<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、「仲間が可哀想だから」を、表の理由にして、悪事を行う(記事No.443)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、「仲間が可哀想だから」を、表の理由にして、悪事を行う(記事No.443)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、「仲間が可哀想だから」を、表の理由にして、悪事を行う】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間が「私も有能者のように行いたい(欲しい)」と発言すると、仲間の望むことが、被害者が発生する悪事であっても、一方向だけのことを考えて「仲間が、望んでいる状態を、叶えてあげないと、可哀想である」と発想して、「仲間に、行わせてあげる(仲間の悪事の補助を行ってあげる、仲間の望みを叶えてあげる)」。

  ※補足1。仲間とは、家族や、交際相手などの場合もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「仲間が可哀想だから」を、理由にして、仲間の望みが不当なものであっても、被害者が正当な状態であっても、被害者の正当な状態を壊し(奪うなど)、仲間の不当な望みを優先させようとする。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間の不幸な状態が、正当(当然、必然)であるのに、不当だと認識して、正当な有能者を攻撃(邪魔、奪うこと等)をする。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の結果、被害者が可哀想な状態になるが、そのことは、思考には無い(判断する為の要素にならない)。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、「両方を優先すると、いう発想」、「だが、両方に良い状態を作ることは不可能であると、いう判断(認識)」、「正当が存在するべきで、不当は存在するべきではないと、いう価値観(正義感)」、「悪事の結果」、「悪事を行ってはいけないと、いう価値観(正義感)」、「仲間でも不当な要求であるならば、望みを叶える必要は無い」、「救える(許される、悪事ではない、罰を受けない)範囲で救う」などを含んだ、思考は無い。

 ⑤。両方が優先される結果とは、正当な状態になっていることあり、「仲間の不当な主張(欲望)が、叶えられた(表現された)状態」や、「正当な有能者が、不当に攻撃された(害を受けた、被害者になった)状態」は、不当な状態なので、両方が優先されている結果には、なっていない。

 ⑥。低能者が、正当な有能者を狡いと認識して、低能者が正当な有能者を攻撃することが許されるのならば、低能者が正当に有能者になった場合に、別の低能者が、その有能者になった低能者を、攻撃するだけである(許可される正当な理由が無く、「自分だけが許可されれば良いとすること」は、真実として「狡い」ことであり、不当である)。

 ⑦。正当な(自分の能力、自分の行動などが、正しく表現された結果として)低能者として存在するのに、低能者が、正当な有能者として存在している人などを、攻撃しよう(奪おう等)と、することは悪事である。

  (1)。低能者の仲間などが、低能者に、正当な有能者の立場を与える為に、正当な有能者を攻撃しよう(奪おう等)と、することは、明らかに、不当な悪事である。

   1。悪事を行う悪人は、駆除されることが、正当である。

 ⑧。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の結果、被害者が可哀想な状態になるが、他人は不幸でも構わないと、いう価値観である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の思考は、1つの情報が入ると、元からあった1つ以上の情報が消えたり、複数の情報や、複数の判断能力などを、同時に使って、思考することが出来ない。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の思考は、1つの情報が入ると、元からあった1つ以上の情報(記憶、知識)の同列や、優先や、価値などが消えて、新しく入った情報に、思考が占領される(新しい情報のみで思考する状態など)。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の思考は、1つの情報が入ると、元からあった1つ以上の、理論の前提条件などが消える。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の思考は、思考に必要な全ての(複数の、多数の)事項を使って、思考することが出来ない。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の思考は、思考に必要な全ての(複数の、多数の)事項を、判断(比べる等)をすることが出来ない。

<例えば>

 ①。<「盗んでは、いけない」と、いう情報(知識など)がある思考の場>に、<「欲しがっている人がいるから、与えたい」という情報(発想など)>が、新しく思考の場に入ってくると、<「盗んでは、いけない」と、いう前提条件などの、同時に使って思考するべき、思考に関係の有る情報(知識など)>が、思考の場に一緒に存在しない状態(思考の場から一時的に消えている状態)になり、<「欲しがっている人がいるから、与えたい」、だから、「盗んで、与える」と、いう単品のみを使った(他の情報(事項、知識)を使わない)思考の結果>になる。

  ※補足1。さらに、『5人組や、5人組の仲間達』は、「正当な繋がりのある理論」の能力も持たないので、「だから」が、前後を正しく繋がない場合も、極めて多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分が悪事を行っている楽しい妄想」をしていると、「悪事を行った結果、自分が苦痛を受ける危険性」の前提条件が消えた思考から、「楽しいから悪事を行おう」と、いう単品のみを使った(他の情報(事項、知識)を使わない)、思考の結果になる。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』の、この思考の流れは、よくある犯罪者の思考の流れである。

<4>。「仲間が可哀想だから」という理由は、悪事を正当化する理由では無く、悪事は悪事である。

 ①。「仲間が可哀想だから」という理由は、正しいことを行うから悪事が許されることに、ならない、理由である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、この「仲間が可哀想だから」という理由から、「私や<善人の仲間>などを、攻撃(邪魔、悪事、奪うことなど)をして来ること」、「世界に巨大な害を与える行動(悪事)を行うこと」もある。





<<『5人組や、5人組の仲間達』は、私が、文章などの修正などを行うことを、邪魔する(記事No.444)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』の実行犯は、30代以下である場合が多い(記事No.442)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ