<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行動の正誤を分かることが出来ないのに、他人の行動を否定(批判)する(記事No.496)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行動の正誤を分かることが出来ないのに、他人の行動を否定(批判)する(記事No.496)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行動の正誤を分かることが出来ないのに、他人の行動を否定(批判)する】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』は、正しく行われている他人の行動を否定(批判)する。

 ①。正しく行われている他人の行動を否定(批判)することは、悪事である。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行動が、「何を目的に行動しているのか」、「行動の結果の完成の状態とは何か」、「どうすれば最善か」などが、分かることが出来ないのに、他人の行動を否定(批判)する。

 ①。現実の真実として、他人の行動の、「何を目的に行動しているのか」、「行動の結果の完成の状態とは何か」などは、本人しか、分かることが出来ない。

 ②。現実の真実として、常に続いて(繋がって、流れて)いく時間の、断片だけを捉えた状態の認識である「一時的な失敗」は、常に続いて(繋がって、流れて)いる時間の、「未来の成功に繋がっている」ことが極めて多いのに、『5人組や、5人組の仲間達』は、「一時的な失敗」を、否定(批判)する。

  (1)。現実の真実として、未来の成功の為に、一時的な失敗をすることが、必要な場合も極めて多い。

 ③。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』が、本人の「何を目的に行動しているのか」、「行動の結果の完成の状態とは何か」、「未来のどんな成功に繋がっているか」などが分かることが出来ないので、「どうすれば最善か」を、分かることが出来ない。

  (1)。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』が、本人の「何を目的に行動しているのか」、「行動の結果の完成の状態とは何か」、「未来のどんな成功に繋がっているか」、「どうすれば最善か」などを知る必要が無く、本人が自分で判断(判定、行動)すれば良いことである。

  (2)。現実の真実として、『5人組や、5人組の仲間達』が、本人の「何を目的に行動しているのか」、「行動の結果の完成の状態とは何か」、「未来のどんな成功に繋がっているか」、「どうすれば最善か」などを知ろうとすることは、悪事である。

 ④。現実の真実として、他人の行動の結果が、成功か、失敗かの判断(判定)は、本人にしか、分かることが出来ない。

 ⑤。つまり、現実の真実として、他人の行動の正誤の判断(判定)は、本人にしか出来ない。

<3>。『5人組や、5人組の仲間達』は、途中経過の一時的で不完全な状態から、本当の結果(目的、答え)とは違う、別のものが結果(目的、答え)であると、勝手に破綻した理論などで予測して、その別のものが、実際の結果(目的、答え)である(結果になる)と、認識する(決めつける、思い込む)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、本当の結果(目的、答え)とは違う、妄想にしか存在しない、別のものが、実際の結果(目的う、答え)であると、認識して(決めつけて、思い込んで)、「その妄想が本当の結果であるならば」を、前提にして、他人の行動を否定(批判)する。

  (1)。現実の真実として、否定(批判)されている人は、本当の結果ではなく、『5人組や、5人組の仲間達』の、自分で勝手に作り出した妄想の結果から、否定(批判)されている状態である。

<4>。『5人組や、5人組の仲間達』は、本当の結果(目的、答え)とは違う、妄想にしか存在しない、別のものが、実際の結果(目的う、答え)であると、認識した(決めつけた、思い込んだ)ことを、自分の悪事の表の理由として使い、他人の行動を否定(批判する)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、本当の結果(目的、答え)とは違う、妄想にしか存在しない、別のものが、実際の結果(目的う、答え)であると、曲解する発想を作り出すことが出来ると、その曲解を、表の理由として使い、他人の行動を否定(批判する)。

   (1)。この場合、「自分の発想が、曲解した間違ったものである」と、認識していることも多い。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の行動に、「だから、そうじゃない」、「その行動ならば、自分にも(誰でも)出来る」などの否定(批判)の意味の発言をする。





<<主犯が主犯であると、認識しているとは、限らない(記事No.497)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、自分の立場を自覚が出来ない(記事No.495)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ