<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の過去の悪事は、発生して確定したものである(記事No.661)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の過去の悪事は、発生して確定したものである】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の過去の悪事は、発生したことであり、確定したことであるので、逃避することでは、終わらない。

<2>。悪事を行い、罰を受けない『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、逃がさない。

<3>。悪事を行い、罰を受けない『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、蘇生して、罰を与えること。

<4>。悪事を行った『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)に、罰を与えなければ、発生して確定したことは、決着が付かない(終わらない)。

<5>。現状の『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事へも対応するべきだが、過去の『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の悪事にも対応するべきである。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』には、何もされたくない(行ってほしくない)(記事No.660)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』には、何もされたくない(行ってほしくない)】

<1>。誰かに手伝って欲しいことでも、『5人組や、5人組の仲間達』には、手伝って(行って)欲しくない。

<2>。何でも、全て、『5人組や、5人組の仲間達』には、されたくない(行ってほしくない、行われたくない)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「役に立とう」、「助けてあげよう」と、する(見せ掛けを含む)。

 ①。だが、『5人組や、5人組の仲間達』には、役に立って欲しくない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、助けてほしくない(助けられたくない)。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』に、「役に立とう」、「助けてあげよう」と、されることは迷惑(害、不快、嫌)である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』に、「役に立とう」、「助けてあげよう」と、することは悪事である。

<5>。善人だけで、活動していることである。

 ①。善人だけで活動していることだから、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、邪魔である。

<6>。善人だけで活動していた場合には、得られたものが、『5人組や、5人組の仲間達』が一緒に行おうとする場合には、得られなくなる。

 ①。善人だけで活動していた場合には、得られたものが、『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔のせいで、得られなくなる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人の利益の邪魔は、悪事である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人に損失を与えることは、悪事である。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に、自分の『心と考え』が分かることは無いと認識している(記事No.659)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に、自分の『心と考え』が分かることは無いと認識している】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の『心と考え』の推察が出来ない、他人の『心と考え』の機能が無いなどの理由から。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の『心と考え』の推察が出来ないので、他人にも自分の『心と考え』が知られることは無いと認識している。

 ①。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、暴かれずに、悪事が出来ると考える。




★アレク達と、私の兵へ

【アレクへ】このブログの記事は、私以外も「書く(内容を変える)」ことが可能であり、過去に改ざんされたこともある】(記事No.658)

【★1。このブログの記事は、私以外も「書く(内容を変える)」ことが可能であり、過去に改ざんされたこともある】

<1>。このブログというものは、そういうものである。

 ①。アレク達が書いたブログも、そういう状態で書かれている。

<2>。だから、私は直筆が好きである。

 ①。なるべく、直筆にする。

<3>。私は、真実の、本当の私が書いたものが伝わることを、望んでいる。




★やる事の提示・「行うこと」

善行(駆除)をする為に、次々と、『5人組や、5人組の仲間達』を攻撃する為に、向かっていくこと(記事No.657)

【★1。善行(駆除)をする為に、次々と、『5人組や、5人組の仲間達』を攻撃する為に、向かっていくこと】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』を、自由にしておく、正当性(必要性)は無い。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪いことだと分かっていて悪事を行っている(記事No.656)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪いことだと分かっていて悪事を行っている】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を悪いことであると認めると、過去の悪事の全てを悪いことであると、分かって行ったことになるから、悪事を悪いことであると分かっていると、認めない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を悪いことであると認めると、行いたい悪事に制限がかかるから、悪事を悪いことであると分かっていると、認めない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を悪いことであると、『分からない人』であると、見せ掛ける(表現する)。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』、実際に、悪事を悪いことであると認識が出来ないこともある。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の正しい発言に、反対する(記事No.655)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の正しい発言に、反対する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の発言を、否定するのが楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の発言を否定して、相手を不快にさせることが楽しい。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、一般的な人の正しい判断の、反対を主張することが楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手と反対の主張をすることが楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の邪魔として、存在することが楽しい。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の都合の悪い(嫌がる)主張を応援する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が、自分の反対意見(邪魔)を、きっぱりと否定が出来ない状態を好む。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が不快な状態から、自分は有能であると、間違った認識も持つ。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手を不快にして、相手の興味が自分に向くと、楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に恨まれるのが楽しい。

  (1)。相手が不快(不幸、低能)な状態であり、自分に興味が向いているから。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況が変わり、自分が危険な状況になると、簡単に意見を変える。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、簡単に、意見を変えれば済むと、いう価値観である(一貫性が無い)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、簡単に、意見を変更することが可能であると、いう予測から発言をしている場合もある。





★真実を認識する為の知識1

行うべき時に、行うべきである(記事No.654)

【★1。行うべき時に、行うべきである】

<1>。私は、行うべき時に、行わない人を許さない。

 ①。手遅れになった状態で、自分が困った状態になると、私にすり寄ってくる悪人が存在する。

 ②。それは最初から、私が主張していた、困った状態である。

 ③。私(他人)の不幸を構わないと、自分が幸せであれば良いとして生きようとした悪人である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』も敵であるが、この悪人も敵である。

 ⑤。真実を認識する時に、『5人組や、5人組の仲間達』よりも巨大な敵を知る。

<2>。行うべき時に、行うべきである。

 ①。全てのことは、行うべきときに、行うべきである。





★私の状態

私の意識が戻った瞬間を、機械で、分かることが出来る人が存在する(記事No.653)

【★1。私の意識が戻った瞬間を、機械で、分かることが出来る人が存在する】

<1>。これは、機械からの情報から、分かることが出来ている状態である。

 ①。同じく、私の『心と考え』や、体の分泌などの反応なども、分かることが出来る。

 ②。この機械は、持っているか持っていないかを、見分けることが難しい。

  (1)。私は、肉体に埋め込まれている状態であると考える。

<2>。私の意識が、本物か、偽者かが、判別できる機械である。

<3>。私の意識が戻った瞬間に、私へ攻撃(批判)を与える悪人が多い。

 ①。私の意識が戻った瞬間に、自分は善人(被害者)などであると、いう演技(見せ掛け、捏造の状況)を始める悪人も多い。

 ②。私の意識が戻った瞬間に、私へ情報を与える、善人(アレク)も多い。

 ③。気を付けること。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、本質(発生源)を、無くさないと止まらない(記事No.652)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、本質(発生源)を、無くさないと止まらない】

<1>。罰(拷問)を与えるから、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が発生するという間違った認識の人が存在するが、それは本質ではない。

 ①。単純に考えて、考える方法として、<『5人組や、5人組の仲間達』への罰(拷問)が無くても、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は発生する>から。

<2>。私が『5人組や、5人組の仲間達』を批判するから、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が発生するという間違った認識の人が存在するが、それは本質ではない。

<3>。私が言うから(記事などに書くから)、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が発生するという間違った認識の人が存在するが、それは本質ではない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、『5人組や、5人組の仲間達』が発生源である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、『5人組や、5人組の仲間達』から発生しているのである。

 ②。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』を駆除しない限り、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は止まらない。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の発生源は、クローンの機械と、繁殖である。

 ①。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』の発生源の、クローンの機械と、繁殖を止めるべきである。

 ②。その助力になるのが、『5人組や、5人組の仲間達』の拷問であり、私の記事であり、潜伏の抽出、快楽を与えないこと、真実を知ること、世界の協力、誘導者に誘導されない、などである。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』の実態(誰であるか)も、知ってほしい。

<7>。神は正当な罰を望むので、正当な罰からは逃げるべきではない。

 ①。正当な罰が何であるかも知らないのに、正当な罰から逃げようとする、妄想者が多い。

 ②。それと、私を含めた、正常な人(善人)の感情は、とても重要なものである。




  

★《5人組や、5人組の仲間達》

まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、他人の「どのように行動しても構わない行動」、「自由であるべき行動」に、指図(強要、補助)などを行わない(記事No.651)

【★1。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、他人の「どのように行動しても構わない行動」、「自由であるべき行動」、「どうでも良い行動」、「重要ではない行動」などに、指図(強要)などを行わない】

<1>。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、他人の「どのように行動しても構わない行動」、「自由であるべき行動」、「どうでも良い行動」、「重要ではない行動」などに、補助などを勝手に行おうとしない(強要しない)。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、他人の「どのように行動しても構わない行動」、「自由であるべき行動」、「どうでも良い行動」、「重要ではない行動」などに、自分の勝手な判断から、変更や、強要などを行おうとしない。

<2>。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、相手の行動の邪魔になる補助などを、勝手に行おうとしない(強要しない)。

 ①。現実の真実として、相手が邪魔であると言っているならば、邪魔であることが真実であり、補助になっていないのが真実である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の「どのように行動しても構わない行動」、「自由であるべき行動」、「どうでも良い行動」、「重要ではない行動」などに、自分の勝手な判断(価値観)などからの発想を、強要しようとする。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、人生の経験上、他人の「どのように行動しても構わない行動」、「自由であるべき行動」、「どうでも良い行動」、「重要ではない行動」などに、指図(強要、補助、変更、判断、邪魔)などを勝手に行おうとして、相手から反発(不快な表情)などを受けている。

 ①。この相手の表現が、相手の嫌がっているという表現である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の人生の思い出を思い出して、相手の反応や、自分の悪事や、自分の悪事の影響などを、よく考えてみるべきである。

 ③。相手への嫌がらせを行うことは、悪事である。



★私の意志・意向

私の記事などは、5人組や、5人組の仲間達』を倒す為に有効利用してほしい(記事No.650)

【★1。私の記事などは、5人組や、5人組の仲間達』を倒す為に有効利用してほしい】

<1>。私は、苦労して、このブログの記事などを書いている。

<2>。私は、苦労の有る状態なので、メモ書き程度の完成度であるが、『5人組や、5人組の仲間達』を倒す為に有効利用してほしい。

<3>。内容は、不利になることも多いかもしれないが、私は、苦労の有る状態で、忙しくて見直し(修正)をしていない。

<4>。上手くいくことを願っている。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に利益を与え、自分の仲間にしようとする(記事No.649)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に利益を与え、自分の仲間にしようとする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「罰の判定者」、「自分と一緒に敵を攻撃してくれそうな人」、「自分と一緒に敵を攻撃して欲しい人」、「仲間になりそうな人」などの相手に、自分が相手を制御できる量の、利益(欲しがるもの、情報など)を与え、自分の仲間にしようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は見ているので、その人達に危険な(面倒な)ことを行って欲しいという、価値観でもある。

<2>。だから、『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の欲しがる利益(欲しがるもの、情報など)を与える。

<3>。現実の真実として、この『5人組や、5人組の仲間達』の行動を利用しても、悪事ではないが、「欲しがるものを与えない」、「信用しない」、「悪事を増長されない」など、気をつけること。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、私の記事などに書かれていることなどを、行うことが、正しいことなのか、行ってはいけないことなのか、分からない場合がある(記事No.648)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の記事などに書かれていることなどを、行うことが、正しい(善行、構わない)ことなのか、行ってはいけないこと(悪事)なのか、分からない場合がある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な判断などが無いので、私の記事などに書かれていることが、否定されているのか、肯定されているのか、分からない場合がある。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な善悪の判断が無いので、自分の日常の反応が書かれていることから、その行動は、行うべきこと(正常な行動、行っても構わない行動)であると、判断する場合がある。

<3>。だが、まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、判断が出来ることである。

<4>。私の記事などに書かれていることなどを、行うことが、正しい(善行、構わない)ことなのか、行ってはいけないこと(悪事)なのか、分からないのならば、正しい(正常な)世界(一般の社会)で生きていくことは、無理(不可能)な存在であり、削除するべき生き物(悪人)である。

 ①。正しい(正常な)世界(一般の社会)で生きていく為には、まともな人の『心と考え』を備えている人が分かることは、分かるべきである。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』が、まともな人の『心と考え』を備えている人が分かることが、分かるのならば、罰を受けることも、正当なことであると認識して、罰を受け入れる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、まともな人の『心と考え』を備えている人が分かることが、分かるのならば、自分の行いが悪事であると分かることが出来て、自分が罰を受けることも、正当なことであると認識することが出来て、罰を受け入れる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、罰を受入れないのならば、まともな人の『心と考え』を備えている人が分かることが、分からない状態であり、正しい(正常な)世界(一般の社会)で生きていくことが許可されないので、削除するべき生き物(悪人)である。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていると、自分の悪事が、何事も無かったと、認識する価値観である(記事No.647)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていると、自分の悪事が、何事も無かったと、認識する価値観である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていると、自分の悪事は、悪いことでは無かったと、認識する価値観である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていると、自分は、悪いことをしたのでは無かったと、認識する価値観である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていると、自分は、悪くないと、認識する価値観である。

<2>。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者に、被害(苦痛、害、不幸)を与えた存在である。

 ①。現実の真実として、悪事を行ったことは消えない。

 ②。現実の真実として、悪事は悪事である。

 ③。現実の真実として、自分は悪いことをした状態(存在)である。

 ④。現実の真実として、被害者の被害(苦痛、害、不幸)は、自分のせいである。

 ⑤。現実の真実として、自分とは、他人に不幸を与える(苦痛を体験させる)、不要で邪魔な存在である。

 ⑥。現実の真実として、自分とは、悪いことを、抵抗感に負けることなく、行うこと(実際に達成すること)が出来る、化け物の存在である。

 ⑦。現実の真実として、他人に、恐れを与える化け物の存在である。

<3>。現実の真実として、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていることは、被害者の強さであり、被害を与えた悪人の能力とは、無関係である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていることは、自分のおかげであると認識する。

  (1)。現実の真実として、悪人は、被害者に被害(苦痛、害、不幸)しか与えていない状態での、間違った認識である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていることから、自分に自信を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていることは、自分の予定通りであると認識する(後付けの方向転換である、実際には予定して行動していない)。




【★2。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が、自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていると、自分の悪事が、まだ足りていないと、認識する価値観である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人(被害者)が、自分より、有能(幸せ)な状態は不快である(許せない、怒りを持つ)。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人(被害者)が、自分より、低能(不幸)であるべきであると、他人に分からせたい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人(被害者)が、自分より、有能(幸せ)な状態になろうとすることを、他人に辞めさせたい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人(被害者)が、自分より、有能(幸せ)な状態であると、「まだ分からないのか」と発言して、他人を攻撃する場合もある。




【★3。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が自分の『心と考え』の強さなどで、強く逞しく生きていると、被害者を攻撃して(殺して)、その状態を無くそうとする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の幸福な状態が許せない。




【★4。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が被害に苦しんでいると、被害者を攻撃して(殺して)、その状態を無くそうとする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に不快を与える出来事を、無くそうとする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、苦しんでいる被害者の苦痛を助けようとするのではなく、苦しんでいる被害者を攻撃することから、苦しんでいる被害者の苦痛から受ける、自分の不快感を無くそうとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者が苦痛を受けたままの、不当な状態を、構わない(気にしない)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、苦痛を受けたままの被害者に、幸せを与えるべきであると、判断しない。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事を批判して、自分は悪事を行っている仲間よりも、有能者であるという妄想を楽しむ(ごっこ遊び)(記事No.646)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事を批判して、自分は悪事を行っている仲間よりも、有能者であるという妄想を楽しむ(ごっこ遊び)】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事を批判している自分を、カッコイイと認識する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事を批判しているが、悪事の酷さ、凶悪さなどは、思考や体感に、ほぼ存在しない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事の現実感が無く、ごっこ遊びとして、仲間の悪事の否定を楽しむ。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の悪事へ、私は「もう知らない」などと、へそを曲げたような演技をする場合もある。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、子孫には必ず、知能(『心と考え』)に欠陥がある(記事No.645)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、子孫には必ず、知能(『心と考え』)に欠陥がある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、知能(『心と考え』)に、「大量に」欠陥がある。

 ①。これは、『5人組や、5人組の仲間達』の、DNAにもある。

<2>。だから、『5人組や、5人組の仲間達』が、どれだけ有能な人と子供を作っても、必ず子供は知能(『心と考え』)に欠陥を持つ。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、有能な人と、子供を作りたがる。

 ①。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』と、子供を作りたいと考える人は、有能ではない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、有能な人と、子供を作る為に、有能な人を騙す、有能な人をレイプ(強姦)する。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、有能な子供を作りたい、意地(悪事の欲求)があるので、DNAを操作して、作ろうとする。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、愛されることが無い存在である(記事No.644)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の真実として、愛されることが無い存在である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌われる理由が大量にあり、嫌われることが、当然な存在である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人の正常な判断から、愛される理由が無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人の正常な判断からは、愛されない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、愛される為に騙して、偽物の愛を手に入れる、しかない(他には無い)。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、私からの情報があるので、その情報を踏まえた上で、行動をする(記事No.643)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私からの情報があるので、その情報を踏まえた上で、行動をする】

<1>。私からの情報とは、このブログなどからの情報である。

<2>。私は、過去にも、何度もこのブログを作成している。

 ①。私は、内容に正しいものが追加されたり、ブログが完成すると、嬉しい。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私からの情報を踏まえた上で、自分は被害者である(悪人ではない)と、見せ掛ける表現(行動)をする。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、世界から、私への支援を見て、私を攻撃する予定を変更する(記事No.642)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、世界から、私への支援を見て、私を攻撃する予定を変更する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、世界から、私への支援を見て、予定を変更して、別の方法で、私への攻撃を行おうとする。




★真実を認識する為の知識1

現実の真実として、私は、酷い扱いを与えても、構わないものではない(記事No.641)

【★1。現実の真実として、私は、酷い扱いを与えても、構わないものではない】

<1>。現実の真実として、私は、虐待を与えても、構わないものではない。

 ①。現実の真実として、私は、『5人組や、5人組の仲間達』の嫌がらせを与えても、構わないものではない。

 ②。現実の真実として、私は、不快を与えても、構わないものではない。

 ③。現実の真実として、私は、不当に扱っても、構わないものではない。

<2>。私も、神も、早く、世界中の人が、現実の真実の自覚(認識)が出来ると良いと思っている。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が負けていると、他人に思われたくない(記事No.640)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が負けていると、他人に思われたくない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、「負けを認識している」と、他人に思われたくない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が「怖れている」と、他人に思われたくない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、自分の不快な状態を気にしていない(負けていない)と、表現する(見せ掛ける)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪事を平気で行うことが出来ると、表現する(見せ掛ける)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の負けを認めて、悪事を辞めることで、自分が負けたと、他人に思われたくない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に、悪事を気にしていない場合(量)も多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を気にする為の、機能が無いから。

<5>。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を追加して続けていく。






★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、他人を馬鹿にする操作(記事No.639)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人を馬鹿にする操作】

<1>。私は、他人が馬鹿すぎるのではないかと、感じることがある。

 ①。私は、他人が自発的に精神の為の薬を飲んでいる可能性もあると考える。

 ②。だが、私は、それ以上に、『5人組や、5人組の仲間達』から、他人が馬鹿になる操作を受けている可能性もあると考える。

<2>。私は、他人が、初歩的な間違えや、当然のことが、抜け落ちている状態を感じることがある。

 ①。私は、他人が、気付いて当然のことを、気付いていない状態を感じることがある。

<3>。確実に言えることは、『5人組や、5人組の仲間達』は、操作を受ける前から、馬鹿の状態であるので、『5人組や、5人組の仲間達』から、『5人組や、5人組の仲間達』への操作は関係ない。

<4>。確実に言えることは、他人は、『5人組や、5人組の仲間達』から、記憶を無くされる操作を受けている状態である。

 ①。つまり、本来の自分よりは、馬鹿にされている状態である。

 ②。だが、私はこの操作を受けている状態でも、もう少し賢いはずであると考える。

  (1)。ある程度の賢さが無ければ、まともな社会の構築が出来ないから。

<5>。つまり、私は、他人が『5人組や、5人組の仲間達』の敵として活動をしている状態になると、『5人組や、5人組の仲間達』から、他人が馬鹿になる操作を受けるのではないかと、考える。

 ①。私は、これを個別に全自動で行うことは、難しいと考える。

 ②。GPSなどで他人の存在している位置を知ることで、関係者の近くに存在している他人を、覗き、操作を行っている。

  (1)。これは、個別のチェックである。

 ③。全体への操作。

  (1)。これは、時間や、条件などで、無関係の人にも一律の操作。

<6>。確実に言えることは、他人は、『5人組や、5人組の仲間達』の敵として活動をしなくても、馬鹿になる操作を受ける状態である。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、発生することが当然の流れである、悪い状態を発生させる(記事No.638)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、発生することが当然の流れである、悪い状態を発生させる】

<1>。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、発生することが当然の流れである、悪い状態を予測して、回避する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、発生することが当然の流れであることを、予想しない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、発生することが当然の流れである悪い状態の発生を、自分は『分からない人』であると見せ掛けて、故意に、悪い状態を発生させる。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、発生することが当然の流れである悪い状態の発生を、見守る。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪い状態が発生し終わってから、行動を始める。

<5>。これは、発生することが当然の流れである悪い状態を発生させた悪人に罰を与えること、その悪人(似たような悪人)が、再犯できる状態を与えないことで、いくらか防げることである。

 ①。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、失敗した悪人に、罰を与えない。

 ②。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、失敗した悪人に、再度行わせる。

<6>。発生することが当然の流れである悪い状態を、発生させる悪人に、自由行動をさせては、いけない。

 ①。発生することが当然の流れである悪い状態を、発生させる人とは、悪人(低能者、欠陥者)である。

 ②。発生することが当然の流れである悪い状態を、発生させる悪人が、行ってもよいことではない。

  (1)。発生することが当然の流れである悪い状態を、発生させる悪人が、人に迷惑(被害、不幸、苦痛など)を与えること(可能性があること)は、行ってもよいことではない。

 ③。発生することが当然の流れである悪い状態を、発生させる悪人には、行う為の能力(権利)が無い。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、「あぁ、まだ行うんだ」、「あぁ、また行うんだ」、「やっぱり行うんだ」の発言(記事No.637)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「あぁ、まだ行うんだ」、「あぁ、また行うんだ」、「やっぱり行うんだ」の発言】

<1>。目細者が、よく言う発言である。

<2>。自分の立場の、「仲間の悪事の傍観者」、「自分は仲間の悪事と無関係」、「自分は悪事を行う仲間より有能者」であるという、表現(見せ掛ける為の演技を含む)や、思い込み(作り出した妄想)などから、発生する発言である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、有能者であるという間違った認識を作り出す(証拠が無い状態から)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、仲間よりも、有能者であるという間違った認識を作り出す(証拠が無い状態から)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が劣勢の立場になると(認識すると)、自分が優勢の立場であると、間違った認識(妄想)を作り出す。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が劣勢の立場になると(認識すると)、自分が優勢の立場になろうとする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が劣勢の立場になると(認識すると)、自分が優勢の立場に入り込もう(侵入しよう)とする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が劣勢の立場になると(認識すると)、自分が優勢の立場の仲間であると、間違った認識(妄想)を作り出す。

<4>。この悪人は、一時的に、自分は仲間の悪事を傍観する立場であるという間違った認識を持つが、悪事を行える機会が発生すると、喜々として、悪事を行う。

 ①。この悪人は、自分が優勢な立場である場合には、喜々として、悪事を行う。

 ②。つまり、現実の真実として、仲間の悪事を傍観できる立場ではない。

 ③。つまり、現実の真実として、仲間と同じく、悪事を行う悪人の立場である。





★真実を認識する為の知識1

情報から、実際(真実)とは違う認識を作り出す(記事No.636)

【★1。情報から、実際(真実)とは違う認識を作り出す】

<1>。その実際(真実)とは違う認識を、実際(真実)であると間違った認識をして、行動する。

 ①。立証の無い、間違った認識である。

<2>。よくあることであり、『5人組や、5人組の仲間達』を、駆除(世界を正しくする)する立場の人の、認識として多い。

 ①。そして、正しくない行動を行うので、それが『5人組や、5人組の仲間達』を補助することに繋がる。

 ②。そして、正しくない行動を行うので、それが、悪い状態の世界の作成に繋がる。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、目がとても大きい、声の汚い、太った女(記事No.635)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、目がとても大きい、声の汚い、太った女】

<1>。この女は、「やっった!」、「や、りぃ~!」、「イェーイ!」、「いいの?」と、よく発言する。

<2>。この発言は、悪事を行ってはいけないと、認識しているが、「悪事を行える言い訳を見つけた」、「相手への嫌がらせを見つけた」、「相手へ見せる嫌がらせの為の表現」などの場合に発言する。

<3>。この発言は、認識からの、内部の反応の現われである。

 ①。神経の反応としての現われ。

 ②。反応の流れの現われ。

 ③。興奮の、瞬間的な上がり方、流れの止まり方、などである。

<4>。とても、特徴的な女である。

<5>。ペルシアのアレクの嫁(偽者)として存在していた場合には、痩せていて、確か(記憶が朧げ(おぼろげ)だが)、黒かった。





★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、私が複数の行動を行うという情報を持っている(記事No.634)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が複数の行動を行うという情報を持っている】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が常に同じ行動ではなく、複数の(色々な、様々な)行動を行っているという、情報を持っている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が常に同じ行動ではなく、複数の(色々な、様々な)行動を行っているという、真実を知っている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が常に同じ行動ではなく、複数の(色々な、様々な)行動を行っているという、情報を持っているのに、私が常に同じ行動を行うということを前提として、その常に同じである私の行動を、調べよう(知ろう)とする。




★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、先に自分が攻撃したとしても、相手が報復の攻撃をしてくるならば、相手に攻撃を行っても良いと、いう価値観である(記事No.633)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、先に自分が攻撃したとしても、相手が報復の攻撃をしてくるならば、相手に攻撃を行っても良いと、いう価値観である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、先に自分が相手に嫌がらせを行い、相手が自分に報復として攻撃して来ることに、批判(反発)をする。

 ①。現実の真実として、相手の報復の攻撃は、正当な正義であり、批判(反発)することは、異常(悪事)である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、先に自分が相手に嫌がらせを行い、相手が自分に報復として攻撃して来ることに、批判(反発)して、相手を攻撃しても構わないと、いう価値観である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、相手が攻撃を返してくるならば、その相手に攻撃を行っても良いと、いう価値観である。

  (1)。この場合、自分が先に攻撃をしたことの罪の認識が無い場合も多い。

   1。自分が先に攻撃をしたことの罪の認識が、思考の場の要素にない状態である(判断に考慮されない)。

 ②。相手が攻撃を返してくるならば、その相手に攻撃を行っても良いと、いう価値観は、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、正義ではない(正常な善悪の判断ではない)、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)に都合の良い価値観であり、不当で間違った価値観である。

<3>。「先に攻撃した相手に、報復として攻撃することも含めて、一律に人を攻撃することは悪い」という規則(価値観)ならば、先に攻撃をする性質を持つ悪人だけが、善人を攻撃して、その攻撃を受けた善人(被害者)が、悪人を攻撃することが出来ないので、善人が減る。

 ①。善人だけが、常に被害者の状態である。

<4>。報復の攻撃も含めて、一律に人を攻撃することは悪いという規則(価値観)は、善悪の判断が出来ない人が、悪事を行わないようにする為の、規則(価値観)である。

 ①。だが、現実の真実として、報復することが正当で必要な場合もある。

 ②。善悪の判断が出来ない人が存在するので、一律に悪いという規則(価値観)になっているが、本来は、その状況ごとに、報復を行うべきか、行うべきではないかの、正当な正しい判断があるべきである。

<5>。報復の攻撃も含めて、一律に人を攻撃することは悪いという規則(価値観)は、悪人に都合の良い規則(価値観)なので、悪人はこの規則(価値観)が大好きであり、世界に広めて、強要する。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、「先に攻撃した相手に、報復として攻撃することも含めて、一律に人を攻撃することは悪い」を、表の理由にして、悪事を行う。

 ①。悪人は、悪いことを悪いことであると決めた規則(価値観)を、構わずに(無視して)悪事を行うので、「先に攻撃した相手に、報復として攻撃することも含めて、一律に人を攻撃することは悪い」という規則は、悪人を制止する力が無く、善人を攻撃するような、逆の方向に作用している。

 ②。つまり、善悪の判断が出来ない人に、悪いことを行わせないように、しているようで、出来ていない状態である。

 ③。この対処法は、判断者の、正しい判別、任命である。

 


★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考に発生したものを、私に強要することで、私に嫌がらせを行う(記事No.632)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考に発生したものを、私に強要することで、私に嫌がらせを行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の思考に発生したものを行えば、私が嫌がる(不快になる)だろうと発想(予想)して、私への嫌がらせの為に、私の思考に発生したものを、現実に作り出し、私に強要する。




カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ