<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、最善が理解できない(記事No.389)

★『5人組や、5人組の仲間達』

『5人組や、5人組の仲間達』は、最善が理解できない(記事No.389)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、様々な状況ごとに、対応する様々な「最適(最善)」なことの、判断が分からない】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が行った悪事が批判されず、罰を受けず、何事も無く社会に受け入れられると、「自分だけは悪事を悪いことであると判断(認識)が出来る有能者であり、自分以外は悪事を悪事だと判断(認識)が出来ない、間違っている(低能者)人達である」と判断する。

 ①。現実の真実としては、様々な状況ごとに、対応する様々な「最適(最善)」な判断(行動)が存在するので、法を超越する(よくある裁きの結果が適用されない)ことがある。

  (1)。正しく生きる為には、様々な状況が発生する人生で、その状況ごとの「最適(最善)」を判断して、行動する必要がある。

  (2)。法律は、様々な状況が発生する、その「状況ごと」の「最適(最善)」を提示していない。

   1。行動(判断)などが、その状況ごとの「最適(最善)」だったか等を判定する為に、裁判などがある。

  (3)。正当な(正しい)裁きとは、様々な状況ごとの状態を、神の目線と同等なほど、詳しく把握して、様々な状況に合う、それぞれの状況への「最善」を判断して、考慮されるものである。

 ②。また、現実の真実としては、様々な状況ごとに、対応する様々な「最適(最善)」な判断が存在するので、法を超越する(よくある裁きの結果が適用されない)ことが無いと、正しい裁きには、ならない。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の、臨機応変で状況に対応している「最適(最善)」な行動を、自分の知っている、よくある行動や、普段の行動と違うと、間違っていると判断する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「物事を理解して、その都度に考えて行動している」ではなく、「考えることは無く、他人の行うことと、同じこと(モノマネ)をする」ことで行動して(生きて)いるので、一般的な(よくある、知っている)行動とは「違う」と、いうことが、悪いことであるという価値観を持つ。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「臨機応変で状況に対応している「最適(最善)」な行動で、悪事を行っていない」状態と、「悪事を行っている」状態の判別が出来ない。

  (1)。例えば、火事の場合に、「ガラスを割って室内に侵入」して、人を救助することは悪事ではないが、有益な意味も無く「ガラスを割って室内に侵入」することは、悪事である。

    だが、「臨機応変で状況に対応している「最適(最善)」な行動」が判断が出来ないと、全ての状況で「ガラスを割って室内に侵入」することは、悪事であると判断する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、実際には、悪事を行っていない他人を、悪事を行っている(『5人組や、5人組の仲間達』には、一般的な行動ではないの意味)と、批判する。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、状況に「最適(最善)」の行動を行った人が、罰を受けずに行動が許されると、「知っている(一般的な)」行動ではない(一般的な行動と違う)場合、理解することが出来ないので、何故、法律違反が許されるのかと、許されることは間違っていると主張(反発、批判)する。

<2>。現実の真実として、様々な状況への臨機応変な「最適(最善)」を理解することが出来ない、『5人組や、5人組の仲間達』が、間違っている低能者である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が間違っていると、いう判断の選択肢を持たない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、許される理由が理解が出来ない悪事を、試す。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、許される理由が理解が出来ない悪事を、本当に許されるのか、試す(再現する場合もある)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、許される理由が理解が出来ない悪事を、本当に許されるのか、「本当に他人は悪事を悪いことだと認識が出来ないのか」と、他人の能力を試す。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が行っている、許される理由が理解が出来ない悪事を、「他人が悪事を行っている」、「自分以外は悪事を悪いことだと認識できないのか」、「自分の代わりに誰かが、悪事を行っている他人を攻撃しろ」と公表(表現)する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、許される理由が理解が出来ない悪事が、許されるのならば、他人は悪事を悪いことだと認識が出来ない(低能者)と認識して、悪事を行っても良い(裁かれない、許可されている)と判断する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「何が許されることで、何が許されないのか」の正確な理解(判断)が無いので、他人の行動は裁かれず、自分の行動だけが裁かれる状態になることがある。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人は状況への最善な行動を行い、自分は単なる悪事を行った」ことから、他人の行動は裁かれず、自分の行動だけが裁かれる状態になると、「狡い」と発言(認識)する。

 ⑤。試す場合は、他人が使われることが多い。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』の試しは、故意に、他人が悪事を行うような状況を作り(罠、誘導)、他人に悪事を行わせることが多い。

<4>。ちなみに、罰を受けることの見本として罰せられることは、正当ではない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』のように、「最善」を理解することが出来ない人(低能者)に、分からせる為に「一律に罰が発生する」という見本(提示)として、罰を与えることは間違っている。

 ②。「最善」を理解することが出来ない人(低能者)に、裁かれる悪いことであると、分かりやすく提示する為に、最善を行った裁かれる必要性の無い人が、裁かれることは間違っている。

 ③。裁かれる必要が無い人が、「最善」を理解することが出来ない人(低能者)の為に犠牲になるのは、間違っている。

 ④。「最善」を理解することが出来ない人(低能者)を、増長させることは間違っている。

 ⑤。「最善」を理解することが出来ない人(低能者)を、減らすべきである。





<<『5人組や、5人組の仲間達』は、部分の認識しか出来ない(記事No.390)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>紙を渡してくる強要者が存在する(記事No.388)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ