<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

◎神共歩への【ご意見・ご感想】など

(記事No.1363)

【★1。

★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の主張は、異常な、間違っていることである(記事No.1362)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の主張は、異常な、間違っていることである】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、まったく状況などが違う場合に、「私が以前に発言した」という理由から、状況にそぐわないことを、主張(強要、提示)すると、いう悪事を行う。

 ①。以前に、私が発言した状況とは、違う状況である。

  (1)。それぞれの状況には、それぞれの最適なものがある。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》が、他人に指示(誘導、提言)などをすることは、悪事である。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の、主張を受け入れては、いけない。




 

★やる事の提示・「行うこと」

《5人組や、5人組の仲間達》の批判を、受け入れないこと(記事No.1361)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の批判を、受け入れないこと】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、間違った主張をする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、間違った主張から、相手を批判する。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の、間違った主張を受け入れないこと。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、間違った主張は、実際の、正しいものではないと、いう真実の認識を保つこと。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》に批判されることがあっても、実際の善悪とは違うもの(実際の善悪に基づかないもの)なので、影響を受けないようにすること。

 ①。自分が、正しいか、間違っているかは、《5人組や、5人組の仲間達》ではない人を、目安にすると良い。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》を目安にしては、いけない。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》の、間違った主張(批判)は、受け入れては、いけないものである。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の、間違った主張(批判)から、影響を受けないように、するべきである。

  (1)。実際の、真実の状態に、意識を保つようにすること。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、どうでもよいこと(些末なこと)を、重大なことであると、判断する(記事No.1360)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、どうでもよいこと(些末なこと)を、重大なことであると、判断する】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、どうでもよいこと(些末なこと)を、重大なことであると、いう間違った認識をする。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、この、どうでもよいこと(些末なこと)で、他人を批判する場合もある。

  (1)。他人を批判することが出来ること(内容)であると、いう(間違った)認識から、重大なことであると、いう間違った認識が、発生する場合もある。

<2>。通常の人は、実際として、どうでもよいこと(些末なこと)であるので、どうでもよいこと(些末なこと)であると、いう正しい認識を保つこと。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、この間違った認識から、悪事を行う。



★真実を認識する為の知識1

正しい生き方ではない、ならば、生きる意味など無い(記事No.1359)

【★1。正しい生き方ではない、ならば、生きる意味など無い】

<1>。世界の利益を搾取するだけの人生(生き方)。

 ①。これは、正しい人生を生きていない状態である。

<2>。神の世界で、神の怒りの対象として生存するだけの人生(生き方)。

 ①。これは、正しい人生を生きていない状態である。

<3>。上記は、何も無いと、いう存在である。

 ①。上記は、生きる価値、生きる意味などが、何も無いと、いう存在である。

 ②。これは、正しい人生を生きていない、結果である。



※補足1。正しく生きることを、行いたいが、行えない状態ならば、これに当て嵌まらない。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の生き方は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の根本である(記事No.1358)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の生き方は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の根本である】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》の生き方は、人のものを奪って、生きることである。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の生き方は、他人のモノマネをして、生きることである。

<2>。「★1の<1>」は、《5人組や、5人組の仲間達》には、通常であり、日常であり、当然なので、悪事であると、いう認識が無い。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》には、悪事であると、いう認識が無いので、抵抗が無く、行うことである。

<3>。「★1の<1>」は、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の、根本である。






★やる事の提示・「行うこと」

目的に繋がっている道を、辿り着くまで、進み続けること(記事No.1357)

【★1。目的に繋がっている道を、辿り着くまで、進み続けること】

<1>。目的に繋がっている道だから、進め。

 ①。目的に繋がっている道だから、目的に辿り着くまで、進め。

<2>。目的に繋がっていない道は、進み続けても、目的に辿り着かない。

<3>。目的に繋がっているから、進め。

 ①。進むことを、途中で辞めるから、目的に辿り着かない。

<4>。道とは、行動のことでもある。

 ①。目的に繋がっている行動だから、その行動を行えと、いうことである。

 ②。次々と行動を行うことから、行動の繋がりが、進んで来た道になる。

  (1)。やるべき行動の、予定の一覧が、進べき道である。

 ③。目的に繋がっている行動を、次々と、行い続けることで、目的は達成される(問題は解決される)。



★やる事の提示・「行うこと」

《5人組や、5人組の仲間達》から、データ(情報)を奪うこと(記事No.1356)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》から、データ(情報)を奪うこと】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》から、データ(情報)を奪うこと。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》に、データ(情報)を持たせては、いけない。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》ではなく、《5人組や、5人組の仲間達》ではない人(正当な人、正常な人、有能な人)が、データを管理するべきである。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》には、データ(情報)を、教えなくても、構わない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》ではない人が、データ(情報)を、知っていれば、問題は解決することである。




★真実を認識する為の知識1

妄想ではなく、現実から、幸せを感じるべきである(記事No.1355)

【★1。妄想ではなく、現実から、幸せを感じるべきである】

<1>。汚いものから目を逸らして、現実の汚いものは、そのままにして、現実逃避の妄想で、幸せを感じては、いけない。

<2>。現実の汚いものを無くして(問題を解決して)、現実を認識することから、幸せを感じるべきである。



★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、納得の理由から、納得(理解)の反応が無い(記事No.1354)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、納得の理由から、納得(理解)の反応が無い】

<1>。『「〇〇だから」と、対象を理解すること』と、『「〇〇だから」と、対象を批判すること』は、違う。

 ①。だが、《5人組や、5人組の仲間達》は、理解が無いので、批判であると、受け取る。

<2>。理解は、理由であり、納得である。




★真実を認識する為の知識1

現状の悪い状態は、過去の負債を、今、背負っている状態である(記事No.1353)

【★1。現状の悪い状態は、過去の負債を、今、背負っている状態である】

<1>。現状の悪い状態は、過去の正しくない行いから発生したことを、今、背負っている状態である。

 ①。正すことが出来ることである。

 ②。正さないと、いけないことである。



★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、「私も」と発言して、相手の意見に乗っかる、悪事を行う(記事No.1352)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「私も」と発言して、相手の意見に乗っかる、悪事を行う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手の意見に自分が同意して、自分が「私も」と主張すれば、相手が嫌がると認識して、故意に、「私も」と、発言する。

 ①。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の嫌がらせである。

<2>。相手が、自分と、「同じには、なりたくない人」、「同じではない人」などに、発言する。

<3>。相手を、自分が同じであるという主張(理論)に、「正当な繋がり」、「正常な流れが無い」場合に発生しやすい。

 ①。破綻した理論からの、発言。

 ②。堂々とした嘘としての、発言。

 ③。自分の認識の主張が批判されると、相手の批判の内容を自分も認識していたと、「私も、そう思っていた」と、主張する。

  (1)。本当に思っていたならば、自分の認識の主張の内容を発言していないので、「嘘」、「破綻している主張」であると、認識することが出来る。

<4>。この《5人組や、5人組の仲間達》の反応は、良いこと(正当なこと)を行おうとしている人達の、結託を壊す悪事(嫌がらせ)を行う為にも、発生する。




★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》は、「くだらないこと」を、「重要なことである」と、いう間違った認識をする(記事No.1351)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「くだらないこと」を、「重要なことである」と、いう間違った認識をする】

<>。



★《5人組や、5人組の仲間達》

《5人組や、5人組の仲間達》の主張(発言、提示)は、通常の人が「それが?」と、認識してしまうものである(記事No.1350)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》の主張(発言、提示)は、通常の人が「それが?」と、認識してしまうものである】

<1>。通常の人は、《5人組や、5人組の仲間達》の主張(発言、提示)へ、「それが?」、「それ、だから、何であると主張するのか?」と、考えてしまう。

<2>。これは、《5人組や、5人組の仲間達》の主張(発言、提示)が、通常の人の《心と考え》では、「無意味なもの」だからである。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の主張(発言、提示)は、自分の破綻した理論から、意味が有るものであると、いう間違った答えに辿り着き、その間違った答えを主張(発言、提示)するものだからである。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の主張(発言、提示)は、自分の破綻した理論から、その破綻した理論の、証拠(裏付け)であると、間違った答え(破綻した理論)を主張(発言、提示)するものだからである。

  (1)。理論が破綻しているだけではなく、「それが証拠(裏付け)である」と、いう理論も、破綻しているものである場合がある。

  (2)。理論の材料が、間違っているものである場合もある。

   1。理論の材料の認識の段階から、破綻した理論で認識しているので、間違っているのである。

<3>。それが、「どのような理論から辿り着いた答えなのか」を聞くことで、理論が破綻しているか、分かる。

 ①。通常の人の同士は、互いの知識が違うことから、相手の主張が分からない場合がある。

  (1)。理論の機能の異常ではなく、知識の違いから、相手の主張が分からないのである。

  (2)。この場合は、相手の知識を説明されると、相手の主張が分かる。

  (3)。《5人組や、5人組の仲間達》は、この状態とは、違う。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

善悪の判断が無いと、本能の反応をそのまま受け入れて、行動する可能性が高い(記事No.1349)

【★1。善悪の判断が無いと、本能の反応をそのまま受け入れて、行動する可能性が高い】

<1>。善悪の判断が無いと、いうことは、本能の反応のそのままを受け入れて、行動するということでもある。

 ①。理性には、善悪の判断が含まれている。

  (1)。理性で、本能からの行動を、良いものか悪いものかと判断して、悪いものは、行わないように阻止している。

<2>。善悪の判断が無いと、いうことは、本能の反応を、そのまま「構わないもの(良いもの)」として捉えて、本能の反応のそのままで、行動する可能性が高い。

 ①。善悪の判断が無いと、いうことは、本能の反応を、そのまま「当然のもの」として捉えて、本能の反応のそのままで、行動する可能性が高い。

<3>。真実としては、本能の反応は、動物的な反応であり、人の正しい(幸せな)社会を正しく形成することに、適していないものも多い。

 ①。真実としては、本能の反応を、人の正しい(幸せな)社会を正しく形成することに、適しているか、適していないかを判断することが必要である。

  (1)。その判断の為に、善悪の判断が必要である。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、善悪の判断をする為の機能が無い。




★やる事の提示・「行うこと」

原因がそのままの状態ならば、再発するので、過去の実績を考慮(認識)して、今、判断、行動をするべきである(記事No.1348)

【★1。原因がそのままの状態ならば、再発するので、過去の実績を考慮(認識)して、今、判断、行動をするべきである】

<1>。過去に悪事の実績がある悪人の、悪事の原因がそのままの状態ならば、過去に悪事の実績がある悪人を、再発する可能性が極めて高い者であると認識して、今、判断、行動をするべきである。

 ①。悪事の原因があるならば、結果としての悪事が発生する。

  (1)。原因があるならば、その結果は発生する。

  (2)。結果が作られる為の、原因があるならば、結果は作られる。

 ②。悪事が発生する原因は、そのままであり、改善されていなくて、悪化した状態であり、その原因から悪事が発生することは、阻止されていない状態である。

  (1)。悪事の原因は、悪事を行う悪人である。

 ③。悪事を行う原因がある状態ならば、悪事を行うこと(発生)がある状態であり、悪事が発生する可能性が極めて高いと、認識するべきである。

<2>。1万年以上の因果(実績、情報)を、引き継いで、今、行動するべきである

 ①。今だけの因果(実績、情報)から、今、行動するべきではない。

 ②。1万年以上の因果(実績、情報)の、情報が無い場合でも、性質を知ることは出来る。

  (1)。先に「攻撃したのは、どちらか」、「相手の攻撃が無い状態に、相手に攻撃をする性質を持つのは、どちらか」で、改善するべき側が分かる。

  (2)。先に、攻撃するという性質を持つ方を、阻止しないと、戦いは終わらない。

  (3)。少なくとも、性質から、攻撃するべき対象が分かる。

 ③。過去に悪事を行った悪人は、今も悪事を行う。

  (1)。なぜなら、悪事の発生する原因が、そのまま、あり続けているから。

  (2)。なぜなら、過去に悪事を行った悪人が、過去に行った悪事への正しい罰を受けず、自由に行動している状態だから。

  (3)。なぜなら、過去に悪事を行った悪人が、過去に行った悪事を反省していないから。

   1。再犯しようという意志を持っている場合もある。

   2。これは、悪事を阻止している状態ではない。

  (4)。なぜなら、過去に悪事を行った悪人が、悪事を行ったことを、隠ぺいされている状態だから。

<3>。過去の、発生した罪の、罰を与えていないものに、罰を与えるべきである。

 ①。罰を受けていないものには、全て、罰を受けさせること。

 ②。罰は、罰を受けること以外に消えない。未来永劫に残るものである。

<4>。過去の、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の実績を無視して、今、判断、行動する(生きる)べきではない。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

神の話を、人が聞かないならば、神も、人の話を聞かない(記事No.1347)

【★1。神の話を、人が聞かないならば、神も、人の話を聞かない】

<1>。自分が悪いことを行ったから、不幸になっているならば、神は、その人を助けない。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、「《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を助力した人」が不幸になっても、神は「《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を助力した人」を助けない。

 ②。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、幸せになる人(生物など)は、存在しない。

 ③。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事から、不幸しか作り出さない。

 ④。この正しい認識が無いことから、よくありがちに、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を助力する人がいる。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》の悪事を防ごうとした人や、神の為に行動した人を、神は助ける。

 ①。神の為に行動したことは、未来永劫消えることがない、実績である。




★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

《5人組や、5人組の仲間達》は、相手に体験させた不幸を、自分が体験すると、苦情を言う(記事No.1346)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手に体験させた不幸を、自分が体験すると、苦情を言う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になると、「相手が奪われた状態は救われたのに、自分の奪われた状態は救われない」と、苦情を言う(自分の状態は不当であると主張する)。

 ①。「自分の奪われた状態」は、「自分が相手に体験させた(強要した)状態(自分のせいで、相手が体験した状態)」である。

  (1)。「自分の奪われた状態」は、「自分が相手に与えた不幸(苦しみ)を、自分が体験している状態」である。

 ②。つまり、自分が、相手に体験させた不幸(苦しみ)への、反省が無いと、いうこと。

 ③。相手は、奪われるということに、正当性が無い状態である。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、奪われるということに、正当性がある状態である。

   1。奪うという悪事を行ったから、自分が奪われるということに、正当性が発生した。

   2。奪うという悪事を行っても構わないとするならば、それは自分と同等の存在(自分以外の生物)も、同じ状態になる権利を持っているので、世界(社会)の状態として、奪い、奪われるという状態を作り出すものである。

    ※補足1。奪うという悪事を行っても構わないとするならば、それは自分と同等の存在(自分以外の生物)も、同じ状態になる権利を持っているので、相手も奪うという行為を行うことに、不当性は無い状態である。

    ※補足2。自分も、奪われる対象になるということである。

    ※補足3。この認識(理解、思考の流れ、思考の要素、価値観)を《5人組や、5人組の仲間達》は、持たない(持つことが出来ない)。

   3。「自分だけが奪われる対象になることが無くて、自分以外は奪われる対象である」と、いうことは成り立たないことである。

    ※補足1。この認識(理解、思考の流れ、思考の要素、価値観)を《5人組や、5人組の仲間達》は、持たない(持つことが出来ない)。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることは、正当なことであり、当然なことである。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》が、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることから、《5人組や、5人組の仲間達》を救っては、いけない。

  (1)。なぜなら、正当であり、当然の状態だから。

  (2)。この正当であり、当然の状態が壊れるならば、また、《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという「悪事を行うもの」としての存在になる(戻る)。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることに、不満を持ち、相手にやり返すと、いう悪事を行う。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から奪うという悪事を行い、その罰の為に、自分が相手と同じものを奪われた状態になることに、不満を持ち、相手にやり返すことは不当なことである。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》には、相手から奪うという性質がある。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》には、悪事を行うという性質がある。

  (3)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手からの攻撃を受けて、相手に攻撃をするもの(性質)」ではなく、「相手からの攻撃が無い状態なのに、相手に攻撃をするもの(性質)」である。

  (4)。《5人組や、5人組の仲間達》は、「相手から不快なことを行われたから、相手にやり返す」という状態ではなく、先に、《5人組や、5人組の仲間達》から、相手へ、相手が不快なことを行う(奪う)という行為(攻撃)があり、その悪事への罰に、やり返す(反発する)という状態である。

   1。重要なことは、先に攻撃したのが《5人組や、5人組の仲間達》であるということ。

   2。重要なことは、「《5人組や、5人組の仲間達》は、相手から攻撃が無い状態なのに、相手に攻撃をするもの(性質)である」と、いうこと。

   3。《5人組や、5人組の仲間達》は、故意ではない場合も、相手に不快を与えるものである。

    つまり、《5人組や、5人組の仲間達》の自由な行動は、正常な人(状態)を、壊すものである。

   4。重要なことは、先に攻撃をする性質を持つものを駆除しなければ、戦いは終わらないということ。

   5。正しい人の社会に、先に攻撃をする性質を持つ人は、存在させては、いけない。

   6。《5人組や、5人組の仲間達》は、正常な世界の状態に、存在することが許可されるものではない。

   7。正常な人の我慢で、異常な人の悪事を受け入れようとするならば、悪事が増大する(悪事が減らない、善が減る)。

<4>。「★1の<3>」の、この互いにやり返すという状態から、「戦いは、お互いがやり返して終わらないものである」と、いう間違った認識を持つ人がいる。

 ①。この間違った認識を、思考の結論として持つ人は、この状態の、解決方法が無いという前提を持つ。

  (1)。解決方法を持つならば、この状態は終わると、いう認識になる。

 ②。この間違った認識を、思考の結論として持つ人は、この状態を、部分の認識で捉えている。

  (1)。「歴史上、何度もあったことであり、上手く解決できなかったという実績」を、思考の要素にしている。

  (2)。真実としては、解決したこともあった。だが、思考の要素に、解決したことが無い状態である。

  (3)。世界は常に同じ状態(同じ結果、完成したもの、断定した状態)ではない。正しい状態は、悪い状態を改善することである。

③。この間違った認識を、正しいことであると『決めつける』ことは、いけない。

 (1)。常に、思考を柔軟な状態に保ち、新しい思考の要素を歓迎するべきである。

 (2)。つまり、「善の為に必要なものは、不可能に思えたことが、何度も覆った」実績を認識して、覆る可能性があると、いう認識を思考の要素に持つこと。

<5>。悪の勢力と善の勢力は互いに、行ったり来たりの波の状態であり、波は止まらないが、波の幅は小さくしなくては、いけない。

 ①。現状は、悪の勢力が強すぎる状態である。

  (1)。悪を駆除する力が足りない状態である。

 ②。善が、悪を上回ることで、「★1の<3>」は解決する。

  (1)。歴史に、絶滅した生き物の、多数の実績がある。




★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

他人の意向を無視して、他人に行動を強要しては、いけない(記事No.1345)

【★1。他人の意向を無視して、他人に行動を強要しては、いけない】

<1>。「自分以外の人(生物、女性など)」を、自分の人生の為の道具であると、いう《悪である(間違った)》認識をする人は、悪人である。

 ①。「自分以外の人(生物、女性など)」は、自分の人生の為の道具であると、いう《悪である(間違った)》認識は、間違っている。

 ②。真実としては、「自分以外の人(生物、女性など)」は、自分の人生の為の道具として存在しているのではなく、自分と同じ状態(同等)の、命として存在しているのであり、自分よりも下位のものではない。

<2>。「自分以外の人(生物、女性など)」は、自分の人生の為の道具であると、いう《悪である(間違った)》認識から、「自分以外の人(生物、女性など)」を、本人の意向を無視して、自分に都合が良いように使おう(行動させよう)とする悪人がいる。

 ①。自分だけの為に、相手の意向を無視して、相手を、自分に都合が良くなるように使おう(行動させよう)とすることは、悪事である。

 ②。自分の為になり、相手の為にもなることを行う為に、相手に協力を求めるならば、相手の協力がなぜ必要なのか、相手に説明をして、相手の同意を得て、相手の意向から、相手が自分で行動することが、正当であり、正常な状態である。

  (1)。自分の為になり、相手の為にもなることを行う為に、相手の意向を無視して、相手を、自分に都合が良くなるように使おう(行動させよう)とすることは、悪事である。

  (2)。正当であり、正常なことは、「相手の行動は、相手の意向で決めるもの」である。

<3>。この世界は、自分だけの為に存在するものであり、自分さえ良い状態ならば、「自分以外の人(生物、女性など)」が、不幸な状態でも構わないと、いう《悪である(間違った)》認識をする人は、悪人である。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組や、5人組の仲間達》より巧みに行うことが出来る人に、行うことの強要を行う(記事No.1344)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組や、5人組の仲間達》より巧みに行うことが出来る人に、行うことの強要を行う】

<1>。自分で行うことが出来る人に、行うことを強要することは、悪事である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分で行うことが出来る人に、行うことを強要すると、いう悪事を行う。

<2>。自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、上手く出来るならば、強要(補助)は邪魔である。

 ※補足1。強要は、悪事である。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、上手に出来る人に、強要(補助)すると、いう悪事を行う。

 ②。自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、「結果が良いものになる」、「能率的である」、「幸せ」、「意味が有る」などならば、強要(補助)は邪魔である。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、自分で行う方が、強要(補助)されるよりも、「結果が良いものになる」、「能率的である」、「幸せな」、「意味が有る」人に、強要(補助)すると、いう悪事を行う。

<3>。《5人組や、5人組の仲間達》は、《5人組や、5人組の仲間達》より巧みに行うことが出来る人に、不幸な(低能な、悪い)結果になる行うことの、強要を行う。

<4>。《5人組や、5人組の仲間達》は、嫌われているのに、相手に自分を強要する。

 



★真実を認識する為の知識1

善人に、攻撃しては、いけない(記事No.1343)

【★1。善人に、攻撃しては、いけない】

<1>。善人は、神が欲しがるもの。

 ①。つまり、善人は、神のものである。

 ②。神のものに、攻撃しては、いけない。



★真実を認識する為の知識1

神は怒る(記事No.1342)

【★1。神は怒る】

<1>。神は、怒りの機能を持っている。

 ①。怒りの発散の機能も持っている。

<2>。昔の人は、「神は怒ると、怖いもの(怖い対象である状態)になる」と、いう正しい認識をしていた。

 ①。これは、神の怒りの発散の結果が、怖いものになると、いう意味でもある。

【★2。目的が有るから、その為の行動をする、その行動を邪魔されるならば、怒りが発生する】

<1>。何かを行う場合、何の為に行うのかなどの、目的(理由)があることが、正常な状態である。

 ①。神も、正常な状態である。

<2>。神は目的の為に世界を作った。

 ①。神は、世界を作ることの目的を邪魔されると、怒る。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

《5人組や、5人組の仲間達》は、人に、苦しみや、悲しみや、恐怖などを与える、《悪である(間違った)》存在(物体、性質)である(記事No.1341)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、人に、苦しみや、悲しみや、恐怖などを与える、《悪である(間違った)》存在(物体、性質)である】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、人に、苦しみや、悲しみや、恐怖などを与える。

 ①。《5人組や、5人組の仲間達》は、どのように、人に、苦しみや、悲しみや、恐怖などを与えるのか。

  (1)。《5人組や、5人組の仲間達》は、正常な《心と考え》を持たないことから、人に、苦しみや、悲しみや、恐怖などを与える。

  (2)。《5人組や、5人組の仲間達》は、正常な《心と考え》を持たないことから、正常ではない行動の悪事を行うことから、人に、苦しみや、悲しみや、恐怖などを与える。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、人ではないものであり、存在させては(自由を与えては)、いけないものである。

 ①。人に、苦しみや、悲しみや、恐怖などを与える《5人組や、5人組の仲間達》が、生きていても構わないもので、あるはずがない。



★真実を認識する為の知識1

現実に、有るものならば、有るものである。無いものではない(記事No.1340)

【★1。現実に、有るものならば、有るものである。無いものではない】

<1>。「知ることが出来ない」や、「分かることが出来ない」ことから、「それならば、無いものである」とは、成り立たないことである。

 ①。知ることが出来なくても、実際に有るものならば、有るものである。

  (1)。知ることが出来なくても、実際に有ったものならば、有ったものである。

  (2)。真実の状態を、知ろうとすることが、必要である。

 ②。分かることが出来なくても、実際に有るものならば、有るものである。

  (1)。分かることが出来なくても、実際に有ったものならば、有ったものである。

  (2)。真実の状態を、知ろうとすることが、必要である。

 ③。現実の状態が、不動の、答えなのである。

  (1)。現実の状態が、真実の、答えなのである。

 ④。現実の状態ではないものを、認識していること(前提条件としていること)は、間違いのものである。

 ⑤。因果は、連続したものであり、過去の因果を辿ることから、過去を知ることは、可能である。

  (1)。現状では、文明などの水準が足りないが、これは可能なことである。



★私の意志・意向

《5人組や、5人組の仲間達》が、行うことと、実際に私が行うことは、違う(記事No.1339)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》が、行うことと、実際に私が行うことは、違う】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》が、行おうとしたこと(行うこと)と、「実際に私が行うこと」、「実際の私の意向」は、違う。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》が、行うならば、絶対に、それは、私の意向ではない。

 ①。なぜなら、私は、私の意向として、「《5人組や、5人組の仲間達》に、行ってほしくない」と、主張しているから。




★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

偽者の私の特徴(記事No.1338)

【★1。偽者の私の特徴】

<1>。偽者の私は、「日常的に、相手からの攻撃を恐れている状態、動作、話し方(自分が悪いことを行っているから、相手に攻撃されるのだが)」、「自分が低能者であることを、隠そうとする」、「見せ掛けようとする」、「誤魔化す」、「発案が無い」など。



★真実を認識する為の知識1

善人と悪人は、お互いに「殺してやる」と、いう意向を持つが、それは、善人が正しい状態であり、悪人が間違っている状態である(記事No.1337)

【★1。善人と悪人は、お互いに「殺してやる」と、いう意向を持つが、それは、善人が正しい状態であり、悪人が間違っている状態である】

<1>。悪人が、自分を攻撃する相手(善人)に、「殺してやる」と言う場合、相手(善人)も同じ思いなので、互いに同じことを言い合うような、変な状態になる。

<2>。善人は、正義が無いのに悪人を攻撃しない。

 ①。つまり、善人は、正義で、悪人を攻撃している状態である。

<3>。悪人は、悪事への罰を与える、善人から攻撃を受けている状態である。

 ①。先に、悪人からの、不当な攻撃が有った。

 ②。悪人が、自分の悪事への罰を受けている、正当であり、当然の状態である。

 ③。悪人は、自分の悪事への罰を受けている、正当であり、当然の状態に、反発している状態である。

  (1)。相手の善人は、正しいことを行っている状態であるが、悪人は、その正しいことを行っている状態に、苦情を言っているのである。

 ④。悪人が、相手の善人に「殺してやる」と、いう発言をすることは、間違っている状態である。

 ⑤。善人が、相手の悪人に「殺してやる」と、いう発言をすることは、正しい状態である。
 




★真実を認識する為の知識1

悪人を、「的確に選別」して、駆除する為の能力を、高める必要がある(記事No.1336)

【★1。悪人を、「的確に選別」して、駆除する為の能力を、高める必要がある】

<1>。戦いで、「正義の為に戦う善人」を消耗して(減らして)、悪人以外が含まれる敵を倒して、悪人を駆除するよりも、「★1の<2>」の方が、良い。

<2>。私は、悪人を「的確に選別」して、駆除することが、最善であると考える。

 ①。現状の文明が、少し高まるだけで、可能なことである。

 ②。現状でも、始められることである。

 ③。的確に選別することから、必要である、善人や、悪人以外の犠牲(消耗)が、少なくなる。

<3>。だが、悪人を的確に選別することが出来ないならば、昔ながらの「★1の<1>」の方法であっても、悪人を駆除するべきである。

 ①。現状には、どうしても、悪人の駆除が必要である。





★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の有能を盗み、自分を有能であると見せ掛ける悪事を行うが、現実には、低能な状態である(記事No.1335)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の有能を盗み、自分を有能であると見せ掛ける悪事を行うが、現実には、低能な状態である】

<1>。有能者のモノマネを行い、自分の能力から生まれたものではないものを、使うことで、人から、自分は有能であると、判定されようとすることは、悪事である。

 ①。有能者のモノマネを行い、自分の能力から生まれたものではないものを、使うことで、人から、自分は有能であると、判定されようとすることは、人を騙すことである。

<2>。《5人組や、5人組の仲間達》は、「★1の<1>」の悪事に追加して、有能者を削除する悪事を行う場合も多い。

<3>。真実としては(現実の状態としては)、《5人組や、5人組の仲間達》は、悪事を行っている悪人の状態である。

 ①。真実としては(現実の状態としては)、《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者の、有能な能力が無い状態である。

 ②。真実としては(現実の状態としては)、《5人組や、5人組の仲間達》は、有能者であると、判定(評価)されるものではない、状態である。

 ③。真実としては(現実の状態としては)、《5人組や、5人組の仲間達》は、有能な状態ではなく、低能な状態である。




★《5人組や、5人組の仲間達》の悪事

《5人組や、5人組の仲間達》は、「分かった」ということで、悪事が許されると、いう《悪である(間違った)》認識を持つ(記事No.1334)

【★1。《5人組や、5人組の仲間達》は、「分かった」ということで、悪事が許されると、いう《悪である(間違った)》認識を持つ】

<1>。《5人組や、5人組の仲間達》は、悪事を行ったが(行っているが)、自分は「分かったので」、無害であり、悪人では無いと、表現する(見せ掛ける)と、いう悪事を行う。

<2>。真実としては、分かっても、分からなくても、悪事を行った(行っている)ので、罪と罰は消えない。

 ①。真実としては、悪事を行う性質は、そのままであり、何も変わっていない状態である。

 ②。真実としては、(今更)「分かったこと」は、悪事を行ったこと(行っていること)を、正当化できること(認められること)ではない。

 ③。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》の「分かった」という状態は、何が悪いのかを、まったく分かっていない状態である。

 ④。真実としては、《5人組や、5人組の仲間達》は、元々分かっていたが、悪事を行った状態である。



カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ