<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔 > 『5人組や、5人組の仲間達』の行動を、阻止すること(記事No.145)

★『5人組や、5人組の仲間達』の邪魔

『5人組や、5人組の仲間達』の行動を、阻止すること(記事No.145)

 『5人組や、5人組の仲間達』により、本物の私が選ばなかったものが、本物の私に関係するところへ、配置されることが多い。

 ※補足1。本物の私に関わる場所、本物の私に近い場所、本物の私と直接交流する者など。

 これは善行の大きな邪魔であり、悪事なので、阻止するように行動すること。



【★1。『5人組や、5人組の仲間達』(低能者)の、「他人の行動のモノマネ(再現)」や、「低能者の判断」などによる、他人への行動の強要を防ぐこと】

<1>。過去の私が選んだものが、『5人組や、5人組の仲間達』の勝手な判断(強要、<余計な干渉>)により、今の私に関係するところへ配置される。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、「状況判断が無いから」、「嫌がらせとして故意に」などの理由により。

<2>。過去には過去の、状況に対する判断があり決定があった。今の状況に対する判断の無い、過去の行動のモノマネ(再現)で、今の状況に対応すると、間違った(不完全な)結果(状態)となる。今の状況には、今の状況に対する判断と決定が必要である。

 ①。状況に対する判断の無い、状況に対する対応(行動)では、状況に対する最善の対処が出来ない。

   <現状の、まともな人>の行動の理由である、求めている(必要な)結果が手に入らない。

 ②。状況に対する判断の無い、状況に対する対応(行動)では、世界(社会、命)は、機能しない(壊される、無意味である)。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』(低能者)の、「他人の行動のモノマネ(再現)」や、「低能者の判断」などによる、他人への行動の強要により、行う必要が無い(行うべきではない)ことを、行わせられる。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』(低能者)の、「他人の行動のモノマネ(再現)」や、「低能者の判断」などによる、他人への行動の強要により、行う必要の有る(行うべき)ことが、行えず、不完全な結果となり、必要な結果を手に入れることが出来ない。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人への行動の強要の結果として、デタラメなものを強要される(されている)。

    ※補足1。結果が、「中途半端の状態」、「考えの途中の状態の、未完成での出現」など。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人への行動の強要の結果として、不幸を強要される(されている)。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人への行動の強要の結果として、幸せを無くされた(無くされている)。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』の、他人への行動の強要の結果として、<『5人組や、5人組の仲間達』が、楽しい妄想が出来る、繰り返しの世界>が発生している。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(低能者)の判断を強要されることにより、低能者が判断した結果となる。

 ①。私の権力が表している、本物の私の判断(有能者の判断、確実な判断、正しい結果へ導く判断)への信頼(期待、祈り)が、全て、『5人組や、5人組の仲間達』の、私への強要により、壊れる(邪魔される)。

 ②。私の権力が表している、「本物の私の判断を、世界中の人が必要としている」が、『5人組や、5人組の仲間達』の、私への強要により、邪魔されて、世界中の人が必要としているものが、手に入らない状態になっている。

  (1)。「本物の私の判断のみから発生する世界中の幸福」を、願う人の「心」が傷付く。

  (2)。本物の私の判断により、手に入れる予定だった結果の、世界中の人の「幸せ」が無くなる。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』の、本物の私の行動(判断)の邪魔により、世界中の「心」が傷付き、世界中の「幸せ」が無くなる。



【★2。『5人組や、5人組の仲間達』の行動を、阻止すること】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の行動(勝手な判断、強要、<余計な干渉>)が原因の1つとしてある状態で、善行などの成功の結果があれば、『5人組や、5人組の仲間達』は、驕り(調子に乗り、図に乗り)、行為(悪事、侵入)が悪化(増大)する。

 ①。邪魔として、『5人組や、5人組の仲間達』の行動があるのは、防ぐこと。

   成功の為の原因としても、『5人組や、5人組の仲間達』の行動があるのは、防ぐこと。

   ※補足1。成功の為の原因として、『5人組や、5人組の仲間達』の行動がある場合、その行動は、他の人が行うことが可能であり、他の人が行った方が良いことである。

 ②。複数ある原因の中の1つの原因でも、小さな原因でも、『5人組や、5人組の仲間達』の行動は防ぐこと。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の行動は、100%(全て、どんなことでも)認めるな。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の行動が行われると、全て(どんな時も、どんなことも)、「必ず(絶対)」、失敗の結果となる。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)による、汚い目的の為の行動(『5人組や、5人組の仲間達』は善行と妄想している行動)は、絶対に、「善行にはならない」。

 ①。「認められたい」、「褒められたい」、「罰から逃れたい」などの汚い目的。



【★3。全て、本物の私が選び(選択する)、行動する】

<1>。私の体への操作(強要)を防ぐように行動すること。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』による、余計な干渉が発生しないように、行動すること。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』を、自由な行動の可能な状態にすることにより、悪事が行われる。悪事が発生する。

<4>。<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んだもの以外の、人や物が存在するなら、本物の私が、「殺す」、「壊す」、「攻撃する」。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、余計な干渉(悪事)により、<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んだもの以外の、人や物が存在する場合が多い。

 <例えば>

  (1)。<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選ばれていない出版社で、<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、書いた本ではない内容の本が出版される。

  (2)。<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選ばれていない建設会社が<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んでいない家が建てられる。

   ※補足1。土地なども、『5人組や、5人組の仲間達』により、勝手に選ばれる。

  (3)。<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、指示を受ける人(<善人の仲間>)として選ばれていない人が、本物の私から指示を受ける人であると存在する。(仲間だと見せ掛ける)

 など。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、余計な干渉(悪事)により、<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んだもの以外の、人や物が存在する場合、『5人組や、5人組の仲間達』により、配置されたものを、駆除すること。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、余計な干渉(悪事)により、<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んだもの以外の、人や物が存在する場合、現状の世界の回復の失敗となる確率が非常に高く、過去からずっと、『5人組や、5人組の仲間達』が行い続けて来た悪事であり、現状の世界の回復の失敗の原因の1つである。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の、余計な干渉(悪事)による、成功は不可能である(ありえない)。また、『5人組や、5人組の仲間達』の、余計な干渉があるのならば、成功にしてはいけない。

   ※補足1。「★2」を参照。

 ③。成功の為には、<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んだもの以外の、人や物を存在させてはいけないので、<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んだもの以外の、人や物に対して、「殺す」、「壊す」、「攻撃する」が必要になる。

  (1)。この攻撃は、本物の私に選ばれた人(<善人の仲間>)も、行ってもよい。

  (2)。この攻撃は、全て、『5人組や、5人組の仲間達』の干渉が行われたことが原因の結果であり、正常な状態である、<本物の私の、「今」に対する、臨機応変な状況判断>で、選んだ場合、発生しない攻撃である。

  つまり、この攻撃は、全て、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事により、発生しているものである。

  本来の、まともな状態(『5人組や、5人組の仲間達』の行動の無い状態)では、誰も(悪人以外)、傷付くはずのない出来事である。

<5>。本物の私の、意識の分断とは、『5人組や、5人組の仲間達』からの<余計な干渉>(善行の邪魔、偽者の侵入など)を表している。

 ①。本物の私の意識の分断が発生しないように行動すること。発生しないように処置すること。



【★4。悪事により発生した行為には、絶対に、善行(善)は発生しない】

<1>。悪事により発生した行為は、絶対に、褒められる(認められる)ことは無い。

<2>。騙す(嘘)という行為は悪事である。

<3>。騙す行為による、侵入や偽者として、何を行っても、悪事により行っているので、善行になることは無い。何を行っても悪事である。

  世界中の人が、悪事には怒りを持ち、罰を与える為に行動する。

 <例えば>

 ①。盗んだ金で贈り物をしても、喜ばない。盗んだことに対して、怒りと罰が発生する(必要である)。

<4>嘘により、得た評価は、嘘である(真実ではない)。

 ①。嘘は悪事である。

 ②。嘘は暴くべきである。真実(現実)を知るべきである。現実の世界に使うのは、真実(現実)である。

 ③。現実の世界に嘘が存在するならば、「正当で正しい世界」は形成されない。

   真実を使って世界を構成しないと、現実の世界は正しく機能しない。

   ※補足1。嘘は、善悪の判断能力を持つ人のみ、臨機応変に、使っても良い場合がある。

       善悪の判断能力が無い人の嘘は、どんな嘘でも悪である。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、曲解をするので、書いておく。

  「嘘により、得た評価は、嘘(真実ではない)である」とは、嘘により、相手の判断を間違ったものにしようとした(判断を嘘により強要した)人が悪人(罪人、加害者)であり、「嘘による真実ではない評価を強要された人」は被害者である。



【★5。嘘により、褒められた対象は、嘘の自分である】

<1>。嘘をついて、嘘の内容によって、褒められた対象は、「嘘(偽者)の自分」である。

  本当の(現実の、存在している)自分は嘘をついただけであり、褒められるものでは無い。

<2>。本当の(現実の、存在している)自分が褒められたいが、本当の自分が褒められたいと自覚していない人も多い。

<3>。嘘の内容によって、褒めている人は、褒めるか褒めないかの判断を、嘘により強要さている人である。

<4>。褒めている人は、褒めるか褒めないかの判断を、嘘により強要されているので、褒めるか褒めないかの(判断)選択が発生していないので、「褒めている人は、真実(現実)としては、褒めていない」状態である。

 ①。嘘により、褒められた状態は、「褒める(有能であるという判断)」が発生していない状態である。

 ②。嘘により、褒められた状態では、「褒められている」という認識は妄想であり、架空のことである。

 ③。嘘により、褒められた状態は、嘘により、褒めるか褒めないかの判断を強要しているので、同じ刺激に対し、同じ反応を返すだけの、同じことを言うようにプログラムされたロボットの反応と同じである。

 ④。本当は、「他人の、褒めるか褒めないかの、本当の自由意志の判断により、本当(現実)の自分が、褒められたい」が、自覚してない人が多い。

  (1)。他人の、褒めるか褒めないかの、本当の自由意志の判断により、本当(現実)の自分が、褒められることが無いので、「嘘でも褒めてもらいたい」、「嘘で褒めてもらうことに問題は無い」、「嘘で褒めてもらうことが嬉しい」など、現実逃避をしている人も多い。

 ⑤。他人の、本当(真実)の情報に対し、褒めるか褒めないかの、本当の自由意志の判断による評価が、本当の(現実の、存在している)自分に対する評価である。これが現実であり、真実である。これを受入れず、歪めようとするのは悪事である。



【★6。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、嘘に対する、まともな認識が無い】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、嘘は日常であり、常に嘘と一緒に生きている状態である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、嘘は普通のこと(ありふれていること。ありきたり)なので、嘘に対する、罪悪感が無い。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、嘘は普通のこと(ありふれていること。ありきたり)なので、嘘を否定されても(悪だと言われても、怒られても、いけないと言われても)、否定している人の方が、間違っていると考える。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、嘘は普通のこと(ありふれていること。ありきたり)なので、「出来るから、行う」という状態である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、嘘は普通のこと(ありふれていること。ありきたり)なので、嘘を行わない理由を持っていない。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、自分たちの行為を「嘘」だと認識してない場合も多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)には、普通に生きている結果である。

 ②。嘘を辞めろと言っても、嘘を嘘であると認識してないから、辞めることは無い。つまり完治は不可能である。



【★7。『5人組や、5人組の仲間達』を駆除し、「正当で正しい世界」が形成されるまでは、辛い状態である】

<1>。真実を言う人を疑うことは、両者が悲しい。

  だが、嘘は見破る必要があり、見破るには、疑うことが必要である。

  真実か、嘘か、判断する能力を高めること。

<2>。辛い状態は、必ず終わる。

<3>。辛い状態は、徐々に無くなり、辛い状態が完全に無くなったら、神の望む世界となり、幸福に溢れた世界となる。






<<悪人の終わり(記事No.146)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>提示したことが、行われないのに、次の提示は無い。(記事No.144)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ