<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を行わないでいる状態は、相手に幸せを与えているという認識である(記事No.182)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を行わないでいる状態は、相手に幸せを与えているという認識である(記事No.182)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を行わないでいる状態は、自分が相手に自由(幸せ)を与えているという認識である】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を辞めてあげるのは、自分の善意(悪人自身の認識では善意)であると、いう認識である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を辞めてあげるのは、強い自分が、弱い相手を助けて(救って、相手に良いことをして)あげていると、いう認識である。

 ①。<現状の、まともな人>の人には、悪事を行わないことは、「当然、正当、道理、普通のこと(ありふれていること。ありきたり)」であり、悪人の「相手を助けて(救って、相手に良いことをして)あげている」ことであるとは、認識しない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪事を行えるのに、悪事を行わない場合は、強い自分が、弱い相手を助けて(救って、相手に良いことをして)あげていると、いう認識である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は悪事を行えるのに、自分は悪事を行わないで、相手に悪事を受けない状態を許可してあげたと、いう認識である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は善人である」という表現の為に、「悪事を行えるのに、行わなかった」と提示(発言、表現)する場合がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、捏造の情報(映像)などで、「自分は善人である」という表現の為に、悪事を行えるのに、行わなかったと提示(発言、表現)する場合がある。

 ※補足1。捏造とは、情報を知る人の認識が、『5人組や、5人組の仲間達』に都合の良い解釈となるように、間違った認識へ誘導する為に、『5人組や、5人組の仲間達』が、故意に情報(出来事)を作り出したもの。

 ②。この表現は、「見せ掛ける為」と、「実際にそれが、自分が善人である証明になると、いう認識(「★1の<2>の①」が分からない)による提示」の場合がある。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」という状況を好み、「自分は悪事を行える」ことを、実際に確認することがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」ことを確認する為に、悪事を行う場合がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」ことを、相手(社会)は、どうやって、防ぐ予定(方法)なのか知りたいので、実際に悪事を行って確認する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は、隙だらけで生きている人に攻撃が出来る状態である、隙だらけで生きている人は、攻撃されても良いと考えて生きているのか、実際に試してみよう」と考え、攻撃してくる。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行える」という状況や、実際の悪事を、防がない人を、低能だと判断する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、「自分は悪事を行える」という状況を、何故、防がないのか、理解できない。

 <例えば>

 (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、窓ガラスは簡単に割れ、侵入できるのに、そのままの状態にして、扉に鍵をかけただけで、安全だと認識している人を、低能だと判断する。

 (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、柵は簡単に跨いで(またいで)通れるのに、そのままの状態にして、家を柵で囲むだけで、柵の中に誰も入って来ないと考え、安全だと認識している人を、低能だと判断する。

   ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』には、簡単に跨げる柵は、無意味であり、無意味なのに人は柵を作っている、状態である。

 (3)。無防備に歩いている状態も、『5人組や、5人組の仲間達』には、隙だらけ(攻撃可能)の状態である。

 (4)。<現状の、まともな人>の価値観では、悪事を行わないので、それで充分だと判断していることである。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は悪事を行えるのに、相手の為に悪事を行わない」と、見せ掛ける(思わせる)ことがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の低能(負け、失敗)を認識すると、「自分は低能(負け、失敗)ではなく、本当は有能である」と表現する為に、自分は本当は悪事を行えるが、故意に、行わないでいるのだと、見せ掛けることがある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分は現状に恐れていない」と、見せ掛ける為に、この表現をする場合がある。



【★2。正しく生きている人は、悪人と、生きている目的が違う】

<1>。正しく生きている人は、悪人と、生きている目的が違う。

 ①。悪人には、持つことが不可能である、まともな「心と考え」から発生した、生きている目的である。

 ②。悪人が「知る」ことが出来ても、モノマネは不可能である。

 ③。極論を言うと、生きている目的とは、「正しく生きること」である。

<2>。正しく生きている人は、悪人と、「意識しながら生きているもの」が違う。

<3>。正しく生きている人は、正しく生きている結果、隙だらけである。

 ①。生きている目的の為に、、正しく生きている結果、隙だらけになっている。

 ②。隙だらけで生きているのが、本来の人の生き方であるが、現状では悪人を増大させる、危険な生き方である。

   (悪人の存在しない、本来の世界「正当で正しい世界」では、本来の人の生き方が最良である)

<4>。正しく生きている人は、悪人に邪魔されない「神が与えた世界」を楽しんでいるのだが、可能な状態の人は、実際(現実)に、悪人に邪魔されない世界を作るべきである。

 ①。正しく生きる為には、「神が与えた世界」を認識し、神が与えてくれた幸せを「体感して」生きることも大切である。

   (悪に視点を向けるのではなく、神の美に視点を向けて生きている状態である)。

 ※補足1。悪人は、「神が与えた世界」の認識が無い。

       悪人の、故意(わざと)に人のモノマネをすることで手に入れる、「神が与えた世界」の体感や世界観は、不完全なものである。

 ※補足2。悪人は、「神が与えた世界」の認識が無い結果、何故、人が隙だらけなのか、分からない。

 ②。実際(現実)に、悪人に邪魔されない世界を作るには、悪人との戦いがあるが、本当に正しく生きているといえる。





<<『5人組や、5人組の仲間達』の、考えを正確に的中させると、悪事の抑止に効果がある(記事No.183)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が許されると、愛情を感じる(記事No.181)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ