<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事を失敗しても、抵抗なく、やり直そうとする(記事No.455)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事を失敗しても、抵抗なく、やり直そうとする(記事No.455)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事を失敗しても、抵抗なく、やり直そうとする】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人が、失敗した場合、とても、いけない(悪い、困る、迷惑な)こと(取り返しがつかない重要なこと)であると認識することを、簡単(手軽、軽く)なことであると、捉える(価値観)。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事を失敗しても、巨大な悪事の失敗からの結果(罰、悪い状態など)が発生している状態でも、悪事をやり直す(再開する、続ける)ことに抵抗が無い。 

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事を失敗しても、「失敗」を簡単(手軽、軽く)に捉えている。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事の失敗からの結果が発生していても、結果の「悪い状態」を、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事の失敗からの結果が発生していても、悪い結果への「罰」を、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分への罰は発生しない(少ない)と、予測する。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の『心と考え』を備えている人が、巨大な悪事であると認識することを、それほどの悪いことではないと、認識する。

  など。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事を失敗しても、巨大な悪事の失敗からの結果(罰、悪い状態)が発生していても、「自分のせい(原因)であること(責任)」を、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、「自分のせい(原因)であること(責任)」を、認識していない場合も多い。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、巨大な悪事を行っても、「やり直す(新しく始める)」、「再開する」、「続ける」ことを、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

  (1)。悪い状態をそのままに、責任もとらず、低能(出来ないということ)が証明されたのに、発生した悪い状態(被害)は回復不可能なのに、再開できる(続けられる)と、いう価値観である。

  (2)。『5人組や、5人組の仲間達』は、失敗した(悪い状態を作った)のに、再開できると、いう価値観である。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、また(さらに)、悪い状態(被害)を作り出す因果が有るのに(悪い状態(被害)を阻止する因果が無いのに)、再開できると、いう価値観である。

    つまり、また(さらに、何度も)、悪い状態(被害)を作り出す行動(悪事)をする(行い続ける)。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っても、「謝れば済む」と、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っても、反省を表現すれば(反省していると騙せば)、罰を受けずに済むという、価値観である。

 ②。同じように、巨大な悪事を行っても、「やり直せば済む」と、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、行っている悪事を辞めれば、悪事の罪は、無罪になるという価値観である。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、行っている悪事を辞めれば、行った分の悪事の罪も、無罪になるという価値観である。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、行っている悪事を辞めれば、何事も無かったようになると、いう価値観(世界観)である。

 ②。同じように、巨大な悪事を行っても、「やり直せば済む」と、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

 ③。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、行っている悪事を辞めて、別の悪事を行おうとする。

   つまり、やり直す。

 ④。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っても、「もう行わないと、表現すれば済む」と、簡単(手軽、軽く)に捉えている。

 ⑤。『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行っても、「もう行わないと、表現すれば済む(もう行わないと、騙せば)」、罰を受けずに済むという、価値観である。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、異常な状態であればあるほど、罰を受けずに済むと予測するので、故意に、異常さを作り出す場合もある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の怒りが発生する前に、自分は、他人の怒り(悪い状態)を認識が出来ない人であると、表現する。

 ②。まともな人の『心と考え』を備えている人は、悪事(状態)が異常であればあるほど、「異常な悪事を行えるほどの有能者(権力者、許可されている)である」と、いう認識に誘導される。

  (1)。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』は、単なる犯罪者である。

    犯罪を続けた結果、現在の、犯罪組織(悪事の為の能力)を持つに至っただけであり、「単なる犯罪者(欠陥のある、単なる人間)」という状態は変わることは無い。

    つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、(組織や悪事の為の能力を無くせば)「単なる犯罪者(欠陥のある、単なる人間)」の能力しか持たない。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人が異常事態に唖然(あぜん)としていると、さらに、他人が唖然とする状態を追加して、相手に正常な思考(判断、行動)をさせない。

<6>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正常な機能が無いので、巨大な悪事を失敗しても、抵抗なく、やり直そうとする。

  (1)。責任感の欠如。

  (2)。「自分には能力が無いことが学べない」等の学習能力の無さ。

  (3)。予測能力が無いので失敗を恐れない。未来の被害を予測しない。

  (4)。広い範囲で捉えないので、広く発生している被害を認識が出来ない。

  (5)。悪いことであると、善悪の判断などが無いので、失敗しても構わないという価値観。

   など。

<7>。『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の、最大の被害は状態ではなく、被害者(人)の被害(『心と考え』などの傷)である。

<8>。「悪い状態を作り出した」、「重大な(重要な)ことを失敗した」、「迷惑な状態を作り出した」等ならば、罰を受ける(与える)べきである。

 ①。まともな人の『心と考え』を備えている人の、正常な(正当な)判断ならば、「悪い状態を作り出した」、「重大な(重要な)ことを失敗した」、「迷惑な状態を作り出した」人の、再開は防ごうとされることである。

 ②。重大な(重要な)ことを行うならば、達成する為の能力や、責任感などがある人が行うべきである。

 ③。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事の再開を防ぐべきである。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』の、悪事を阻止が出来なかったことは、繰り返しの時代が作られる、大きな要因である。

  (2)。既に、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事を行うということは、常識であるべきである。

   1。大量に、過去の実績(証拠)がある。






<<私(他人)の、作業、行動、予定、方法などに、「余計な(無用な)」手出し(口出し)をすることは、悪事である(記事No.456)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、決定した過去を、やり直そうとする(記事No.454)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ