<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.492)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「なんで、~しちゃいけないの?(~を行っては、いけないのか?)」の、発言(記事No.491)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「なんで、~しちゃいけないの?(~を行っては、いけないのか?)」の、発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(行動)を批判されると、「なんで、~しちゃいけないの?(~を行っては、いけないのか?)」と、発言する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「本当の悪事を行ってはいけない理由」とは、別の部分を理由にして、「行っては、いけないのか」と、主張(表現)する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、悪事が阻止される理由を、「本当の悪事を行ってはいけない理由」とは、別の解釈をしていると、主張(表現)する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を、「本当の悪事を行ってはいけない理由」とは、別の方向から捉えた認識で、「行っては、いけないのか」と、主張(表現)する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を批判されると、故意に、自分は正しいことをしていると、間違った認識(主張)をしようとする。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人は行っても良いこと(許可されていること)」を、「他人は行っているのに、自分は行っては、いけないのか」と、主張する。

  (1)。現実の真実として、「他人と自分は、立場や権利や能力が違う」、「他人と自分の、状況が違う」、「本当の悪事を行ってはいけない理由とは違う(無関係)」、「他人と自分を同じに扱うことに、正当性が無い」などの状態(主張)なので、他人と自分を同じに扱えという主張は、悪事を行ってもよいという理由には、ならない。

<3>。どんな理由(認識)であっても、悪事に含まれることであるならば、行ってはいけない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は~しただけ、だから、悪くない」と、主張する。

 ②。どんな理由(認識)であっても、悪事が発生するのならば、行ってはいけない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、部分の認識、曲解などを使って、表の理由を作り出す。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、罰から逃れようとする為などに、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかけることで、相手に不快感を与える(嫌がらせを行う)ことが、楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかけることで、自分が相手を騙して、相手を操縦することが楽しい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、正しいことが、分からない人である」と見せかけることで、相手に自分の悪事の批判を諦めさせようとする。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な機能が無いので、故意に曲解(言い訳)などをしない場合も、悪事の批判を受けている状態に、「何が問題(原因)」か、「本当の悪事を行ってはいけない理由」などが分からない場合がある。

<7>。「★1の<5>と<6>」の、どちらにしても、悪事(悪人)である。




★やる事の提示・「行うこと」

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、うやむやにしては、いけない(記事No.490)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、うやむやにしては、いけない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、「うやむやにしよう」とする対応をするので、悪事が進行するのである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、「うやむやにしよう」とする対応をするので、1つも、異常な状態が、正しく治らないのである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の結果を、放置して、「うやむやにしよう」とする対応をするので、捏造の世界で生きることを強要されること(不幸)が続くのである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の、「1つ1つに」、決着をつけるべきである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事の、「1つ1つに」、「何があったのかの分析」、「どう対処するのか(罰)」、「再発した場合の対処法」など、の処置をするべきである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事、悪人に、1つも見落とさず、決着をつけること。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事への、罰の、見せしめの力(悪事を行った場合の罰の見本)が弱いのなら、悪事を阻止する力も弱まる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事へは、強力な罰を与えること。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事への罰は、捏造の世界で生きることを強要されること(不幸)が続くことを、止める為の力である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事へ処置を行わないので、常に、私の近辺に、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が徘徊している(彷徨う、自由に行動している)、危険な状態があるのである。

<5>。私(神)は、発生した悪事、存在している悪人の、全てに、許すことが無い。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、異常である(記事No.489)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、異常である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、間違っているもの(価値観)である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の正義とは、全体を捉えず、部分だけを要素に使い、判断した結果の、間違っている正義である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の正義とは、一部分だけを助けて、他(善人)に不幸を作り出す(与える)、間違っている正義である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の正義とは、全体を捉えず、自分に都合の良い解釈をして作り出された、破綻した理論からの、間違っている正義である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、正義とは、まともな人の『心と考え』を備えている人のような、『心と考え』から生まれたものではなく、他人の正義(善人が求めているものなど)についての発言(表現)などから、正義とは何であるかの推察をして、間違った解釈をして学んだものである。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「正義とは、他人に威張る為のもの」という、価値観である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が正義を使って悪事を批判していると、「他人は正義を使って、威張っている」と、認識する(学ぶ、価値観)。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が正義を使って悪事を批判していると、正義を使えば、他人を批判することが出来る(他人に嫌がらせが出来る、他人よりも優位な立場になれる)と、認識する(学ぶ、価値観)。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違っている(異常な)正義を強要する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、物事に、「自分が」、勝手に、自分の価値観で、決めよう(判定しよう)とする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人(物事)に、「自分が」、勝手に作り出した、自分の価値観を、強要しようとする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、行う必要が無いことを、「行わなくては(しなくては)、いけない」と決めつけ、相手にも強要する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った正義などから、「行う必要がないこと」、「強要される正当(必要)性が無いこと」などを、相手にも強要する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の間違った正義は、『5人組や、5人組の仲間達』の判断の要素に無い、「他人の意志(自由)」を無視した(考慮しない)、強要として表現される。

 ⑤。間違っている正義を、他人に強要することは、悪事である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の正義は、悪事を行う為の、表の理由として、使用される場合もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌がらせを行う為に、嫌がらせを行う理由(言い訳)として、『5人組や、5人組の仲間達』の間違った正義を使う場合もある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、正義を悪事の理由にすれば、どんな悪事を行っても、許されると、いう価値観である。

  (1)。通常では許されない行為が、正義を理由にして許されている場合がある。

    現実の真実として、これが許されている理由は、「その状況」に対応した、必要性があり、全体の利益があり、最善(最適)である行為だからである。

  (2)。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に都合の良いように解釈をするので、「正義を悪事の理由にすれば、どんな悪事を行っても、許される」と、いう解釈(世界観、学び)になる。





★真実を認識する為の知識1

現状の基礎(記事No.488)

【★1。現状の基礎】

<1>。まず、神がある。

<2>。そこに、正常な機能を持たず、一般的な神の概念も、理解することが出来ない低能者が、主導権を握り、世界の全てを自分に都合が良いように、オモチャにしている状態がある。

<3>。彼らは、選択や行動の結果を予測することが出来ず、妄想を現実にする為に、強要している。

<4>。彼らは、解決法ではないことを、解決法であると、認識して行動する。

<5>。彼らは、求めるものと、無関係であるものを、関係があると、認識して行動する。

<6>。彼らは、不可能なことを、不可能なことではないと、認識して行おうとする。

<7>。彼らは、求めるものが、手に入れることが不可能であるという、真実の理論を持たない。

<8>。彼らは、他人の幸せの必要性を持たない。

<9>。彼らは、一時的な悪事の快楽や、妄想に、現実逃避しては、現実の不幸を悪化させる。

<10>。彼らは、学ぶこと無く、行い続ける。

<11>。彼らは、神が「何であるか」も、分からない。

<12>。現状は、「分からない」と、いう低能(欠陥)者の、自由行動である。

<13>。神の「絶対」が分からない低能者の、神への暴挙である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、記事を知りたいが、恐れるので、記事の作成を邪魔する(記事No.487)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、記事(私の主張、真実、完成品の情報など)を知りたいが、恐れるので、記事の作成(善人の行動など)を阻止(邪魔)する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、記事(私の主張、真実、完成品の情報など)を知りたいが、内容(真実)を他人に知られると、内容に含まれる、真実の自分の悪事が暴かれて、自分が攻撃されるので、記事の完成を恐れる。

 ①。記事(私の主張、真実、完成品の情報など)の完成が進むと、『5人組や、5人組の仲間達』の駆除も進むので、『5人組や、5人組の仲間達』は、恐れ、記事の完成を阻止しようとする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、情報(内容、真実など)を自分だけが知り、他人には知られない状態を作ろうと、私に強要、監禁する場合もあるが、その状態では、真実(正しいもの)が出来上がらない。

 ①。「正当な流れ」でないと、正しい完成品は作られず、記事の内容は変化する。

 ②。何故なら、「縁の線」、「神からの指示」などが、変化するから。

 ③。また、常に、同じ記事が作られるとは、限らない(宇宙が始まってから、世界が1度も同じ状態になったことは無い(捏造された状態にも、違いは存在する))。

   臨機応変に変わることが、正当であり、正しい完成品を作ることに必須である。

<3>。このことを知っても、『5人組や、5人組の仲間達』への攻撃を、躊躇しないこと。




★『5人組や、5人組の仲間達』

表の理由には、言い訳の機能も使われる(記事No.486)

【★1。表の理由には、言い訳の機能も使われる】

<1>。表の理由を作り出すには、言い訳の機能も使われる。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の利益の元になっている、有能者の作り出すものを使うが、有能者を攻撃する(記事No.485)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行動(利益)の元になっている、有能者の教え(作り出すもの)を使うが、有能者を攻撃する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で勝手に「行っても良い事である、不当は無い」などの判断(理論、妄想)を作り出し、行動の決まり(ルール、基準)を、自分で勝手に作り出す。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「言い訳」、「逆恨み」、「破綻した理論」などを使い、自分で勝手に「行っても良い事である、不当は無い」などの判断(理論、妄想)を作り出し、行動の決まり(ルール、基準)を、自分で勝手に作り出す。

 ①。そして、「『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行動(利益)の元になっている、有能者の教え(作り出すもの)を使うが、有能者を攻撃する」と、いう決まり(ルール、基準)を、自分で勝手に作り出す。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、価値観(性質)により発生しやすい、「自分で勝手に作り出す、行動の決まり(ルール、基準)」である。

<『5人組や、5人組の仲間達』の価値観、性質>

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、不当に、やり返す。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪くて、自分で自分に不快感を発生させても、相手が悪いと判定(自分の勝手なルール)して、相手に攻撃する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪くて、自分が原因の、悪い状態を、相手が悪いと判定(自分の勝手なルール)して、相手に攻撃する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、奪う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人から奪ったものを、自分が使うことが楽しい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、未来に発生する結果の予測が無い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が有能者を攻撃した結果、未来に、有能者からの、自分の利益が無くなることを、予測しない(金の卵)。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しいことを言われることが嫌い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しいことが出来ない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しい人が羨ましい。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、だから、正しい人を攻撃する。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しい人が、自分が持っていないものを持っているので、羨ましい。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の持っている良いものを壊して、自分と同じ不幸な状態にしたい。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の、有能さ、自分に無い正しさ、幸せを、攻撃する。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分より有能を攻撃する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人から奪い、相手が次は何を作り出すのか、楽しく(ニヤニヤと笑い)見学する。

<4>。まともな人の『心と考え』を備えている人の、正常な反応であれば、批判する対象の、批判する相手の教え(作り出すもの)を、自分の行動の元(利益)にしない。

 ①。行動の元にするということは、相手の方が正しく、良い人であり、有能であるという認識である。

  (1)。その、正しく、良い人であり、有能である相手を、批判している自分と、いう状態が、矛盾(悪事、不当)である。

 ②。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、正義感や、生理的な反応として、不快感が発生する。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の「大切なもの」、「苦労の有るもの」などを奪い、「自分のものにした」と、相手などに表現する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、そうすることで、相手に不快感を感じさせたい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「相手から奪うことが出来る、自分は有能である」と表現する為である。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の苦労から奪ったもので、自分が楽に(苦労などが無く)、幸せになれるのが楽しい。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の、有能者の居ない世界を作り出す、悪事の流れである。

 ①。正常な群れを破壊する悪事の流れである。

 ②。悪人の生存方法であるが、正常で幸せな世界の害である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、悪事の流れである。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、不当な自分に都合の良い主張(欲求)を、受け入れては、いけない(記事No.484)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、正しい善悪を考慮しない、他人の都合を構わない、不当な自分に都合の良い主張(欲求)を、受け入れては、いけない】

<例えば>

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が、「~だから、ダメ(行わせない)」などの発言などで、他人の正当で正しい行動の邪魔(阻止)をすることを、阻止すること。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、破綻した理論、嫌がらせ、不当な理由などの理由で、他人の正当で正しい行動の邪魔(阻止)をすることを、阻止すること。

<1>。世界中が幸せで、正当な正しい世界を形成する為にも、受け入れてはいけない。




★真実を認識する為の知識1

悪人と善人の両方に良い結果になることは、不可能である(記事No.483)

【★1。悪人と善人の両方に良い結果になることは、不可能である】

<1>。現実の真実として、悪人と善人の両方に良い結果になることは、無い(有り得ない、不可能)。

<2>。善人に良い結果でなければ、世界に不幸が作られる。

<3>。善人に良い結果でなければ、世界の方向は止まらない。

<4>。世界の幸せの為に必要な結果とは、悪人に不幸な(悪い)結果で、善人に幸せな(良い)結果である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、私の作業の進み(行動)などを見た(見ている)、反応(表現)(記事No.482)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、私の作業の進み(行動)などを見た(見ている)、反応(表現)】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の作業の進みを見て、「あのように、行えば良いのか」、「あのような、方法があるのか(考えもしなかった)」、「(行えば良い方法が)分かった」と、表現している場合がある。

 ①。不要な表現であること。

  (1)。無駄な表現で、自分に興味を持ってもらおうとする表現である(注目を集めたい)。

  (2)。無駄な表現で、自分は恐れていないと、表現する行動である。

 ②。「自分が、次は、あのように行うぞ」と、いう表現であること。

  (1)。「自分が、次は、あのように行えば良い(分かった)」と、いう表現であること。

 ③。「自分が危険な立場であると、いう認識」、「悪事を行った結果のスリルを体感している」、「自分が『5人組や、5人組の仲間達』であると、暴かれませんように」、「自分が悪事を行ったと、暴かれませんように」などの恐れから、現実逃避や、感情(気)を紛らわせる為の、無駄な表現が多くなる。

 ④。自分が悪事を行った罪悪感や、恐れなどから逃げようとする為の表現である。

  (1)。「次は、~ですね」、「次は、~を行えば良いですね」などと発言する、天然パーマの女の場合もある。

<2>。「相手の低能を馬鹿にしたような笑いの表情」をしている場合も多い。

 ①。眼鏡の、横に口が大きく開く男。

 ②。恐れなどからの、現実逃避の為に、相手を低能であると、認識しようとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の作業の進み(行動)などを見て、私の発言(主張)などに「(私が)、~だって(~と、言っている)」と、仲間(他人)に教える発言をする場合が多い。

 ①。自分は、私の作業の進み(行動)などを見て、私の発言(主張)などから、良い情報を得た(発見した)という表現である。

 ②。仲間同士で、悪事の結果の利益について、一緒に興奮しようとする為である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、「私が~と、言っているから、何であるのか?(正当なものへの繋がりが無い)」と、判断するような、無意味な情報に喜んでいる状態である。

  (1)。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、得ることに意味(価値)の無い情報である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、告げ口(記事No.481)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、告げ口】

<1>。告げ口とは、相手の悪事などを、別の人(罰の判断者など)に告げる(つげる)ことである。

 (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、罰の判断者から、相手が罰を受けることを望んで、告げ口を行う。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、告げ口の内容は、相手の些細な悪事であることが多く、告げ口をした『5人組や、5人組の仲間達』の方が、大きな悪事を行っている状態である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、告げ口を、他人に悪事を行わせる為の誘導として、使う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に都合が良くなるように話の内容を作り、自分より有能な人に、告げ口として報告することで、故意に、自分より有能な人に間違った解釈をさせる(認識をさせる)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の都合が良くなるように、嘘や、自分に都合の悪いことを隠すことなどから、話の内容を作る(捏造の情報)。

 ②。告げ口は、『5人組や、5人組の仲間達』の、自分が痛まず、相手を攻撃する方法である。

<例えば>

 ①。Aの『5人組や、5人組の仲間達』が、Bの『5人組や、5人組の仲間達』に、告げ口を行う場合、Aが傷付かず、Bに、相手への攻撃を行わせる為である。

  (1)。Aは、悪事の実行犯のBが、悪いと主張(認識)する。

  (2)。Bは、Aの告げ口を、表の理由にして、Aを助ける為に、悪事を行ったと主張(認識)する。

    つまり、Bは、Aが悪事の原因であると主張(認識)する。(Aに騙された等)

  (3)。互いに、相手に罪を被せている状態であるが、現実の真実として、両方が悪い状態である。

  (4)。Aを助ける為に、悪事を行ったこと(表の理由に利用したこと)は、悪事を行っても良いという理由にならない。

   1。悪事を行う以外にも方法があった。

   2。悪事を行う必要性(必然性)が無い。

   3。善悪の判断の異常。

     など。

<4>。告げ口は、『5人組や、5人組の仲間達』の、有能者(罰の判断者など)と、自分が結託して、相手に嫌がらせを行う方法である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の、告げ口は、悪人の生存方法である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、告げ口とは、自分の手柄であり、悪人の群れで、高い評価が得られることである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、告げ口とは、有能者に取り入る為の手段である(悪人の有能者に役に立つと判断されやすい)。

<6>。卑怯は悪事である。

<7>。便宜上、告げ口を受け入れている場合もあるが、告げ口の内容より、告げ口を行うことの方(人間性の方)が、悪事の問題が大きい場合が多い。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、許可を与えようとする(記事No.480)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、許可を与えようとする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』には、権利が無く、許可を与えることが出来る立場ではないのに、許可を与えようとする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の許可は、まったく不要であり、他人が自由に行動することが正当な場合でも、許可を与えようとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の、良し悪しを、判断(判定)しようとする。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の妬みの対象などを、不当に、攻撃の対象として、許可を与えようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「~なら(ならば)、いい(許可する、構わない)」、「~だったら(ならば)、いい(許可する、構わない)」と、発言して、他人の自由な行動などに、許可を与えようとする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人の自由な行動を阻止すると、自分が不幸になりそうな場合の、「~なら、いい」と、いう判断の場合もあり、負けを認めたくない状態の場合もある。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は負けたから、他人の自由を受け入れた」のではなく、「自分が自ら許可を与えたから、他人が自由にしていられる(自分が許可をして「あげた」)」と、いう認識を持ちたい。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を攻撃していたが、自分が不利な状態になると、行動の方向転換をして、「相手を、自分が自発的に許してあげた(相手に負けそうだから、許可するのではないと、いう認識)」と、表現する。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が有能者であると、思い込む為に、他人を利用する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が有能者であると、妄想する為に、他人を利用する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が有能者であるという状況(ごっこ遊び)を作り出す為に、他人を利用する(強要する)。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況を壊すことを繰り返す(記事No.479)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況を壊すことを繰り返す】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作りたい(作ろうとする)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うことのスリルの為に、捏造の状況を作ろうとする(作る)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、暇な自分が仲間の中で無用なので、無理に仕事を作り出す為に、捏造の状況を作ろうとする(作る)。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作ること(作業など)が楽しいので、捏造の状況を作ろうとする(作る)(他人の不幸は構わない)。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、本当に、異常な状態(捏造の状況、悪事)が作り出せるのか試したい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、試し終わったので壊す。
 
  (2)。そして、作り出せると分かったので、『5人組や、5人組の仲間達』は、本当の行いたいこと(さらに異常な状態、さらに悪いこと)を行おうとする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況で強要された(騙された)人達が行動すると、行動を辞めさせようとする(状況を壊そうとする)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況で自分以外が「相手が幸せそうにしている」、「これから幸せになりそう」、「相手の善行が防げない」などの場合に、行動を辞めさせようとする(状況を壊そうとする)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況で発生したことが、自分にはモノマネが出来ない出来事であるから、行動を辞めさせようとする(状況を壊そうとする)。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況に、自分が侵入(モノマネ)が出来ない状態(状況)であるから、行動を辞めさせようとする(状況を壊そうとする)。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況(悪事)から発生した、恐れから逃げる為に、とにかく壊す。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、壊した後に、また、捏造の状況を作り、捏造の状況(悪事)から発生した恐れから、また、逃れる為に壊す。繰り返す。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況で強要された(騙された)人達が行動すると、「他人に行動を行わせて、他人の行動を途中で辞めさせる(止める)ことが楽しい」から、行動を辞めさせようとする(状況を壊そうとする)。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、捏造の状況で強要された(騙された)人達が行動すると、「与えたものを奪いたい」ので、行動を辞めさせようとする(状況を壊そうとする)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に不快なものを与えて、嫌がらせをしたかったが、相手が嫌がらなかったので、与えたものを奪おうとする。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、与えたものを、奪うことで、嫌がらせを行おうとする。

 ⑦。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況を作り、「自分の後に、他人が付いて来ることが楽しい」ので、行動を辞めさせようとする(状況を壊そうとする)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に行動をさせて、相手が行動を始めると、相手のその行動を阻止しようとすることが楽しい。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の出鱈目な行動に、他人が付いて来ることが楽しい。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の出鱈目な行動に、他人を従わせることが楽しい。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、指示の方向転換(途中変更)をすることが楽しい。

 ⑧。『5人組や、5人組の仲間達』は、「~だったら、いい」と発言して、他人の行動(状況)を壊す(阻止する)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、行動している人の行動(状態)に、「こじつけ」、「後付け」などで、否定の理由を作り(イチャモン)、他人の行動(状況)を壊す(阻止する)。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、許可を与える権利(『5人組や、5人組の仲間達』の判断を受け入れる必要性)が無いのに、許可を与えようとする。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想の中では楽しいと感じることも、実際の現実が、その状態になると、楽しくないことに気付く(記事No.478)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想の中では楽しいと感じることも、実際の現実が、その状態になると、楽しくないことに気付く】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「楽しいこと、である」と妄想するが、実際の現実に、それが表現されると、「楽しいこと、ではなかった(違った)」と、気付く(体感する)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に現実になってから、真実に気付く。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、予測能力が無い。





★真実を認識する為の知識1

隠ぺいすることで、終わることは、1つも無い(記事No.477)

【★1。隠ぺいすることで、終わることは、1つも無い】

<1>。隠ぺいすることで、問題が終わるということは、少なくても宇宙が始まって終わるまで、全てのどんな問題でも、無い。

<2>。隠ぺいすることで、見えなくなったので、終わったように見えるが、まだずっと続いている状態である。

 ①。問題を解決せず、問題を目の前から消そうとしても、問題はそのまま、あり続ける。

 ②。問題が解決が出来ていないならば、いつまでも、問題は再発する。

<3>。隠ぺいは、悪人の問題の解決方法である。

 ①。悪人は、問題を一時的に隠して、他の人に問題を解決させる状態にする(他人の不幸は構わない)。

 ②。過去からずっと、悪人が行い続けている悪事であり、世界に不幸(悪人)を作り出している原因である。

 ③。問題を先延ばしにすることで、問題が悪化する。

<4>。神は全て知っている。

 ①。神は隠ぺいされたことを知っている。

 ②。神は問題を解決してほしいと望む。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「どうするの?」の発言(記事No.476)

【★1。「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」は、一緒に居る「悪事を行った悪人」に「(この後は)どうするの?」と、よく質問する】

 ※補足1。両方、『5人組や、5人組の仲間達』であり、仲間である。

<1>。「悪事を見守っていた悪人」は、一緒に居る「悪事を行った悪人」に「(この後は)どうするつもりなの?」と、よく質問する。

 ①。「悪事を行った後の結果を、どう処理する予定なの?」と、いう意味の質問である。

 ②。「悪事を見守っていた悪人」の、「自分は、その悪事を行えば不幸になると、認識(予測)していたので行わなかったが、この後の悪い状態(不幸)に、どう対応するの? 何か良い案があって、その悪事を行ったの?」と、いう意味の、「悪事を行った悪人(仲間)」への質問である。

<2>。「悪事を行った悪人」は、一緒に居る「悪事を見守っていた悪人」に「(この後は)どうするつもりなの?」と、質問されて嬉しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行動に、「相手が驚いた状態」が楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の行動を、「相手が分からない状態」が楽しい。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、繋がりの無い閃きで、突発的に行動(悪事)を行うので、何でも壊す。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「苦労のあるもの」、「影響のあるもの」、「重要(重大)なもの」などの認識が無く、何でも壊す。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に不快感を与えるもの等を、とにかく、考えることなど無く、何でも壊す。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、思考に、他人の存在の要素が無く、自分だけの世界で生きている(部分の認識)ので、自分だけ幸せならば、他人は不幸でも構わない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、考えることが嫌いなので、考えないで、悪事を行うことが多い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、何も考えず、出鱈目に動くことで、頭がポヤーっとして楽しい。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、「予測」、「我慢」、「最善が何か考える能力」などが欠落している。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っている妄想(願望)を持ち続け、実際に悪事が行える状況になると、状況(全体、脈絡)などを考えずに、突発的に行動(悪事)を行う場合がある。

 ⑦。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、発生の瞬間の予測の無い、悪事を行う。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うときに、「(この後は)どうすれば良いのか」の、計画(思考)は持たない。

 ①。「悪事を行った悪人」は、「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」の、「(この後は)どうするの?」という質問には、「分からない(知らない)」などの発言や、無言であることが多い。

 ②。「悪事を行った悪人」は、「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」の、「(この後は)どうするの?」という質問には、「そんなことでは解決が出来ない内容」などを話すことがある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、突発的に悪事を行うので、この後の、悪い状態(不幸)への対応の策は、何もない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「可能だったから、行った」と、いう価値観である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、突発的な悪事で、勢い、スリル、他人の反応、自由などを楽しむ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が出来ないことを行った自分は、有能であると表現したい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が躊躇するような(大きな)悪事ほど、行うことが楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が予測が出来ない(意外に思う)ことを行った(驚かせた、騙した等)自分が、有能であると表現したい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、突然性が、あればあるほど、楽しい。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の反応が楽しい。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行った後の結果に、「(この後は)どうなるのかな?」と、結果が現実に表現されていくことを、待つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、結果を予測して、悪事を行わない場合が多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行った後に、結果が現実に表現されていくことを、「単なる待つだけの状態」であることが多い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、後から後悔することが多いが、悪事を行う時点では、未来の予測が無いので、楽しい(楽な)状態である。

  (1)。まともな人の『心と考え』を備えている人よりも、『5人組や、5人組の仲間達』には、後悔を、乗り切る為の機能がある(悪いことは記憶しない等)。

   1。つまり、学ばないし、改善しない。

   2。だから、『5人組や、5人組の仲間達』には、乗り切れない程の、罰を与えるべきである。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行った後の、思考の空白を、何かで埋めようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行った後の、思考の空白を、近場に有るものに意識を向けて、埋めようとする。

<8>。(一緒に居る)「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」は、自分は、「悪事を行った悪人」の悪事に無関係であると、認識しようとする。

 ①。(一緒に居る)「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」は、自分の罪を認識しない。

 ②。(一緒に居る)「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」は、自分が一緒に居ることで、「悪事を行った悪人」の助力となり、悪事が発生したが、自分は、この悪事に無関係であると、認識しようとする。

 ③。(一緒に居る)「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」は、自分が、「悪事を行った悪人」に、利益を与えていたことが、悪事の発生の原因として大きいが、自分は、この悪事に無関係であると、認識しようとする。

  ※補足1。悪人に利益を与えることは悪事である。

  ※補足2。悪人の悪事を行う性質を見抜けなかった場合や、悪人が悪事を行う性質であると知っていた場合などに、悪人の生存に利益を与えることが悪事である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行った仲間は悪くないという、認識になろうとすることも多い(現実逃避など)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間が悪くないという認識(主張)を作り出す為に、被害者の批判が始まる場合も多い。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が行いたい悪事を、仲間が変わりに行ってくれたので、楽だったという認識に、現実逃避しようとする場合もある。

  (1)。実際に、自分が行いたい悪事を、仲間が変わりに行ってくれたので、楽だったという認識が、本心の場合もある。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、出鱈目に行動する仲間のせいで、自分の状況などが出鱈目になると、自分も出鱈目に行動しようとする場合もある。

 ⑦。「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」は、「悪事を行った悪人」に、質問する必要性が無いが、悪事を行った仲間に質問をする。

  (1)。好奇心。

  (2)。不快なものから現実逃避をする為に、意識を別のものに向けていたいから。

  (3)。「悪事を見守っていた(止めずに見ていた)悪人」は、会話などから、現実逃避をする為の、素材を欲しがっている。

  など。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っても、悪い状態の予測などが無いので、罰を受ける時(悪い状態を自覚する)までは、楽しい。

<10>。よくある、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の発生の流れである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、世界の幸せを壊す性質の、具体例である。

 ②。これは、『5人組や、5人組の仲間達』が、願望として常に持っているものを、我慢せず、行った状態の悪事である。

<11>。通常の防御策では防げない悪人の行動(悪事)なので、この悪事を行う悪人のDNA(子孫)を「完全に」削除する方向に進むべきである。

 ①。この行動(悪事)を受け入れるのならば、正常な社会は成り立たないので、『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人と、一緒に生きることは、出来ない性質である。

 ②。他の『5人組や、5人組の仲間達』が、モノマネを行おうと、しないように、防ぐ意味でも、大きな罰を与えること。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、同じ悪事を、何度も行い続ける(記事No.475)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、同じ悪事を、何度も行い続ける】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、過去から、ずっと、何度も、モノマネで成り代わろうとして、出来ていない(出来ない)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、過去から、ずっと、何度も、モノマネで成り代わろうとして、出来ていない(出来ない)と、いう現実の真実を認識しない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、同じ間違いを、行い続ける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、改善(反省)が無い。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、「一時的に、モノマネで成り代わることが成功」しても、本物のように正しく、臨機応変に行うことが出来ないので、有能者のようには有能なことが出来ずに、モノマネの元にしている情報とは、ズレてくる(違ってくる)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)が、モノマネを行うことで、本物が行うことから作られる本来の状態(良い状態)とは、ズレてくる(違ってくる)結果、悪い状態が作られる。

  ※補足1。本物が行うことから作られる状態が、悪い状態になっても、それは「一時的」であり、良い状態に回復する。

  ※補足2。本物が行うことから作られる状態が正当であり、悪い状態になっても、偽者がモノマネを行って良いことには、ならない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、モノマネで成り代わること(悪事)が上手くいかない(失敗すると)と、悪い状態はそのままに、辞める(投げ出す、壊す、逃げる)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、モノマネで成り代わること(悪事)が上手くいかない(失敗すると)と、悪い状態はそのままに、他人が悪いと認識して、嫌がらせ(攻撃)を行う。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、しばらく時間が経過して、悪い状態が過ぎると、再犯する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、辞めることが無く(記憶力、学習能力が無い)、再犯する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、成功する為の原因が無いのに、何度も行っていれば、成功するという価値観である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、成功する為の原因が無いのに、今度こそは、成功するという価値観である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組』のうちの1人(が、特に発言する)の、「彼女(は)、辞めないなぁ」の発言(記事No.474)

【★1。『5人組』のうちの1人(が、特に発言する)の、「彼女(は)、辞めないなぁ」の発言】

<1>。「どれだけの苦難(嫌がらせ)を与えても、彼女は正しいことすることを、諦めないな」の意味の発言である。

 ①。現実の真実として、世界が正しい状態になろうとすることは、終わることが無い。

<2>。前から何度も同じ発言をしているので、既に、その答えは、前から分かっていた状態であるが、未だに分かっていないと主張する(見せ掛ける)発言である。

<3>。分かることが無いのならば、何を行っても(知っても)、無意味である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、エンドレス(終わりが無い)である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、反省(改善)が無い。

  (1)。多大な被害からの、些細な改善(情報、利益など)は、まともな人の『心と考え』を備えている人は、受け付けない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に、意味など無い。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の、異常性(低能さ)を認識するべきである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(異常者、低能者)が、多大な影響の出ることを行っている状態の、異常性を認識するべきであり、阻止するべきである。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、病人が、優しくされていると、「狡い」と判断する(記事No.473)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、病人が、優しくされていると、「狡い」と判断する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の苦痛を推察することが出来ない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、思考の要素には、他人の苦痛が無い。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、病人が、仮病(嘘、騙し)で、優しくされようとしていると、他人に主張することがある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、病人が優しくされていると、「狡い」と判断するので、病人に攻撃(嫌がらせ、殺し)を与えようとする。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、病人の弱っている状態を、自分の攻撃を防げない人であると、認識する。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、病人の弱っている状態に、嫌がらせを行って、遊ぶ。

 ①。「出来るから、行った」という価値観である。





★真実を認識する為の知識1

。不幸な結果を受け取ることが嫌であるならば、受け取らなくなるように、行動するべきである(記事No.472)

【★1。不幸な結果を受け取ることが嫌であるならば、受け取らなくなるように、行動するべきである】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の作る、不幸な結果を受け取ることが嫌であるならば、受け取らなくなるように、行動するべきである。

 ①。私は疲れているので、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を受け入れても構わないと思う。

  (1)。もちろん、神の為に活動していくことは、辞めることは無い。

 ②。だが、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を受け入れた結果、不幸になることが嫌であるのならば、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を防ぐべきである。

  (1)。私は、私以外の人が防げばよいと、考えている。

  (2)。私は、疲れているのだから。

  (3)。私だけに、疲れさせるな。





★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

私は、私の本や記事などを作ることを強要されることで、「私の本当に行いたいこと」が出来ない(記事No.471)

【★1。私は、私の本や記事などを作ることを強要されることで、「私の本当に行いたいこと」が出来ない】

<1>。私の本や記事などは、「私の本当に行いたいこと」の為に、「必要な」道具であり、「私の本当に行いたいこと」は、別に存在する。

<2>。私は、「私の本当に行いたいこと」の為に、私の本や記事などを作る(作りたい)が、私の本や記事などを作ることを強要されることに、正当性は無い。

 ①。私に、私の本や記事などを作ることを強要することは、悪事である。

 ②。強要することは、何でも悪事である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私に強要をしようとするので、防ぐこと。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の指示をしていた主犯(『5人組や、5人組の仲間達』の仲間)は、よく、あっさり死ぬ(失敗する)(記事No.470)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分達に指示をしていた主犯(『5人組や、5人組の仲間達』の仲間)が、死ぬ(失敗する)と楽しい】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、とても深く長い講釈(計算)で悪事を計画していた主犯(『5人組や、5人組の仲間達』の仲間)が、簡単に計画が失敗して、あっさり死ぬと楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、とても深く長い講釈(計算)で悪事を計画していた主犯(『5人組や、5人組の仲間達』の仲間)が、簡単に計画が失敗して、あっさり死ぬことが、瞬殺であれば、瞬殺であるほど、楽しい。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、この反応は、「妬み」より、「矛盾」が楽しいという反応である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、偉そうなのに、実際には能力が無く、能力の無い自分に気付かずに、失敗する人を、見ているのが楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の努力で、自分を不幸な状態にする人を、見ているのが楽しい。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』に、指示をしていた主犯(『5人組や、5人組の仲間達』の仲間)は、よく、あっさり死ぬ(失敗する)。

 ①。残された『5人組や、5人組の仲間達』は、次の指示者に、寄生する(今後どうするのか等)。

 ②。指示をしている主犯が現場に出てくる場合も多い。

 ③。指示をしている主犯が現場に出てくるよりも、『5人組や、5人組の仲間達』の内部でも、失敗から攻撃されることになる。

  (1)。指示をしている主犯は、よく、『5人組や、5人組の仲間達』にも、悪い状態の結果を作り出す。





 

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、本当の悪い部分とは、別の部分を悪いと認識する(記事No.469)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、本当の悪い部分とは、別の部分を悪いと認識する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の、悪い思考の流れ(心の汚さ)が、暴かれていないことを前提にして、悪事のどこが批判されているのかを、考える。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の、嘘が、暴かれていないことを前提にして、悪事のどこが批判されているのかを、考える。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の作り出した言い訳を、正しいと思い込む。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の作り出した言い訳を使えば(適用すれば)、「自分の悪事が、悪いことである」という理論の結果にはならない(悪いこととは、断定できない)と、認識(妄想)する。

  1。現実の真実として、この言い訳は、正当な(正常な)理論では無く、曲解などであり、悪いことは、悪いことである状態である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪いことを、悪いことであるという正常な発想が思い浮かぶたびに、何度も、正常な発想を言い訳で否定することで、言い訳が正しいことであると、思い込む。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、本当の悪い部分とは、別の部分を悪いと、反省する(改善しようとする)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「~だったら、~である」と、主張するが、「~だったら」の前に来る部分は、本当の悪い部分(原因)ではない、別の部分である場合が多い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪いことが悪いと分からない人であると、表現する場合がある。

   1。だから、罰が少なくなるという予想(分からなかったから行った等)。

   2。だから、分からない自分には、悪事の否定は効果が無い(自分への批判の攻撃は無効である、つまり、自分の方が強いという表現)。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の、「どこが悪いのか」の、分析が異常である。

 ①。分析が異常であると、善悪が分からない。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪いこと(悪事)を、「悪いことである」と、認識しない。

 ①。価値観、善悪の判断の異常など。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、分かっていないことを、分かっていると見せ掛ける(記事No.468)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、分かっていないことを、分かっていると見せ掛ける】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、知らないことを、知っていると見せ掛ける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、理解する為の機能が無いから、理解は出来ない。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、分からないことが日常で、分かっていないのに、分かっていると見せ掛けることが日常である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、分かっていない(知らない)ことに、分かって(知って)いるように見せ掛ける為に「分かって(知って)いるんだよね」、「分かって(知って)いたんだよね」と、発言する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、周りが、誰も知らない状態であれば、自分だけは知っている(嘘)と、表現する。

  (1)。自分以外が、誰も知っていない状態であれば、自分が何を言っても、誰も否定が出来ない(誰も嘘だと分からない)から。

<2>。まともな人の『心と考え』を備えている人よりも、『5人組や、5人組の仲間達』は、「知っているということ」を、有能である(価値がある)と認識する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が「分かっている」のか、「分かっていないのか」を、相手が欲しがるのが、面白い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が欲しがるもので、相手を騙すことが楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が欲しがるもので、騙して遊ぶ。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が欲しがるもので、相手を困らせて遊ぶ。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が欲しがるもので、相手を操って遊ぶ。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の欲しがっている状態(状況)などを見て判断して、相手(状況、状態)に合わせた答えを言うので、発言は真実ではない場合が多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に嘘を付いて、相手の反応を楽しむ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に質問されて、相手に嘘を言い、相手を騙すことが楽しい。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、嘘を付いて、結果の状態(状況)が悪くなると、状態(状況)を壊す(逃げる)。

 ①。嘘を付いて、結果の状態が良いうちは、そのままで暮らしている。(嘘を付き続ける)

 ②。嘘を付いて、結果の状態が悪くなると、状態(状況)を壊す(逃げる)。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が騙すことが可能な状態なのに、何故、相手が自分に騙されることを防がないのか、分からない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は嘘をつくことが可能な状態なのに、自分に質問をしてくる相手を、低能であると認識する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は嘘をつくことが可能な状態なのに、自分に質問をしてくる相手が、自分に嘘を付かれる可能性を考えないことを、低能であると認識する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は嘘をつくことが可能な状態なのに、自分に質問をしてくる相手が、何故か勝手に自分を、嘘を付かないと信用して質問していることを、低能であると認識する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は嘘をつくことが可能な状態なのに、自分に質問をしてくる相手が、嘘の答えを受け取ることでも構わないならば、相手が自分に質問をする意味が無いと認識する。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の嘘を、防げない相手を、低能者であると認識する。

<7>。嘘を楽しまない『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、存在しない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、どのように騙すかを考え、その予定の通りに、相手が騙されると楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、質問を受けると、「相手をどのように騙すか」の思考が始まる。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の低能を隠す為に(見栄など)、分かっていないことを、分かっていると見せ掛ける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の分かっていない状態が、相手にとって、「どうでもよいこと」であると、認識しない。

<9>。以上のことから、『5人組や、5人組の仲間達』の群れ(対応)は、面倒くさい。

 ①。群れは、嘘を付くだけで機能しない。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』の発言は、基本的に信じるべきではない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の発言は、全てを疑うこと。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の反応などから、読み取ることも良い(『5人組や、5人組の仲間達』は、騙し合いも好むが)。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、悪事を行った悪人(仲間)を受け入れる(守る)(記事No.467)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、悪事を行った悪人(仲間)を受け入れる(守る)】

<1>。現実の真実として、悪事を行った悪人には、罰を与えるべきであり、受け入れる(守る)べきではない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が「悪いこと」であるという価値観が無いので、悪事を行った悪人(仲間)を受け入れる。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人が「悪いこと」であると認識していることを、『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪いこと」であると認識していない。

 ②。まともな人の『心と考え』を備えている人が「とても悪いこと」であると認識していることを、『5人組や、5人組の仲間達』は、「あまり悪いことではない」と認識している。

 ③。まともな人の『心と考え』を備えている人の正常な価値観のようには、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を「どの程度」悪いことであるかを、認識していない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間が攻撃される(悪事を批判される、悪事の罰を受ける)と、自分が攻撃されていると認識(同調)して、仲間を可哀想であると判断する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、部分の認識しか出来ないので、状態を構成する要素の、全体(行動の結果、被害者の苦痛など)を、含めて判断することは無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人は不幸でも(苦痛を受けても)構わないという価値観なので、仲間が攻撃されることから受ける、自分の不幸(同調など)を改善しようとする。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間が行った悪事から発生する、被害者の苦痛を認識しない。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間を受け入れる(守る)ことで、被害者に不快感を与えようとする。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間を受け入れる(守る)こと(手柄)で、群れの中の自分の地位の向上を図る(今よりも、よくしようとする)。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を行った悪人(仲間)を受け入れる(守る)ことは、群れを存続させる為の、生存方法である。




★真実を認識する為の知識1

何が悪であるかは、断固とした基準がある(記事No.466)

【★1。何が悪であるかは、断固とした基準がある】

<1>。悪人を倒せと言う教えは、戦いを生む。

<2>。戦いの原因は、誰が(何が)悪人なのか分からないから。

<3>。各々が、自分の勝手な解釈で悪人を決めるから戦いとなる。

<4>。何が「悪」であるかの基準は、断固とした存在としてある。

 ①。何が「悪」であるかは、断固とした、基準が存在する。

<5>。21世紀の今、機械などの発達で、悪人を選別が出来る状態を作ることが可能である。

<6>。今、『5人組や、5人組の仲間達』のせいで、世界が悪い(不幸な)状態である。

 ①。今、世界の悪い(不幸な)状態を治す必要がある。

<7>。今、『5人組や、5人組の仲間達』を、倒す為にも必要な教えである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で勝手にルール(基準)を決めて(作り)、自分で勝手に勝敗を決める(記事No.465)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で勝手にルール(基準)を決めて(作り)、自分で勝手に勝敗を決める】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で勝手に決めたルール(基準)により、自分で勝手に、自分が勝ったと判定する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で勝手に決めたルール(基準)により、自分で勝手に、自分が勝ったと判定して、自分が勝ったと認識(妄想)すると、安心(満足)する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で勝手に決めたルール(基準)により、自分で勝手に、自分が勝ったと判定して、自分が勝ったと認識(妄想)する為に、自分が勝った状態を作り出せるか、実際に試す。

 ①。<例えば>相手を攻撃することが出来る範囲に、自分が入れるか、試す。

   「相手を攻撃することが出来る範囲に、自分が入れると、自分が勝ちである」という、ルールを決めて、実際に試して、相手を攻撃することが出来る範囲に、自分が入れた場合、自分が勝ったと判定して、安心する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は相手をいつでも攻撃できる(自分が有能者であるという認識)」、「相手は自分が攻撃を出来る状況(状態)を防がない(相手が低能者であるという認識)」が楽しい。

  (2)。現実の真実としては、この状態では、自分の勝ちが確定していないし、他の場面でも同じ状態になるとは限らない。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「実際に攻撃が出来る」と、いうことは試さない場合もある。

   1。実際に攻撃を行った結果、自分が不幸(悪い状態)になりたくないから、「実際に攻撃が出来る」と、いうことは試さない場合もある。

   2。実際に行ってみて、自分が攻撃が出来ない(防がれる)状態になり、実際には自分は低能者であると知りたくないから(妄想だけで、自分は有能者であると思っていたい)、「実際に攻撃が出来る」と、いうことは試さない場合もある。

   3。実際に行ってみて、自分が不幸な状態(悪い状態)になったり、攻撃が防がれた低能者は、生き残りにくいので、自然淘汰の結果に生き残りやすい、「妄想だけで終わらせる悪人」が多い。

  (4)。現実の真実として、相手は、攻撃を受けても構わないと認識している場合があるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で勝手に決めたルール(基準)として、「相手が攻撃を受けたら負け」を設定して、自分だけの(相手が受け入れていない(行っていない))ルール(基準)で、自分だけで(相手が参加していない(行っていない)戦いの)勝敗を決めている。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に自分が相手を攻撃すること出来る状態で、実際に自分は相手に攻撃を行っても良いのかな?と思案する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何で相手は、自分が攻撃が出来る状態を防がないのかな?」と、思案する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「実際に自分が相手を攻撃すること出来る状態」が出来るか、確認の為に試しただけなので、その場で「この後はどうしようか」などの思案をする場合もある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、思考することが嫌いなので、そのまま、閃き(思い付き、気分など)で、攻撃を行う場合もある。





★真実を認識する為の知識1

『5人組や、5人組の仲間達』を駆除するまで、終わらない(記事No.464)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』を駆除することは、神が望むことである】

<1>。神は、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除するまで、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除することを望み続ける。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』を駆除するまで、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除することが、世界に必要なことであることは、変わらない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

私への無駄な接近は、私や多数の善人が嫌がる(記事No.463)

【★1。私への無駄な接近は、私や多数の善人が嫌がる】

<1>。スカイプなどの動画やメール(手紙)などで済むことを、私に接近して行おうとすることは、異常である。

 ①。特に、私の善の活動中に行われることが多い悪事である。

<2>。これは、まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、不快に感じる状況(状態)である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、私が不快になることを行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、私に不快感を与え、反応を楽しむ。

<4>。現実の真実として、私に、不快感を与える必要が無い状態(状況)である。

 ①。私は、別の方法でも可能であることであるなど、この行動の必要性(必然性)が無いと考える。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ