<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★まだ未分類の記事 > 私の意識が戻るための、原因(きっかけ)がある。 (記事No.30)

★まだ未分類の記事

私の意識が戻るための、原因(きっかけ)がある。 (記事No.30)


 私の意識が戻るための、原因(きっかけ)がある。

【★1。私へ質問があり、本人の私でしか、上手く答えられない場合は、私の意識が戻され、私が答える状況を強要される】

 ※質問に、答えないといけない場合に限る。

 その場合、意識が戻る時に、

<1>その場にいる、必然性などの、私の記憶が無いときがある。

<2>その場にいる、必然性を、私の「意識と記憶」として、与えられている状態がある。
 過去の私の「意識と記憶」が使われたり、まったく新しく作られた「意識と記憶」だったりなど。

<3>近くに、私の意識を奪っている者(犯人)が存在する場合がある。
 ※特に、私の隣や、私の後ろにいることが多い。
  私の目に映らない所に存在したいと望みやすい。



【★2。過去の情報に無く、本人の私でしか、上手くできない場合は、私の意識が戻され、私がする状況を強要される】

 ※やらないと、いけない場合に限る。

 上記<1>~<3>と同じ。



【★3。私に会いたいなど、面会を申し入れた者が、『5人組や、5人組の仲間達』の側ではなく、面会を断ることが不自然などの理由で、面会を断れない場合は、私の意識が戻され、私が面会する状況を強要される】

<1>面会者は、私が偽者ではないか、意識が奪われているのではないか、などの、確認に来る者の場合がある。

<2>面会を断られたが、不自然を感じる場合、私の意識が奪われていたり、眠らされたり、している場合がある。

<3>面会時、毎日を普通に、活動しているように、私が振る舞う場合があるが、実際は、その場だけ、活動可能になっているだけ、のことがある。

<4>面会時、私の「意識と記憶」について、確認のために、本当に、毎日、朝から晩まであるのか、質問して欲しい。
 食事、風呂、寝るなどの、時間をよく奪われている。
 毎日何をしているのか、質問して欲しい。
 持っているはずの記憶について、質問して欲しい。

<5>面会を申し入れたのに、私が面会を知らなくて、勝手に面会者が私に会いに来たという状態は、不自然である。
 本当に、私の代理人であるならば、面会の許可を私に貰うはずで、面会時間を私が知っているからである。



【★4。私への軽い攻撃】

<1>過去に、偽者が中に入っている状態の、私のホホを、触る程度に、軽く殴ったら、本人の私が、戻ったことがある。

 なぜなら、

 ①中に入っている偽者が、私の体を通して、痛みを感じる場合があり、痛みを体感したくないから。

 ②中に入っている偽者が、「私のために、中に入っている」という言い分を、表の理由
として、使っている場合、私が攻撃を受けているのに、そのまま偽者が入り続けるのは、表の理由が通用しなくなるから。

 ③裏の理由として、偽者は、私への攻撃を喜んでいるので、しばらく攻撃が続いた後に、本物の私が戻ることがある。

 ④本当に、私のためを思う者なら、絶対に、自主的に、私の中へ入ることはない。

 ⑤特に、顔への攻撃が、ダメ(凄く悪いこと)だという人が多いので、中に入っている偽者には、効果的なようだ。

<2>中に入っている偽者が、攻撃を受ける瞬間に、本物の私に変わることがある。

 ①偽者が、私に痛みを体感させたいから。
 ②偽者が、痛みを体感したくないから。

<3>私の意見としては、このやり方で戻そうとするのは「辞めろ」。

 ①私の傷は、私の善行の邪魔になる。

 ②場合によっては行ってもよいが、かなり軽い力でやれ。強い力が必要なら、やるな。

 ③殴られた私は、殴り返す。私のためを思って、私を殴ったのならば、殴り返されるのを、しっかり受け取れ。殴り返されるのから逃げた者は、『5人組や、5人組の仲間達』であり、敵である。

<4>これは、『5人組や、5人組の仲間達』の、私への攻撃の、表の理由になりやすい。
 私への攻撃を行うものは『5人組や、5人組の仲間達』である可能性を疑え。




★★★どれも、意識が戻るのは、一時的なものである可能性がある★★★




<<【私の、今後のやる事一覧(予定)】 (記事No.31)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>私は、強要された、「意識と記憶」のまま、生きることを、続けることがある (記事No.29)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ