<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★アレク達と、私の兵へ > 私が評価した本物のアレク・ヘパ・エペイロス王へ。指示。 (記事No.58)

★アレク達と、私の兵へ

私が評価した本物のアレク・ヘパ・エペイロス王へ。指示。 (記事No.58)

 私が評価した本物のアレク・ヘパ・エペイロス王へ。指示。

 21世紀の今、存在しているか分からないが、一応書いておく。指示以外もある。
 これを書いている、私は、普通ぐらいの知能。

<>。私は、強要しない。
・本物の3人の知能が高いと判断したのは、私。私のみの価値観である。
・これを書いている、21世紀の今の私は、普通ぐらいの知能。
・私と出会ったときに、私が「表せ」など発言する場合がある。意味は「本物の自分であるか、私に表現してほしい」ということ。偽者(モノマネ者)は、本物のモノマネを言う。本物なら、その時の、本物の状態を発言で表してほしい。私は遅いので、しばらく会話の交流が必要な場合が多い。「育った歴史」、「持っている知識」、「現状報告」、「本物の知能」などが嬉しい。
・役に立たない本を、渡されることがある。
・偽の情報をもらうことがある。
・低能者を信じるな。悪は必ず低能者。知能が高いと感じる悪は、知能の高い善と比べると、考える筋道が違う。
・悪は騙してくる。
・自分達の状況は、毎回同じとは、限らない。
・仲間として、偽物が多く混じっている。
 前に生きていた自分と、偽者の利用方法が違うことが多い。
 前の自分の、真意を読み取るのが、困難なようだ。
 偽者の仲間は、邪魔となり、悪であることが多い。
 利用方法は、その都度の自分が、判断するべきである。
 使えない仲間は、フィリッポス王も、アレクも、エペイロス王も殺した。そもそも仲間にしない。存在するわけがない。
 私は偽者が嫌い。偽物は性質上、悪だから。まともな人は、偽物をして存在することを拒む。
・私はカチカチ、3人はユルユル柔らかい。
 例えば、通常の人が、50人の敵に、100人の仲間を用意する戦いの場合、
 本物の3人ならば、60人程度を用意する判断をする。
 私ならば、200人を用意する判断をする。
 本物の3人の、この判断が、失敗の原因としてよくある。
 3人が、私にとって危険がないと判断することで、私がよく危険な目にあっている。
 私は、カチカチが好きである。私は、痛いの嫌い。私は、死ぬの嫌。
・3人と、私には、子供はいない。子供は作らなくてよい。作った子供は奪われた、『5人組や、5人組の仲間達』に。
・体の中に、別人(偽者)がいることがある。突然、変わることがある。最低でも毎日中身を確認しろ。
・兵の中に、別人(偽者)、女、が混ざることがある。カッコイイことだと考え、勝手に強引に参加したがる。やり方が悪質でもある。低能者は、現状認識と、未来予測を持たない。『5人組や、5人組の仲間達』である。彼らがいると機能できない。私は、彼らに気付くと殺す。1万人以上いると考えて欲しい。悪というのは、同じ考え方をしない。
・『5人組や、5人組の仲間達』を倒したいと言うなら、世界中に仲間がいる、敵に言うな。
・別人(偽者)が、体の中から出て、本物が戻ってくることがある。縛れ。戻って来ないことが多い。
・私と、本物の3人は、知能が高いので、本物が分かる。
 本物でも、知能が低いことがある。
・私の「意識と記憶」は、操作を受けて、判断と、行動を強要されることがある。
 記憶が消されることもある。
・『5人組や、5人組の仲間達』は、善を悪に染めようとする。
 同じ状態に、引きずり下ろそうとする。
・『5人組や、5人組の仲間達』の行いは、善の「心と考え」で判断すると、するべきではない。
・本物の私は、知能が一番高い時(マックス(MAX)時)、女にしては少し戦える。範囲を持っていることもある。
 普通の状態の知能では、戦うのが、かなり困難。範囲があったり、なかったり。
 頭の悪い私には、戦うことは、かなり不可能。
 戦っている私は怖いらしい。弓と刀。馬からよく降りる。槍は凄く苦手で無理。私は、ずっと昔の、姫と王の種かも、だから怖いのはしかたない。
・本物のアレクは、我々の中で、一番知能が高い。察する。
 王様なのは、本物の仲間に、愛される可愛い心の部分を持っているから。
 王様なのは、他の将軍が逃げることを選択する状況の戦いでも、勝てると考えて戦うから(カローデン、発想力、勇気)
 アレクの本物の仲間は、父親も、その父親も、ずっとアレクの先祖の家来。
 アレクの本物の仲間は、偽者よりも、知能が高い。
・私が選んだ、私の兵を、私は殺さない。
・アレクは、子供の頃、一番女の子に見える。先祖代々の、姫の種が入っているから。
 アレクは、10代に、すごく男になり、別人のような外見に変わる。先祖代々の、王の種が入ってるから。しばらく会わないと分からなくなる。
 馬で戻ってくるアレクを、アレクだと分からない私に、細くて弱そうなマケドニア兵を、アレクだと、いたずらで見せてきた。そのアレクのいたずらに、怒ったフィリッポス王に、アレクが殺されたことがある。「普通に戻って来い」って怒られていたよ。私も絶対そう思う、辞めた方がいい。ヘパが本物のアレクを教えてくれる。
 このいたずらは、アレクじゃなく、悪人によって行われることもある。


・1万年で一番賢い
・アレクはよく、私に、失うことのない「意識と記憶」をくれるために頑張っている。眠らされているなら、死んでるようなもの、アレクは私に、生きている命と、時間と、可能性をくれようとする。成功すれば、結果的に世界の為にもなる。アレクたちの為にもなる。アレクがやらない場合は、正しい知識を持ってないから。

・アレクの5歳ぐらいの頃は、ずっと自分を見つめていて欲しがる。自分から目を離さないで欲しがる。赤ちゃんの全員が持っている特徴だけど、アレクは5歳ぐらいでも持っている。アレクは王様で我がままだからかもしれない。
・アレクの5歳ぐらいの頃は、私がいないと、「彼女」と、私を泣きながら呼び続けることがある。私は年下だから、他の部屋で寝ていることがある。子供の頃はみんなそうだが、大人よりも少し多く眠る。
・私と、アレクの5歳ぐらいの頃は、偽者の仲間が子供として、混ざっていることがあるので、アレクと、私と、ヘパと、エペイロス王の安全に注意して欲しい。
・私と、アレクの5歳ぐらいの頃は、お皿に食べ物が無ければ、無理して食べない。ヘパはよく食べる。ヘパによく食べ物を取られるが、まだみんな幼いので、状況がよく分かっていない。私と、アレクの皿に食べ物を追加するとよい。私もアレクも、あんまり食べないけど。私もアレクも、特に気にしない。
・アレクの5歳ぐらいの頃は、私は「アレク」と言い、アレクは「彼女」と言う。言い合っている。子供なので、それが楽しい。まだみんな幼いので、状況がよく分かっていない。
・アレクの5歳ぐらいの頃は、フィリッポス王に「アレク分からん」って、言われていた。
・本物のフィリッポス王は、アレクを的確に導く。察する親子。
・私は人質の状態が嫌い。一応、守るために人質らしいんだけど、私はそれを知らないから。
 重たいお金を持っていくことがある。
 近くに置いておけば安全だろうと、遠征にいるが、私を邪魔だと思う仲間に、私が暗殺されそうになる。
 私の体に少しでも傷がつくのを、アレクは、考えられないほど、嫌がる。王の嫁に傷とは、守れない自分が嫌、抱くと悲しいとなる。私は自分の傷を気にしない。
 暗殺については、「仲間が俺の言うこと(守れ)を聞かないことが問題なんだ」と言う。仲間はよく分ってくれない。私は真意を理解した。
 私が血が出て死にそうな場合、気絶しただけのことがある。早く治療しろ、死んでない。
 遠征以外の戦場では、私は怖がっている。アレクのユルユルで、たまに死ぬ。
 
・偽者が入ることで、死ぬ者が多過ぎる。死に過ぎる。機能しない。
・悪人の私への強要があると、結果として、死なないはずの者が、死ぬ結果となる。

・本物のヘパは、まぁまぁ知能が高い。察する。
 アレク大好き。天然
・本物のエペイロス王は、知能が高い。察する。
 アレクを知能が高いと思っている。アレクと仲良し。
 エペイロス王の、本物の仲間(家来)は、偽者よりも、ほんの少し、知能が高い。

・動物の皮

・王によって、選ぶ家来が違う。
 王によって、王の意志で、選ばれた家来だから、有能となる。
 選ばれない、勝手に潜入する(成り代わる)偽者の家来に、有能は発生しない。
 他の王の家来として、有能であっても、王が変わると有能が発生しない。
 家来に愛される王だから、家来の有能が発生する。
 選ばれない、勝手に潜入する(成り代わる)偽者の家来に、王を選ぶ権利は発生しない。
 
 『5人組や、5人組の仲間達』の下では、家来は有能になれない。
・マケドニアの時代と、21世紀の時代、両方の状態で用意しろ。
・墓、本物
強い。『5人組や、5人組の仲間達』など悪人は、後ろから攻撃してくる。
・奴隷商人に売られ
 ・私は『5人組や、5人組の仲間達』の記憶がない場合、未来に絶望すると、自殺したり、自暴自棄になり、セレウコスのところに奴隷として存在したりする。
 <絶望する原因は>
 ・私の国に『5人組や、5人組の仲間達』が、選ばれることなく、住民や、家来として、勝手に潜入し(偽者)、モノマネなどによる、デタラメな国の処置が行われ、本来存在するはずの住民が殺され、【守るべきものが無い】こと。
 ・子供の作られ方を知った時に、たまに。
 ・女の未来に期待がないと感じた時。
 ※セレウコスの国が狭くなったのは、私を奴隷として使ったことにアレクが怒ったから。
 アレクも私に気付いたが、私がヒドイ状態だったので、私に気付かない演技をした。
 セレウコスは、アレクに気付かれていることで、圧迫感が少しあったようだ。
 セレウコスは、いまいちな能力なので、アレクは、そのままにしている。
 ※本来の私は、普通の女の10倍ぐらい、たくましい「心と考え」と、行動力を持つが、不思議と、絶望の状態になることがある。
・私は、病気を持っている場合があり、足が悪い歩き方。21世紀の今は、病気を持っている。
 マケドニア時代の私は、病気がない状態のことが多い。病気があると、体が弱い。治らない。

<<【悪人の特徴】悪人とは (記事No.59)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>【やる事】やる事は、休みながら、行ってほしい (記事No.57)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ