<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の目的の達成を阻止することが楽しい(記事No.386)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の目的の達成を阻止することが楽しい(記事No.386)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に目的達成の途中まで行動させて、他人のその行動を辞めさせる(阻止する)ことが楽しい】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の欲しがる目的の、完成が近くなると、他人の完成することを阻止(邪魔)する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が不快に感じることを、相手に与えることが、楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が、欲しい目的の完成が出来ないことから、不快感を感じている状態を楽しむ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の作っている完成の近い状態のものを、奪う場合もある。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の作っている完成の近い状態のものを、奪い、自分が完成させて、他人の手柄を手に入れよう(奪おう)とする。

 ③。完成が近い状態の方が、欲しがる欲望が強くなり、失った労力や時間(犠牲)が多くなり、より一層、不快感を感じるので、『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の「完成が近い状態」で、阻止することを好む。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を、自分の理想(妄想)と、同じにしたい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の理想(妄想)と同じになるように、強要(誘導)する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の理想(妄想)の内容は、「繋がりの無い閃き」、「意味の無いこと」、「他人の都合を考慮しない、自分に都合のよいこと」などである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人を、自分の思う通りに(欲しいように)、動かしたい(操作したい)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行動を道理に合わない理由(価値基準)で判定して、他人の行動を止め、他人の行動に道理に合わない理由(価値基準)で指図をして、他人が自分の指図の通りの道理に合わない理由(価値基準)で行動を再開することを強要する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人に、道理に合わない(無意味な)ことを行わせ、道理に合わない理由(イチャモン)で、他人の行動を止めたい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、道理に合わない理由で、他人の行動を止め、道理に合わない方法を強要して、再度、他人に行動させる。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人にも、都合(やり方、事情、状況など)が存在すると、いう概念(認識)が無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の都合を考慮せずに、自分の都合を強要する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の都合を知っても、他人の都合を考慮する必要性は無いと、いう価値観を持つ。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分より他人の方が、正しい方法で出来ると、いう概念(認識)が無い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の考え(やり方)を、強要する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の考えと、同じ方法でない場合は、いけない、という価値観を持つ。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の考えが「最善」であるという価値観(妄想)を持つ。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他の方法を発想しない。(選択肢が少ない)

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の都合(考え、理論、計画)を認識(推測)することが出来ないので、自分より相手の考えの方が正しいと、いう判断が出来ない。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の考えの方が正しいと認識すると、相手の行動の邪魔を行う場合もある。

    ・『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が有能で、自分が低能の状態を、壊そうとするから。

    ・『5人組や、5人組の仲間達』は、自分だけが幸せであれば良いと、いう価値観を持つから。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の考え以外にも方法があると、いう概念(認識、発想)が無い。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、この強要で、現実の真実としての、相手の最善の行動を壊す。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の強要により、相手は「最善の行動の結果(最善の結果)」を手に入れることが出来ない。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』の強要により、世界に出来上がるものは、「不完全なもの」、「未熟(未発達)なもの」、「完成度の低いもの」である。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が自由に行動を行うことを、阻止する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、指示を他人に強要して、他人が自由に(自発的に、自分の発想から)、『5人組や、5人組の仲間達』の指示の内容を行い始めると、他人の行動を阻止する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の指示の内容の通りに、他人が正しく行っても、間違っているとイチャモンを言い、他人の行動を阻止する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しい行動をする人に、間違っていると表現して、相手が困る(悩む)状態を楽しむ。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、答え(正解)の存在しない問いに、答える(正解を提示する)ことを強要する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の幸福な状態から、不快感を感じる。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人が自分より下(低能者)の状態で存在しないことは、いけない」と、いう価値観を持つ。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が楽しそうにすると、他人の楽しさを奪う。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の指示の通りに、他人が動くことが楽しい。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の嘘に騙されて、他人が動くことが楽しい。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の出鱈目な(無意味な、繋がりの無い)指示の通りに、他人が動くことが楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しい指示より、出鱈目な指示(相手を騙す内容)で、他人が動くこと(騙されている状態)の方が楽しい。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が相手に不快感を与える為に行っている悪事から、相手が不快感を感じていない状態に、不快感を感じる。

<9>。現実の真実として、これは、まともな人の『心と考え』を備えている人の価値観では、『5人組や、5人組の仲間達』の異常な(低能者の)行動なので、軽蔑される(劣っていると判断される)ことである。

 ①。現実の真実として、これは、まともな人の『心と考え』を備えている人の価値観では、悪事である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、人生で何度も、軽蔑(奇異)の目で見られているが、「原因の認識が出来ない」、「改善方法が分からない」、「反省しない」、「記憶に残らない」等から、人生の全てを、この悪事を行う状態で生き続ける。

 ③。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、(この)悪事を辞めることは無い。

 ④。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』が、現状の世界の状態を「続けること」の原因(方法)の1つである。




<<『5人組や、5人組の仲間達』は、一貫した主張を持たない(記事No.387)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>「本物の私」への発言なのか、分かりやすくすること(記事No.385)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ