<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、状況によっても変化することを、変化しないと、いう悪の(間違った)認識を持つ(記事No.1099)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、状況によっても変化することを、変化しないと、いう悪の(間違った)認識を持つ(記事No.1099)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況によっても変化することを、変化しないと、いう悪の(間違った)認識を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況によっても変化することを、変化すると、推察することが出来ない。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(偽者)の、モノマネは悪事である。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況(条件)が違うのに、別の状況(条件)の場合の本物(本人、有能者)の行動をモノマネすることで、自分にも正しい対応(有能なこと、正しいこと)が出来ると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、本物(本人、有能者)の行動の、ある状況(条件)へのやり方をモノマネすることで、ある状況(条件)とは別の状況(条件)にも、正しく対応が出来ると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、本物(本人、有能者)の行動の、ある状況(条件)へのやり方が、どのような状況(条件)にも通用する、「正解の方法」であると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

 (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、上手く対処した人の方法は、どのような状況(条件)にも通用する、「正しい方法」であると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

 (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、どのような状況(条件)にも、自分が、有能者(正しい人)のモノマネである「正解の方法」を行えば、自分は悪くない(悪いことを行っていない)状態であると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

  1。『5人組や、5人組の仲間達』は、どのような状況(条件)にも、自分が、有能者(正しい人)のモノマネである「正解の方法」を行えば、自分は正しい(正しいことを行っている)状態であると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

 (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、どのような状況(条件)にも、自分が、有能者(正しい人)のモノマネである「正解の方法」と、同じことを行えば、自分は悪くない(悪いことを行っていない)状態であると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

  1。『5人組や、5人組の仲間達』は、どのような状況(条件)にも、自分が、有能者(正しい人)のモノマネである「正解の方法」と、同じことを行えば、自分は正しい(正しいことを行っている)状態であると、いう悪の(間違った)認識を持つ。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況(条件)の違いを、正しく認識することが出来ない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況(条件)の違いの認識が、表面の認識になる。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、成功者と同じことを行っているのに、何故、自分が成功することが出来ないのか、分からない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、成功者と同じことを行っているのに、何故、自分が上手くいかないのか、分からない。

<6>。真実として、全ての状況(条件)に、正しく対応することが出来る、「成功の方法」、「正しい方法」、「正解の方法」は、存在しない。

 ①。真実として、全ての状況(条件)の、それぞれの状況への、それぞれの「成功の方法」、「正しい方法」、「正解の方法」がある。

 ②。真実として、全ての状況(条件)は、無限の数(無限大数)があるものである。

  (1)。だから、それぞれの状況への、それぞれの「成功の方法」、「正しい方法」、「正解の方法」も、無限の数(無限大数)があるものである。

 ③。真実として、「本物(本人)が行う」状態と、「偽者(別人)が行う」状態は、別の状況(条件)である。

  (1)。真実として、「本物(本人)が行う」状態と、「偽者(別人)が行う」状態は、違う状況(条件)である。

 ④。真実として、まったく同じに見える状況(条件)でも、細部(遠くにあるもの)は違うので、完全に同じ状況(条件)というものは、存在しない。

  (1)。同じ状況(条件)など、存在しないのに、本物(本人、有能者)と、同じ行動を行えば、自分にも有能なこと(正しいこと)などが出来ると、いう認識は、悪の(間違った)認識である。

<7>。真実として、本物(本人、有能者)のモノマネで行動することは、人の進化の、有能が発達することを邪魔することなので、悪事である。

<8>。本物(本人、有能者)は、それぞれの状況(条件)に、適応する(最善である)行動を、それぞれの状況(条件)が発生するごとに、判断して、行動している。

<9>。<本物(本人、有能者)は、モノマネを行って行動していない(生きていない)>、<偽者は、モノマネを行って行動している(生きている)>ので、本物と、偽者は、「まったく違うもの」であり、「まったく別物」である。






<<『5人組や、5人組の仲間達』が、他人の肉体を使うことは、悪事である(記事No.1100)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』が、悪事を抵抗なく行う理由は、複数の欠陥が有るからである(記事No.1098)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ