<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.1197)

★『5人組や、5人組の仲間達』

「入れてあげれば良いのに」と、いう発言は、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の活力である(記事No.1196)

【★1。「入れてあげれば良いのに」と、いう《悪である(間違った)》発言は、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の活力である】

<1>。私が、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者を、《善人の仲間》に入れないと、いう《正当で、正常な、正しい》状態を作る為に、《正当で、正常な、正しい》奮闘をしていると、「正しい善悪の判断などが無く、単純に、批判をしたい性質を持つ悪人」が、「私が、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者を、《善人の仲間》に、入れてあげれば良いのに」と、いう《悪である(間違った)》主張(表現、批判)などをする場合がある。

<2>。この発言は、この、「正しい善悪の判断などが無く、単純に、批判をしたい性質を持つ悪人」の、《悪である(間違った)》思考の流れ(価値観、性質)などを、表すものである。

 ①。この、「正しい善悪の判断などが無く、単純に、批判をしたい性質を持つ悪人」は、《悪である(間違った)》思考の流れ(価値観、性質)などから、「同様の」、批判などの発言(主張、表現)などを、行う。

<3>。この、「正しい善悪の判断などが無く、単純に、批判をしたい性質を持つ悪人」は、過去からずっと、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の、《表の理由》の提供者であり、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の助力者であり、《5人組や、5人組の仲間達》の、スカウト対象者であり、《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、《善人の仲間》の偽者として活動する(記事No.1195)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、《善人の仲間》の偽者として活動する】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、《善人の仲間》の偽者として活動して、自分の「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」を、手柄として、《善人の仲間》に入ろうとする(認められようとする、受け入れられようとする)。

 ①。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、<自分の「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」は、褒められることである>という認識は、《悪である(間違った)》認識(価値観、妄想)である。

 ②。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」は、悪事である。

 ③。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「《善人の仲間》の偽者として、行動したこと」は、怒られる(批判される、罰を受ける)ことである。

<2>。《正当で、正常な、正しいことは》、偽者として活動することは、悪事である。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、偽者として活動して、自分は善行を行ったと、《悪である(間違った)》主張(表現)をする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者としてでも、本物のする善行を行うならば、善行を行ったことになる>と、いう《悪である(間違った)》認識(価値観)を持つ。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動することが出来ると、自分にも、本物のする善行を行うことが、可能であった>と、いう《悪である(間違った)》認識(価値観)を持つ。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動することが出来ると、自分にも、本物のする善行を行うことが、可能であった>と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)を行う。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動した実績を、自分にも善行が出来た証拠である(自分の手柄である)>と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、<偽者として活動した実績を、自分にも善行が出来た証拠であるので、褒められる(認められる、受け入れられる)ことである>と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)を行う。

 ④。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が偽者として活動した、「悪事の実績」を、自分の手柄である(褒められるもの)として、《悪である(間違った)》主張(表現)をするのである。

  (1)。《真実としては》、悪事は、手柄ではなく、褒められる(認められる、受け入れられる)ことではなく、怒られる(批判される、罰を受ける)ことである。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動して、「自分が善行を行った」と、いう《悪である(間違った)》主張(表現)をする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動した実績を作り、多めの実績の量があれば、自分が褒められる(認められる、受け入れられる)だろうという、《悪である(間違った)》判断(予想)をして、自分が納得が出来る実績の量が溜まると、「自分が行った、偽者として活動した実績」を、公表すると、いう悪事を行う。

  (1)。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、悪事を行ったことから、自分の行った悪いこと(悪事)の量が、溜まっている状態である。

  (2)。《実際としては》、《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、悪事を行ったことから、自分の行った悪いこと(悪事)への罰が、溜まっている状態である。

 ②。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、偽者として活動する悪事のせいで、世界中の人が、犠牲になっている。

  (1)。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「何年も何年も」、偽者として活動する悪事のせいで、世界中の人が、「何年も何年も」、犠牲になっている。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、私の、意識(寿命、命)を無くすと、いう悪事を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、私の「やるべきこと」、「やりたいこと」を、私が出来ない状態にすると、いう悪事を行う。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、神の、必要であることを、私が行う状態を、出来ない状態にすると、いう悪事を行う。

   1。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、「何年も何年も」、偽者として活動する為に、神の邪魔をすると、いう悪事を行う。




★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

悪人は、自分を正当に攻撃しようとする善人の、持つ剣を、奪おうとする悪事を行う(記事No.1194)

【★1。善人が、悪人を倒す為の剣を持っている場合に、悪人は、善人の持つ剣を、奪おうとする悪事を行う】

<1>。善人が、《5人組や、5人組の仲間達》(悪人)を倒す為の、《正当で、正常な、正しい》剣を持っている場合に、《5人組や、5人組の仲間達》(悪人)は、善人の持つ《正当で、正常な、正しい》剣を、奪おうとする悪事を行う。

<2>。悪人を倒そうとすることは、善人の、当然な、持つべきである、《正当で、正常な、正しい》発想である。

 ①。悪人を倒そうとすることは、善人の、《正当で、正常な、正しい》権利である。

 ②。悪人を倒そうとすることは、善人の、《正当で、正常な、正しい》行動(善行)である。

 ③。悪人を倒そうとすることは、善人が、行うべき、《正当で、正常な、正しい》行動(善行)である。

<3>。悪人は、善人が、正当に手に入れた、善人に権利(所有権)のある剣を、不当に奪おうとする悪事を行う。

<4>。悪人は、善人の剣を奪うこと(悪事)で、「自分が有能者の状態で存在しよう」とする。

 ①。悪人は、自分への、善人からの、《正当で、正常な、正しい》攻撃を防ごうとする為に、善人から剣を奪おうとする悪事を行う。

 ②。つまり、悪人は、自分への攻撃を防ごうとする(自分を守ろうとする)為に、《正当で、正常な、正しい》状態を壊そうとする。

 ③。《真理としては》、《正当で、正常な、正しい》状態を壊そうとすることは、悪事である。

<5>。悪人は、善人の剣を奪うこと(悪事)で、「善人の自由な行動を阻止しよう」、「善人を、自分が、勝手に、管理しよう(強要しよう)」とする。

 ①。《真実としては》、悪人に、「他人のもの(自由など)を奪う」、「他人を管理する」、「他人に強要する」などの権利は無いが、悪人は、自分が他人から奪うことは当然(行っても構わないこと)であると、いう《悪である(間違った)》認識を持つ。

<6>。悪人は、<自分の方が、善人である>と見せ掛けて、「本当の善人」から、剣を奪おうとする悪事を行う場合も多い。

 ①。悪人は、<自分の方が、善人である>、<「本当の善人」の方が、悪人である>と、見せ掛けて、「本当の善人」から、剣を奪おうとする悪事を行う場合も多い。

 ②。悪人は、<自分の方が、善人である>と見せ掛けて、「本当の善人」から、手柄を奪い、自分の手柄であると、見せ掛ける場合も多い。

<7>。《真理としては》、悪人の幸せ(自由)の為に、善人が不幸(不自由)を強要されることは、不当であり、間違っていることである。

 ①。《真理としては》、不当であり、間違っていることは、《正当で、正常な、正しい》状態に直さなくては、いけない。

 ②。《真理としては》、悪人の、不当であり、間違っている悪事を、無くして、《正当で、正常な、正しい》状態に直さなくては、いけない。

  (1)。《真理としては》、悪人の、不当であり、間違っている悪事を、暴き、知り、阻止して(完全に出来ないようにして、再発しないようにして)、《正当で、正常な、正しい》状態に直さなくては、いけない。

<8>。つまり、悪人の悪事(不当であり、間違っていること)を無くす為に、善人は剣を持つが、その剣を奪う為に、悪人がさらに悪事を行い、その悪事を無くす為に、また善人が剣を持つと、いう繰り返しであり、悪事を行う性質を持つ悪人が駆除されるまで、悪人の悪事(悪人との戦い)は止まらない。

 ①。《真理としては》、不当であり、間違っていることは、《正当で、正常な、正しい》状態に直さなくては、いけないので、善人が、不当であり、間違っていることを、直そうとすることを、辞めることは無い。

  (1)。悪人が、駆除されないかぎり、「善人の、悪人を倒そうとする《正当で、正常な、正しい》行動」は止まることが無く、「悪人の、善人の《正当で、正常な、正しい》行動を、邪魔(阻止)などをしようとする悪事」が止まることも無い。

 ②。《正当で、正常な、正しいことは》、悪人が倒されることである。

  (1)。《正当で、正常な、正しいことは》悪人が駆除されることであり、駆除された状態である。

  (2)。《真理としては》、悪人が、生きようとすること(助かろうとすること)は、不当であり、間違っている悪事である。









★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》の、「奪っちゃってよ」、「やっちゃってよ」の指示や発言(記事No.1193)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、「奪っちゃってよ」、「やっちゃってよ」の指示や発言】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)は、自分の、邪魔な存在の人(嫌いな人、羨ましい人)の持つものを「奪ってこい」と、他人に指示をする悪事を行う。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、《5人組や、5人組の仲間達》から、低能者であり、利用が出来ると見込まれ、《5人組や、5人組の仲間達》の指示を受ける位置に存在する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、低能者であり、自分が悪事を行っている自覚などが、多数の理由から少ない。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、悪事に、反抗をしない人である場合が多い。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、悪事に、反抗を出来ない状態に、誘導されている場合も多い。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、悪事に、反抗を出来ない状態を強要されている場合も多い。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、指示を受ける人は、《5人組や、5人組の仲間達》(悪人、強要者)から、自由に生きる状態を、奪われている状態であることが多い。

  (1)。そのような状態になるように、作られて生まれた場合がある。

  (2)。そのような状態になるように、DNAなどを、変化されて、作られた場合がある。

  (3)。そのような状態になるように、騙されて、生きている場合がある。

  (4)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に、反抗が出来ない状態。

  (5)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に、自分の主張(意見)を、自由に言えない状態。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手の行動を制限しようとする」性質を持つことからも、「自分の、邪魔な存在の人(嫌いな人、羨ましい人)の持つものを「奪ってこい」と、他人に指示をする悪事」を行う。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手のものを奪おうとする」性質を持つことからも、「自分の、邪魔な存在の人(嫌いな人、羨ましい人)の持つものを「奪ってこい」と、他人に指示をする悪事」を行う。

<5>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に行わせるから、自分は安全な状態であると認識することから、気軽に悪事の指示を出す。

<6>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が《正当で、正常な、正しい》状態で持っている「自由」や「持ち物」などに、自分が権利などを持たないのに(自分は相手が持っている状態(有能)に、関係の無い立場なのに)、自分が「与えてあげている」という《悪である(間違った)》認識を持つので、相手の《正当で、正常な、正しい》状態で持っている「自由」や「持ち物」などを奪うことに、抵抗が無い。

 ①。《真実としては》、相手が持っているものは、相手の《正当で、正常な、正しい》権利として、相手が持っているものである。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分は、いつでも奪うことが出来るのに、奪わずに、与えておいてあげた」と、いう《悪である(間違った)》認識(価値観)を持つ。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、テリトリーなどの認識の異常から、「他人のもの」と「自分のもの」の区別の認識が正常ではない。

<7>。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が判断者であると、勝手に、《悪である(間違った)》認識(妄想)を持っている(世界観)。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、全てのことを、勝手に、判断して決めても構わない(自分が判断をする存在である)と、いう《悪である(間違った)》認識(妄想)を持っている(世界観)。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、「他人に与えるか、与えないか」、「他人が所有するか、所有させないか」などを、自分が、勝手に、判断して決めても構わない(自分が判断をする存在である)と、勝手に認識(妄想)している。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、正しいことを判断する能力が無い。

  (1)。《正当で、正常な、正しいことは》、正しいことを判断する能力が無いのならば、判断者ではない。

  (2)。《真理としては》、正しいことを判断する能力が無い人が、判断者ならば、世界は不幸になる(破綻する)。

<8>。《5人組や、5人組の仲間達》の、奪う対象は、「自分に都合の悪いもの」、「相手を低能者の状態にする為のもの」である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人が持っていることで、自分の有能な状態(妄想)が壊されそうなものを、「奪ってこい」と指示をする悪事を行う。

 ②。似たものに「攻撃してこい」も、ある。

  (1)。攻撃することで、相手の有能な状態を無くそうとする為の悪事である。

  (2)。当然だが、相手が攻撃される正当な理由は無い。

<9>。《5人組や、5人組の仲間達》は、この悪事を、正当な(自然な、当然の)ことであると《悪である(間違った)》認識を持つ。

 ①。悪人が、「悪人を倒そうとする善人」を、攻撃することは、《正当で、正常な、正しい》ことではない。

 ②。《正当で、正常な、正しいことは》、「悪人が倒されること」、「悪人が低能者の状態」である。

<10>。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が有能であるという《悪である(間違った)》認識(妄想、世界観)を壊そうとする対象の、自由(権利、正当)などを奪う(強要)と、いう悪事を行う。

 ①。悪人は、自分の《悪である(間違った)》認識(妄想、価値観、世界観)を、他者へ強要すると、いう悪事を行う。

<11>。《5人組や、5人組の仲間達》の、この「奪っちゃってよ」、「やっちゃってよ」などの指示は悪事であるので、この行動には、大きな反発が起きることである。

 ①。《真理としては》、悪人が、善人から奪えば奪うほど、世界は不幸になる。

 ②。ちなみに、不幸な世界は、悪人にも損(苦痛)な状態であるが、悪人は認識せず、不幸な世界を作り出そうとする。

<12>。《正当で、正常な、正しいことは》、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人から、何かを奪う権利が無い。

 ①。《正当で、正常な、正しいことは》、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人の、どのようなものでも、1つも、奪う権利が無い。





★真実を認識する為の知識1

私からの指示は、厳格なものである(記事No.1192)

【★1。私からの指示は、厳格なものである】

<1>。私から、指示を受けた場合には、不要ではない状態ならば、何兆年でも、行い続けろ、辞めるな。

 ①。私からの指示を辞める場合は、私から許可をとること(可能ならば絶対である)。

  (1)。私から指示を受けた人が、「自分の勝手な判断から、私の指示を辞める」と、いうことから、《5人組や、5人組の仲間達》の駆除が、未だに、出来ていないと、いう今が存在する。

<2>。何故なら、1つの指示の達成後に、2つ目の指示があり、次々に指示を達成していくことで、《5人組や、5人組の仲間達》の駆除を、達成することが出来るから。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》から制約を多く受けている私は、指示を出すことが困難な状態である。

 ②。その困難な状態からの指示を、些末なものであるとして、放置するならば、その指示を達成することが出来なくて、次の指示も発生しない。

 ③。次々と指示を達成していかないと、「いつまでも、繰り返しの世界の、悪い状態が続く」。

  (1)。つまり、1つ目の指示を行わない(達成しない)ならば、永久に、1つ目の指示を、私が出し続けることになり、進まないと、いうことである。



★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》の、全ての悪事に、罰を与えること(記事No.1191)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、全ての悪事に、罰を与えること】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》が、世界に発生して、《5人組や、5人組の仲間達》が、「完全に」、悪事を行えない状態になるまでの、全ての時間に、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事がある。

 ①。ずっと時間が流れている。時間は止まることが無い。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事は、止まったことが無い。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の発生から、《5人組や、5人組の仲間達》が、「完全に」、悪事を行えない状態になるまでの、全ての時間の、全ての悪事に、罰を与えること。




★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、現実の、悪い状態を、正しく認識しない(記事No.1190)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、現実の、悪い状態を、正しく認識しない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、理解の能力が無い。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、予測の能力が無い。

 ②。だから、《5人組や、5人組の仲間達》は、悪い状態からの、不快感が無い。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、妄想を、現実であると、認識する。

 ①。だから、《5人組や、5人組の仲間達》は、実際に、現実を体験するまで、現実を分からない。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、実際に、現実を体験しても、現実が分からない。




★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分を必要とすることを強要する悪事を行う(記事No.1189)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分を必要とすることを強要する悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人の自力を奪い、他人に、自分が必要になる状態を強要して、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」と、いう悪事を行う。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人が自力では出来ない状態であり、自分が必要な状態であると、いう予想(認識)があるから、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」と、いう悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が自力で行おうとすることを、邪魔(阻止)をする悪事を行う。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、「自分が低能者であると判断されることであると、いう認識が無いことから抵抗が無く」、撤回する場合もある。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、《5人組や、5人組の仲間達》は、「やはり、自分が行う」などと主張(表現、発言など)をして、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」と、いうことを撤回する。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、相手は、「《5人組や、5人組の仲間達》が、相手に自分の能力を与えようとすること」を、望んでいないことが極めて多く、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、相手が望んでいることが極めて多い。

   1。《5人組や、5人組の仲間達》の予想が間違っていて、実際には、相手が自力で行うことが可能であった場合には、相手は、「《5人組や、5人組の仲間達》が、相手に能力を与えようとすること」を、望んでいないことが極めて多く、《5人組や、5人組の仲間達》が、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、撤回することに、相手は不快(不幸、嫌)である。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分が相手に、相手が必要とする自分の能力を、与えることを辞める」ことを、相手から止められ、相手に自分が必要であると、認識(主張)してほしがる、《悪である(間違った)》性質を持つ。

<4>。この悪事は、《正常な人》ならば、行わないことである。





★やる事の提示・「行うこと」

《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分の悪事が記憶から無くなる」と、いう《悪である(間違った)》性質への対応(記事No.1188)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分の悪事が記憶から無くなる」と、いう《悪である(間違った)》性質への対応】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、行ったこと(悪事を行ったこと、失敗したこと)が、思考の要素(記憶、認識)から消えて、次の行うこと(悪事)を考え始めると、いう《悪である(間違った)》性質を持つ。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、悪事を行ったことから、現実逃避する為にも、次の行うこと(悪事)を考え始めると、いう《悪である(間違った)》性質を持つ。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、行ったこと(悪事を行ったこと、失敗したこと)などを、列挙して、それを、《5人組や、5人組の仲間達》の常に見える場所に置くなどして、《5人組や、5人組の仲間達》に、自分が、「どのようなことを行ったのか(どのような悪いことを行ったのか、どのような失敗をしたのか)」などを、思考の場に使う要素として、持ち続けさせること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、自分が、「どのようなことを行ったのか(どのような悪いことを行ったのか、どのような失敗をしたのか)」などの正しい認識を、常に、持った状態にすること。

 ②。列挙は、膨大な量になるので、機械などを使い、《5人組や、5人組の仲間達》に、持たせると、良い。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》が、行ったこと(悪事を行ったこと、失敗したこと)などの、列挙の内容は、「とても詳しい」ものにすること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》には、「とても詳しい」状態のものの、認識が必要である。

 ②。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》が、自分で、自発的に認識をすることが不可能なことまで、《5人組や、5人組の仲間達》以外が、教えることで、《5人組や、5人組の仲間達》に、自分が、「どのようなことを行ったのか(どのような悪いことを行ったのか、どのような失敗をしたのか)」などの、詳しい認識を持たせること。





★真実を認識する為の知識1

善人は、天国へ行き、悪人は、地獄へ行く(記事No.1187)

【★1。善人は、天国へ行き、悪人は、地獄へ行く】

<1>。善人は、とても頑張ったので、天国へ行く。

 ①。悪人は、とても頑張ったので、地獄へ行く。

 ②。何故なら、「善人は、善行」を、「悪人は、悪事」を、頑張ったから。

<2>。善人は、とても頑張らなかったので、天国へ行く。

 ①。悪人は、とても頑張らなかったので、地獄へ行く。

 ②。何故なら、「善人は、それが最善(最適)の行動」を、「悪人は、それが最悪の行動」を、行ったから。

  (1)。何故なら、「善人は、とても頑張らなかったことが、最善の行動」であり、「悪人は、とても頑張らなかったことが、最悪の行動」であったから。

<3>。同じことを行っても、善人は、天国へ行き、悪人は、地獄へ行く。

 ①。何故なら、悪人には、「同じに見えること」でも、実際には、「違うこと」だから。

 ②。何故なら、同じことを行っても、「善人の目的」と、「悪人の目的」は違うから。

 ③。何故なら、同じことを行っても、行う「理由」である、「善人の心」と、「悪人の心」は違うから。

  ※補足1。悪人は、何故、見えない(他人が分かるはずが無い)心なのに、違うと分かるのかと、いう疑問を持つ。





★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、自分の悪事を、秘密にして、利益を手に入れようとする(記事No.1186)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分の悪事を、秘密にして、利益を手に入れようとする】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分の悪事を、秘密にして、利益を手に入れようとする」ことは、悪事ではないと、いう《悪である(間違った)》認識(価値観)を持つ。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、常に、騙して生きるので(生存方法)、「自分の悪事を、秘密にして、利益を手に入れようとする」と、いう悪事には、抵抗感が無い。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、騙すことに抵抗感が無く、逆に、騙すことが誘発される為の性質(欲求など)を持つ。

<2>。《真実としては》、「自分の悪事を、秘密にして、利益を手に入れようとする」ことは、悪事である。




★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、相手に必要な自分の能力が、相手から無くなる状態を、相手に止められることを好む(記事No.1185)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手に必要な自分の能力が、相手から無くなる状態を、相手に止められることを好む】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手の正当な自由な行動へ、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」と、「相手が、その行動を行うのならば、自分は関係ない(自分は相手の利益を与えない)」と、いう脅し(脅迫)などを行い、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)して、「自分の、その主張(表現、行動、見せ掛け)が、止められること」、「自分の助力が必要なことに気付いた、相手が悲しむこと」を、好む。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手の正当な自由な行動へ、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」と、「相手が、その行動を行うのならば、自分は関係ない(自分は相手の利益を与えない)」と、いう脅し(脅迫)などを行い、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)して、「自分は有能者である(能力を持っている)」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)をすることを、好む。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」は、「〇〇だから、自分は怒った、相手が悪い」と、いう意味もある。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」は、自分は有能者であると、いう《ごっこ遊び》の意味もある。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」は、「〇〇だから、自分は、負けた状態(失敗した状態、低能者)ではない」と、いう意味もある。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》の、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」は、「自分は相手に怒ったので、悪事を辞めるが、悪事を辞める理由は、自分が負けた状態(失敗した状態、低能者)だからではない」と、いう意味もある。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の、この悪事を辞める主張(表現、行動)は、「見せ掛け」、「一時的なもの」、「他人の反応を試す(知りたい)もの」、「他人を騙して楽しみたいもの」、「罰から逃れようとするもの」などである。

  (2)。《真実としては》、悪事を辞めても、罪と罰は消えないが、《5人組や、5人組の仲間達》は、悪事を辞めることで、自分の罪と罰が全て無くなると、いう《悪である(間違った)》価値観を持つ。だから《5人組や、5人組の仲間達》は、この悪事を辞める主張(表現、行動)を行う。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手の自力の能力を無くして、相手が、自分の「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)を、嫌がる(悲しむ)状態にする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手の自力の能力を無くして、相手が、自分の「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)を、嫌がる(悲しむ)状態であると、認識するから、この主張を行う。

<4>。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)である、《5人組や、5人組の仲間達》が、悪事(表の理由)を辞めることは、世界中の人から望まれることであるので、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)は、脅し(嫌がらせ)には、ならない。

 ①。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)である、《5人組や、5人組の仲間達》の、悪事(表の理由)は、元から、不要なものであるので、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)は、脅し(嫌がらせ)には、ならない。

 ②。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)である、《5人組や、5人組の仲間達》の、悪事(表の理由)は、世界中の人から嫌がられているものであるので、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)は、脅し(嫌がらせ)には、ならない。

 ③。《正当で、正常な、正しいことは》、《5人組や、5人組の仲間達》が、悪事(表の理由)を、辞めている(行っていない)状態であるので、《5人組や、5人組の仲間達》が、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)が、実際に達成されるならば、世界は、正当で、正常な、正しい状態になる。

<5>。そして、《5人組や、5人組の仲間達》は、相手の正当な自由な行動へ、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」と、「相手が、その行動を行うのならば、自分は関係ない(自分は相手の利益を与えない)」と、いう脅し(脅迫)などを行い、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)して、「自分の、その主張(表現、行動、見せ掛け)が、止められること」、「自分の助力が必要なことに気付いた、相手が悲しむこと」が、発生しないと、その主張(表現、行動、見せ掛け)を、撤回する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手の正当な自由な行動へ、「〇〇ならば、勝手にしろ(自分は、相手との関係を無くすことにする)」と、「相手が、その行動を行うのならば、自分は関係ない(自分は相手の利益を与えない)」と、いう脅し(脅迫)などを行い、「自分は相手の助力を辞める」と、いう主張(表現、行動、見せ掛け)して、「自分の、その主張(表現、行動、見せ掛け)が、止められること」、「自分の助力が必要なことに気付いた、相手が悲しむこと」が、発生した場合にも、その主張(表現、行動、見せ掛け)を、撤回する。







★『5人組や、5人組の仲間達』

《5人組や、5人組の仲間達》は、存在しない決まりで、相手を邪魔(阻止)しようとする(記事No.1184)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、存在しない決まりで、相手を邪魔(阻止)しようとする】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、存在しない決まりを、勝手に、作り出し、相手を邪魔(阻止)する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、存在しない決まりを、勝手に作り出し、相手に強要する。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、存在しない決まりを、勝手に作り出し、それが存在する決まりであると、いう《悪である(間違った)》認識をする。





◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しいと閃いたものを、「抵抗が無く」、他人に、欲しいと、要求(主張)をしてくると、いう悪事を行う(記事No.1183)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「抵抗が無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくると、いう悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、思考の場の要素の数が、とても少ない状態で、欲しい(必要)と判断したものを、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「倫理観が無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「他人の《心と考え》や、都合を無視して(構わないものとして)、自分の欲望(要求)を達成する為に」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「悪いこと(悪事)を、悪いこと(悪事)であると、正しく認識することが無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「行っては、いけないこと(悪事)を、行っては、いけないこと(悪事)であると、正しく認識することが無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「不可能であると、いう理解や予測が無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ⑥。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「悪い結果を作り出すものであると、いう理解や予測が無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ⑦。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「世界の秩序を壊すものであると、いう理解や予測が無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

 ⑧。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分が、欲しい(必要)と閃いたものを、「世界の正しい状態のものを壊すものであると、いう理解や予測が無く」、他人に、欲しい(必要である)と、要求(主張)をしてくる。

<2>。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分の思考(判断、価値観、を経由したものなど)からの、要求などをするべきではない。

 ①。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分の思考(判断、価値観、を経由したものなど)からの、指図(強要)などをするべきではない。

 ②。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分の思考(判断、価値観、を経由したものなど)からの、指図や、要求などをして、幸せを作り出すことが不可能である(不幸を作り出す)。

 ③。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、他人に、自分の思考(判断、価値観、を経由したものなど)からの、指図や、要求などをする、正しい、正当な権利や、正常な能力が無い。

  (1)。正しい、正当な権利や、正常な能力が無いのに、正しい、正当な権利や、正常な能力が必要なことを行うことは、悪事である。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「作って(開発)下さい」、「やって下さい」などの発言などから、要求(指図)をしてくる。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、監禁、強要、操作などの悪事を行い、他人に要求(指図)をしてくる。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、「作って(開発)下さい」、「やって下さい」などの発言などから、要求(指図)をしてくることは、悪事である。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、監禁、強要、操作などの悪事を行い、他人に要求(指図)をしてくることは、悪事である。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》の、自分が、欲しい(必要な)ものを、他人に、欲しい(必要)と、要求(主張)をしてくることは、悪事である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が欲しがるものを与えると、世界に悪い状態(不幸)が作られるので、《5人組や、5人組の仲間達》に、欲しがるものを与えては、いけない。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、まだ寿命があり、まだ幸せを体感することが出来る人を、勝手に、不当に、殺す悪事を行う(記事No.1182)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、まだ寿命があり、まだ幸せを体感することが出来る人を、勝手に、不当に、殺す悪事を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、まだ寿命があり、まだ「行うべきこと」や、「行いたいこと」を、行うことが出来る人を、勝手に、不当に、殺す悪事を行う。

 ①。これは、<『正常な人』が、死にかけている人を、苦しみしかない余生から、助けようとする為に、楽にする為に殺す>こととは違う。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、<『正常な人』が、死にかけている人を、苦しみしかない余生から、助けようとする為に、楽にする為に殺す>ことをモノマネして、「正常な判断能力」、「権利」、「最善を分かる能力」などが無いのに、勝手に、不当に、殺す悪事を行う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、<『正常な人』が、死にかけている人を、苦しみしかない余生から、助けようとする為に、死にかけている人を楽にする為に、殺す>をモノマネして、「表の理由」にして、勝手に、不当に、殺す悪事を行う。

<2>。過去に、私は、捏造の状況である<剣と槍の時代のマケドニア>と、同じ時代(状況)で生きることを強要されていたときに、戦いの場を強要され、出血多量で死ぬ前に、『5人組や、5人組の仲間達』に、殺されたことがある。

  ※補足1。この出来事は、「何回も」発生しているものである。『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組や、5人組の仲間達』に都合が良い捏造の映像(情報)が作られるまで、「何回も」捏造の映像(情報)を作ろうとする。

 ①。これは、『5人組や、5人組の仲間達』の「遊び」として、私が、捏造の状況である<剣と槍の時代のマケドニア>と、同じ時代(状況)で生きることを強要されていたときの、出来事である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の状況である<剣と槍の時代のマケドニア>と、同じ時代(状況)で、自分がカッコイイ状態で生きていることを妄想して、妄想を現実で体感しようとする。

 ②。これは、私が、「意識の分断がある状態」であり、「操作を受けていた状態」であり、『5人組や、5人組の仲間達』が、「部分的」な状況の再現である、捏造の映像(情報)を作ろうとしたときの、出来事である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、<『正常な人』が、死にかけている人を、苦しみしかない余生から、助けようとする為に、楽にする為に殺す>ことをモノマネして、「★1の<2>」の状態の私(他人)を殺すことが、「カッコイイこと」であると、いう『悪である(間違った)』認識(価値観)を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、<『正常な人』が、死にかけている人を、苦しみしかない余生から、助けようとする為に、楽にする為に殺す>ことをモノマネして、「★1の<2>」の状態の私(他人)を殺すことが、「正しいこと」であると、いう『悪である(間違った)』認識(価値観)を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、<『正常な人』が、死にかけている人を、苦しみしかない余生から、助けようとする為に、楽にする為に殺す>ことをモノマネして、「★1の<2>」の状態の私(他人)を殺すことで、「現実逃避をしたい(罰から逃れたい)」という『悪である(間違った)』認識(価値観、反応)を持つ。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が遊びたくて、捏造の状況である<剣と槍の時代のマケドニア>と、同じ時代(状況)を作り出したのに、自分が遊べない結果になったことが不満である」と、いう『悪である(間違った)』認識(価値観)を持つ。

   (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「悪事を行ったのに、利益が得られないので、不満である」と、いう『悪である(間違った)』認識(価値観)を持つ。

   (2)。《正しい認識(価値観)》では、悪事を行ったことを反省することが無く、自分の利益が無いと不満を持つことは異常である。

    1。自分の悪事から被害者(被害)がある状態なのに、被害者(被害)を構わないものとして、自分の利益が無いと不満を持つことは異常である。

   (3)。《正しい認識(価値観)》では、悪事を行って、利益を手に入れようとすることは、異常なことである。

   (4)。自分が行ったことから発生した(自分が原因である)悪い状態を、自分のせいで悪い状態になったと認識することが無く、不満を持つこと(他人のせいであると、『悪である(間違った)』認識をすること)は、異常である。

 ④。だから、『5人組や、5人組の仲間達』は、<『正常な人』が、死にかけている人を、苦しみしかない余生から、助けようとする為に、楽にする為に殺す>ことをモノマネして、「★1の<2>」の状態の私(他人)を殺した。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が作り出した他人の不幸を、自分が、無くして『あげよう』とする、異常な判断(悪事)をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の不幸の状態を、「自分が作り出したもの(自分のせいであるもの)」、であると、いう正常な認識が無い。

<5>。《正当で、正常なこと》は、まだ寿命があり、まだ幸せを体感することが出来る人は、殺さないことである。




★アレク達と、私の兵へ

《善人の仲間》の一覧(記事No.1181)

【★1。《善人の仲間》の一覧】

<1>。これは、過去からずっと、数千年以上、《5人組や、5人組の仲間達》と戦っている<善人の仲間>である。

<2>。《善人の仲間》とは、《私の仲間》と、《アレクの仲間》と、それに少しの人数が足されているものである。

<3>。偽者に、気を付けてほしい。

<4>。全員、自分の「本来の人生(状態)」、「過去の記憶(真実の記憶)」などを、思い出すことがあるが、その思い出す状態になるのは、《5人組や、5人組の仲間達》の操作によってである。

<5>。私が、《私の仲間》の、生活などの世話を出来ない状態の場合は、アレクに、《私の仲間》の世話をお願いしたい。これは、過去から何度もお願いしていることであり、実際に、何度も、アレクは《私の仲間》の、生活などの世話をしてくれた。

 ①。この記事や、過去の情報(仕事の内容など)に従わなくても(同じではなくても)構わない。アレクが臨機応変に、自分の感じるままに、彼らに指示などを与えてほしい。

<6>。《善人の仲間》は、人の体ではなく、動物などの体でも、性質は、あまり変わらない。

<7>。全ての《善人の仲間》には、傷付く心がある。

<8>。仲間の、立派な過去の実績は、とても多くて書ききれないので、一部だけを書いた。

<9>。私の、この《善人の仲間》の記憶は、私が39歳の半ばで思い出すことが出来た分である。思い出すまでは、すれ違っても、完全な他人であり、残念である。





【★2。《私の仲間》の一覧】

【前書きとして】

<1>。私は、《私の仲間》である、賢くない状態にされている日本人以外を対象に、「私は、あなた達の幸せを望んでいるので、あなた達の母親のようなものである」と、教えている。

 ①。私は、状況などにより、名前が、よくありがちに変わるので、《私の仲間》である、賢くない状態にされている日本人以外を対象に、自分の名前を「指揮官」であると、教えている。

 ②。私は、《私の仲間》である、賢くない状態にされている日本人以外を対象に、「幸せをあげたい」、「助けたい」という意向がある。そして、彼らは、「私から」幸せを貰いたいという意向がある。





【紹介】

<1>。★兵士のジョーシュ★

 ①。彼は、「〇〇だよ」、「〇〇なんだよ」と、話す。

  (1)。元々は、日本語を知らないのに、知らないはずの日本語を話すことが出来るのは、《5人組や、5人組の仲間達》の操作からである。その操作の結果、彼は「〇〇だよ」と、話している。彼の基になった人の《本来の自分の人生を生きているような状態》の人は、《5人組や、5人組の仲間達》の操作から、彼とは違う話し方の日本語を話す。この、知らないはずの日本語を話すことが出来る《5人組や、5人組の仲間達》の操作は、世界中の人も対象であるが、突然に始まり、突然に終わる。マケドニアの歩兵が、日本語の敬語を話すことも、《5人組や、5人組の仲間達》の、この操作からである。《5人組や、5人組の仲間達》は、覗きの対象者たちが、外国語を話していると、言葉が分からないので見ていて退屈であり、そこから、このような悪事が発生した。

 ②。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを奪われている状態であり、賢くは無い。

  (1)。「元々の、本来の自分の状態」も賢くないが、《5人組や、5人組の仲間達》から、さらに、「かなり」賢さを無くされている状態である。

 ③。性質は、子供のような純粋な心を持ち、とても優しい。勉強は苦手である。大人の自分が、子供の自分を守ろうとするが、《5人組や、5人組の仲間達》の邪魔(悪事)から、守ることが出来ないので、可哀想である。自分の嫁と子供を「凄く」守ろうとするので、自分の嫁と子供を守る為に、私を守る場所から勝手に移動して、自分の嫁と子供を守ろうとしたことがある。ちなみに、彼の嫁は、私や、《本来の自分の人生を生きているような状態》のジョシュが、納得する相手ではなく、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、異常者などが、彼の嫁になることがある。

 ④。人の体では、目が細く、髪は黒く、西洋人であり日本人ではない。背が高く、肉体労働に使える。

 ⑤。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、私の騎馬兵である。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合に、「何度も」、私を含めた仲間を守り、労働力の協力もしてくれた。

 ②。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、人の体で大人の状態で、人の体で赤ちゃんの状態のアレクなどの、オムツを変えた。

 ③。《本来の自分の人生を生きているような状態》のジョシュは、《善人の仲間》などの《真実の記憶(情報)》を持っている場合には、多少の協力をするが、あまり頼れない。役に立たない。諦める性質があり、勝手な途中脱退をしなかったことが無い。完全な信用は出来ない。

 ④。《本来の自分の人生を生きているような状態》のジョシュは、《21世紀の時代の日本》では、活動資金などの、お金の協力をすることが多い。

 ⑤。誰でも同じであるが、《本来の自分の人生を生きているような状態》のジョシュは、《善人の仲間》などの、《真実の記憶(情報)》を持っていない場合には、私などに攻撃をしてくることがある。





<2>。★兵士のベーコム★

 ①。金髪で、青い目であり、西洋人であり、日本人ではない。

 ②。余計なことは話さない方が良いと学ぶぐらいの、賢さがある。つまり、無口である。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを奪われている状態であり、賢くは無い。

  (1)。「元々の、本来の自分の状態」も賢くないが、《5人組や、5人組の仲間達》から、さらに賢さを奪われている状態である。

  (2)。ジョシュよりは、少しだけ、賢い可能性が高い。

 ④。性質は、優しい。

 ⑤。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、私の騎馬兵である。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、「何度も」、私を含めた仲間を守り、労働力の協力もしてくれた。

 ②。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、人の体で大人の状態で、人の体で赤ちゃんの状態のアレクなどの、食べ物を料理した。

  (1)。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、よくありがちに、料理の担当である。料理は、まったく上手くないが、他に最適な人がいないから。

 ③。《本来の自分の人生を生きているような状態》のベーコンは、《善人の仲間》などの《真実の記憶(情報)》を持っている場合には、多少の協力をするが、あまり頼れない。役に立たない。諦める性質があり、勝手な途中脱退をしなかったことが無い。完全な信用は出来ない。

  (1)。《本来の自分の人生を生きているような状態》のベーコンは、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、活動資金などのお金の協力をすることが多い。

  (2)。誰でも同じであるが、《本来の自分の人生を生きているような状態》のベーコンは、《善人の仲間》などの、《真実の記憶(情報)》を持っていない場合には、私などに攻撃をしてくることがある。





<3>。★金払え★

 ①。名前を覚えていないので、私は、よくありがちに、彼のことを「金払え」と、いう名前で呼ぶ。

  (1)。彼は、よくありがちに「金払え」と発言する。この発言から、自分が「金払え」という人物であると、表現する為にも発言する場合がある。

  (2)。「金払え」という発言は、彼の父親が、過去にした発言である。アメリカ人である父親が、日本人の私に、「日本は、アメリカに、もっと金を払うべきだ」という意味で、冗談を含めた発言をしたことからである。

 ②。よくありがちに、父親は彼に、「私の役に立つように頑張れ」と発言して彼を残し、自分は、私の役に立たない状態で、そのまま自分の人生を満喫しようとする。父親は、たまに、少し協力を行おうとするが、あまり役に立たない(父親に、役に立つ能力は無いが、少しだけ正義感がある)。よくありがちに、父親は、彼が自分の子であると、知らないことが多く、突然知らされることになる。父親との親子の関係は、DNAを調べると分かる。知った場合には、しばらく後に、彼を喜ばせる為の品物などを送ってくることが多い。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》が作り出す、数千年以上続いている異常な状態である、繰り返しの世界の歴史で、色々なことがあった結果に生まれた子供である。

 ③。母親は誰なのかは分からない。私は、彼の母親は、アメリカ人か、日本人か、ギリシア人である可能性が高いと考える。

 ④。彼は、いつもニコニコしている。彼は、まったく分からない状況(状態)で生きることを強要されているので「仲間と一緒に居られることが嬉しい」。

 ⑤。髪の毛は、少し丸まっている(天然パーマ)状態で、体格は大柄で、肉体労働に使える。

 ⑥。《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを奪われている状態であり、賢くは無い。

  (1)。「元々の、本来の自分の状態」も賢くないが、《5人組や、5人組の仲間達》から、さらに賢さを奪われている状態である。

 ⑦。性質は、難しいことは、ほとんど何も考えていないような状態である。

  (1)。嬉しいことを嬉しいと感じて、悲しいことを悲しいと感じることに、「単純」が加わった状態である。

 ⑧。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、私の騎馬兵である。

  (1)。彼は、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で産まれたので、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている、騎馬隊の状態である。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、私の護衛であり、私の背後を守っていることが多い。私の執務室に存在する場合も多い。「何度も」、私の命を救った。労働力の協力もしてくれた。

 ②。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、人の体で大人の状態で、私の護衛や、見張り、雑用などをしてくれる。たまに、私の指示を断ることがあるが、簡単に説得することが可能である。





<4>。★じいさん★(私は、「ヒザの悪いじいさん」と呼ぶこともある)。

 ①。日本人ではない、白人である。少し小柄で、少し太っている。

 ②。《私の仲間》では、一番の年上であり、私よりも、20歳以上の年上であることが多い。年寄りなので、ヒザを悪くしている状態がある。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》に、膝を悪くされている場合もある。

 ③。彼は、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合に、私が、傭兵を集めているときに、入隊してきた兵士である。

  (1)。彼は、槍を持って整列している、歩兵である。

   1。彼は、私達の役に立ってくれた実績などがあるので、私は、もしも、今後があり、馬が足りるならば、彼に騎馬隊をお願いしたい意向がある。

   2。だが、私に、正常な記憶などが無い状態ならば、彼を馬から降ろし、殺す可能性があるので、危険かもしれない。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者は、よくありがちに、勝手に、騎馬隊として存在するので、私は、馬から降ろして殺すのである。

  (2)。彼は傭兵なので、誇りよりも、お金が大事であり、傭兵はみんな同じであるが、敵の死体からお金を拾う。私も、『もったいない』などの理由から、敵の死体からお金を拾うことには、賛成である。仲間が喜ぶので、嬉しいことである。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを奪われている状態であり、「あまり」賢くは無い。

  (1)。私は、彼の《本来の自分の人生を生きているような状態》を知らないので、不確かであるが、「元々の、本来の自分の状態」の賢さは、普通ぐらいである。賢くもなく、馬鹿でもない。

 ⑤。性質は、自立心、向上心が高くて、頑張り屋である。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、通信制の高校を卒業して、就職をしようとしていた。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合では、節約してお金を貯めて、いずれは良い暮らしがしたいと頑張る。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合の、男の群れの中では、自分が、知性などの良いものを持っているとして、自分が弱い人であると、思われないようにする。正しく生きたいという意向を持つ。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、人の体で大人の状態で、人の体で赤ちゃんの状態のアレクなどの、赤ちゃん用のミルク(食べ物)を用意した。

  (1)。水の分量と、ミルクの粉の分量を、しっかりと量り、混ぜ合わせることで、赤ちゃん用のミルクになる。

 ②。《善人の仲間》などの、真実の記憶(情報)を持っている場合には、自分も役に立とうと、協力をしてくれる。大きく役に立ったことは無いが、存在してくれるだけでも、ありがたいほど、長く仲間として生きている。





<5>。★木工★

 ①。私は、よくありがちに、「木工」と呼ぶ。

 ②。西洋人であり、不確実であるが、アメリカ人である。

 ③。性質は、少し正義感が少ない。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、自分が能力を持っていると見せ掛けることが多い。よくありがちに、他の木工の担当者から「彼は、木工の技術を持っていない」と、私に告発がある。妻を与えると、妻などに、自分は高い地位であると見せ掛ける為に、統率者であるように振る舞う。

  (1)。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合には、お金を稼ぐ為などに、自分は働ける(有能である)と、表現する為に見せ掛けを行う。

  (2)。私は、彼は賢くないので、上手に人を騙すことが出来ないと、考える。

 ④。まったく役に立たないが、雑用などの肉体労働は可能であり、簡単な木工の作業を教えても使える。

  (1)。《善人の仲間》として、長く一緒に居る存在であるが、それだけの存在でもある。

 ⑤。《21世紀の時代の日本》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、よくありがちに、アメリカで生きている。

  (1)。その場合、《私の仲間》と一緒に居て、《私の仲間》に、自分が作った木工品などに『やすりがけ(表面を滑らかにするもの)』を、させたりしている場合がある。

   1。インターネットなどを使い、販売しているようである。

   2。私は納得していないが、彼が《私の仲間》の統率者となっているようである。(彼は、統率者の能力が無いが、性質として人より上の立場になりたがり、《私の仲間》は《5人組や、5人組の仲間達》に知能(記憶)などを奪われている状態であるので、よくありがちに、この状態になる)

  (2)。その場合、過去に私が、アメリカで木工を学ぶ為に渡した金を使い、女と暮らしている場合がある(木工を学んでいない場合もある)。

   1。彼は、まったく役に立たない。だが、アレクや《正常な人》は私に、「それでも、また、彼に金を渡しておいた方が良い」と言うので、私は仕方なく、役に立たないのに、彼に何度も金を渡している。

   2。たまに、彼は、正義感(勇気)を持って、少しだけ役に立とうとしてくれる。だが、ほとんど役に立たない。勝手な途中脱退もする。

 ⑥。彼は、どのような場合でも、《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを減らされている(無くされている)状態である可能性がある。つまり、賢くは無い。

  (1)。元々の、本来の自分の状態も賢くない可能性が高いが、《5人組や、5人組の仲間達》から、さらに、賢さを無くされている状態である。

 ⑦。私は、彼は、本来の自分の状態では、木工の技術を持っていた可能性があると考える。

【過去の実績】

 ①。私は、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合には、彼を、木工の担当者たちの統率者として使ったことがある。(他の人が、木工の担当者たちの統率者であったこともある)

 ②。彼は、無駄に威張る不快な統率者であり、あまり幸せに導く能力のない統率者であるが、《21世紀の時代のアメリカ》で、《私の仲間》の生活などの世話をしていた。だから、《私の仲間》が生き延びていたのであり、私は少し感謝している。





<6>。★金属の加工★

 ①。私は、よくありがちに、「金属(鉄)」などと呼ぶ。

 ②。髪が黒い。日本人ではない。西洋人の可能性が高い。背は、高くもなく、低くもなく、「少し」太っているような体系である。

 ③。彼は、アレクのところで働いている場合も多い。

 ④。性質は、真面目である。働き者である。善人である。正しく生きたいという意向を持つ。《21世紀の時代の日本》に来た場合には、子供や、動物の状態である場合が多く、高温の作業が危険なので、なかなか金属の加工の作業が出来ない状態である(私が、危険なので許可しない)。その場合に、「自分は、金属の加工の作業が行える状態があれば、自分も役に立てるのに」と、表現することが多い。彼は、自分が役に立っていない状態が、自分が低能者のようで、不快なのである。彼は、命懸けで《21世紀の時代の日本》に来たのに、何も手に入れられない状態が嫌なのである。《21世紀の時代の日本》では、なかなか金属の加工の作業が出来る場が無いが、与えることは可能である。また、私は、《21世紀の時代の日本》では、学べることが多いので、彼に学びを与えたいという意向を持つ。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、槍や鎧などの金属の加工を行う。料理用の鍋なども作る。

 ②。《21世紀の時代の日本》では、必要な金属の品は買うことが出来るので、学ぶ為に、金属の加工の作業場で作業をする(必要な品を、彼が作ってくれることもある)。





<7>。★床屋★

 ①。少し小柄の西洋人である。アメリカ人の可能性がある。

 ②。性質は、《善人の仲間》「だけ」と一緒に居る場合は、落ち着いて大人しいが、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者が侵入して一緒に居る場合には、イライラしている(誰でも同じ反応であるが)。働き者である。

  (1)。床屋を行うことが好きで、床屋を辞めさせて他の仕事を任せようとすると嫌がり、床屋を続けようとする。私は、利益で釣ったりして、彼を納得させてから、彼に他の仕事を行わせている。床屋ではなく、正しいことを行うことが、本来の彼の意向である。

  (2)。体の動かし方が、軽くて小動物のようである。

 ③。彼の、《本来の自分の人生を生きているような状態》は、知らない。マケドニアの山賊だった可能性がある。真実の記憶(情報)を持っている場合には、多少の協力をするが、あまり頼れない。役に立たない。

 ④。《善人の仲間》は、《21世紀の時代の日本》の青森という場所で生きる可能性があり、私が、青森などで生きる場合には、何かでお金を稼ぐ方が良いと考えて、彼に床屋を任命した。だが、本来の自分の記憶を取り戻した彼は、「俺に床屋をやらせるな!」と怒るので、床屋を行わせなくても構わない。そして、床屋を行わせても良い。本来の自分の記憶を持たない彼は、人の髪を切ることが大好きであり楽しい。私の長い髪に興味を持ち、私の髪を触り、切ろうとすることもあるが、それは、《5人組や、5人組の仲間達》から、本来の自分の賢さが、無い状態にされているからである。

  (1)。本来の彼の状態ならば、遠慮がなく、他人の髪を触ったり、切ろうとしたりしない。

  (2)。床屋であるが、カミソリは危ないから持たせていない。ハサミも気を付けること。

  (3)。過去に、何度も、《善人の仲間》は、《21世紀の時代の日本》の青森という場所で生活している。(青森の生活の拠点では、不当な襲撃に注意すること)

 ⑤。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを奪われている状態であり、賢くは無い。

  (1)。元々の、本来の自分の状態も賢くないが、《5人組や、5人組の仲間達》から、さらに、賢さを無くされている状態である。

 ⑥。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、私の騎馬兵である。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、何度も、私を含めた仲間を守り、労働力の協力もしてくれた。

 ②。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、人の体で大人の状態で、雑用(買い物、荷物運びなど)をしてくれる。





<8>。★ひろし★

 ①。日本人である。普通ぐらいの身長。日本人として、かなり、よくありがちな特徴として、髪が黒く、目が茶色い。《剣と槍の時代のマケドニア》で、生きている場合は、目に生気が無いことがある。

 ②。性質は、発生すると確定していない未来を恐れて、その妄想の未来を嫌だと主張する場合がある。

  (1)。少しだけ暗い気分を好み、アレクが光の方向に導こうとすると、不快感を感じる性質なので、無理に導こうとしないでほしい。

  (2)。幼少期には、恐れから、大きな声を出して相手を批判(威嚇)しようとする場合がある。

  (3)。人を幸せにしたい(不幸から救いたい)と、いう意向を持つが、ほとんど役には立たない。彼は、不幸な状態の人を救いたいという『心と考え』を持っているが、能力が低く、悲しみの中で殺されるだけの結果が多い。

  (4)。彼は、戦うことは嫌いであるが、雑用などは、「それならば出来る」と発言して、行うことが多い。

 ③。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》から、記憶を無くされている状態もあるが、知能は、無くされていない状態である可能性が高い。

  (1)。彼は、元々の、本来の自分「ぐらい」の賢さで存在している可能性が高い。彼の、本来の自分「ぐらい」の賢さとは、あまり賢くない状態である。

 ④。私は、彼の外見から、彼であると、判別することが難しいので、彼に、自分を自分であると表現する動作(行動)を行わせて、彼であると判別することが多い。

  (1)。私は、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、彼の実績などの記憶が無い場合、彼を敵であると判別することが極めて多く、彼を、何度も、知らずに殺してしまった実績がある。

  (2)。私が、《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》ならば、彼の《本来の自分の人生を生きているような状態》を知っている。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、アレク達の、動物の状態の世話をすることが多い。彼は、全ての動物の世話をするが、特に、象、コアラを世話することが多い。檻の掃除などを行う。

  (1)。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、アレク達の、人の状態の世話もすることが多い。

 ②。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、私の補助として、生活の雑用、本の作成の補助などを、行ってくれる。

  (1)。だが、役に立たないことも多く、頼れる存在ではない。正しい行動を、途中で、諦めることも多い。

 ③。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、アレク達と一緒に雪山で生活したことがある。私は、彼の仕事は雑用であると推測する。

  (1)。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、私ではなく、アレク達と一緒に居て、アレク達からの仕事をすることで生きている場合が多い。彼が《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、この状態が、彼の最善の生存方法である。

 ④。動物の状態の彼は、状況などに呆然として、記憶が有っても、無くても、ほとんど役に立たない。だが、雑用をすることは可能である。

 ⑤。彼は、《21世紀の時代の日本》では、《私の仲間》であり、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、《アレクの仲間》である。

 ⑥。《21世紀の時代の日本》で、私は、彼に、「大型トラックの免許(象やクジラの為)」と、「大型の船の免許(象などを乗せて、世界中に行く可能性がある)」を持つようにと、指示したことがある。





<9>。★2流の大学を卒業した人★

 ①。日本人である。少し小柄で、声がとても汚い。体型は細くない。

 ②。《21世紀の時代の日本》で、頭が良いと有名である学校を卒業したが、日本で一番の学校ではない。

 ③。性質は、「少し」正義感があり、自分に自信を持っている。「少し」他人に強要することがある。幼少期には、自分が統率者となり、悪い状態を解決しようとすることがある。事象を、自分の「責任の有無」、「関係の有無」(つまり、自分への被害があるかどうか)などで、判断しようとする。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、アレク達の、動物の状態の世話をすることが多い。全ての動物の世話をするが、特に、象、コアラを世話することが多い。檻の掃除などを行う。

  (1)。彼は、大人の、象のアレクと、よく会話していた。

  (2)。彼は、大人の、象のアレクに、七輪で焼いたものを食べさせてくれたり、刺身を食べさせてくれた(自分で七輪を持って来て焼いていた)。

   1。アレクが、美味しいものが好きなので、彼が美味しいと感じるものを、食べさせてくれたのである。

 ②。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、私の補助として、本の作成などを、手伝ってくれることもある。

  (1)。だが、役に立たないことも多く、頼れる存在ではない。正しい行動を、途中で、諦めることも多い。

  (2)。自分で、未来の為に、本を書くことも多い。

 ③。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、《21世紀の時代の日本》に、マケドニアで育った子供の状態の自分が来ると、自分で、子供の状態の自分を教育しようとする。教育の方法は厳しいようで、子供の状態の自分は、よくありがちに、泣いたり、苦情を言ったりしている。

  (1)。その結果、子供の状態の彼は、私が悪いと考えるようで、私を攻撃したことがあった。

  (2)。彼は『教育ママ』のように怒りながら教えるので、私が「あなたは、そのように親から教わったのか?」と聞くと、彼は「自分は、このように親から教わっていない」と言う。

 ④。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、よくありがちに、《21世紀の時代の日本》に来たアレク達に、文字、算数、理科、歴史、日本の常識(信号、踏切、ありがとう、おはよう等)などを教える担当である。

  (1)。ひろしなどが、担当する場合もある。

  (2)。これは、途中で辞めないで、「何度でも」、教えること。

  (3)。文字を教えると、学者などの少し賢い仲間は、本を与えるだけで自分で学んでいく。だから、アレク達が欲しがる本ならば、何でも、次々と、与えること。インターネットなどで、自分で欲しいものを選ばせると良い。お店に、映像用のカメラを持って行き、撮影した映像を見せて、欲しいものを選ばせても良い。

  (4)。学者などの少し賢い仲間は、大学以上の内容でも、本を与えれば、ほとんどを自分で学べるが、質問(疑問)を持っているようならば、「可能な限り」教えてあげること。

  (5)。「アレク」、「ヘパ」、「エペイロス王」、「木工」、「金属の加工」、「エウメネス」には、高校程度以上の内容を、教えること。

   1。「アレク」は、歴史、外国の知識、地理、賢人の言葉などが好きである。

  (6)。「ジョシュ」、「ベーコン」、「金払え」、「じいさん」、「床屋」、「フィリッポス王」、「オリンピアス」、「クレオパトラ」、「歩兵」などは、勉強が苦手な可能性が高いので、中学校までの文字と、小学校の算数と、小学校の理科、簡単な使える英単語などを、教えること。本人が欲しがるのならば、もっと教えてあげてほしい。

   1。歩兵は、勉強するよりも、アレク達の世話をしたがるが、少しずつでも教えること。

  (7)。生きる為に必要になる可能性があるので、生活の為の知識も教えること(買い物が出来ることや、注意書きなどが読める等)。彼らの、可能性のある未来には、日本以外で暮らす場合も考えられる。《剣と槍の時代のマケドニア》で生きる場合に、役に立つ知識も与えてほしい(城の作り方、戦いの方法、自然を利用した生活方法、医療など)。

  (8)。「エウメネス」には、簿記、税理士、法律、政府機関(国を仕切る役割、方法などの紹介)などを、学ばせると良い。

   1。本人が、欲しがる分を、教えてあげてほしい。

 ⑤。彼は、《剣と槍の時代のマケドニア》では、アレクと同じぐらいの年で、アレクと同じ学校に通っていたことがある。

 ⑥。彼は、《21世紀の時代の日本》では、《私の仲間》であり、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、《アレクの仲間》である。





<10>。★ホビィ★

 ①。よくありがちに、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、ゴリラの状態を強要され、上野の檻の中に居ることになる。

  (1)。この場合、「アレク」、「ヘパ」、「エペイロス王」も、ゴリラの状態であることが多いが、彼は、3人が仲良くしていて、自分には、仲良くしてくれる友達が居ないことを、悲しがる。

 ②。人である場合の外見は、肌が黒い黒人である。大柄で体格が良い。

 ③。性質は、少し賢い。真面目である。深く考えずに、瞬間的に怒りを爆発させて、我慢せずに、攻撃する場合がある。

  (1)。彼は、自分が損になるような反抗をせずに、受け入れて、服従する賢さがある(見せ掛けでも)。だが、彼は、悪いことではないならば、普通に会話をするだけで、納得して、行ってくれる(協力してくれる)。彼を、服従させようとは、しないでほしい。強要ではなく、自発的な協力を求めること。

  (2)。彼は、黒人であることを指摘されることが、「凄く」、「とても」嫌いであり、「凄く」、「とても」怒る。(《21世紀の時代の日本》と、同じ時代(状況)で生きている黒人は、ほとんどが、同じで反応である)。肌が黒いことは、話題にしないでほしい。肌の黒いことに関係する質問なども、しないでほしい。「絶対に」、黒人の、この反応を直そうとは、しないでほしい。

  (3)。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、正しく生きたいという意向を持つ場合と、《自分だけが幸せならば、他人は不幸でも構わない》と、いう意向を持つ場合がある。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、私の国で、黒人を奴隷から救おうと、かなり頑張るが、成功したことは無い。

  (1)。彼は、《マケドニアの北の、私の国》に、大量の黒人を連れてこようとするが、それは危険である。

  (2)。彼は、《マケドニアの北の、私の国》で、20人程度の黒人などと、農業などを手伝って暮らしていたことがある。

 ②。《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼は、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、私の本の作成を手伝ったり、雑用などを行ってくれる。

  (1)。途中脱退することもあり、完全に頼れる存在ではない。

 ③。《21世紀の時代の日本》で、ゴリラの状態にされている彼は、檻の中で本を書いたり、インターネットを使ってお金を稼いでいる。よくありがちに、私は、彼に、直筆で日記を書かせて、インターネットで公表するように言う。





<11>。★女3人組★

 ①。彼女たちの、偽者になろうとする《5人組や、5人組の仲間達》が多い。

 ②。3人とも、凡人として、普通ぐらいの能力(知能など)を持つ。

 ③。1人は、漫画家であり、珍しく特徴的な、個性のある絵を描くことが特徴である。

 ④。性質は、あまり良いものではなく、達観して(悟って)いないので、些細(些末)なことに、不満を持つ人が2人(3人かもしれない)。

  (1)。気が強く、私などに、苦情や批判を言ってくる人もいる。彼女たちは、「自分たちよりも、イライラしている状態の私の方が、達観して(悟って)いない」と、主張したことがある。

  (2)。彼女たちは、正しく生きたいという意向を持つ。

 ⑤。私は、女は危険だから《善人の仲間》に不要であるという意向を持つが、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、何度も、彼女たちが私達といる状態を強要されるので、仲間として使うことになった。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、何度も、私達といる状態を強要される人は多いが、彼女たちは「被害者」であり、主犯ではなく、自発的な悪事を行う性質も無いので、仲間として使うことになった。

 ⑥。彼女たちは、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事として、《真実の記憶(情報)》を知らない親などから、怒られることもある。

 ⑦。彼女たちは、《真実の記憶(情報)》を持っていれば協力してくれるが、持っていなければ、私が悪いとして私に攻撃してくることがある。

 ⑧。よくありがちに、彼女たちの、私の偽者への苦情(批判)を、《5人組や、5人組の仲間達》の操作などの悪事から、本物の私が受け取ることになり、本物の私が怒りを持つことになる。

【過去の実績】

 ①。女なのに、《善人の仲間》の善行を手伝ってくれる、凄い人達である。

  (1)。彼女たちは、自分達が、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、逃げきれない状態であるという自覚から、自発的に、《善人の仲間》の善行を手伝いたいと主張した。

  (2)。彼女たちは、過去に、何度も、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の被害を受け、酷い状態になった。

 ②。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、《善人の仲間》の善行の手伝いとして、生活などの雑用を行うが、《21世紀の時代の日本》での生き方を知っている場合には、品物の手配や手続きなどで、予想よりは役に立つことが多いようだ。

  (1)。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、ミーアキャットや、人の状態であることが多い。

 ③。《善人の仲間》の善行の手伝いを行いたくないと、主張する場合もあり、その場合は、私が、その主張を受け入れることもある。

  (1)。だが、完全に繋がりが切れることは無い。

 ④。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、不確かであるが、アレクの城に住んで、雑用をしている可能性が高い(この状態が、この状況での、彼女たちの、最善の生存方法である。その場合、3人とも美人ではないのに、アレクの城に住んでいる状態である。他の場所でアレクの為に働いている可能性もある)。

  (1)。私は、《剣と槍の時代のマケドニア》で、彼女たちを見ていない。

  (2)。私は、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、意識の分断などの《5人組や、5人組の仲間達》から操作をされている状態が、凄く多く、彼女たちの、生活などの世話は出来ない。

 ⑤。彼女たちは、ミーアキャットの砂漠で、ミーアキャットの状態の、「アレク達(《善人の仲間》)」、「《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、私達といる状態を強要される人(悪人、主犯が多い)」、「《5人組や、5人組の仲間達》(《善人の仲間》の偽者としての侵入を含む)」と、ミーアキャットの状態で、一緒にいることが多い。

 ⑥。多種類のアレクの側室や、アレクの優秀な木工などと、男女の中になったことがある。





<12>。★配達員A★(配達員は、3人を覚えているが、配達員Cは、《善人の仲間》から抜けさせることが多い)

 ①。配達員Aは、《21世紀の時代の日本》で、配達員の仕事をして、働いている。

 ②。私が、《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の39歳の場合、配達員Aは、ほとんど老人である。肉体労働に、あまり使えず、賢さも、あまり無い。

 ③。配達員Aの性質は、ぼんやりとしている。

 ④。彼は、ほとんど役に立たない。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》で、私とアレクが、コンビニ等を経営しようとしていた場合に、彼は、お金を受け取り、品物を売る店員として、手伝ったことがある。

  (1)。私は、彼に椅子を与えた。



<13>。★配達員B★

 ①。配達員Bは、《21世紀の時代の日本》で、配達員の仕事をして、働いている。

 ②。配達員Bの性質は、心が弱い部分があり、その結果、体が不調になることがある。恐れを消す為に、よく働こうとする。体を動かしている方が、体調が良いようである。

 ③。彼は、ほとんど役に立たない。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》で、私とアレクの店の手伝や、雑用など。

  (1)。彼は、《善人の仲間》の善行を、手伝わないこともある。



<14>。★配達員C★

 ①。配達員Cは、《21世紀の時代の日本》で、配達員の仕事をして、働いている。

 ②。配達員Cの性質は、ヤンキー(悪人)をカッコイイという価値観を持ち、他人から怖れられることを好む。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》で、私とアレクの店を手伝おうとしていたことがあるが、私は断った。(私は意識の分断がある状態であり、彼が勝手に働いている状態で、私の意識が戻った)





<15>。★料理人★

 ①。日本人であり、小柄でも、大柄でも無く、少し髪が丸まっている(天然パーマ)。

 ②。《21世紀の時代の日本》では、職業として、料理人をしている(自分の料理の店も持っている)。

  (1)。《21世紀の時代の日本》の料理には、「少しだけ」化学式を使うので、数学も「少しだけ」得意である可能性がある。

  (2)。私が、《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》ならば、彼の《本来の自分の人生を生きているような状態》を知っている。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを奪われている状態であり、賢くは無い。

  (1)。元々の、本来の自分の状態は、普通ぐらいの賢さである可能性がある。

 ④。性質は、向上心が高く、上手に料理が出来ない場合には、不満を持つ。《21世紀の時代の日本》では、《本来の自分の人生を生きているような状態》として、かなり忙しく働いている。店の経営は、上手くいかないことも多いようである。料理と、店の経営は、別の能力であり、《21世紀の時代の日本》は不景気なので。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、マケドニアで育った、本来の自分の人生の記憶が無い彼が、人の体で大人の状態で来た場合には、料理を学ぶことを頑張る。

  (1)。彼は、料理が上手く出来ないと不機嫌になり、美味しいもの食べている人を、羨ましいと考えるので、少し気を付けること。

  (2)。この状態の彼に、《21世紀の時代の日本》で、《本来の自分の人生を生きているような状態》の彼が、料理などを教えようとすることもある。

 ②。《剣と槍の時代のマケドニア》では、アレクの城の料理人を行っている場合が多い。

  (1)。つまり、私の兵士というよりは、アレクの城の料理人である。私は、彼の、マケドニアでの活躍は知らない。アレクの城の料理人は、料理場からほとんど出ないので、私との接点が無い。「たまに」、私がアレクの城の料理場に入ることがあり(ヘパが一緒のことが多い)、その場合、記憶を持たない私は、彼を敵であると判断する場合があるので気をつけてほしい。

   1。私が、アレクの城の料理場に入ると、よくありがちに、逃げていく料理人が複数人、存在する。

  (2)。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事(強要)から、《剣と槍の時代のマケドニア》で、アレクの城の料理人を行うことになっている。真実の知識(記憶)があれば、正義感などから、自発的に、アレクの城の料理人を行いたいという意向を持つ場合がある。私は、彼が《剣と槍の時代のマケドニア》で生きるのならば、アレクの城の料理人を行うことが、彼の最善の生存方法であると考える。

 ③。彼が、《真実の記憶(情報)》を持っている場合には、自分も役に立とうと、協力をしてくれることがある。さらに、自分は、逃げられない状態であるという正しい認識を持つと、自分の状態を改善しようと活動する場合がある。

 ④。彼が、《本来の自分の人生を生きているような状態》ならば、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、未来の自分(マケドニアの料理人を行っている自分)に、本を残すことが多い(自作も含む)、だが、未来の自分はその本を見ても、あまり理解しないようである。

  (1)。彼が、《本来の自分の人生を生きているような状態》ならば、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、「自分ならば分かる」と予測して、未来の自分に残す為の、本の作成を頑張ることが多い。

  (2)。彼が、《本来の自分の人生を生きているような状態》ならば、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、他の本の作成も行い、私の本の作成を手伝うこともある。

  (3)。私が、《5人組や、5人組の仲間達》から操作を受けている場合に、彼の残す本などを無くそうとする場合があるが、私は、彼の好きに残せば良いと考える。

 ⑤。彼は、《21世紀の時代の日本》では、《私の仲間》であり、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合は、《アレクの仲間》である。





【★3。アレクの仲間の一覧】

【前書きとして】

<1>。これは、私が、《善人の仲間》であると、確認済みである、アレクの仲間である。

 ①。アレクには、他にも、たくさん仲間がいる。(偽者に、気を付けてほしい)





【紹介】

<1>。★ヘパ(本名は、ヘファイスティオン)★

 ①。私は、よくありがちに、「ヘパ」と呼んでいる。アレクは「ヘファ」と呼んでいる。

 ②。過去からずっと、アレクの、一番の男の恋人であり、一番の親友であり、一番に信頼が出来る人である。とても仲良く愛し合い、アレクが冷たくすると、落ち込む。私は、二人が一緒に居て、仲良くしていることを望んでいる。

 ③。アレクは、彼に「行うべきこと」、「もっと良いことを行うこと」などを、自分で考えさせる為(導く為)に、彼に冷たくする場合もある。

 ④。顔が女のようで、体は騎士のように立派であり、戦うことが出来る。アレクと、少し、顔と体が似ている。

  (1)。マケドニアの国の貴族である。私は、彼は長く貴族をしているから、この外見なのだと考える。顔が男で、体が女のようでは、騎士として出世することが難しい。

  (2)。ヘパの先祖が何代も、アレクの先祖の何代もの世話をした歴史があり、お互いの先祖から続いている、長く一緒に協力して生きてきた仲間である。ヘパの先祖の手柄に、アレクの先祖が、自分の好みの女を与えたことが、何度もあったから、ヘパは、アレクの好みの顔をしているのである。

 ⑤。性質は、「少し」馬鹿である。アレクの意向を「少し」間違って認識する。アレクは不満があると、怒りを爆発させる性質であるが、彼は我慢する性質であり、大人しく怒っている状態になる。自分の「アレクの一番の大事な家臣」である地位を、取られる可能性のある対象に、「アレクの一番は自分である」と主張して、少しだけ、嫌がらせをする可能性がある。

  (1)。彼は、アレクが居ない場合には、自分だけで生きている状態を、放棄するような場合がある。

 ⑥。よくありがちに、アレクが焼きもちで悲しまないように、私に、自分のぼさぼさの髪の状態を見せて、自分を美しくないと認識させようとする。

  (1)。これは、私は、アレクが大好きなので、不要なのに、彼は、よくありがちに、行う。

【過去の実績】

 ①。彼は、どのような状態でも、アレクの補佐を行っている。

 ②。《21世紀の時代の日本》では、アレクの為だけに行動することから、かなり変人の行動をする場合がある。彼は、悪意があるのではなく、アレクの為に行動をしているだけである(これは、マケドニアの歩兵の性質でもある)。彼を、可能な限り、自由に行動をさせてあげてほしい。彼は、よくありがちに、アレクの生活の為のものなどを、私の所などから、運んでいこうとする。私は、そのほとんど全てを許可している。なるべく、私の所から持って行ってほしい。なるべく、欲しいものは私に言ってほしい。私は、仲間の幸せの為のものは、与えたいと望む。

  (1)。私が操作を受けていない状態であれば、私が彼に教えるので、彼は正しい行動を出来るのである。

 ③。必要性があり、私が、掃除や料理などの生活の雑用を頼むこともある。アレクは「ヘファに行わせるな」と主張するが、ヘパが行うことが最善の状態だから、ヘパが行うのである。





<2>。★エペイロス王(名前は、アレクと同じ、アレクサンダーである)★

 ①。オリンピアス(アレクの母親)の弟なので、外見も、アレクに少し似ている。

 ②。私に、「名前は?」と聞かれると、「言いたくない」と返答することが多い。何故なら、アレクと同じ名前だから、私に偽者であると認識されたくないから。私に「エペイロス王か?」と聞かれると、少し認める場合がある。

 ③。彼は、戦うことが出来る。

 ④。彼は、エペイロスという名の国(マケドニアの近く(西)の国)の、王様である。

 ⑤。彼の判断は早く、自分の城に存在する敵(偽者)を殺す(王様なので、自分の国に住む人を、自分で決める正当な権利がある)。

  (1)。彼の家臣に、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者が存在することが多い。

【過去の実績】

 ①。どのような状態でも、アレクの補佐を行っている。よくありがちに、アレクを守ろうとする。自分よりも、アレクの幸せを望んだ。

 ②。アレクは、彼などと、チェス(ゲーム、遊び)をすることを好む。

 ③。《21世紀の時代の日本》に来た、人の状態の彼は、小説家だったことがある。アパートに住み、その稼ぎから仲間の生活費などを稼いでいた。この状態は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事で、邪魔された(阻止された、奪われた、壊された)。

 ④。《21世紀の時代の日本》に来た、人の赤ちゃんの状態の彼は、私立の小学校に通い、学校を卒業して、警察で働いていたことがある。
 
  (1)。私は、彼が定年まで、分断などが無く正常に、警察で働いてくれると、嬉しい。

  (2)。私立の小学校では、少し、自分より幼い人(体は同じ年であるが)と一緒に学ぶので、恥ずかしいことを、させられるようである(お遊戯など)。

  (3)。まだ子供なのに、クレオパトラとの子供が出来ることが多い(彼の子供は、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者が、成り代わる場合が多い)。

  (4)。彼の教師などが、《5人組や、5人組の仲間達》である場合が多い。彼に嫌がらせを行った実績から、《5人組や、5人組の仲間達》のスカウトの対象者である。





<3>。★フィリッポス王★

 ①。少し目が細い。背は低くもなく、高くもなく、丈夫そうな外見である。

 ②。彼は、実際の、アレクの父親ではない可能性が高い。

  (1)。彼の偽者は、複数が存在するが、私が知っている、いつものフィリッポス王であると考える彼は、1人だけである。

  (2)。私は、彼の本来の自分の人生の状態は、アレクの城の近くで生きていた、有力者であると考える。

 ③。彼は、強く、戦い方は、臨機応変な暴れん坊である。

 ④。彼は、危ない状態なのに、1人で出掛けていく性質を持つ。

 ⑤。判断が早く、不要な家来を即時に殺す。

  (1)。私もアレクも、彼に殺されたことがあるが、彼が真実の知識を持っているならば、私とアレクが、彼に殺されることは、あまり無い。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》に来た彼は、自由な行動をして、1人で出掛けていく。私の指示もあまり聞かないが、私はそれを、構わないと考えている。

 ②。《剣と槍の時代のマケドニア》では、マケドニアの国を管理して、アレクの子供時代の世話もした。

 ③。《剣と槍の時代のマケドニア》では、アレクを強く育てる為などに、子供のアレクと私(ヘパなども)を、敵と戦う場に連れて行く場合がある。つまり、子供のアレクは、子供の頃から命がけの実践でも、戦いを学ぶ。





<4>。★オリンピアス★

 ①。アレクの母親。エペイロス王の姉。

 ②。子供の頃のアレクは、彼女に似ている。

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》に来た、ミーアキャットの状態のオリンピアスは、人手が足りなかったので農業を行い、食べる為の野菜を作り、余った野菜は人に売った。つまり、少し、農業を学んだ。土だらけになり、とても頑張って働いた。オリンピアスや、クレオパトラが苦労することは、アレクやエペイロス王が、とても悲しむので、アレクやエペイロス王も、助力していた。

  ※補足1。《21世紀の時代の日本》では、私達は「とても(日本一である可能性が高い)」裕福な生活が出来る(募金や、大量の本の出版などから)が、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事(私の操作、邪魔など)から、私達は、貧乏な暮らしを強要された。

 ②。《21世紀の時代の日本》に来た、人の体で大人の状態の場合のオリンピアスは、テレビに出て、ご意見番の芸能人と討論していた。少し、お金を稼ぐことが出来た。

 ③。《21世紀の時代の日本》では、動物にされたオリンピアスは、動物にされたアレクを、《5人組や、5人組の仲間達》の監禁や強要などの悪事から守る為に、かなり頑張った。普通の母親以上に、子供を守る為に、頑張った。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』に操作をされて、記憶などの無い私が、何も分からない状態で、オリンピアスが誰かも知らない状態で、この状態のオリンピアスと戦わせられたことがある。





<5>。★クレオパトラ★(歴史の本で有名な、鼻の高い人ではない)。

 ①。アレクの妹。エペイロス王の嫁。オリンピアスの娘。

 ②。アレクと、オリンピアスに性質が似ていて、外見も似ている。

【過去の実績】

 ①。どのような状態でも、エペイロス王と「とても愛し合い」、子供を作った(私とアレクの10倍以上の数の子供を作った)。

  (1)。彼女は、とても困難な状態で出産することになり、彼女の子供は《5人組や、5人組の仲間達》に、何度も、成り代わられたり、殺されている。

 ②。《21世紀の時代の日本》に来た、ミーアキャットの状態の彼女は、洋裁などを手伝ってくれた。

 ③。《剣と槍の時代のマケドニア》では、記憶の無い私に、自分で刺しゅうをしたハンカチをくれたことがある。





<6>。★エウメネス★

 ①。よくありがちに、彼の偽者として、《5人組や、5人組の仲間達》が存在している。

  (1)。難しいことや、臨機応変が必要なことを行わせる方が、偽者がモノマネすることが難しいので、良い。

 ②。少し髪が丸まっている(天然パーマ)。体は細い。背は高くなく、低くない(少し高いかも)。

 ③。アレク、エペイロス王、ヘパ、オリンピアス、クレオパトラ、エウメネス、レオニダス、歩兵、(アリストテレス)、は目で《心と考え》を表現する。つまり、《心と考え》の反応などが似ている。

  (1)。現代人のように、笑顔などの表情は少ない。(オリンピアスは、少し表情が豊かである)

  (2)。この、目で《心と考え》を表現することを、よくありがちに、偽者がモノマネするが、不自然があるから分かる。

 ④。彼は、アレクが焼きもちで悲しまないように気を使って、私との対話を避けるが、私は、《マケドニアの北の、私の国》の事務系の仕事も行う私は、彼と話し合いたい場合がある。

 ⑤。性質は、真面目である。働き者である。朝から晩まで、よく働く。

 ⑥。《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを奪われている状態であり、本来よりは賢く無いが、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者が《剣と槍の時代のマケドニア》に寄生する為などに、彼の能力からの仕事の達成が必要なので、仕事が出来るぐらいの賢さはある。

 ⑦。よくありがちに、彼の、助手と子供に、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者が成り代わる。

【過去の実績】

 ①。マケドニアでは、彼が、雑用の「全て(かなり多く)」を取り仕切り、国の管理、城の管理、軍の雑用、帳簿付けなどを行っていた。

 ②。《アレクの東への戦いの遠征》で、とても忙しい状態の彼は、疲労などが原因で、私から人を雇えと言われるまで、人を雇うという選択肢が、思考の場の要素から無くなっていたことがある。

 ③。《21世紀の時代の日本》に、人の状態で来た彼は、《すぐ前に、図書館と駅がある、動物用の檻とユーカリがある場所》、《物価が安い場所にあるマンション》、《青森にある、人と、ネット販売用の倉庫のある場所》などの、管理(掃除、帳簿付け等)などの仕事をした。

  (1)。彼は、《すぐ前に、図書館と駅がある、動物用の檻とユーカリがある場所》の、すぐ前にある図書館で、働いたこともある。

   1。図書館の仕事は、行いたくない場合は行わなくても構わないが、少しの収入でもあった方が良いかと、私は考える。

  (2)。彼は、《21世紀の時代の日本》で仕事をしながら、マケドニアの為の仕事も行い(本などをマケドニアに送ったり)、「法律」、「帳簿付け」なども学ぶので、毎日忙しく過ごしていた。

  (3)。《すぐ前に、図書館と駅がある、動物用の檻とユーカリがある場所》に、彼らだけで住んだ場合の、彼らの食事は、《21世紀の時代の日本》の常識のものではなく、質素で安くて不健康なものなので、栄養に気を付けること。「なるべく」で構わないが、自炊してほしい。栄養、簡単な料理などの知識を学ぶと良い。

  (4)。この彼の状態のところに、「マケドニアから、人の学者」、「動物の状態のアレク達」、「私」などが来たことがある。

 ④。《21世紀の時代の日本》の、私の所に来た彼は、動物の状態でも、簿記の知識などを使った、帳簿の作成をしてくれる。これにより、アレクも、私も、世界中の人も、情報を知ることが出来て、助かる。

  (1)。店の経営の為などの帳簿の作成も、彼が手伝ってくれるのである。

  (2)。簿記の知識などが分からないならば、教えると、彼は学ぶことが出来る。





<7>。★レオニダス★

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》での、アレクの子供の頃の先生である。私も、彼から少し学んだことがある。

 ②。《剣と槍の時代のマケドニア》で、私が10歳ぐらいの頃に、彼は既に老人(50歳後半以上の)であった。白髪、白いヒゲ(毛は、少し丸まっていたかもしれない)。禿げている。アリストテレスよりも、小柄である。

 ③。性質は、愛嬌がある。正しく生きたいと望む人である。《5人組や、5人組の仲間達》から酷いことをされた場合や、酷いことをされた対象や、悪い状態に、涙を流すこともある。

 ④。学者の一人である。

 ⑤。彼の助手として、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者が存在していることが多い。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》では、真実を知らない状態のアレクや、フィリッポス王に殺されたことがある。その知らない真実とは、21世紀の進んだ文明の状態でも、「世界の全てのことは、分かっていない状態である」と、いうこと。つまり、学者でも、知らないことがある状態は、当然な状態であるが、アレクや、フィリッポス王は、学者が質問に答えられないと怒るのである。学者は、知っていることがとても多いだけである。アレクは、普通の人が疑問に思わないことを、疑問に思う賢い子供なので、アレクの質問の全てに答えることは、とても難しいことである。アレクの質問の多くは、まだ、誰も知らないこと、発見されていないことである。彼はアレクに教えたい意向があるので、彼が知ることが出来ることならば、調べて教えてくれる。

 ②。歴史の本の内容に、彼は、《東への戦いの遠征》へ行ったアレクに会いに行き、アレクの敵を説得する為に、勇敢に敵の城に行ったが、失敗して、敵から拷問を受けて、死にかけている状態で、敵の城の門の上に飾られたと書かれている。そして、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事として、その出来事が再現されることが何度もあり、アレクは私に「弓で、彼を一撃で殺して、早く楽にしてほしい」と望む。彼はとても勇敢であり、立派であり、正しい人であった。この出来事は、無い場合も多い。

 ③。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合には、《善人の仲間》に文字などを教える教師をしたり、本を読んで学んでいることが多い。

 ④。彼が、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、人の赤ちゃんの状態で来た場合は、大学を卒業して、教師をして、お金を稼ぐことがある。私は、青森などの生徒の数が少ない学校などで、教師が出来ると良いと考えたのだが、彼は私の考えより、はるかに優秀であり、大学(約18歳~22歳までが通う、賢さの水準の高い学校)の先生をしていたこともある。

 ⑤。彼を含む学者などが、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合には、私は、「学研」と、「チャレンジ」と、いう毎月送られてくる、学ぶ為の本を与えるのだが、学者の多くは、「チャレンジ」に付属してくる、子供用の粗末な実験のキット(道具と材料)が大好きで、毎月楽しみにする。

 ⑥。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合、本を出版して、お金を稼ぐ場合が多い。

 ⑦。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合、ブログを書く場合が多い。

 ⑧。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合、マケドニアに、荷物などを送ることが多い(飛行機で、日本とマケドニアを行き来することも多い)。






<8>。★アリストテレス★

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》で、アレクの15歳ぐらいの頃の、先生である。アレクが、レオニダスの次に教わることになる先生である。学校は、城から少し離れた場所にあり、アレクはそこに住んで学び、たまに馬で城に帰ってくる。私は、その学校に住むことが無く、《剣と槍の時代のマケドニア》では、あまり彼と会話するような機会が無い。アレクは、その学校に通っている時期に、急に、逞しい(たくましい)男に変化する。外見が、子供の頃と比べて、あまりに違うので、私は、それがアレクであると、なかなか認識しない。フィリッポス王も、それがアレクであると分からなくて、ヘパに聞くことから、それがアレクであると分かるが、確認は行う。

 ②。《剣と槍の時代のマケドニア》で、私が10歳ぐらいの頃に、彼は既に老人(50歳後半以上の)であった。白髪や、白いヒゲは、丸まっている。禿げている。

 ③。学者の一人である。

 ④。正しく生きたいという意向を持つ。彼は、歴史の本の内容でも、正義感が強く、勇敢であり、困難を《心と考え》を使って避ける行動をしている。

 ⑤。学者の全てはそうであるが、本を読むことが好きであり、本を読むことが必要なことである。

 ⑥。性質は、学者なので、普通の人とは、世界観が少し違い、虫や花にも興味が有り、解剖する場合がある。機械なども、どんどん分解しようとするので、彼に、危険があるものを、危険があると教えてあげて欲しい。

 ⑦。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合には、医療にも興味が有り、自分が動物の状態でも、人用の病院の治療を見学したいと望む。彼が学ぶと、未来の、《剣と槍の時代のマケドニア》で、助かる人が存在する可能性があるので、私は、なるべく学ばせてあげたい。ちなみに、彼が、勝手に、病院の治療を見学している場合は、私が操作を受けている可能性が極めて高い(私が忙しく、その状態に気付いていない場合もある)、何故なら、操作を受けていない私ならば、最善な、他の方法で、彼に医療を学ばせるから(彼が病院の治療の見学をすることに、私は賛成している)。いつも、日本人は、彼に病院の治療を見学させてあげている。彼が、コアラなどの状態の場合は、梯子を持ち込み、病院の窓から、医療を見学していることもあった(衛生の関係で)。その場合には、双眼鏡を与えてほしい。

【過去の実績】

 ①。彼がコアラの状態の場合に、《21世紀の時代の日本》で、《5人組や、5人組の仲間達》から監禁、虐待を受けていたこともあったが、一緒に居た子供のコアラの状態のアレクなどの、世話(教育)を行ったりしていた。私は、とても感謝している。

 ②。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》に利用されたこともあるが、彼の『心と考え』(本心)は、善人である。変わり者なので、善人と思われないこともあるが、彼は善人である。

 ③。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合、本を出版して、お金を稼ぐ場合が多い。

 ④。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合、ブログを書く場合が多い。

 ⑤。彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合、マケドニアに、荷物などを送ることが多い(飛行機で、日本とマケドニアを行き来することも多い)。






<9>。★よくありがちに、ミーアキャットの状態のアレクと、コアラの状態で一緒に居る、学者★

 ※補足1。ミーアキャットの状態のアレクと、コアラの状態で一緒に居る、学者は複数人が存在するので、ミーアキャットの状態のアレクと、コアラの状態で一緒に居るのが、彼ではない場合もある。

 ①。私は、彼の名前が分からない。聞いたことがあるはずだが、思い出せない。

 ②。学者の一人である。(アレクを、補助してくれる学者は、とても沢山いて、ここに書かれていない学者も多い。だが、彼は、よくありがちに、アレクと共に居る)。

 ③。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合に、私が20歳ぐらいの頃に、彼は既に老人(50歳後半以上の)であった。白髪や、白いヒゲ。禿げている。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを減らされている(無くされている)状態である。

  (1)。元々の、本来の自分の状態は、アリストテレスよりも賢くないが、もう少し賢い人である。

 ⑤。性質は、学者であり、《5人組や、5人組の仲間達》から操作も受けている状態なので、少し、人の心が少ないと感じさせる場合がある。だが、過去の実績から、彼にも心があると、私は知っている。道徳や、善悪などを教えると、彼は学ぶことが出来る。学者なので変わり者であり、《正常な人》からは、正しく理解されない場合もある。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合に、アレクが彼(学者)に、私と子作りをしたいから「子作りをしても、子供が出来ない方法を探せ」と依頼した。依頼された彼は、女の卵がある場所である卵巣を取り除く方法を見つけた。そして、奴隷の女の腹を生きたまま切り開き、卵巣を取った状態(内臓が見えている状態)を、アレクと私に見せた。

 ※補足1。不確かであるが、私は、この出来事の彼が、ミーアキャットの状態のアレクと、コアラの状態で一緒に居る、学者であると、考える。

     何故なら、この出来事は、《5人組や、5人組の仲間達》の好むことであり、《善人の仲間》の邪魔などの悪事を行う為にも、彼を《善人の仲間》と一緒に居させようとするから。

  (1)。この出来事は、《5人組や、5人組の仲間達》の好みであり、何度も再現されることである。

  (2)。実際には、アレクは、私をこの状態にする気が無かった。アレクは、私をこの状態にしてまで、子作りをしたいと望んでいなかった。だが、このぐらい自分は子作りを望んでいると、表現したかった。

  (3)。これは、女に卵が無いと考えられていた、《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合の出来事である。

   1。これは、医療の知識などが、《21世紀の時代の日本》ぐらいには、無い状態での出来事である。

  (4)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、私も、この状態にされたことがある。

  (5)。私は、何度も、「子作りをしても、子供が出来ない方法」として、「コンドーム」を教えてあげている(動物の皮から作ったり、ゴムの木をマケドニアに送ったり)。。
   1。だが、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事のせいで、改善されない出来事である。つまり、何度も、奴隷の女の腹が、生きたまま切られる状態が発生している。

 ②。《21世紀の時代の日本》で、コアラの状態の彼は、ミーアキャットの状態のアレクと、一緒に居て、アレクを守ることもあるので、私は感謝している。

  (1)。コアラの状態の彼は、四つん這いで歩き、ミーアキャットの状態のアレクを、背中に乗せて移動していることが多い。

  (2)。コアラの状態の彼は、ミーアキャットの状態のアレクと、将棋をすることもある。





<10>。★マケドニアの歩兵★(複数人が、存在する)。

 ①。マケドニアの歩兵は、それぞれが、よく似ているので、私は、どの歩兵でも「歩兵」と呼んでいる。

  (1)。私は、歩兵から、名前を聞いたが、覚えていない。私は、よくありがちに、マケドニアの貴族でも、歩兵に似ているので「歩兵」と呼ぶ。私には歩兵であると思える人に、アレクが「彼は、歩兵ではない(他の役職である)」と、言う場合もあるが、私は、判別が出来ないので、なんでも「歩兵」と呼んでいる。

 ②。マケドニアの歩兵は、日本語の「敬語」を話す。自分のことを「わたし」と言う。よくありがちに「わたしは」と、言っている。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の操作からのことである。(上記、ジョシュの部分を参照)

【過去の実績】

 ①。《21世紀の時代の日本》に、「象の状態のアレク」と、その世話をする「ミーアキャットの状態の歩兵」が居た。彼は、アレクの食べ物を作ったり、掃除をしたり、学んだり、とても頑張っていた。「ミーアキャットの状態の歩兵」と「象の状態のアレク」が寄り添って、お互いの体温で温め合い、一緒に眠ることもあった。「象の状態のアレク」は、簡単に「ミーアキャットの状態の歩兵」を殺すことが出来る状態であり、「象の状態のアレク」の中に、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者が入って暴れる可能性があるので、いつも、「象の状態のアレク」は「ミーアキャットの状態の歩兵」に、「油断するな」と教えていた。

 ②。歩兵が、《21世紀の時代の日本》に、人の状態で来ると、焼き鳥屋を開業して、金儲けがしたいと望む場合が多い。私が、焼き鳥屋ならば、私が助力すれば、学歴の無い彼らでも、金を稼ぐことが出来ると考えて教えたものである。私が操作を受けている状態では、焼き鳥屋が上手くいかない場合が多い。

 ③。歩兵が、《21世紀の時代の日本》に、人の状態で来ると、配達員をしていることがある。私が、配達員ならば、私が助力すれば、学歴の無い彼らでも、金を稼ぐことが出来ると考えて教えたものである。私が操作を受けている状態では、配達員が上手くいかない場合が多い。

 ④。歩兵が、《21世紀の時代の日本》に、動物の状態で来た場合には、新聞配達をして、金を稼いだことがある。

  (1)。新聞配達の仕事は、あまり高額は稼げない。

 ⑤。歩兵が、《21世紀の時代の日本》に、動物の状態で来た場合には、アルミ缶などを、買ってくれる会社(業者)に売って、金を稼いだことがある。

  (1)。この仕事も、あまり高額は稼げない。

 ※補足1。どのような金儲けでも、《本物の私》が、正常に活動が出来ている状態ならば、不要なものである。何故なら、《本物の私》が、正常に活動が出来ている状態ならば、裕福な暮しが出来るから。

 ⑥。彼らは、《21世紀の時代の日本》に来た場合には、私達の、生活の世話(料理、掃除、洗濯、護衛など)を、沢山してくれる。とても、感謝している。そして、私は、彼らが、未来に、《剣と槍の時代のマケドニア》などで生きている可能性などを考えて、知識を教えようとする。過去に何度も、私から学んだ記憶(知識)を持って、《剣と槍の時代のマケドニア》などで生きていた彼らが存在する。

  (1)。彼らは「アレクなどの世話をしたい(優先したい)」と、いう意向を持ち、自分が、文字などを学ぶことを優先しない。





<11>。★木工★(アレクの木工として3人以上が存在するはずである)。

 ①。私は、彼らの名前を聞いたが、覚えていないので、よくありがちに、いつも「木工」と、呼んでいる。

 ②。木工の中でも目立つ人が、3人ぐらいがいる(よくありがちに、《21世紀の時代の日本》などでの、《善人の仲間》の活動に参加している(強要されている))。3人とも西洋人である。

 ③。アレクと私が、《東への戦いの遠征》に行った場合に、私の陣営で、木工を行っていることも多い。

  (1)。アレクは、この3人よりも多い、木工を持つ(全ての木工は、日本人ではない)。

 ④。3人の内の1人は、私の兵士の「木工」よりも、人間性も含めて、優秀である。

 ⑤。木工の助手として、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者(日本人)が存在することが多い。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者は、過去に、彼らが行ったことを、助言(助力)として、提示してくることがある。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者は、彼らから記憶を無くし、自分が、彼らに教えようとする悪事を行う。

  (3)。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者は、私が、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者の近くに行く場合には、見つからないように、隠れる(逃げる)場合がある。

  (4)。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者は、人間性などが低く、「何故、自分が行っては、いけないのか」、「何故、自分には、行わせてくれないのか」、それは不当であると、いう《悪である(間違った)》価値観を持つ。

  (5)。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者は、選ばれない存在である。

  (6)。私は、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者を、駆除しようと頑張るが、《5人組や、5人組の仲間達》の反発が発生する。

 ⑥。彼は、数千年以上の過去から、《剣と槍の時代のマケドニア》で、木工として働いていた。だが、彼は、その前からも、木工の知識を持っていた可能性が高い。つまり、本来の彼は、他の国で木工を行っていた可能性が高い。そして、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を知り、自発的に、《善人の仲間》を助けようとして《剣と槍の時代のマケドニア》に来た可能性が高い。

  (1)。私の国の木工だったのかもしれない。私の国の優秀な技術者は、マケドニアが引き抜くから。それとも、元々、マケドニアの木工だったのかもしれない。

  (2)。彼は、私の国の木工として働いていた場合にも、アレクに情報を伝えていた。《真実の記憶(情報)》のある私は、この事を、構わないことであると、認識する。

 ⑦。《5人組や、5人組の仲間達》から、知能(記憶)などを減らされている(無くされている)状態である。

  (1)。木工には、物理学などの知識も必要であり、彼の、元々の、本来の自分の状態は、もっと賢いはずであるが、《5人組や、5人組の仲間達》から、賢さを減らされている(無くされている)状態である。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の偽者は、「物理学などの難しい計算」、「最善」、「優先順位」、「臨機応変」などが分らないので、《5人組や、5人組の仲間達》の偽者にも分かる(出来る)範囲のことを、彼に行わせる為に、彼は、賢さを減らされている(無くされている)可能性がある。

【過去の実績】

 ①。彼は、動物の状態でも、木工を行う(彼の動物の状態は、ミーアキャットの状態が多い)。

 ②。彼は、色々な状態(環境、状況)でも、木工を行う。





<12>。★金属の加工★

 ①。これは、《マケドニアの北の、私の国》で働いている、「金属の加工」の担当者かもしれない。この記事では、同一人物として、私の仲間の方に書いた。

 ②。アレクは、彼以外に、多くの、金属の加工をする人持つ(全ての金属の加工をする人は、日本人ではない)。





<13>。★井戸掘り★

 ①。名前は、憶えていない。

 ②。西洋人である。髪は黒い。よくありがちに存在する、中年の男である。体型は細くない。

 ③。性質は、善人でも、悪人でも無い、普通の人であり、善人の方が、近い。

 ④。彼は、「あまり」《善人の仲間》の善行などに関心はなく、自分の生活をする為に働いている。

【過去の実績】

 ①。《剣と槍の時代のマケドニア》と、同じ時代(状況)で生きている場合に、《マケドニアの北の、私の国》に、大量に井戸を掘る為に、私が雇った人である。その後、マケドニアに引き抜かれ、色々な場所で井戸を掘った。

  (1)。井戸が完成して、それで完全に仕事が終わるのでは、自分が生活する為のお金が稼げなくなるので、あまり上質な井戸を掘らない。だが、長く仕事が無くならずにお金を稼ぐことが出来ると、認識すると、上質な井戸を作ろうとしてくれる。

  (2)。彼は、長く仕事が無くならずにお金を稼ぐことが出来ると認識すると、掘り終わった井戸を点検したり、改善したりする。

  (3)。私は、意識の分断があり、不確かであるが、彼の作った井戸は、なかなか良かった。

  (4)。彼は、山賊などの居る危険な状況で、一人ぐらいで、各地へ井戸を掘る為に移動するので、少し、安全に気を付けてあげてほしい。

 ②。私は、彼の、《21世紀の時代の日本》に来た場合の活動は、あまり把握していない。何故なら、私は、《5人組や、5人組の仲間達》の操作などの悪事を受けている状態が多いから。

  (1)。《21世紀の時代の日本》の、《すぐ前に、図書館と駅がある、動物用の檻とユーカリがある場所》、《青森にある、人と、ネット販売用の倉庫のある場所》には、井戸がある。だが、日本人が作ったものなので、必要がなければ、処置などをしないくてよい。





<14>。★アインシュタイン★

 ①。歴史の本に載っている彼である。アレクの歴史の本の内容とは、関係が無い人である。

 ②。学者である。

 ③。性質は、善人である。変わり者である。

  (1)。彼は、本来の自分の人生を生きていたときに、神が実在すると気付いた学者である。

  (2)。彼は、知能の発育が遅く、13歳を過ぎても《心と考え》が子供の状態であり、少し体が弱い状態である。

  (3)。正しく生きたいと望む。

  (4)。人が不幸になることや、戦いが嫌いである。

  (5)。《5人組や、5人組の仲間達》と、一緒に暮らしていない(関わらない)場合には、《善人の仲間》は、全員、穏やかに暮らし、成長していく。

 ④。学者の全員は、兵士として、戦いには使えない。

 ⑤。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》の被害者であるので、のんびりと、人生を生きさせてあげてほしい。

【過去の実績】

 ①。私は、彼が、《21世紀の時代の日本》に来た場合に、よくありがちに、農業を頼んでいる。何故なら、彼は賢すぎて、未来に大きな影響があるものを発明する危険性があり、私は、彼は農業を学ぶぐらいで良いと考える(《善人の仲間》以外が、彼を悪事などに利用しようとすることは、絶対に許さない)。

 ②。彼は、あまり、肉体労働には向いていないので、楽な仕事を与えると良い。

 



【★3。多種類のアレクの一覧】

【前書きとして】

<1>。全てのアレクは、丁重に扱い、アレクの心や体が、傷付くようなことをしないように。

 ①これは、アレクと会話などをしようとする、全ての人への注意事項である。

<2>。アレクは、とても沢山の種類の、動物の状態の場合がある。そして、同じミーアキャットの状態のアレクでも、年齢や人生経験の差などから、それぞれの、《心と考え》の性質が違う場合がある。だが、私は、人の状態のアレクを知っているので、どの状態のアレクでも、同じアレク(同一人物)であると、認識(主張)している。私は、どのアレクも《心と考え》の芯の部分が同じであると感じる。どれでも、全部、アレクは、アレクである。

 ①。動物などのアレクの情報は、とても大量にあるので、他の記事に書く。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、人の状態のDNAなどを変更された、アレクも、多種類が存在するので、以下に書いておく。

 ①。人の状態のDNAなどを変更された、アレクは、謙遜や、遠慮などから、「自分はアレクではない」と、主張する場合があるが、アレクである。

 ②。人の状態のDNAなどを変更されているので、それぞれの、《心と考え》の性質は違う。だが、私は、彼らの、アレクと性質の似ている部分があることから、アレクであると、認識(主張)している。

 ③。それぞれに違うアレクが、さらに、微妙に違う状態(さらに細分化された種類の状態)であることもあるが、アレクはアレクである。

<4>。どのアレクも、全てが、立派に生きた。アレクは、生きているだけで立派なのである。





【紹介】

<1>。★「かなり」、「とても」小柄なアレク★

 ①。このアレクは、《5人組や、5人組の仲間達》から、羨ましいなどの不当な理由からの、嫌がらせなどを目的とした悪事から、このような姿にされている。

 ②。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、多数の病気を持たされているようで、体調が悪いようで、体を制止していることが難しいような、不快感を持つ状態であることが多い。

  (1)。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、長く食べ物を食べられない状態では、体を制止していることが難しいような、不快感を持つ状態に、させられている。

   1。そして、彼は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、長く食べ物を食べることが出来ない状態を、強要されている。

  (2)。彼は、食べ物を食べると、この状態から回復する場合がある(急激な糖の吸収による、彼の体の被害に気をつけて、少しずつ食べ物を食べさせること)。

 ③。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》から虐待(嫌がらせ)を受けている状態であることが多い。

  (1)。過去の出来事として、彼が、《5人組や、5人組の仲間達》から、新宿の電気屋の近くに存在することを、強要させられている場合には、《5人組や、5人組の仲間達》は、数人で一緒にいる状態で、彼を見つめていた(監視、強要、管理)。

  (2)。私は、《5人組や、5人組の仲間達》からの操作を受けて、その場に行くことを強要されていた状態(その場で数分だけ意識が戻った状態)であるが、私が、彼に気付いたら、《5人組や、5人組の仲間達》が、彼を操作して、私から彼が逃げると、いう捏造の状態(映像)を作ろうとしていた。

 ④。彼の性質は、この体型に、よくありがちに、気が強く、負けず嫌い。彼は認識の間違い(間違った解釈)から、自分の被害と、関係の無い対象に攻撃をしてくることがある。

  (1)。だが、彼が、《5人組や、5人組の仲間達》(悪人)に、攻撃をすることは、正当なことであり、間違えではない。

  (2)。彼は、《本来の自分の人生を生きているような状態》のアレクとは、「かなり」違う《心と考え》であるが、《本来の自分の人生を生きているような状態》のアレクの、性質の特徴がある。

   1。《本来の自分の人生を生きているような状態》のアレクを知っている場合には、彼が、少し似ている部分があると、感じることが出来る。

 ⑤。よくありがちに、私は、彼を医者に連れて行こうとするが、《5人組や、5人組の仲間達》が、邪魔をすると、いう悪事を行う。

【過去の実績】

 ①。彼は、《21世紀の時代の日本》で、《すぐ前に、図書館と駅がある、動物用の檻とユーカリがある場所》で、《5人組や、5人組の仲間達》から操作を受けている私に、果物を食べさせてくれた。

  (1)。彼は、《21世紀の時代の日本》で、《すぐ前に、図書館と駅がある、動物用の檻とユーカリがある場所》で果物を収穫して、それを売って、お金を稼いでいた。その少ないお金から、自分に必要なものよりも、私に与える為のものを優先して買って、私に与えてくれた。

   1。《すぐ前に、図書館と駅がある、動物用の檻とユーカリがある場所》にある建物や果物などは、全て、アレク達のものである。(図書館や駅は、国(他人)のものであるが)

 ②。彼は、《21世紀の時代の日本》で、《善人の仲間》の善行を、手伝ったことがある。

 ③。彼は、《21世紀の時代の日本》から、マケドニアに行くと、王であるアレクから、嫁を貰い、嫁と一緒に暮らしたことがある。

  (1)。彼は、自分で、嫁を見つけている場合もある。

 ④。彼は、《21世紀の時代の日本》で、勉強をしたい、学校を卒業したいと望む場合がある。

  (1)。これは、彼の自立心の高さなどからである、彼は、勉強をして、学校を卒業することから、仕事を見つけたいと望む場合もある。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」が、「私が操作を受けている状態であり、彼が虐待を受けている状態」に、「彼を学校に行かせて学ばせるべきである」と、主張をした(これは、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の表の理由になり、「主犯」たちは、それが《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の、表の理由に使われることを知っていて(望んで)発言したものである)」。その結果、彼は、頑張り、学校で学んだが、すぐに殺された結果になった。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手に幸せを手に入れる為などの苦労をさせるが、相手が幸せを手に入れそうになると、奪う性質を持つから。

   1。《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」は、<私に彼の行動を決める権利が無い>と主張するが、私は、<「彼の幸せ望まずに、彼を不幸に導こうとする」、「状況の把握の無い状態(現実認識が無い状態、真実を知らない状態)」、「自分さえ幸せならば、他人は構わないという価値観」の、《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」に、彼の行動を強要する(決める)権利は無い>と、主張する。

    ※補足1。真実としては、私は、彼の行動を強要しないが、この《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」が、そのように騒ぐだけである。

    ※補足2。私は、彼の置かれた立場、状況、未来の可能性などを、知っている状態で、《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」の主張が、異常な《悪である(間違った)》主張であると、主張している。

   2。真実としては、彼が、学ぶ為の最善の方法や、他の方法は、他にもいくつも存在した。《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」が提示したものは状況への最適なものではなかった。彼が、他の方法(選択肢)を知らずに、《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」が指定する無駄な(不要な)方法しかないと間違った認識をしているならば、正しい方法を教えること。

   3。『正当な、正しい状態』は、彼が、学ぶ為には、《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」が、関わる必要性が無い。

   4。この「主犯」は、他人を批判したという性質を持つ。

   5。私は、彼が望むことに、臨機応変に、最善のものを与えたい(協力したい)、それは、誰もが、そうするべきである(彼が学びたいと望むならば、学ばせてあげること)。そして、この《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」には、拷問を与えるべきであると、いう意向を持つ。

   6。この悪事の、表の理由の発言者である、《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」は、「眼鏡をかけた女(よくありがちな悪人)」、「ニヤニヤ笑う男」の二人である(この悪事には、さらに、よくありがちな主犯が、複数人関わっている)。

   7。この悪事は、よくありがちに発生する。

   8。私は、このとき、《5人組や、5人組の仲間達》から操作を受けている状態であり、彼に幸せを与えられず、彼を《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」の悪事から守ることが出来なくて、とても悔やんでいる。





<2>。★馬鹿の状態のアレク★

 ①。このアレクは、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、作り出されたアレクである。

 ②。このアレクは、「アレクがDNAを変化させられた状態」、「アレクの、望まない相手(低能者、悪人)との子供」である確率が高い。

  (1)。彼がアレクの子供であっても、彼の子供を望んでは、いけない。

 ③。このアレクは、実際には、アレクではないかもしれないが、アレクの特徴がある。

 ④。彼の性質は、正しく生きたいという意向を持つが、正しい善悪の判断が無く、不快な状態を暴力で解決しようとするので、すぐに攻撃をしてくる。

  (1)。彼の攻撃は、自分なりの正義感から発生するが、彼は、正しい善悪の判断が無く、妄想からも他人を攻撃するので、まったく正しいものではない。

  (2)。彼の善悪の判断は、完全に異常である。基本的な、善悪の認識が間違っている。

  (3)。彼には、会話が少しだけ有効であり、正しい善悪を学ぶことが「少しだけ」可能であるが、《正常な人》ぐらいが持つ、正しい善悪を学ばせることは不可能である。

  (4)。彼は、《本来の自分の人生を生きているような状態》のアレクとは、「かなり」違う《心と考え》であるが、《本来の自分の人生を生きているような状態》のアレクの、性質の特徴がある。

   1。《本来の自分の人生を生きているような状態》のアレクを知っている場合には、少し似ている部分があると、感じることがある。

 ⑤。よくありがちに、私は、彼を医者に連れて行こうとするが、《5人組や、5人組の仲間達》(操作など)に、邪魔される。

 ⑥。彼は、よくありがちに、《5人組や、5人組の仲間達》と、生活している状態である。

  (1)。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》から虐待を受けているが、《5人組や、5人組の仲間達》を自分の仲間であると、いう間違った認識を持つ。

  (2)。彼は、《5人組や、5人組の仲間達》から、スーパーなどのビニール袋を貰うと、とても喜んで、袋の中に物を入れた状態で、常に持ち歩く。その後、《5人組や、5人組の仲間達》からの嫌がらせで、彼の喜んでいるものを奪う悪事が発生した場合に、「そうだよな、こんな良いものをくれるわけが無いものなぁ」と、袋を返品する。

   1。彼に、ビニール袋を返せと要求した悪人が、《5人組や、5人組の仲間達》の「主犯」である。

   2。スーパーとは、店のことである。《21世紀の時代の日本》では、店で買い物したものを、ビニール袋に入れて帰宅する。無料で袋をくれる場合もあり、有料で袋を売っている場合でも、「とても」格安なものである。スーパーなどのビニール袋は、《21世紀の時代の日本》では、ほぼ誰でも手に入れることが出来るものであり、ほぼ誰でも大量に持っているものである。

   3。つまり、彼は、その水準の物も、手に入れることが出来ない状態で、生きていたということである。

   4。私は彼に、もっと上質な良い袋を、たくさんあげた。彼は、喜んだが、その袋が無くなった状態のことを考えて、心配していた。私が、彼に与えたものを、彼から奪うことは、無い。だが、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、彼が自分のものを奪われる可能性があり、それは可哀想であるので、防ぐこと。

   5。人は、手に入れれば、無くなった場合の悲しみを考えてしまう。仏教の禅では、「無くても生活が出来るようになれば良い」、「なるべく少ないものを使って生きること」と、教えている。

【過去の実績】

 ①。本物のアレクが、自分が《5人組や、5人組の仲間達》の仲間であると、騙されていた状態で、《5人組や、5人組の仲間達》と一緒に生活していた場合に、本物のアレクから、私に、「彼(馬鹿の状態のアレク)は、自分の仲間であり、善人である」と、紹介した人が、彼である。

  (1)。私は、それを受け入れた(この紹介を受けた出来事である、私と、「馬鹿の状態のアレク」の、初対面の場所は、テレビ局であった)。

 ②。彼は、マケドニアで暮らすこともあるが、不当に暴れるので、「とても」重要ではない離れた場所などの雑用に使えばよい。

 ③。彼が、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合に、私は、彼も《善人の仲間》と一緒に暮らすと良いとして、彼に、美味しい食べ物をあげると、彼は「仲間にも食べさせてあげたい」と、発言した。

 ④。彼が、《21世紀の時代の日本》の、私のところに来た場合に、ほとんど役に立ったことは無いが、本物のアレクの意向でもあり、アレクの可能性があるので、私は、保護している状態である。

 



★真実を認識する為の知識1

神は、『先回りした先手』で、人を幸せに導く(記事No.1180)

【★1。神は、『先回りした先手』で、人を幸せに導く】

<1>。神は、未来を予測する能力が高いので、先回りして、『先手を打つ』ことが多い。

 ①。私は、神の、『先回りした先手』(過去に行った、未来に発生する状態への準備)を、よくありがちに、体験する。

 ②。私は、私以外も、神の、『先回りした先手』を、体験している人は、多いと考える。

 ③。この『先回りした先手』は、神が、総合的に良いと判断した、全体の幸せを作る為のものである。

   (1)。全体とは、「広い範囲」や、「未来」の、「全て」を含めたものである。





★『5人組や、5人組の仲間達』

出来ない人を、出来ない人であると、断定すること(記事No.1179)

【★1。出来ない人を、出来ない人であると、断定すること】

<1>。過去の実績から、既に、出来ない人(悪人)であると、断定されている人が、出来る人のように行動すること(悪事)を、阻止すること。

 ※補足1。この断定することは、私や、まともな人の『心と考え』を備えている人のみが、行うことが可能なことである。

  (1)。出来ない人(悪人)であると、断定した要因(証拠)の提示(公表)があると、円滑である(必須ではない)。

 <例えば>

 ①。過去の実績から、既に、出来ない人(悪人)であると、断定されている人が、行う助力(悪事)を、阻止すること。

<2>。私や、まともな人の『心と考え』を備えている人のみが、実績(現実の出来事)から、出来ない人(悪人)を、出来ない人(悪人)であると、断定すること。

 ①。客観的な測定で、出来ない人(悪人)であると、断定すると、分かりやすくて円滑である。

 ②。出来ない人(悪人)が、出来る人のように行動すること(悪事)を、阻止する必要がある。

 ③。出来ない人(悪人)を、出来ない人(悪人)であると、断定して、自由に行動をさせないことが必要である。

 ④。実績から、出来ない人(悪人)であると、断定した情報を、未来に残すこと。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、既に、出来ない人(悪人)であると、断定されている。

<4>。出来ない人(悪人)が、出来ないことを、行おうとすることは、悪事である。

 ①。出来ない人(悪人)が、出来ないことに、関わることは、悪事である。

<5>。実績から学び、改善していく為に、出来ない人(悪人)を、出来ない人(悪人)であると、断定することが必要である。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、私の提示(主張)を曲解したものを『表の理由』にして、悪事を行う(記事No.1178)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、私の提示(主張)を曲解したものを『表の理由』にして、悪事を行う】

<1>。私の提示(主張)は、『5人組や、5人組の仲間達』に、故意に、曲解されることが多い。

 ①。故意に曲解して解釈することは悪事である。

<2>。私の提示(主張)は、まともな人の『心と考え』を備えている人には、正しく伝わる状態である。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人には、意味が理解できる状態である。

<3>。正当な機能を持たない『5人組や、5人組の仲間達』の、「正当な意味が理解できない」という主張は、成り立たない(受け入れられない)主張である。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人には、伝わることなので、伝わらない人(『分からない人』)である、『5人組や、5人組の仲間達』の「正当な意味が理解できない」という主張は、成り立たない(受け入れられない)主張である。

  (1)。実際に、『5人組や、5人組の仲間達』が、『分からない人』であっても、『分からない人』ではなくても、どちらにしても、「正当な意味が理解できない」という主張は、成り立たない(受け入れられない)主張である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、「正当な意味が理解できない」という主張(悪事を行う理由)は、悪事が、許されない理由である。

  (2)。『表の理由』を使っても、悪事は悪事であり、悪いことである。




★真実を認識する為の知識1

悪人が、初代であることは、有り得ない(記事No.1177)

【★1。悪人が、初代であることは、有り得ない】

<1>。一番の最初の人類が、悪人であることは、有り得ない。

<2>。悪人は、善人に寄生するものとして発生する。

<3>。人の群れの、一番の最初の成り立ちは、助け合いである。

 ①。人の群れは、助け合いから発生する。

 ②。有能なものの周りに、人が集まる性質がある。

 ③。群れの成り立ちが、悪人を中心にして集まった集団ならば、絶滅しやすい。

  (1)。悪人の群れでは、「幸せを望む心で集まる」と、いうよりは、「利益を望む心」で集まっている。

 ④。群れの成り立ちが、守りたい人(善人)を、中心(王)にして集まった集団ならば、人の生存に有利に働く。

  (1)。善人の群れは、この人と居れば、自分が幸せに生きることが出来るという対象が、守りたい人である。

  (2)。善人の群れは、この人と居れば、自分が「心が幸せに生きることが出来る」という発想で集まっている。

  (3)。善人の群れでは、自分の利益を求めない、助け合いが発生する。

  (4)。善人の群れでは、悪人の群れに存在する、支配の為の、不快感、怯えなどが無い。

  (5)。善人の群れでは、「悪事を行うことが嫌いである」、「悪事を行うことが、いけないことであると、いう正しい認識がある」、「悪事を行わない」。

  (6)。善人の群れに、そのうち、働かない(働くことが出来ない、能力が無い)悪人が、発生する。

   1。この悪人を、群れから排除しないと、群れは破綻する。

   ※補足1。悪人ではない、働かない(働くことが出来ない、能力が無い)人も、存在する。それは、排除しなくても構わない(老人、病人、心が良い低能者など)。

   ※補足2。悪人ではない、働かない(働くことが出来ない、能力が無い)人は、自ら、排除されようとする性質もある。

<4>。スズメバチを撃退する、日本のミツバチを見ていて、感じたことである。

 ①。体の大きなスズメバチ1匹に、体の小さなミツバチが何十匹もしがみつき、何重にもミツバチが重なり、スズメバチを取り囲むことで、1つの玉になる。そして、ミツバチが体を動かして熱を発することで、中心にいるスズメバチが熱で死ぬと、いう撃退方法である。

 ②。このことから、氷河期の日本の先祖の助け合いを空想した。

  (1)。先祖は、寒い時に、助けたい人を中心に、温め合っていたのではないかと空想する。

  (2)。外側の人は寒くて死ぬが、中心に居る守りたい人は、温かくて生き残ったのではないかと空想する。
 
<5>。「心のある王」であるアレクと、「この心のある王を守りたい」という兵士を見ていて、感じたことでもある。

 ①。「助けたい人」、「守りたい人」が、王なのである。

 ②。アレク(王)も、「この兵士と一緒にいたい(この兵士を幸せにしたい)」と、兵士を選ぶ。

  ※補足1。ちなみにアレクは、「心」以外に、有能な「考え」なども持っている。

<6>。正常な、善人の群れでは、国民に、「王の為になりたい」と、いう心が存在する。

 ①。国民は、王の為になることで、心に快楽が発生する。

 ②。国民は、王の為になることで、神聖で、綺麗な心に、快楽が発生する。

 ③。国民は、王と一緒に居たいのである。王と一緒に居ることが、幸せなのである。

 ④。国民は、「王の為になりたい」と、いう心が発生しない場合は不幸である。

  (1)。王が「助けたい人」、「守りたい人」ではない場合、国民に、「王の為になりたい」と、いう心が発生しない。

   1。王が「助けたい人」、「守りたい人」ではない場合、国民に心があるからこそ、「王の為になりたい」と、いう心が発生しがたい。

   2。先代の王が、「助けたい人」、「守りたい人」であった場合、国民に、「王の為になりたい」と、いう心が発生する場合があるが、発生は、しがたい。

   3。王が「助けたい人」、「守りたい人」ではない場合、国民は、不幸である。

  (2)。「王の為になりたい」と、いう心が発生しない場合は、国民は、群れで生きていても、「ただの労働者として生きているだけの状態」である場合がある。

<7>。王の人柄(心)以外の、王が「助けたい人」、「守りたい人」である理由。

 ①。王は、国民を正しい方向へ導く。

 ②。王は、国民に、教えてあげる。

 ③。王は、国民に、幸せをくれる。

 など。
  





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の、「私や<善人の仲間>への批判」を、悪事の『表の理由』にする(記事No.1176)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の、「私や<善人の仲間>への批判」を、悪事の『表の理由』にする】

<1>。「私や<善人の仲間>への批判」は、『5人組や、5人組の仲間達』の、見せ掛けの善行(悪事)の、『表の理由』として、使われることが多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の、「私や<善人の仲間>への批判」を『表の理由』にすることで、「自分は指示を受けただけ」、「自分は他人を助けてあげた」などの『悪である(間違った)』認識(価値観、主張)などから、悪事を行う。

 ②。実際には、私や<善人の仲間>は、批判を受けることを行っていない。

  (1)。だが、正常な善悪の判断が無く、真実ではなくても構わないとして、他人を批判することを楽しみたい性質を持つ悪人が大量に存在する。そして、その悪人は、実際には、批判を受けることを行っていない状態に、批判を行い、その批判が、『5人組や、5人組の仲間達』の「表の理由」に使われることになる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組や、5人組の仲間達』を対象にした発言ではない、「私や<善人の仲間>への批判」を、自分の悪事の『表の理由』にする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を行う為の『表の理由』に、自分の、批判が使われることを認識していて、「故意に」、『5人組や、5人組の仲間達』に知られるように、「私や<善人の仲間>への批判」を行う(発言する)悪人が存在する。

 ①。この悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』のスカウト対象者であり、私(神)の、罰の対象者である。

<4>。「私や<善人の仲間>への批判」を行う悪人の、批判の目的を知り、悪事には罰を与えるべきである。

 ①。悪人は、「現実逃避」、「悪事(間違った判断、認識)へ、他人を誘導」、「自分を有能者であると表現」などをする為に、「私や<善人の仲間>への批判」を行う。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『悪くないもの』を、『悪いもの』であると、『悪である(間違った)』主張をする悪人(記事No.1175)

【★1。『悪くないもの』を、『悪いもの』であると、『悪である(間違った)』主張をする悪人】

<1>。<真実として、正当な理論として、『悪くないもの』>を、『悪いもの』であると、『悪である(間違った)』主張(表現、発言)などをして、私の批判を行う悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』のスカウト対象者であり、私(神)の罰の対象者である。

 ①。<真実として、正当な理論として、『悪いもの』>を、『悪くないもの』であると、『悪である(間違った)』主張(表現、発言)をして、『5人組や、5人組の仲間達』(悪事)を悪くないと、『悪である(間違った)』主張(味方、補助、表現、発言)などを行う悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』のスカウト対象者であり、私(神)の罰の対象者である。

<2>。<真実として、正当な理論として、『悪くないもの』>を、『悪いもの』であると、『悪である(間違った)』主張(表現、発言)などをすることは、『5人組や、5人組の仲間達』の性質である。

 ①。<真実として、正当な理論として、『悪くないもの』>を、『悪いもの』であると、『悪である(間違った)』主張(表現、発言)などをする、『5人組や、5人組の仲間達』にスカウトされた悪人は、『5人組や、5人組の仲間達』の「主犯」として、悪事を行っている。





★『5人組や、5人組の仲間達』

正常な、正しいことは、「捏造の状況の指示者(作成者)」には、悪い状態を作り出したことへの、責任が存在する(記事No.1174)

【★1。正常な、正しいことは、「捏造の状況の指示者(作成者)」には、悪い状態を作り出したこと(悪い状態が発生したこと)への、責任が存在する】

<1>。捏造の状況で、私(<善人の仲間>)が被害を受けた場合、「捏造の状況の指示者(作成者)」は、罰を受けるべきである。

 ①。『正常な人』ならば、私(<善人の仲間>)が被害を受けると、予測が出来る状態であった。

  (1)。「捏造の状況の指示者(作成者)」は、『正常な人』ならば、私(<善人の仲間>)が被害を受けると、予測が出来る状態の、捏造の状況を作り出した。

  (2)。「捏造の状況の指示者(作成者)」は、『正常な人』ならば、私(<善人の仲間>)が被害を受けると、予測が出来る状態を、予測することが出来なかった低能者(能力を持たない悪人、行う為の権利を持たない悪人)である。

  (3)。過去に、何度も、同様の状態から、私(<善人の仲間>)が被害を受ける状態があった。

   1。「捏造の状況の指示者(作成者)」は、過去に、何度も、同様の状態から、私(<善人の仲間>)が被害を受ける状態があったことから、何も学んでいない状態であった。

   2。『正常な人』ならば、私(<善人の仲間>)が被害を受けると、予測が出来る状態を、予測が出来ずに防げない状態は、過去の失敗と同様の状態である。

 ②。過去に、何度も、私(<善人の仲間>)が被害を受ける状態を作った(発生させた)、同じ、「捏造の状況の指示者(作成者)」(低能者)が、また、状況を作った。

  (1)。<悪い状態を作り出す(発生させる)、「捏造の状況の指示者(作成者)」>であることは、確定しているのに、何度も、同じ、「捏造の状況の指示者(作成者)」(低能者)が、状況を作る。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』が、同じではないと、主張するのならば、主張の裏付けを提示させること。

   1。提示が出来ないならば、同じではないと、いう主張は受け入れられない。

 ③。<悪い状態を作り出した(発生させた)、「捏造の状況の指示者(作成者)」>が、罰を受けていないので、世界は、正常な、正しい状態には、ならない。

  (1)。<悪い状態を作り出した(発生させた)、「捏造の状況の指示者(作成者)」>が、罰を受けていないので、世界は、正常な、正しい状態になることは、不可能である。

  (2)。<悪い状態を作り出した(発生させた)、「捏造の状況の指示者(作成者)」>が、責任をとっていないので、世界は、正常な、正しい状態には、ならない。

  (3)。責任への罰は、責任を負う人が、「責任を認識しているか、責任を認識していないか」に関係が無く、発生して、責任を負う人が受けるものである。

  (4)。正常な、正しいことは、<悪い状態を作り出した(発生させた)、「捏造の状況の指示者(作成者)」>が、罰を受ける状態である。

<2>。正常な、正しいことは、捏造の状況を作り出すことは、悪事である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、実験、捏造、罠などの理由から、捏造の状況を作り出して、その捏造の状況で、人に反応をさせると、いう悪事を行う。





★『5人組や、5人組の仲間達』

私は、『5人組や、5人組の仲間達』の、「全て」の悪事を、書かない(記事No.1173)

【★1。私は、『5人組や、5人組の仲間達』の、「全て」の悪事を、書かない(提示しない)】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、私に、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事などを、「全て」、ブログや本などに書かせる為に、私に、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を見せると、いう悪事を行う。

 ①。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、私に、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事を見せる為に、故意に(表の理由にして)、悪事を行う。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この悪事ならば、「私のブログや本などに書かれていないから、行っても構わない」と、いう『悪である(間違った)』認識(判断、解釈、現実逃避)をする。

<3>。真実として、私は、『5人組や、5人組の仲間達』の、「全て」の悪事を、書かない(提示しない)。

 ①。何故なら、必要が無いから。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、私に、「全て」の悪事を、書かれない(提示されない)ならば、自分が悪事を行っても安全である(暴かれない)と、『悪である(間違った)』認識(判断、解釈、現実逃避)をして、悪事を行う。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』には、古典的な「悪人の悪事を阻止する方法」も、有効である(記事No.1172)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』には、古典的な「悪人の悪事を阻止する方法」も、有効である】

<1>。先祖から生き残っている悪人は、古典的な、「悪人の悪事を阻止する方法」を、「方法から逃れた」、「方法の効果があったので悪事を行わなかった」、「方法の網目を通過した」悪人である。

<2>。「方法の効果があったので悪事を行わなかった」場合。

 ①。罰が、恐れるものであるほど効果的である。

 ②。見せしめ(公表)が、効果的である。

<3>。「方法から逃れた」場合。

 ①。逃げた方法を知り、逃がさないようにすること。

<4>。「方法の網目を通過した」場合。

 ①。方法の種類を増やすこと。




★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』が受けることが正当な罰を、不当に、身代わりの他人が受ける場合がある(記事No.1171)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が受けることが正当な罰を、不当に、身代わりの他人が受ける場合がある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』が行った悪事への罰が発生する「瞬間」に、本物の私(身代わりの他人)が、『5人組や、5人組の仲間達』と入れ替わることを強要されて、本物の私(身代わりの他人)が、『5人組や、5人組の仲間達』への、悪事の罰を受けることがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が行った悪事への罰が、『5人組や、5人組の仲間達』へ発生する「瞬間」に、本物の私(身代わりの他人)の『心と考え』が、『5人組や、5人組の仲間達』の『心と考え』の代わりに、『5人組や、5人組の仲間達』の「肉体」に入れられることを、『5人組や、5人組の仲間達』の操作から強要されて、本物の私(身代わりの他人)が、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事への罰を受けることがある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』が行った悪事への罰を、他人に受けさせようとすることは、悪事である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「故意に」、本物の私(身代わりの他人)に、「身代わりに、罰(攻撃)を受けさせる為に」、悪事を行う。

 ①。この場合、本物の私(身代わりの他人)に罰(攻撃)を与える人は、『5人組や、5人組の仲間達』の身代わりとなっている本物の私(身代わりの他人)に、攻撃を与えている状態である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、他人に嫌がらせを行い、他人を怒らせて、自分への攻撃が発生する状態を作り出して、自分への攻撃が行われる瞬間に、本物の私(身代わりの他人)と入れ替わる。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を、代理人に行わせて、自分は罰から逃れる方法を好む。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、「本物の私(身代わりの他人)に、身代わりに、罰(攻撃)を受けさせる悪事」の場合、「悪事を行う代理人」にしようとしている対象は、罰(攻撃)の執行者である。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の代わりに、罰(攻撃)の執行者に、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃(悪事)を行わせている状態である。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、罰(攻撃)の執行者に、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃(悪事)を行わせて、罰(攻撃)の執行者を、自分と同じ不幸な(罪人の)状態にすることを好む。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、罰(攻撃)の執行者に、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃(悪事)を行わせて、罰(攻撃)の執行者に、罪を着せることを好む。

   4。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事が暴かれることが無い安全な状態で、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃を与えることを好むので、「悪事を行う代理人」を使う。

<3>。「本物の私(身代わりの他人)に、身代わりに、罰(攻撃)を受けさせる悪事」は、【地球上に、物体として存在しているもの(犯人)】の、入れ替わる為の機械の操作や、侵入先の肉体の操作など、で行われる。

 ①。この1つの悪事には、複数の犯人(連携)の、悪事の実行犯が存在する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、複数人で活動する(悪事を行う)ことが多い。

 ③。「侵入先の肉体を、同時に操作が出来る数は、複雑な行動の指示ほど、操作が難しくて少ない」、つまり、「『複数人(多いほど良い)』の『同時』の善の活動(反乱)こそが必要である。

  (1)。本当の犯人を捜して、罰を与える(駆除する)こと。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、入れ替えること(操作)は、1秒足らずで完了することが可能である。

<4>。「(A)自分の体を他人に使われる人(対象)」と、「(B)他人の体で行動することを強要される人(対象)」の可能性は、地球上の誰でも有り得る。

 ①。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象になる可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間割れが理由の、『5人組や、5人組の仲間達』から攻撃を受けている『5人組や、5人組の仲間達』。

 ②。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象になる可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』の、「本物の私を助力するという、善行に見せ掛けた、表の理由を使った悪事」に使う為の人。

  (1)。(A)として、「私の助力になることが出来る人」が、『5人組や、5人組の仲間達』の、「邪魔する為」、「自分が手柄を奪う為」などの『悪である(間違った)』理由から、『5人組や、5人組の仲間達』に、体を使われる。

  (2)。(B)として、「私の助力になることが出来る人」が、実際に役に立つので、役に立たない状態の体を強要される(動物など)。

 ③。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、<善人の仲間>などの、『5人組や、5人組の仲間達』が羨ましいと思う存在。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が羨ましいので、嫌がらせを行っていると、いう悪事である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が羨ましいので、「相手が自分と同じ悪人(不幸)になれば嬉しい」と、いう『悪である(間違った)』価値観などからの、「相手から奪う」、「仲間作り」などの為の悪事である。


 ④。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、権力者(入れ替わりで快楽&利用)。

  (1)。(A)が多い。

   1。本物の権力者の体は、『5人組や、5人組の仲間達』の『心と考え』で使われ、同じ外見の本人は、(B)の状態である場合がある。

  (2)。(B)の場合、本人が、自分の本当の体(姿)や、本当の自分(誰であるか)を知らずに、他人の体で生きている場合がある。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』の、権力者が持つ能力を、自分が(悪事に)利用したいという考えから。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』の、権力者が持つ能力が無いと、世界が機能しない場合、別人として生かされ、制限(強要)をされて、能力を使わされている場合がある。

   ※補足1。自分の体だが、本当の自分(誰であるか)を知らずに、別人として生きている場合がある。

   ※補足2。過去に、アレクが、『5人組や、5人組の仲間達』を護衛する人として、利用されていたことがある。(アレクは強いので)

        アレクは自分を、アレク(王、名前も)だと知らず、『5人組や、5人組の仲間達』を護衛していた。

        そして、マケドニアの歩兵は、本物のアレクを見たことが無い状態だったので、自分達の王だと分からなかった(敵だと思ってた)。

        現在の私の持っている記憶では、3回は有った出来事である。

   ※補足3。アレクの仲間が、『5人組や、5人組の仲間達』として、本当の自分(誰であるか)を知らずに、生きていることもあった。

        アレク達は、お互いが仲間であるという認識が無くて、アレクはアレクの仲間に、かなり強い嫌がらせを受けていたようだ。

   ※補足4。マケドニアの歩兵と、マケドニアの歩兵が、お互いが敵になるように配置され、真実を知らずに、殺し合いを行わせられたこともある。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、権力者が、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘で、騙されて行動していることを好む。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』に、騙されないようにすること。

 ⑤。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』の、指示を聞かなかった人(反抗した人)(=善人)。

 ⑥。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、過去に、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に協力した悪人(何度も利用する)。

 ⑦。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』が、自分の、一般人として生活している人生などで、『5人組や、5人組の仲間達』が嫌いだと思った人。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』と、接点があることが多い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌いな人に、『5人組や、5人組の仲間達』の罪を被せる((A)が多いが、(B)もある)。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌いな人に、悪事を代行させる((A)と(B))。

 ⑧。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、罪を被せたい人。

 ⑨。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、幸せそうに暮らしている他人。

  (1)。すれ違っただけの他人も、対象である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の価値観から、幸せそうに暮らしていると思える他人」と、自分が入れ替わり、他人のモノマネをしながら、潜伏して暮らしたいという欲望を持つ。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「潜伏しやすい場所(一人暮らし、集団から離れた場所など)」、「潜伏したい場所(幸せそう、簡単そう)」などで、「ひっそりと暮らしたい」という欲望「も」持つ。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、幸せそうな他人の子供などと、自分が入れ替わり、自分が愛情を受けたいという欲望を持つ(托卵)。

 ⑩。(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、精神病患者、犯罪者。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』が、理想とする(欲しがっている)、とても良い悪事(邪魔)を行うから。

   1。罰などを、恐れることが無い人達。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』と、混じり合い(交配)、『5人組や、5人組の仲間達』は、繁殖している。

  (2)。自分の体が使われるというよりは、他人の体を使って、悪事を行う人達である。

 ⑪。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、カッコイイ(有能者)人。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の価値観で、カッコイイ(有能者)と思える他人」と、自分が入れ替わり、他人のモノマネをしながら、潜伏して暮らしたいという欲望を持つ。

  (2)。金持ち。

 ⑫。『5人組や、5人組の仲間達』は、<善人の仲間>に侵入して、「活動に参加したい」、「活動を邪魔したい」という欲望を持つ。(この場合(A)が多い)

 ⑬。「相手の能力がどのぐらいか試したい」、「本当かどうか試したい」、「どんな反応をするか見たい」、「確認したい」、「知りたい(興味、知識欲、悪人の生存方法、モノマネしたい)」などの場合に、行われる悪事である。(その場合、単純に、状況が捏造された場で、行動(状況の設定)を強要されることが多いが、状況を正確に認識が出来ないように、意識などはコントロールされる)

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の発言などが本当であるか、相手を試したいと、いう欲望を持つ。

   1。試す発言などの内容は、『5人組や、5人組の仲間達』の、曲解などの妄想(認識)などが多い。

 <例えば>

   ①。相手が「自分は正しい」と発言するならば、どのぐらいの嫌がらせを行えば、相手は「自分は正しくない」という発言(認識)に変わるのか、試す。

    (1)。相手が、どのぐらいの強情を保てるのか、試す。

    ※補足1。相手が「自分は正しい」と発言することは、悪人には、不快なことである。

    (2)。試す為に、『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が正しいことが出来ない状況を作り出す。

   ②。相手が「自分は正しい」と発言するならば、実際に、どのぐらい正しいのか、試す。

   ③。相手の意見(主張)を、自分に都合の良いものに、変えさせようとする(強要)。

   ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、曲解などの妄想(認識、現実逃避)などから、相手の発言を、矛盾(間違っている)と認識して、矛盾(相手)を批判(攻撃)しようとする。

    (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、マウント(相手より自分が強い状態)を取ろうとする。



 


★『5人組や、5人組の仲間達』

偽者が、本物に成り代わることは、不可能である(記事No.1170)

【★1。偽者が、本物に成り代わることは、不可能である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、映像を見ている人に、自分を本物(自分が有能者)であると見せ掛ける為に、本物の行動をモノマネして、捏造の映像を作る。

<2>。私は、真実の、本物を知っている。

 ①。だから、私は、真実を公表することが出来ない状態を強要される。

<3>。本物は、本物の能力があるから、本物なのである。

 ①。偽者の能力では、本物になれない。

 ②。本物が大切に扱われているのは、本物の能力があるからである。

  (1)。本物の能力の無い偽者が、本物のモノマネをしても、本物と同じに、大切には扱われない。

  (2)。偽者の能力では、本物と同じに、大切には扱われない。

 ③。本物は、正しいこと(正当な状態、正義の状態)を行っている。

  (1)。偽者は、本物と同じに、正しいこと(正当な状態、正義の状態)を行っている状態ではない。

  (2)。偽者は、本物と同じことを行っても(モノマネしても)、本物と同じに、正しいこと(正当な状態、正義の状態)を行っている状態ではない。

  (3)。本物は、他人を操作すると、いう悪事を行っていない。

  (4)。本物は、他人に成り代わろうと、いう悪事を行っていない。

  (5)。本物は、悪事を行っていない。

  (6)。悪事を行う悪人は、本物と同じに、大切には扱われない。

  (7)。偽者は、本物の行う真逆の行いである、悪事を行っているので、本物と同じに、大切には扱われない。

<4>。偽者の能力では、本物の役割(働き)が出来ない(達成することが出来ない)。

 ①。本物の能力は、役割(働き)の為に必要であるから、本物は、大切に扱われている。

 ②。偽者の能力では、本物が必要である役割が、達成することが出来ない。

<5>。能力の無い偽者が活動するので、本物の能力が必要であった、役割(仕事)が達成することが出来ない。

 ①。本物が重要とされていれば、重要とされているほどに、本物の能力(役割(仕事)の達成)は必要なものである。

 ②。本物が大切に扱われていれば、大切に扱われているほどに、本物の能力(役割(仕事)の達成)は必要なものである。

 ③。だが、偽者が、本物の活動が出来ない(本物の能力が使えない)状態にするので、「本物から、重要で必要なものが達成される」ことが無くなり、重要で必要なものが作られなくなり(存在しなくなり)、不幸な状態が作られる。

  (1)。偽者が、本物の活動が出来ない(本物の能力が使えない)状態にすることから、「本物から、重要で必要なものが達成される」ことが無くなり、重要で必要なものが作られなくなり(存在しなくなり)、不幸な状態が作られる。

  (2)。偽者が、本物の活動が出来ない(本物の能力が使えない)状態にすることの結果、「本物から、重要で必要なものが達成される」ことが無くなり、重要で必要なものが作られなくなり(存在しなくなり)、不幸な状態が作られる。

 ④。能力の無い偽者が活動するので、「本物から、重要で必要なものが達成される」ことから発生する(作られる)、世界の幸せの為に必要(大切、重要)なものが、「無くなっている状態」、「足りない状態」、「欠けている状態」である。

 ⑤。必要(大切、重要)なものが、無ければ、必要(大切、重要)な機能はしない。

 ⑥。必要(大切、重要)なものが、無い状態では、必要(大切、重要)なものから、生まれる(作り出される)必要(大切、重要)なものも無い。

<6>。能力の無い偽者が、能力を必要とする地位に存在することは、「不自然」である。

 ①。つまり、偽者であることは、暴かれることである。

 ②。偽者は、暴かれないように、嘘(悪事)を次々に重ねて(増やして)いく、そして、結果として、「罪が増える状態」、「罰が増える状態」、「本物と同じに、大切には扱われない状態」、「不幸な状態」などを手に入れる。

 ③。偽者が、一時的に成り代われても、偽者には能力が無いと暴かれる。

 ④。能力のない偽者は、その地位に存在することが出来ず、他の能力の有る人が、その地位に存在することになる。

  (1)。つまり、偽者は、本物に、成り代われない。

<7>。偽者は、本物が、本物の地位に存在しない(本物の存在しない)世界で、自分が偽者として暮らそう(生きよう)と考える、『悪である(間違った)』価値観である。

<8>。偽者が、本物に成り代わった状態で、世界が幸せな状態になることは、不可能である。

 ①。本物が、本物の地位に存在しない世界では、世界に幸せが作られない(無い)状態である。

 ②。偽者が、偽者として、本物の存在しない(本物の存在しない)世界で、生きていくことは不可能である

 ③。偽者が本物に成り代わった結果、「本物の作る幸せな世界」が無くなったので、偽者は、「本物の作る幸せな世界」ではなく、「偽者の作る不幸な世界」で、不幸に生きることになる。

  (1)。偽者が本物に成り代わった結果、「本物の作る幸せな世界」が無くなったのに、偽者が、<存在しない「本物の作る幸せな世界」>で、幸せに生きることは不可能である。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』は、不可能なことを可能であると、『悪である(間違った)』認識(妄想)をする。





★『5人組や、5人組の仲間達』

『正常な人』が持つ、思考の一覧(記事No.1169)

【★1。『正常な人』が持つ、思考の一覧】

<>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この思考の一覧に、欠陥がある。

<>。事象を認識する能力。(気付く、繋がり、理解)

<>。記憶力。

<>。複数の要素の把握(同時の所持)。

<>。広い範囲への繋がり。影響。因果の繋がり。

<>。時間の前後の繋がり。未来への影響。因果の繋がり。

<>。方法の発案。(複数を、組み合わせ、合致)

<>。予測。

<>。判断。選ぶ。(複数から選ぶ。アレだと分かる)

 ①。比べる。差。

 ②。合致するか。


<例>
・アレだと分かる。

 複数の要素から、合致を選ぶ。


<作成中>





★真実を認識する為の知識1

「不確定な状態のもの」は、「不確定な状態のもの」であると、認識すること(記事No.1168)

【★1。「不確定な状態のもの」は、「不確定な状態のもの」であると、認識すること】

<1>。「不確定な状態のもの」を、「決めつけ」の『悪である(間違った)』機能などから、可能性ではなく「確定した状態のもの」であると、『悪である(間違った)』認識をすると、真実を認識することが出来ない。

<2>。「不確定な状態のもの」を、「不確定な状態のもの」であると、思考の場の要素に持つ、正しい認識の状態が、自分に認識することが可能である最善の、「真実の状態」である。

  ※補足1。実際の真実の状態を知らない場合の、自分に認識することが可能である最善の、「真実の状態」である。

 ①。「可能性がある状態のもの」を、「可能性がある状態のもの」であると、思考の場の要素に持つ、正しい認識の状態が、自分に認識することが可能である最善の、「真実の状態」である。

 ②。不確定が、確定されるまでは、「不確定な状態の要素である」と認識することが、自分に認識することが可能である最善の、「真実の状態」を、認識している状態である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「不確定な状態のもの」は、「不確定な状態のもの」であると、正しく認識することが少なく、「不確定な状態のもの」を、「確定した状態ものである」と、いう『悪である(間違った)』認識をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、「不確定な状態のもの」を、「確定した状態ものである」と、いう『悪である(間違った)』認識をすることは、「決めつけ」の『悪である(間違った)』機能が、関係している。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、「決めつけ」の『悪である(間違った)』機能が、『5人組や、5人組の仲間達』が、真実を認識することが出来ない原因の1つである。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ