<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 「他人に心が有る」と認識が出来ないと、「他人に思考が有る」という認識も出来ない(記事No.279)

★『5人組や、5人組の仲間達』

「他人に心が有る」と認識が出来ないと、「他人に思考が有る」という認識も出来ない(記事No.279)

【★1。「他人に心が有る」と認識が出来ないと、「他人に思考が有る」という認識も出来ない】

<1>。まともな『心と考え』を備えている人は、状況(多数の条件など)を認識して、多数の案(選択肢)などから、行動を決定して、行動を行う。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、人の『心と考え』が分からない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の『心と考え』が、どんなものか分からない。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人の『心と考え』の存在が無い、主観のみしか無い、現実の世界」の認識(世界観)で生きている。(妄想の世界も、別に持っている)

 ③。他人の傷付く心などが分からないと、他人にも思考が有るという認識にならない。

 ④。他人の傷付く心などが分からないと、他人の思考の内容も分からない。

 ⑤。他人の傷付く心などが分からないと、他人の思考の推察は、現実の真実とは違う、妄想になる。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「★1の<1>」が解らない。

 ①。人それぞれに、状況(条件など)の認識、多数の案(選択肢)、行動の決定、行動を行う方法などは、違う。

 ②。同じ人でも、状況が違うと、状況(条件など)の認識、多数の案(選択肢)、行動の決定、行動を行う方法などは、違う。

 ③。同じ人でも、タイミング(発生の時間、縁)が違うと、状況(条件など)の認識、多数の案(選択肢)、行動の決定、行動を行う方法などは、違う。

 ④。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、「全てに共通する、やり方」が存在するという認識(世界観、妄想)を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「誰にでも共通する、やり方」が存在するという認識(世界観、妄想)を持つ。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「誰が行ったも良い、共通する、やり方」が存在するという認識(世界観、妄想)を持つ。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、モノマネを行う為に、現実の真実としては存在しない、「全てに共通する、やり方」を、学ぶ(知る)為に行動(強要、捏造、悪事)をする。

  ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』が、「他人のやり方を参考にすること」も、『5人組や、5人組の仲間達』のモノマネの行動に含む。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、「正しいやり方(正解、正しいこと)は常に違う」ことが、現実の真実として、当然(正当、普通、一般)であると、いうことが分からない。

  (1)。まともな『心と考え』を備えている人は、状況などの違いから、常に、『臨機応変』に考えて判断して行動する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな『心と考え』を備えている人の、臨機応変の判断(基準、何故その判断になるのか)が分からない。

<4>。一人分でさえ、その人の「臨機応変」のやり方の、全てを学び(知り)終わるということは、不可能である。

 ①。一人分の「臨機応変」のやり方でさえ、全てを学び終わるということは、不可能である。

 ②。一人分の「臨機応変」のやり方でさえ、『5人組や、5人組の仲間達』の目的に、必要とする分量を学び終わるということは、不可能である。

 ③。一人分の「臨機応変」のやり方でさえ、無限に近い数があるから。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、一人分の「臨機応変」のやり方の全ての数や、『5人組や、5人組の仲間達』の目的に、必要とする分量の全ての数を、調べない(知ろうとしない)。

   (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、正当な理論の機能を持たないので、目的達成への理論の要素が、間違っている(足りない)から。

   (2)。自分達の行動を批判する答えになると、いう認識が有るので、調べない(知ろうとしない)。

   (3)。過去に何度も調べている。

     『5人組や、5人組の仲間達』は、過去に何度も、悪事からの目的達成は不可能である(悪事は無意味である、悪事を行う理由の理論が破綻している)と、批判されている。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、一人分の「臨機応変」のやり方でさえ、無限に近い数があるから、目的に必要とする分量を学び終わるということは、不可能であると、認識しているが、分からない人であると見せ掛けて、悪事を行っている。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「臨機応変」のやり方の、全てを学び終わるということが、出来る(可能である)という価値観(認識、妄想)を持つ。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人のモノマネを行うことで、自分も他人と同じ能力があると、表現(主張)して、第3者に有能(仲間)だと認識して(認めて、扱って)もらおうとするが、まともな『心と考え』を備えている人(第3者)は、他人のモノマネをする悪人は認めない。

 ①。他人のモノマネを行うことは、悪事である。

   (1)。悪事を行う悪人は、まともな『心と考え』を備えている人の、敵である。

   (2)。敵(悪人)が、どれほど有能なことをしても、誰も敵を有能だとは認識しない。

    ※補足1。悪人の能力がモノマネであった等の、悪人の嘘が暴かれると、悪人を有能だという間違った(騙された)認識が訂正される。

    ※補足2。悪人であることが暴かれると、悪人が有能だという間違った(騙された)認識が訂正される。

 ②。他人のモノマネを行うことは、盗むことを同じことである。

 ③。まともな『心と考え』を備えている人は、悪事を行い、他人のモノマネの知識(やり方)を学んだ悪人が、有能だとは認識しない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)の、モノマネを暴くこと。真実を認識すること。




<<自分達が残した(未来に託した)情報を探すこと(記事No.280)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>悪人は、相手の逃げ場を無くすことで、相手を自分の所有物にしようとする(記事No.278)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ