<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の疑問(質問)は、「正常な人の当然なもの」への、疑問(質問)である(記事No.1276)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の疑問(質問)は、「正常な人の当然なもの」への、疑問(質問)である】

<1>。 《5人組や、5人組の仲間達》は、「正常な人の当然なもの」が分からないので、「正常な人の当然なもの」に、疑問を持つ状態である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の疑問(質問)は、「正常な人の当然なもの」が、分からないからの疑問(質問)であり、《5人組や、5人組の仲間達》は、分かる為の機能が無いので、分かることが不可能である悪人である。

 ②。「正常な人の当然なもの」が分からない(分かる機能が無い)ならば、「正常な人の当然なもの」を知識として知ったとしても、それは「上辺(部分)」の認識であり、「本質(全て)」を認識することは不可能である。

  (1)。だから、《5人組や、5人組の仲間達》が質問することは無意味であり、その質問に答えることも無意味である。

<2>。例えば、《5人組や、5人組の仲間達》は、「何故、彼女は、あれを選んだのか?」と、疑問を持つ(質問をする)。

 ①。これは、正常な人の、「当然なもの」、「当然な思考の流れ」、「当然な判断」への、何故なのか? と、いう疑問(質問)である。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「正常な人の当然なもの」へ疑問を持ち、「この疑問を、調べろ」と指示を出すと、いう悪事を行う。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》の、この疑問の対象は、無限大数の個数がある。

 ①。正常な人の、「当然なもの」、「当然な思考の流れ」、「当然な判断」などの、全ては、無限大数の個数がある。

  (1)。正常な人の、「正常な人の当然なもの」は、知識として知っているのではなく、自分の性質(物体)から、発生させているものである。

  (2)。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、知識として学ぼうとすると、いう異常な悪事を行う。

 ②。この疑問の対象は、無限大数の個数があるので、全てを知ることが不可能である。

 ③。この疑問の対象は、無限大数の個数があるので、全てに対応することが不可能である。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》は、不可能なことを、可能なことであるという《悪である(間違った)》認識を持ち、悪事を行う。




 

★真実を認識する為の知識1

間違っているものを、単純に、間違っていると批判するだけでは、改善しない(記事No.1275)

【★1。間違っているものを、単純に、「間違っていると批判するだけ」では、改善しない】

<1>。間違っているものを、単純に、「間違っていると批判するだけ」の状態は、間違っているという答えのみを主張しているだけの状態である。

 ①。何故、お互いの答えが合わないのかが、問題なのである。

 ②。お互いの、答えが合わない場合に、答えだけを主張し合い、答えだけを改善しろ(直せ)と主張することは、間違っている。

<2>。正しい状態は、何故、間違っていると批判したいのか、理由を説明するべきである。

 ①。正しい状態は、どのような理由(理論)で、間違っていると判断したのか、理由(理論)を説明するべきである。

<3>。正しい状態は、「★1の<2>」に、さらに、何故、相手が、そのように主張しているのか、理由(理論)を知るべきである。

<4>。深い思考から生まれたものは、答えに至るまでの理由を知るのに、「かなり」時間がかかる。だが、理由を知ることは可能である。

 ①。知ることが完了したと思っても、まだ途中である場合が多い。

 ②。時間がかかるので、1人ずつに説明するのではなく、1度伝えたことを、未来の複数人にも、説明することが出来る方法を使うこと。

 ③。お互いに、理由を知っても、分かり合えないことはある。

 ④。お互いに、理由を知れば、分かり合えることもある。

<5>。低能者は、理論が破綻しているので、理由を聞いても、分かり合えない。

 ①。正常な理論で思考することが出来る為の、機能が無い低能者は、説明しても、無駄である。分かり合うことは不可能である。

 ②。正常な理論で思考することが出来るのか、出来ないのか、機能の有無の判別が必要である。

  (1)。この判別は、客観的であり、高度なものが良い。

   1。私は、機械化などが必要であると、考える。

  (2)。この機能の有無(判別)が、分かり合う為(同じ群れで生活する為)の前提条件である。

  (3)。この判別を可能にするように、人は、成長するべきである。





★やる事の提示・「行うこと」

《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くす為の行動(記事No.1274)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くす為の行動】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》が、「拷問を受けていない状態」、「自由に行動している状態」の、「全て(全員)」を、無くすこと。

<2>。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くし、世界中の人が幸せになることを目的としたものである。

 ①。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を無くすことの、必須の行動である。

 ②。これは、世界中の人が幸せになること、現状の悪い状態を直すことの、必須の行動である。




★真実を認識する為の知識1

他者を導くことが出来ないならば、威張っては、いけない(記事No.1273)

【★1。他者を導くことが出来ないならば、威張っては、いけない】

<1>。威張ろうとすることは、本来は、他者を導こうとするものである。

<2>。善悪の判断が無いのに、威張ろうとすることは、悪事である。

 ①。善悪の判断が無いのに、嫌がらせなどの為に、威張ろうとすることは、悪事である。



★《5人組や、5人組の仲間達》

私の「主犯」という発言へ、攻撃を行う悪人(記事No.1272)

【★1。私の「主犯」という発言へ、攻撃を行う悪人】

<1>。私が「主犯」と発言すると、私に攻撃をする悪人が、「主犯」である。

 ①。この主犯は、私に攻撃可能である近場に存在することを好む。

 ②。叩くや、殺すという方法での、攻撃が多い。

 ③。特に、「主犯」のネウロンが行うことの多い悪事である。

  (1)。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の内の多くが持つ性質であるので、《5人組や、5人組の仲間達》の内の多くが行う悪事である。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》の内の多くは、幼少期から、近場に存在する人を、正当な理由が無く、叩くという性質を持つ。





★真実を認識する為の知識1

人は、完璧になることは出来ないが、完璧を目指そうとするべきである(記事No.1271)

【★1。人は、完璧になることは出来ないが、完璧を目指そうとするべきである】

<1>。この記事の説明は、「完璧」な状態や、「全部」を行うことが、目標であることが、前提条件である。

<2>。「★1の<1>」の前提条件であるが、「全部」を行うことが、困難な場合は、少しでも「全部」に近づこうとしないと、いけない。

 ①。「全部」を行うことが、困難だから、「まったく行わない」と、いう判断、選択は、間違っている。

 ②。「全部」を行うことが、困難な場合は、「少しでも行う」ことが、正しいことである。

 ③。なぜなら、少しでも行えば、行った分量だけ、正しい状態が作られる(改善される、幸せが作られる)から。

<3>。人は、完璧ではないので、「全部」を行うことが、難しい場合がある。

 ①。人は、完璧ではないので、「全部」を行うことが、不可能な場合が(不可能に思える場合)ある。

 ②。だが、少しでも「完璧」な状態に、なろうとすること、「全部」の内の、少しでも行おうとすることが、必要である。

<4>。私の指示は、少し(一部)でも、達成すること。




★真実を認識する為の知識1

他人の「思考の結果(意見)」を批判するならば、他人の「思考の材料」を、知る必要がある(記事No.1270)

【★1。他人の「思考の結果(意見)」を批判するならば、他人の「思考の材料」を、知る必要がある】

<1>。思考の結果に辿り着く為の、材料を知らないならば、正しい思考か、間違った思考かは、判断することが出来ない。

<2>。思考の能力の、正誤を判断したいならば、思考の材料、思考の流れを、知る必要がある。

 ①。思考の、正しい能力があるかを、判断したいならば、思考の材料、思考の流れを、知る必要がある。

   (1)。ここから、思考に使われた、価値観なども、分かる。

<3>。思考の結果を批判するならば、「思考の能力」、「思考の材料」、「思考の流れ」を、知る(確認する)必要がある。

 ①。互いに、同じ、「思考の能力」、「思考の材料」、「思考の流れ」を持つならば、思考の材料、思考の流れを説明されれば、同じ、思考の結果になる。

<4>。有能者の、深く、広い思考を理解するには、深く、広い思考を知る必要があり、時間がかかる。

 ①。有能者の、広く、深い思考を理解するには、広く、深い思考を理解する為の、能力も必要になる。

  (1)。だが、まずは、知ることからである。

<5>。有能者同士では、「思考の材料」の違いから、思考の結果の違いになることが多い。


 

★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》と、《5人組や、5人組の仲間達》の会話の内容は、異常である(記事No.1269)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》と、《5人組や、5人組の仲間達》の会話の内容は、異常である】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》の、話の内容は、異常である。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組や、5人組の仲間達》の話の内容の異常を、異常を分かることが無く、受け入れる。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》の話(会話)とは、「指示」、「質問」、「疑問」などである。

 ①。話(指示、質問、疑問など)の内容の異常。

 ②。話(指示、質問、疑問など)の目的の異常。

 ③。話(指示、質問、疑問など)の理論の異常。

 ④。話(指示、質問、疑問など)の着目点の異常。

 ⑤。話(指示、質問、疑問など)の「必要性」、「利用方法」、「利用先」の異常。

 ⑥。話(指示、質問、疑問など)の、繋がりの異常(無関係さ)。

 ⑦。話(指示、質問、疑問など)の、重要度の異常(無関係さ)。

 など。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、話(会話、質問)することを喜ぶことの理由も、異常である。

 ①。ごっこ遊び。

 ②。無意味。

 など。
 
<5>。さらに、《5人組や、5人組の仲間達》と《5人組や、5人組の仲間達》の会話は、返答も異常なものである。

 ①。裏付けなどの無い返答。

 ②。返答することを喜ぶことの理由の異常。

 ③。「返答とは(返答の概念、返答の絶対条件、返答の前提条件)」の、認識の異常。

 など。




★真実を認識する為の知識1

強要は、全ての、正当、正常を壊すものである(記事No.1268)

【★1。強要は、全ての、正当、正常を壊すものである】

<1>。太古の昔、生命の始まったばかりの頃、地球には、女しか存在しなかった。

 ①。男は存在せずに、女は、女(自分)だけで、自分と同じ女を、子孫として残していた。

 ②。そのうちに、「女の補助をするもの」、「女の有能を高めるもの」として、男が生まれた。

  (1)。女だけの状態よりも、男が存在する方が、女が強い状態になり、生き残ることが楽になった。

<2>。「★1の<1>」から、男とは、女の補助者であり、有能の種であった。

 ①。有能の種とは、男達の中から、優れた者の種を、女が取り込むという意味である。

   (1)。この結果、女の子孫は、有能が高まっていく。

 ②。女が男に、男が女に、互いが選ばれることで、有能が選ばれ、子孫は有能になっていく。

<3>。これは、地球上の、男と女の性別がある全ての生命の、生き残る為(有能になる為)の仕組みである。

 ①。この仕組みは、女が男を、男が女を、自分で選び、お互いが愛し合う(お互いが選ぶ、愛の相手が合致する、お互いが許可する)ことで成立するものである。

 ②。この仕組みは、強要で、壊れる。

  (1)。この仕組みは、「レイプ」、「他者が子作りの相手を選ぶ」などで壊れる。

  (2)。選ばれないから、強要が発生するのである。選ばれないものは、有能ではない。

  (3)。片方が選んだだけでは、有能が残らない。

  (4)。強要から、「悪」、「低能者」が発生するのである。

<4>。人の正しい生き方では、「自分で」、本能と、理論の両方を使って、子作りの相手を選ぶ必要がある。

 ①。つまり、「体が求めるもの(本能)」と、「状態を把握して判断したもの(理論)」から、最善のものを、選ぶことである。

 ②。強要を阻止する必要がある。

  (1)。遺伝子プール(地球上の全ての人の、種、人の設計図)に、低能者が存在することは、人類の全ての損失である。



 

★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の、『ごますり』の言葉(表現)などを、信じては、いけない(記事No.1267)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、『ごますり』の言葉(表現)などを、信じては、いけない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》の、『ごますり』の言葉(表現)などに、「真実」、「実現する効力」は、無い。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、『ごますり』の言葉(表現)などは、「気に入られよう」、「許されよう」、「善人に見せ掛けよう」などとする為のものであり、「約束を守る(実行する)」などの意味は無いものである。



★やる事の提示・「行うこと」

《5人組や、5人組の仲間達》の、残そうとしたものや、実行計画などは、全て、削除すること(記事No.1266)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、残そうとしたものや、実行計画などは、全て、削除すること】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分の妄想から、現状を改善しよう(表の理由、現実逃避、ごっこ遊びなど)と、行動している(悪事を行っている)場合がある。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、能力、権利、資格などが無いのに、勝手に行っている場合が、極めて多い。

 ②。これは、1万年以上に、続いている悪事であり、行われる度に、世界の状態が、悪化する(した)ものである。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の、自分の妄想から、現状を改善しよう(表の理由、妄想、現実逃避、ごっこ遊びなど)と、行動して(悪事を行って)、残そうとしているもの(作り出したもの)を、全て、削除すること。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分達は、「現状を改善しようと、行動していた」と、主張(発言、見せ掛ける)ことが、極めて多い。

<3>。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》は、現状を改善することが出来ない。

 ①。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》は、現状を改善するものを、持たない。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分達は、現状を改善するものを持っている」と、いう妄想を持っている。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「自分達は、現状を改善するものを持っている」と、見せ掛ける。

 ②。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》は、現状を改善する能力、資格、権利などを持たない。

 ③。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》は、現状を改善するものを、残さない(作り出さない)。

 ④。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》は、現状を、悪化させるものを、残そうとする(作り出している)。

  (1)。過去からずっと、《5人組や、5人組の仲間達》の、残そうとする(作り出している)もの(行動、悪事)から、現状の悪化が生まれている。

  (2)。過去からずっと、《5人組や、5人組の仲間達》の、残そうとする(作り出している)もの(行動、悪事)から、悪事が生まれている。

  (3)。過去からずっと、《5人組や、5人組の仲間達》の、残そうとする(作り出している)もの(行動、悪事)から、《5人組や、5人組の仲間達》に、都合の良いものであり、世界の不幸、害であるものが生まれている。

<4>。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》ではない、他の人が、行うべきものである。

 ①。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》が、行っては、いけないものである。

 ②。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》の、現状を改善しようとすることを、全て、阻止して(壊して、無くして)、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人が、現状を改善しようと行動して、現状を改善する為のものを残す(作り出す)べきである。








★真実を認識する為の知識1

私の指示の対極にあるものは、矛盾しない(記事No.1265)

【★1。私の指示の対極にあるものは、矛盾しない】

<1>。私の指示の対極にあるものは、対極にあるので、お互いが打ち消し合うように思えたり、一見矛盾しているように思えても、それは間違いであり、正しくは、「共存している」、「互いに引っ張り合っている」、「その状況ごとに、臨機応変に使う」ものである。

 ①。私の指示の対極にあるものは、両方を、同時に、思考の場に持つこと。(共存している)

  (1)。片方ではない、両方である。

  (2)。思考の場に、複数の要素を持てない人ほど、両方を、同時に、思考の場に持って、思考をすることが出来ない。

 ②。私の指示の対極にあるものは、両方を、同時に、思考の場に持ち、互いが引っ張り合い、適度に、吊り合う場所がある。(互いに引っ張り合っている)

  (1)。つまり、それは、AとBであるが、それは、どのぐらいAであり、どのぐらいBであるか、である。

  (2)。つまり、プラスとマイナスを合算して、出た答えの場所である。

 ③。私の指示の対極にあるものは、状況ごとに、臨機応変に、適切な一方を選び、どちらか一方のみを、思考の場に持つこと(その状況ごとに、臨機応変に使う)。

  (1)。例えば、「明日やれることは、明日やる」と、「今日やれることは、今日やる」。




★《5人組や、5人組の仲間達》

他人と、自分は、違うので、他人をモノマネしても、自分は、他人と同じものを手に入れることは出来ない(記事No.1264)

【★1。他人と、自分は、違うので、他人をモノマネしても、自分は、他人と同じものを手に入れることは出来ない】

<1>。他人が行ったことと、同じことをモノマネして行っても、他人が得たものを、自分が貰えると、いう、わけじゃない。

 ①。例えば、可愛い女の子が、可愛い動作を行ったことから、お菓子を貰った場合に、筋肉質の男が、可愛い女の子と、同じ、可愛い動作を行っても、お菓子は貰えない。



★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、「その時の気分」など、「だけ」で、思考して、行動するという低能者である(記事No.1263)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「その時の気分」など、「だけ」で、思考して、行動するという低能者である】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「過去の出来事」、「過去の心・考え」、「過去の状態」などが、思考の場の要素から無くなる。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「★1の<1>」が無くなり、思考の場には、「その時の気分」などの要素「だけ」になる。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、複数の要素を、思考の場に持つことが出来ない。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「★1の<1>」と、「★1の<2>」を、同時に、一緒に、思考の場の要素に持つことが出来ない。




◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

《5人組や、5人組の仲間達》の行動は、助力ではない、悪事である(記事No.1262)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の行動は、助力ではない、悪事である】

<1>。「勝手に行う」、「強要する」、「勝手に判断する」、「他人の有能を自分の有能であると、間違った認識を持って行動する」、「本人の意向を無視する」、「分からないのに行う」こと等は、助力ではない。

 ①。これは、低能者の特徴であり、この性質ならば、助力することは不可能であり、邪魔(害)になる。

 ②。この性質ならば、「助力する」が、成り立たない。



★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、「分からないのに、行う」と、いう悪事を行う(記事No.1261)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「分からないのに、行う」と、いう悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「分からない」という状態が、日常であり、通常の状態であり、「分からないと、いうこと」は重要なことであると、いう正しい認識は無いものである。

<2>。だから、《5人組や、5人組の仲間達》は、「分からない」と、いう自覚があっても、気に留めずに、無視して、行動する。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の、『やってあげた』は、成り立たない(記事No.1260)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の、『やってあげた』は、成り立たない】

<1>。「利益が出ていない」、「喜ばれない」、「相手が望んでいない」、「相手が嫌がっている(相手に不快がある)」状態で、『やってあげた』は、成り立たない。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の行いは、「全て」が悪事であり、「全て」が『やってあげた』とは成り立たない。




★真実を認識する為の知識1

善を残して、悪を削除することが、問題の解決法である(記事No.1259)

【★1。善を残して、悪を削除することが、問題の解決法である】

<1>。 悪人は、「一時的で、不当な、現実逃避の、不完全な解決」を、「完全な(正しい)解決」であると、いう間違った認識を持つ。

<2>。例えば、「正義の騎士が、悪人を駆除すること」と、「村長が、2人の男の争いの原因である女を駆除すること」は、同じではない。

 ①。同じように、駆除することで問題を解決しているようだが、この2つは、同じではない。

 ②。「問題の対象」、「問題の認識」、「解決の目的(目標)」、「解決方法の判断の、心と考え」などが違う。

 ③。前者は、問題が解決されるものである。

 ④。後者は、問題がそのまま残り、解決されないものである。

  (1)。後者は、「助けるべき被害者が無くなっている状態」、「善が無くなっている状態」、「本当の原因ではないものを、原因であると、いう間違った認識をしているもの」である。

   1。善は、残すべきものであり、悪いものではない。

   2。善は、残すべきもの、不動のものとして認識すること。そして、その善を残したままの状態で、変える(直す)べきところを考えると、分かりやすい。

   3。「善が不幸になる状態は、間違っている」ので、この問題の解決法は、間違いであると、分かりやすい。

  (2)。単純に考えると、「悪いものは、どれであるか」である。「悪を無くして、善を残す」という判断が正しい判断である。

  (3)。この場合の問題は(悪は)、2人の男の争いであり、争いの原因の女ではない。

   1。だから、争いの原因の女を駆除することで解決しようとすると、問題がそのまま残る(解決が、未来に先延ばしになっている)状態である。

   2。この場合の問題の解決とは、2人の男の争いを、無くすように行動することである。

  (4)。この状態は、善が無くなるという損失と、悪(問題)が、そのまま残る(増大、成長する)という状態を作り出している。

  (5)。この解決法は、単純(簡単な思考)で、素早く、問題が無くなるので、問題を解決したように思えるが、実際には問題を解決していない、一時的なものであり、問題は再発し、増大する解決法である。

<2>。間違った問題の解決法から、今の間違った世界の状態がある。

 ①。間違った問題の解決法から、生き残った人が存在する。この人は、間違った問題の解決法しか持たずに、正しい解決法を持たない可能性が高い。

 ②。間違った問題の解決法から、群れを存続させた村長(その性質を持つ子孫)が、自分の間違いに気付かずに、今でも群れを導こうとしている場合が多い。




◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

正しい人は、悪を駆除して、正しい世界を作ろうとする(記事No.1258)

【★1。正しい人は、悪を駆除して、正しい世界を作ろうとする】

<1>。正義(正しい人、善人)は、悪(悪人)を駆除して、正しい世界を作ろうとする。

 ①。これは、生まれ付きのものであり、人の性質である。

 ②。自覚が無く、この行動をしている人も多い。

 ③。この行動から、正しい群れが作られるので、群れを維持する為に備わっている場合が多い。




★《5人組や、5人組の仲間達》

「《5人組や、5人組の仲間達》は、何故、悪事を行うのか」と、いう正常の人が持つ疑問への答え(記事No.1257)

【★1。「《5人組や、5人組の仲間達》は、何故、悪事を行うのか」と、いう正常の人が持つ疑問への答え】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事に、「何故、そんなことをするのか?」と、正常の人が疑問に思うのは、何故か。

 ①。利益が無くて、損失のみの行動だから、疑問に思う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》には、利益があるという妄想が有り、損失の認識が無いから。

   1。《5人組や、5人組の仲間達》は、部分の認識(複数の思考の要素が持てない)だから。

 ②。意味が無い行動だから、疑問に思う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、破綻した理論から思考するので、実際には意味の無いことを、意味が有ることであると、いう間違った認識を持っている。

 など。




★《5人組や、5人組の仲間達》

低能者の《5人組や、5人組の仲間達》が、正常な有能者との子供を、手に入れることは不可能である(記事No.1256)

【★1。低能者の《5人組や、5人組の仲間達》が、正常な有能者との子供を、手に入れることは不可能である】

<1>。有能者は、有能である能力から、低能者を、低能者であると、判別することが出来る。

 ①。「低能者を、低能であると、判別することが出来る能力」は、有能者が、有能だから、持っている能力である。

 ②。「有能者」と、「低能者を、低能であると、判別することが出来る能力」は、切り離すことが出来ないものである。

<2>。低能者は、有能者に憧れ、有能者との子供を欲しがる。

<3>。有能者は、有能である能力から、低能者を判別することが出来るので、低能者は、有能者から、愛されることが無く、正常な状態(社会など)では、低能者は、有能者との子供を手に入れることが出来ない。

<4>。だが、低能者である《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者に、自分が低能者であると、判別されることが無く、有能者との子供を手に入れようとする。

 ①。有能者は、低能者を判別が出来ないならば、有能者ではない。

  (1)。有能者が、低能者を判別が出来ない状態とは、有能者の、有能が、異常な状態である。

   1。有能者の、有能である能力が、異常な状態では、有能者の愛(生体の反応、判断、肉体の状態)などが異常な状態であり、子供の製造、教育などにも、有能者の有能が発揮されない状態である。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》は、低能者である。

  (1)。これは、未来永劫の、不変の、絶対のものである。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の有能を壊す(奪う)と、いう悪事を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の、正常な有能の状態を、壊して(奪って)、有能者の、《5人組や、5人組の仲間達》は低能者であると、いう正常な判断を壊す(奪う)と、いう悪事を行う。

  (2)。そして、この悪事などから、低能者である《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者との子供を手に入れようとする。

 ④。だが、低能者である《5人組や、5人組の仲間達》が、有能者を手に入れようとすることは、矛盾である。

  (1)。真実としては、低能者が、正常な有能者との子供を、手に入れることは不可能である。




★やる事の提示・「行うこと」

新しい指示を受けた場合は、『前提条件として固定されているもの』は変更せずに、そこに新しい指示を追加するものとして、受け取ること(記事No.1255)

【★1。新しい指示を受けた場合は、『前提条件として固定されているもの』は変更せずに、そこに新しい指示を追加するものとして、受け取ること】

<1>。新しい指示を受けた場合に、前に受けた指示を変更して(無い状態にして)、新しい指示のみを行うならば、いつまで経っても、指示が終わることは無い。

 ①。Aの指示を行っている状態に、Bの指示が追加された場合に、Aの指示を行うことが無くなり、Bの指示を行うことのみになるならば、いつまで経っても、指示(目的)が達成されることが無く、指示(目的)が終わることも無い。

  (1)。Aの指示のある状態に、Bの指示を受けたことから、Aの指示を行うことが無くなり、Bの指示を行うことのみになるならば、また、Aの指示を受けることになる。

  (2)。その後、Aの指示を受けたことから、Aの指示を行うことのみになり、Bの指示を行うことが消えるならば、また、Bの指示を受けることになる。

  (3)。つまり、永遠に指示が繰り返されると、いうことである。

  (4)。指示の目的である必要な状態(指示者が指示することから得ようとしている状態)とは、『Aの指示と、Bの指示の共存の状態』であり、『Aの指示が、前提条件として存在している状態に、Bの指示が追加されている状態』である。

<2>。『前に受けた指示を無くす』のか、『無くさないで追加する』のか、分からない場合は、指示者に確認をすること。

 ①。前に受けた指示を無くすならば、指示者に「前に受けた指示は無くすのか?」と、いう確認をすること。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、権利が無いのに、他人を評価して、自分の評価を提示(強要)する悪事を行う(記事No.1254)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、権利が無いのに、他人を評価して、自分の評価を提示(強要)する悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「権利」、「能力」、「正当性」などが無く、他人を「評価(判断)」して、「許可を与えよう(禁止しよう)」とする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「権利」、「能力」、「正当性」などが無く、他人を「評価(判断)」して、自分の評価の通りに、他人に行動をさせようとする。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、裏付けや、善悪の正常な判断が無い、現実逃避などからの自分の主張を、正しいものであると《悪である(間違った)》認識をして、他人の都合などを加味しない《悪である(間違った)》判断を行う。

 ②。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の生まれ付き備わっている機能からの性質であり、育った環境などが違った場合にも、持っている特徴である。

 ③。これは、悪事であり、人として、かなり異常な状態である。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を正確に認識しない(記事No.1253)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を正確に認識しない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、正確に捉えることが出来ない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、特徴という部分の認識で捉える。

<2>。真実としては、『美』とは、くっきりとしたものである。

 ①。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、大まかなもの(大体のもの)として、捉える。

  (1)。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』の模造品と、本物の『美』の、違いが分からない。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉を手に入れることが出来ても、〈本物の『美』を持つ人〉を、手に入れることが出来ない。

 ①。真実として、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉と、〈本物の『美』を持つ人〉は、違うものである。

  (1)。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、違いが分からないので、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉が手に入ったならば、〈本物の『美』を持つ人〉も、手に入れることが出来ると、いう《悪である(間違った)》認識をする。

 ②。真実として、〈本物の『美』を持つ人〉から、汚物である《5人組や、5人組の仲間達》が愛されることは、不可能である。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

私は、他人がイケメンであると判断した人を、強要されることが、不快である(記事No.1252)

【★1。私は、他人がイケメンであると判断した人を、強要されることが、不快である】

<1>。イケメン(美男子)とは、《心と考え》などを含む、その人である物体の性質が表現されたもの(結果)であり、他人から、その人である物体の性質が良いものであると判別されたものである。

 ①。《心と考え》などを含む、人である物体の性質は、外見以外にも、動作や、声などにも表現される。

<2>。各自の、イケメンであると判別する対象は違う。

 ①。つまり、人のそれぞれの、どのようなものがイケメンであるかと、いう判断は違う。

<3>。私の、イケメンであると判別する対象は、他人が、イケメンであると判別する対象とは、違う。

 ①。私には、私だけの、イケメンを判断する為の能力がある。

  (1)。各自には、各自だけの、イケメンを判断する為の能力がある。

<4>。私は、他人がイケメンであると判断した人を、強要されることが、不快である。

 ①。他人に強要することは、悪事である。




★真実を認識する為の知識1

歴史に嘘があるなら、戦い(不幸)は再発する(記事No.1251)

【★1。歴史に嘘があるなら、戦い(不幸)は再発する】

<1>。嘘が許可される(嘘の情報が提示される)のならば、不当な戦いの発生などの不幸を、抑制する力が、大きく減る。

 ①。戦い(不幸)の原因は、嘘では、いけない。

 ②。戦い(不幸)の内容は、嘘では、いけない。

<2>。嘘ではなく、真実を知らないと、直せない(改善できない)。

<3>。歴史に嘘があるなら、戦い(不幸)は再発する。




★真実を認識する為の知識1

私は、既に(過去に)、提示している(記事No.1250)

【★1。私は、既に(過去に)、提示している】

<1>。私は、既に(過去に)、教えている。

 ①。私は、教えた。

 ②。私は、教えたいと望み、教える為に努力した。

 ③。私は、役目を、常に、果たしている。

<2>。だが、あなた達は、その教えを聞く権利が無くて、聞くことが出来なかったので、知らない状態である。

 ①。あなた達は、その教えを、未来に残す為の権利が無くて、未来に残す利益を認識することが出来ない低能者であり、未来に残すことが出来なかったので、知らない状態である。

 ②。情報を知らない状態なのは、あなた達に問題があるからであり、あなた達が原因である。

 ③。あなた達は、知る為に、努力をしなかった(知る為に必要なことを達成できなかった)。

<3>。答えは、1万年以上、変わったことが無い。不変のものである。

 ①。答えは、《5人組や、5人組の仲間達》を、拷問して、駆除することである。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人の、思考にある「だけ」のことを、「発言」する(記事No.1249)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人の、思考にある「だけ」のことを、「発言」する】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人の、心で思う「だけ」であり、「発言」をしないことを、「発言」する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人ならば、思考にある「だけ」であり、他人に提示しようとしないこと(内容)を、提示する。

<2>。私は、思考にある「だけ」の状態であり、発言するべきではないことを、《5人組や、5人組の仲間達》の操作などの悪事から、発言するように強要(誘導)されている場合がある。

 ①。私以外も、この状態である場合があることを、私は確認済みである。

 ②。つまり、通常の人の、心で思う「だけ」であり、「発言」をしないことを、「発言」する状態である、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人も存在する。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の思考に発生したことを、覗きなどから知り、有能者のモノマネとして「発言」する悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、この発言から、自分は有能者と同等のものであると、見せ掛ける(表現する)悪事を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者のモノマネを行い、自分は有能者と同等のものであると、見せ掛ける(表現する)悪事を行う。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の思考にある「だけ」のことに、乗っかり、自分も同等(同じ側の立場)であると、表現(主張)する。

 ②。モノマネの元になる、有能者の思考に発生したものは、「リアルタイムに発生したもの」と、「過去に同じような状況で発生したもの」等である。

 ③。この悪事は、《5人組や、5人組の仲間達》の、特有のものである。

  (1)。正常な人ならば、行わない悪事である。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分の思考に有能者のモノマネがある「だけ」の状態では、自分が有能者と同じことが思考にある状態であると、誰も気付いてくれない(認識してくれない)ので、「発言」として、提示する。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の思考にあるものを、自分も同じように思っているだけでは、自分が有能者と同じ(同等)の状態であると、誰も気付いてくれない(認識してくれない)ので、「発言」として、提示する。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》は、思考にある「だけ」であるべきことは、思考にある「だけ」であるべきであると、いう価値観を持たない。





★真実を認識する為の知識1

お話とは(記事No.1248)

【★1。お話とは】

<1>。私のお話の主要なものとは、私のブログや本などの内容である。





 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ