<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★アレク達と、私の兵へ > 私が評価した本物のエペイロス王へ。指示。 (記事No.45)

★アレク達と、私の兵へ

私が評価した本物のエペイロス王へ。指示。 (記事No.45)

 私が評価した本物のエペイロス王へ。
 21世紀の今、存在しているか分からないが、一応書いておく。指示以外もある。
 これを書いている、私は、普通ぐらいの知能。

 私は、強要しない。
・犯罪心理学、児童心理学、発達障害。
・21世紀の戦術(FBI・CIA・軍・ゲリラなど)。
・拷問(痛みと、質問)。
・対象者が痛みを感じているか確認。(薬などで痛みを感じなくさせることが可能)
 マケドニアの時代と、21世紀の時代、両方の状態で用意。

 ユルユルに注意しないと、西の戦争で死ぬ。
 兵が縦に薄いと、投げる攻撃が届く。
 ファランクスを無理だと思う敵は、投げてくる。
 王が、一番先に、狙われる。
 西は戦術はあまり持たないが、肥沃な土地で、男の育ちが良すぎる。かなり勇敢な男たちだ。
 私は西の男1人の強さを、猪3頭分と表したが、エペイロス王は、「それほどでもない」と発言した。
 この発言をしたのは、「本物の」エペイロス王か、未確認。
 私は数ある人生によって、西の戦いに参加したり、東のアレクの戦いに参加したりさせられた。
 敵の質が違う。東の方が、敵1人の力が弱かったが、戦術と人数があった。
 西の方は、敵1人の力が強く、1撃が大きく重い。
 西には『5人組や、5人組の仲間達』について、知っている者がいることがある。
 通訳として、たまに役に立つ、21世紀の俳優だ。いないことも多い。いても知らない場合がある。
 私は西の方が苦手。

 常に同じとは限らない。
 もっと注意してくれ。
 
 西の戦いでは、私はよく、『5人組や、5人組の仲間達』によって、兵が薄い危険なところに置かれる。
 嫌がらせによるもの。
 戦いが始まると、危険なところで、「意識と記憶」を取り戻す。
 そこにエペイロス王(偽者かも)がいることもあるが、エペイロス王も、やらされているだけかもしれない。

 本物の、本来の家来たちは、見たことが無いほど、本当にすごく有能であった。
 先祖代々、エペイロス王に仕えてきた者たちで、別格だった。
 有能であったからこそ、『5人組や、5人組の仲間達』の憧れとなり、成り代わりが発生した。
 今いる家来は、すでに偽者たちの可能性が高いと思っている。
 本物のエペイロス王は知能が高い。家来の選別は、厳しく鋭く行われた。
 だから、無能な者が家来として存在しているわけがない。
 偽者がエペイロス王の中に入った時に、有能な家来を殺すことがある。
 エペイロス王に、私を守れと指示を受けた家来が、私より、エペイロス王を優先して守ったことがあった。
 彼らの忠義であるが、偽者の可能性が高い。エペイロス王は「アレクの家来の方が有能」だと、涙を浮かべていた。
 アレクも涙を浮かべていた。私は発言の真意を理解するが、偽者は理解できないだろう。
 ちなみに、アレクの家来の方も、偽者で無能が多い。

 私が『5人組や、5人組の仲間達』によって、後宮に置かれていることがある。
 嫌がらせである。エペイロス王は、私に気付いてくれることが多い。
 私が、エペイロス王の、嫁として、存在させられることがある。
 私が嫁である場合の、エペイロス王は、偽者か、罪を被せられている可能性が高い。
 エペイロス王の、本物の嫁は、アレクの妹だが、アレクの妹も、偽者(女)に成り代わられることがある。
 エペイロス王と、アレクの妹は、よく似ていて、愛し合っているように見えた。
 私に気付いたエペイロス王は、アレクに返品するか、守る(アレクが来るまで)。
 エペイロス王が、私の知能に興味を持ち、「私をくれないか?」と、アレクに聞いたことがあるが、アレクの反応から、すぐに悪いことを言ったと気付いた。
 アレクの、私以外の嫁は、奴隷しかいない。エペイロス王には、嫁として、アレクの妹がいる。
 美的感覚に優れるアレクは、偽者の姫の、先祖が奴隷だと見抜く。
 
 ちなみに、私が子供の時に、鼻水を垂らしていたら、「アレクの前で鼻水を垂らすな」と、アレクに内緒で、エペイロス王に言われたことがある。
 エペイロス王は、アレクをとても大事だと思っている。アレクの「心と考え」が好きらしい。
 その後、鼻水は垂らしても、よいことになった。私の先祖は、寒い場所に住む人が多く、鼻水は、病気の元を、体に入れないために必要。他の人より、私の鼻水はよく出る。
 大人の私は、練習(自分で出来た)の成果があり、鼻水は垂らしていない。

 言いたいことは、山ほどある、残せない。

 本物以外には、出来ない。この指示は、偽物には不要。

 いなくても、可能である。助力がなくても、可能である。

 本物は、知能が高いから使える。本物でも知能が低いのならば、不要。殺す可能性が高い。

 この手紙は、アレクと、ヘパと、エペイロス王と、3人への、4つある。





 

<<私が評価した、本物のヘパ(ヘファイスティオン)へ。指示。 (記事No.46)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>私が評価した本物のアレクへ。指示。 (記事No.44)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ