<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事に、「行っても構わない」という水準などの、価値観を持つ(記事No.1082)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事に、「行っても構わない」という水準などの、価値観を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この水準の悪事ならば、「行っても構わない」、「行っても大丈夫」などという、悪事の価値観(判断)がある。

<2>。真実として、悪事は、どのような水準であっても、行っては、いけないものである。



★『5人組や、5人組の仲間達』

一般社会で生きている、『5人組や、5人組の仲間達』の持っている、悪の(間違った)認識(記事No.1081)

【★1。一般社会で生きている、『5人組や、5人組の仲間達』の持っている、悪の(間違った)認識】

<1>。悪事を行ったのに、悪事が暴かれずに、罰を受けずに、一般社会に溶け込んで、生活をしている『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分を強い存在であると、いう間違った認識(価値観)を持って、生きている。

 ①。これは、とても体感の強い妄想であり、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は特別な存在であり、他人と自分は、水準が違うものであり、自分は他人よりも優れている存在であると、いう間違った認識(価値観)を持って、生きている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人は、直ぐに殺せるものであると、いう悪の(間違った)認識(価値観)を持って、生きている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を、下の位の存在であると、いう間違った認識(価値観)を持っているので、特徴として、ニタニタ笑っている場合がある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、何があっても、また悪事を行えば、解決することが出来ると、いう悪の(間違った)認識を持って、生きている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、再犯する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、再犯することに、抵抗が無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、何があっても、また悪事で、解決しようとする。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、私の入力などに、「早い」と、発言する(記事No.1080)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の入力などに、「早い」と、発言する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、評価する立場であると、いう間違った認識を持つ。

 ①。真実として、『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を、評価することが出来る立場ではない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行動などに、勝手に評価を行い、その評価から発想(思考)した異常なことを、他人に強要する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「私の入力などが、「早い」と、いうこと」を、「表の理由」にして、悪事を行う。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の入力などに、「早い」と、評価をした結果、私に、入力の仕事などを行うことを、強要する悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の入力などに、「早い(優れている)」と、評価をする。

 ②。私が、『5人組や、5人組の仲間達』から、行うこと(行動)を、強要されることに、正当性などは無い。

  (1)。私が、『5人組や、5人組の仲間達』から、行うこと(行動)を、強要されることは、異常なこと(悪事)である。

 ③。真実として、私の入力などが「早い(優れている)」としても、私が、その能力を使う、入力などの仕事を行う、正当性、必要性などは無い。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、真実を認識する能力が無い(記事No.1079)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、真実を認識する能力が無い】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に、低能者(欠陥者)であるが、自覚しない。

 ①。自分が、低能者(欠陥者)であることを、自覚しないことで、生き残りやすくなる。

  (1)。自分の、不幸(不要など)を認識しないから、自分の不幸から攻撃(苦痛)を受けない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、様々なことを、認識しないことから、悪事を行うことを、円滑に出来る。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)の、モノマネ(侵入)(記事No.1078)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)の、モノマネ(侵入)】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、有能者の反応を知り、有能者の反応をモノマネしようとする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分がその状況になった場合に、有能者の反応をモノマネしようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、有能者の反応をモノマネすることが出来る、その状況を作り出そうとする悪事を行う(捏造の状況)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』が、有能者の行動(発言)などをモノマネしても、実際には、自分の立場(能力)は、変わらない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、有能者の行動(発言)などをモノマネしても、実際には、自分の立場(能力)が、有能者と同じものには、ならない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、有能者の行動(発言)などをモノマネしても、実際には、「有能者を、低能者にすること」、「自分(低能者)を、有能者にすること」は、出来ない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、有能者のモノマネをすることで、自分の能力ではない、有能者の有能さに、不当に乗っかっている(利用している)状態(悪事)である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の達成したこと(有能さ、頑張り)を、自分の達成したこと(有能さ、頑張り)であると、いう間違った認識をする。

 ①。だから、『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が達成したこと(有能、頑張ったこと)であると、いう間違った認識」を持つ為に、自分は頑張らず(苦労せず)、他人を頑張らせようとする(他人の苦労で有能(達成)を体験しよう(手に入れよう)とする)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、この為に、私(他人)に、行動を強要する場合もある。

 ②。低能な親が、有能な子供に、勉強を強要したり、有能な状態になることを強要したりすることと、似ているものである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の達成したこと(有能さ、頑張り)を、自分の達成したこと(有能さ、頑張り)であると、いう間違った認識をするので、そこから、他人ではなく、自分が有能な状態(自分は有能者)であると、いう間違った認識を持つ。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に嫌がらせを言い、自分に、加勢した第三者と仲間になれると、いう仲間作りの悪事を行う(記事No.1077)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に嫌がらせを言い、自分に、加勢した第三者と仲間になれると、いう仲間作りの悪事を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に、他人が嫌がることを言って、反応を試そうとする悪事を行う。

 ①。「嫌がらせ」、「知識欲」、「遊び」、「他人の不幸を構わないとする価値観」などから発生する、悪事である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手を攻撃する(他人に嫌がらせ(批判)を言えば)と、自分に、第三者が加勢するので、加勢した第三者と仲間になれると、いう方法の仲間作りの、悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を攻撃すれば(他人に嫌がらせ(批判)を言えば)、自分の立場を良くするように変えることが出来ると、いう悪の(間違った)価値観を持つ。

  (1)。「他人の不幸を、構わないとする価値観」から発生する、悪の(間違った)価値観である。

 ②。この仲間作りは、「攻撃される側を嫌がる人」、「他人を攻撃すること(嫌がらせ)が楽しい悪人」、「「優勢」な方と、一緒に居たい悪人」、「群れたい悪人」などと、仲間になる(集める)方法である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、人の、最重要な機能である、正所な『心と考え』を持っていない(記事No.1076)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、人の、最重要な機能である、正所な『心と考え』を持っていない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、人が、「残酷」、「最大の悪事である」と、感じる(認識する)悪事を行った後に、平気で生活することが、可能である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、人が、「残酷」、「最大の悪事である」と、感じる(認識する)悪事を行った後に、心に動揺(苦しみ)も無く、たまに、思い出しても、何事もなく、生活する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、また、繰り返しの世界が始まり、その繰り返しの世界で、何事もなかったように、生活することが出来る、機能(能力、『心と考え』など)を、持っている。

 ③。人が、「残酷」、「最大の悪事である」と、判定することも、『5人組や、5人組の仲間達』の価値観では、平凡なことである。

<2>。「★1の<1>」の、『5人組や、5人組の仲間達』の状態ことが、『5人組や、5人組の仲間達』が、「人ではないもの」である、証拠である。

 ①。「★1の<1>」の、『5人組や、5人組の仲間達』の状態ことが、『5人組や、5人組の仲間達』が、「世界で、人として、自由に暮らせないもの」である、証拠である。

 ②。「★1の<1>」の、『5人組や、5人組の仲間達』の状態ことが、『5人組や、5人組の仲間達』が、「駆除しなくては、いけないもの」である、証拠である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、嘘や悪事を、重ねていく(記事No.1075)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、嘘や悪事を、重ねていく】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、1つの「嘘や悪事」を、世界に受け入れさせる為に、大量の、「嘘や悪事」が必要になり、次々と、「嘘や悪事」を、重ねていく(重ねている)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、1つの「異常なこと(不自然なこと)」を、世界に受け入れさせる為に、大量の、「異常なこと(不自然なこと)」が必要になり、次々と、「異常なこと(不自然なこと)」を、重ねていく(重ねている)。

<2>。世界は、「絶対」、「嘘や悪事」、「異常なこと(不自然なこと)」を、受け入れることは無い。

 ①。世界は、「絶対」、正当であろうとする。

 ②。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、無意味に、「嘘や悪事」を重ねていくことを、永久に続けていくと、いうこと。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「何か、無いの?」と、いう発言(記事No.1074)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「何か、無いの?」と、いう発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行う為の、表の理由になるものは、何か無いかと、他人に考えさせる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人の、行動の補助が出来る材料は、何か無いかと、他人の力で考えさせて、他人の労力から得たものを、自分の手柄(有能)であると見せ掛けて、自分が「優勢」な人に、渡しに来ると、いう悪事を行う。

 ※補足1。「優勢」な人の、行動を補助することが、悪事を行う為の表の理由になる場合もある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の、行動の補助が出来る材料は、何か無いかと、他人の力で考えさせて、他人の労力から得たものを、自分が、私に、渡しに来ると、いう悪事を行う。

 ①。私は、この悪事を、1万年以上、「不要」、「不快」、「邪魔」、「迷惑」、「害」、「悪事」である、「辞めろ」と、主張しているが、『5人組や、5人組の仲間達』に、辞める動きは無い。

  (1)。私は、『5人組や、5人組の仲間達』が、「凄く」、「とても」、「かなり」、嫌いである。

  (2)。私は、『5人組や、5人組の仲間達』が、見ることも、声を聞くことも嫌である。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』を、私に、見せようとすることや、声を聞かせようとすることは、悪事である。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、私への嫌がらせとして、私に見られようとする。

 ②。私が、この悪事を、「不要」、「不快」、「邪魔」、「迷惑」、「害」、「悪事」である、「辞めろ」と、主張することは、正当であり、正しいことであり、真実であるので、辞めない。何度でも主張する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、私(他人)に、「自分のカッコイイところを見せよう」と妄想して、妄想を実際に行う為に悪事を行い、私(他人)から、カッコイイと思われることが無く、不快なものであると思われる結果になる。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、この悪事は、一時的な停止はあっても、すぐに再発するものである。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』の、この悪事は、繰り返しの世界を作る、大きな原因である。

<4>。「無価値な(害のある、不要な)手柄」や、「悪事の結果の手柄」を「優勢」な人に、持って行くことは、悪人の群れで、受け入れられる為の方法であるが、善人の群れでは、正当な手柄ではないものは、受け入れられづらい。

 ①。悪人の群れでは、「有能で、手柄を持って来る悪人」よりも、「低能で、手柄を持ってこようとする性質を持つ悪人」の方が、受け入れられやすい。

 ②。悪人の群れでは、手柄を持って来ることで、「優勢」な人の下に位置しようとする悪人が、「優勢」な人から、受け入れられやすい。

 ③。善人の群れでは、低能な悪人の持って来る手柄は、「低能」、「悪質」などであると受け取られ、不快なものであり、攻撃(群れからの削除)の対象である。

  (1)。だが、低能な悪人(『5人組や、5人組の仲間達』)は、受け入れられない「低能」、「悪質」などの手柄を持って来ることを、辞めない。

<5>。相手に嫌がられているものを、相手に強要すること(悪事である)は、手柄に、ならないが、『5人組や、5人組の仲間達』は、辞めない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、挫けないから、辞めない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、学習能力が無いから、辞めない。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、相手から低能だと認識されている(嫌われている)状態を、自分の手柄を相手に渡して、自分が、相手から有能だと認識される(好かれている)状態にしようとする。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の持って来る手柄は、「どうでもよいもの」、「いらないもの」、「不要」、「害」などである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、「低能であると思われること(有能であると思われないこと)」を、「有能であると思われること」であると判断して行い、低能(クズ、害)であると思われると、いう結果になる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、浅い考えしか持たない(表面の認識しか出来ない)低能者であり、「優勢」な人の、「大量の要素から、正しく判断した、深い考え」、「本当の目的」、「綿密で複雑で広大な予定」などを分かることが出来ず、自分の間違った認識(解釈)から、間違った行動(悪事)を行う。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』は持って来る手柄の、「どうでもよいもの」、「いらないもの」、「不要」、「害」などを、相手に強要する。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』は、<「正義(優勢)」な人が「行うべきこと」を、苦難があっても行い続ける状態>を、自分も、「正義(優勢)」な人と同じになる為にモノマネして、「行うべきではないこと(不要、悪事など)」を、苦難があっても行い続ける。

 ①。「正義(優勢)」な人は、「行うべきこと」だから、苦難があっても行い続けている状態である。

 ②。「行うべきではないこと(不要、悪事など)」を、苦難があっても行い続けることは、悪事である(必要性、意味が無い)。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』は、<当初の予定と違う、予定の利益も無い状態で、カッコ悪い(惨めな)結果になった>のに、カッコ悪い(惨めな)結果から、曲解などを駆使して、わずかの利益などを発見して、自分は幸せであると、体感(認識)する。

 ①。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪事を反省しない」、「悪事を、辞める能力が無い」、「悪事を、辞める為の、悪い状態の自覚が無い」。

 ②。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事からの悪い結果を、挫け(くじけ)ない。

 ③。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を辞めない。

 ④。「正しいことを行う為に、挫けないことは、良いこと」であるが、「悪いことを行う為に、挫けないことは、悪いこと」である。

<11>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事(悪事の補助)を行わせるので、他人への指示を見張る(阻止する)こと。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人に手柄を持っていこうとすること(悪事)を、補助しないこと。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、「何か、無いの?」の発言(意向)を、補助しないこと。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、イチャモン(記事No.1073)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、イチャモン】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がりの無い発案(閃き)から、イチャモンを言う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しい善悪の判断の無い発案(閃き)から、イチャモンを言う。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しい裏付けの無い発案(閃き)から、イチャモンを言う。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、こじつけの発案(閃き)から、イチャモンを言う。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<1>」の発案(閃き)から、「決めつけ」を行い、イチャモンを言う。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<1>」の発案(閃き)から、「嫌がらせ」、「批判」として、イチャモンを言う。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、まったく悪くないものを、悪いものであると、主張する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、無関係で、まったく原因ではないものを、原因であると、主張する。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「行っては、いけない」と、いう認識が無いので、イチャモンを言う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「正しいもの(正当、正義)でなくても、構わない」と、いう『悪の(間違った)認識』なので、イチャモンを言う。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の悪事を、正しいものであると、納得させる為」に、イチャモンを言う。

 ①。真実として、悪事は、「全て」、正しいものではない。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の悪事を、正しいものであると、見せ掛ける為」に、イチャモンを言う。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の悪事を、正しいものであると、見せ掛ける為」に、イチャモンを言う。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の悪事への、相手の反撃を防ぐ為」に、イチャモンを言う。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「相手を批判する為」に、イチャモンを言う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、相手の批判は、イチャモンである場合が多い。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行う為の能力が、極めて高い存在の、悪人である(記事No.1072)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行う為の能力が、極めて高い存在の、悪人である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っても構わないと、いう悪の(間違った)認識をすることが出来る能力を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っても、平気な状態を保つことが出来る、能力を持つ。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、親から、「悪事を行っても構わないと、いう悪の(間違った)認識をすることが出来る能力」、「、悪事を行っても、平気な状態を保つことが出来る、能力」などを受け継いで、生まれてくる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪人の人生の自然淘汰の結果、「悪事を行っても構わないと、いう悪の(間違った)認識をすることが出来る能力」、「、悪事を行っても、平気な状態を保つことが出来る、能力」などが、高まっている存在の、悪人である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、私の、トイレ、風呂、食事などを、本人の意向を無視して、勝手に代行する悪事を行う(記事No.1071)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、私の、トイレ、風呂、食事などを、本人の意向を無視して、勝手に代行する悪事を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、私の、トイレ、風呂、食事などの、私の「行うべきこと」、「行いたいこと」を、本人の意向を無視して、勝手に行うと、いう悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)は、私の肉体を操作などして(本人の意向を無視して、勝手に使い)、私の、トイレ、風呂、食事などの、私の「行うべきこと」、「行いたいこと」を、本人の意向を無視して、勝手に、代わりに行うと、いう悪事を行う。

 ②。私の、トイレ、風呂、食事などは、私の「行うべきこと」、「行いたいこと」の一部である。

<2>。私の「行うべきこと」、「行いたいこと」を、本人の意向を無視して、勝手に行う(行うことを邪魔(阻止)する)と、いう悪事を、私は、何度も、辞めろと言っているが、『5人組や、5人組の仲間達』は、辞めない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の、「辞めろ」と、いう主張があった場合にも、私の「大変である」などの発言があると、「大変ならば、本人の意向を無視して、自分が、変わりに行おう」とする悪事を、行うことを優先する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が優先される理由に、正当なものが無い状態であり、不当に、自分に都合の良いもの(好み、意向)を優先しているだけの状態である。

  (2)。私の「大変である」などの発言は、発言するように誘導(操作など)を受けるので、私の本当の意向とは違うものである。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』の「主犯」は、私(他人)の発言を、自分に都合の良いものになるように、誘導する悪事を行う。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の「大変である」などの発言を、曲解しようとする。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「大変だと言うから、代わりに行って『あげる』」を、表の理由にして、本人の意向を無視して、勝手に、本人の意向を無視したことを代わりに行う(強要する)と、いう悪事を行う。

  (5)。『5人組や、5人組の仲間達』には、「私の代わりに行え」と指示する、「主犯」が存在する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に、私の行動(発言)などが、直接の原因があると、いう間違った認識(解釈、曲解)をする悪人が存在する。

  (1)。この悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』のスカウト対象者であり、罰(拷問)の対象者である。

  (2)。私の行動(発言)などが無くても、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が発生することからも、真実として、私の行動(発言)などが、直接の原因ではないと、分かることである。

  (3)。真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、『5人組や、5人組の仲間達』が悪事を行おうとすること(性質)に、直接の原因がある。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動を見て(知って)、「これならば、私にも行うことが出来る」と、判断(主張)する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動の、「これならば、私にも行うことが出来る」と、判断したものを、本人の意向を無視して、勝手に、自分が、(代わりに)行うと、いう悪事を行う場合が多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分も、悪事に参加したいという欲望を持つ。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が過去に作った(行った)ものを、再現(復元)することを、本人の意向を無視して、勝手に、自分が、(代わりに)行うと、いう悪事を行う場合が多い。

  ※補足1。内容は、『5人組や、5人組の仲間達』に都合の良いものである捏造がされている場合が多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、私が過去に作った、本やブログを、作ることを、本人の意向を無視して、勝手に、自分が、(代わりに)行うと、いう悪事を行う場合が多い。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』が、私が過去に作った(行った)ものを、再現(復元)することを、本人の意向を無視して、勝手に、自分が、(代わりに)行うと、いう悪事を行う場合、「状況の判断(臨機応変)」などが無いもの(不完全なもの、無意味なもの、必要としていないもの)になる。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』の、私(他人)を操作(強要)するなどの悪事で、私(他人)の、正当で正常な最善の、「健康」、「思考」、「寿命(活動可能な時間)」、「生きる意味(『行うべきこと』、『行いたいこと』)の達成」、「幸せ」、「縁」、「得るべきもの」などが壊されている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、私(他人)を操作(強要)するなどの悪事で、私の意識の分断(捏造の状況)が作られる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、私(他人)を操作(強要)するなどの悪事で、善人の行動が邪魔されて、世界を良いものにすることが、邪魔(阻止)されている。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、私(他人)を操作(強要)するなどの悪事で、世界の幸せが、邪魔(阻止)されている。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、私(他人)を操作(強要)するなどの悪事が、繰り返しの世界を作る、大きな原因である。

 


 

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人の攻撃の対象に、自分も怒りを持つ(記事No.1070)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人の攻撃の対象に、自分も怒りを持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、攻撃しようとしている対象に、自分は、攻撃の理由とまったく「無関係」なのに、異常な怒りを持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、「不当に」、攻撃しようとしている場合にも、攻撃しようとしている対象に、自分は、攻撃の理由とまったく「無関係」なのに、異常な怒りを持つ。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<1>」の異常な怒りから、「無関係な」、「不当な」攻撃を、「優勢」な人が、攻撃しようとしている対象に、行う場合がある。

 ①。「★1の<1>」は、不当な怒りである。

 ②。「★1の<1>」は、正当さが、まったくない怒りである。

 ③。この攻撃を受ける被害者は、まったく無関係な、不当な、攻撃を受けている状態である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人は、自分であると、いう間違った認識を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が怒っていると、自分の怒りであると、いう間違った認識を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が攻撃を受けると、自分が攻撃を受けたものであると、いう間違った認識を持つ。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人は、自分の大事な仲間であると、いう間違った認識を持つ。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人の、「優勢(有能さ)」に、乗っかろうとする。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、カッコイイので、自分も「優勢」な人と、同じように行いたい(モノマネしたい)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、カッコイイので、自分も、「優勢」な人と、同じように怒る。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、自分は「優勢」な人の仲間ではないのに、勝手に、自分は「優勢」な人の仲間であると、いう間違った認識を持つ。

 ⑦。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人を恐れるので、恐れから逃げる為に、自分が「優勢」の仲間(「優勢」な人)であると、いう間違った認識をする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人の怒りを恐れる反応から、自分にも、(優勢な人と同じ対象への)、怒りの反応を作り出す。

 ⑧。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、劣勢になると、「優勢」な人(優勢だった人)が、自分であると、いう間違った認識を辞める。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、劣勢になると、他の「優勢」な人が、自分であると、いう間違った認識を始める。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、何故、怒っているかの理由の理解(認識)は無いが、「優勢」な人と、一緒に怒りを持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人が、攻撃しようとしている対象に1%の怒りを持っている場合に、自分は、攻撃の理由とまったく「無関係」なのに、攻撃しようとしている対象に100%の怒りを持つ場合がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人の、怒りの内容などを、正しく認識する能力が無いので、実際の、「優勢」な人の怒りの内容などとは、まったく違うものを、「優勢」な人の怒りの内容であると、いう間違った認識を持つ。

  (1)。この結果、「優勢」な人の、怒りの内容(意向)と合わない、まったく違う行動(攻撃、悪事)を行う場合がある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」の人の意向を、正しく認識することが出来ないことから、「優勢」な人に、喜ばれない(手柄にならない)行動を行うことが多い。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」の人の意向を、正しく認識することが出来ないことから、「優勢」な人に、相手に攻撃(悪事、嫌がらせ、批判)をしたいという意向が無いのに、勝手に、相手に攻撃(悪事、嫌がらせ、批判)を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、この悪事を、自分は、「優勢」な人の、優勢(有能さ)に、乗っかっていると、いう悪の(間違った)認識を持って、行う。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、この悪事を、自分は、「優勢」な人の、優勢(有能さ)を持って、行っていると、いう悪の(間違った)認識を持って、行う。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢な人の攻撃の対象である」と、いうことを表の理由にして、「優勢」な人の攻撃対象に、攻撃(悪事)を行う場合もある。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「優勢」な人の攻撃の対象に、攻撃(悪事)を行い、「優勢」な人への手柄にする場合もある。

<7>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、「善人の仲間」の、攻撃の対象に、「正当なことを理由にして」、「善人の仲間」と、同じ怒りを持つ場合もある。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行う為に、結託する性質を持つ(記事No.1069)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行う為に、結託する性質を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌がらせの対象に、嫌がらせを行う為に、結託したがる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託することが、楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託することが、人との交流である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい対象に、優しくする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい対象に、利益(手柄)を渡そうとする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい対象に、自分を、良い人であると見せ掛ける。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい対象に、「自分は、正義である」、「相手は、悪である」と見せ掛ける。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい対象に、自分と結託するように、誘導を行う。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい対象に、強要(脅し、結託したい対象を攻撃(批判)、結託しない対象を攻撃(批判)など)をする。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』の、見せ掛けの優しさなどは、悪事(嫌がらせ)を行う為のものなので、結託したい対象が、不要になったら、優しさなどは行わない。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』が、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい場合に、同じ性質を持つ悪人が、結託しやすい(集まりやすい)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事(嫌がらせ)を行う為の、結託には、同じ性質を持つ悪人が、結託しやすい(集まりやすい)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』と、同じ性質を持つ悪人は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』と、同じ性質を持つ悪人は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託する為の、多数の性質を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』と、同じ性質を持つ悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』と同じく、悪事(嫌がらせ)を行う為の、結託で、人との交流をする(交流から快楽を発生させる)。

  など。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』と、同じ性質を持つ悪人は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託したい欲望を持つ。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』と、同じ性質を持つ悪人は、「優勢」の方に結託する為に、多数の性質を持つ。

 ⑥。大陸から来た、国を、正常に維持することが出来ない、破壊者たちである。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を行う性質とは、「悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託する為の性質」であるとも、言える。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』の、生存方法であるので、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託することに、不快感を持たない(少ない)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、生存方法であるので、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託することを、当然のことであると、いう悪の(間違った)認識(価値観)を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事(嫌がらせ)を行う為に、結託する性質は、「善悪の判断」、「正義感」などがあると、不快なものである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が正義の状態(立場、側)であると、いう間違った認識を作り出すことも多い。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「結託から行う悪事は、結託者も(結託者が)悪い」と、いう間違った認識を持つ(作り出す、言い訳の機能、主張する)。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、人から嫌がられると、自分が有能者(強者)であると、いう間違った認識を持つ。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の、結託の方法は、異常であり、明白な悪の方法である場合が多く、結果として、悪人ばかりの(悪人の割合が多い)結託になる。

 ①。悪の結託なので、この結託からは、悪い状態が作られる。

 ②。そして、『5人組や、5人組の仲間達』の結託には、駆除(正義)の力が働く。

 ③。この結託の、全員に罰を与えないと、いけない。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、「知らなかったから、悪事を行ってしまった」と、いう悪事の言い訳が、通用しないと、認識しない(記事No.1068)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「知らなかったから、悪事を行ってしまった」と、いう悪事の言い訳が、通用しないと、認識しない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「知らなかったから、悪事を行ってしまった」と、悪事の言い訳をする。

<2>。「知っているべきことを、知らないという状態」が、既に、悪い状態である。

 ①。「知っているべきことを、知らないという状態」の時点で、既に、悪事である。

 ②。「知っているべきことを、知らないという状態」が、異常な状態である。

 ③。「知っているべきことを、知らないという状態」に、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、怒りがあり、許せない、自由にさせておけない、状態である。

 ④。「知っているべきことを、知らないという状態」が、悪(低能)の状態である。

 ⑤。だから、「知らなかったから、悪事を行ってしまった」と言い訳(理由)は、悪事を、許される(納得される)言い訳(理由)に、ならない。

<3>。「本当は知っていて、悪事を行った場合」も、「本当に知らなくて、悪事を行った場合」も、どちらにしても、悪事であり、罰があるものである。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「知らなかったから、悪事を行ってしまった」と、いう悪事の言い訳が、通用しないと、認識しないので、堂々と、この言い訳を主張する。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の『心と考え』の、悪の(間違った)認識を、気付くことが出来ない(記事No.1067)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の『心と考え』の、悪の(間違った)認識を、気付く(認識する)ことが出来ない】

<1>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、「狡い」が、悪の(間違った)認識であると、気付く(認識する)。

 ①。「狡い」が、悪の(間違った)認識であると、気付く(認識する)ことが出来ないのならば、<通常の正常な『心と考え』>を備えては、いない人である。

<2>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、「悪いことを、行っては、いけない」と、気付く(認識する)。

 ①。「悪いことを、行っては、いけない」と、気付く(認識する)ことが出来ないのならば、<通常の正常な『心と考え』>を備えては、いない人である。

<3>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、「多数のもの」から、自分の悪の(間違った)認識に、気付く(認識する)ことが出来る。

 ①。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、1つぐらい欠けていても、自分の悪の(間違った)認識に、気付く(認識する)ことが出来る。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、第3者に渡すと、いう悪事を行う(記事No.1066)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、第三者に渡すと、いう悪事を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、第三者に渡して、第三者に気に入られようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、第三者に渡して、第三者に、自分は有能であると、いう間違った認識を持たせようとする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、第三者に渡して、第三者に、他人の有能さが、自分の有能であると、いう間違った認識を持たせようとする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、第三者に渡して、他人の手柄を、自分の手柄であると、表現(主張)する。
 
<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、第三者に渡して、「★1の<1>」の目的と同時に、他人に、嫌がらせを行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が正当に持っている状態を、「狡い」状態であると、いう悪の認識をする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が正当に持っている状態を、(不当に)、無くそうとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、人に配ろうとする悪事を行う。

 ※補足1。他人のものを、人に配る必要性の無い場合のことである。

 ※補足2。『5人組や、5人組の仲間達』は、この悪事を行うことが、性質なので、他に最善の方法がある場合にも、行おうとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、人に配ることを、表の理由にして、この悪事を行う場合もある。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のものを、勝手に、自分のものにしても、構わないと、いう悪の認識を持つ。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の、この悪事は、泥棒の性質も関係している。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、世界の、自分が分からない状態を、壊そうとする(記事No.1065)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、世界の、自分が分からない状態を、壊そうとする】

<1>。現状の世界では、善悪の判断が出来ない人は、他人のモノマネをして、生きている。

 ①。善悪の判断が出来ない人は、何が、どのように悪いのかを、理解することが出来ないが、「悪いことである」と、提示されている(知識として知っている)ことを、行わないように、モノマネをして、生きている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<1>」のように、生きている場合があるが、この状態に、凶悪さが足された行動(悪事、生き方)を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が分からない状態が、不快なので、不快を、不当に(悪事で)無くそうとする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が分からない状態を、壊そうとする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が分からない状態を、否定しようとする。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が分からない状態を、相手が悪いと、いう間違った認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が分からない状態を、他人を攻撃することで、壊そう(無くそう)とする。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、不要な(不当な)、威嚇(悪事)を行う(記事No.1064)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、不要な(不当な)、威嚇(悪事)を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、威嚇して、「一時的に」、「敵からの攻撃」、「他人から、自分が低能者であると認識されること」、「罰を受けとること」などを、防ごうとする為に、悪事を行う。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この威嚇する為の悪事(一時的な処置)を行うので、結果として、「罪」や、「相手の怒り」などを増やすことになり、相手の、正当な「復讐(反撃)」、「罰」などを増やすことになる。

 ①。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、一時的な不幸を防ごうとする処置を行うことから、未来に、正当な、大きな不幸(罰、攻撃など)を受け取ることになる。

<3>。正常な未来の予測をする機能があるならば、「一時的に防ぐこと」と、「一時的に防がないこと」の、どちらが得になるかを、総合的に、判断して行動することが出来る。

 ①。正常な未来の予測をする機能があるならば、別の方法を行うことも出来る。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』と、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人の、大きな違いは、「不要な(不当な)」、威嚇(悪事)を行うところである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が第三者から説明などを受けた後に、相手に「分かったか?」と発言する(記事No.1063)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が第三者から説明などを受けた後に、相手に「分かったか?」と発言する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が第三者から説明などを受けた後に、第三者からの説明などを受けた相手に「分かったか?」と発言する。

 ①。この場合の、『5人組や、5人組の仲間達』は、第三者の説明(有能)などに、まったく関係が無い状態である。

  (1)。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に説明などをした(有能である)のは、自分である(自分の手柄である、自分の有能さである)と、いう間違った認識を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、第三者の有能さに、乗っかろうとする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、第三者の有能さに乗っかり、第三者からの説明を受けた相手に、威張ろうとする。

 ※補足1。これは、第三者からの説明などを受けた相手が、分かったか、確認している状態ではない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、特徴(記事No.1062)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、特徴】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、同じ状況で、同じ音(声)を出すことが多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、血縁者(同じ先祖を持つ)などで構成されるので、性質(『心と考え』)が似ているから。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、同じ性質を持つ悪人の集まりだから。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』には、「ハッハッハッハッハッ」と、小刻みに、吐き出す音(声)を出すと、いう特徴を持つ「主犯」がいる。

 ①。泣き声のような音(声)である。(このような泣き方をしない人は多い)。

 ②。喉の付近の震えから、発生されている音(声)である可能性が高い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、悲しみなどが発生した時への、反応である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、「泣き始め」や、「ひどいことをされると認識した」時(瞬間)の、反応である。

 ⑤。この音(声)を出すのは、『5人組』の中の卑怯者や、目が細い『5人組や、5人組の仲間達』に多い。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の失敗を、他人のせいにして、他人を攻撃する悪事を行う(記事No.1061)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の失敗を、他人のせいにして、他人を攻撃する悪事を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間を守るということを表の理由にして、他人を攻撃する悪事を行うが、自分よりも他人の方が強い結果になった場合に、攻撃の対象を変更して、助けようとした仲間を攻撃する



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に罪を被せる(記事No.1060)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に罪を被せる】

<1>。実際には、悪い結果になったことに、相手に原因が無い場合に、『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪い結果になったのは、相手に原因がある」と、主張する(見せ掛ける、間違った認識をする)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪い結果になったことの、直接の(主要な)原因ではないものを、イチャモン(こじつけ)にして、相手が悪いと主張する(見せ掛ける、間違った認識をする)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪い結果になったことの、ほぼ無関係なことを、イチャモン(こじつけ)にして、相手が悪いと主張する(見せ掛ける、間違った認識をする)。

  (1)。ほぼ無関係とは、「その原因を変えても、悪い結果は無くならないもの」、「破綻した理論からのもの」、「悪い結果の発生源ではないもの」などのことである。

<2>。「★1の<1>」は、悪い状態が、解決しない方向への導きである。

 ①。「★1の<1>」は、他人に罪を着せようとする、悪人(低能者)の性質からの悪事である。

 ②。「★1の<1>」は、現実逃避をしようとする、悪人(低能者)の性質からの悪事である。

 ③。「★1の<1>」は、一時しのぎに、悪いものを隠そうとする、悪人(低能者)の性質とも関係する悪事である。

 ④。「★1の<1>」は、周囲の人の、正常な(正当な、正義の)判断と行動を邪魔(阻止)する悪事である。

<3>。「★1の<1>」は、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の補助としても、発生する悪事である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動(映像など)などを見ながら、「★1の<1>」のような、故意の曲解を行い、直接の原因ではないもの(悪くないもの)を、批判する悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動(映像など)などを見ながら、「★1の<1>」のような、故意の曲解を行い、直接の原因ではないもの(悪くないもの)を、自分は悪いと認識したと、表現して、相手に嫌がらせを行う悪事を行う。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、どのような悪事を行っても、自分が不快な状態になることを、阻止したいという欲望を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分だけが幸せであれば、他人が不幸であっても構わないと、いう悪の価値観を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に罪を着せて、無関係な人や、被害者が苦しむことになっても、自分が安全(幸せ)な状態になりたい欲望を持つ。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、苦労が無く、素早く、不快な状態を阻止する為に、真犯人(本当の原因)ではなく、嫌いな人(弱そうな人、手近な人)に、罪を着せる悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、真犯人(本当の原因)を解決する大変さを、受け入れたくない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、正義感が無く、不当な状態であっても、構わないと、いう悪の価値観である。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、不当な状態などから、他人が不快感を感じる状態が、楽しい。






★真実を認識する為の知識1

他人は、他人の自由に、自分の意志で、生きることが、正当であり、正しい状態である(記事No.1059)

【★1。他人は、他人の自由に、自分の意志で、生きることが、正当であり、正しい状態である】

<1>。他人の幸せが、どのようなものかは、他人が決めることである。

 ①。他人の幸せが、どのようなものかを、強制することは、悪事である。

<2>。他人が、何を行うかは、他人が決めることである。

 ①。他人が、何を行うかを、強制することは、悪事である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の望みの通りにならないと、怒りを発生させ、不当な対象で怒りを発散させようとする(記事No.1058)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の思いの通り(望みの通り、予定の通り)にならないと、怒りを発生させ、不当な対象で怒りを発散させようとする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の思いの通り(望みの通り、予定の通り)にならないと、怒りを発生させ、不当な対象に怒りの方向を向ける。

 ①。これは、『5人組や、5人組の仲間達』の、現実逃避の1つである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が不幸な状態であると、怒りを発生させ、不当な対象に怒りの方向を向ける。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が不幸な状態であると、怒りを発生させ、不当な対象で怒りを発散させようとする。

  (1)。これは、『5人組や、5人組の仲間達』の、現実逃避の1つである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が不幸な状態であると、他人(世界)も、不幸な状態にしようとする。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、取り入る為に、善行を行う(記事No.1057)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、取り入る為に、善行を行う】

<>。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、「決めつけ」、「強要」、「表の理由」の材料(記事No.1056)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「決めつけ」、「強要」、「表の理由」の材料】

<1>。人が言う批判など。




★真実を認識する為の知識1

私から、真実(真理)の説明や、真実(真理)の情報を、聞かないと分からない人が、聞けない状態を受け入れている(記事No.1055)

【★1。私から、真実(真理)の説明や、真実(真理)の情報を、聞かないと分からない人が、聞けない状態を受け入れている】

<1>。私から、真実(真理)の説明や、真実(真理)の情報を、聞かないと分からない人が、聞けない状態を受け入れていることは、間違っている。

<2>。私から、真実(真理)の説明や、真実(真理)の情報を、聞かないと分からない人が、私から聞く為に、私の発言や、行動の邪魔(阻止)などを行っている悪人を倒そうとしない。

 ①。私から、真実(真理)の説明や、真実(真理)の情報を、聞かないと分からない人が、私から聞く為に、私の発言や、行動の邪魔(阻止)などを行っている悪人を倒そうするべきである。

<3>。「私の主張は、『全て』、本当」と、いう過去の自分達が残した情報すら、些細なもの(構わないもの)であると、いう間違った認識をしている。

<4>。「人の力では、不可能なこと(有り得ないこと)」、「人の力でも、可能なこと」の、違いが分からない低能者には、真実(神)が分かることが出来ない。

 ①。「人の力では、不可能なこと(有り得ないこと)」、「人の力でも、可能なこと」の、違いが分からない低能者には、どちらも、同じものであると、いう間違った認識になる。

 ②。低能者には、「人の力では、不可能なこと(有り得ないこと)」、「人の力でも、可能なこと」の、大きな、重大な、違いを、認識することが出来ない(分からない)。






★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の目的(記事No.1054)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の目的】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、罪から逃れることを、目的としているものである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、悪事を隠そうとすることを、目的としているものである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、真実を隠そうとすることを、目的としているものである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、真実とは違う、自分に都合の良いもの(捏造、嘘)を、他人に、真実であると認識させようとすることを、目的としているものである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、嫌がらせを目的としているものである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「逆恨み」、「不当な怒り」、「間違っている善悪の判断」などから、嫌がらせ(悪事)を行う。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、自分(『5人組や、5人組の仲間達』)は、有能者であると、いう間違った認識を、他人に持たせようとするものである。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、自分だけが、幸せになろうとすることを、目的としているものである。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、『ごっこ遊び』を、目的としているものである。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、実験(試す、知りたい、覗きたい)を、目的としているものである。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、強要を、目的としているものである。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、他人を、自分の都合が良いように(自由に)、動かそうとすることを、目的としているものである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、他人を、快楽(遊び)の道具にすることを、目的としているものである。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、妄想を、現実に作り出そうとすることを、目的としているものである。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、欲望を、達成することを、目的としているものである。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事とは、時間稼ぎを、目的としているものである。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の目的が異常であり、悪事の目的を達成しない(記事No.1053)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の目的が異常であり、悪事の目的を達成しない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の目的である「役に立たない」、「正常な繋がりが無い」、「有効利用の出来ない」などの情報を手に入れると、満足する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の目的である「役に立たない」、「正常な繋がりが無い」、「有効利用の出来ない」などの情報を手に入れると、自分は有能であると、表現(主張)する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、意味の無いことを行っているが、自分は、意味の有ることを行っていると、主張する(見せ掛ける、間違った認識をする)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、無能なことを行っているが、自分は、有能なことを行っていると、主張する(見せ掛ける、間違った認識をする)。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、明白に、無意味や、無能なことを行っているが、認めない(受け入れない、認識しない)。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「役に立たない」、「正常な繋がりが無い」、「有効利用の出来ない」などの情報が、意味の有ることであると、主張する(見せ掛ける、間違った認識をする)。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「役に立たない」、「正常な繋がりが無い」、「有効利用の出来ない」などの情報を手に入れる為に、大きな被害を作る、悪事を行う。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「どのように繋がるか」、「どのように意味があるか」、分からない。

 ①。これは、明白な、低能者(欠陥者)の状態である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、「異常な(悪の)理由から行っている(発生したもの)」などの場合にも、「良いことの為に(良いことを理由にして)行っている」などと、主張する(表現する、見せ掛ける、間違った認識をする)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の、後付けの言い訳として、「実際(本来)の目的ではなかったもの」を、主張する(表現する、見せ掛ける)。

  (1)。<例えば>、本来の目的が「嫌がらせ」の場合に、「情報を得ることが目的であった」などと、主張する(表現する、見せ掛ける)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の、後付けの言い訳として、「実際には予定していなかった結果」を、主張する(表現する、見せ掛ける)。

  (1)。<例えば>、悪事は、予定の通りの結果にならなかった場合に、失敗していない(自分は低能者ではない、自分は負けていない)と、主張する(表現する、見せ掛ける)為に、「利益の有る情報が手に入った」などと、主張する(表現する、見せ掛ける)。

  (2)。<例えば>、悪事は、予定の通りの結果にならなかった場合に、失敗していない(自分は低能者ではない、自分は負けていない)と、主張する(表現する、見せ掛ける)為に、「計画の通りに上手く行った」などと、主張する(表現する、見せ掛ける)。

  (3)。<例えば>、悪事は、予定の通りの結果にならなかった場合に、失敗していない(自分は低能者ではない、自分は負けていない)と、主張する(表現する、見せ掛ける)為に、「予定はしていなかったが、逆に、良くなった」などと、主張する(表現する、見せ掛ける)。




カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ