<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 相手を批判すれば、罰の判断者の善悪の判断が変わるという世界観(記事No.125)

★『5人組や、5人組の仲間達』

相手を批判すれば、罰の判断者の善悪の判断が変わるという世界観(記事No.125)

 『5人組や、5人組の仲間達』は、相手を批判すれば、罰の判断者(周りの人達、他の人達)の、相手や自分に対する、善悪の判断が変わるという世界観(妄想)を持つ。

 相手を批判すれば、罰の判断者(周りの人達、他の人達)が、自分の味方になり、自分は罰の判断者(周りの人達、他の人達)の仲間になれると考えている。



 実際に、批判を聞けば、判断が狂う、罰の判断者(周りの人達、他の人達)は存在する。(薬の摂取や、生まれ付きの機能によって) 

 実際に、<現状の、まともな人>でも、批判を聞けば、「多少」、判断に影響がある。

 相手を批判すれば、罰の判断者(周りの人達、他の人達)の、善悪の判断が変わるという世界観(妄想)を持つ者に、自分の「主張、思い、判断など」を、「影響、支配」されてはいけない。

 <現状の、まともな人>は、注意するべきであるという知識や、注意しようという意思の力で、自分の「主張、思い、判断など」を、「影響、支配」から、少し守ることが可能である。

 自分の「心と考え」を使った、自分の「主張、思い、判断など」を、しっかりと持つこと。
 


 罰の判断者(周りの人達、他の人達)の、判断を狂わせようとして(故意ではない状態を含む)、相手を批判する者に、批判を続けさせないこと。








 

<<『5人組や、5人組の仲間達』は、「見てみたい」という遊びで人を弄ぶ(記事No.126)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>悪人の改心を信じないこと(記事No.124)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ