<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.1256)

★やる事の提示・「行うこと」

新しい指示を受けた場合は、『前提条件として固定されているもの』は変更せずに、そこに新しい指示を追加するものとして、受け取ること(記事No.1255)

【★1。新しい指示を受けた場合は、『前提条件として固定されているもの』は変更せずに、そこに新しい指示を追加するものとして、受け取ること】

<1>。新しい指示を受けた場合に、前に受けた指示を変更して(無い状態にして)、新しい指示のみを行うならば、いつまで経っても、指示が終わることは無い。

 ①。Aの指示を行っている状態に、Bの指示が追加された場合に、Aの指示を行うことが無くなり、Bの指示を行うことのみになるならば、いつまで経っても、指示(目的)が達成されることが無く、指示(目的)が終わることも無い。

  (1)。Aの指示のある状態に、Bの指示を受けたことから、Aの指示を行うことが無くなり、Bの指示を行うことのみになるならば、また、Aの指示を受けることになる。

  (2)。その後、Aの指示を受けたことから、Aの指示を行うことのみになり、Bの指示を行うことが消えるならば、また、Bの指示を受けることになる。

  (3)。つまり、永遠に指示が繰り返されると、いうことである。

  (4)。指示の目的である必要な状態(指示者が指示することから得ようとしている状態)とは、『Aの指示と、Bの指示の共存の状態』であり、『Aの指示が、前提条件として存在している状態に、Bの指示が追加されている状態』である。

<2>。『前に受けた指示を無くす』のか、『無くさないで追加する』のか、分からない場合は、指示者に確認をすること。

 ①。前に受けた指示を無くすならば、指示者に「前に受けた指示は無くすのか?」と、いう確認をすること。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、権利が無いのに、他人を評価して、自分の評価を提示(強要)する悪事を行う(記事No.1254)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、権利が無いのに、他人を評価して、自分の評価を提示(強要)する悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「権利」、「能力」、「正当性」などが無く、他人を「評価(判断)」して、「許可を与えよう(禁止しよう)」とする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、「権利」、「能力」、「正当性」などが無く、他人を「評価(判断)」して、自分の評価の通りに、他人に行動をさせようとする。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、裏付けや、善悪の正常な判断が無い、現実逃避などからの自分の主張を、正しいものであると《悪である(間違った)》認識をして、他人の都合などを加味しない《悪である(間違った)》判断を行う。

 ②。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の生まれ付き備わっている機能からの性質であり、育った環境などが違った場合にも、持っている特徴である。

 ③。これは、悪事であり、人として、かなり異常な状態である。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を正確に認識しない(記事No.1253)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を正確に認識しない】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、正確に捉えることが出来ない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、特徴という部分の認識で捉える。

<2>。真実としては、『美』とは、くっきりとしたものである。

 ①。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』を、大まかなもの(大体のもの)として、捉える。

  (1)。つまり、《5人組や、5人組の仲間達》は、『美』の模造品と、本物の『美』の、違いが分からない。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉を手に入れることが出来ても、〈本物の『美』を持つ人〉を、手に入れることが出来ない。

 ①。真実として、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉と、〈本物の『美』を持つ人〉は、違うものである。

  (1)。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、違いが分からないので、〈『美』の模造品である人(整形美人など)〉が手に入ったならば、〈本物の『美』を持つ人〉も、手に入れることが出来ると、いう《悪である(間違った)》認識をする。

 ②。真実として、〈本物の『美』を持つ人〉から、汚物である《5人組や、5人組の仲間達》が愛されることは、不可能である。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

私は、他人がイケメンであると判断した人を、強要されることが、不快である(記事No.1252)

【★1。私は、他人がイケメンであると判断した人を、強要されることが、不快である】

<1>。イケメン(美男子)とは、《心と考え》などを含む、その人である物体の性質が表現されたもの(結果)であり、他人から、その人である物体の性質が良いものであると判別されたものである。

 ①。《心と考え》などを含む、人である物体の性質は、外見以外にも、動作や、声などにも表現される。

<2>。各自の、イケメンであると判別する対象は違う。

 ①。つまり、人のそれぞれの、どのようなものがイケメンであるかと、いう判断は違う。

<3>。私の、イケメンであると判別する対象は、他人が、イケメンであると判別する対象とは、違う。

 ①。私には、私だけの、イケメンを判断する為の能力がある。

  (1)。各自には、各自だけの、イケメンを判断する為の能力がある。

<4>。私は、他人がイケメンであると判断した人を、強要されることが、不快である。

 ①。他人に強要することは、悪事である。




★真実を認識する為の知識1

歴史に嘘があるなら、戦い(不幸)は再発する(記事No.1251)

【★1。歴史に嘘があるなら、戦い(不幸)は再発する】

<1>。嘘が許可される(嘘の情報が提示される)のならば、不当な戦いの発生などの不幸を、抑制する力が、大きく減る。

 ①。戦い(不幸)の原因は、嘘では、いけない。

 ②。戦い(不幸)の内容は、嘘では、いけない。

<2>。嘘ではなく、真実を知らないと、直せない(改善できない)。

<3>。歴史に嘘があるなら、戦い(不幸)は再発する。




★真実を認識する為の知識1

私は、既に(過去に)、提示している(記事No.1250)

【★1。私は、既に(過去に)、提示している】

<1>。私は、既に(過去に)、教えている。

 ①。私は、教えた。

 ②。私は、教えたいと望み、教える為に努力した。

 ③。私は、役目を、常に、果たしている。

<2>。だが、あなた達は、その教えを聞く権利が無くて、聞くことが出来なかったので、知らない状態である。

 ①。あなた達は、その教えを、未来に残す為の権利が無くて、未来に残す利益を認識することが出来ない低能者であり、未来に残すことが出来なかったので、知らない状態である。

 ②。情報を知らない状態なのは、あなた達に問題があるからであり、あなた達が原因である。

 ③。あなた達は、知る為に、努力をしなかった(知る為に必要なことを達成できなかった)。

<3>。答えは、1万年以上、変わったことが無い。不変のものである。

 ①。答えは、《5人組や、5人組の仲間達》を、拷問して、駆除することである。





★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人の、思考にある「だけ」のことを、「発言」する(記事No.1249)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人の、思考にある「だけ」のことを、「発言」する】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人の、心で思う「だけ」であり、「発言」をしないことを、「発言」する。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、通常の人ならば、思考にある「だけ」であり、他人に提示しようとしないこと(内容)を、提示する。

<2>。私は、思考にある「だけ」の状態であり、発言するべきではないことを、《5人組や、5人組の仲間達》の操作などの悪事から、発言するように強要(誘導)されている場合がある。

 ①。私以外も、この状態である場合があることを、私は確認済みである。

 ②。つまり、通常の人の、心で思う「だけ」であり、「発言」をしないことを、「発言」する状態である、《5人組や、5人組の仲間達》以外の人も存在する。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の思考に発生したことを、覗きなどから知り、有能者のモノマネとして「発言」する悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、この発言から、自分は有能者と同等のものであると、見せ掛ける(表現する)悪事を行う。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者のモノマネを行い、自分は有能者と同等のものであると、見せ掛ける(表現する)悪事を行う。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の思考にある「だけ」のことに、乗っかり、自分も同等(同じ側の立場)であると、表現(主張)する。

 ②。モノマネの元になる、有能者の思考に発生したものは、「リアルタイムに発生したもの」と、「過去に同じような状況で発生したもの」等である。

 ③。この悪事は、《5人組や、5人組の仲間達》の、特有のものである。

  (1)。正常な人ならば、行わない悪事である。

 ④。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分の思考に有能者のモノマネがある「だけ」の状態では、自分が有能者と同じことが思考にある状態であると、誰も気付いてくれない(認識してくれない)ので、「発言」として、提示する。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の思考にあるものを、自分も同じように思っているだけでは、自分が有能者と同じ(同等)の状態であると、誰も気付いてくれない(認識してくれない)ので、「発言」として、提示する。

 ⑤。《5人組や、5人組の仲間達》は、思考にある「だけ」であるべきことは、思考にある「だけ」であるべきであると、いう価値観を持たない。





★真実を認識する為の知識1

お話とは(記事No.1248)

【★1。お話とは】

<1>。私のお話の主要なものとは、私のブログや本などの内容である。





 

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ