<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、「これで分かった」と、いう発言(記事No.631)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「これで分かった」と、いう発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行っている悪事の罪悪感や、羞恥心などから現実逃避する為に、「これで分かった」と、発言する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「これで分かった」と、いう発言で、自分は意味のあることを行っていると、表現する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「これで分かった」と、いう発言で、自分は意味のあることを行っていると、他人に見せ掛けることが出来た(思わせることが出来た)と、間違った認識をする。

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かっていないこと」を、「分かった」と、間違った認識(発言)をする。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、告げ口をする(記事No.630)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、告げ口をする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が「~と言っていたんですよね」、「この入力をする時は、これと迷っていた」、「~を行っていた」などの、告げ口をする。

 ①。内容は、私の発言などを部分的に切り取ったものや、誤字の修正などで私が間違った部分などである。

 ②。また、『5人組や、5人組の仲間達』は、その情報を提示すれば、私が困るであろうと、認識している。

 ③。また、『5人組や、5人組の仲間達』は、その情報を提示すれば、私を批判できるものであると、認識している。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、その情報を提示して、相手の反応から、私の行動(情報の内容)の正誤(善悪)を知ろう(確認しよう)とする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』には、私が困るであろう情報などを、報告する悪人がいる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、私が困るであろう、私の行動などを、報告する悪人がいる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が困るであろう、私の行動などを、報告して、相手の反応から、学ぶ(表の理由の材料とする等)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の困るであろう、私の行動などを報告して、「この行動は合っている(正しい)のか」と、相手に確認する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の困るであろう、私の行動などを報告して、「この行動は、悪いことであるから、罰を与える(攻撃する)べきではないか」と、相手に確認する。

 ③。情報の内容には、捏造も含まれる。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』には、私を攻撃する為の、仲間を増やそうとする為に、仲間になりそうな人に、欲しがる(必要な)情報を渡そうとする悪人がいる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、相手の説得である。

 ②。情報の内容には、捏造も含まれる。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、無用な(相手が不快な)情報を相手に渡して、怒られることが楽しい悪人がいる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の異常な行動を、怒ってもらいたがる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の異常な行動を、相手が受け入れると、楽しい。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の異常な行動を、異常であると、認識しない。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に『分からない人』が、自分を『分からない人』であると見せ掛けているので、『分からない人』の水準が高い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を『分からない人』であると認識して、行動することが楽しい。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の、この具体的な行動とは、書類を渡したり、発言することである。

 ①。繋がり(必然性)の無い、行動なので、分かりやすい。

  (1)。例えば、突然、道端に机を用意して、作業を始める。

  (2)。例えば、行う権利が無いが、行っている。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、一時的でも幸せな体験が出来るのならば、未来の不幸は構わないという価値観で行動する(記事No.629)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、一時的でも幸せな体験が出来るのならば、未来の不幸は構わないという価値観で行動する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、一時的でも利益(幸せ)の体験が出来るのならば、その後の不幸(罰、拷問)は構わないと現実逃避して、その現実逃避が本心であるとして、行動する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、一時的な利益(幸せ)を体験する前に不幸(罰、拷問)を受けると、「自分は、まだ、利益(幸せ)を体験していないのに」と、発言する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸(罰、拷問)にされるのならば、利益(幸せ)をくれと、いう価値観である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分には、一時的な利益(幸せ)を受け取る権利があると、いう価値観である。

  (1)。現実の真実として、他人に不幸を与えている状態なのに、である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸(罰、拷問)を、一時的な利益(幸せ)の体験の為の、交換条件のようなものであると、認識している。

  (1)。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸(罰、拷問)が罰であることを、認識していない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、利益を受け取ったから、不幸(罰、拷問)にされても、納得(満足、仕方がない)と、いう現実逃避の認識を持ち、行動している。

 ①。現実の真実として、実際には、不幸(罰、拷問)が発生する状態になると、不幸(罰、拷問)から逃げる行動をする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、利益(幸せ)を受け取った後に、不幸(罰、拷問)から逃げる行動をする。

  (2)。悪人の性質には、利益を先に受け取ると、利益から発生する義務や約束などを放置して、逃げるが、ある。

  (3)。悪人の性質には、利益だけが欲しくて、利益から発生する義務や交換条件の約束などは放置して、逃げるが、ある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、利益(幸せ)さえ受け取れば、自分の勝ちであると、認識する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸(罰、拷問)を自ら受け入れることから、自分の勝ちである(自分の負けではない)と、認識する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸(罰、拷問)を自ら受け入れることから、自分を被害者であると、罰の判断者たちに、思って貰い、罰を減らし(無くし)で貰おうとする(見せ掛ける、騙す)。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、未来の、不幸(罰、拷問)の体験(体感)の予想が無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、過去の自分が受けているの不幸(罰、拷問)の映像などを見ても、自分の演技であると、現実逃避して、未来に自分が受ける不幸(罰、拷問)を自覚しない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、未来の、不幸(罰、拷問)の発生時には、助けてもらえると、いう発想(予測)を作り出す(証拠の無い思い込み)。




★私の意志・意向

幸せを受け取る権利の無い、クズには幸せを渡さない(記事No.628)

【★1。幸せを受け取る権利の無い、クズには幸せを渡さない】

<1>。世界を正しく直す為の指示を行わないから、世界中の命がクズとして、生き続けることになる。

<2>。私は、私(神)からの幸せを、言われたことが出来ない、人のクズには、与えない。

 ①。言われたことが出来ない、人のクズには、幸せを受け取る権利が無い。

<3>。私は、出来ないクズの為に、身を、一時的に犠牲にする。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の一覧(記事No.627)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の一覧】

<>。スカウトで、仲間入り。

<>。自ら、志願して、仲間入り。

<>。子孫。

<>。

<作成中>

種類が多過ぎて、作るのに時間がかかるから。



★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、「~してあげようと思ったのに」と、発言する(記事No.626)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「~してあげようと思ったのに」と、発言する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に否定される(不快感を感じる)と、「~してあげようと思ったのに」と、発言する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、「行うつもりが無い」、「喜ばせる能力が無い」、「出来ない」のに、「~してあげようと思ったのに」と、発言する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が欲しがってないのに、「~してあげようと思ったのに」と、発言する。

<4>。相手が自分を否定したから、相手は自分から良いものを貰えなくなったと、いう表現(主張)である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に、残念なことをしたと、反省して欲しいと、いう表現(主張)である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分は、良いものを与えることが出来る有能者であると、いう表現(主張)である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に、自分は、良いものを与えることが出来る有能者であると、認識してほしい。

<5>。現実の真実として、不要なものは、不要である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、自分が出来ないことを、出来ると間違った認識をしているだけである。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、与えることが出来ないが、自分は相手に与えられると、間違った認識をしていることからの、発言である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、現実には無いものを、相手に残念であると、認識してほしい。

 ②。必要であったとしても、『5人組や、5人組の仲間達』から、ほしくない。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考などを、作り出し、強要する(記事No.625)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考(主張)などを、作り出し(捏造の状況など)、強要する】

<1>。私が真実を言うと、真実なので、現実の世界で、そのまま表現される。

 ①。私は、過去の実際にあった出来事などを言う。

 ②。過去から、発生しやすい流れの性質が、そのまま持ちこされているので、似ていることが、再現される。

  (1)。自発的に、自然に、自動的に、過去と、似ていることが、再現される。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(低能者)の、間違った解釈。

 ①。私の言うことは、全て実現する(している)。

  (1)。現実の真実として、私は、真実を言っているから、その通りになっているだけである。

 ②。社会(みんな)は、私の言うことを実現させようとして、行動している。

  (1)。現実の真実として、私は、真実を言っているから、その通りになっているだけである。

  (2)。現実の真実として、私の望みは、社会(みんな)の望みでもあるので、協力が発生しているだけである。

  (3)。社会(みんな)が、行っているので、自分も行おうと、いう人もいる。

<3>。現実の真実として、社会(みんな)は、故意ではなく、自然に行動している結果、私の言うことが、実現しているのである。

 ①。現実の真実として、社会(みんな)は、自発的に、必要性などを感じて、私の発言を、現実に作り出そうとしている。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分も、みんなと同じことをモノマネして行えば、褒められる(仲間になれる)と、いう間違った発想(予想)である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、みんなが私の言っていることを、実現させようとしているので、自分も実現させようとする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の言っていることを、実現させようとする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考を、実現させようとする。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考などを現実に作り出すことが、楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、作り出す作業自体を行うことが、楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、作り出す作業を行っている間は、不用品ではないので、気がまぎれるので、楽しい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間と一緒に、捏造の状況などを作り出す作業をすることが、楽しい。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、暇にしていると、仲間から苦情を言われるので、苦情を言われない何かの仕事をしていたい。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、意味のあることをしている(カッコイイ)という妄想が、楽しい。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考を覗き、私を含み、他の人が行う前(成功する前)に、「自分が」行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の成功を嫌がるので、阻止する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の成功を奪い、自分が成功したい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人ではなく、自分が褒められたい。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を否定する意見を、脳が受け取らない(記事No.624)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を否定する意見を、脳が受け取らない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を否定する、相手の言葉を、脳が受け取らないので、認識しない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に都合の悪いことは、脳が弾いて(はじいて、処分して)、脳に浸透しないので、認識しない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「いらない」、「嫌い」などの、相手の否定の言葉を、認識しない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を否定する意見を、受け取らないので、相手から否定の意見を、強く、強力に言われる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、受け取らないと知らない人は、相手が、強く、強力に否定の意見を言っている状態を、強く言いすぎであると、感じる。

 ②。現実の真実として、否定の言葉を受け取らない人に、強く言いすぎは無い。

 ③。現実の真実として、否定の言葉を受け取らない人が悪い。

   人の社会は言葉を使って成り立っているのに、言葉を受け取れないならば、社会が成り立たない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、ストーカーなどと、同じ思考回路である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、強く、強力に、否定を言わないと、自分が受け入れられたと認識して、相手に自分の強要を行い続ける。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、強く、強力に、否定を言わないと、相手に自分の強要を行うことが、増長していく。

 ③。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、否定されると、逆恨みする(怒る、攻撃する)。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達などに、「上手に悪事を行えと指示をする」(記事No.623)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達などに、「上手に悪事を行えと指示をする」】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達などに、「自分が悪であると、暴かれないように、上手に悪事を行え」と、指示をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達などに、自分が指示を行わなくても、自発的に、自分の為になるように、上手に悪事を行えと指示をする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が盗撮されている場合に、盗撮の映像を見ている自分の子供達などに、「少し」遠回しに指示を与える。

   (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が盗撮されている場合を、想定して生きている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』には、自分の子供達とは、自分の悪事を行う為の道具である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、子供達とは、その為に改造され、その為に生まれてくる(作られる)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達に、利用する為に、優しくする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達が自分に反抗しないように、優しくする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達が、自分の言い成りになるように、優しくする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達が、自分の言い成りになるように、騙す。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達などが、上手に悪事を行えない場合、罰を与える。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の子供達などが、上手に悪事を行えない場合、削除する。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の、子供達などは、自分を不当に扱う親を、駆除する為に行動するべきである。

 ①。だが、『5人組や、5人組の仲間達』の、子供達などは、自分を不当に扱う親を、駆除しようとしないように、親などから、私が悪くて、自分達が不幸であると、騙される。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の子供は、正常ではないので、思い付かない(気付かない)。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』の子供には、悪事を行いたいという自発的な意思がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意ではない、破綻した理論(判断、価値観など)からの表の理由がある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、表の理由であるという自覚のない、表の理由を持つ。

  (2)。現実逃避などの自覚が無い、意識が出来る部分の、本心としてある、表の理由である。

<例として>

 ①。自分達の悪事を棚上げして、自分達の悪事に報復することは悪いことであると、いう間違った認識(価値観)がある。

 ②。私を倒せば幸せになれるという、破綻した理論からの、間違った認識(価値観)がある。

  (1)。仲間からの誘導や、現実逃避からの妄想もあるので、持ちやすい。

 ③。悪事の表の理由(現実逃避)として、仲間が可哀想だから悪事を行うと、いう間違った認識(価値観)がある。

 ④。自分達は、悪で、邪魔であると言われているが、自分達は、悪で、邪魔ではないと、いう間違った認識(価値観)がある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』が悪事を行うので、『5人組や、5人組の仲間達』の真実を書いたものとは、『5人組や、5人組の仲間達』には、『5人組や、5人組の仲間達』の批判であると、受け取られる。

  (2)。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』が悪事を行うので、悪事が書かれているだけである。

 ⑤。他人が不幸であろうと、自分が良ければ構わないと、いう間違った認識(価値観)がある。

 ⑥。相手を批判(攻撃)する理由(言い訳)を、勝手な妄想(破綻した理論など)で、作り上げる。

  (1)。この妄想には、裏付けの無い妄想も使われる。

 ⑦。悪事を行い、他人の不幸を放置して、のんびり暮らしているのに、悪事を無くそうとする相手に邪魔されたので、悪事を無くそうとする相手が悪いと、いう間違った認識(価値観)がある。

 ⑧。悪人の群れの存続方法により、相手を攻撃する為の、多くの間違った認識(価値観)がある。

 ⑨。性質として悪事が楽しい。

  (1)。元々、悪事の始まりは、楽しいから行ったことである。

 ⑩。仲間と一緒に、相手を批判していることが楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、コミュニケーションである。

 ⑪。正義が何か分からない。

  (1)。機能の異常から、破綻した理論などになり、正義が分からない。

 など。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』を、可哀想であるという考えは、部分の認識であり、間違いである。







★《5人組や、5人組の仲間達》

もしも、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の必要があるとして(記事No.622)

【★1。もしも、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の必要があるとして】

<1>。もしも、『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事に必要性があるとして、他の人が行うべきであるとは、考えないのか?

<2>。もしも、『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事に必要性があるとして、他の方法を行うべきであるとは、考えないのか?




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の繰り返し(記事No.621)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の繰り返し】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の望んでいることを行おうとして、勝手に妄想して、現実の真実として、私が望んでないものを私に渡す。

 ①。私は、「『5人組や、5人組の仲間達』が、私の望んでいることを行おうとして、勝手に妄想して、現実の真実として、私が望んでないものを私に渡すこと」を、望んでいないなどの理由で、断り、怒る。

<2>。「★1の<1>」は、正当な当然のことであるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の努力や、自分の『あげる』というもの(好意、強要)が、受け入れられないので、怒る。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、この状態から、相手に嫌がらせを行う。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、この状態から、相手に強要を行う。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、この状態から、相手を逆恨みする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、相手の喜ぶものを与える(分かる)能力が無いという認識ではなく、相手が悪いという認識になる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪くない、相手が悪いという価値観である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の欲しいものを、覗いて知る。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の欲しいものを、相手を覗いて(相手の『心と考え』や、行動など)、相手が望んでいると勝手に判断して、渡そうとする。

  (1)。この場合、「相手の思考にあるもの(発想したもの)」だから、相手が望んでいるものであると、認識(主張)する。

   1。これは、本心としての主張の場合もあり、表の理由としての見せ掛けの主張の場合もある。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「相手の思考にあるもの(発想したもの)」は、何でも、相手の望みであると、主張する。

   1。これは、本心としての主張の場合もあり、表の理由としての見せ掛けの主張の場合もある。

   2。現実の真実として、相手が怖がっているものなども、相手の望みであると、主張している状態である。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の怖がっているものなど、不快なものを相手に与えることが、「自分を受入れない相手への嫌がらせとして」、「相手の反応を見て喜ぶ為に」などの理由で、楽しい。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、過去の自分が行っていることをすれば、今の自分も上手く行くという発想になる(予想で行動する)。

 ①。そして、「過去の自分の様式(パターン)と、同じ失敗」と、「過去の自分の、失敗の行動のモノマネ」を続け、繰り返している。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、モノマネで生きる価値観である。

  (1)。思考することの疲れからの、逃避などで、モノマネで生きる。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、不快な現実が、楽しいと思える妄想をする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が困っている現実から、自分は困っている状態ではないと、いう妄想を作り出す為に、「過去の自分が行っていることをすれば、今の自分も上手く行くという発想になる」。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行う悪事に、勝手に行う理由(目的)を作り出す。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が勝手に作り出した現実逃避の悪事の理由を、自分の本心であると認識する。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』には、学びや、改善は無い。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、辞めない。

 ⑦。だから、『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の繰り返しとなり、終わりなく、続いている。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の繰り返しは、過去の自分と同じ性質を持つ自分が、過去と同じ流れの行動をすることで、発生する。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の主張に、裏付けや深い考えが無く、単に、相手の主張の真逆のことを返すだけで、相手を批判する(記事No.620)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の主張に、裏付けや深い考えが無く、単に、相手の主張の真逆のことを返すだけで、相手を批判する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、裏付けや証拠も無いのに、自分が言うだけで、相手が騙されて、自分が言った内容を思い込むと、いう価値観である。

<2>。現実の真実として、まともな人の『心と考え』を備えている人は、経験などから学び、思い込まない。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人は、裏付けのある正当な理論から、真実として、「間違っていることを、間違っている」と主張している。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、この状態を、他人は、裏付けが無い状態で発言していると認識する。

   1。低能者が、他人の行動などの表面の認識から、他人の行動のモノマネを学ぶ状態である。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の深い考え(裏付けや、正当な理論など)の、認識が出来ないから。

  (2)。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、他人は、裏付けが無い発言でも信じる(騙せる)と、発想する(世界観を作り出す)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この場合に、「~じゃないよ(~ではない)」と、いう相手の主張をそのまま使った、相手の主張の真逆となる発言を言うことも多い。

 ①。焦点は、現実の真実として、真実であるか、嘘であるか、騙そうとしている『心と考え』であるか、である。

<4>。現実の真実として、相手の主張に、裏付けや深い考えが無く、単に、真逆のことを返すだけの状態は、相手から低能者であると、判断されることである。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、「~を、行わなくては、いけない」と、悪事を行う理由を、自分で勝手に作り出す(記事No.619)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「~を、行わなくては、いけない」と、悪事を行う理由を、自分で勝手に作り出す】

<作成中>



★《5人組や、5人組の仲間達》

私は、必要なので、罪人を駆除する(記事No.618)

【★1。私は、必要なので、罪人を駆除する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が主犯を駆除すると、それを「私が人を攻撃している」と、いう表の理由にして、私の世界を直す為の行動の阻止をする。

<2>。私は、必要なことを行っている。

 ①。私は、罪人を駆除している。

 ②。私は、正しい世界を作る為に、駆除している。

<3>。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、それから、私が、「罪の無い善人を駆除している(間違っている)」と、いう表の理由を作り、私の正しい行動を阻止する。




★私の状態

「私は見ていないから」と、いう私の発言(記事No.617)

【★1。「私は見ていないから」と、いう私の発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況で、演技する(見せ掛ける)ことなどを、私に見せることで、私に、嘘の情報を本当であると認識させよう(思い込ませよう)とする。

 ①。私は、その為にも、見ることを強要される。

 ②。私は、その為にも、意識を失わされ、嘘の情報などを見させられる為に、意識を瞬間的(一時的)に戻される。

   (1)。つまり、私は、瞬間的(一時的、断片的)なものしか、見ていない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、証拠もないことを「言う」だけで、相手に思い込ませられると、いう価値観である。

 ①。相手が疑って(迷って)いる場合などに、第3者が、自分は真実を知っているから教えるという見せ掛けから、相手の疑いの内容への、「~である」という答え(嘘)を発言する。

  (1)。焦点は、真実ではなく、嘘であり、相手を騙そうとする『心と考え』であることである。

  (2)。否定できる証拠があるのならば、疑う(迷う)という状態にならない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が否定が出来る情報(証拠)が無いならば、自分の意見を思い込ませられると、いう価値観である。

 ③。この場合、真実を言っている場合もあるし、嘘を言っている場合もある。

  (1)。裏付け(証拠)などの確認をせずに、信じることはしないこと。

  (2)。私は、どうでもよいことならば、「真実かもしれないし、嘘かもしれないな」と、いう認識を持った状態で、放置している。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「私に見せること」などで、騙そうとするので、私は、「確実に完全に自分が確証を持てるもの」しか信じない。

 ①。私は、「確実に完全に自分が確証を持てるもの」しか、真実であるとして、使わない(確定しない、認識しない)。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、過去の実績から、騙す悪人であると確定しているので、真実は全て別であると、認識するべきである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、真実の自分の悪事などを隠すために、騙す必要があるが、真実を言う必要は無いから。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、真実を言うことは、極めて低い確率であり、その真実を信じる(受け入れる)必要性も無い。

<5>。私は、操作されている状態など、自分(本人)の意識の無い場合にも、見ていない。

<6>。私に、見せる為に待たず、世界の悪い状態の、改善の為の「行うべきこと」を行ってよい。

<例えば>

 ①。私は、「外人の役者が、私の補助をしている」と見せ掛けられるが、実際に、外人の役者が、私の補助をしているところを見ていない。

  (1)。私の主観では、「短時間のみ」、実際に補助を受けたこと(見たこと)があるが、補助というほどの補助では無い。

  (2)。私の主観では、ほぼ全部の状況が、「役目から、逃走している(途中で居なくなる)状態」、「急に居なくなる状態」である。

   ※補足1。私は、命の全てを使って補助しろと、言っただろ? 途中で辞めるな。

  (3)。つまり、私は、外人の役者が私の補助を行っていると、信じない(認めない、認識しない)。

  (4)。実際に、確定しているのは、「外人の役者の、捏造の状況からの、見せ掛けの補助(悪事)」と、「途中脱退(悪事)」である。

  (5)。実際に、確定しているのは、「外人の役者が、捏造の状況で、自分を善人に見せ掛ける為などに、私を騙そうとすることからの、私の行動(命、善行、行うべきこと)の邪魔(悪事)」である。

<7>。相手を騙すことは、悪事である。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、私の記事などの主張にあるから、「悪いことである」と、認識する(記事No.616)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の記事などの主張にあるから、「悪いことである」と、認識する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「私の記事などの主張に無いもの(書かれていないもの)」ならば、行っても良いことであると認識(主張)して、悪事を行う。

<2>。現実の真実として、私の記事などの主張にないことでも、悪いことは、悪いことである。

 ①。現実の真実として、私の記事などの主張にないことでも、悪事は、悪事である。

<3>。現実の真実として、「悪いこと」や「悪事」への、悪いという判断(悪いことであるという規則)は、私の記事などの主張の発生する以前から、始めから決まっている。

 ①。現実の真実として、「悪いこと」や「悪事」への、悪いという判断(悪いことであるという規則)は、私の記事などの主張とは関係なく、断固として存在している。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』を説得しようとしては、いけない(記事No.615)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』を説得しようとしては、いけない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の説得は無意味である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』との説得の会話は、次々と言い訳が発生するだけであり、『5人組や、5人組の仲間達』は、正論も認めない(受け付けない)。

<2>。悪い状態の解決のために、『5人組や、5人組の仲間達』の説得が必要であると、いう認識は間違いである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪い状態の解決の為に、自分達の説得が必要であるとするならば、永遠に、自分達は説得されない、つもりである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪い状態の解決の為に、自分達の説得が必要であるとするならば、永遠に、自分達は言い訳を続け、分からない人であるという表現を続け、正論は受け付けない、つもりである。

<3>。もしも、『5人組や、5人組の仲間達』が反省して、説得されるならば、『5人組や、5人組の仲間達』の、偽物の反省や、偽物の説得の受け入れを信じては、いけない。

<4>。現実の真実として、「正しいこと(善悪など)」は、『5人組や、5人組の仲間達』の意志とは、無関係に存在している。

<5>。現実の真実として、「正しいこと(正義や、行うべきことなど)」を、『5人組や、5人組の仲間達』の意志とは、無関係に、実行するべきである。




★私の意志・意向

私の意志(記事No.614)

【★1。私の意志】

<1>。私(まともな人の『心と考え』を備えている人)は、捏造した状態を強要されることは、不快である。

<2>。私(まともな人の『心と考え』を備えている人)は、『5人組や、5人組の仲間達』の判断などの、気に入らないことなどを、やり直しさせられることは、不快である。



★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者を作り出すことで、自分と他が、結託する(記事No.613)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者を作り出すことで、自分と他が、結託する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者を作ることで、自分と他が、結託が出来ると、嬉しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、その為に、被害者を作り出すことも多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者の被害(不幸)を構わないと、いう価値観である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪人の群れで、自分も、悪いことをすることが楽しい(安心する、楽である)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しく生きることが大変(難しい、面倒くさい)である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪いことをして生きることが簡単であり、規則(ルール)に縛られずに自由なので、楽しい。

  (2)。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、「罪悪感などの苦痛」、「悪人の群れの被害者の被害」などから、不快感を感じるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、傷付く『心と考え』が無く、予測も無いので、安心して楽しく暮らせる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪人同士で、助け合っている状態が楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪人が、自分の利益の為に、他人に優しくする」ことから、一時的でも、優しくされると嬉しい。

<3>。現実の真実として、善人の群れで、結託とは、「全体の利益を高める為」、「悪人を駆除する為」などの、正しいことの為に行われる。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、「〇〇って、何なの?」、「〇〇だから、何なの?」と、いう発言(記事No.612)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「〇〇って、何なの?」、「〇〇だから、何なの?」と、いう発言】

<1>。相手の正論が、自分を不快にするので、相手の正論を批判((否定)する為の、『5人組や、5人組の仲間達』の、発言である。

 ①。「誰か、早く、自分に説明しろ」と、いう意味の発言である。

<2>。相手が、悪いことを、悪いことであると正しいこと(正論)を言うと、「悪いことだから、何だと言うのか?」と、相手に反発する場合の発言である。

 ①。自分が行ったこと(悪事)が「悪いことだから、自分に、やり返そう(攻撃しよう)と言うのか?」と、相手の怒り(攻撃)などに、反発する場合の発言である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、「〇〇って、何なの?」の発言は、相手が「狡い」という認識からの、相手を批判する為の発言である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、「〇〇って、何なの?」の発言は、相手の意見が間違いであると認識した場合に、相手を批判する為の発言である。

 ※補足1。現実の真実として、相手は「狡くない」、「間違っていない」状態への発言である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「『〇〇とは、何であるか?』と、疑問に思っている場合に、自分が言う発言である」と、見せかける場合もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、「〇〇って、何なの?」の発言を、他のことにも使うと、いう表現(主張)である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の「〇〇って、何なの?」の発言は、批判ではないと、言い訳する為に、この発言は、他のことにも使うという、表現(主張)である。

<5>。分からない部分への質問の場合もある。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人も、知識などの分からない部分を質問する場合に発言するが、まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、「分かっている部分」と、いうもの(知識ではなく)がある。

 ②。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人、低能者、欠陥)は、まともな人の『心と考え』を備えている人ならば当然に分かっていることを、「分からない」と、質問してくる場合がある。




◎このブログについて

私の記事などの内容(主張)は、悪事を悪いことであると、主張している(記事No.611)

【★1。私の記事などの内容(主張)は、悪事を悪いことであると、主張している】

<1>。私の記事などの内容(主張)は、『5人組や、5人組の仲間達』の、「発覚している悪事」、「罰を与えるべきもの」、「罰を受けたもの」などだが、『5人組や、5人組の仲間達』は、逆の認識である、「悪事の成功する方法である」、「罰を受けない方法である」と、捉える(認識する)。



★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の状況が悪くなるので、自分と同じ立場の人が、増えることを嫌う(記事No.610)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の状況が悪くなるので、自分と同じ立場の人(仲間、悪人、子供)が、増えることを嫌う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分と同じ立場の人(仲間、悪人、子供)が増えるよりは、自分が愛されたいので、自分と同じ立場の人(仲間、悪人、子供)は、少ない方がいい。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、立証にはならない、理論と実験から、確認がとれた(済んだ)と、主張する(記事No.609)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、立証にはならない、理論と実験から、確認がとれた(済んだ)と、主張する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、立証にはならない、理論と実験から、「もう知っている」と、主張する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、立証にはならない、理論と実験から、「もう行ったから、立証が出来ている」と、主張する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、立証にはならない、理論と実験から、「分かった」と、主張する。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、火に油を注ぐようなことが、楽しい(記事No.608)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、火に油を注ぐようなことが、楽しい】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、状態を悪化させることをするのが、楽しい。



★私の意志・意向

私は、伝えたいのだが、邪魔があるので、なかなか伝えられない(記事No.607)

私は、「真実」や、「必要な情報」を教えようと努力するのだが、邪魔されてなかなか教えることが出来ない。

とても、残念である。

だが、辞めない。

当然、神も辞めない。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で悪事を行い、その「悪事を自分は辞めて(少なくして)『あげた』」と、いうことから、自分が他人の為に、行って『あげた』と、いう認識を持つ(記事No.606)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で悪事を行い、その「悪事を自分は辞めて(少なくして)『あげた』」と、いうことから、自分が他人の為に、行って『あげた』と、いう認識を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で悪事を行い、その「悪事を自分は辞めて(少なくして)『あげた』」と、いうことから、自分は有能者であるという自信を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で悪事を行い、その「悪事を自分は辞めて(少なくして)『あげた』」と、いうことから、自分が他人の為に行って『あげた』ことであるという認識を持ち、実績として蓄積して、自分の自信(自己評価)を作る。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で悪事を行い、その「悪事を自分は辞めて(少なくして)『あげた』」と、いうことから、自分は他人の為になることを行ったので、「自分が他人に貸しを作った」、「自分は他人から感謝される立場である」と、認識(主張)する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で悪事を行い、その「悪事を自分は辞めて(少なくして)『あげた』」と、いうことから、自分は、他の悪人よりも有能者(威張れる立場)であるという自信を持つ(状況を作る)。

<2>。現実の真実として、自分の悪事が失敗した場合も、自分は失敗して(負けて)いない、「相手の為に失敗して(負けて)『あげた』のである」と、認識する(思い込もうとする)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うが、その悪事を、他人の為に行って『あげた』と、認識(主張)する場合がある。

 ①。現実の真実の状態として、他人の為には、ならない悪事である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事の言い訳として、悪事を、他人の為に行って『あげた』と、認識(主張)する場合がある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を、自分が他人の為に行って『あげた』ので、悪いことをしていないと、認識(主張)する。

<4>。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の自己評価が何であれ、悪事を行っている段階で、悪人(低能者、欠陥者)である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の自己評価が何であれ、現実の真実は、左右されない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の自己評価が何であれ、現実の真実として、悪事を行った、罰を与える対象者であることは、変わらない。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事を見学する(記事No.605)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事を見学する】

<1>。現実の真実として、「悪事を止めないことは、悪事である」。

 ①。現実の真実として、悪事を見学しない状態でも、悪事の発生を予測しているのに、「悪事(の発生)を止めないことが、悪事である」。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事を、自分には関係が無いことであると、認識(主張)する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を止めない自分には、罪が無いと認識(主張)する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、同じ仲間であるのに、仲間の悪事を、自分には関係が無いことであると、認識(主張)する。

 ③。現実の真実として、悪事を止めない自分も、悪事の加担者であり、罪人である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事などを見学して、「まさか、こんなに低能なことを行うとは」と、いう感想を持つ。

 ①。現実の真実として、この見学者は、「仲間の低能さからの悪事を予測が出来ず」に、「仲間の悪人(低能者)を自由行動をさせていたこと」や、「悪事を行った仲間と、同じ仲間として存在していたこと」などの悪事を行っているが、自分も、その悪事に関係している(直接的な原因である)罪人であるという、自覚が無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の低能さ(悪事の失敗)が、楽しい。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間が低能で『分からない人』だから、仲間が実際に悪事を行って、悪事からの結果が何であるか、学べばよいと、仲間の悪事などを見学する。

 ①。現実の真実として、この見学者は、「悪事からの結果(悪い状態の発生)を予測していたが(実際の結果と、完全に合致はしない予測であっても、悪い状態の予測はあった)、仲間の悪事を止めなかった」や、「悪事を行う悪人(低能者)に、自由行動をさせていたこと」や、「自分も、悪事を行った悪人(罪人)と、同じ仲間として存在していたこと」などの悪事を行っているが、自分も、その悪事に関係している(直接的な原因である)、罪人であるという事実の自覚が無い。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の状態に憐れみを持ち、仲間に悪事を達成させてあげたくて、見学する。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事からの、被害者の不幸が楽しいので、見学する。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、「もう悪事はしない」、「もう来ない」と、主張することがある(記事No.604)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「もう悪事はしない」、「もう来ない」と、主張することがある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「もう悪事はしない」、「もう来ない」と、わざわざ、言いに来ることがある。

 ①。反省の意味ではなく、自分の立場として、もう疲れたなどの意味が強い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分を被害者に見せ掛けて、同情を受けようとする場合にも、この発言をする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「もう悪事はしない」、「もう来ない」という主張は、かなり短い一時的なものなので、信じないこと。

<3>。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の意志ではなく、クローンの機械の操作者の意志により、記憶を操作され、蘇生されるので、「もう悪事はしない」、「もう来ない」と、いう本人の発言には意味が無い。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「もう悪事はしない」、「もう来ない」と、主張するが、また来る。

 ①。1万年以上、この繰り返しである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、必ず再犯する、性質と、仕組みがある。



★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、小説などから、体感の無い、感情の知識を学ぶ(記事No.603)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、小説などから、体感の無い、感情の知識を学ぶ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の正しいことが表現されたものを、自分が、「善人の立場になれる」、「善人と見せ掛ける」為の、モノマネの材料として受け取る。

 ①。現実の真実として、悪人は、善人には、なれない。

  (1)。現実の真実として、善人とは、生まれ付きである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、小説などの、心の表現が書かれた文の言葉から、心とは何かを学ぶ。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、小説などから、体験した感情の表現を、正常ではない不自然な演技で表現する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、小説などから、「故意に」、感動を体験したと、表現する(見せ掛ける)場合がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、小説などから、「故意に」、無き、悲しんでいると、表現する(見せ掛ける)場合がある。

 ③。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、演技をする必要が無い。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人の、「感情(感動)の体験」、「感想を持つこと」を、邪魔する。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、理解力が無い(記事No.602)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、理解力が無い】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、とても詳しく、細かく説明されると、理解が出来ることもあるが、自分の理解力だけでは、理解が出来ることが、少ない。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人も、詳しく説明されると、理解が深まるが、悪人とは差が有り、まともな人の『心と考え』を備えている人は、悪人よりも、理解力がある。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、理解力が無く、表面上の薄い認識しか無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況が、どのような状況か理解が出来ない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事が、「どのような影響があるのか」、「どのような苦しみを他人に与えるのか」などを、理解していない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事の結果などの、「残酷さ」、「ひどさ」などが、理解が出来ないので、不快感が少ない。

 ①。理解が完全に無く、ゼロの部分には、不快感も完全に無く、ゼロの状態である。






カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ