪魔を行っている。

<5>。正しいことが行われる為に、真実の情報を知るべきである。

 ①。表面的で、悪事を正当化させる、『5人組や、5人組の仲間達』に都合の良い、嘘の理由は、『5人組や、5人組の仲間達』が、罰から逃れようとしている、嘘の理由である。

  (1)。この嘘の理由を聞く必要は無い。

   1。嘘で逃れようとしていると、認識すればよい。

  (2)。この嘘の理由を、嘘だと見抜く必要がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を行う、本当の理由(真実の目的)を知ること。

  (1)。悪事を行う為の、「現実逃避」や、「罰を逃れる為」の言い訳などではなく、悪事を行うことで、本当に欲しがっているものは何かを、知ること。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、本人の自覚が無い理由(深層心理)の為に、悪事を行っている場合もある。

  (3)。悪事は常に、悪事を行う悪人「だけ」に、都合の良い状態を作り出そうとする、欲望から生まれる。

  (4)。自白剤などが必要な場合もある。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の自覚が無いので、悪事を怒られると逆恨みする(記事No.305)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の自覚が無いので、悪事を怒られると逆恨みする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな『心と考え』を備えていない状態で、間違った世界観を持って生きている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、勝手な、間違った解釈による、間違った世界観を妄想で作り出し、その間違った世界観が正しいという認識で生きている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った世界観で生きているが、自分は正しく生きている(悪いことは行っていない)という認識(価値観)で生きている。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行い、悪事が怒られても、自分は正しく生きているのに、正当な理由も無く怒られたと認識して、逆恨みする。

  ※補足1。現実の真実としては、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行い、悪いことを行っているから、怒られているのだが、悪いことを行っているという自覚が無い。

<2>。現実の真実として、「悪いこと」というものが、断固として存在する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪いことが認識できない(自覚できない)物体である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を悪人であると提示して、他人の善の活動を阻止する(記事No.304)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を悪人であると提示して、他人の善の活動を阻止する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を誘導して、故意に、他人に悪事を行わせて、他人を悪人に「仕立て上げる」ことで遊ぶ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、この行為を行う理由は、単純に、快楽を得る為である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が誘導して、故意に、他人に悪事を行わせたが、自分は悪くないという認識(価値観)を持つ。

  (1)。自分が誘導して、他人に悪事を行わせたが、悪事を行ったのは他人であり、悪いのは他人であると、いう認識(価値観)を持つ。

  (2)。自分が誘導して、他人に悪事を行わせたが、悪事を行ったのは他人であり、自分は悪くないと、いう認識(価値観)を持つ。

  (3)。現実の真実としては、悪事に誘導した悪人が、一番に悪い。

   ※補足1。現実の真実としては、指示者も、実行犯も悪い場合が多いが、指示者からの強要や騙しで、実行犯が悪事を行わせられた場合、実行犯は無罪になることが多い。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<1>」の手段を使い、他人を悪人に見せ掛ける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が悪人であり、自分は、その悪人を攻撃する立場であると、見せ掛ける。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が悪人であり、自分は悪人ではないと、見せ掛ける。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を攻撃する(自分の罪を知っている、自分に罰を与える)立場の他人を、自分を攻撃できない立場にしようとする。

 ①。他人を悪人に見せ掛けることで、大衆の『心と考え』を騙して、大衆が間違った判断、行動をするように誘導して、他人の味方や、他人の善の行動が、大衆から阻まれるように邪魔をする。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の、遊びとしての手段として、生まれながらに備わっている生存方法なので、自分が罰から逃れる為に、手段として利用されやすい(方法として発想されやすい)。





★やる事の提示・「行うこと」

『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に、なるべく協力しないこと(記事No.303)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に、なるべく協力しないこと】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を行え、悪事に協力しろという強要には、「なるべく」抵抗した方が、悪事は減って行く。

 ①。強要を受けていること(状態、情報)を、広く世界に公表して、世界中で状態を認識すること。

 ②。世界中で協力して、『5人組や、5人組の仲間達』と戦い、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事からの被害者を救うこと。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に抵抗して、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の達成を、行いづらくすること。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に抵抗して、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を、嫌がっていると、表現すること。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を行え、悪事に協力しろという強要に、抵抗した方が、『5人組や、5人組の仲間達』から受ける、一時的な苦痛は増える。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に、苦痛を受けるのが怖くて従う人は多い。

 ②。だが、『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に、抵抗した方が、未来に発生する自分の、総合の苦痛の値は低い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に、抵抗した方が、未来に発生する、被害者の数などの、総合の苦痛の値は低い。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に、抵抗した方が、抵抗するほどに、未来の悪事を防ぐことになる。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要に、抵抗、拒否できる(行いやすい)状態を作っていくべきである。

 ①。善人は、協力して結託すること。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』に、抵抗する人が多いほど、被害者は減る。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の強要への、抵抗は、「かなり」頑張って欲しいが、どうしても辛いなら「なるべく」で良い。





★『5人組や、5人組の仲間達』

他人の悪いところを見つけても、自分は有能とは、ならない(記事No.302)

【★1。他人の悪いところを見つけても、自分は有能には、ならない】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の悪い部分を見つければ、自分は悪いものだという状態が無くなるという、価値観(妄想)を持っている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の悪い部分を見つければ、自分は悪いものだという状態が無くなり、相手は悪いもので、自分は正義の立場になれるという、価値観(妄想)を持っている。

 ②。他にも、他人の「間違え」、「失敗」、「言い間違え」、「矛盾(実際には矛盾していないことも多い)」、「曲解できること」、「悪事(自分)に都合よく受け取れることも出来ること」などが、『5人組や、5人組の仲間達』の好む対象である。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の悪いところを提示すれば、相手は低能者で、自分は有能者にであるという、価値観を持っている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、間違った認識への誘導の方法でもある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪いところを指摘されると、「自分が低能者で、相手は有能者の状態である」、「自分が低能者で、相手は有能者の状態であると、表現された(嫌がらせを受けた、攻撃を受けた)」と、認識して、不快感を感じるので、「他人の悪いところを提示することで、他人が低能者で、自分は有能者である」と表現できると、認識している。

 ②。他人の悪いところがあっても、自分が有能者になれることは無い。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の悪いところ(間違い)を捏造して提示することで、相手は低能者で、自分は有能者にであると表現できるという、価値観を持っている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、主張の真偽を詳しく調べるべきである。

 ②。他人の

相手の間違え。

相手の矛盾

と言っても、相手が低能にはならない



【★2。正義とは、断固として、存在しているものである】

<1>。正義とは、断固として存在している、善悪の判定に基づいているものである。

 ①。正義とは、既に有るものである。

 ②。正義であるか、正義でないかは、既に有る正義に、当て嵌まるか、当て嵌まらないかである。

<2>。相手の間違いを提示しても、提示した自分が正義になるわけではない。(イコールではない)

 ①。相手の間違いを提示することが、正義に当て嵌まる場合は、正義である。

 ②。相手の間違いを提示することが、正義に当て嵌まらない場合は、正義ではない。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ