<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 悪人は、「初手の攻撃」(悪事)を行う(記事No.352)

★『5人組や、5人組の仲間達』

悪人は、「初手の攻撃」(悪事)を行う(記事No.352)

【★1。悪人は、「初手の攻撃」(悪事)を行う】

<1>。「初手としての相手(加害者)からの攻撃(嫌がらせ)」が行われた場合、被害者が身を守る為に、自分を攻撃(嫌がらせ)して来る相手(加害者)に、攻撃を返す(反撃する)ことは、正当である。

 ①。反撃すると、戦いとなるので、反撃してはいけないと提示されるが、反撃しない場合、「初手の攻撃」を行う悪人が増えることになる。

  (1)。「反撃すると、戦いとなるので、反撃してはいけない」というのは、分からない人の行動を変えるよりも、分かる人の行動を変えることで、戦いを防ぐという方法である。

   1。この方法により、「悪人は悪事を行っても良い(許可された)」と認識し、悪事が増大する。

  (2)。「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人に、大量に何度も「相手を攻撃してはいけない」と教えても、分かることは無い(攻撃を辞めることは無い)。

  (3)。<「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人の攻撃>と、<被害者の苦痛>を、そのままにすると、<「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人が、相手を攻撃したことからの快楽を得る>、<被害者の苦痛は癒されず、苦痛の原因は再発する>と、いう状態になる。

   1。「★1の①の(3)」場合、「相手を攻撃してはいけない」と、いうことが分からない人は、精神的苦痛が無く、肉体的な苦痛に発展することが無く、生存や繁殖が行いやすい。

   2。「★1の①の(3)」場合、苦痛を受けた被害者は、精神的苦痛が癒されず、再発に怯え、肉体的な苦痛に発展することが有り、生存や繁殖が行いにくい。

   3。つまり、悪人の、生存や繁殖が行いやすく、被害者(善人)の、生存や繁殖が行いづらい。

  (4)。戦いを防ぐ為には、「相手を攻撃してはいけないと、分からない人(悪人)」を削除する方法と、被害者を救う方法を行うべきである。

   1。悪人を減らして、善人を増やすという方法が、正当であり、将来的に、戦いを減らしていく方法である。

 ②。「初手の攻撃」を行う悪人が悪いとせず(罰を与えず)、「初手の攻撃」をされた被害者を悪いとする場合、「初手の攻撃」を行う悪人が増えることになる。

  (1)。「初手の攻撃」を行う悪人が悪いとせず(罰を与えず)、「初手の攻撃」をされた被害者を悪いとすること(「初手の攻撃」を行った悪人に罰を与えず、被害者が被害を我慢する状態)は、悪事である。

  (2)。「初手の攻撃」を行う悪人に、罰を与えるべきである。

  (3)。現実の真実として、「初手の攻撃」を行う悪人が、「全て」悪い。



 ※補足1。以前に、『5人組や、5人組の仲間達』によって、実験(試しを、強要を)された内容ではあるが、真実なので、何度も書いておく。

     また、いつも通りに『5人組や、5人組の仲間達』の実験は無意味であり、破綻した理論などにより、立証ではない。

     まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、基本概念を理解できることである。

     正しい実行の為には、詳細が必要であるが、現在、書く時間が無い。



<2>。悪人は、「自分本位(勝手)の都合」、「妄想」、「現実逃避」、「他人との交流(コミュニケーション)」、「快楽」などの為に、「初手の攻撃」を行いやすい。

 ①。悪人は、相手が嫌がることで快楽を得る。

 ②。悪人は、現実逃避を行う為に、相手に攻撃(嫌がらせ)を行う。

 ③。悪人は、暇つぶしを行う為に、相手に攻撃(嫌がらせ)を行う。

 ④。悪人は、他人との交流(コミュニケーション)を行う為に、相手に攻撃(嫌がらせ)を行う。

 ⑤。悪人は、相手に攻撃(嫌がらせ)を行うことが、生存方法であり、生存本能である。

<3>。悪人は、群れを壊す、群れを形成できない。共存は不可能である。

 ①。人が嫌がること(悪人の嫌がらせ)とは、正常な状態が壊されることである。

 ②。人が嫌がること(悪人の嫌がらせ)とは、正常を形成しようとして、目的を持って活動していたものを、壊されることである。

  (1)。悪人の目的の邪魔。

  (2)。悪人の形成されたもの(完成品など)の破壊。(頑張りが無意味になる)






<<『5人組や、5人組の仲間達』は、何度も同じ犯人(同一人物)が、悪事を行っている(記事No.353)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>悪人と、善人は、『心と考え』が違う(記事No.351)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ