<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』が受けることが正当な罰を、不当に、身代わりの他人が受ける場合がある(記事No.1171)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』が受けることが正当な罰を、不当に、身代わりの他人が受ける場合がある(記事No.1171)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』が受けることが正当な罰を、不当に、身代わりの他人が受ける場合がある】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』が行った悪事への罰が発生する「瞬間」に、本物の私(身代わりの他人)が、『5人組や、5人組の仲間達』と入れ替わることを強要されて、本物の私(身代わりの他人)が、『5人組や、5人組の仲間達』への、悪事の罰を受けることがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が行った悪事への罰が、『5人組や、5人組の仲間達』へ発生する「瞬間」に、本物の私(身代わりの他人)の『心と考え』が、『5人組や、5人組の仲間達』の『心と考え』の代わりに、『5人組や、5人組の仲間達』の「肉体」に入れられることを、『5人組や、5人組の仲間達』の操作から強要されて、本物の私(身代わりの他人)が、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事への罰を受けることがある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』が行った悪事への罰を、他人に受けさせようとすることは、悪事である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「故意に」、本物の私(身代わりの他人)に、「身代わりに、罰(攻撃)を受けさせる為に」、悪事を行う。

 ①。この場合、本物の私(身代わりの他人)に罰(攻撃)を与える人は、『5人組や、5人組の仲間達』の身代わりとなっている本物の私(身代わりの他人)に、攻撃を与えている状態である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、故意に、他人に嫌がらせを行い、他人を怒らせて、自分への攻撃が発生する状態を作り出して、自分への攻撃が行われる瞬間に、本物の私(身代わりの他人)と入れ替わる。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を、代理人に行わせて、自分は罰から逃れる方法を好む。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、「本物の私(身代わりの他人)に、身代わりに、罰(攻撃)を受けさせる悪事」の場合、「悪事を行う代理人」にしようとしている対象は、罰(攻撃)の執行者である。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の代わりに、罰(攻撃)の執行者に、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃(悪事)を行わせている状態である。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、罰(攻撃)の執行者に、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃(悪事)を行わせて、罰(攻撃)の執行者を、自分と同じ不幸な(罪人の)状態にすることを好む。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、罰(攻撃)の執行者に、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃(悪事)を行わせて、罰(攻撃)の執行者に、罪を着せることを好む。

   4。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の悪事が暴かれることが無い安全な状態で、本物の私(身代わりの他人)へ、攻撃を与えることを好むので、「悪事を行う代理人」を使う。

<3>。「本物の私(身代わりの他人)に、身代わりに、罰(攻撃)を受けさせる悪事」は、【地球上に、物体として存在しているもの(犯人)】の、入れ替わる為の機械の操作や、侵入先の肉体の操作など、で行われる。

 ①。この1つの悪事には、複数の犯人(連携)の、悪事の実行犯が存在する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、複数人で活動する(悪事を行う)ことが多い。

 ③。「侵入先の肉体を、同時に操作が出来る数は、複雑な行動の指示ほど、操作が難しくて少ない」、つまり、「『複数人(多いほど良い)』の『同時』の善の活動(反乱)こそが必要である。

  (1)。本当の犯人を捜して、罰を与える(駆除する)こと。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、入れ替えること(操作)は、1秒足らずで完了することが可能である。

<4>。「(A)自分の体を他人に使われる人(対象)」と、「(B)他人の体で行動することを強要される人(対象)」の可能性は、地球上の誰でも有り得る。

 ①。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象になる可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』の仲間割れが理由の、『5人組や、5人組の仲間達』から攻撃を受けている『5人組や、5人組の仲間達』。

 ②。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象になる可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』の、「本物の私を助力するという、善行に見せ掛けた、表の理由を使った悪事」に使う為の人。

  (1)。(A)として、「私の助力になることが出来る人」が、『5人組や、5人組の仲間達』の、「邪魔する為」、「自分が手柄を奪う為」などの『悪である(間違った)』理由から、『5人組や、5人組の仲間達』に、体を使われる。

  (2)。(B)として、「私の助力になることが出来る人」が、実際に役に立つので、役に立たない状態の体を強要される(動物など)。

 ③。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、<善人の仲間>などの、『5人組や、5人組の仲間達』が羨ましいと思う存在。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が羨ましいので、嫌がらせを行っていると、いう悪事である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、対象が羨ましいので、「相手が自分と同じ悪人(不幸)になれば嬉しい」と、いう『悪である(間違った)』価値観などからの、「相手から奪う」、「仲間作り」などの為の悪事である。


 ④。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、権力者(入れ替わりで快楽&利用)。

  (1)。(A)が多い。

   1。本物の権力者の体は、『5人組や、5人組の仲間達』の『心と考え』で使われ、同じ外見の本人は、(B)の状態である場合がある。

  (2)。(B)の場合、本人が、自分の本当の体(姿)や、本当の自分(誰であるか)を知らずに、他人の体で生きている場合がある。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』の、権力者が持つ能力を、自分が(悪事に)利用したいという考えから。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』の、権力者が持つ能力が無いと、世界が機能しない場合、別人として生かされ、制限(強要)をされて、能力を使わされている場合がある。

   ※補足1。自分の体だが、本当の自分(誰であるか)を知らずに、別人として生きている場合がある。

   ※補足2。過去に、アレクが、『5人組や、5人組の仲間達』を護衛する人として、利用されていたことがある。(アレクは強いので)

        アレクは自分を、アレク(王、名前も)だと知らず、『5人組や、5人組の仲間達』を護衛していた。

        そして、マケドニアの歩兵は、本物のアレクを見たことが無い状態だったので、自分達の王だと分からなかった(敵だと思ってた)。

        現在の私の持っている記憶では、3回は有った出来事である。

   ※補足3。アレクの仲間が、『5人組や、5人組の仲間達』として、本当の自分(誰であるか)を知らずに、生きていることもあった。

        アレク達は、お互いが仲間であるという認識が無くて、アレクはアレクの仲間に、かなり強い嫌がらせを受けていたようだ。

   ※補足4。マケドニアの歩兵と、マケドニアの歩兵が、お互いが敵になるように配置され、真実を知らずに、殺し合いを行わせられたこともある。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、権力者が、『5人組や、5人組の仲間達』の嘘で、騙されて行動していることを好む。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』に、騙されないようにすること。

 ⑤。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』の、指示を聞かなかった人(反抗した人)(=善人)。

 ⑥。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、過去に、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に協力した悪人(何度も利用する)。

 ⑦。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、『5人組や、5人組の仲間達』が、自分の、一般人として生活している人生などで、『5人組や、5人組の仲間達』が嫌いだと思った人。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』と、接点があることが多い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌いな人に、『5人組や、5人組の仲間達』の罪を被せる((A)が多いが、(B)もある)。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、嫌いな人に、悪事を代行させる((A)と(B))。

 ⑧。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、罪を被せたい人。

 ⑨。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、幸せそうに暮らしている他人。

  (1)。すれ違っただけの他人も、対象である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の価値観から、幸せそうに暮らしていると思える他人」と、自分が入れ替わり、他人のモノマネをしながら、潜伏して暮らしたいという欲望を持つ。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「潜伏しやすい場所(一人暮らし、集団から離れた場所など)」、「潜伏したい場所(幸せそう、簡単そう)」などで、「ひっそりと暮らしたい」という欲望「も」持つ。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、幸せそうな他人の子供などと、自分が入れ替わり、自分が愛情を受けたいという欲望を持つ(托卵)。

 ⑩。(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、精神病患者、犯罪者。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』が、理想とする(欲しがっている)、とても良い悪事(邪魔)を行うから。

   1。罰などを、恐れることが無い人達。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』と、混じり合い(交配)、『5人組や、5人組の仲間達』は、繁殖している。

  (2)。自分の体が使われるというよりは、他人の体を使って、悪事を行う人達である。

 ⑪。(A)と(B)の入れ替わりに使われる対象の可能性が高いのは、カッコイイ(有能者)人。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の価値観で、カッコイイ(有能者)と思える他人」と、自分が入れ替わり、他人のモノマネをしながら、潜伏して暮らしたいという欲望を持つ。

  (2)。金持ち。

 ⑫。『5人組や、5人組の仲間達』は、<善人の仲間>に侵入して、「活動に参加したい」、「活動を邪魔したい」という欲望を持つ。(この場合(A)が多い)

 ⑬。「相手の能力がどのぐらいか試したい」、「本当かどうか試したい」、「どんな反応をするか見たい」、「確認したい」、「知りたい(興味、知識欲、悪人の生存方法、モノマネしたい)」などの場合に、行われる悪事である。(その場合、単純に、状況が捏造された場で、行動(状況の設定)を強要されることが多いが、状況を正確に認識が出来ないように、意識などはコントロールされる)

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の発言などが本当であるか、相手を試したいと、いう欲望を持つ。

   1。試す発言などの内容は、『5人組や、5人組の仲間達』の、曲解などの妄想(認識)などが多い。

 <例えば>

   ①。相手が「自分は正しい」と発言するならば、どのぐらいの嫌がらせを行えば、相手は「自分は正しくない」という発言(認識)に変わるのか、試す。

    (1)。相手が、どのぐらいの強情を保てるのか、試す。

    ※補足1。相手が「自分は正しい」と発言することは、悪人には、不快なことである。

    (2)。試す為に、『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が正しいことが出来ない状況を作り出す。

   ②。相手が「自分は正しい」と発言するならば、実際に、どのぐらい正しいのか、試す。

   ③。相手の意見(主張)を、自分に都合の良いものに、変えさせようとする(強要)。

   ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、曲解などの妄想(認識、現実逃避)などから、相手の発言を、矛盾(間違っている)と認識して、矛盾(相手)を批判(攻撃)しようとする。

    (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、マウント(相手より自分が強い状態)を取ろうとする。



 


<<『5人組や、5人組の仲間達』には、古典的な「悪人の悪事を阻止する方法」も、有効である(記事No.1172)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>偽者が、本物に成り代わることは、不可能である(記事No.1170)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ