<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★悪人とは > 悪人は、有能だと思われる為に、低能だと思われることを行う(記事No.152)

★悪人とは

悪人は、有能だと思われる為に、低能だと思われることを行う(記事No.152)

【★1。悪人は、何が有能であるかを判断する、正当な価値基準を持たない】

<1>。悪人は、有能であるという評価を欲しがるが、何が有能なのか、何が有能ではないのかを、判断する正当な価値基準を持たない。

<2>。悪人の持つ有能を判断する価値基準は、現実の<現状の、まともな人>の持つ価値基準とは違う。

<3>。悪人は、現実の<現状の、まともな人>からの有能であるという評価を欲しがるが、現実の<現状の、まともな人>の持つ価値基準は分からない。



【★2。現実の<現状の、まともな人>の、有能である価値基準とは】

<1>。極論を言えば、「幸せな世界の形成」の為に、役に立つか立たないか」である。

   役に立てば有能であり、役に立たなければ低能である。

 ①。「優しさ」は、<現状の、まともな人>から、有能であると判断されるが、判断の理由は、群れの維持や発展の為に必要なものであり、群れの維持や発展は、「幸せな世界の形成」の為に役立つからである。

 ②。「発展の為の能力」は、<現状の、まともな人>から、有能であると判断されるが、判断の理由は、群れの維持や発展の為に必要なものであり、群れの維持や発展は、「幸せな世界の形成」の為に役立つからである。

 ③。「強さ」は、<現状の、まともな人>から、有能であると判断されるが、判断の理由は、群れの維持や発展の為に必要なものであり、群れの維持や発展は、「幸せな世界の形成」の為に役立つからである。



【★3。現実の<現状の、まともな人>の、低能であるとするもの】

<1>。「幸せな世界の形成」の、役に立たないものは、<現状の、まともな人>から、有能と評価されない。

<2>。「幸せな世界の形成」の、邪魔になるものは、<現状の、まともな人>から、低能と評価される。

<3>。悪事とは、「幸せな世界の形成」に、真逆に働く、邪魔な(害である)行為である。

<4>。悪事は、「幸せな世界の形成」の邪魔になるので、低能であると評価される。

<5>。「幸せな世界の形成」の為に、人には沢山の当然の能力が備わっている。(先祖代々の能力、生まれ付きの能力)

  「幸せな世界の形成」の為に、「一番必要なもの」は、優しさなどの「心と考え」であるので、その当然の能力が無いものは、「かなり低能である」と評価される。

 ※補足1。「心と考え」のうち、かなり初期(昔)の人から備わっている能力で、必要性が高いものは、根が深い。

       かなり当然である能力なので、無いと、「かなり低能である」と評価される。



【★4。悪人は、有能であるという評価を手に入れる為に、低能であると評価されることを行う(表現する)】

<1>。悪人は、「心と考え」の機能が正常では無いので、何が有能で何が低能と評価されるのか、正確には分からない。

 ①。悪人は、褒められること(有能)を、他人が褒められている出来事(行動)から学んでいるので、「出来事(行動)」が、「有能」だと捉えて(認識して)いる。

  (1)。悪人は、褒められる行動に「必ず」ある、「心と考え」の存在を、分からない(知らない)。

  (2)。「何を考えて(想って)行動しているのか」が、評価には大切である。

  (3)。「心と考え」が違うならば、有能と同じ行動をしても、有能ではない場合も多い。

<2>。悪人は、自分の妄想による価値観として持っている、「他人から有能であると思われること」を行うが、現実には、<現状の、まともな人>に低能であると評価される行いである場合が多い。

 ①。他人に有能であると思われようとする行動は、<現状の、まともな人>の価値観では低能者の行為である。

   ※補足1。「有能であると思われる(褒められる)ことが【目的】」ではなく、行動をするべきである。

<例えば>

 ①。自分を有能に見せ掛ける為の嘘は、嘘であると暴かれると、「かなり」低能であると判断される。

  ※補足1。嘘は「幸せな世界の形成」の邪魔になる。

  ※補足2。この行動は、「幸せな世界の形成」の『かなり』邪魔になる、「「心と考え」のうち、かなり初期(昔)の人から備わっている能力で、必要性が高いものが、無い状態」であるので、「かなり低能である」と評価される。

  ※補足3。嘘が暴かれなければ良いと考えることも、「かなり」低能であると判断される。

<3>。悪人は、自分の妄想による価値観として持っている、「他人から有能であると思われること」を、行えば行うほど、現実には、<現状の、まともな人>から、低能であると評価される。



【★5。「幸せな世界の形成」とは、「正当で正しい世界」の形成のことである】

<1>。幸せな世界の最大(最善)の状態とは、「正当で正しい世界」である。





<<『5人組や、5人組の仲間達』の「してはいけないんだ」という発言(記事No.153)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>悪人だけでは社会が構成できない(記事No.151)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ