<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、作り出した不幸の状況を、形成、維持、再発、逃走する為の機能を持つ(記事No.425)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、作り出した不幸の状況を、形成、維持、再発、逃走する為の機能を持つ(記事No.425)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分達が作り出した(捏造した)、世界全体が不幸になる異常な状態を、形成、維持、再発(繰り返し)、逃走、する為の機能を持つ】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、現実の状況が、『5人組や、5人組の仲間達』の、作り出し(捏造した)状況であり、その状況に参加すること(その状況で行動すること)を強要されている被害者がいる状態を、知っていながら、その状態を楽しむ。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』が作り出す(捏造して作り出す)状況とは、無意味(無価値)で、異常で、善悪が不当な状況であり、繋がりが破綻していて、世界に存在することが不当なものである。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』が作り出す(捏造して作り出す)状況とは、低能の作り出した、異常な状況である。

  (1)。低能の作り出す状況とは、「低能の好むもの」、「低能の能力の結果(未熟、不完全)」、「繋がりの認識の無い状態」、「妄想」、「自分に出来ると妄想したが、現実には出来なかった状態」、「善悪の判断の異常」などが反映される、異常な状況となる。

 ③。状況を作り出した『5人組や、5人組の仲間達』が悪いことをしていると知っているが、それを行ってはいけないことであると認識しない『5人組や、5人組の仲間達』の仲間は、善悪の判断に従うことの必要性を感じずに、その作り出された状況に合わせて、自分が自由に生きることを、構わない(問題は無い)と、いう認識(判断)をする(価値観を持つ)。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の悪事に乗っかる。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の悪事の結果からの利益を、受け取る。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の悪事を、一緒に楽しむ。

  (4)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が罰を受けることになる悪事であり、悪事に乗っかっているだけの自分は、悪事の罰を受けることが無く、相手の悪事の利益を受けとれると、いう認識(価値観、妄想)である。

  (5)。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事が楽しいので、悪事が行ってはいけないことであると、認識しない。

  (6)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が悪事を一緒に楽しんでいることへの罰からは、逃れられる(暴かれない等)と、認識(判断)して、楽しむ。

   1。『5人組や、5人組の仲間達』は、暴かれた(暴かれそうな、罰を受けそうな)場合には、攻撃してくる被害者の立場に乗っかって、自分も被害者と一緒に、他の『5人組や、5人組の仲間達』を批判すれば、自分の悪事は許されると、認識(妄想)する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、被害者の苦痛への同調を持たない状態で、「被害者は、低能で分からない状態(状況)」を、認識する。

 ①。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事(捏造、操作など)により、「被害者は、低能で分からない状態(状況)」に、されている状態(状況)である。

 ②。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』の、自分達の行った悪事の結果、「被害者は、低能で分からない状態(状況)」に、されている状態(状況)である。

 ③。だが、『5人組や、5人組の仲間達』は、この状況を、「相手の苦痛は構わない」、「自分は悪くない」、「相手が馬鹿な状態で、自由に悪事が出来る状態である」、「この状況からの、結果の予測は無い」などと、認識をする。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分からない状態の被害者」を、自分の悪事を防げない、低能者であると、馬鹿にして生きることで、快楽を得る。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分からない状態の被害者」を作り出す。

 ②。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の作った、「分からない状態の被害者」を、自分の悪事を防げない低能者であり、騙される低能者であると、馬鹿にして生きることで、快楽を得る。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「被害者の不幸な状態(苦痛)が、同調で可哀想(憐れみ)」なのではなく、「自分の悪事を防げない被害者の低能さ」を、可哀想(哀れ)に感じる。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分の悪事を防げない低能者」や、「騙される低能者」の低能さ、反応などが、面白くて楽しい。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』の、優越感、快感、である。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、「分からない状態の被害者」の、分からない状態が、被害者の低能を表現していて、楽しい。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手が「馬鹿(低能)」であると、相手の「馬鹿の分量(低能で能力の分量が少ないこと)」、「馬鹿の部分」が、楽しい。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、相手の「馬鹿(低能)」な部分を見つけると、相手の「馬鹿の分量(低能で能力の分量が少ないこと)」、「馬鹿の部分」が、楽しい。

 ④。現実の真実としては、『5人組や、5人組の仲間達』の、『相手が「馬鹿(低能)」であると、相手の「馬鹿の分量(低能で能力の分量が少ないこと)」、「馬鹿の部分」が、楽しいこと』は、低能なことであるので、現実の真実としては、まともな人の『心と考え』を備えている人の価値観では、『5人組や、5人組の仲間達』が、低能者であると判定(認識)される(馬鹿にされる)状態である。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、この快楽から、「同時に」悲しみも発生させる。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の快楽は、不幸を認識して、不幸の認識から逃れる為に発生する快楽であるので、潜在意識などに、必ず、不幸の認識が存在する。

   1。不幸の認識が無く、快楽だけの反応があるならば、正常に生きることは不可能な、機能の状態である。(モノマネして生存することも難しい状態)

    だから、必ず、不幸の認識が存在する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、快楽を得る「ごとに」、不幸の認識も何度も発生させているので、脳を含めた体の機能に異常(病気、不健康)が発生する。

<4>。「★1の<3>」と、同じ感覚で、『5人組や、5人組の仲間達』は、「状況へも(状況に対しても)」低能であると、馬鹿にして認識する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、社会などの「状況を憐れむ」。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「なんて馬鹿な世界なんだ」と、「自分には、賢い状態の世界が作れるが、自分以外の他人は馬鹿だから、賢い状態の世界が作れない」と、世界の馬鹿な状況を憐れむ。

  (1)。現実の真実としては、『5人組や、5人組の仲間達』の、実際には持っていない自分の能力を妄想しているものなので、『5人組や、5人組の仲間達』が、実際に妄想を実行するならば、自分の妄想であった(現実、真実では無かった)と知ってしまい、快楽の状態が終わってしまうので、実際に「自分が賢い状態の世界」を作ろうと行動することは少なく、『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分には出来る」、「状況(他人)は、馬鹿である」という妄想を持ち続け、快楽を得ながら生きる。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』の、「被害者は、低能で分からない状態」を、都合が良い(此れ幸い)と感じて、自分に都合の良い状況を、作り出す(偽造する)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「被害者は、低能で分からない状態」を、都合が良い(此れ幸い)と感じて、「自分は被害者の子である」、「自分は被害者の妻(夫)である」、「自分は被害者の仲間である」、「自分は有能者である(他者のモノマネをして、他者の利益を奪って)」、「自分は被害者に選ばれた人である」などと、被害者の関係者の偽者として、被害者の範囲に侵入して、状況を楽しむ。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「被害者は、低能で分からない状態」を、都合が良い(此れ幸い)と感じて、被害者を騙す。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、不幸な現実から目を背け(現実逃避)、自分は幸せであると妄想する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「現実逃避をして、自分は幸せであると、妄想すること」が得意であり、高い能力を持っている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「不幸な現実を作り出したのは、自分である」という現実から逃避して、自分は幸せであると妄想する。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が作り出した不幸な状態をそのままに、逃走する。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分がその場(悪事)から逃げて、他人はそのまま不幸な状態の体験が続く状態を放っておいても、構わないという価値観である。

 ②。逃走した『5人組や、5人組の仲間達』には、必ず、蘇生してでも、罰を与えること。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に加担する人は、『5人組や、5人組の仲間達』である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事であると知っていながら、悪事を補助する悪人が存在する。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の偽者を、偽者であると、認識していながら、放置しておく(偽者の侵入を補助する)悪人が存在する。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』に、取り入ろう、一緒に悪事を行おうとする悪人が存在する。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、利益を得ようとする悪人が存在するが、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、利益を得ようとした分以上の罰を与えること。

  (1)。つまり、結局、悪事に加担したことで、損をする状態にすること。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事から、利益を得る悪人を、存在させないようにすること。

 ⑥。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に加担する悪人には、全てに、罰(拷問)を与えること。





 

<<『5人組や、5人組の仲間達』(悪人)は、他人の悪事を批判するが、自分だけは悪事を行っても構わないと、いう価値観を持つ(記事No.426)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>悪人は、悪人だから、まともな人の『心と考え』を備えている人のように、行動すると期待しては、いけない(記事No.424)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ