<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★真実を認識する為の知識1 > 現状の悪い状態とは(記事No.521)

★真実を認識する為の知識1

現状の悪い状態とは(記事No.521)

【★1。現状の悪い状態とは】

忙しくて、簡単にしか書けなくて、すまん。

<1>。一番の問題点は、低能者が使っていることである(まともな人が行っていること、ではないことが問題)。

 ①。機械の回収後、どうするか?ではない。

<2>。「クローンを作成する機械」。

<3>。「他人を操作する機械(偽者の侵入、『心と考え』など)」。

 ①。これは、パソコンを使い、一般家庭にある。

 ②。<ヤンキー>、<『心と考え』の異常者>が操作している可能性が高い。

<4>。過去に、『5人組や、5人組の仲間達』だけの群れで、何が行われるか、隔離しての実験があった。

 ①。開始早々、1人のサイコパスが、数人の弱い者を残して、他を全て殺した。

 ②。次に、そのサイコパスが、1人の女(くるみ)だけ、残して、楽しくないという理由で、数人の弱い者を、次々に殺した。

  (1)。全員を、利用する予定だったが、予定(妄想)の通りの反応にならず、上手く利用が出来ずに、楽しくなかった。

 ③。次に、そのサイコパスが、楽しくないという理由で、1人の女(くるみ)を、殺した。

  (1)。上記と同じ理由。

 ④。次に、最後に1人残ったサイコパスが、1人で生きる、無意味な状態を自覚して自殺した。

 ⑤。このサイコパスは、「行えたから、行った」、「今までは、自分達以外にも色々な存在があったので、行わなかった」と、いう価値観である。

 ⑥。途中で止めようとした観測者も存在したが、途中で止めるより、続行して見た方が、知るべきこと(現状の状態、問題点、改善案)を、知ることが出来るので、最後まで続行した。

 ⑦。このサイコパスは、実行犯や、指示者として、よく行動する。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』が死ねば、他の『5人組や、5人組の仲間達』が、その者をクローンで蘇生する。

 ①。死んでいる状態のままの、『5人組や、5人組の仲間達』も、多数、存在する。

  (1)。現状、生きている『5人組や、5人組の仲間達』よりも、死んでいる状態の『5人組や、5人組の仲間達』の方が多いが、いつでも蘇生は出来る状態であり、嫌がらせなどの目的(敵と味方への)で、蘇生して遊んでいる。

  (2)。生きている状態の記録(記憶など)があるので、いつでも、その状態で蘇生できる。

  (3)。生きている状態の記録があるので、生きている期間の、いつの状態でも、蘇生できる。

<6>。全ての『5人組や、5人組の仲間達』が死んでも、機械の自動設定で、『5人組や、5人組の仲間達』が蘇生する。

<7>。全ての機械を壊しても、残っている『5人組や、5人組の仲間達』が、新しく機械を作り出す。

<8>。『5人組や、5人組の仲間達』を駆除する為には、攻撃対象を「だけ」として捉えては、いけない。

 ①。機械も、『5人組や、5人組の仲間達』も、全ても、である。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の、「誰を(どんな種類の人を)」、阻止するべきであるか。

   (1)。対象は、複数が存在する。

 ③。主犯には、多くの人数と、多くの種類が、いる。

<9>。『5人組や、5人組の仲間達』を、駆除が達成できない時間とは、『5人組や、5人組の仲間達』の成長、繁殖の時間である。

<10>。『5人組や、5人組の仲間達』と、戦う人の方が、多くて力がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』の方が多い場合、社会が成り立たず、『5人組や、5人組の仲間達』が楽しくない世界になる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』の方が、力が強くて、勝てないのならば、神が世界を壊す。

 ③。常に、神の目的の為の力が多いことは、神の作った宇宙のルールである。

<11>。『5人組や、5人組の仲間達』は、群れが点在し、群れ同士の繋がりが無いものも、ある。

 ①。つまり、『5人組や、5人組の仲間達』は、互いに知らない、『5人組や、5人組の仲間達』がいる。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、『5人組や、5人組の仲間達』の実態(全体像)を、知らない者が多い。

<12>。自分が『5人組や、5人組の仲間達』であると、認識していない者も、存在する。

 ①。必要な状況や、操作者の遊びから、自覚する可能性がある。

<13>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自発的に悪事を行うので、主犯が多い。

<14>。『5人組や、5人組の仲間達』は、仲間同士で殺し合う(悪人の群れの様式)。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、互いに、騙し合い、攻撃し合う。

<15>。『5人組や、5人組の仲間達』は、全て、低能者と、欠陥者である。

<16>。『5人組や、5人組の仲間達』は、食事が不要の者も存在する。

<17>。クローンの材料の在庫を多く持つなら、広い。

  ①。在庫を狭く点在させるのならば、情報を知る『5人組や、5人組の仲間達』が多くなり、発見の可能性が高まる。

  ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、在庫が無くなれば、在庫が手に入る状態の世界を作り出そうとする(21世紀など)。

  ③。『5人組や、5人組の仲間達』を殺すことが、クローンの在庫を減らすことに繋がる。

  ④。材料を新しく作り出す為の、広さと材料。

  ⑤。材料の流通などを見張ること。

<18>。『5人組や、5人組の仲間達』は、血縁が多いのでDNA(各自の体(全身)が持つ、人を作る為の設計図)を調べること。

<19>。過去の、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事の実績(再犯者、主犯、実行犯など)。

<20>。悪事を実行することが出来る、悪いことに生理的嫌悪感の無い悪人は限られていて、特徴が強い。

<21>。『5人組や、5人組の仲間達』には、悪事がどのように悪いことなのか分かりやすく、自覚を促すことで、悪事を恐れる者も存在する。

<22>。『5人組や、5人組の仲間達』は、他の『5人組や、5人組の仲間達』が、誰であるか、知りたがる。

<23>。繰り返しの世界の作成は、いつも、『5人組や、5人組の仲間達』に、『心と考え』(記憶、感情など)を操作されて、世界中の人が、自分達で行っている。

<24>。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分が、『5人組や、5人組の仲間達』を倒そうとしている側の人であると、見せ掛ける。

<25>。方法が分からない人は、「ダメだ」と、言う。

  (低能で方法が分からない人が、勝手な判断で、勝手に諦めて、勝手に世界の不幸な状態を受け入れることは、悪事である)

  方法が分かる人は「出来る」と、言う。

  正しいことを行うべきであると認識が出来る人は、「正しいことを行うこと(正しく生きること)」を、選択する。





<<正しい行動をするには、優先されるべきの、正しいこと(善、正義)がある(記事No.522)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』は、罰を受けても構わないから、快楽を手に入れたい(記事No.520)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ