<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★真実を認識する為の知識1 > 紙を渡してくる強要者が存在する(記事No.388)

★真実を認識する為の知識1

紙を渡してくる強要者が存在する(記事No.388)

【★1。紙を渡してくる強要者に、何度も善行が邪魔されている】

<1>。強要は、協力ではない。

<2>。強要は、助力ではない。

<3>。私の近くの位置で、補助を強要しようとする(現実の真実としては、強要であり、補助ではない状態)、『5人組や、5人組の仲間達』が存在する。

 ①。私の城などで、私に紙を渡してくる行動を、よく行う、『5人組や、5人組の仲間達』である。

  (1)。本の出版や、書類を書く際に。

  (2)。似たような悪事を行う悪人が複数人、存在するが、行う悪事や、外見などの特徴も似ている。

  (3)。自分は秘書のような存在であると、見せ掛ける(自分の妄想の体験をしている)が、私は秘書であると認定していない。

   1。私は、補助してほしいと、頼んでいないが、勝手に行っている(潜入している)状態である。

  (4)。私は、紙に書くことを操作などで強要され、この悪人が勝手に判断して、私の紙に書く内容や、内容の破棄や公表などが決められる。

   1。この悪人が勝手に判断して、内容や破棄や公表などが決められるので、「正しい(本当の、必要な)本」が完成しない。

   2。この悪人が勝手に判断して、内容や破棄や公表などが決められるので、「捏造された(無用な、利益の無い、真実の無い)本」が完成して、公表(出版)される。

    ・内容の一部でも、嘘があるのならば、内容の全ての真実が疑われる状態である。

    ・内容の一部に真実があっても、「正しい(本当の、必要な)本」と比べて、凄く利益の薄い本となっている。

    ・過去に、何度も、本来ならば、手に入れることが出来た「正しい(本当の、必要な)本」が、この悪人のせいで、手に入れることが出来ない結果となった。

   3。私の、本を出版したい意志や、私の、書類を書きたい意志に、便乗してくる悪人である。

    ・私の成功が予測できるほどに、成功に近づくと、私の成功を乗っ取り、自分が「私の成功の状態」を決め、「私の成功の状態」を操作しようとする悪人である。

 ②。自分を有能(イケメン)だと妄想している男で、かなり特徴がある。

  (1)。声、喋り方、話す文脈(思考回路の表現)など。

  (2)。他人の体を操作して(乗っ取って)、私に近付いてくることもあるが、かなり特徴があるので、正常な状態の私ならば判別可能である。

   1。特徴が分かれば、ほとんどの人が判別可能である。

 ③。この悪人は、他人の有能な仕事の内容や成果や利益を、自分が勝手に判断して、他人の仕事の結果を、自分の勝手な判断を強要した結果に変えようとする。

  (1)。自分(低能者)には、他人(有能者)が行うほどの、有能な成果を作ることは出来ないが、自分は、他人の仕事に口出し(勝手な判定の強要など)を行って、他人の仕事(判断、行動)などの結果を、勝手に変更しても良いと妄想している男である。

  (2)。この悪人は、自分が勝手に行った方が、相手が行うよりも良いもの(結果)が出来るという妄想を持つ。

   1。現実の真実としては、この悪人は有能ではない。

   2。この悪人は、自分の妄想の、自分の有能(能力)が相手に受け入れられないと、逆恨みをする。

   3。この悪人の異常さは、「任命されていない、頼まれていない」と、「現実の真実として、有能ではない」、「相手が喜んでいない迷惑している」が、判断の主点である。

  (3)。この悪人は、有能者の利益を妬んで、嫌がらせで有能者の成功の邪魔をすることもある。

 ④。私に、「主犯」と指摘されると、「俺以外には、有能なことが出来る人が存在しないよ(のような内容)」の発言をする。

  (1)。有能な俺を拒むと、有能(良い結果)が手に入らないという主張である。

  (2)。現実の真実としては、この悪人は有能ではない。

  (3)。現実の真実として、私は迷惑している。

  (4)。「俺が居ないと、お前だけでは(他の人では)、目的を達成することが出来ない」と、主張してくるが、現実の真実としては、この悪人が、自分の勝手な行動の強要などをすることで、私の目的を達成することが邪魔をされて、私が、目的を達成することが出来ない状態が発生している(達成が出来ない状態を強要されている)。

   1。現実の真実として、この悪人が邪魔をするから、目的を達成することが出来ないので、繰り返しの世界や、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が続いている。

   2。現実の真実として、この悪人の、この邪魔の行動が、正しい状態(幸せ、繰り返しの無い正当な世界)を作ることを阻害している。

   3。現実の真実として、正しい状態(幸せ、繰り返しの無い正当な世界)を作ることが出来ていないのは、この悪人の邪魔が原因として、大きい。




<<『5人組や、5人組の仲間達』は、最善が理解できない(記事No.389)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、一貫した主張を持たない(記事No.387)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ