<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、優先順位が分からない(記事No.932)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、優先順位が分からない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、ものへの、価値観が異常である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、何が、どのぐらいの、価値であるのかの認識が、異常である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、どちらを優先するべきかなどの、比べる能力が低い。

<3>。正しい優先順位を判断する為には、「状況を、正しく把握(認識)する能力」、「価値の正しい認識」、「正しく、比べる能力」などが必要である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、まったく正当な理由ではないことを、悪事を行う正当な理由であると主張して、悪事を行う。




★アレク達と、私の兵へ

【アレクへ】(記事No.931)

【★1。アレクへ】

<1>。楽しいことだけを、考える「意志の力」。

 ①。人は、一人で色々と考えていると、考える内容が暗くなってしまいがちである。

   だが、人は、明るい内容を考える力も持つ。

<2>。終わらないことは、存在しない。

 ①。全てのものには、終わりが存在する。

<3>。毎日、同じように思えても、必ず、どこかが違っている。

<4>。不快感は、涙で発散することが出来る。

 ①。涙は、不快感を無くそうとする為の、体の反応でもある、恥ずかしいことではない。

 ②。状態によって、泣いたり、泣かなかったりを、使い分けると良い。

<5>。体の不快感は、不快感を意識しないことで、少なく出来る。

 ①。不快感ではないこと(楽しい考えや、気持ちの良い感覚など)に、意識を持っていくこと。

 ②。だが、不快感から逃げようとすると、不快感が高まる場合もあり、その場合には、不快感に「もっと来い」と、不快感を強めようとすることで、不快感がすぐに消えていく場合もある。

  (1)。これを行っても、不快感がすぐに消えていくことが無いのなら、不快感ではないことに、意識を持っていくこと。

<6>。体の力を抜くと、気持ちいい。

 ①。油断にも繋がるので、場合による。

<7>。何も考えない時間も必要である。

 ①。体の力を抜くこと。

 ②。呼吸を、深くゆっくりにして、気持ちのいい呼吸をする。

 ③。考えを、完全に「無」の状態にする。

 ④。考えを、完全に「無」の状態にして、音だけを聞いているだけの状態。

 ⑤。考えを、完全に「無」の状態にして、見ているだけの状態。

 ⑥。考えを、完全に「無」の状態にして、呼吸をしているだけの状態。

 ⑦。考えを、完全に「無」の状態にして、触れているものに意識を集中する状態。

 ⑧。考えを、完全に「無」の状態にして、範囲内の存在に意識を集中する状態。

  (1)。これは、実際の範囲内の存在が、分からなくてもいい。

  (2)。上達するごとに、意識する範囲を広げていく。

  (3)。有能な僧侶ほど、この範囲が広く、空の高さから全体を意識できる人もいるらしい。

 ⑨。自分のことを、少し上などから見ている、良い人(神や先祖)が実際に存在するとして、常に、それの存在を意識している状態。

 ⑩。考えを、完全に「無」の状態にする為に、数を数えたり、短い言葉や、短い音を繰り返して考えることも使える。

 ⑪。これは、僧侶などが行う、瞑想の状態である、どれでも好きな方法でいい。

 ⑫。僧侶が発見した、それ以上のものを発見できる可能性もある。

<8>。神への祈り。

 ①。祈ることは、気持ちのいい体感があることである。

 ②。自分では出来ないことは、神にお願いすると良い。

  (1)。自分で行おうとすると辛いが、神が行ってくれると考えると、楽である。

 ③。神への願いは、全てを総合して神が考えた結果の、アレクに一番良い状態を与えるものとして、叶う場合が多い。

  (1)。神は、アレクの長い未来の全てを考えて、アレクに一番良い状態のものを与えようとする。

<9>。気持ち良いことを探す。

 ①。川のせせらぎ、葉が風で踊る音、肌ざわり、風を受ける肌、綺麗なものを見ること、匂い、丁度いい気候、ゆっくりの呼吸など。

 ②。気持ちいいことを、考えることでも、実際には無いのに、有るように思えて、気持ち良さは手に入る。

<10>。天国には、悪人が絶対に存在することが無く、毎日、朝から晩まで、気持ち良い、幸せな状態である。

 ①。天国での、私達の寿命は、とても長い。

 ②。あまりにも長い時間、毎日が気持ちが良く幸せなので、どのような不幸を体験したとしても、神は間違えていなかったと、納得してしまう。

 ③。『心と考え』は、敵にも知られている可能性があるが、天国に先に住んでいる人も聞くことが出来る。

  (1)。天国に先に行っている歩兵などが聞いて、既に色々と、準備している。

 ④。天国には、アレクの先祖がいる。

  (1)。アレクが言っていたことであるが、私も、そう思う。

<11>。自分で作る小説や、本の内容を考える。

 ①。小説とは、作り話である。

  (1)。私も、面白い作り話を作り、それを本などにして、売っている。

  (2)。21世紀の日本に来たアレクも行っていた。

  (3)。恋愛、冒険、旅、戦い、政治、など、登場人物の人生を考えると、発想しやすい。

  (4)。話を聞いた人が、実際に体験しているように想像が出来るように、実際の場面を分かりやすい、細かく表現された説明の文がいい。

  (5)。「いつ」=「冷たい風が、ほてった頬に気持ちがよい、空が赤く染まった夕暮れ時に」など。

  (6)。「どんな場所で」=「見渡す限り、乾いた石と砂しか無い場所だった」

             「石で造られた店の中には、細かい装飾が施されている高級な品が並んでいる」など。

  (7)。文章には、見たこと、聞こえたこと、触ったこと、匂いのこと、味のこと、心の感じたこと、考えたこと、などを、入れるとよい。

  (8)。100冊以上、話が続いても良い。天国の人に読ませても良い。天国では寿命が長すぎるから、娯楽も必要である。

 ②。導くための本。

  (1)。説明の為の文章でも良いが、「ことわざ」や、「名言」のように、導きを、短い1つの文にまとめて、分かりやすくしたものを、いくつも考えるのもよい。

  (2)。作り話(フィクションという)から、その話を実際に体験したかのように学べることがある。

 ③。美しい言葉などの詩。

<12>。私は、絶対に、アレクに不幸の状態を与えようとしない。

 ①。私は、絶対に、アレクの不幸の状態を望まない。

<13>。神は、不当を嫌い、不当な状態のままで構わないと考える悪人とは違う。

 ①。神は、必ず、釣り合わせる。帳尻が合うようにする。

 ②。つまり、不当な不幸には、必ず、神から幸せを与えられると、いうことである。

  (1)。時間の流れにより、その幸せは、不当な不幸よりも大きくなることで、釣り合うことになる。

  (2)。何が有っても、アレクは、天国に行く。

  (3)。この世界には、アレク(善人)の受けた不幸は、「全て」与えた人に返る、絶対の仕組みがある。

   1。返るのが、遅くなれば、なるほどに、返るものの大きさは、大きくなる。

  (4)。アレク(善人)に不幸を与えた人は、自分が不幸になるが、時間の流れにより、アレクに不幸を与えたから、自分が不幸になっていると、気付く場合もある。

  (5)。アレク(善人)に不幸を与えた人は、アレクが不幸の状態であれば、自分の不幸も続いていく。

  (6)。アレク(善人)に不幸を与えた人は、アレクの幸せな状態が続かないと、自分の不幸も続いてく。

 ③。つまり、悪事を行った悪人は、必ず、罰を受けると、いうことである。

  (1)。時間の流れにより、その罰は、発生した時から到着するまでに、大きくなるので、悪事を行った悪人は、大きくなった罰を受けることで、釣り合うことになる。

  (2)。何が有っても、悪人は、地獄に行く。

  (3)。地獄とは、世界の寿命よりも長い時間、悪人が苦痛を受け続ける場所である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に、間違った認識をさせようとする(記事No.930)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人や大衆に、「狡い」などの間違った認識や、間違った思考の流れ(反応)等を持たせる為に、操作する悪事を、行っている可能性が高い】

 ※補足1。実際には、「狡い」ことではなく、「羨ましい」ことに、「狡い」と、いう間違った認識を持っている場合のことである。

<1>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、羨ましいという気持ちはあるが、「狡い」や、「狡いから相手を攻撃しよう」などの、間違った思考の流れ(反応)には、なりづらいものである。

 ①。「狡い」や、「狡いから相手を攻撃しよう」などの、間違った思考の流れ(反応)では、正常な群れが維持できないので、自然淘汰されているはずであり、本来、(ほとんど)持っていないはずである。

 ②。だが、私は、実際には、多くの人の、「狡い」や、「狡いから相手を攻撃しよう」などの、間違った思考の流れ(反応)が、強すぎていると、考える。

  (1)。私は、実際の、多くの人の、「狡い」や、「狡いから相手を攻撃しよう」などの、間違った思考の流れ(反応)の強さが、強すぎて、不自然であると、考える。

 ③。実際には、「それほど、羨ましい状態ではない」、「他の、もっと羨ましい状態を知っても、「狡い」とは思わない」ことに、「狡い」や、「狡いから相手を攻撃しよう」などの、間違った思考の流れ(反応)などが発生している状態である。

  (1)。実際には、狡くないことに、「狡い」と、間違った発想(反応)をするように、操作されている。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分と同じ不幸な状態を、他人にも与えたがる性質を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の間違った(不幸な)価値観と、同じものを、他人にも持たせようとする悪事を行う。

  (1)。何故なら、自分の不幸を、他人にも与えたいから。

  (2)。何故なら、自分の不幸を、他人にも分かってもらいたいから。

  (3)。何故なら、自分と同じ仲間を増やし、自分の敵を攻撃させたいから。

  など。




★『5人組や、5人組の仲間達』

クロは、自分は、苦痛を体験しながら生きている状態であると、見せ掛ける(記事No.929)

【★1。クロは、自分は、苦痛を体験しながら生きている状態であると、見せ掛ける】

<1>。クロは、自分が、苦痛を体験しながら生きている状態であると、仲間などに見せ掛ける。

 ①。実際には、クロは、苦痛を体験しながら生きている状態ではない。

 ②。クロの望み(計画)から、「クロが苦痛を体験しながら生きている状態であると、他人に思わせる」為に、他人は『心と考え』などの操作を受けている状態なので、他人は、クロは苦痛を体験しながら生きている状態であると、いう間違った認識をさせられる場合がある。

<2>。クロは、拷問(苦痛)を受ける場合には、うるさい。

 ①。だから、実際に、クロが苦痛を体験しながら生きている状態であるならば、クロは、うるさい状態になっている。

 ②。だが、クロは、うるさくない状態である。

 ③。つまり、クロが、うるさくない状態ならば、クロは、苦痛を体験しながら生きている状態ではない。

<3>。真実として、クロは、苦痛を体験しながら生きている状態ではなく、苦痛を体験しながら生きている状態であると、見せ掛けて生きている状態である。





★やる事の提示・「行うこと」

『5人組や、5人組の仲間達』の、「全員」を知るまで待つことは、行っては、いけない(記事No.928)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「全員」を知るまで待つことは、行っては、いけない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、次々と、新しく生まれているのに、『5人組や、5人組の仲間達』の、全員を知ってから駆除しようするのは、間違った計画である。

 ①。常に、新しく生まれているのだがら、全てを知ることは、達成することが出来ないことである。

 ②。常に、新しく生まれているのだから、常に、知り続ける(知り続けようとする)ことになる。




★『5人組や、5人組の仲間達』

偽者の侵入が、悪事であることは、世界中で共通される、規則であり、正義である(記事No.927)

【★1。偽者の侵入が、悪事であることは、世界中で共通される、規則であり、正義である】

<1>。偽者の、侵入は、許さない。

 ①。偽者の、侵入は、悪事である。

<2>。偽者が、行うことは、許さない。

 ①。偽者が、行うことは、悪事である。

<3>。「★1の<1>と<2>」は、世界中の、どこでも、同じ規則があり、人の、常識(当然、正義)である。

 ①。「★1の<1>と<2>」は、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、行っては、いけないことであると、誰もが分かることである。

 ②。「★1の<1>と<2>」が、分からないならば、人の社会で一緒に生きることは、出来ない。

<例えば>

 ①。偽者の医者なのに、医者の行動(医療行為、モノマネなど)を、行うことは、悪事である。

 ②。会社の社員ではないのに、会社の社員の行動(会社への侵入、モノマネなど)を、行うことは、悪事である。

 ③。私やアレクの本当の仲間ではないのに、私やアレクの本当の仲間の行動(私やアレクの本当の仲間への侵入、モノマネ、代わりに行うなど)を、行うことは、悪事である。

<4>。「★1の<1>と<2>」が、行われると、不幸が作られ、行われなければ、幸せが作られる。

 ①。人は、幸せになる為に、幸せを作る為に、「★1の<1>と<2>」を、攻撃して、防ごうとする。

 ②。人が、「★1の<1>と<2>」を防ぎ、正しく生き、正しい世界を作ろうとすることは、正当で、正常なことである。

<5>。「★1の<1>と<2>」を行い、私や善人の活動などに、偽者が参加しているのならば、その偽者は「主犯」である。

 ①。世界中の人が、幸せになる為に、幸せを作る為に、その主犯は、攻撃され、主犯の「★1の<1>と<2>」(悪事)を、防ごうとする。

 ②。主犯が、偽者なのに、私や善人の活動などに、参加することで、世界中の人の、幸せになること、幸せを作ることの、邪魔になる。

<6>。「★1の<1>と<2>」の、悪事の協力(助力)も、許されない、悪事である。

 ①。悪事には、罰を与え、削除すること。





★『5人組や、5人組の仲間達』

「私の体を使って」、捏造の映像を作る、必要性が無い(記事No.926)

【★1。「私の体を使って」、捏造の映像を作る、必要性が無い】

<1>。私が、映像に映らないのならば、「私の体を使って」、捏造の映像を作る、必要性が無い。

 ①。私が操作され、私の声などが無い状態ならば、「私の体を使って」、捏造の映像を作る、必要性が無い。

 ②。「私の体を使って」、捏造の映像を作らなくても、同じ捏造の映像は、作れる。

  (1)。他の『映像を撮影するカメラ』で、捏造の映像を作つことも、可能である。

<2>。「私の体を使って」、捏造の映像を作ると、悪事の罪が重くなり、罰が増える。





★やる事の提示・「行うこと」

ホルマリン(記事No.925)

【★1。ホルマリン】

<1>。ホルマリンという液体に漬けておくと、生物を、腐らずに、長く保存することが出来る。

<2>。主犯などの保存が出来ると、嬉しい。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には手に入れていないのに、手に入れたという妄想をすることで、満足しようとする(満足する)(記事No.924)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には手に入れていないのに、手に入れたという妄想をすることで、満足しようとする(満足する)】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想で満足しようとする(満足する)。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には役に立っていないのに、役に立ったという妄想をすることで、満足しようとする(満足する)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には褒められていないのに、褒められたという妄想をすることで、満足しようとする(満足する)。

<3>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人は、妄想を、妄想である(現実ではない、実際では無い)と、認識する機能を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想を、妄想である(現実ではない、実際では無い)と、認識する機能が、少ない(無い)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想を、妄想である(現実ではない、実際では無い)と、認識する機能を、少ないが持つ場合もあり、その場合、妄想で満足しようとしている自分を、悲しいものであると、正しく(真実を)認識する場合もある。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、何を行っても、本当に価値の有るものは、何も手に入らない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、何を行っても、本当に欲しいものは、何も手に入らない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、本当に欲しいもの等が、何も手に入らないので、手に入ったという妄想をして、満足しようとする(満足する)。


※補足1。これは、『5人組や、5人組の仲間達』と、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人では、思考の流れや、結果に、「違いがある」ことである。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想が真実であると、いう間違った認識を持つことで、ニヤニヤする(記事No.923)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想が真実であると、いう間違った認識を持つことで、ニヤニヤする(汚く笑う)】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、妄想が現実であると、いう間違った認識を持つことで、ニヤニヤする(汚く笑う)。



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、ミーアキャットの砂漠に生きたまま埋まっている場合がある(記事No.922)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、ミーアキャットの砂漠に、生きたまま埋まっている場合がある】

<1>。『5人組』は、千年間、ミーアキャットの砂漠に生きたまま埋まっていると、良い父親になるので、生きたまま埋められている場合がある。

<2>。『5人組』が良い父親になると、子供に優しくなる。

 ①。そして、子供を幸せに導くこともある。

<3>。ミーアキャットの砂漠は、数千年以上、『5人組や、5人組の仲間達』との戦いに使われ続け、<善人の仲間>の聖地となっている。

 ①。つまり、土地に、聖なる力が生まれた。

 ②。だから、他の土地では駄目で、この土地に、生きたまま埋めることに、意味がある。

<4>。千年間とは、一度も途切れることが無い連続した千年の時間であり、その期間は、生きたまま埋まり続けていないと、いけない。

<5>。『5人組』は、自分から、生きたまま埋まりたいと、主張する(望む)場合も多い。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、生きたまま箱の中に入れて、箱の全てが隠れるように深くに、生きたまま埋めること。

 ①。箱は、狭く、棺桶のような箱にすること。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、お互いに、声が聞こえない、遠く離れた場所に、生きたまま埋めること。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、地上に声が「少しだけしか」、聞こえない状態(深さ)で、生きたまま埋めること。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、地上に声が聞こえても、内容が分からないぐらいの、小さな音しか聞こえない状態(深さ)で、生きたまま埋めること。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の声が聞こえても、あまり聞かない方が良い。

 ③。お互いの声が聞こえない、遠く離れた場所に、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」も、生きたまま埋めること。

   ※補足1。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」とは、『5人組の仲間達』である。

  (1)。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」は、『5人組』の人格や成長に、大きく関係していて、『5人組』を応援(助力)する、大きな(強力な)力なので、「必ず」、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」も、生きたまま埋めること。

  (2)。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」は、『5人組』の人格や成長に、大きく関係していて、『5人組』の行動からの、全ての結果を作り出した直接的で巨大な原因なので、『5人組』を、良い父親にする責任(義務、繋がり)がある。

  (3)。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」を生きたまま埋める場合には、パンチパーマや水玉などの加工をしてから、生きたまま埋めること。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の、意志は確認せずに、勝手に、生きたまま埋めること。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、意志は受け入れずに、強要して、生きたまま埋めること。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』の、生きたまま埋められている状態は、毎日、意識のある、起きている時間が12時間以上ある状態にすること。

<9>。『5人組』の子供は、『5人組』が、良い父親になることを望むので、『5人組や、5人組の仲間達』は、よくありがちに生きたまま埋められる。

<10>。本物の私が、『5人組』を生きたまま埋めることに関わると、良い父親になる効果が高くなる。

<11>。おまじないのようなものであるが、これは『5人組』の人格などからの、理論的なもの(良い父親にする計画)である。

<12>。『5人組』の子供が、「良い父親になるように」と、祈るほどに、良い父親になる。

 ①。『5人組』の子供が、「良い父親とは、どのような父親か」を、具体的に考えるほどに、良い父親になる。

 ②。『5人組』の子供が、「悪い父親のことを、考えてしまう」と、良い父親にならない。

 ③。『5人組』の子供は、いつも失敗ばかりして、なかなか良い父親が作られない(なかなか良い父親にならない)。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、生きたまま埋まっている『5人組や、5人組の仲間達』の、『心と考え』を知っては、いけない。

  (1)。もしも知った場合、良い父親にならない。

 ⑤。『5人組』が、良い父親になっていないならば、また、生きたまま埋めること。

<13>。途中で、掘り出された場合は、また生きたまま埋め直し、その生きたまま埋め直した時から、また千年間待たなくては、いけない。

 ①。途中で、掘り出される度に、千年が足される(追加される)ので、あまり掘り出しては、いけない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、千年間を待てないことが、『5人組』が、千年間、生きたまま埋まることが出来ないことの、失敗の大きな原因である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組』が、生きたまま埋まっている状態を、千年間、続けることを、途中で諦めよう(辞めよう、邪魔しよう、阻止しよう)と、してはいけない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組』が、生きたまま埋まっている状態を、千年間、続けることを、途中で諦めよう(辞めよう、邪魔しよう、阻止しよう)と、することは悪事である。

<14>。5人のうち、3人は、生きたまま埋めても、良い父親にならない。

 ①。だが、全員を埋めた方が効果が高いので、『5人組』の全員で、生きたまま埋めること。

  (1)。『5人組』は、とても強い繋がりを持っているから、『5人組』の全員の方が、効果が高い。

<15>。研究者が、たまに、見つけて掘り出す。

 ①。この場合、また生きたまま埋め直し、その生きたまま埋め直した時から、また千年間、待たなくては、ならない。

 ②。研究者の、掘り出す作業などは、正当なものなので、邪魔(阻止)しては、いけない。

 ③。研究者は、持ち帰る場合もあるが、また、生きたまま埋めに来る場合もある。

 ④。過去に、研究者は、よい発見をすることがあった。

<16>。『5人組や、5人組の仲間達』は、食べ物などが無くても、数百年以上を生き続ける場合もあるが、途中で電池(のようなもの)が切れて、千年間の命が持続しないことがある。

<17>。『5人組や、5人組の仲間達』は、途中で何度も掘り出されて、千年間、生きたまま埋まっていたことが無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』を、途中で掘り出すと、『5人組』が、良い父親になる効果が、まったく無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、途中で掘り出すと、『5人組』が、良い父親になる効果が、まったく無いまま、無意味に、生きたまま埋まっていたことになる。

 ③。つまり、『5人組』が良い父親になることを望む人が多いが、色々な失敗のせいで、一度も成功したことが無い。

  (1)。失敗しなければ、当然、成功して、良い父親になる。

 ④。『5人組』が、良い父親になっていないならば、真実としては(実際には)、千年間、生きたまま埋まっていない場合がある。

  (1)。千年間の、まだ途中だったのに、掘り返してしまったから、失敗した可能性が高い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、確認して見ると、年数が足りない場合が多い。

<18>。途中で、『5人組や、5人組の仲間達』を、「生きたまま埋めることを邪魔(阻止)しよう」、「掘り返そう」などと誘導する等で、良い父親を作ることを邪魔(阻止)する『5人組や、5人組の仲間達』が存在しても、良い父親は必要なので、良い父親を作ることを邪魔(阻止)する『5人組や、5人組の仲間達』の、言うことを聞かないこと(主張を受け入れないこと)。

 ①。良い父親を作ることを邪魔(阻止)する『5人組や、5人組の仲間達』の、「良い父親を作ることを邪魔(阻止)すること」を、邪魔(阻止)すること。

<19>。ミーアキャットの砂漠に、生きたまま埋まっているのは、『5人組』と、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」だけである。

 ①。ミーアキャットの砂漠に、他の人(中身が人などである、生き物全般)を、生きているまま埋めてはいけない。

<20>。『5人組』は、「一時的な」気持ちの変化から、箱の中で自殺をすることがあるので、自殺などが出来ないように、完全に動けないように縛ってから、生きたまま埋めること。

<21>。『5人組』は、子供に掘り出されると、子供に千年間が経ったと騙されて、実際には千年間が経っていないので、また子供に生きたまま埋められる。

 ①。『5人組』は、掘り出されると、「良い父親になった(なる)」などと、嘘をつく場合が多い。

  (1)。『5人組』が、掘り出されてから、「良い父親になった(なる)」などと発言する場合は、まだまだ悪い父親であり、また生きたまま埋める必要がある。

 ②。『5人組』を、掘り出してから、すぐに、「良い父親になったか?」などと、質問してみると良い(分かりやすい)。

  (1)。『5人組』が、質問と関係ないことを答えるならば、千年の時間が経っていないこと等からの、失敗の状態である。

  (2)。『5人組』が、質問と関係ないことを答えるならば、すぐに、『5人組』を、また生きたまま埋めること。

 ③。『5人組』は、掘り出されると、とても良く喋り続けることがあるが、とても良く喋る場合は、千年の時間が経っていないこと等からの、失敗の状態である。

  (1)。『5人組』が、とても良く喋る場合は、すぐに、『5人組』を、また生きたまま埋めること。

  (2)。このように、『5人組』は、長く、生きたまま埋められても、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人とは、違う反応をする。

<22>。『5人組』が、生きたまま埋まることは、私の好みである。

 ①。また、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事のせいで、生きたまま埋まっている状態と、等しい状態を与えられた被害者の方が、被害も大きく、多い。

 ②。私は、『5人組』は、生きたまま埋まるべきであり、生きたまま埋まることが正しいことであると、考える。

  (1)。これは、過去から何度も、世界を改善することに使われ、大きく役に立っていることである。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、何年、生きたまま埋まっていて、そこからどのような反応をするのかを知ると、『5人組や、5人組の仲間達』には反省(改善)の機能(能力)が無く、『心と考え』の状態(気持ちや、思いなど)が波型をしていて、「一時的」なものであると、いうことが分かる。

   1。この波型は、通常の人と比べて、「とても短い「一時的」なもの」、「同じ思考(思考の流れ)を、何度も繰り返す」、「落ち込みから復活する力が強い」、「落ち込まない」などの、特徴がある。

   2。『5人組』には、他にも、「楽しんでいる」、「現実を認識していない」などの、特徴もある。

 ③。時間の全てに、『5人組』が、常に、生きたまま埋まっている状態が保たれ、生きたまま埋まっていない状態の時が、無いようにしないと、いけない。

<23>。『5人組』の悪事や、世界の状態の真実などが、暴かれるほどに、『5人組』を、生きたまま埋めようとする善人が多い。

 ①。ちなみに、私は、生き埋めよりも、大きな罰(不幸、苦痛)を与えるべきであると、主張をしている状態である。

<24>。過去に、ミーアキャットにされた私が、「中身が誰であるか?」の確認の為に、掘り返したことがある。

 ①。過去に、ミーアキャットにされた私は、この記事の記憶が無い状態が多い。

<25>。ミーアキャットにされたアレクは、基本的に、『5人組や、5人組の仲間達』を、掘り出したり、埋めたりしない方が良い。

 ①。だが、ミーアキャットにされたアレクが、興味を持ち、掘り出してみようとすることは、正当なことであり、正しい行動である。

  (1)。<通常の正常な『心と考え』>ならば、興味を持ち、掘り出してみようとすることは、正当なことであり、正しい行動である。

  (2)。正当な正しい行動を、悪いことであると間違った認識を持ったり、批判したり、邪魔(阻止)することは悪事である。

 ②。私が確認したいと主張した場合、私の責任(私のせい、私が原因)として、掘り出したい。

  (1)。何故なら、私は、『5人組や、5人組の仲間達』が、悪事を行うので、本当に、生きたまま埋まっているのが『5人組や、5人組の仲間達』なのか、別人の被害者が生きたまま埋められていないかを、確認したいのである。

<26>。過去に、クロのようになるように『5人組や、5人組の仲間達』に作られたアレクが、他の、クロのような『5人組や、5人組の仲間達』と一緒に、この場所に来たことがある。

 ①。過去に、クロのようなアレクは、『5人組』が自分の父親であるなどと騙されて、「良い父親になること」、「幸せに導いてくれること」を願っていたこともある。

  (1)。クロのようなアレクは、父親が生きたまま埋まっている場所の近くで、自分も一緒に、寝ようとしていたこともある(数km以上は離れた場所の、砂の地面の上で)。

 ②。だが、クロのようなアレクは、基本的に操作されている状態なので、ボンヤリしていることが多く、単純に、他のクロのような『5人組や、5人組の仲間達』に、一緒に連れて来られただけである。

  (1)。クロのようなアレクは、ボンヤリしている場合でも、少しだけ心がある場合も多い。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、ミーアキャットの砂漠に、よくありがちに来る。

<27>。過去に、自分は、千年間生きたまま埋まっていて、掘り出された状態であると見せ掛ける『5人組や、5人組の仲間達』に、私が会うことを強要されたことがある。

 ①。実際には、千年間生きたまま埋まっていなかったので、良い父親には、なっていなかった。

<28>。他の人で試そうとしては、いけない。

 ①。『5人組』にしか、効果が無いことである。

 ②。他の人で試そうとすることは、悪事である。

  (1)。悪事を行うのなら、良い父親を作ることは出来ない。

  (2)。良い父親を作る為には、善行を行ったことから生まれる力を与える必要があるが、悪事を行った場合には、悪事を行ったことから生まれた力で、悪い父親になる力を与えることになってしまう。

 ③。他の人で試そうとした悪人には、巨大な罰を与えること。

  (1)。他の人で試すこと等の、悪事が行われるのを知っていたのに、悪事を阻止しなかった悪人には、巨大な罰を与えること。

<29>。『5人組』は、自ら、生きたまま埋まろうとする。(自分を善人に(反省していると)見せ掛ける等の為にも)

  『5人組や、5人組の仲間達』は、掘り出されては、また生きたまま埋められる。

  と、いうことを何回も繰り返している。

 ①。そして、千年間、「生きたまま埋まり続けること」を、達成するまでは、続く。

 ②。『5人組』は、自分で、生きたまま埋められたいと望んで(主張して)、生きたまま埋められるのに、「生きたまま埋められたと、逆恨み」することがある。

<30>。『5人組』は、掘り出されると、暴れる場合があるので、掘り出した後には、「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすること。

  ※補足1。<「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすること>の、「すぐに」は、1分以内に始めて、10分以内には完了すること、である。さらに、その作業中などに、『5人組』と、『5人組や、5人組の仲間達』の、会話などの意志の疎通などがあっては、いけない。

  ※補足2。作業の完了後からは、『5人組や、5人組の仲間達』の世話などは、クロのような『5人組や、5人組の仲間達』に完全に任せて、他の『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組』と、関わっては、いけない。

 ①。この、『5人組』の、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」とは、『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態であること(手足が無い、首から下が無いなど)である。

  (1)。何故なら、その方が、『5人組や、5人組の仲間達』が幸せになるから。

  (2)。そして、『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態は、『5人組』が、「生きている限り」、維持し続けること。

  (3)。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすることが、行われないならば、『5人組』は、良い父親になれないので、また生きたまま埋めて、千年間を最初からやり直すこと。

   1。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」にすることが、行われないならば、『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸になる。

  (4)。『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態であることを、維持し続けることが、行われないならば、『5人組』は、良い父親になれないので、また生きたまま埋めて、千年間を最初からやり直すこと。

   1。『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態であることを、維持し続けることが、行われないならば、『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸になる。

 ②。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態に、掘り出された『5人組』をしないことは、悪事である。

 ③。掘り出された『5人組』が、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態を、『5人組』が、「生きている限り」、維持し続けないことは、悪事である。

 ④。『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」は、不要になったら、掘り出して、「すぐに(5分以内)」に、駆除すること。

 ⑤。『5人組』を、掘り出した後に、「すぐに」、掘り出された『5人組』を、「生きている限り2度と」、「自力では動けない状態」であると、見た目ですぐに分かる状態にしたら、その後、クロのような子供『だけ』が、掘り出された『5人組』の世話などをすること。

  (1)。クロのような子供以外は、掘り出された『5人組』の、「世話などを、行ってはいけない」。

  (2)。クロのような子供以外は、掘り出された『5人組』の、「指示などを、受けては、いけない」。

  (3)。クロのような子供以外は、掘り出された『5人組』を(と、に、の)、「見る」、「会う」、「会話する」、「話しかける」、「声を聞く」、「触る」、「触れられる」、「手紙やメールなどを含め、文字や物などを、渡す」、「手紙やメールなどを含め、文字や物などを、受け取る」、「同じ家(建物、場所など)に居る」、「100km以内に存在する」などを行っては、いけない。

  (4)。クロのような子供は、「掘り出された『5人組』と、クロのような子供以外の、「★1の<29>の④の(3)」などを、行わせては、いけない」、「掘り出された『5人組』と、クロのような子供以外の、「★1の<29>の④の(3)」などを、助力しては、いけない」。

  (5)。クロのような子供以外は、誰も、掘り出された『5人組』と、関係を持っては、いけない。

  (6)。これが守られないのならば、掘り出された『5人組』は、良い父親には、ならないので、また千年間、生きたまま埋めること。

 ⑥。そして、千年間、生きたまま埋まり続けていた、掘り出された『5人組』は良い父親になり、子供たちは、とても幸せに暮らすことになる。



【★2。補足】

<1>。『5人組』が、掘り出された後に、良い父親になっていない(失敗した)場合には、また千年間、生きたまま埋めること。

<2>。『5人組』が、掘り出された後に、誰かに不幸(不快感、苦痛)などを与えた場合には、また千年間、生きたまま埋めること。

 ①。誰かに不幸(不快感、苦痛)などを与えない為などに、『心と考え』などを操作したり、奪う(壊す)などを行うことは、不幸(を与えていること)であり、悪事である。

<3>。ミーアキャットの砂漠に、何体も、『5人組』や、『5人組』の「親」と「兄妹」と「妻」が、生きたまま埋まっていても、構わない。

 ①。『5人組』が、途中で死んだ場合には、死んだ時までの全ての記憶を持たせて、死んだ時の『心と考え』などの状態で、蘇生して、また生きたまま埋めること。

  (1)。『5人組』が、途中で死んだ場合、また生きたまま埋めることになるので、また千年が足されることになる。

 ①。一度、生きたまま埋めた『5人組』は、連続した千年間が達成されるまで、埋め続けないと、いけない。

  (1)。途中で辞めては、いけない。

 ②。過去の、全ての、存在した『5人組』を、生きたまま埋めるほど、良い父親になる効果が高くなる。

  (1)。過去の、全ての、存在した『5人組』を用意することが、完全に不可能な場合、可能な分の全ての、存在した『5人組』を、生きたまま埋めること。

  (2)。この場合、死んだ時までの全ての記憶を持たせて、死んだ時の『心と考え』などの状態で、蘇生して、生きたまま埋めること。

  (3)。この場合、各『5人組』の、自分の生きていた全ての時間の、記憶の無くなっている部分が、無いようにすること。

<4>。千年間、生きたまま埋まり続けていた、掘り出された『5人組』が、良い父親になった場合には、食べ物、女、娯楽品などの物が、一切不要であるので、窓の無い何も無い「小さな部屋」に置いておくこと。掘り出された『5人組』が、何かを欲しがる場合には、良い父親になっていないので、また千年間、生きたまま埋めること。

 ①。「小さな部屋」以外には、出さないこと。

<4>。千年間、生きたまま埋まり続けていた、掘り出された『5人組』が、良い父親になった場合には、指示を出すことが無くなるので、何か指示した場合には、良い父親になっていないので、また千年間、生きたまま埋めること。

<4>。掘り出された『5人組』は、自分を不幸な状態であると見せ掛ける演技をよく行うので、騙されずに、良い父親になっていない場合には、また生きたまま埋めること。

<5>。掘り出された『5人組』を、また生きたまま埋めることに反対する『5人組や、5人組の仲間達』が発生する場合もあるが、良い父親は必要なので、良い父親になっていない場合には、また生きたまま埋めることを、断固として行うこと。

<6>。掘り出された『5人組』に、『心と考え』などの操作や、薬などの治療などを与えないこと。そのままが一番良い状態である可能性が高く、『心と考え』などの操作や、薬などの治療などを与えると、悪い父親に戻ってしまうので、『心と考え』などの操作や、薬などの治療などを与えた場合には、また生きたまま埋めること。

<7>。書かれている条件が、全て行われていない場合には、良い父親にはならないので、また生きたまま埋めて、千年間を待つこと。

 ①。書かれている条件を、全て行ったのか、しっかりと確認すること。

  



★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、善人の行動などを、単純に、「正常な、行動の意味や結果などの認識」を持たず、「善人が行動した状態とは違う状態」などで、モノマネする(記事No.921)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、善人の行動などを、単純に、「正常な、行動の意味や結果などの認識」を持たず、「善人が行動した状態とは違う状態」などで、モノマネする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、善人が善人の仲間を守ること等の、善人の行動などを、モノマネして、自分(悪人)が、自分(悪人)の仲間を守る行動をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、モノマネ、『ごっこ遊び』である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「善人の、善人の仲間を守ること」がカッコイイので、自分も同じことを行っている状態である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「善人の、善人の仲間を守ること」をモノマネすることで、「自分も」、善人(優勢な方、カッコイイ方、羨ましい方)と、同じであると、間違った認識(妄想)を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、単純に、そのまま「やり返す」と、いう性質である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、善人が、善人の仲間を守ることから、不快感を感じるので、相手にも不快感を与える為に、そのまま「やり返す」を、行っている状態である。

  ※補足1。そのまま「やり返す」は、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人も持つ性質であるが、『5人組や、5人組の仲間達』のような単純なものではなく、思考の要素が複数ある状態の、思考の要素の1つとして持っているものである。

  ※補足2。『5人組や、5人組の仲間達』と、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人の、そのまま「やり返す」は、違うものである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、善人の行動した状態(状況)とは違う状態(状況)などで、「正常な、行動の意味や結果などの認識」が無く、単純に、「善人の行動を、モノマネすれば」、自分も善行を行うことが出来ている状態であると、いう間違った認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、善人の行動した状態(状況)とは違う状態(状況)などで、「正常な、行動の意味や結果などの認識」が無く、単純に、「善人の行動を、モノマネすれば」、自分も、神や他人に、認められる(褒められる)行動を行うことが出来ている状態であると、いう間違った認識を持つ。

  (2)。真実として、『5人組や、5人組の仲間達』が、主観(間違った解釈)などから学んだ、善人の行動などを、『5人組や、5人組の仲間達』がモノマネしても、『5人組や、5人組の仲間達』の行動などと、善人の行動などは、同じものではない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』が、善人の行動などを、モノマネして、自分(悪人)が、自分(悪人)の仲間を守る行動をすることは、悪事である。




★やる事の提示・<善人の仲間>の集まり用

『5人組や、5人組の仲間達』にはない、正しく生きようとする人の、世界観(記事No.920)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』にはない、正しく生きようとする人の、世界観】

<1>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人は、生まれた時から持つ性質(機能)で、それぞれの人生の道のりを歩くことから、同じ正義を持つ。

 ①。会ったことが無いのに、世界の別の場所で生まれて成長したのに、同じ正義を持ち、同じ世界観を共有している。

 ②。それぞれが、神に「見られても構わない」、「見ていてほしい」状態で、生きようとする。

<2>。同じ正義を持ち、同じ世界観を共有することで、同じ正義を持つ仲間への、信頼を生む。

<3>。同じ正義を持ち、同じ世界観を共有することで、自分を犠牲にしても、全体の達成(正義、利益)を優先する世界観を生む。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない権力者(有能者として扱われる人)が発生する(記事No.919)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない権力者(有能者として扱われる人)が発生する】

<1>。本来の、権力者(有能者として扱われる人)は、自分の、正しいものを作り出す能力を表現することから、「自分は、必要とされる正しいものを作ることが出来る」と、いう実績を作り、他人に、自分の能力を認められて、望まれて、権力者(有能者として扱われる人)になる。

 ①。さらに、本来の、権力者(有能者として扱われる人)は、人生の正当な自然淘汰の結果を受け取り、有能な子孫を残し、その子孫も、「自分は、必要とされる正しいものを作ることが出来る」と、いう実績を作り、他人に、自分の能力を認められて、望まれて、権力者(有能者として扱われる人)になり、人生の正当な自然淘汰の結果を受け取る。

 ②。「★1の<1>の①」が続くことで、より有能な権力者(有能者として扱われる人)が、世界で作られていく。

 ③。続いて行くほどに、権力者(有能者として扱われる人)の能力が洗練され、有能な、正しい権力者(有能者として扱われる人)が、世界で作られていき、人は、幸せに導かれて行く(人の幸せが増大する)。

<2>。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、「実際には能力が無いのに、能力が有るという間違った認識」、「欲望」、「世界中で生きている、人の存在(重要性、人生、心、価値)を無視している間違った世界観」などで、権力者(有能者として扱われる人)になろうとする悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な繋がり(流れなど)を持たない能力の無い悪人を、権力者(有能者として扱われる人)にしようとする悪事を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、異常な「認識をする為の能力(機能)」から、<『5人組や、5人組の仲間達』の感じ方として、権力者(有能者として扱われる人)のように見える人>が選ばれ、その偽物(偽者)が、現実の世界で、本物に見せ掛けて権力者(有能者として扱われる人)の地位になる(強要される)ことがある。

  (2)。映画などで、権力者(有能者として扱われる人)等のような役をしていた人が、『5人組や、5人組の仲間達』に、この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)として選ばれることがある。

  (3)。「★1の<2>の①の(2)」の他に、「悪人」、「近場に存在していた人」、「スカウト」、「『5人組や、5人組の仲間達』の子孫」、「アレク(別の場所で、本当の権力者(有能者として扱われる人)をしている人(していた人)など」なども、『5人組や、5人組の仲間達』に、この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)として選ばれることがある

 ②。この、正当な繋がり(流れなど)を持たない、能力の無い人が、権力者(有能者として扱われる人)になることは、『5人組や、5人組の仲間達』の、捏造の状況を作る悪事などから、突然発生する。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の状況を作る悪事などから、自分に、与えられた(突然に発生した)、偽物(偽者)の権力を、そのまま維持したいと望み、維持する為に、悪事を行う悪人が存在する。

 ①。この悪人は、このまま『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の状況を受け入れれば、突然に発生した、自分の権力や有能者として扱われる人生が、今後の未来の繰り返しの世界に、続いていくのではないかと、いう間違った認識を持つ。

 ②。この悪人は、このまま『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界で生きたいと望む。

 ③。この悪人は、暴かれない限りは、このままの状態を続けようとする。

 ④。この悪人は、このことから『5人組や、5人組の仲間達』となる。

  (1)。この悪人は、このことから、その後の『5人組や、5人組の仲間達』の他の悪事にも、加担(参加)することになる(強要も含む)。

 ⑤。この悪人は、自分が不当に権力を持つこと(存在すること)が、悪であっても、他人に被害(不幸)があっても、構わないと、いう間違った認識をする悪人である。

 ⑥。この悪人は、不当に発生した、望まれない、偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)である。

 ⑦。この悪人は、能力が無いか、能力の有無が不確定である可能性が高い。

  (1)。つまり、嘘を(偽物(偽者)であると)、見抜きやすい場合がある。

  (2)。アレクや、エペイロス王などは、置かれている状態に対応する、能力を持っている場合がある。

   1。アレクや、エペイロス王などは、自分の国以外の場所や、王様以外の領主(騎士)などの地位でも、『5人組や、5人組の仲間達』に強要されることがある。

 ⑧。この不当な権力者(有能者として扱われる人)は、権力者(有能者として扱われる人)に必要な能力の有無などを、正当に、正常な判断(方法)などから選ばれていないのに、自分は能力があると、いう間違った認識をして生きることが多い。

<4>。そして、「★1の<3>」の、この悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界の異常性を知ると、現実逃避を行い、どういう状況であるか等の、真実(現実)を受け入れることを拒む。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、正常な群れ(社会)の機能などが無い、破綻した世界である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、善悪の判断や、そこからの執行などが、異常な世界である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、命(心)の尊重が無い、異常な世界である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、嘘であり、無意味である、異常な世界である。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の世界は、不安定であり、不確実が、普通に行われおり、自分の命なども「風前の灯火(今にも滅びそう)」である。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』は、不要になったら、壊すと、いう悪事を行う。

 ⑦。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が作って『あげた』を楽しみ、対象が幸せそうにしていたら、奪う(壊す)と、いう悪事を行う。

 ⑧。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が、本物の権力者(有能者として扱われる人)のように上手に出来たら、奪う(壊す)と、いう悪事を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が、下手な(低能な)権力者(有能者として扱われる人)であり、その結果、民などが不幸だと、喜ぶ、異常な価値観である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、このぐらいならば良しとする等の、『5人組や、5人組の仲間達』の好みの、判断の基準(水準)がある。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の捏造の状況を作る悪事などから、能力を持たない、偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)として生きている人には、『5人組や、5人組の仲間達』にを強要されて、被害者として生きている場合もある。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』が、本来の、能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)に、成り代わって、生きている場合もある。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、能力の無い偽物(偽者)を、権力者の地位にするなどの悪事の為に、本来の、能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)として生きている(いた)人を、削除すると、いう悪事を行う場合も多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、人物の差し替えの悪事である。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)が発生するので、権力者の所持する(持つべき)能力の有無の判断(確認)は、「常に」行うべきである。

 ①。宇宙の真理として、正当で正常な判断などからの、人の選別(判断)からの自然淘汰なども、正常な世界を維持する為には、必要である。

  (1)。宇宙の真理として、能力の有無などの状態の、変化を確認して、人の地位などを変更することは、必要である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、能力を持たない偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)が発生するので、通常よりも多く、権力者の所持する(持つべき)能力の有無の判断(確認)を、行うこと。

 ③。自分の生活を守る為に、正当に暮らしている人を、攻撃することは、悪事であり、自然淘汰ではない。

  (1)。自分の生活を守る為に、正当に暮らしている、自分より有能者を、攻撃することは、悪事であり、自然淘汰ではない。

<9>。人の、長い年月(歴史、苦労)から作られた「★1の<1>」が、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事で、壊された。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事は、『5人組や、5人組の仲間達』を削除するまで、終わることが無く、本当の能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)を作っても、壊され、また作ろうとしても、壊されると、いうことが繰り返されている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』を、削除するまで、正当で正しい、能力を持つ権力者(有能者として扱われる人)が作られる(成長する)ことは無い。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事に、「行って『あげた』」と、いう間違った認識を持つ場合もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、利益が少ない(無い)、害のある結果を与えて、「行って『あげた』」と、いう間違った認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が嫌がっていることを、自分は「行って『あげよう』と思ったのに」などと、異常な主張を行う場合が多い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が嫌がっていること行い、「自分は良いことを行っている」、「相手が悪い」、「相手は、自分に都合が良いように、自分の自由にしても構わないもの」、「相手の自由であるべきものが、存在しないという世界観」などと、いう異常な(間違っている)認識を持ち、相手が自分を受け入れないと、不機嫌になる。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が嫌われている(嫌がられている)」と、いう現実(真実)を認識しない。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の反応は、正しいものであり、真実として、「自分は嫌われるもの(嫌がられるもの)である」と、いう現実(真実)を認識しない。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、真実として、「自分は嫌われるもの(嫌がられるもの)」であるのに、自分が嫌われていることを、「相手が間違っている」と、いう間違った認識を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事に、自分は、良い世界を作ろうとして行っていると、いう間違った認識を持つ場合がある。

  (1)。実際には、行うことが出来ない(行う為の能力が無い)『5人組や、5人組の仲間達』が、自分に行えると、いう間違った認識を持ち、他人を巻き込んで、悪事を行っている状態である。

  (2)。正当な権力者の作られ方は、「★1の<1>」で書いた通りであり、正当な権力者が作られることは、神の管轄でもある。

  (3)。世界に作られた設定から、正しい世界が作られていくことは、神の管轄であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が行っても構わない」、「自分には行える能力がある」などと、間違った認識を持つ。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、勝手に、自分が作った設定を、世界に強要しようとする悪事を行う。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、「捏造の状況を作る悪事」、「強要をする悪事」、「他人の自由であるべきことを奪う(壊す)悪事」、「成り代わる悪事」などで、自分が作りたい状況(設定)を、世界に強要する悪事を行う。

   3。神が世界に作った設定から作られて存在している、本来の権力者(有能者として扱われる人)こそが、正しい世界を作ることに重要(必要)であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、それを壊して、勝手に、自分が作った設定を強要しようとする、悪事を行う。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分のせいで、不幸になった人に、異常な認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、人の不幸から感じる自分の不快感を、異常な手段で解決しようとする、異常な反応(行動)をする。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、人の不幸から感じる自分の不快感を、不幸な人を殺すこと等で、解決しようとする悪事を行う。

<11>。『5人組や、5人組の仲間達』の、偽物(偽者)の権力者を作る悪事から、低能者である偽物(偽者)の権力者から、悪い結果が作られる。

 ①。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、正当な指示の出来る、能力を持たないこと等から、間違った指示を行う場合が多い。

 ②。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、正当な指示の出来る、能力を持つ先祖を持たないこと等から、不快な指示を行う場合が多い。

  (1)。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、「指示をすること自体が、単純に楽しい」場合が多い。

  (2)。この偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)は、「他人が、自分の言う通りに行動すること自体が、単純に楽しい」場合が多い。。

<12>。正しい権力者(有能者として扱われる人)は、正義を持ち、正しい群れの形成を望み、正しい群れを作ろうとすること等から、因果によって、時間の流れによって、少しずつ生まれる(成長する)。

 ①。正しい権力者(有能者として扱われる人)は、神の望む、正当で、正常な、人が幸せに生きれる世界を作ろうとすること等から、因果によって、時間の流れによって、少しずつ生まれる(成長する)。

 ②。<「人から愛される」、「人から望まれる」、「人を救う」、「愛し合う人と子供を作る」ことなどから発生する、正当な権力者>

  と、

  <「競争相手の邪魔をする」、「他人の能力(能力)から作られたものを奪う」、「他人を騙す」、「他人を削除する(どかす)」、「罪(罰)から逃げる」、「問題は壊して(殺して)解決する」、「性欲のままに女に種を付ける」、「悪事は暴かれなければ構わないとする」ことなどから発生する、不当な権力者>

  は、違う。

  (1)。正当な権力者は、人から望まれ、人から愛される性質を持つ。

  (2)。正当な権力者は、人が幸せに生きる世界を作る。

 ③。人は、正当な権力者を作り出す為に、「正当な権力者」と、「不当な権力者」の、違いを分かる為の、能力を持つ。
 
<13>。『5人組や、5人組の仲間達』の、偽物(偽者)の権力者を作る悪事などから、偽物(偽者)の権力者(有能者として扱われる人)以外も、世界の全てが、被害を受ける(不幸になる)。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動などを見て、自分も出来ると間違った認識を持つ(記事No.918)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動などを見て、自分も出来ると、いう間違った認識を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動などを見て、「私も、あれなら出来る」と、いう意味の発言をする場合がある。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の行動を見て、「やり方(モノマネの仕方)が分かった」と、いう意味の発言をする場合がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かっていないこと」を、「分かっている」と、間違った認識を持つ。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の有能を見ていると、自分が有能であると、間違った認識(錯覚など)を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が有能なことを行っている状態を見ると、自分が有能なことを行っていると、間違った認識(錯覚など)を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が出来ると間違った認識を持つが、実際に自分が行ってみると、出来ない。

 ③。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人も、少し持っている機能であるが、それが間違った認識であると、気付く機能も持つ。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の「私も、あれなら出来る」という発言などから、その仲間に「行わせて『あげる』」を行い、その仲間に悪事を行わせる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「実際には出来ないことを、出来ると言っている人」に、実際に行わせてみて、出来ない状態になることを好む。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は安全に、他人に、自分の望む悪事を行わせることを好む。

  (1)。他人に、自分の望む悪事を行わせることは、悪事の誘導であり、悪事である。



 

★『5人組や、5人組の仲間達』

行わせて『あげる』べきでは無いことを、行わせて『あげる』ことは、悪事である(記事No.917)

【★1。行わせて『あげる』べきでは無いことを、行わせて『あげる』ことは、悪事である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「行わせて『あげる』」を、表の理由にして、悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、表の理由を使って、悪事を行うと、罰が減る(無くなる)などの、間違った認識を持つ。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪人(仲間)に、悪事を「行わせて『あげる』」と、して悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪人(仲間)に、悪事を「行わせて『あげる』」と、して悪事の補佐を行う。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自発的な」、悪事を行いたい人(仲間)の立候補を受け入れ、悪事を行うように誘導すると、いう悪事を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自発的な」、悪事を行いたい人(仲間)に、悪事を「行わせて『あげる』」と、いう悪事を行う。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自発的な」、偽者として悪事を行いたい人(仲間)に、悪事を「行わせて『あげる』」と、いう悪事を行う。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』の中には、仲間の悪事を見て、「私も、悪事を行いたい」と、「自発的な」立候補をする悪人も、多い。
   1。『5人組や、5人組の仲間達』の中には、仲間の悪事を見て、仲間だけが悪事を行っているのは、狡い(私も欲しい)などと、「私も、悪事を行いたい」と、「自発的な」立候補をする悪人も、多い。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、私に、家を強要する悪事を行う場合が多い(記事No.916)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私に、家(住む家、住む場所など)を強要する悪事を行う場合が多い】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「私の思考に浮かんだものを作り出す(与える、強要する)」と、いう異常な発想からの悪事を行う為に、私が、正当な行動として、家の設計図などを書くことを行っていると、「いつまで、続けるの?」、「何個書くの?」、「何個作ればよいの?」などと、発言する。

 ①。発言の内容は、「いつまで、待てばよいのか?」、「相手の正当な行動への批判」、「自分の都合しか考慮しない、相手への強要」などの意味である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手を不当に批判して、その不当な理由から、相手の正当な行動を阻止(邪魔)しようとする悪事を行う。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、『自分で勝手に作り出した規則』を行う為に、相手の行動を阻止(邪魔)しようとする悪事を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、『自分で勝手に作り出した規則』を、相手に強要する為に、相手の行動を阻止(邪魔)しようとする悪事を行う。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「繋がりの無いこと」や、「破綻した理論」などから、『自分で勝手に作り出した規則』を作り出し、他人にもそれを強要する性質を持つ。

<4>。『自分で勝手に作り出した規則』を、他人に強要することに、正当性は無く、悪事である。

 ①。『自分で勝手に作り出した規則』で、他人の行動を阻止することに、正当性は無く、悪事である。

<5>。宇宙の真理として、他人は、正当な行動を、いつまでも、何個でも、好きなだけ、行いたいことを、行っても構わない。

 ①。宇宙の真理として、私は、いつまでも、何個でも、好きなだけ、行いたいことを、行っても構わない。

<6>。また、『5人組や、5人組の仲間達』は、実際に、私が家を建てる場合などに、過去の、私の書いた家の設計図の通りに作ることを強要する悪事を行う場合もある。

 ①。宇宙の真理として、私は、私の家を建てる場合に、その時の、自分の意志や思考などから、その都度の、臨機応変に、過去の、私の書いた家の設計図とは、同じものを作らなくても構わない。

 ②。宇宙の真理として、私が、私の家を建てる(住む家を決める、住む場所を決める)ことなどに関係することに、『5人組や、5人組の仲間達』が強要を行うことは、悪事である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に行われている、他人の行動が、悪事であるか、悪事ではないか、分からない(記事No.915)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に行われている、他人の行動が、悪事であるか、悪事ではないか、分からない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に行われている、他人の行動に、「悪事であるので、行っては、いけないこと」の、部分的な一致があると、悪事であるとして、正当に行われている、他人の行動を批判(阻止)する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に行われいる、他人の行動に、「悪事であるので、行っては、いけないこと」の、部分的な一致があると、正当に行われている、他人の行動に、「悪事だから、行っては、いけない」と、発言(主張、表現、行動)をする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に行われいる、他人の行動に、「悪事であるので、行っては、いけないこと」の、部分的な一致があると、正当に行われている、他人の行動に、「自分は行ってはいけないのに、何故、他の人は、行っても構わないのか、狡い」と、発言(主張、表現、行動)をする。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当に行われている、他人の行動に、「悪事であるので、行っては、いけないこと」の、部分的な一致があるとしても、それが、正当に行われている状態であると、分かることが出来ない。

 ①。正当などを判断することには、複数の要素を使うので、「悪事であるので、行っては、いけないこと」の、部分的な一致があるとしても、悪事ではない場合も多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、複数の事例の正誤などを知っても、何が正当であるかなどを、分かることは出来ない。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、何が正当であるかなどを、知ろうとする為に、試して(実験して)、複数の事例を知ろうをするが、何が正当であるかなどの、判断とは、状況などにより、臨機応変に、その都度に変化するので、複数の事例を知っても、分かることは出来ない。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、何が正当であるかなどを、試して(実験して)知る為に、「他人を騙す」、「他人に捏造の状況を強要する」、「他人を、その状態にする為に誘導する」などの悪事を行う。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、何を要素(元)にして、何が正当であるかなどの、判断が行われているのか、理解することが出来ないので、分かることが出来ない

   1。何が正当であるかなどの判断には、<通常の正常な『心と考え』>からの要素も、使われるが、『5人組や、5人組の仲間達』には、<通常の正常な『心と考え』>が無いので、何が正当であるかなどの判断を、分かることが出来ない。

<3>。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、正当に行われている、他人の行動に、「悪事であるので、行っては、いけないこと」の、部分的な一致があるとしても、悪事とは違うと、分かる。

 ①。<通常の正常な『心と考え』>を備えている人ならば、正当に行われている、他人の行動に、「悪事であるので、行っては、いけないこと」の、部分的な一致があるとしても、悪事とは同じではないと、分かる。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、発言して、他人の正当な行動を、阻止する(記事No.914)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、発言(主張)して、他人の正当な行動を、阻止(邪魔)する】

<1>。真実としては、〇〇だから、行っているわけではない、他人の正当な行動の状態である。

 ①。真実としては、他の要素もあるので、行っている、他人の正当な行動の状態である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の発言(主張)の、「〇〇だから」の、前に来る、「行っていいわけではない」と、する理由とは、『5人組や、5人組の仲間達』の「決めつけ」、「表の理由」、「曲解」、「間違った解釈」、「嫌がらせの為」などから、発生する間違った(不当な)主張である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』が、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、発言(主張)して、他人の正当な行動を、阻止(邪魔)することは、悪事である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』の、「〇〇だから、行っていいわけではない」と、いう発言(主張)は、イチャモンである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

阻止する『5人組や、5人組の仲間達』は、「真実のその後」を知ることが出来ない(記事No.913)

【★1。阻止する『5人組や、5人組の仲間達』は、「真実のその後」を知ることが無い】

<1>。阻止する『5人組や、5人組の仲間達』は、阻止しなかった場合の、その後に、何が発生した(起こった)のか、「真実のその後」を、知ることが出来ない。

 ①。宇宙の真理としては、再現しようとしても、厳密に、完全に同じ状態は発生しない。

  (1)。宇宙の真理としては、「常に」、世界は変化しているから。(「完全に」同じ状態の世界は、存在しない)

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、強要などで、不可能である、同じ状態を作ろうとする。

 ②。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』が、阻止しなかった場合の、その後を、知る為に再現しても、「真実のその後」ではないものになる。

 ③。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』の阻止で、阻止しなかった場合の、その後(「真実のその後」)は、完全に失われたのである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かっていないこと」を、「分かっている」と、間違った認識をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「真実のその後ではないもの」を、「真実のその後である」と、間違った認識を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、分かることが不可能であることを、分かろうとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分かっていないこと」を、「分かっている」と、間違った認識をして、私の本やブログなどの作業などを止める(阻止する、邪魔する)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、私の本やブログなどの作業などを止める(阻止する、邪魔する)ので、永久に、「真実のその後」を知ることが出来ない。

 ②。改善、成長、増量などの発生する、「真実のその後」は、『正当で正しい世界』の形成に、とても重要なものである。

<4>。宇宙の真理としては、未来は、常に、変化するものであり、同じもの(状態)は、存在しない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、部分の狭い範囲が同じ状態であると、世界の全ての範囲が、完全に同じであると、間違った認識をする。

 ②。宇宙の真理としては、『5人組や、5人組の仲間達』の、捏造などから、世界に過去の状況を再現しようとすることは、神に反発する悪事である。

 ③。宇宙の真理としては、『5人組や、5人組の仲間達』の、捏造などから、世界に過去の状況を強要しようとすることは、神に反発する悪事である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

記録の映像に、よい角度で映ろうとする『5人組や、5人組の仲間達』が、「主犯」である可能性が高い(記事No.912)

【★1。記録の映像に、よい角度で映ろうとする『5人組や、5人組の仲間達』が、「主犯」である可能性が高い】

<1>。『映像を撮影するカメラ』の位置(存在)を知っていて、映像に、捏造の情報を残す為に、良い立ち位置などを知っている『5人組や、5人組の仲間達』がいる。

 ①。故意に、自分が、映像に映り込もうとする『5人組や、5人組の仲間達』がいる。

 ②。立ち位置が異常である、『5人組や、5人組の仲間達』がいる。

  (1)。サイコパスは、距離感(立ち位置)などが異常であることが多い。

 ③。「自己主張」、「愉快犯」などの、性質の表れである。

 ④。捏造の情報を作る(残そうとする)、実行犯である。




★真実を認識する為の知識1

<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、狡いことではないと、考える(記事No.911)

【★1。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものは、狡いことではないと、考える】

<1>。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、羨ましいと思っても、「諦める」。

 ①。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、羨ましいから、<「狡い(悪いことである)」と思うことは、悪いことである>と、認識(判断)する。

 ②。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、「羨ましいから、奪おう」とは、しない。

  (1)。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、「羨ましいから、自分のものにしよう」とは、しない。

  (2)。他人が、正当に手に入れたものを、「羨ましいから、奪おう(自分のものにしよう)」と、することは悪事である。

 ③。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、「羨ましいから、壊そう」とは、しない。

  (1)。他人が、正当に手に入れたものを、「羨ましいから、壊そう」と、することは悪事である。

 ④。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、「羨ましいから、他人を攻撃(嫌がらせ)をしよう」とは、しない。

  (1)。他人が、正当に手に入れたものを、「羨ましいから、他人を攻撃(嫌がらせ)をしよう」と、することは悪事である。

<2>。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、羨ましいと思っても、思うことに時間(労力)を使うのは無駄なことなので、自分が良いものを手に入れられるように、「自分の能力を成長させようとする」。

 ①。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、羨ましいと思っても、思うことに、生産性が無いので、自分が良いものを手に入れられるように、「自分の能力を成長させようとする」。

<3>。<通常の正常な『心と考え』>ならば、他人が、正当に手に入れたものを、羨ましいと思っても、「正当なものであり、その状態が、世界に一番の良い状態(幸せな状態)である」と、理解するので、他人が羨ましい状態に、「納得する(受け入れる)」。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、自分の不幸を楽しむ(記事No.910)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、自分の不幸を楽しむ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の不幸の状態から、自分が被害者の状態であると、間違った認識を持つ。

 ①。真実としては、不幸な状態と、被害者である状態は、等しい状態(イコール)ではない。

  (1)。真実としては、「被害者なので、不幸な状態である」と、いう場合はある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、加害者の居ない自分の不幸の状態に、妄想から加害者を作り出し、妄想からの加害者が、自分の不幸の原因であると、間違った認識を持つ。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が被害者(不幸)の状態であれば、他人から優遇され、感心を持って貰えると、いう異常な価値観を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、その為に、自分の、被害者(不幸)の状態を、他人に見せようとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が被害者(不幸)の立場であれば、相手を批判できる、有能者の立場であると、いう異常な価値観を持つ。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が被害者(不幸)の立場であると見せ掛けて、他人を騙すことが楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を騙すことが楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を騙して、他人の反応を見ることが楽しい。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、不幸な状況を思い浮かべ、自分は、その不幸な状況を体験しているという妄想をして、楽しむ(『ごっこ遊び』)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、不幸な状況を体験していると、妄想する為に、不幸な状況の内容を、思い付く(発想する)。

 ②。一般的には苦痛の状態であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、このことから、快楽物質を発生させる。

 ③。一般的には苦痛の状態であるが、『5人組や、5人組の仲間達』には、罰から逃れる為に使ったり、同情から他力を得たりする為の、生存方法である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、この苦痛の状態から、体に異常が発生すると、「平然と」、「一瞬で」、この状態を辞める場合もある。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の不幸(苦痛)の状態を、相手にも与えたいので、相手にも、自分の不幸(苦痛)の状態を知らせようとする場合がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に不幸(苦痛)を与えることが、楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を、自分と同じような水準(それ以下)の、不幸な状態に引き込むことが、楽しい。

<7>。このことは、『5人組や、5人組の仲間達』以外にも行う人がいるので、救う必要がある人は救うこと。

 ①。このことは、『5人組や、5人組の仲間達』の行動の様式として、知ってほしいことである。
 




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の反応を見た「後に」、言う(記事No.909)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の反応を見た「後に」、言う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の反応を見た「後に」、自分の反応を決める性質を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、優勢である相手の意見に乗っかる為に、どちらが優勢であるか、結果が出るまで分からないので、結果を見てから優劣を判別して、優勢な方に乗っかる性質がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分が優勢な方に取り入る為の、生存方法でもある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の能力が低く、他人の能力に依存して生きるので、どの他人の能力に乗っかろうか、他人の能力などを、見極めてから、自分の反応を決める。

<2>。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事などの結果が出てから、その結果に自分の反応(言い訳など)を、始める。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事などの結果が出てから、その悪事の批判を始める。

  (1)。真実としては、悪事の発生や、悪事の結果の悪い状態は、十分に予測できた場合でも、『5人組や、5人組の仲間達』は、この反応を行う。

   1。真実としては、悪事の発生や、悪事の結果の悪い状態は、十分に予測が出来たことであるので、阻止することが、当然であるが、『5人組や、5人組の仲間達』は、阻止しない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事などの結果が出てから、その悪事の批判をすれば、自分の罪が減る(無くなる)と、いう間違った認識(価値観)を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が行われるより先に、自分の反応は出さない性質である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「結果を予測する能力が低い」、「結果を予測していても、行われるよりも先に、反応は出さない」などの、性質である。

 ③。この性質は、<通常の正常な『心と考え』>を備えている人の反応ではない、異常な性質である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分も嫌がらせを望んでいたが、自分だけは罰から逃れる為に、「第3者が行う、自分も望んでいた嫌がらせの悪事」の結果が出てから、「第3者が行う、自分も望んでいた嫌がらせの悪事」を、自分は望んでいないと見せ掛けて、批判を行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、結果が出てから、優勢な方に乗っかろうとする反応を始める。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事から、自分の満足する結果を得てから、自分は、その悪事とは関係ないと、反応を始める。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の、行い終わった結果を得てから、自分は、その悪事とは関係ないと、反応を始める。

 ②。真実としては、この場合、「悪事を実行した第3者」と、「嫌がらせを望んでいた『5人組や、5人組の仲間達』」は、同じ立場の罪人である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の、演技の方法(記事No.908)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、演技の方法】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、思考の中で、故意に、不幸なことを、かき集めて、不幸な自分であるという妄想を作り出す。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「だから」の、前後の繋がりの無い思考などから、破綻した理論で、自分が不幸な状態であると、いう間違った認識(妄想)を作り出す。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、悲しんでいると見せ掛ける場合の方法の1つである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、『ごっこ遊び』の方法の1つでもある。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が、行って『あげた』と、主張することを、「全て」、聞き出すこと(記事No.907)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が、行って『あげた』と、主張することを、「全て」、聞き出すこと】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、行って『あげた』と、主張する場合がある。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の削除が優先であるが、臨機応変に行うこと。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が、受け入れられることは、不可能である(記事No.906)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が、受け入れられることは、不可能である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の達成が出来なかったと、いう実績が、1万年以上続いているが、悪事の達成が出来ないと、いう現実の、真実を、受け入れない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、達成が出来なかったと、いう実績の情報を使って、思考しない(情報が、思考の場の要素に無い)で、行動する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、達成が出来なかったと、いうことを考慮しないで、行動する。

<2>。何度でも、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が受け入れられることは無いと、「断固として」主張(表現)しなくては、いけない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が、受け入れられることは、不可能であるので(理論的にも)、『5人組や、5人組の仲間達』が、受け入れられようとすることに、出口(ゴール)は無い(達成することは無い)。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が、何を主張しても、間違っていることは間違っているとして、対処すること(記事No.905)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が、何を主張しても、間違っていることは間違っているとして、対処すること】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』が、主張していることは、間違っていることである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』が、どのような言い訳や、曲解や、間違っている解釈などから主張をしても、真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の主張は、間違っていることであるので、『5人組や、5人組の仲間達』の主張を受け入れては、いけない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、どのような主張をしても、間違っていることは間違っているとして、対処すること。





★真実を認識する為の知識1

悪事を行った悪人の、罰(現実)から逃れる為の、勝手な自殺は、蘇生すること(記事No.904)

【★1。悪事を行った悪人の、罰(現実)から逃れる為の、勝手な自殺は、蘇生すること】

<1>。神も、私も、悪事を行った悪人が、悪事を行ったことからの、適量の正当な罰を受けずに、自殺することは、許さない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が、勝手に仕事を行うことは、悪事である(記事No.903)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が、勝手に仕事を行うことは、悪事である】

<1>。真実としては、仕事を与える人は、仕事を行う人が「自分で能力があると認識している」と、いう理由で、仕事を行わせているのではない。

<2>。真実としては、仕事を与える人が、仕事を行う人に、仕事を行わせる為の、前提条件として、仕事を行う人は、仕事を与える人から、正当に、「選ばれている」のである。

 ①。真実としては、仕事を行う人が、仕事を行うには、前提条件として、仕事を与える人から、正当に、「選ばれること」が必要である。

 ②。真実としては、仕事を与える人から、正当に、選ばれているから、仕事を行っているのである。

 ③。真実としては、仕事を与える人は、仕事を行う人を、正当に、「選んでいる」。

 ④。真実としては、仕事を与える人から、仕事を行う人であると、正当に、「選ばれない」、「選ばれていない」ならば、仕事を行っては、いけない。

<3>。さらに、真実としては、仕事を与える人からの仕事を、行う為の、前提条件として、能力が有ることが必要である。

 ①。真実としては、この能力の、有るか、無いかの判断は、仕事を与える人が、正当に、判断を行うことである。

 ②。真実としては、仕事を与える人からの、正当な、「能力が有る」という判断がない人ならば、仕事を与える人からの、仕事を行っては、いけないことである。

 ③。真実としては、仕事を与える人からの、正当な、「能力が有る」という判断などがなく、「自分で能力があると認識している」だけならば、仕事を与える人からの、仕事を行っては、いけないことである。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分で能力があると認識している」から、勝手に仕事を行っても構わないと、いう間違った認識を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、「自分で能力があると認識している」などから、勝手に仕事を行おうとすることは、悪事である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、仕事を与える人から、正当に「選ばれていない」のに、勝手に仕事を行っても構わないと、いう間違った認識を持つ。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』が、仕事を与える人から、正当に「選ばれていない」のに、勝手に仕事を行うことは、悪事である。






カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ