<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、利益を得られる理論が無いが、利益を得られると認識する(記事No.373)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、利益を得られる理論が無いが、利益を得られると認識する(記事No.373)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、利益を得られる理論が無い状態なのに、利益が得られると認識(判断)して、利益を得ようと行動する】

<1>。目標を達成したいものがある場合、「目標を達成した」という「結果」を手に入れる為に、目標を達成する為の「原因」を作るのが、通常である。

 ※補足1。ここでの目標の達成とは、「手に入れたいものを、手に入れる」、「幸せな状態を、手に入れる」、「理想の状態を、手に入れる」と、同じ意味である。

<2>。通常、目標を達成したという「結果」を手に入れる為の、「原因」を作る為には、どんな原因が必要であるかを、理論を使って考える(計画を立てる)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、原因が必要であるという概念(価値観、根本的な発想)が無い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、原因は必要が無いと認識して、行動している。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』には、理論を使って考える機能が無い。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「目標を達成した」という「結果」を手に入れる為の、「原因」が無い状態で、結果を手に入れようと行動をする。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「目標を達成した」という「結果」を手に入れる為の、「得られる予定(予測、計画)」が無い状態で、結果を手に入れようと行動をする。
 
 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「得られる予定(予測、計画)」が無くても、何か(「何に繋がるかは分からないもの」、「繋がりが無く閃いたもの」など)の行動をしていれば、「目標を達成した」という「結果」が手に入ると妄想をして、行動をする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』には、「魔法のように、突然に、何もしなくても、欲しいものが手に入る」というような、思考の流れがある。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「得られる理由(原因)」が無くても、何か(「何に繋がるかは分からないもの」、「繋がりが無く閃いたもの」など)の行動をしていれば、「目標を達成した」という「結果」が手に入ると妄想をして、行動をする。

  (1)。「下手な鉄砲も数撃てば当たる」が、『5人組や、5人組の仲間達』の、生存方法である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成する予定(計画、予測)は無いが、「目標を達成する為の行為を行っている」、「行為の意味や、行為の結果への繋がりは分からないけど、行っていれば、そのうち結果が手に入る」と妄想して、行動する。

   1。目標を達成する予定(計画、予測)が無いので、「目標を達成する行為」が、何であるか(達成の為に何が必要か)は、分かっていない状態。

   2。目標を達成する予定(計画、予測)が無いので、「目標を達成する行為」が、出来ない状態。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、繋がりの無い、無関係な、無差別な行動を行う。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成しようとしている、「自分がカッコイイという妄想を体感する為」、「行動には内容が無いが、行動している自分をカッコイイと見せ掛ける(思って貰う)為」に行動する。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成する為に、他人に全てを行わせる。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成する為の全てを、他人の能力に頼る。

  ※補足1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「全て」ではないと、主張する場合があるが、「ほぼ全て」なので、まともな人の『心と考え』を備えている人には、これで通用する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、この行為は、協力ではない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分は、楽で簡単な仕事(目標達成の為の重要度が低い、表面的で薄くて内容の無い、単なる偉そうにしたいだけの指図など)などを行い、他人が目標を達成したもの(完成品)を、奪えばいい(完成近くの状態を乗っ取る)という価値観である。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』が、楽で簡単な仕事などを行っている状態は、『5人組や、5人組の仲間達』が、目標を達成する為に行動しているのではなく、他人が目標達成を達成する為に、直接的な重要な主要な力として活動している状態である。

    つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成する為に、役に立っていない状態である。

    つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成する為に、必要性が無い(ほぼ無関係な)状態である。

   ※補足1。この状態は、悪人(低能者)達には、「遊びの場(正常の形成の破壊が快楽など)」、「妄想(低能で出来ない人が、自分は有能で出来る人であると妄想)」、「『おこぼれ』を得る」状態なので、『5人組や、5人組の仲間達』に、悪人達が集まってくる状態である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、他人の行い(達成)を途中から奪い(成り代わり)、行うと、目標の達成の計画は全て壊れる。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成する為に、他人に強要する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、目標を達成する為に、他人を誘導する(他人を場所に連れて来る、騙すなど)。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分には出来ないので、他人に行わせる。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、目標の達成が出来ない場合は、他人に行わせた(任せた、行わせてあげた)のに、他人が出来なかったから、他人が悪いと、いう価値観である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分には出来ない(自分は理解していない)」ので、「自分には発言権(指揮をする権利、能力など)が無い」と、いう正常な価値観が無い。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行いで、目標を達成できた場合は、自分のおかげで、目標の達成が出来たと認識(主張)する。

  (4)。自分には出来ない低能者が、出来る有能者に、指示(指図、強要)をすることは間違っている。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』の、自分は出来ないので、出来る他人に行わせるという、生存方法としての、自然な価値観である。

   2。自分には出来ない低能者が、出来る有能者に、指示(指図、強要)をする権利は無い。

   3。この状態が、過去からずっと続いているので、認識して阻止しなくては、いけない。

<6>。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』を、目標の達成の、指示や計画や利益などの「全て」に、関わらせては、いけない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が、「目標を達成に関わろうとすること」の、全てを阻止する必要がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が、「目標を達成に関わろうとすること」の、全てを阻止するべきである。




【★2。正常な状態の人へ】

<1>。私は、正しいことを提示している。

<2>。私は、『5人組や、5人組の仲間達』の、過去(現行)の異常な行い(悪事)について、提示している。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の方法である。

 ②。私は、犯人を具体例として教えることが出来れば、記事の内容が、もっと理解しやすいと考えている。

 ③。この記事により、正常な状態が判断できない人は、正常な状態にイチャモンを言うので、分からない人が抽出しやすいと考えている。




<<私の現状は、苦難を生きて来た結果の、正常な怒りの状態である(記事No.374)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>目標達成の為の、優先順位がある(記事No.372)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ