<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、悪事を行った子を、「悪いことを行ったこと」を理由にして、怒らない(記事No.1125)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、悪事を行った子を、「悪いことを行ったこと」を理由にして、怒らない(記事No.1125)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、悪事を行った子を、「悪いことを行ったこと」を理由にして、怒らない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子に、何故、損をする悪事を行ったのかと、怒る。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子に、何故、「逮捕されるような悪事を行ったのか」、「逮捕されないように、上手く悪事が出来ないことは、いけないことである」と、怒る。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子に、何故、「暴かれるような悪事を行ったのか」、「暴かれないように、上手く悪事が出来ないのは、いけないことである」と、怒る。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子に、「悪事への、罰から逃げられずに、罰を受ける結果になること」を、悪事が下手くそであると、怒る。

 ④。真実としては、「損をするか」、「得をするか」、ではなく、悪事はどのようなものでも、行っては、いけないものである。

 ⑤。真実としては、「悪事が上手い(成功する)か」、「悪事が下手(失敗する)か」、ではなく、悪事はどのようなものでも、行っては、いけないものである。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子が、対象の相手が、「自分が勝てそうな相手か」、「自分が負けそうな相手か」を、正しく見極めないで、悪事を行うことを、怒る。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子の、悪事の失敗(悪事が暴かれて、罰を受ける状態)から、自分に被害が発生すると、何故、「成功する悪事」と、「失敗する悪事」を、「見極められないのか」と、子を怒る。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子が、悪事を失敗して、罰を受ける(損をする)状態になると、「成功する悪事」と、「失敗する悪事」を、「見極められない」、子が悪い状態であると、子を怒る(子に、「見極められない」、自分が悪いと自覚しろと怒る)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子が、助けを求めると、まず、子の、攻撃したい対象の相手に攻撃しようとする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子が、攻撃したい対象の相手が、自分(親)より弱い(劣勢な)人であると、正しく「見極めている」から、自分に助けを求めていると、判断するから。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子が、攻撃したい対象の相手が、自分(親)が勝てる相手であると、正しく「見極めている」から、自分に助けを求めていると、判断するから。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子が、対象を、攻撃したい「理由」の、「善悪を判断」しようとは、しない。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子が、対象を攻撃したい「理由」の、「善悪を、正しく判断」しようとは、しない(出来ない)。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子の、攻撃したい対象の相手が、自分(親)より強い(優勢な)人であると認識すると、攻撃の対象を、子に変更する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子の、攻撃したい対象の相手が、自分(親)より「強い(優勢な)人である」と、子が「見極められないこと」を、子に怒る。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子の、攻撃したい対象の相手が、自分(親)より「強い(優勢な)人である」と、子が「見極められないこと」から、「自分に被害がある」と、子に怒る。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分の被害は、子が、「悪事(悪いこと)を行ったこと」が原因ではなく、「成功する悪事か」、「失敗する悪事か」を、「見極められないこと」が、原因であると、いう『悪である(間違った)』認識をする。

 ⑤。これは、「子」を、「交際相手の女」に、置き換えても、『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、同様の反応をする。

 ⑥。真実としては、悪事は、どのような相手でも、行っては、いけないものである。

<3>。真実としては、悪ならば、子でも、許されるものではない。

 ①。真実としては、悪事は、「悪いことを行ったこと」を理由にして、罰を受けるものである。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が、悪事を行った子への怒りを、他人に表現する場合は、本心ではなく、見せ掛けの場合が多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が、悪事を行った子への怒りを、他人に表現する場合は、被害者(罰の執行者)の怒りを、減らす(無くす)為である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)が、悪事を行った子への怒りを、他人に表現する場合は、「自分は、子の悪事(悪の性質)とは、別のものである」と、いう表現(主張)である。

  (1)。だから、自分は、罰を受けたくないと、いう表現(主張)である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、子すら切り捨てて、「自分さえ幸せならば、他人の不幸は構わない」と、いう『悪である(間違った)』の性質(価値観)である。





<<『5人組や、5人組の仲間達』は、「普通」の状態が、「理解が出来ない(分からない)」(記事No.1126)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>「正義」を持つか、持たないかが、大きな違いを生み出す(記事No.1124)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ