<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、何でも他人に代行させる(記事No.362)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、何でも他人に代行させる(記事No.362)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、何でも他人に代行させる】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、何でも他人に代行させる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、強要や、誘導などの手段で、何でも他人に代行をさせる。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の判断や、意志や、気持ちなどを、無視して、相手に強要させようとする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が指示を断ると、相手の体を、引っ張ったり、無理に動かそうとしたり、肉体的苦痛を与えたりもして、相手を自分の理想(欲望)の通りに動かそうとする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に出来ないことを、何でも他人に代行させる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に代行させることに、強要も使う。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手に偉そうな態度で、行うように指示する。

    これは強要から発生している。

  (2)。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、お願いすることである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、能力が無いので、自分では出来ないことが多い。

   つまり、悪人の生存方法である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分に出来ると妄想すると、自分が出しゃばり、行う。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、自分に出来ないことを、自分に出来ると妄想する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、自分に出来ないことを、自分に出来ると妄想して、自分が出しゃばり、行って、実際には出来ないので、状態を壊すことになり、壊した結果の処理や修復などを他人に行わせる。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、状態を壊すことになったことを反省しない。

   1。反省しないので、自分の能力について、自分が出来ないという現実の認識(判断)を持たず、再犯する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、状態を壊すことになったことから、逃げる。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が出来ると妄想(判断)して行ったが、実際には出来ないので、途中で逃げる(投げ出す)。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、責任という概念を持たない。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、「絶対に壊しては、いけないもの」の、「壊しては、いけない」という判断が出来ず、「壊しては、いけない」と、認識しない。

   4。『5人組や、5人組の仲間達』は、「壊しては、いけない」と、認識しないで、出しゃばる。

   5。『5人組や、5人組の仲間達』は、「絶対に壊しては、いけないもの」を、壊して、そのままでも(逃げても)構わないと判断する。

   6。もしも、「壊しては、いけない」、「自分には能力が無い」、「重大なことで、そのままには出来ない(逃げられない)」などの、正常な認識が1つでも出来る場合は、正常に壊されずに形成されていた場合が多い。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が達成した仕事を、自分は何も行っていないのに、自分の手柄だと認識する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が達成した仕事を、自分は何も行っていないのに、自分の手柄だと表現(主張)しても、問題は無い(構わない)という価値観を持つ。

  (1)。「テリトリーの認識」、「正義感」、「卑怯や横取りは、いけないことだという価値観」などの欠落。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の完成が近い仕事に近づき、少しその場に居ただけで、他人の仕事の完成を、自分の手柄だと認識する。

  (1)。受け入れると、「自分の手柄だと認識しても良い(横取り出来る、乗っ取れる)」と判断して、指示を出したり、不快な行動が増長する場合がある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の完成した仕事が褒められる時に、自分は仕事の完成と無関係なのに、自分も褒められる場に混ざろうとする。

  (1)。捏造、騙しである。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の、勝手な代理で行われる謝罪も、この認識の異常が関係している。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』の、偽者は、私(他人)の行っている「完成の近い仕事」や、「途中経過の、部分の認識であるやり方」を、「それなら出来る」と判断して、モノマネして、私の手柄を手に入れようとする。

  (1)。もちろん、この結果は、不完全なものが完成する。

  (2)。誰の仕事でも、この結果は、不完全なものの完成となる。

  (3)。当然、常に、当たり前に、絶対に、本人が行った方が、断然、質の良い(レベルの高い)、素晴らしいものが出来上がる。





<<『5人組や、5人組の仲間達』は、私やアレクが不要だと判断した人ほど、私やアレクの近くに置く(記事No.363)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に悪事を行わせようとする(記事No.361)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ