<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★やる事の提示・「行うこと」 > 【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成1 (記事No.52)

★やる事の提示・「行うこと」

【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成1 (記事No.52)

 【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成。

 これは、行われたこと(出来事)に対して、考察して、作成するもの。

 ※各、行われたこと(出来事)に対して、作成する。

 ※心理は推察になることが多いと思うが、推察から立証が行われることもある。



【★1。行われたこと(出来事)は、どんなものなのか。ここで作成するのは、「どんな出来事」に対する考察か】

<1>いつ、どんなことが起こったのか。

<2>どんな場面を、ここで、まとめるのか。

<3>どんな場合を、まとめたのか。

<4>出来事を表すもの。

<5>など、状況をまとめる。

<例えば>

①映像のNoなど、各出来事を、識別するための特徴。

②実際の映像の説明。
 「突然始まった(前後の無い、分断された一部)映像で、目の前に男の「〇〇(名前)」が見え、私の後ろには、2人の男がいる状況。私が、「△△」と発言し、〇〇が、「□□」と発言し、私が、〇〇に、殴られた。



【★2。★主張★『5人組や、5人組の仲間達』の、主張】

<1>『5人組や、5人組の仲間達』の、発言から表された、主張。

<2>『5人組や、5人組の仲間達』の、行動から表された、主張。。
 
<3>『5人組や、5人組の仲間達』の、演技をすることで、主張している(思ってもらいたい)、内容。

<4>『5人組や、5人組の仲間達』の、表の理由

<5>誰に(どんな人に)、「何」を思わせたくて、その情報を見せて(作って)いるのか。

<例えば>

①強要されているので、自分は被害者である。行いたくて行っている状態では無い。自分の意志ではない。(という演技をすることがある)

②私(B)の、ためになるから、自分(A)が、〇〇を行って、私(B)に、与えている(やってあげている)。私(B)の、代わりに、自分(A)が、行って、与えている。



【★3。★妄想★『5人組や、5人組の仲間達』の、妄想を、主観的に見た認識】

<1>『5人組や、5人組の仲間達』の、主観の状態。

<2>『5人組や、5人組の仲間達』の、妄想の内容。

<3>『5人組や、5人組の仲間達』の、妄想している理論。
 
<4>『5人組や、5人組の仲間達』の、「本心・裏の理由」を、このやり方で、隠せるという理論。

<5>『5人組や、5人組の仲間達』に、なったつもりで、どんな妄想を持っているのかを、考えてみる。

<6>【各登場人物の、心理】の、主観の状態の、推察。

<7>誰に(どんな人に)、「何」を思ってもらえると考え、その情報を見せて(作って)いるのか。

<8>「何」であると、思って欲しいのか。

 <例えば>
 
①『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、私(B)に、愛されていると、罰の判断者(C)に、思ってもらえれば、「(B)が悪く、(B)に罪があり、(A)は、可愛そうな被害者である」と、思ってもらえる結果となり、(C)に許してもらえる。と、妄想している。

②『5人組や、5人組の仲間達』が、許されると推理して(現実逃避として)、現実世界の法則に、通用するとだろうと、妄想(推察)している、理論の内容。(「何を目的として」、演技や、捏造をして、主張しているのか、など) 

③『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、私(B)に、愛されている、と、妄想している状態。

④私(B)が、「〇〇」と、発言するなら、『5人組や、5人組の仲間達』(A)が、「〇〇」を行っても、良いだろう。誰も怒りを持たないだろう。(B)が悪いということで、現実世界の法則に、通用するだろう。と、妄想している。

⑤通用しないだろうけど、行ってみたら、通用するかもしれないから、行い続けよう。と、妄想している状態。

⑥現実逃避すれば、なんとかなるかもしれないから、現実逃避しよう。と、妄想している状態。

⑦成功している、未来の結果の妄想。(具体的な想像は持っていない。断片的で、かなり近い未来の時のものが多い)

⑧私(B)が、言ったこと(書いたものなど)を、『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、行っているだけだから、私(B)が、悪い、という、罰の判断者(C)の、判断がされるだろう。と、妄想している状態。
  
⑨私(B)が、言ったこと(書いたものなど)なら、『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、行っても良いという、ことが通用する、現実世界の法則がある。とする、妄想。

⑩私(B)が、他者(C)に、言ったこと(書いたものなど)は、『5人組や、5人組の仲間達』(A)が、対象者である。という、ことが通用する、現実世界の法則がある。とする、妄想。(盗み聞き、曲解などで)

⑪私(B)が、言ったこと(書いたものなど)なら、『5人組や、5人組の仲間達』(A)に対する、指示である。という、ことが通用する、現実世界の法則がある。とする、妄想。

⑫もしも、『5人組や、5人組の仲間達』の、罪だとされても、世界の人は馬鹿だから、なんとかなるだろう。とする、妄想。

⑬もしも、『5人組や、5人組の仲間達』(A)の行いが、罪だとされても、私(B)が、行ったと、世界の人を騙せば、世界の人は馬鹿だから、信じるだろう。とする、妄想。

⑭私(B)は、能力が低く、馬鹿だから、私(B)の、不快なことを、『5人組や、5人組の仲間達』(A)が、行っても、『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、安全で、平気だろう。(スマホで確認したり、「〇〇すれば良いのね」、「私(B)を、覗いたおかげ」、「私(B)の辛い苦労のおかげで、自分(A)は楽に」と、発言する人に、実行犯が多い)。とする、妄想。

⑮罪人を増やせば、罰の量を、みんなで分けることになり、自分の罰の量が減るだろう。とする、妄想。

⑯本物(A)を、偽者(B)が、操作(本物の中に入って、など)して、(B)が行ったことは、操作して行った者(B)である、『5人組や、5人組の仲間達』(B)の、罪ではなく、本物(A)の罪となり、本物(A)が悪いとなり、本物(A)に、罪を被せられるだろう。とする、妄想。

⑰良いことをして、気に入られれば、過去の罪が無くなるだろう。とする、妄想。

⑱私(B)の、行いを否定し、私(B)を、批判すれば、罰の判断者(C)に、『5人組や、5人組の仲間達』(A)のことを、「強い、優秀、善人、悪くない」と、思ってもらえて、「私(B)が、悪い」と、思ってもらえるだろう。とする、妄想。

⑲負け惜しみを言えば、「弱い、頭が悪い、失敗、無能、傷付いている、負けている」など、というわけではなく、「これも計算のうちだろう、負けた訳じゃない、本当はこの結果と違って強い、失敗ではない」など、思ってもらえるだろう。とする、妄想。

⑳偽者(C)として、本物(A)を操作(中に入るなど)して、私(B)に、褒められることを行えば、褒められることを成功した場合、実は自分(C)が行っていたと、発表して、自分(C)が褒められ、褒められることを失敗した場合、本物(A)が悪いと思ってもらえる。とする、妄想。

㉑「『5人組や、5人組の仲間達』は、ただ、褒められると思って、良いことだと思って、行っただけ」と、言えば、許される。という、ことが通用する、現実世界の法則がある。とする、妄想。

㉒罪を犯しても、罰が発生しないと思う、妄想。

㉓罪を犯した後、今後どうなるのかの、発想(予測)のない状態。

㉔一緒にいる仲間が、罪を犯しても、一緒に居ただけの、自分は罪にならない、という妄想。

私が、「重大な人物」でなければ、現在の状態は無い、というのが、分からず、私が、「重要でない人物」である。という、妄想をしている状態。



【★4。★真実★出来事の、状態の、真実の姿。本当のこと】

<1>現実として、存在する状態。

<2>現実の認識。

<3>真実としての状態。

<4>【各登場人物の、客観的に見た、現実として、存在している状態】。

<5>【各登場人物の、心理】の、客観的な、推察。物体として、どんな反応をしている状態か。

<6>神の目線から、捉えた状態。神の目線での、登場人物の心、真実の状態(捏造を見破った)の、見え方。

<7>誰に(どんな人に)、何を思わせたくて、その情報を見せて(作って)いるのか。という、状態を、客観的に見た状態。

<8>『5人組や、5人組の仲間達』を、客観的(主観ではない)に、第3者として、見た認識。

<9>現実を、真実の目線で捉えた、存在の状態。

<10>★2の主張の、嘘を見破った結果によって、認識している、真実の状態。

<11>★3の破綻した理論の妄想による、世界の認識ではなく、現実世界の法則の、純粋に真っ直ぐ捉えた、理論による、真実の認識。

<12>現実世界に、存在する、物体として、捉えた状態。(機能、分泌物など)

<13>『5人組や、5人組の仲間達』の、「本心・裏の理由」。

<例えば>

①『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、私(B)に、愛されていないが、私(B)に、愛されていると、罰の判断者(C)に、見せかけたいという、状態。((A)の、本心。(A)は、どういう結果が欲しいのか)

②『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、私(B)が、悪いと見せかけようとしている。

③★2主張と、★3妄想は、破綻している。破綻理由。どう破綻しているか。

④出来事の不自然な部分。撮影現場を思い描いてみる。

⑤★2主張と、★3妄想に、影響されず、捏造と誘導に影響されず、この出来事の真実とは何であるか。

※真実を知るために、必要なものはあるだろうか?何が必要か書きだす。現状に、あり得ないものも。

※真実を知るために、邪魔されているものはあるだろうか?可能性があるものを書きだす。現状に、あり得ないものも。



【★5。★答え★映像から認識する本当の答え。妄想の、現実世界での、存在状態】

<1>妄想と現実は、違う。妄想と現実の差。つまり、妄想は、現実に、どう表現されているのか。

<2>妄想の、現実世界での、表現の状態。妄想の、現実世界での、「無い」状態。

<3>妄想が、通用していない、現実の状態。

<4>「ならない」(成立しない、通らない)という「答え」。答えへ結ぶための「理論」。

<5>★2主張、★3妄想、★4真実を、認識して、出した答え。

<6>★2主張、★3妄想、★4真実の、結果としてある、現実の状態。

<7>★2主張と、★3妄想の、現実として、存在しないもの。

<8>★4の真実があるので、★2主張と、★3妄想は、成立しない。という答え。

 <例えば>

①『5人組や、5人組の仲間達』の妄想は、現実には、どうして通用しないのか、を考えると、「通用していない、現実の状態」を認識できる。

②『5人組や、5人組の仲間達』(A)の、妄想の中の、「自分(A)が、私(B)に、愛されている」という状態は、現実では、存在していない。

 私(B)に、『5人組や、5人組の仲間達』(A)は、愛されていない。という状態が、現実に、存在している。

③『5人組や、5人組の仲間達』が、妄想(演技)している内容は、現実世界の法則や、倫理観や、まともな人の理論では、存在していない理論である。と、いう状態。



【★6。強要(操作)されている、状態】

<1>各登場人物に対する、考えられる(推察可能な)、強要されている可能性のある、<行動。感情。記憶。判断能力。状態>など。

<2>可能性として、複数あるかも。


【★7。世界で、情報を共有し、発展させ、各自が記録を保存し、未来へ残す】



 
【★8。新情報の入手】

<1>【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】の作成後も、新情報の入手で、何度も内容を変更する可能性がある。

<2>新情報により、内容を変えるたびに、新しく【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成。

<3>過去に作成した【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】は、残しておく。

<4>自分(作成者)が、「何の情報」で、「内容を変更」したのか、書いておく。

<5>他の人も、同じ情報で、内容を変更する可能性があり、「何の情報」が、真実の認識に必要であったのかを、知るため。



【★9その他】

 【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成し、客観的に、神の視点で、現実を認識することが、真理、真実、現状の世界の問題の解決、に、役立つので、作成しておいて欲しい。

 また、作成により、各自の、現実の認識も、高まる。

 最低でも、10個の【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】(10個の出来事について)を、作成する。 





 この説明では、指示がよく理解できない、かもしれないので、追加で<【各出来事の「妄想と現実」の認識のまとめ】を作成2>を、作ったので、そちらも参照して下さい。





<<【私の状態2】 (記事No.53)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>【現実認識の例】仮面ライダーの、ごっこ遊び (記事No.51)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ