<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★真実を認識する為の知識1 > 人と違うことは、悪いことではない(記事No.220)

★真実を認識する為の知識1

人と違うことは、悪いことではない(記事No.220)

<1>。人と違っていることは、当然である、正しいことである。

 なぜなら、各個人には、個体差があるから。

<2>。人は、各自の物体の反応として、状況に対応する多数の判断から、行動を決定して行っている。

 ①。各自が、物体の反応として、状況に対する多数の判断から、行動を決定して、行わないといけない。

 ②。人と違っていることでも、正当な判断として、悪いことでないならば、行ってもよい。

 ③。人と違っていることでも、正常な判断として、悪いことは、行ってはいけない。

   悪いことは行ってはいけない。

<3>。悪人は、状況に対応する、正当な善悪の判断が無いので、「人と違っているから怒られる」、「人と違っていることは悪いことである」という認識(価値観、世界観)になる。

 ①。悪人は、人と違うことを行うと怒られる。

  なぜなら、正当な善悪の判断が無く、行うことが悪いことになるから。

 ②。悪人は、自分で考えて判断したことを行うと、怒られる。

  なぜなら、正当な善悪の判断が無く、行うことが悪いことになるから。

  悪人は、自分では悪いことだと考えていない、無自覚な悪事を行うことが多い。

 ③。悪人は、自分で考えて判断することなく、周りと同じこと(モノマネ)を行っている方が、怒られることが少ない(生存率が高まる)。

 ④。悪人は、「なぜ自分は怒られるのか」の原因の、正当な分析が出来ない。

  なぜなら、悪人は、正当な理論の機能を持たないから。

 ⑤。悪人が考える、「なぜ自分は怒られるのか」の答えは、「人と違うことを行ったから」であり、「人と違っていることは悪いことである」と、いう結論を持つことになる。

 ⑥。悪人が、人と違うことを行う人に怒る(注意する)ことは、悪人の正義感によるものである。

   (1)。<悪人の、間違っている善悪の判断>(価値観)では、悪いことを、他人が行っているから、他人に怒る(注意する)を行っている状態である。

    1。他人より、自分は分っている状態と、いう妄想がある場合もある。

    2。他人より、有能な自分が、他人に教えてあげていると、いう妄想がある場合もある。

 ⑦。悪人は、人と違うことを行う人に怒る(注意する)ことで、人の幸せを奪うことが楽しい。

  (1)。悪人は、人と違うことを行う人に怒る(注意する)ことで、他人の幸せを奪い、人を低い(低能の)位置に置くことで、自分が有能であると、いう妄想を発生させて、快楽を得る。

  (2)。悪人は、人と違うことを行う人に怒る(注意する)ことで、他人の幸せを奪った自分は有能であると、いう妄想を発生させて、快楽を得る。

<4>。善悪の判断が出来ず、悪いことをすると、怒られる(注意される、罰)。これは当然であり、正当である。

  だが、怒っている人が、善悪の判断が出来ず、怒っている(注意している)場合もある。これは間違っている。

  怒っている人が善悪の判断が出来ず、怒っている場合もあるので、「怒られる=(イコール)悪いこと」ではない。

<5>。人と違う状態を、悪人に怒られる(注意される)ことに、対処するのが面倒くさいから、「人と違うことを行わない」ことを選んでいる人は多い。

 ①。これにより、各自の能力が育たない。

 ②。正しい状態にする為の解決法は、「人と違うことは、悪いことではない」、「悪いことを行うから、悪いことだと怒られるのであり、人と違うから怒られているのではない」という、正常な認識を、社会が持つことである。

 (1)。悪人は、「★1の<5>の②」の正常な認識を持てない。

 (2)。正常な認識を、社会が持つ為には、悪人の勢力を「かなり減らす」必要がある。

<6>。人と違っていることを、批判する人は、正常な善悪の判断を持たない人である。

   正常な善悪の判断を持つ人は、人と違っている理由に、善悪の判断を行い、悪いと判断したことのみに、批判を持つ。

<7>。行うことが良いこと(可能)か、行うことが悪いこと(不可能)かには、【各状況に対応する、正当な善悪の判断】が必要になる。

<8>。【各状況に対応する、正当な善悪の判断】が、出来る人ほど、<現状の、まともな人>の「心と考え」を持っている。

<9>。【各状況に対応する、正当な善悪の判断】が、出来る人は、現状の日本には少ない。

<10>。また、【各状況に対応する、正当な善悪の判断】が出来ても、「悪いことだと分かっていても、暴かれなければ、行っても構わない」という価値観(世界観)を持ち、悪事を行う人が、かなり多い。

<11>。ちなみに、各状況に対応する、「完全な」正当な善悪の判断は、難しい。間違うことも少し有るだろう。






<<感覚と、真理について(記事No.221)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>「間違ったこと」を行っているのだから、望んでいる結果は手に入らない(記事No.219)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ