<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》の特徴・性質 > 「のっぺり」の情報は信頼するな(記事No.1372)

★《5人組や、5人組の仲間達》の特徴・性質

「のっぺり」の情報は信頼するな(記事No.1372)

【★1。顔が「のっぺり」した《5人組や、5人組の仲間達》(かなりの主犯である)が情報を渡してくる】

<>。こののっぺりは、《5人組や、5人組の仲間達》の、かなりの主要人物である。

 ①。悪事の指示、判断などを行うこともある。

 ②。毎回存在する。

 ③。情報の管理者。

<>。特徴は、目が細い。眉毛が下がる。眉間に軽くシワ。泣き顔。あっさりしている顔。体にも目立った特徴は無い。

 ①。「〇〇して下さい」と、相手の都合を一切考慮せず、自分の要求のみで発言してくる。

  ()。声、しゃべり方、しゃべる内容などに、とても特徴がある。

  ()。動作が少し遅い。しゃべる速度が少し遅い。

  ()。声が少し小さい場合があり、異常な至近距離まで、相手に顔を近づけてしゃべろうとする場合がある。

<>。正常な人がこの主犯に、おとなしいなどのイメージを持つ場合があるが、抵抗なく刺してくる場合がある。

 ①。これ以上、今の状態を続けても、利益が無いと認識した場合(他の悪事を行うことに移行する場合)。

 ②。自分の要求(欲求)が通らない場合。

  ()。自分の要求(欲求)が通らないと暴れる(これは誰でも持っている特徴であるが、この主犯の場合は、正常な人と比べると少し、発現するこの反応に抵抗が少なく、大きな反応として表れる)。

 など。

 ※1。つまり、この主犯は、人の「命」の認識が異常である。

 ※2。この主犯は、正常な男が簡単に倒せる相手であるが、油断で刺されることが多い。

<>。この主犯から情報を得る場合が多いので、「あいつが主犯であるならダメだ」と、《5人組や、5人組の仲間達》の反対組織が発言する場合も多い。

<>。この主犯は、相手に情報を渡すことから、相手に構ってもらうこと(相手がその情報に反応すること)を好む。

 ①。この主犯は、相手に情報を聞かれること(質問されること)を好む。

  1。この主犯は、自分が相手よりも上位の状態(自分が相手を管理(制限)している状態)を好む。

 ②。相手の怒り(嫌がらせへの反応など)、驚き、自分への興味などの反応を好む。

  2。この主犯を喜ばす為に、自分の反応を見せなくても良い(見せない方が良いのではないか?)。

  ※必要なら、行え。

 ③。この主犯は、告げ口(情報を渡すこと)から、仲間を作ろうとすることを好む。

  ()。実際には、告げ口(仲間作りになる)の効果が無い内容であっても、この主犯の主観では、告げ口(仲間作りになる)の効果があるものである。

  ()。内容は、相手の立場を下げようとするもの、自分の立場を上げようとするもの。

   1。その為の内容は、真実ではないものも使われる。

  ()。この主犯は、一緒に、相手を嫌ってほしい。相手の仲間を減らしたい(孤立させたい)。

  ()。この主犯は、嘘から誤解(間違った認識)を誘発させても、相手の仲間を減らしたい(孤立させたい)。

  ()。悪人は、このように自分の仲間を作り、相手を攻撃して、ことが終わると、集めた仲間は仲間であると認識せず、攻撃の対象とする。(一時的な仲間。利用価値がある場合だけの仲間。)

 ※悪人の仲間作りの性質(習性)は、そのまま、《5人組や、5人組の仲間達》の悪事の理由としてある。

 ※《5人組や、5人組の仲間達》は、悪人であり、本能的に悪事の効果を求めて、本能的に悪事を行う(悪事の仲間をほしがるなど)。

<>。渡してくる情報は、知られても不利にならないものであると、この主犯が認識しているものの場合が多い。

 ①。実際には不利になる情報も多いが、この主犯の主観から判断されるものなので。

 ②。この主犯は、相手が幸せになる情報を与えることを拒む。

  ()。相手が間違った認識を持っている状態を好む。

<>。この主犯は、相手を自分で管理(制限)したいと望む。

  ()。相手に渡す情報の範囲を自分の価値観で勝手に決める。

   1。与えすぎない。自分が与えたいと思う範囲で渡す。

   2。つまり、部分の情報であり、相手の間違った認識を誘導する。

  ②。この主犯は、自分が判断可能者(自分が判断者、決定者)である(自分の判断が正しい)と、いう妄想が強い。

   ()。実際には、この主犯の判断は、とても低能者のもの(破綻した理論、とても思考の要素が少ないもの、善悪の判断が異常なものなど)であり、判断が優れているものではない。

   ()。例えば、野球を見ている場合などに、あそこがダメであるなどと、自分の判断がプロ以上のものであるという妄想の認識をするようなこと。(本当に「あそこがダメである」状態ならば正常である)

   1。この主犯の判断は、とても稚拙な異常なものなので、正常な人ならば異常性を気付くことが出来る。

   ()。この主犯は、自分が判断している(考えている、相手よりも上位の存在の)状態であると、表現する(腕を組む、ため息をつく等)。

   1。これは無言で行われる。つまり、この主犯の性質的に、生きてきた人生が、自分の妄想が試されていない状態(真偽、優秀さなどが試されない状態)である。さらに、試された場合(自分が否定された場合)があっても、自分が間違っているという正常な認識を作らない機能が強い。

  ()。そして、自分の異常な判断(自分で作り上げた妄想の認識)から、相手への不当な強要(攻撃、暴力、批判)などが発生する。

<>。この主犯は、故意に相手に間違った情報を渡す。

 ①。相手を騙す為には、「部分的に変化させたもの」が、一番騙しやすく、簡単であるので。

  ()。どこの部分を、どのように変化させるかは、《5人組や、5人組の仲間達》(正常な知能と心を持たない悪人)のセンスであり、騙すことに、的確とは言い難い。

<>。この主犯は、正常な知能と心を持たない。

 ①。つまり、正常な人への対応と同じ、会話での攻撃(説得など)は効果が無い場合が多い。

  ()。専門家を介入(投入)。

 ②。会話は無効。武力(拷問、薬物)。







<>。この主犯の女版は、「私のブログなどを私の代わりに勝手に作成する」、「アレクの嫁になる為にペルシアの姫として存在する」、「私の体を勝手に動かして、抱いて下さいなどと発言する(私の意志の無いセックスの誘導(レイプの一種、レイプには種類がある)」などの悪事を行う。

 ①。この主犯と、似ている《5人組や、5人組の仲間達》は多く存在し、太っている者もいるが、この主犯の特徴を動画で知れば、同等の者であると見抜ける。

<>。この主犯の世界観は、「ダメだ。誰も分かってくれない」である。

 ②。これは、相手は分からない人(下位)であり、自分は分かる人(上位)であると、いう世界観(主観)である。

 ①。現実では、この主犯が下位の立場であるが、自分を上位の立場であると認識する、間違った世界観である。

 ③。万事について、このように認識しているので、相手が強く怒っても、この主犯の精神的ダメージは、ほぼ無い。

 ④。この世界観は崩しがたい。

<>。この主犯の渡してくる情報は、部分的に正しい場合が多いが、全てが正しかったことが無い。

 ②。主犯から情報を貰おうとするな。信頼できるところから情報を貰え。この主犯から出てくる情報に依存しないために、自分達で情報を残すこと。

  ()。私(神)は、悪事から仕入れた情報を利用することを禁止する。だが、臨機応変に行動すること。最善は《5人組や、5人組の仲間達》の駆除。

  1。なぜ、私を騙すこと(悪事)から情報を仕入れようとするのか? 普通に、私に質問することから、私の答えを得れば良いと、私は考える。

  2。捏造の状態を作り出し、その状態を、(操作した)私に体験させることから、異常な情報を得ようとすることを辞めろ。

   ()。 夢の中では、脳が部分的にしか使われない。夢の中の自分の行動と、現実での自分の行動は違う。

    つまり、現実(本来、本当)の私の行動(反応)ではないものを、私を知る為の資料にするな。

    操作を受けた状態での行動と、本来の私の行動は違う。

 ③。この主犯の情報には、この主犯の主観が入り込む。

  ()。この主犯は、相手の質問(要求)に正直に対応して、本当の情報を渡そうとする場合にも、異常な主観から、間違った情報を渡す。

  ※補足1。この主犯は、故意に間違った情報を渡してくる。

<>。この主犯は自殺する場合があるが、まだこの主犯を利用する場合は、自殺が成功しないように、即時の処置(輸血など)が出来るように準備しておくこと。


 ①。利用目的は、尋問など。

 ②。この主犯には痛覚が無い場合がある。痛覚以外の拷問などで話をさせることは簡単である(秘密にしようという抵抗が少なく、よく話す)。

  ()。だが、この主犯の話す内容には、異常な主観が入る。つまり、間違っているものである。裏付け(根拠)を聞くこと。

  ()。裏付け(根拠)を聞くと、自分の要求(欲求)が通らないことから刺してくる場合があるので、刺されない状況などで聞くとよい。

<>。この主犯は自殺するが、「新しいのが、こんにちは」である。刺されて殺されても、こちらも「新しいの、こんにちは」などで乗り切れ。

 ①。というか、大概の男ならば、素手でも倒せるだろう。

 ①。「新しいの、こんにちは」は、《5人組や、5人組の仲間達》が使ってくる手段であるので、《5人組や、5人組の仲間達》の反対勢力である、こちら側も使わざるを得ない手段である。

  ()。管理をしっかりすること。正当なものだけの利用にすること。不当(異常、悪)の利用を防ぐこと。

<>。一人の、のっぺりへの対応や、のっぺりの反応などの情報を、情報の共有などから、全員が学ぶこと。

 ①。情報は世界で共有すること。

 ①。対応、対策などを進化させること。
 



<<(記事No.1373)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>悪人の人生の生き方(記事No.1371)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ