<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を自分に服従させようとする(記事No.370)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は観測者であると、いう妄想を楽しむ(記事No.369)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は観測者であると、いう妄想を楽しむ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に実験(行動などの強要、罠に嵌める、騙すなど)を行い、それを隠れて見ている(覗き、観測)状態を好む。

 ①。いたずらを行い、いたずらを受けた人の反応を、隠れて見ている思考(価値観)と似ている。

 ②。「ストーカー」や、「拉致監禁をする罪人」などの、思考(価値観)と似ている。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、観測者(有能者、指示者)であるという妄想を楽しむ。

  (1)。実際には、『5人組や、5人組の仲間達』は、犯罪(悪事)を行っている状態である。

  (2)。実際には、『5人組や、5人組の仲間達』は、観測する権利(能力)を持たない。

  (3)。実際には、『5人組や、5人組の仲間達』は、観測を許可されていない。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、権利や許可の概念を持たないので、勝手に行い、自分は行うことの出来る(許可や権利を持っている人の様な)有能者であると、妄想する。

  (5)。『5人組や、5人組の仲間達』は、権利や許可の概念を持たないので、勝手に行い、自分は行うことの出来る(許可や権利を持っている人の様な)有能者であると、いう妄想が出来る状態を作り出す。

  (6)。『5人組や、5人組の仲間達』は、権利や許可の概念を持たないので、勝手に行い、自分は行うことの出来る(許可や権利を持っている人の様な)有能者であると、いう捏造の状態を作り出して、有能者であると見せ掛ける。

<2>。過去に、『5人組や、5人組の仲間達』の、勝手に行っていることは、常識的に有り得ないことなので、それを見た大衆は、『5人組や、5人組の仲間達』は、権利を持っているのかと騙され、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の放置や受け入れが行われた。

 ①。その結果、現状の、『5人組や、5人組の仲間達』の「悪事を行う力」がある。

 ②。現状、真実としての状態は、『5人組や、5人組の仲間達』は、能力を持たない者が行ってはいけない(能力が必要である)活動を、勝手に行っている状態である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として持っていない能力を、有るように見せ掛けている状態である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』などの、能力(正しい判断など)を持たない者が持っていることは、いけない状態の、「悪事を行う力」であり、奪うべきである。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、使命感を持つ(記事No.368)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、使命感を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、能力が無いのに「自分が行わなければいけない」と、いう使命感を持つ。

 ①。この使命感は、手柄の横取りの価値観(能力)と関係している。

 ②。この使命感は、自分の能力を把握(認識)が出来ないことが関係している。

 ③。この使命感は、他人が有能なことを行っている状態を、自分が有能な状態を行っていると認識することが、関係している。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が有能なことを行っている状態を、自分が有能な状態を行っていると認識することで、興奮する。

 ④。この使命感は、自分が行った後の、悲惨な状態の未来予測が無いことが関係している。

 ⑤。この使命感は、自分が行った後の、悲惨な状態の責任を取らずに、逃げよう(構わない)と考える価値観が関係している。

 ⑥。「自分にしか出来ない(部分の認識)」、「自分はヒーローである」という妄想に関係している。

 ⑦。「行ってはいけないこと」(善悪)を認識する能力が無いことが関係している。

 ⑧。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の行いは全て、行ってはいけない悪事である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が行わなければ、いけない」ではなく、「自分は、行っては、いけない」が、現実の真実の正解の正しいことである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、特殊な興奮の反応をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、平常時→興奮時→平常時、の波が異常である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、興奮の波に、とても特徴がある。

  (2)。この興奮の波は、思考の流れに関係している。

  (3)。つまり、波の測定で、『5人組や、5人組の仲間達』を抽出できる。




★『5人組や、5人組の仲間達』

自分用、一時的なメモ(記事No.367)

【★1。メモ】

分かることが出来ない。

→発想することが出来ない。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、移動した自分に、他人が付いて来ると楽しい(記事No.366)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、移動した自分に、他人が付いて来ると楽しい】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、自分の移動に、他人が付いて来ると楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が、自分のモノマネをすると楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が、自分に誘導されると楽しい。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の発言の通りに、他人が動くと嬉しい。

   1。現実の真実として、本物の私は、指示して無い、呼んでないのに、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘で動かされ、「私から指示を受けた」、「私に呼ばれた」と認識して、嘘の指示を受けるな。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』の価値観では、他人が、自分の「言い成り」の状態である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、単純に、相手の場所を移動させるだけで、楽しい(快楽を得る)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、無意味(無関係)な場所に移動するが、その移動先に他人が一緒に付いて来ると楽しい。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、移動先は、無意味(無関係)な場所の方が、自分に騙されて、無意味に移動している他人が低能者で、楽しい。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、移動先は、無意味(無関係)な場所なのに、相手が異常だと(間違いであると)、判断できない(気付かない)、簡単に付いて来る(騙せる)ことが楽しい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が壊したものを、相手が修理することが楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に無意味な行動を行わせることが楽しい。

  (2)。修理はするべきであるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、修理をさせることを楽しんでいると認識して、苦痛はあまり見せない方が良い。難なく行う(苦痛を見せない、簡単な作業で修復する)ほどに、相手の快楽を減らせるだろう。

  (3)。壊せない状態を作っておくのが最善である。

   ※補足1。アレクも、自分が壊したものを、相手がどうするのか見ようとするが、これは、自分の中に偽者が入った場合に、「偽者が壊した等の場合、どう処置するのかを知りたい」、「偽者が壊せない状態にして欲しい」、「自分の中の偽者の行動に対策をして欲しい」と、いう目的(理由)の行動である。

 ④。指示は、正当性(理論があるか、意味はあるか)を判断して、受けろ。

   指示には、「何故、行う必要があるのか」と質問して、答えの正当性を判断しろ。

   移動には、正当性(理論があるか、意味はあるか)を判断して、移動しろ。

   移動には、「何故、移動するのか」と質問して、答えの正当性を判断しろ。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な場所で、異常な行動を行わせる。

 ①。異常な場所とは、「最適では無い、無関係な、繋がりの破綻している」場所などである。

 ②。異常な行動とは、「最適では無い、無関係な、繋がりの破綻している」行動などである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造(強要)や、罠や、快楽などの為に、場所を移動させる。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、移動には、移動先に罠が有る場合もある。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な場所に人を移動させて、捏造(自分に都合の良くなる、嘘の情報を作り出す)の為の、映像(情報)を作ろうとする。

 ①。未来に利用する為の、捏造の映像(情報)である。

 ②。未来の、真実の情報を知らない人に、捏造した情報を与え、間違った認識(『5人組や、5人組の仲間達』に都合の良い認識)を持つように誘導する為である。

 ③。そして、『5人組や、5人組の仲間達』が、★提示する映像(情報)は、「異常な場所」★である。

  (1)。情報の真実を知るには、与えられた映像の、前後に存在する映像も必要である。

     1。真理として、時間に分断は、有り得ない。

     2。与えられた部分の映像は、続いている時間(真実)の一部である。

     ※補足1。この一部も、『5人組や、5人組の仲間達』に都合の良い解釈になるように、選び出されたものである。

  (2)。映像に、音声が無いわけが無い。

  (3)。映像の、モザイクも有り得ない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』のせいで、無駄な犠牲が多い(記事No.365)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』のせいで、無駄な犠牲が多い】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』のせいで、たかだかの情報を得る為に、どれほど多くの犠牲があり、どれほどの苦労をしているのか認識(提示)するべきである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が利益を得たと提示するものは、コスパ(コスト&パフォーマンス)の悪い、損得勘定が合わない労力である。

 ②。無駄な、犠牲、苦労に導いたもの(人)は、責任を取るべきである。

  (1)。無駄な、犠牲、苦労に導いたもの(人)には、罪があり、罰を与えること。

 ③。この罰は、損得勘定の合わなさ、犠牲の多さにも比例する。

<2>。正しいことを知ること(公表すること)の邪魔や、正しいことを行うことを邪魔するもの(人)は、『5人組や、5人組の仲間達』以外でも邪魔(害)である。

 ①。その正しいことは、どれほどの人が、どれほど熱望したものであったか。

 ②。その正しいことは、どれほどの人が、どれほどの気持ちで、どれだけ苦労して達成しようとしたことか。

 ③。何を邪魔したのか自覚するべきである。

<3>。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、多大な苦労で、得たものが少ない状態は、納得しない(怒りを持つ)状態である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、後付けの「これが欲しかった(目的だった)」は、多大な悪事を行ったことが許される理由にならない。

 ②。悪人の、多大な悪事を行った結果、「極小の情報(利益)を得ることが出来た」は、納得できない主張(価値観)である。

 ③。さらに、得た情報は、「利用価値の無いもの」、「得る必要の無いもの」、「使用しては、いけないもの」、「関係が薄い(ほぼ無関係、利用できない)もの」、「利益にならないもの」、「利益との関係が薄いもの」などである。

 ④。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、多大な苦労で、得たものが少ない状態は、許せないもの(異常、不幸、無意味、命の無駄)であり、その状態を阻止して、改善するべきである。

<4>。他人が、完全な完成の状態を認識が出来ないのに、完成したと決めつけては、いけない。

 ①。作成中(途中)のものは、未完成のものである。

 ②。他人は、何が完全な完成の状態か、認識することが出来ない(不可能である)。

 ③。他人が、何が出来上がるのか、最終結果の認識が出来ないのに、勝手な判断(妄想)で、完成した(終わった)と判断しては、いけない。

 ④。他人が、途中のものを完成したと、勝手に判断をするのならば、曲解、不幸、利益の無い(作られなかった)状態などを作ることになる。

  (1)。他人が、途中のものを完成したと判断が出来る能力があるのならば、その他人(判断者)が、「別口(べつくち)」に行えば良いことである。

  (2)。その他人(判断者)が、行えないことだから、行うことが出来る別の人が行っている状態である。

 ⑤。不完全なもので止まる(終わる、邪魔される)と、作成したことの全てが無意味となる。

  (1)。始めから、全てが、やり直しとなる。

  (2)。必要なものを、作ることが邪魔されるのならば、必要なものが作られるまで、作成は続けられる。

  (3)。必要なものであるならば、必要なものが出来上がる(完成する)まで、作成は続けられる。

<5>。悪事を続けようとする悪人の、繰り返しの世界の形成を防ぐこと。

 ①。捏造された社会で生きるな。本来の時代を生きるべきである。

 ②。捏造で、私の認識を騙そうとするな。本来の状態(状況、結果、現実など)を私から隠そうとするな。

 ③。私に強要をするな。強要から、正しいこと(必要なもの)を手に入れられることは無い。

 ④。繰り返しの(捏造の)世界を続けようとすることは、悪事であり、悪人である。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に罪を被せる(記事No.364)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に罪を被せる】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、<善人の仲間>が、悪人を駆除している「部分の」情報(映像など)を、<善人の仲間>が、悪事を行っている状態であると提示(主張、捏造)する。

 ①。実際は、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が行っている悪事を阻止する為に、<善人の仲間>が『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)を、駆除している状態の情報(映像など)である。

 ②。実際は、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が行っている悪事を阻止する為に、<善人の仲間>が『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)を、駆除している状態であるが、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分が悪人であり、悪事を行っているという自覚が無いので、<善人の仲間>の『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の駆除を批判(否定、邪魔)する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、<善人の仲間>や、正しい活動や、正しいことを批判(否定、邪魔)する。

  (2)。善悪は、絶対的なものとして、世界に存在している。

  (3)。善悪の判断に、何が指標として使われているのか、認識できない『5人組や、5人組の仲間達』が、善悪を判断したり、善悪を決めることは出来ない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造した情報で、自分が褒められよう(罰から逃げよう、高い評価を得よう)とする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に罪を被せる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の罪を捏造する。(実際には、他人に罪は無い)

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の手柄を、自分の手柄だと見せ掛ける。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を操作して、他人に行動を強要して、他人を悪人に見せ掛ける。

 ①。実際に、罪があるのは、他人を操作している『5人組や、5人組の仲間達』である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が悪事を行っているように見せ掛ける。

  (1)。他人の操作や、情報の捏造(間違った認識への誘導)、状況の作成(捏造)、誘導など。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、罪を犯し、罰から逃れようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、欲望を満たしたいので、悪事を行い、悪事を行うことへの罰は受けたくないので、罰を受けないように行動する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、欲望だけを満たしたくて、罰は受け入れたくない。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が管理者、権力者、支配者であると見せ掛ける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、能力が無いので、この嘘を見破ることは出来る場合がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、「権力を持つ団体(組織)」の一員であると見せ掛ける。

   (1)。嘘の役職を名乗るなど。

 ③。大衆の、人任せの現実逃避などからの不動の行動で、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は達成されていった(いく)。

<6>。本物の私の、活動を阻害しようとする『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を認識すること。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、私やアレクが不要だと判断した人ほど、私やアレクの近くに置く(記事No.363)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私やアレクが不要だと判断した人ほど、私やアレクの近くに置く】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私やアレクが不要だと判断した人ほど、私やアレクの近くに置く。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の嫌がらせである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、間違った正義感によるものである。

 ③。私やアレクは、正しく、自分の仲間ではない人を見抜き(判断して)、自分の仲間には入れなかった。

  (1)。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、その仲間に入れなかった人を、私やアレクの近くに置く。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、その仲間に入れなかった人を、私やアレクの仲間として偽造する(侵入させる)。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、その仲間に入れなかった人を、私やアレクの近くに置き、邪魔者として存在させる。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、その仲間に入れなかった人を、私やアレクの近くに置き、敵として存在させる。

<2>。「★1の<1>」は、会社の面接で、社員になることを断られた人が、「何故、社員にしてくれないのか」と、反抗している異常な状態と同じである。

 ①。会社は、自分の会社の社員を正しく判断して選び、自分の会社を正しく機能させていくのが、当然である。

 ②。「★1の<1>」は、会社の面接で、社員になることを断られた人が、逆恨みして、反抗している異常な状態と同じである。

 ③。「★1の<1>」は、会社の面接で、社員になることを断られた人を、「何故、会社に入れてくれないのか」と会社を批判して、反抗している異常な状態と同じである。

 ④。「★1の<1>」は、会社が正常に機能する為に、不要だと判断した人を、社員の偽者として侵入させて、会社の正常な機能を壊す行為と同じである。

<3>。偽者の侵入により、正常な機能が壊され、全ての人が不幸な状態になった。

 ①。偽者の侵入により、正常な機能が壊されなければ、全ての人は幸せな状態だった。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、何でも他人に代行させる(記事No.362)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、何でも他人に代行させる】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、何でも他人に代行させる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、強要や、誘導などの手段で、何でも他人に代行をさせる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の判断や、意志や、気持ちなどを、無視して、相手に強要させようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が指示を断ると、相手の体を、引っ張ったり、無理に動かそうとしたり、肉体的苦痛を与えたりもして、相手を自分の理想(欲望)の通りに動かそうとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に出来ないことを、何でも他人に代行させる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に代行させることに、強要も使う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に偉そうな態度で、行うように指示する。

    これは強要から発生している。

  (2)。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、お願いすることである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、能力が無いので、自分では出来ないことが多い。

   つまり、悪人の生存方法である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に出来ると妄想すると、自分が出しゃばり、行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、自分に出来ないことを、自分に出来ると妄想する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、自分に出来ないことを、自分に出来ると妄想して、自分が出しゃばり、行って、実際には出来ないので、状態を壊すことになり、壊した結果の処理や修復などを他人に行わせる。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、状態を壊すことになったことを反省しない。

   1。反省しないので、自分の能力について、自分が出来ないという現実の認識(判断)を持たず、再犯する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、状態を壊すことになったことから、逃げる。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が出来ると妄想(判断)して行ったが、実際には出来ないので、途中で逃げる(投げ出す)。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、責任という概念を持たない。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、「絶対に壊しては、いけないもの」の、「壊しては、いけない」という判断が出来ず、「壊しては、いけない」と、認識しない。

   4。『5人組や、5人組の仲間達』は、「壊しては、いけない」と、認識しないで、出しゃばる。

   5。『5人組や、5人組の仲間達』は、「絶対に壊しては、いけないもの」を、壊して、そのままでも(逃げても)構わないと判断する。

   6。もしも、「壊しては、いけない」、「自分には能力が無い」、「重大なことで、そのままには出来ない(逃げられない)」などの、正常な認識が1つでも出来る場合は、正常に壊されずに形成されていた場合が多い。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が達成した仕事を、自分は何も行っていないのに、自分の手柄だと認識する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が達成した仕事を、自分は何も行っていないのに、自分の手柄だと表現(主張)しても、問題は無い(構わない)という価値観を持つ。

  (1)。「テリトリーの認識」、「正義感」、「卑怯や横取りは、いけないことだという価値観」などの欠落。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の完成が近い仕事に近づき、少しその場に居ただけで、他人の仕事の完成を、自分の手柄だと認識する。

  (1)。受け入れると、「自分の手柄だと認識しても良い(横取り出来る、乗っ取れる)」と判断して、指示を出したり、不快な行動が増長する場合がある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の完成した仕事が褒められる時に、自分は仕事の完成と無関係なのに、自分も褒められる場に混ざろうとする。

  (1)。捏造、騙しである。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、勝手な代理で行われる謝罪も、この認識の異常が関係している。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』の、偽者は、私(他人)の行っている「完成の近い仕事」や、「途中経過の、部分の認識であるやり方」を、「それなら出来る」と判断して、モノマネして、私の手柄を手に入れようとする。

  (1)。もちろん、この結果は、不完全なものが完成する。

  (2)。誰の仕事でも、この結果は、不完全なものの完成となる。

  (3)。当然、常に、当たり前に、絶対に、本人が行った方が、断然、質の良い(レベルの高い)、素晴らしいものが出来上がる。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を行わせようとする(記事No.361)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を行わせようとする】

<1>。他人に悪事を行わせようとすることは、『5人組や、5人組の仲間達』の、生存方法である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を行わせようとして、強要を行う。

 ※注意1。強要には、他の理由(種類)もある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事を、他人に代行させる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事の罪を被せる。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が悪事を行うように、誘導する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に都合の良い状況を作った場所(罠)に、他人を移動(誘導)することもある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が悪事を行いやすいように、『心と考え』、価値観などを誘導することも多い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が悪事を行いやすいように、状況を整えることもある。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を行わせようとするので、悪事を行っている人が、罪を被せられている可能性を常に意識すること。

 ①。全ての悪事を行っている悪人が、罪を被せられている被害者ではない。

  (1)。罪を被せられているのか、罪を被せられていないのか、調べればよい。

 ②。悪事を行っている悪人には、罰が必要である。

  (1)。悪事を行っている悪人が、被害者かもと疑い、罰を与えない状態でいるよりも、真実を調べるように(知るように)行動すること。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』に、罪を被せられない状態を形成すること。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の主張は、常に嘘かもしれないと疑うこと。

  (1)。嘘か本当か分からない状態よりも、調べて、真実を知るように行動すること。






★真実を認識する為の知識1

真理として、過去と未来の認識も必要である(記事No.360)

【★1。真理として、過去と未来の認識も必要である】

<1>。忙しくて短く簡単に書くので、意味を間違って捉えられるかもしれないが、「過去に学びがあり、未来に予測がある」。

 ①。「今」だけの認識では、正しい行動が出来ない。

 ②。「今」だけを認識して、過去や未来を考えることがない状態も、『心と考え』が休まるので、必要である。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、意味の無いものを、意味が有ると、思い込む(記事No.359)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、意味の無いものを、意味が有ると、思い込む】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として意味が無いものを、意味が有ると、思い込もうとして、思い込む。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として意味が無いものを、意味が有るという、妄想を作り出し、その妄想が現実であるという認識を始める。

<例えば>

 ①。宗教の儀式。

  (1)。ただの水を、神聖な水だと思い込む(妄想する)ことで、ただの水が神聖なものであることが現実だと思い始める。

  (2)。思い込む内容が発生するのは、「繋がりの無いこと」、「閃き」、「こじつけ(曲解、筋が通らないこと)」である。

    1。雑多に落ちている河原の石などを、急に(勝手に)、神聖なものだと思い込むことも出来る。

 ※補足1。癒しを目的にした思い込みとして利用価値がある、人の機能であるが、現実には神聖な水では無いという意識(現実認識)は、完全に無くしてはいけないものである。

 ※補足2。現実には神聖な水では無いという意識(現実認識)を、完全に無くして、現実に間違い(妄想、嘘)を強要することは異常である。

 ②。自分をヒーローだと思い込む。

  (1)。自分をヒーローだと思い込み、その認識のまま行動してヒーローを体感することは、快楽であるが、「現実にはヒーローではない」と、いう現実認識を無くしてはいけない。

 ③。背中にお化けがいると思い込む(閃く、発想する)と、現実には存在しないのに、背中にお化けが存在すると、思い込む。

  (1)。この思い込みは、とても現実的な体感が発生する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で作った嘘を、本当だと思い込み、行動する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で作った嘘であると、薄い認識が残っていることもあるが、自分が嘘から作り出したという認識が無くなっている場合もある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、「決めつけ」などから、発生する思い込みである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で作り出した嘘を、現実であると思い込み(妄想して)、その思い込み(妄想)に合わせて行動する。

<例えば>

 ①。~と、発言(表現)すれば、相手に見せ掛ける(騙す)ことが出来て、罰から逃れることが出来るだろう。

 ②。過去に自分が行っていたこと(悪事)と、同じことを行えば、罰から逃れることが出来るだろう。

  (1)。自分で作り出した現実逃避であり、破綻した理論による決めつけであるが、この思い込みを元にして行動(悪事)を行う。

 など。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「~だから、良いんだ」という発言(記事No.358)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「~だから、良いんだ」という発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を行っても良いと、故意に、間違った解釈をする為に、よくする発言である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「~だから、良い」とは成立しない、間違った理論を、故意に行い、故意に間違った解釈をして、間違った解釈を使って行動する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った解釈をすることで、多種類の快楽の反応が発生する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、故意に行う、間違った解釈であるが、日常的に大量に行う思考なので、故意では無くなり、自然と、この流れと同じ、間違った解釈で思考する状態になった。

 ①。故意から発生した間違った解釈が、故意に意識的に行うことではなく、無意識にも発生して、重要で必要な思考にも、間違った解釈をするようになった。

 ②。故意とは、間違った解釈であると、認識が出来ている状態である。

 ③。だが、何度も行い続けて習慣になり、間違った解釈であるという、認識(把握)が出来ない状態になった。

 ④。先祖代々、故意に間違った解釈を行うことで備わった、生まれ付きの、悪人として生きる為の能力である。

<例えば>

 ①。「悪事を行ってはいけないと、書いて無いから、悪事を行っても良いんだ」という発想。

   (1)。「悪事を行ってはいけないと、書いて無いから、悪事を行っても良い」と、いうことには、ならない。

      「悪事を行ってはいけないと、書いて無いから、悪事を行っても良い」という認識は、成り立っていない理論であり、正論ではない。

   (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「行ってはいけないと、提示されていなければ、行っても良いことである」と、故意に、間違った解釈をする。

    1。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意以外にも、自然な解釈でも「行ってはいけないと、提示されていなければ、行っても良いことである」と、判断する。

    2。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の判断で、「行うことが批判されない(怒られない、許可される)ことなのか」、「行うことが批判される(怒られる、許可されない)ことなのか」などの、善悪の判断が出来ないので、提示されていることに、判断の依存をする。

    3。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に都合が良くなる願望の通りに、間違った解釈をする。(故意と、無意識の両方がある)

 ②。状況に合わせて臨機応変に正しい行動をしている、まともな人の『心と考え』を備えている人の行動を、状況に合わせて臨機応変に行動することが出来ない『5人組や、5人組の仲間達』が、自分も同じことを、「~しても良いんだ」と、いう間違った解釈。

  (1)。状況に合わせて臨機応変に正しい行動をしている、まともな人の『心と考え』を備えている人の行動を、善悪の判断が出来ない『5人組や、5人組の仲間達』が、悪いことをしていると判断して、自分も同じ(悪い)ことを、「~しても良いんだ」と、いう間違った解釈。

  (2)。状況に合わせて臨機応変に正しい行動をしている、まともな人の『心と考え』を備えている人の行動を、善悪の判断が出来ない『5人組や、5人組の仲間達』が、悪いことをしていると判断して、相手の行動への「~しても良いんだ」と、いう批判の表現。

  (3)。対象は、『5人組や、5人組の仲間達』の、「モノマネしたい行動」、「批判したい行動」であることが多い。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「状況(現実、繋がりなど)を認識することが出来ない」、「善悪などの判断をする為の能力」などが無いので、状況に合わせて臨機応変に正しい行動をすることが出来ない。

  (5)。状況に合わせて臨機応変に正しい行動をすることが出来る、まともな人の『心と考え』を備えている人には、行っても良い行動でも、状況に合わせて臨機応変に行動することが出来ない『5人組や、5人組の仲間達』には、行ってはいけないことである。

  (6)。「他人が行っているから、自分も行っても良い」と、いうことには、ならない。

   「他人が行っているから、自分も行っても良い」という認識は、成り立っていない理論であり、正論ではない。

   他人と自分の、状況や、能力などは違い、同じではない。

<4>。似たものに、『5人組や、5人組の仲間達』の、「~すれば良いんだ」という発言もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「部分の認識」や、「故意の間違った解釈からの快楽」などから、「決めつける」。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、モノマネをする場合に、有能者の行動を見て、「~すれば良いんだ」と、どのようにモノマネするのかを、判断、認識をする。

   (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、有能者が行っていることの、解釈(認識)が不完全なので、「~すれば、有能者のように高い評価が貰える」などという、部分の認識や、曲解などから発生する、間違った判断、認識をする。

 <例えば>

 ①。批判されていない有能者が、お茶を飲んでいると、「お茶を飲めば、良いんだ(批判されないんだ)」という、間違った解釈。

  (1)。お茶を飲めば、有能者になれると、いう真実は無い。

  (2)。お茶を飲めば、批判されないと、いう真実は無い。

  (3)。批判さていないことと、有能であることに、お茶を飲むことの直接的な関係は無いが、「決めつけ」、「コミュニケーションをして欲しくて、間違えている状態を否定されたい」などの反応から、間違った判断、認識をする。
 
 ②。有能者が行っている作業の、行っている意味(理由)や、行いが発生する理論(根本、『心と考え』)や、行いの結果に何が出来るのか(何を目的に行っているのか)、などの裏付けが分からず、「決めつけ」、「部分的な認識」などから、有能者が行っている作業に、間違った判断、認識などをして、モノマネ、批判、強要などの悪事が行われる。

 ③。有能者が行っている、「悪くもない些細な悪事」や、「羨ましいこと(悪人は狡いと認識する)」に、「~すれば、~しても良いんだ」などと、間違った解釈する。

  (1)。もちろん、「~すれば、~しても良いんだ」とは、成り立たない理論である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行って怒られると、怒られた本当の理由とは別の、妄想から作り出した間違った怒られた理由を、怒られた理由であると決めつけて(認識して)、間違った怒られた理由を改善しようとする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪い部分を認識することが不快なので、「真実の自分の悪い部分」は認識しないように、現実逃避の曲解から、「虚偽(嘘)の自分の悪い部分」の間違った認識が発生しやすい。

  (2)。さらに、『5人組や、5人組の仲間達』は、「何故、怒られたのか」、「どうすれば怒られないのか」などの、分析能力も無い。

  (3)。ちなみに、『5人組や、5人組の仲間達』に、改善する能力は無い。






★真実を認識する為の知識1

<善人の仲間>が動物にされた状態に、攻撃することとは(記事No.357)

【★1。<善人の仲間>が動物にされた状態に、攻撃することとは】

<1>。<善人の仲間>が動物にされた状態は、『5人組や、5人組の仲間達』の嫌がらせなどの悪事から、発生したことである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』が加害者であり、動物にされた<善人の仲間>は被害者である。

 ①。動物にされた<善人の仲間>は、人だった時から、状況をよく分かっていない。

 ②。動物にされた<善人の仲間>は、人だった時から、情報(知識)を制限された状態で生かされていた。

  (1)。嘘の情報も与えられていた。

 ③。動物にされた<善人の仲間>は、人だった時から、異常な判断(価値観、善悪)を持つ『5人組や、5人組の仲間達』から、強要、虐待、強奪、制限などを受けてきた。

  (1)。<善人の仲間>が、正しいことを行う(正しく生きる)為に、正当な行動や、正論などで、『5人組や、5人組の仲間達』の異常な判断(価値観、善悪)へ従わないと、肉体的苦痛を与えられたりした。

  (2)。<善人の仲間>は、自分の人生や、命が、異常な判断(価値観、善悪)を持つ『5人組や、5人組の仲間達』に決められる(強要される)状態で生きてきた。

  (3)。<善人の仲間>は、『5人組や、5人組の仲間達』に、故意にも、嫌がらせを受ける状態で生きてきた。

  (4)。<善人の仲間>は、一般的な『心と考え』の認識が持ちづらく、傷付いている状態である。

  (5)。<善人の仲間>の、生まれて付きに備わっている、本来の『心と考え』は、まともな人の『心と考え』である。

<3>。<善人の仲間>が動物にされた状態に、攻撃することとは、加害者から、危害を受けている被害者に、さらに苦痛を与える悪事である。

<4>。<善人の仲間>が動物にされた状態に、攻撃することとは、加害者から、危害を受けている被害者に、加害者の側に加わって一緒に、さらに苦痛を与える悪事である。

<5>。罪のない善人の被害者が、攻撃を受ける(酷い目にあう、危害を受ける)ことの正当性は無い。

<6>。<善人の仲間>の動物などの状態は、過去に、正義を行ったが、正義に協力をしなかった人のせいで、現在、悪人に嫌がらせを受けている状態である。

 ①。<善人の仲間>は正しいことを行ったが、正義に協力をしない人のせいで、正しいことを達成する力が減り、悪人を完全に駆除するに至らなかっただけである。

 ②。正義に協力をしない人とは、「現実逃避をした人」、「行うべきことを行わなかった人」、「自分が行うべきことがあったのに、誰かが行ってくれるのを待っていただけの人」、「悪人の側に加わった人」、「嘘の情報に騙された人」、「『心と考え』の破綻者」などである。

<7>。動物にされた<善人の仲間>は、正しく生きようと必死である。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人は、動物として生きることを強要されることは、不幸(苦痛、不快)である。

   まともな人の『心と考え』を備えている人は、自分が同じ立場であれば、不幸(苦痛、不快)を感じる状態である。

 ②。動物にされ、不自由な状態を強要され、人の暮らしではない状態に置かれ、本来、手に入れることが当然である幸せを、奪われている状態である。

 ③。動物にされた<善人の仲間>は、「状況がよく分かっていないこと」と、「大事な人に悲しみを与えないように、自分は平気であると見せたい」などの理由で、明るく生きている。

 ④。とても辛い状態でも、自分の国(仲間、家族)の為に、良い未来を作る為に、少しでも為になろうと、頑張っているのである。




★真実を認識する為の知識1

「彼女が出て来たら、もうダメ」の発言(記事No.356)

【★1。「彼女が出て来たら、もうダメ」の発言】

<1>。「彼女が出て来たら、もうダメ」の発言。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の活動を補佐する悪人が、よく発言する言葉である。

 ②。何故、ダメになるのかの理由を、認識していないことが多い。

  (1)。影響力が強いから、などと言われるが、何故、影響力が強いのかの理由を、認識していないことが多い。

  (2)。お金を稼ぎすぎるが、何故、それほど買う人がいるのかの理由を、認識していないことが多い。

 ③。理由は、私の活動(発言)は、世界中の人が待ち望んでいることであるから。

 ④。理由は、私の発言は、世界中の人が知りたい、重要なことであるから。

 ⑤。理由は、私の活動(発言)は、世界を正常な幸せな状態に導くものであるから。

 ⑥。理由は、私の存在は、「とても、かなり重要」な存在であるからである。

  (1)。「とても、かなり重要」な存在であることの、認識が出来ず(認識の為の機能を持たない)、雑に扱う低能者は、巨大な悪事(巨大な悪い影響が発生すること(原因))を、構わずに(平気で)行っている人である。

 ⑦。私への攻撃は、世界中の人の「砂漠で水が無く死にかけている状態で、やっと手に入れた水を奪うこと(渇望して入手したものを奪うこと)」、「苦労の末、命を全て使って全力で作ったものを、壊すこと(苦労して生きていることの意味を無くすこと)」、「その為に、苦労して生きてきたのに、壊された(苦労は恐怖を感じるほど壮絶だった)」、「失うことの絶望と恐怖」と、同じようなものである。

  (1)。私への攻撃(原因)は、正しい人の怒りの反撃(結果)が、発生することである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な『心と考え』が無いので、異常な正義感を持つ(記事No.355)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な『心と考え』が無いので、異常な正義感を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な『心と考え』が無いので、異常な正義感(判断基準)などの価値観(世界観)を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事ではないことを、悪事だと認識している。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、正義ではないことを、正義だと認識している。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な正義感の価値観(世界観)で、他人を批判する。

  (1)。他人は、正しいことを行っている状態なのに、正しいことの認識が出来ない『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が、間違えていることを行っている状態であると、批判する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の異常な判断基準が正しいと認識して、相手の正常な判断基準が間違いであると認識する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の方が、間違えている可能性(選択肢)を、発想しない(含めて考えない、含めて判断しない)。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な正義感の価値観(世界観)を、強要する。

  (1)。間違いである、異常な正義感の価値観(世界観)を受け入れてはいけない。

  (2)。間違いである、異常な正義感の価値観(世界観)を受け入れて、世界に取り入れて、世界に反映するごとに、世界は間違っていく。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、敵同士を戦わせて、自分が罰を受けずに悪事を行うことを好む(記事No.354)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、敵(他人)同士を戦わせて、自分が罰(傷)を受けずに悪事を行うことを好む】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、敵(他人)同士を戦わせて、自分は安全な場所から覗いていることを好む。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、覗いている時は、「興奮物質の分泌」や、「他人が行っている戦いを、自分が行っているという妄想(認識)をして、自分が強いという状態の妄想の体感」からの快楽が、発生している状態である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、敵(他人)同士が戦うように誘導する。

<例えば>

 ①。嫌いな人(敵)の行動の、告げ口をすることで、嫌いな人(敵)と、警察が戦う状態を見る。

  (1)。この告げ口は、嫌いな人(敵)の、悪い行動であると、あまり評価が出来ない些細な悪い行動である場合が多い。

  (2)。この告げ口は、同じ行動を、嫌いな人(敵)以外や、強者が行った場合、告げ口をしない場合が多い。

  (3)。この告げ口を行い、「他人を悪い状態にすることで快楽を得る」、「告げ口で、強者に取り入ろうとする」、「相手を下げ、自分が上がり、相手を出し抜こうとする」悪人は、削除されるべきである。

   1。この告げ口は、悪人の生存方法から発生しているので、防ぐ必要がある。

   2。この告げ口は、目先の利益に利用が出来るものであるが、悪人の生存に有利になり、まともな人の『心と考え』を備えている人の生存に不利になるので、悪人が増長しないように、受け入れに気を付ける必要がある。

  (4)。この告げ口の意図や結果とは違う、正当な、正義や結果の為の、悪人を駆除する為の告げ口はある。

   1。どこが違うのかの主点は、行動の根源が、善か、悪かである。

   2。だが、自分が善だと判断(認識)しても、善を分かる機能が無い人の場合の、自分の認識の善は、善ではない。

   3。つまり、善か、悪か、の判断は、自分の認識ではなく、世界に断固として存在している法則に基づいている。

   4。法則の認識が出来る人の、判断の、善か、悪かが主点である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌いな人(敵)に、故意に悪事を行わせて、悪事の被害者が、嫌いな人(敵)を攻撃するように誘導する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌いな人(敵)に、不利になる嘘(捏造)を提示して、不利になる嘘(捏造)を信用した人から、嫌いな人(敵)が攻撃を受けるように誘導する。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、何度も同じ犯人(同一人物)が、悪事を行っている(記事No.353)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、何度も同じ犯人(同一人物)が、悪事を行っている】

<1>。何度も同じ犯人(同一人物)が、悪事を行っている。

 ①。一人を駆除しても、他の場所に存在する、複製(クローン)は、悪事が出来ない状況に置かれることもなく、自由に動いている状態である。

 ②。同じ犯人(同一人物)が、同じ悪事を行う場合もあるが、別の悪事を行うこともある。

 ③。悪事を行う(発生する)機能は、生まれ付きに備わっているものなので、悪事が出来ない状況に置かれる(削除される)までは、悪事を行い続ける。

<2>。同じ犯人(同一人物)が、同じ時刻に、複数体、存在する。

 ①。一人を駆除しても、他の場所に存在する、複製(クローン)は、まだ活動状態である。

 ②。DNAの採取、犯人の『心と考え』の研究が必要である。

 ③。何度でも、表れるたびに削除すること。

<3>。犯人は、血縁(先祖が同じ)であるので、似ている。

 ①。悪事の核心部は、血縁者が行っている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、血縁以外もいるが、悪人の集団(群れ)なので、血縁以外の人は、利用価値が無くなると、排除される立場である。

<4>。過去の犯罪者は、再犯をするので、自由に活動が出来る状態を阻止すること。

<5>。過去の悪事の犯人と、同じ犯人(同一人物)の悪事を防いでいないことが、世界の悪い現状の大きな原因である。

 ①。未来に、犯人の情報などを残すということ。

 ②。犯人を製造(複製)している悪人(クロなど)を、阻止するということ。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、犯人であるが、自分は犯人ではなく、<善人の仲間>(正義)であると、演じる(見せ掛ける)ことが多い。

<7>。複製(クローン)は、前の体で生きていた記憶を持っている場合もあり、持っていない場合もある。

 ①。つまり、過去の自分の犯罪を知っている場合と、知らない場合がある。

 ②。つまり、死んだ後も、記憶が残せる場合がある。

 ③。つまり、不快な記憶(経験)を与えると、その時に使っている『心と考え』(記憶など)は今後、使えなくなる。





★『5人組や、5人組の仲間達』

悪人は、「初手の攻撃」(悪事)を行う(記事No.352)

【★1。悪人は、「初手の攻撃」(悪事)を行う】

<1>。「初手としての相手(加害者)からの攻撃(嫌がらせ)」が行われた場合、被害者が身を守る為に、自分を攻撃(嫌がらせ)して来る相手(加害者)に、攻撃を返す(反撃する)ことは、正当である。

 ①。反撃すると、戦いとなるので、反撃してはいけないと提示されるが、反撃しない場合、「初手の攻撃」を行う悪人が増えることになる。

  (1)。「反撃すると、戦いとなるので、反撃してはいけない」というのは、分からない人の行動を変えるよりも、分かる人の行動を変えることで、戦いを防ぐという方法である。

   1。この方法により、「悪人は悪事を行っても良い(許可された)」と認識し、悪事が増大する。

  (2)。「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人に、大量に何度も「相手を攻撃してはいけない」と教えても、分かることは無い(攻撃を辞めることは無い)。

  (3)。<「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人の攻撃>と、<被害者の苦痛>を、そのままにすると、<「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人が、相手を攻撃したことからの快楽を得る>、<被害者の苦痛は癒されず、苦痛の原因は再発する>と、いう状態になる。

   1。「★1の①の(3)」場合、「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人は、精神的苦痛が無く、肉体的な苦痛に発展することが無く、生存や繁殖が行いやすい。

   2。「★1の①の(3)」場合、苦痛を受けた被害者は、精神的苦痛が癒されず、再発に怯え、肉体的な苦痛に発展することが有り、生存や繁殖が行いにくい。

   3。つまり、悪人の、生存や繁殖が行いやすく、被害者(善人)の、生存や繁殖が行いづらい。

  (4)。戦いを防ぐ為には、「相手を攻撃してはいけないと、分からない人(悪人)」を削除する方法と、被害者を救う方法を行うべきである。

   1。悪人を減らして、善人を増やすという方法が、正当であり、将来的に、戦いを減らしていく方法である。

 ②。「初手の攻撃」を行う悪人が悪いとせず(罰を与えず)、「初手の攻撃」をされた被害者を悪いとする場合、「初手の攻撃」を行う悪人が増えることになる。

  (1)。「初手の攻撃」を行う悪人が悪いとせず(罰を与えず)、「初手の攻撃」をされた被害者を悪いとすること(「初手の攻撃」を行った悪人に罰を与えず、被害者が被害を我慢する状態)は、悪事である。

  (2)。「初手の攻撃」を行う悪人に、罰を与えるべきである。

  (3)。現実の真実として、「初手の攻撃」を行う悪人が、「全て」悪い。



 ※補足1。以前に、『5人組や、5人組の仲間達』によって、実験(試しを、強要を)された内容ではあるが、真実なので、何度も書いておく。

     また、いつも通りに『5人組や、5人組の仲間達』の実験は無意味であり、破綻した理論などにより、立証ではない。

     まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、基本概念を理解できることである。

     正しい実行の為には、詳細が必要であるが、現在、書く時間が無い。



<2>。悪人は、「自分本位(勝手)の都合」、「妄想」、「現実逃避」、「他人との交流(コミュニケーション)」、「快楽」などの為に、「初手の攻撃」を行いやすい。

 ①。悪人は、相手が嫌がることで快楽を得る。

 ②。悪人は、現実逃避を行う為に、相手に攻撃(嫌がらせ)を行う。

 ③。悪人は、暇つぶしを行う為に、相手に攻撃(嫌がらせ)を行う。

 ④。悪人は、他人との交流(コミュニケーション)を行う為に、相手に攻撃(嫌がらせ)を行う。

 ⑤。悪人は、相手に攻撃(嫌がらせ)を行うことが、生存方法であり、生存本能である。

<3>。悪人は、群れを壊す、群れを形成できない。共存は不可能である。

 ①。人が嫌がること(悪人の嫌がらせ)とは、正常な状態が壊されることである。

 ②。人が嫌がること(悪人の嫌がらせ)とは、正常を形成しようとして、目的を持って活動していたものを、壊されることである。

  (1)。悪人の目的の邪魔。

  (2)。悪人の形成されたもの(完成品など)の破壊。(頑張りが無意味になる)






★『5人組や、5人組の仲間達』

悪人と、善人は、『心と考え』が違う(記事No.351)

【★1。悪人と、善人は、『心と考え』が違う】

<1>。悪人と、善人では、同じ行動からでも、未来に発生する結果が違う。

<2>。悪人と、善人では、行動の元(根本)になっている、生ずるもの(『心と考え』、理由、発生するもの、沸き上がるもの)が違う。

 ①。この違いが重要である。この違いが【善悪の違い】である。

 ②。悪人と、善人では、行動の元(根本)の、『心と考え』が違うのである。

<3>。悪人のモノマネは、「奪う」、「成り代わる」、「嫌がらせ」、「擬態」などである。

 ①。悪人のモノマネは、幸せを奪い合い、全体が悪くなっていく。

<4>。善人のモノマネは、「取り入れる」、「改善する」などである。

 ①。善人のモノマネは、全体が、良くなっていく。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、度々する発言(記事No.350)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、度々する発言】

<1>。「~だったら、やらなかったのに」

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の後の発言である。

 ②。「知っていたら行わなかったのに」、の意味の発言であるが、後付けの嘘であり、正当性は無い。

 ③。現実の真実として、「悪事を行った」という確定がある。

  など。

<2>。「分からないんだ」

 ①。故意に、異常な状況に相手を置いて、相手が異常を受け入れた場合の発言である。

  (1)。現実の真実として、相手は、異常を分からないから受け入れたのではない。

  (2)。「相手は異常を分からないから受け入れた」のではないと、認識していても、嫌がらせの為に、「相手は異常を分からないから受け入れたと、認識している」という設定で行動して、悪事を重ねる。

 ②。相手が、異常な状態を分からない(低能者)である、の意味の発言であるが、異常な状況に相手を置くことが、一番の異常(低能)な行動である。

 ③。「悪事を行っても良いんだ(悪事を許可された、相手に悪事を防ぐ意志が無い、悪事は防がれない)」の意味の発言である。

 ④。相手が、異常な状態を受入れ、反抗しないと、異常な状態の形成を、増やしていく。

  (1)。例えば、相手が『5人組や、5人組の仲間達』(敵)が近くに存在していると認識していない場合、『5人組や、5人組の仲間達』(敵)は、次々と相手の近くに近づいていく。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、どのぐらい認識が出来ないのか、相手を試すことで、快楽を得る。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が防がれないなら、悪事を増やして(重ねて)いく。

  など。





 ※補足1。もっと、詳しく書きたいが、忙しくて書けないので、メモ程度。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「これを見て、どう思いますか?」の発言(記事No.349)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「これを見て、どう思いますか?」の発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この発言を、度々する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分が行った悪事を、他人が行った悪事であると、立場を変更した妄想(認識、表現)をする場合の発言。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分の立場(弱者と強者の立場)が、変わったという妄想である。

  (1)。弱者の側と強者の側の優勢が変わると、優勢に合わせて、強者の側に自分が含まれていると妄想する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「現実の真実として、加害者である自分の立場」が、「自分は被害者の立場である」と、妄想して認識を変えることで、現実逃避をする。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、テリトリーの認識の異常などから、自分の立場を認識できない。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、加害者の立場であるのに、被害者の立場であると、認識することは悪であるという価値観が無い。

   1。優勢に合わせて、立場を簡単に変えることは、一貫性が無く、信念が無く、風見鶏であるので、正義(立派)ではないと、いう価値観が無い。

  (5)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を被害者だと妄想することで、快楽を得る。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』の価値観では、被害者とは、加害者を責める(攻撃する)ことが出来る、有能者の立場である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分が行った悪事を、他人が行った悪事であると、見せ掛ける為の発言である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が行った悪事を、他人が行った悪事であると、見せ掛ける為に、他人を批判する。

<4>。悪い状態を認識することからの不快感に、悪い状態を批判したいという欲望がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「これを見て、どう思いますか?」と相手に言うことで、「相手も一緒に批判して欲しい」、「相手に自分の仲間になって欲しい」と、いう欲望を表現(行動)している。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「これを見て、どう思いますか?」と相手に言うことで、「相手の反応を批判したい」と、いう欲望を表現(行動)している。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の返答などを批判したい。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手を批判する材料を見つけ出して、イチャモンで、相手を批判することが多い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手を罠にかけて(返答などを誘導して)、相手の返答などを批判したい。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に怒りの方向を向けることで、現実逃避をしたい。





◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.348)

【★1。

<>。初手としての相手からの攻撃(嫌がらせ)が行われた場合、身を守るに、自分を攻撃(嫌がらせ)して来る相手に、攻撃を返す(反撃する)ことは、正当である。

 ①。反撃すると、戦いとなるので、反撃してはいけないと提示されるが、反撃しない場合、初手に攻撃する悪人が増えることになる。

 ②。反撃しない場合、初手の悪人の悪事が減らない。

 ②。初手の悪人が悪いとせず(罰を与えず)、初手の攻撃をされた被害者を悪いとする場合、初手に攻撃する悪人が増えることになる。

 ()。初手の悪人が悪いとせず(罰を与えず)、初手の攻撃をされた被害者を悪いとすること(初手の悪人に罰を与えず、被害を我慢する)は、悪事である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、「行動の内容」に主点がある(記事No.347)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「行動の内容」に主点がある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分自身が悪いのではなく、自分の「行ったこと」が、悪いと認識する。

 ①。自分自身と、「行ったこと」は、分裂している認識である。

 ②。自分が批判されている場合、自分自身が悪いという反省はしない、「行ったこと」が批判されていると認識する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が批判されている場合、自分自身が悪いという反省はしない、「行ったこと」が悪いことである、「行ったこと」に問題がある、と認識する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、批判されても、一般的な、自分自身への反省をしない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事の妄想から、自分が苦痛を受ける(記事No.346)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を妄想することで快楽を得る】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っている、強い状態の自分を妄想することが楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(強い状態の自分)の妄想の結果、自分を強いと思い込む。

  (1)。自分を強いと思い込むことは、強い自分を妄想した場合の、一般的な反応であるが、現実認識の能力が低いと、自分を強いと思い込む力が強い。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を妄想することは、快楽であり、生存の為の方法の為でもある。

<3>。悪事の妄想の中で、自分が相手を攻撃すると、同時に、自分が自分の攻撃を受けている状態であると、潜在意識が認識する。

 ①。悪事を妄想する場合、被害者の苦痛を楽しむ場合があるが、自分も苦痛を受けている状態である。

 ②。悪事の妄想の中で、自分が相手を攻撃すると、同時に、相手の苦痛と同じものを自分が受けていると、潜在意識が認識する。

 ③。被害者の苦痛を認識できない場合、被害者の苦痛(相手が低能、自分が有能の状態)を楽しむことが無く、被害者の苦痛の状態は、悪人にとって興味の無いものである。

  (1)。相手の苦痛が分かるから、相手に痛みを与えようとするのである。

  (2)。つまり、被害者に苦痛を与えようと妄想する場合、被害者の苦痛を認識している状態である。

 ④。被害者の苦痛の認識は、そのまま、自分が苦痛を受けている状態であると、潜在意識で認識される。

  (1)。つまり、潜在意識では、自分が苦痛を受けているという認識になっている。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分には出来ないことを、出来ることであると、妄想する(記事No.345)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分には出来ないことを、出来ることであると、妄想する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分には出来ないことを、出来ることであると、妄想(認識)する

 ①。現実の真実として、自分には出来ないことを、他人が行っている場合に、自分が行っている状態であると、妄想(認識)する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、「他人が能力を発揮している状態」を、「自分が能力を発揮している状態」であると、妄想(認識)する。

  ※補足1。現実の真実として、「自分の能力は発揮していない状態」である。

  (2)。テリトリーなどの範囲の認識の異常と、関係がある。

 ②。現実の真実として、「自分には出来ないことを、他人が行っている場合」に、「自分なら他人より上手く出来る」と、妄想(認識)する。

  (1)。現実の真実として、「自分には出来ないことを、他人が行って失敗している場合」に、「自分なら他人より上手く出来るのに、他人は出来ていない」と、妄想(認識)する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、予測能力が無いので、自分に出来ることか、出来ないことかを判断できない。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、出来ている有能な自分を妄想することで満足して、実際には行わない消極的な行動をする場合が多い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に行って出来なかった場合も、自分の考え(認識)を反省、改善すること無く、自分の能力の程度を認識する為の、記憶にも残らない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が行った(おこなった)ことは、全て直す(記事No.344)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が行ったことは、全て直す】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人、偽者)が行ったことは、全て間違いである状態である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』が行ったことは、全て、正しい状態に直す。

<3>。最初から、本物の私が行えば、全て、正しい状態になった。

 ①。最初から、本物の私が行えば、無駄になるものが無かった。

 ②。最初から、本物の私が行えば、犠牲になるものが無かった。

 ③。最初から、本物の私が行えば、悲しみや、困難も無かった。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』が、行った(おこなった)から、全てが無駄になった。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』が、行った(おこなった)から、全てが犠牲になった。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』が、行った(おこなった)から、全てが悲しみ、困難になった。

<4>。「『5人組や、5人組の仲間達』が、関わったから、成功した」という、間違った認識(妄想)を防ぐ為にも、『5人組や、5人組の仲間達』が行った(おこなった)ことは、全て直した方が良い。

 ①。「『5人組や、5人組の仲間達』が、行った(おこなった)から、成功した」という、間違った認識(妄想)を防ぐ為にも、『5人組や、5人組の仲間達』が行ったことは、全て直した方が良い。

 ②。「『5人組や、5人組の仲間達』が、自分の能力(モノマネではない能力)で、成功した」という、間違った認識(妄想)を防ぐ為にも、『5人組や、5人組の仲間達』が行った(おこなった)ことは、全て直した方が良い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の成果を盗み、成果を受け取る人に成り代わろうとする。

 ③。「『5人組や、5人組の仲間達』の、お陰(おかげ)で、成功した」という、間違った認識(妄想)を防ぐ為にも、『5人組や、5人組の仲間達』が行った(おこなった)ことは、全て直した方が良い。

 ④。「『5人組や、5人組の仲間達』の、自分は善人であり、有能者である」という捏造を、受け入れない為にも、『5人組や、5人組の仲間達』が行った(おこなった)ことは、全て直した方が良い。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』が、1つ関わっただけでも、直す必要があるが、それは逆に、1つの関わりで、全てを壊せることを意味するので、『5人組や、5人組の仲間達』の利益にならないように、「善悪や、広い範囲や、長期的な損得の計算など」をして、直す必要がある。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』が行った(おこなった)ことは、「必ず」、「全て」、直すという表現(提示、実行)が重要である。






★『5人組や、5人組の仲間達』

ポジティブと、現実逃避は違う(記事No.343)

【★1。ポジティブと、現実逃避は違う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の結果へのポジティブ思考とは、「負け惜しみ(後付け)」である。

 ①。「負け惜しみ(後付け)」は、ポジティブ思考ではなく、現実逃避である。

 ②。「言い訳」は、ポジティブ思考ではない。

<2>。悪人は、まともな人の『心と考え』を備えている人と、同じ考え方(生き方、モノマネ)を行っても、結果が違う。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人は、ポジティブに考えることで、活動に活力が発生して、善行をする。

   悪人は、ポジティブに考えることで、活動に活力が発生して、悪事をする。

 ②。悪人と、まともな人の『心と考え』を備えている人では、ポジティブに考えることで、結果が違う。

 ③。悪人が、ポジティブに考えることで、悪事が増大するならば、悪人がポジティブに考えることは、悪事である。

 ④。善人が正しい結果(善行)となる生き方と、同じ生き方を悪人が行っても、悪人には、悪い結果(悪事)となる生き方である。

 ⑤。つまり、悪人が、自分は善人と同じことを行っているのに、自分が善人と同じ評価を受けられないのは、不当であるという主張は、成り立たない。

 ⑥。ポジティブ以外の、全てが同じことである。

<3>。これは、モノマネで成功することの、不可能を表すものでもある。

<4>。現実逃避とは、人生の苦難を乗り越える為にある機能であるが、長期的に現実逃避を行うと、『心と考え』や、体の正常な機能が失われる。

 ①。現実逃避を行う場合、一時的なものである方が良い。

 ②。現実逃避が必要な問題を、解決するように行動し、現実逃避を使う必要が無い状態を作ることが望ましい。

   (1)。「正当な」世界の状態である、現実逃避を使う必要が無い、世界の状態を作ることが望ましい。

 ③。現実逃避と、ポジティブは違う。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った思考の結果で、決めつける(記事No.342)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った思考の結果で、決めつける】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、全体の把握が無い、部分の認識で、妄想する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、複数の要素を、同時に使って、思考することが出来ない。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の思考は、1つの要素が増えると、最初にあった要素が幾つか消える。

   1。正常な思考とは、思考に必要な要素を、全て同時に使って思考している状態である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の思考は、同時に使える要素の数が少ない。

   1。「★1の①の(1)」と「★1の①の(2)」は、「全体の把握が出来ない」、「部分の認識になる」ことの、1つの原因でもある。

<2>。思考の、分からない(足りない)部分には、「何か」で埋めようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、埋めようとする「何か」は、理論的なものではない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、埋めようとする「何か」は、現実逃避の妄想から発生することが多い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、埋めようとする「何か」は、繋がりの無い、無関係な閃きから、発生したものであることが多い。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、埋めようとする「何か」は、曲解した(ずれている)、無関係な閃きから、発生したものであることが多い。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、決めつける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、決めつける(思考を終了する、まとめる、最終決定の判断をする、断定する)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、考え(思考し)ても分からないことが日常であり、思考することが無意味な場合が多く、思考から利益が無いので、思考しない。

  (1)。だから、決めつけることが発生しやすい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<1>」の要素の少ない思考で、「★1の<2>」の「何か」を使った、「決めつけたこと」を元にして行動する。

  (1)。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の、全てが間違った状態の思考から発生するものは、間違った行動(悪事)である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の思考(主張)が間違いであると、認識していても、「間違えたままの状態」で、決めつける(思考を終了する、まとめる、最終決定の判断をする、断定する)。

  (1)。「間違えたままの状態」を、「いけないこと」であると、判断するのは、善悪(正義)の判断であり、善悪(正義)の判断が無いならば、「間違えたままの状態」で支障は無い(構わない)と、判断する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「間違えたままの状態」で、決めつけたことを、元にして行動をする。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「間違えたままの状態」で、決めつけたことを、元にして悪事をする。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、決めつけたこと、間違いであることを、強要する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、強要から、間違ったものが、世界に(作られる)表れる。

<4>。成功者が、成功する為の、自主的に作った原因は、100個以上あるのが普通であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、成功者が缶コーヒーを飲んでいるのを見るだけで、「缶コーヒーを飲むと成功する」と認識する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「缶コーヒーを飲むと成功する」と決めつけ、モノマネをする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、一部分を認識して、決めつける。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、成功者の成功が羨ましいが、「何が原因で成功したのか、分からない(疑問)」ので、「自分に分かること(部分)が原因で、成功した(答え)」と、判断して決めつける。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、成功者の成功が羨ましい(壊したい、奪いたい)が、「何か原因があるから、成功している(成功しているのは自然な正当なことである、自分の負けではない)」と、納得しようとするので、決めつける。

 ②。現実の真実として、成功者の成功に、缶コーヒーを飲むことは、直接的な繋がりが無い。

  (1)。現実の真実として、成功者の成功に、缶コーヒーを飲むことは、直接的な因果関係が無い。

    1。『5人組や、5人組の仲間達』は、繋がりの認識が無い。

  (2)。現実の真実として、成功者が、缶コーヒーを飲むことは、成功者の成功に対応する、大きな原因ではない。

    1。成功者の、成功の為の要素は、複数ある。

  (3)。現実の真実として、成功者の成功に、缶コーヒーを飲むことは、必須ではなかった。

  (4)。現実の真実として、成功者の、成功する為の原因は、1つだけではない。

 



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が欠陥品であるという自覚が無い(記事No.341)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が欠陥品であるという自覚が無い】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、欠陥品である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は「他人よりも優れている」と妄想(認識)している。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分ではなく、他人が間違えている」と妄想(認識)している。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は「他人と同じである」と妄想(認識)している。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、他人より劣っている」と認識していない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、足りない部分(欠陥)が存在することの、存在を認識できない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何か」が存在していると、いうことが認識できない。

   『5人組や、5人組の仲間達』は、何も存在していないと、認識している。

 ②。見たことも、聞いたことも無いものが、有る(存在する)とは考えない。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分には欠けているものが、一般の人には存在している(備えている)ことが、分からない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何か」が、何であるか、分からない。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、欠けているものが、何であるか分からない。

 ※補足1。『心と考え』の多数の機能について、である。




カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ