<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★真実を認識する為の知識1

《正常な人》が、「人」として生きることは、当然の権利であり、当たり前のことである(記事No.1247)

【★1。《正常な人》が、「人」として生きることは、当然の権利であり、当たり前のことである】

<1>。《正常な人》は、「人」として、生きたい。

 ①。《正常な人》は、「人」として、生きることを望む。

 ②。《正常な人》は、「人」ではないものとして、生きたく無い。

 ③。《正常な人》は、「人」の生き方を、したい。

 ④。《正常な人》は、「人」として、この世界に生まれたから、「人」として、この世界で生きたい。

 ⑤。《正常な人》は、先祖代々が、過酷な人生を努力して生きた結果、自分に「人」であることを伝えてくれたから、「人」として、生きたい。

 ⑥。《正常な人》は、先祖代々が、過酷な人生を努力して生きた結果、自分に「人」としての命を与えてくれたから、「人」として、生きたい。

 ⑦。《正常な人》は、先祖代々の、過酷な人生を努力して生きたことを踏みにじり、子孫の立派な人生を望む願いを裏切りたくないから、「人」として、生きたい。

<2>。《正常な人》の、「人」として生きることを、邪魔(阻止)することは、悪事である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、《正常な人》が、「人」として生きることが、羨ましいことから、嫌がらせ(攻撃)などの悪事を行う。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、《正常な人》が、「人」として生きるという当然な状態が、羨ましいことから、壊そうとする悪事を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、当然なこと(当たり前なこと)へ、「批判」、「苦情」などを行う、破綻している(異常な)悪人である。





★私の意志・意向

私が、私の意向である場所に、存在することは、正当なことであり、重要なことである(記事No.1246)

【★1。私が、私の意向である場所に、存在することは、正当なことであり、重要なことである】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、私が、私の意向である場所に、存在することを、邪魔(阻止)すると、いう悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、私が、私の意向である場所に、存在することに、「不満」、「批判」、「狡いという《悪である(間違った)》認識(主張)」などを、行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、この不満などを持つこと(表の理由)から、私に、場所を移動させることを強要する悪事を行う場合もある。

<2>。《正当で、正常な、正しい》状態は、私が、私の意向である場所に、存在することである。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、私が、私の意向である場所に、存在することに、「不満」、「批判」、「狡いという《悪である(間違った)》認識(主張)」などを行い、邪魔(阻止)などを行うことは、不当なことであり、悪事である。

<3>。私は、場所(建物)などに、強い『こだわり』を持ち、それは、神の善行を行う為に、かなり必要であると、考える。

 ①。つまり、私の、意向ではない場所を、私に強要することは、巨大な悪事である。

 ②。つまり、私が、私の意向である場所に、存在することを、邪魔(阻止)することは、巨大な悪事である。

<4>。私が、私の意向である場所に、存在することを、邪魔(阻止)する悪事を行う《5人組や、5人組の仲間達》は、「主犯」である。





★真実を認識する為の知識1

《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の発生が無くなると、(自分が)不幸になると、いう訳ではない(記事No.1245)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の発生が無くなると、(自分が)不幸になると、いう訳ではない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》が、悪事を行っている状態ではない場合(世界が正常な場合)には、確実に、(自分が)不幸な状態になると、いう《悪である(間違った)》認識を持つ悪人が存在する。

 ①。この《悪である(間違った)》である認識は、「決めつけ(思い込み)」、「被害妄想」、「他人の不幸は構わないと、いう《悪である(間違った)》価値観」などから発生する。

<2>。《真実としては》、「《5人組や、5人組の仲間達》が、悪事を行っている状態」と、「(自分が)不幸な状態」は、必ず、セット(一揃い)になる、訳ではない。

 ①。《真実としては》、「《5人組や、5人組の仲間達》が、悪事を行っている状態」ではない場合に、「(自分が)不幸な状態」ではない場合もある。

 ②。本来、「《5人組や、5人組の仲間達》が、悪事を行っている状態」ではない場合に、「(自分が)不幸な状態」ではない状態であるはずの人が、「★1の<1>」の、《悪である(間違った)》認識(決めつけ、思い込み)から、悪事を行っていることが多い。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の、「今度は、こっち?」と、いう発言(記事No.1244)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、「今度は、こっち?」と、いう発言】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、(一緒に存在している)糾弾を受けている悪人から、糾弾の標的が、自分に移った場合などに、発言する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、糾弾(罪、罰の追求)を受けているのが他人であれば、同じ罪を犯した(同じ立場の)自分は、糾弾の対象外であると、いう《悪である(間違った)》である認識をする。

 ②。《真実としては》、糾弾の対象の悪人は、「全て」、糾弾の対象である。

 ③。《真実としては》、「今度は、こっち?」ではなく、「全て」である。

  (1)。《真実としては》、どちらかではなく、「全て」である。

<2>。この発言は、《5人組や、5人組の仲間達》の、異常な思考の流れ(価値観)から、発生する。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》の、「今度は、こっち?」と、いう発言をする悪人は、罰の対象者である。

 ※補足1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「全て」、罰の対象者である。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の、「それを言われると」と、いう発言(記事No.1243)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、「それを言われると」と、いう発言】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》の、「それを言われると、俺らの悪事(の全て)が、悪事であると肯定される(暴かれる)」と、いう意味の発言である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「それを言われるとさ」と、発言することもある。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、特に、私のブログや本の内容へ、発言することが多い。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分達の悪事は、《表の理由》や、「捏造」、「真実の隠蔽」などから、悪事ではないと、見せ掛けているのに、それ(私のブログや本の内容)を言われた場合は、自分達の悪事は、悪事であると肯定される(暴かれる)と、いう《悪である(間違った)》である認識を持つ。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分達の悪事は、《表の理由》や、「捏造」、「真実の隠蔽」などから、悪事ではないと、見せ掛けているので、他人から悪事ではないと認識されていると、いう《悪である(間違った)》認識を持つ。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分達の悪事は、《表の理由》や、「捏造」、「真実の隠蔽」などから、悪事ではないと、見せ掛けているので、他人から罰(攻撃、批判)を受けないと、いう《悪である(間違った)》認識を持つ。

 ③。《実際としては》、私が、ブログや本の内容で書かなくても(書く前から)、他人から、悪事であると肯定されているものである。

  (1)。《実際としては》、私が、ブログや本の内容で書かなくても(書く前から)、既に、誰もが、悪事であると肯定しているものである。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「既に暴かれていること」に、「それを言われると」困ると、いう《悪である(間違った)》認識を持つことからも、悪事を行う。





★私の意志・意向

常に、未来永劫、「今」の私の意向が重要である(記事No.1242)

【★1。常に、未来永劫、「今」の私の意向が重要である】

<1>。「前」に生きていた私の意向は、「今」の私の意向ではない場合がある。

 ①。「今」の私の意向は、「今」の私が決める。

 ②。「前」に生きていた私の意向は、「今」の私も同じ意向なのか、「今」の私に、確認するべきである。

 ③。「前」に生きていた私の意向は、そのまま、「今」の私の意向である場合もある。

 ※補足1。これは、《5人組や、5人組の仲間達》が、「前」に生きていた私の意向を、曲解したものを、「今」の私の意向であると、主張する悪事への、対処の一部である。

 ※補足2。《5人組や、5人組の仲間達》以外の人は、世界への善悪などを考慮した判断をしてほしい。

 ※補足3。「前」の私と、「今」の私を分けるものは、「死」、「《5人組や、5人組の仲間達》の操作などからの意識の分断」、「記憶の削除」、「記憶の操作」などである。

  


★《5人組や、5人組の仲間達》

私は、私の意向ではないものを、強要されることから、怒りを発生させる(記事No.1241)

【★1。私は、私の意向ではないものを、強要されることから、怒りを発生させる】

<>。《5人組や、5人組の仲間達》が、私の意識を奪うなどの、私の意識を分断させる悪事を行うことから、私は、突然、私の周辺に、許可していない他人が存在する状態になる。

 ①。私は、私の周辺に、許可していない他人が存在することに、怒りを発生させる。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、私の意識を奪うなどの、私の意識を分断させる悪事を行うことから、私は、突然、私の周辺に、許可していない他人が存在する状態になり、許可していない他人を攻撃する場合がある。

  ()。《5人組や、5人組の仲間達》の、悪事から、私に怒りが発生して、その結果、私から攻撃を受ける被害者が存在する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、私の意識を奪うなどの、私の意識を分断させる悪事が無かった場合には、私の周辺に、私が許可していない他人が存在することが無く、私から許可されるはずの人が、私から攻撃を受けることはない。

  ()。つまり、私から許可されるはずの人が、私から攻撃を受けることは、《5人組や、5人組の仲間達》の、私の意識を奪うなどの、私の意識を分断させる悪事から、発生している。

  ()。《5人組や、5人組の仲間達》の、悪事から、私に怒りが発生して、その結果、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事が無かった場合には、攻撃を受けていない人(本来、攻撃を受ける人ではない人)が、攻撃を受けることになる。

 ①。この対処法の1つとして、本物の私の許可が無い他人は、私の周辺に存在しないこと。

  ()。この対処法の1つとして、不当に、私の周辺に存在しようとする他人(悪人)が、私の周辺に存在しないこと。

  ()。私の偽者の指示を聞かないこと。

  ()。この対処法の、最もなものは、「《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を防ぐこと」、「《5人組や、5人組の仲間達》を駆除すること」である。

<>。《5人組や、5人組の仲間達》が、私の意識を奪い、私の意識を分断させる悪事を行うことから、私は、突然、自分の意向ではない場所に存在する状態になる。

 ①。私は、自分の意向ではない場所に、存在させられることに、怒りを発生させる。

<>。《5人組や、5人組の仲間達》が、私の意識を奪い、私の意識を分断させる悪事を行うことを、防げないのならば、防げない量だけの、世界は、不幸を手に入れる。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、私の意識を奪い、私の意識を分断させる悪事を行うことを、防げないのならば、防げない量だけの、悪い状態が作られる。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、私の意識を奪い、私の意識を分断させる悪事を行うことを、防げないのならば、防げない量だけの、悪い状態の改善が、行われない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、私の意識を奪い、私の意識を分断させる悪事を行うことを、防げないのならば、防げない量だけの、神(私)からの幸せ(利益)が、手に入らない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、悪事を防げないほどに、神(私)からの幸せ(利益)が、手に入らない。



 

★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の、よくありがちな、発言(記事No.1240)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、よくありがちな、発言】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、よくありがちに、「~だったら、許可したのに」と、いう《悪である(間違った)》発言(表現、主張、認識)などをする。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、よくありがちに、「~と言わなかったら、攻撃しなかったのに」と、いう《悪である(間違った)》発言(表現、主張、認識)などをする。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、自分の、《悪である(間違った)》判断からの、《悪である(間違った)》判定を、被害者(世界、社会)に強要する(記事No.1239)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分の、《悪である(間違った)》判断からの、《悪である(間違った)》判定を、被害者(世界、社会)に強要する】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、権利の無い、勝手な判断や判定を行い、被害者(世界、社会)のことを、自分が(自分の価値観で、自分の都合で)判断、判定、強要などをしようとする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、判断や判定は、権利の無い、勝手なもので、被害者(世界、社会)に不要(害、迷惑)である。



★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、《正常な人》が、異常であると判断するものを、異常であると判断しない(記事No.1238)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、《正常な人》が、異常であると判断するものを、異常であると判断しない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、《正常な人》が、異常だと判断するものの、異常さを、認識しない。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》には、《正常な人》が、異常だと判断するものが、日常の、『ありきたりなもの』である場合が多い。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》には、《正常な人》が、異常だと判断するものが、特に、違和感の無いものである場合もある。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》に、《正常な人》が、自分が異常だと判断するものを、説明しても、《5人組や、5人組の仲間達》は、その異常性を認識していないので、伝わらない。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》に、《正常な人》の、自分が間違い(悪事)だと判断するものを、自分の認識のそのままを使って説明しても、《5人組や、5人組の仲間達》は、その異常性(差異、違和感など)を認識していないので、伝わらない。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の、思考の流れには、現実逃避、脳の空白(暇)を埋める為の、《悪である(間違った)》ものがある(記事No.1237)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、思考の流れには、現実逃避、脳の空白(暇)を埋める為の、《悪である(間違った)》ものがある】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、現実逃避や、脳の空白(暇)を埋める為に、近くにあるもの等に、意識を向ける。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、意識を向けるものは、

 ①。思考に、繋がりが無く(無関係に)、閃いた(発想した)もの。

 ②。他人に嫌がらせが出来るもの(嫌がらせ、悪事の発案)。

 ③。近くに存在する他人。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、近くに存在する他人と交流することで、現実逃避や、脳の空白(暇)を埋める為に、近くに存在する他人に、「余計な手出し」、「余計な干渉」、「争いをしかける」、「挑発」、「邪魔」、「介入」、「悪戯」、「暴力」などの悪事を行う。

 など。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、低能者であるので、脳の空白(暇)の、発生の数(種類の数)が多い。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、正義感が無く、罰から逃れる等の生存方法などの為に、現実逃避の発生の数(種類の数)が多い。

<5>。《5人組や、5人組の仲間達》は、正義感が無いので、正義感の無い方法で、現実逃避、脳の空白(暇)を埋める為の、悪事を行う。

<6>。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の、《悪である(間違った)》思考の癖(思考の流れ)である。

 ①。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の、生きている時間の、常に、発生している思考の癖であるので、生きるほどに、長生きするほどに、思考の癖の強さ(水準)や、思考の癖からの体への影響が、強まる。

 ②。思考の癖は、使うほどに、回数を増やすほどに、思考の癖の強さ(水準)や、思考の癖からの体への影響が、強まる。

<7>。《正常な人》も、現実逃避や、脳の空白(暇)を埋める為に、近くにあるもの等に、意識を向けるが、《5人組や、5人組の仲間達》(悪人)とは、違う部分(傾向、内容)がある。

 ①。私は、この反応は、正常な範囲であれば、《正常な人》が、正しく生きる為に、必要な反応(機能)であると、考える。

 ②。《正常な人》と、《5人組や、5人組の仲間達》では、意識を向ける対象が違う。

 ③。《正常な人》と、《5人組や、5人組の仲間達》では、必要になる状況が違う。

 ④。《正常な人》と、《5人組や、5人組の仲間達》では、発生する回数や、種類が違う。

 など。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、嫌がっている状態へ、「嫌がっているのか?」と、故意に、質問する悪事を行う(記事No.1236)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、嫌がっている状態へ、「嫌がっているのか?」と、故意に、質問する悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、嫌がっている状態なのに、《5人組や、5人組の仲間達》を恐れて、本心を言えない状態であることを認識して、「嫌がっているのか?」と、故意に、質問する悪事を行う。

 ①。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の、「自分は有能者である」、「不満があるならば、殺す(不幸、苦痛を与える)」、「《5人組や、5人組の仲間達》の意向通り動け」、「自分を批判する者は不快である」などと、いう表現(脅し)である。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、不快(不満)に感じている状態へ、「不快(不満)なのか?」と、故意に、質問する悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、行いたくない状態へ、「行いたくないのか?」と、故意に、質問する悪事を行う。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、恐怖を感じている状態へ、「恐怖を感じているのか?」と、故意に、質問する悪事を行う。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、《5人組や、5人組の仲間達》の異常性(悪)を感じている状態へ、「俺らを否定しているのか?(俺らが悪いと思っているのか?)」と、故意に、質問する悪事を行う。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、自分の意向ではない状態へ、「行いたくないのか?」と、故意に、質問する悪事を行う。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が本心として、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に加担したくない状態へ、「行いたくないのか?」と、故意に、質問する悪事を行う。

<3>。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の、生まれつきの《悪である(間違った)》性質である。

 ①。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の生存方法からの、《悪である(間違った)》行動である。

 ②。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の、悪事である。(脅しは、どのようなものでも悪事である)

 ③。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の、《悪である(間違った)》好みのことである。

 ④。これは、低能者である《5人組や、5人組の仲間達》の、低能から生まれた、低能であることからの、単純な表現である。

  (1)。だが、苦痛(不幸)を与えられる可能性があるので、反応には、気を付けるとよい。

  (2)。《真理としては》、《5人組や、5人組の仲間達》から受けた、苦痛(不幸)は、「全て」、神、世界、《善人の仲間》なども、《5人組や、5人組の仲間達》に、行い返す(やり返す、復讐する)、苦痛(不幸)である。

<4>。《真理としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くす為の正しい行動(善行)には、《5人組や、5人組の仲間達》への嘘なども、許可される。

 ①。《真理としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くす為の正しい行動(善行)を行う為に、必要であれば、悪事も構わない。

 ②。《真理としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くす為の正しい行動(善行)を行う為に、必要であれば、何を行っても、構わない。

 ③。《真理としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くす為の正しい行動(善行)を行う為に、必要であれば、適当に流して、構わない。





★《5人組や、5人組の仲間達》

私(神、《善人の仲間》)の目的と、《5人組や、5人組の仲間達》の目的は、真逆のものである(記事No.1235)

【★1。私(神、《善人の仲間》)の目的と、《5人組や、5人組の仲間達》の目的は、真逆のものである】

<1>。私(神、《善人の仲間》)の目的は、幸せに導くものであり、《5人組や、5人組の仲間達》の目的は、不幸へ導くものである。

<2>。私(神、《善人の仲間》)の目的は、神(世界、平和)に都合の良いものであり、《5人組や、5人組の仲間達》の目的は、自分に都合の良いものである。

<3>。私(神、《善人の仲間》)の目的は、真実の公表(嘘を暴くこと)であり、《5人組や、5人組の仲間達》の目的は、自分に都合の良い嘘を信じさせる(騙すこと)である。





★やる事の提示・「行うこと」

罰の対象者(記事No.1234)

【★1。罰の対象者】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に関係することを、自分(自分の側)に都合の悪いことを、隠す為に、公表しようとせずに、隠そうとした悪人が、罰(拷問)の対象者である。

<2>。罰(拷問)の対象者は、全ての、生きている状態を記録した映像などから、「全て(全員)」を抽出して、罰を執行すること。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が迷っていると、「相手が悩んでいる(困っている)から、助力する」と、いう《表の理由》を作り出して、悪事を行う(記事No.1233)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が迷っていると、「相手が悩んでいる(困っている)から、助力する」と、いう《表の理由》を作り出して、悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が迷っていると、「相手が悩んでいる(困っている)から、相手を助力する(助ける)」と見せ掛ければ(《表の理由》にすれば)、自分が悪事を行っても、罰を受けない(自分が悪事を行おうと認識していることが暴かれない)などと、いう《悪である(間違った)》認識を持つ。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分は、本心として、相手を助けようと考えて、行動した」と、いう嘘が通用するという、《悪である(間違った)》認識を持つ。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手が悩んでいる(困っている)から、相手を助力する(助ける)」という《表の理由》から、「相手の意向を無視した強要」、「相手の迷っている状態の削除(捏造の状況の強要)」、「相手の意向(行動)の邪魔(阻止)」などの悪事を行う。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手が迷っていると、「相手が悩んでいる(困っている)から、相手を助力する(助ける)」と、いうことを《表の理由》にして、悪事を始める為に、「(相手が)悩んでいる」と、発言する場合がある。

 ①。この発言は、《5人組や、5人組の仲間達》の、自分がこれから行うこと(悪事)は、《表の理由》からの行動であると、いう表現である。

 ②。この発言は、《5人組や、5人組の仲間達》の、自分がこれから行うこと(悪事)は、《表の理由》からの行動であると、いう言い訳(見せ掛け)である。

<4>。私は「どうしようかな(口癖)」などと発言したりして、思考することが多いが、《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》に、助けを求めていない。

 ①。私は「どうしようかな(口癖)」などと発言したりして、思考することが多いが、《真実としては》、誰にも、助けを求めていない状態である。

  (1)。《真実としては》、私は、「どうしようかな(口癖)」などと発言したりして、誰にも助けを求めていない状態で、思考(選択肢を選ぶこと等)を楽しんでいる状態であることが多い。

 ②。私の「どうしようかな(口癖)」などと発言することが、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の原因であるとして、私の「どうしようかな(口癖)」などと発言することを、改善しようとすることは、異常な改善方法であり、現実逃避であり、悪事である。

 ③。私の「どうしようかな(口癖)」などと発言することは、そのままで、構わないものである。

 ④。私の「どうしようかな(口癖)」などと発言することは、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の原因ではなく、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の原因は、《5人組や、5人組の仲間達》の《悪である(間違った)》思考、行動である。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を解決する為には、私の「どうしようかな(口癖)」などと発言することを変更することではなく、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事への、対処が必要である。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を解決する為には、私の「どうしようかな(口癖)」などと発言することを変更することではなく、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事への、対処をすることが、《正当で、正常な、正しいこと》である。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、曲解する性質を持つ(記事No.1232)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、曲解する性質を持つ】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、曲解することを、好む。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、曲解することで、相手に嫌がらせを行う(不快感を与える)ことを、好む。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、曲解することで、自分を有能者であると、いう《悪である(間違った)》認識をすることを、好む。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、曲解することで、相手よりも、自分の方が有能者であると、いう《悪である(間違った)》認識をすることを、好む。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、曲解することから悪事を行うことが、好みの悪事である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、他人の主張(意見)などから、悪事が許可された等と、曲解する性質を持つ。

<3>。《実際としては》、まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、曲解せずに分かることなので、《5人組や、5人組の仲間達》の曲解は、《5人組や、5人組の仲間達》が、悪事を行ったことへ、罰を受けない理由には、ならない。

<4>。まともな人の『心と考え』を備えている人が、分かる状態を、基本として書いて(表現して)いる。

 ①。世界中の、ほぼ全てのものが、そうである。

 ②。世界中の、ほぼ全てのものが、まともな人の『心と考え』を備えている人を、対象にしている。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》の、まともな人の『心と考え』を備えている人が、分かることを、分からない状態が、既に、悪である。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》が行わなければ、不幸にならなかった被害者は、世界中の人である(記事No.1231)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》が行わなければ、不幸にならなかった被害者は、世界中の人である】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》のせいで、不幸になった被害者が、存在する。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、指示しなければ、殺されること(不幸になること)は、なかった被害者が存在する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、捏造の状況を作らなければ、殺されること(不幸になること)は、なかった被害者が存在する。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が、私を操作しなければ、殺されること(不幸になること)は、なかった被害者が存在する。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》が、偽者として侵入しなければ、殺されること(不幸になること)は、なかった被害者が存在する。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》が、他人を操作しなければ(偽者として行動しなければ)、殺されること(不幸になること)は、なかった被害者が存在する。

<3>。《真実としては》、現状の、世界中の人の不幸は、「全て」、《5人組や、5人組の仲間達》のせいである。

 ①。《真実としては》、現状の、世界中の人の不幸は、「全て」、《5人組や、5人組の仲間達》が原因である。




★真実を認識する為の知識1

悪い状態の発生する因果を、「正しく(正当に)」、受け入れること(記事No.1230)

【★1。悪い状態の発生する因果を、「正しく(正当に)」、受け入れること】

<1>。私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態ならば、悪い状態が改善されることが無いと、いう真実(現実)を、「正しく」、受け入れること。

 ①。私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態ならば、不幸が続くと、いう真実(現実)を、「正しく」、受け入れること。

 ②。私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態ならば、誰も、生きる意味が無いと、いう真実(現実)を、「正しく」、受け入れること。

 ③。正しく受け入れるとは、「受け入れるべきこと」は受け入れ、「改善するべきこと」は改善すると、いうことである。

<2>。私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態を、異常な方法(悪事)で、解決(改善、変更)しようとしては、いけない。

 ①。悪い状態を、悪い方法で、直そうとすると、悪い状態が悪化する(罪と罰が増える)。

 ②。私に不快がある方法で、悪い状態を解決(改善、変更)しようとしては、いけない。

 ③。悪い状態の主要な原因が、《5人組や、5人組の仲間達》なので、《5人組や、5人組の仲間達》を、変化させる方法で、解決(改善、変更)するべきである。

<3>。私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態を、「正しく」受け入れているならば、私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態を、異常な方法(悪事)で、解決(改善、変更)しようと、しない。

<4>。「悪い状態が改善されないこと」、「繰り返しの世界が続くこと」、「無意味に生きている状態であること」などの主要な原因は、「私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態になることを、『防がないこと(防ぐことを失敗すること)』」である。

 ①。私が、《5人組や、5人組の仲間達》から邪魔(阻止)などをされ、善行が出来ない状態を、「正しく」受け入れているならば、この主要な原因の、「原因の究明」、「再発を防止」、「罪人に罰を与える」などが、行われる。

 ②。この主要な原因を、阻止することが可能だったのに、阻止することを行わなかったから、発生(確定)した、悪い状態である。

  (1)。世界中の人は、過去に、自分が、この主要な原因を、阻止することが可能だったのに、阻止することを行わなかったから、今(未来)に、この主要な原因からの、不幸な状態を、自分が、体験することになったのである。

  (2)。つまり、世界中の人は、自分が悪いから(自分のせいで)、この主要な原因からの、不幸な状態を、自分が、体験することになったのである。

  (3)。これは、因果である。

<5>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事は、この主要な原因を『防がないこと(防ぐことを失敗すること)』から、発生している。





★やる事の提示・「行うこと」

まったく行わないよりは、少しでも、行った方が良い(記事No.1229)

【★1。まったく行わないよりは、少しでも、行った方が良い】

<1>。私は、多数の「行うべきこと」を書いているが、《5人組や、5人組の仲間達》から、邪魔(阻止、強要)をされて、不完全な状態の指示である。

 ①。私は、指示を確実(完全)なものにしたいという、意向がある。

<2>。行うべきことは、全て行った方が良いが、行うことが、「完全に」不可能な場合は、まったく行わないよりは、少しでも、行った方が良い。

 ①。行うべきことは、全て行った方が良いが、行うことが、「完全に」不可能な場合は、行うことが可能なことだけでも、行った方が良い。




★《5人組や、5人組の仲間達》

悪人は、自身を悪人であると表現するものがある場合が多い(記事No.1228)

【★1。悪人は、自身を悪人であると表現するものがある場合が多い】

<1>。悪人は、外見などから、自身を悪人であると表現する。

<例えば>

 ①。《正常な人》は、悪人を、髪の毛から、悪人であると判別することが出来る。

 ②。《正常な人》は、悪人を、声から、悪人であると判別することが出来る。

<2>。これは、《正常な人》の、悪人を悪人であると、判別することの出来る能力からのものでもある。

 ①。この能力は、先祖から受け継いでいるものも多い。

<3>。悪人は、自身を悪人であると認識することが出来ない、「悪人を、悪人であると判別することが出来ない低能者」を求めるので、自身を悪人であると判別させる(表現する)ことで、「悪人を、悪人であると判別することが出来ない低能者」だけを集めることが出来ることから、生存率を高めている。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、自分(自身ではない)を低能者であると認識しない、低能者を求める(記事No.1227)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分(自身ではない)を低能者であると認識しない、低能者を求める】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、低能者の特徴に気付かないような低能者を求める。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の、「それ、俺やるわ」と、いう発言(記事No.1226)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、「それ、俺やるわ」と、いう発言】

<1>。「それ、俺やるわ」と、いう発言は、《5人組や、5人組の仲間達》が、よくありがちに、発言する。

 ①。全てのことは、《5人組や、5人組の仲間達》に、行わせては、いけない。



★真実を認識する為の知識1

状態は、常に変わっていくものである(記事No.1225)

【★1。状態は、常に変わっていくものである】

<1>。一時的に変化したものを、「最終結果」、「確定したもの」、「不変なもの」であると、いう間違った認識をしては、いけない。

<2>。悪い状態を直す為には、一時的な変化が発生する。

 ①。《真理としては》、変わる為には、一時的な変化が、必ずあるものである。

<3>。一時的な変化が、次々と起こり、次々と変化していくことで、変わっていく。

 ①。変化したものは、さらに、また変化をする。

  (1)。変化したものは、さらに、次々と、変化していく。

 ②。変化したものとは別の、他のものにも、変化がある。

  (2)。変化したものとは別の、他のものも、次々と、変化していく。

<4>。変化する為に、一時的に悪い状態に変化する場合があるが、その悪い状態は、一時的なものであり、さらに、また、変化していくものである。

 ①。変化する為の、一時的な悪い状態は、一時的なものであり、その後にも変化の連続があるので、「最終結果」、「確定したもの」、「不変なもの」ではなく、変わっていくものである。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、私の「思考に発生したもの」を、私の「主張(望み、発言したもの)」であると、いう前提条件から、悪事を行う(記事No.1224)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、私の「思考に発生したもの」を、私の「主張(望み、発言したもの)」であると、いう前提条件から、悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、私の、「思考に発生したもの」を、私の「主張(望み、発言したもの)」であると、いう《悪である(間違った)》主張(表現、認識)をする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、私の、「思考に発生したもの」を、私の「主張(望み、発言したもの)」であると、いう《悪である(間違った)》嘘を言う。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、私の、「思考に発生したもの」を、私の「主張(望み、発言したもの)」であると、見せ掛ける(提示する)悪事を行う。



 

★やる事の提示・「行うこと」

逃避を防ぐこと(記事No.1223)

【★1。逃避を防ぐこと】

<1>。逃避しては、いけないことである。

 ①。逃避するならば、解決することが出来ないから。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事は、逃避しては、いけないことであり、逃避せずに、解決しなくては、いけないことである。

<2>。だから、逃避を防ぐ為に、逃避の為の自殺をした人を、蘇生して、逃避をさせない状態が必要である。

 ①。1人も、逃避をさせては、いけない。

 ②。死んだ時点までの、記憶を持たせた状態で、蘇生しないと、いけない。





★真実を認識する為の知識1

世界中の人は、お話を聞くことが出来ないので、悪(不幸)への道を進み続けている(記事No.1222)

【★1。世界中の人は、お話を聞くことが出来ないので、悪(不幸)への道を進み続けている】

<1>。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、目標が分からないので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ①。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、行うべきことが分からないので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ②。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、正しい方法(行うべきことの行い方)が分からないので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ③。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、行うべきことの対象が分からないので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ④。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、「行っては、いけないこと」、「神に望まれないこと」、「指示される可能性が無いこと」などを行うので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

<2>。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、真実が分からないので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ①。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、真実が分からないので、騙されて、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ②。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、何故なのかの、理由(説明)が分からないので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ③。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、悪人(低能者、欠陥者)の、指示(主張、捏造)を受け入れて、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

<3>。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、悪人を増長させることを行うので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

 ①。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、悪人の悪事を増長させること(悪人への協力、助力)を行うので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

<4>。世界中の人は、お話を聞くことが出来ずに、妄想(決めつけ)を元にして、行動するので、世界中の人は、悪(不幸)への道を進み続けている。

<5>。世界中の人は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事である、私への邪魔(阻止)があることから、お話を聞くことが出来ない。





★私の状態

私は、《善人の仲間》に、幸せを与えたいという、意向を持つ(記事No.1221)

【★1。私は、《善人の仲間》に、幸せを与えたいという、意向を持つ】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、私達(《善人の仲間》)は、「いつ殺されるか」、「いつ今の状態を奪われるか」、「いつ他の状態を強要されることが始まるか」、分からない状態で、生きている。

<2>。「★1の<1>」だから、私は、なるべく、今すぐに、《善人の仲間》に、体験させたい(与えたい)。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、私の意識も、数秒~数分ぐらいしか、維持できない場合が多い。

 ①。だから、私は、その少ない時間で、《善人の仲間》に、体験させたい(与えたい)。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》の、邪魔が無ければ、《善人の仲間》は、世界で一番、手に入れている存在である。

 ①。《善人の仲間》は、世界で一番、手に入れている状態が、本来のものであり、正当で、正常な状態である。

<例えば>

 ①。具体的には、私は、今すぐに、食べ物を与えることが多い。

 ②。具体的には、アレク達は、死んでも構わないから食べたいと望むことが多いので、私は、少し多めに与えることが多い。





★《5人組や、5人組の仲間達》

過去の実績(記録)が大量にあるので、全て、知ること(記事No.1220)

【★1。過去の実績(記録)が大量にあるので、全て、知ること】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》が、「過去に、何を行ったのか」、「今、何を行っているのか」を、全てを知ること。

 ①。1万年以上、行っていることである。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、過去に行ったことから、どのような結果が作られたのか、全てを知ること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、行っていなければ、悪い状態は作られなかった。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が、行っていなければ、世界は、幸せを手に入れていた。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》が、行っていなければ、既に、解決していることである。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》が、行ったから、悪い状態が悪化した。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》が、行うから、悪い状態が悪化する。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、何(どのようなこと)から、何(どのようなこと)を、学んだのか、知ること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、何(どのようなこと)から、何(どのようなこと)を、決めつけたのか、知ること。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、何(どのようなこと)から、何(どのようなこと)を、曲解したのか、知ること。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、何(どのようなこと)から、何(どのようなこと)を、間違った解釈をした(作り上げた)のか、知ること。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》の、過去の実績から、「成功したこと」、「失敗したこと」の、全てを知ること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、「成功したこと」、「失敗したこと」の、それぞれの量、比率などを、知ること。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が、何(どのようなこと)を、「成功したこと」であると、主張するのか、何(どのようなこと)を、「失敗したこと」であると、主張するのかを、知ること。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、成功する為の能力を持たないことを知ってほしい。

<5>。《5人組や、5人組の仲間達》の、「世界を正しく導くこと(世界に正しい状態を作ること)」は、存在しない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、「世界を正しい状態に導くこと(世界に正しい状態を作ること)」であると、提示することは、破綻したものである。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の、「世界を悪い状態に導くこと(世界に悪い状態を作ること)」しか、存在しない。

<6>。《5人組や、5人組の仲間達》の、行動(悪事)の、目的を知ること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、何の為に行っているのか。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、何を目的にして、行うのかを、知ること。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》に、行動の前に、「行動(悪事)の目的」や、「行動(悪事)から目的が達成できるという理論(目的と行動(悪事)の繋がり)」、「行動(悪事)の必要性」、「行動(悪事)から得たものを何に使うのか」、「責任のとり方」などを公表させるべきである。

<7>。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》に、主導権を渡しては、いけない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》に、自由行動を行わせては、いけない。




★真実を認識する為の知識1

知るべきことを、知らないと、いけない(記事No.1219)

【★1。知るべきことを、知らないと、いけない】

<1>。知るべきことを、知らない状態は、異常である。

 ①知るべきことを、知らない状態は、悪事である。

 ②。知るべきことから、現実逃避をすることは、悪事である。

<2>。「世界の真実」、「どのような悪事が行われているのか」は、知るべきことである。

 ①。何故なら、解決していかないと、いけないから。

 ②。知らないならば、解決することが出来ないから。

<3>。知るべきことを、知ることが出来る状態を形成して、維持しないと、いけない。

<4>。具体的な知るべきこととは。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、《心と考え》の全て。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が、隠そうとしていること、全て。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》が、隠そうとしていることである、真実の状態。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》が、過去に行ったことの、全て。

 ④。「今」、何が行われているのか。

  (1)。「今」、《5人組や、5人組の仲間達》は、何を行っているのか。

  (2)。「今」、私は(へ)、何を、行っているのか。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に関係すること。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に関係することは、現実逃避を行っても構わないような、些末なことではない。

  (2)。世界で一番、重要なことである。

 など。

<5>。全てを知ることは難しい。だが、手分けをすることで、可能になる。

<6>。自分の行ったこと(悪事)の結果、どのような不幸(悪い状態)が発生しているのか、認識するべきである。

 ①。自分が何を行ったのかの、自覚を、認識するべきである。

<7>。真実を知り、解決しなければ、いけない。

 ①。知るべきことを、知らないといけないのは、解決する義務があるから。

 ②。知るべきことを、知らないといけないのは、解決する責任があるから。

 ③。知るべきことを、知らないといけないのは、自分の、幸せ、不幸にも関係することであるから。

<8>。解決しなければ、悪い状態が、続く。

<9>。知ることは、解決する為であるので、「知るという行動」よりも、「解決する為の行動」を優先すること。




★《5人組や、5人組の仲間達》

「もう終わった」と、いう《悪である(間違った)》認識(記事No.1218)

【★1。「もう終わった」と、いう《悪である(間違った)》認識】

<1>。これは、「《5人組や、5人組の仲間達》の、私の思考に発生したものを、全て実際に作り出すと、いう悪事」などから、発生する《悪である(間違った)》認識(主張、発言)である。

 ①。私の思考に発生したものの中の、実際に作り出したことがあるものに、「もう終わった」と、いう《悪である(間違った)》認識(主張、発言)をする場合がある。

 ②。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の、「何を行うべきか」、「何が、どのように終わったのか」などの、破綻した理論などから、異常な結論として発生したものである。

 ③。私の思考に発生したものを、全て実際に作り出すことは、悪事であり、行っては、いけないことである。

  (1)。行うべきでは無いことを、行い、もう達成したと、《悪である(間違った)》認識(主張、発言)を、しているのである。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》に、世界の全ての事象への、主導権(判断する権利)などを持たせては、いけない。

 ⑤。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》に、「もう終わった」と、いう判断をさせては、いけない。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》の、「何が、どのような状態だから、終わった」と主張しているのかを知れば、破綻している、異常な判断であると、分かる。

 ⑥。世界の事象への、全ての判断などは、《5人組や、5人組の仲間達》以外が行うこと。

<2>。これは、「私の指示」を達成したという、《悪である(間違った)》認識から発生する、「もう終わった」と、いう《悪である(間違った)》認識(主張、発言)である。

 ①。実際に、私の指示が達成できた状態(「もう終わった」と、いう状態)ならば、世界は改善されている状態である。

  (1)。つまり、終わってない状態へ、「もう終わった」と、《悪である(間違った)》認識(発言、主張)をしている状態である。

<3>。《実際としては》、何も終わっている状態ではなく、何も達成した状態ではない。

 ①。《真実としては》、悪い状態が、「完全に」改善した状態が、「もう終わった」と、いう状態である。

 ②。《真実としては》、私の指示が、「完全に」、達成できた状態が、「もう終わった」と、いう状態である。

 ③。《真実としては》、《5人組や、5人組の仲間達》の「全て」が「完全に」、駆除された状態が、「もう終わった」と、いう状態である。





カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ