<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★悪人とは > 【悪人の特徴】騙す行為(悪人の快楽1) (記事No.60)

★悪人とは

【悪人の特徴】騙す行為(悪人の快楽1) (記事No.60)

【★1。】悪人は、騙すという行為が、楽しい(快楽)である。

<1>。悪人は、騙された人の、騙された時の、反応(リアクション)が、楽しい。

<2>。まともな人も、恐怖を感じたときに、恐怖の苦痛から逃げるために、「笑う」行動をとることがある。

 ※1。これは、笑いの種類の1つである。全ての笑いの意味が、恐怖から逃げるためではない。

<3>。赤ちゃんも、「いないいないばあ」で、恐怖(ビックリ)を感じ、恐怖の反応から、笑いに逃げているから、笑うのである。

 ※2。「いないいないばあ」とは、両手で顔を隠し、顔が隠れている状態から、瞬間的に、両手を顔から外し、顔を見せることである。

<4>。突然の刺激的なこと。ビックリするようなことで、笑いが発生する。

<5>。恐怖を感じると、恐怖から逃げるために、笑いが発生する。

<6>。恐怖の認識を、やわらげるために、笑うのある。

<7>。<2>は、まともな人も持つ、反応であるが、悪人は、この反応の、欠陥を持っている場合がある。

<8>。悪人は、騙された人の、反応に対して、悲しみや、恐怖、驚きなど、を感じると、やわらげるために、笑うのである。

<9>。悪人は、「悲しみや、恐怖、驚きなど、を感じた」という、自覚が無い者が多い。笑いという反応だけの認識を持っていることが多い。

<10>。悪人は、「悲しみや、恐怖、驚きなど、を感じた」という、感覚もなく、瞬時に、笑いの感覚に移動しているのである。

<11>。つまり、悪人は、騙された人の反応から、笑いだけを感じて、認識しているのである。




【★2。悪人は、騙された人を、馬鹿だと、考える】

<1>。悪人は、騙された人が、なぜ、騙されたのか、理解しない。

<2>。善人は、優しさや、理論や、不要な機能がない、などの、まともな人の機能(特徴)を持つので、騙されるという結果になっている。

<3>。悪人と、善人は、機能に違いがあり、善人の反応は、悪人の持たない機能によるので、機能がない悪人は、善人の反応を、理解(認識)できない。

 それは、目の見えない人が、目の見えることを理解(認識)しない、ことと同じで、悪人は、目の機能がない、ようなもの。

<4>。まともな人(善人)の、当たり前の反応(機能)を、持っていないので、認識できない。機能を感じられない。機能の存在を知ることができない。

<5>。悪人は、善人が、騙されるという反応を、馬鹿だと考える。まともな人が、なぜ、騙されたのか、理解できない。

<6>。悪人は、騙された人に対して、

 ①よく考えれば、分かるのに、騙されている。

 ②なぜ、こんなに簡単に、騙されるのか。

 ③そんなわけ無いだろう。なのに、騙されている。

 と、考える。

<7>。悪人は、騙される者は、頭が悪く、弱い存在であると考える。




【★3。悪人は、人を騙すことに、成功した自分を、賢くて、人より優れていると考える】

<1>。悪人は、人を騙すことで、自分を有能だと考える。

<2>。悪人は、人を騙す事で、自分を強者であると考える。

<3>。自分の方が、人よりも、優れている、上に位置する存在である、と、考えることは、楽しい(快楽)。



【★4。騙されるものより、騙すものの方が、優秀だと考える、結果】

<1>。悪人は、騙される者に対し、導こうとする(悪人は欠陥品なので、導く先は、不完全なもの)。

<2>。悪人は、騙される者に対し、強要をする。

<3>。悪人は、騙される者に対し、主導権を握ろうとする。

<4>。悪人は、騙される者を、自由に(倫理観なく)、使おうとする。

<5>。悪人は、騙される者を、無価値として扱う。



【★5。騙す行為は、何度も行われる】

<1>。騙す行為は、一時的な快楽で、満足が続かないので、悪人は、騙す行為を、何度も求める。

<2>。騙す行為は、快楽(楽しい)であるから、悪人は、騙す行為を、何度も求める。

<3>。悪人は、記憶力が無いので、満足が続かないので、騙す行為を、何度も求める。

<4>。悪人は、満足しない(記憶力がない。欲深い(それ以上の量を求める、それ以上の水準を欲しがる)ので、騙す行為の、快楽を、何度も求める。

<5>。悪人は、快楽を求める機能が強いので、騙す行為を、何度も求める。

<6>。悪人は、暇を感じていることが多いので、暇つぶしとして、騙す行為を、何度も求める。






<<【悪人の特徴】悪人は、なぜ悪いことをするのか(悪人の快楽2) (記事No.61)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>【悪人の特徴】悪人とは (記事No.59)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ