<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、常に、許可なく勝手に行う(記事No.409)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、常に、許可なく勝手に行う(記事No.409)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、常に、許可なく勝手に行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人は、常に、許可なく、勝手に行っていると、認識する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人が、会社の面接で入社を許可され、会社で働いている状態」を、「他人は、勝手に会社で働いている状態」であると、認識する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、状態の「部分の認識」しかないので、他人は勝手に行っていると認識する。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人が面接を受けている場面」、「他人が入社を許可されている場面」を知らないと、他人は勝手に働いていると、認識する。

    ・『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人が面接を受けている場面」を知っても、「他人の面接の予約をしている場面」を知らなければ、「勝手に、突然、面接に来る」

    ・他人は常に、連続性の中で生きていることも、「モノマネをするべきではない(モノマネから世界に幸せは生まれず、不幸が生まれる)」ことの理由の1つである。

   2。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人が面接を受けている場面」、「他人が入社を許可されている場面」などを知らない状態なのに、自分は完璧にモノマネが出来ると、認識(判定)する。

   3。『5人組や、5人組の仲間達』は、知らない部分が存在する可能性があると、発想しない。

   4。まともな人の『心と考え』を備えている人ならば、「他人が面接を受けている場面」、「他人が入社を許可されている場面」などを知らない状態でも、「他人は、何らかの許可や手順などの方法を行って、会社で働いている状態である」と、認識する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、間違った認識の、「他人の勝手に行っていること」のモノマネを行い、「自分も勝手に行う」。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人は勝手に会社で働いているという認識を使って、モノマネをする。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が会社で働いている状態の、モノマネとして、自分が勝手に会社で働き始める。

<3>。まともな人の『心と考え』を備えている人は、「他人は、常に、何らかの許可を持っている」と認識している。

 ①。例えば、まともな人の『心と考え』を備えている人は、道路の穴を掘っている人は、穴を掘る許可を持っているから、穴を掘っていると、認識する。

 ②。まともな人の『心と考え』を備えている人は、「許可があるから、行っている」という状態が、当然であるという価値観があり、許可が無いのに、道路の穴を掘っている人は、異常であると判断する。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「他人は、常に、許可なく行っている」と、認識している。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「権利」、「許可」の概念が無い。(権利が無ければ、許可も無い)

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「権利」が発生する為に感じる、体感(実感)が無い。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「権利」の必要性を感じる為の、体感(実感)が無い。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、境界線の、体感が無い。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、境界線の侵害の、体感(不快感)が、正常な反応ではない。

  (4)。権利は、『心と考え』や、体感があるから、発生している存在である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「権利」が何を意味するのか、説明されても分からない。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、道路の穴を掘っている人を見て、自分も穴が掘りたい場合は、掘っても(モノマネしても)構わないことであると、判断する。

<5>。過去に、『5人組や、5人組の仲間達』が、「許可して下さい」と、他人に許可を強要する発言(悪事)をしたことがある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、許可をする必要(理由)が無く、必然性が無いのに、突然に「許可して下さい」と発言する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「許可」が必要であることが当然なことに、判断、正当性などが無く、「「許可する」と、いう発言を貰えば良いだけである」と、認識している。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「許可」とは何か分からないが、自分が悪事を行う場合に、「許可はあるのか?」と、よく言われるので、「許可」と呼ばれるものを得ようとする。

    1。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、「許可」と呼ばれるものがあれば、悪事を行っても良いと認識している。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、突然に、許可が発生する為のものが無いのに、「許可と呼ばれる何か」が発生すると認識している。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、突然に、理由も無いのに、「許可」が発生すると認識している。

  (4)。目で見て分かる(覗きの)情報として、「許可をもらっている人」は、(会社などで)「許可を下さい」と発言しているので、モノマネとして「許可を下さい」と、発言する。

  (5)。例えば、『5人組や、5人組の仲間達』は、車の許可をする人に、悪事を行う許可を貰いに行く。

  (6)。『5人組や、5人組の仲間達』は、拒否すると、「許可して下さい」、「許可して下さい」と、繰り返す。

 ③。現実の真実として、強要から発生する、内容の伴わない「許可する」の発言は、「許可ではない」。

 ④。再発した場合は、情報を公開して欲しい。私が記憶しているのは、目の細い、しゃべり方(遅い)、声に特徴のある女の主犯である(この出来事では、複数人に突然来られていた)。

  (1)。この女の主犯は、相手に「遠慮しないで下さい」の意味では無く、「飲ませたい(強要したい)」の意味で、「飲んで下さい」と、発言することもある。

  (2)。この出来事は、『5人組や、5人組の仲間達』の、「許可とは何か」の確認などの為に、他人に実際に行わせて、他人の反応(行動)から学ぼうとしている状態である。

   1。モノマネのネタや、悪事の方法を。

  (3)。この出来事の、『5人組や、5人組の仲間達』の、本当の目的とは、自分達の不自然な悪事に、他人がどんな反応をするのかを、調べている場合が多い。

   1。自分達の能力が、どれほど社会に通用するのか等。

   2。自分達への、社会の反応。

  (4)。この出来事は、『5人組や、5人組の仲間達』の、単純に悪事を楽しもうとしている状態である。

  (5)。危険は伴うが、情報が取れるように、公表が出来るようにしてもらえると、嬉しい。

 




<<『5人組や、5人組の仲間達』に無い、機能の一覧(記事No.410)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、常に、罰を体験しているが、「体験しているという現実」を認識しない(記事No.408)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ