<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★やる事の提示・「行うこと」 > 【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』へ行うこと (記事No.68)

★やる事の提示・「行うこと」

【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』へ行うこと (記事No.68)

 <【やる事】『5人組や、5人組の仲間達』へ行うこと>

 『5人組や、5人組の仲間達』は、まともな人の、機能を持たない、悪人であるので、『5人組や、5人組の仲間達』へ対する、「心」への攻撃は、予想した反応と、違うことがあり、苦痛や、悲しみを、与えられないことがある。

 まともな人は、心への攻撃が、一番、辛いだろうと考える。

 だが、彼らには、その心の機能が無いのだ。



 悪人が、まるで悲しんでいるかのように見えるとき、それは、「悲しんでいる人の擬態」であり、先祖代々、その技で、悪事をしても許されてきた、歴史がある。

 悪人の悪事が、そのまま悪事である、そのまま悪人であると、暴かれているのなら、今の時代まで子孫は生き残っていない。

 必ず、悪人が、生き残るための、子孫を残せるはずの、許されるための、悪人ならではの、機能がある。(人の作った法律も、悪人の生き残りの利益に、なってしまうことがある)



 善人は、自分に、悲しみがあるから、悪人も、同じである、という発想を持ちやすい。これは、「善人の妄想」である。

 悪人が、善人と、同じように悲しんでいるわけじゃない、「同じように悲しんでいるように、見える」だけである。



 『5人組や、5人組の仲間達』への、罰として、心への攻撃が、一番よいという人が多い。

 行っても構わない、誰もが、『5人組や、5人組の仲間達』の、被害者なのだから。

 誰もが、『5人組や、5人組の仲間達』へ、自分が行いたい、罰を行える権利がある。

 なので、好きな罰を、行ってもよい。



 ただ、私の意見として、『5人組や、5人組の仲間達』は、心を持たないので、「肉体への苦痛が一番」ではないかと思っている。

 なるべく、長い時間(3日~10年以上が望ましい)、肉体への苦痛を与えたい。

 という、望みがある。

 肉体への苦痛も、長時間、行えば、心へも、苦痛が行くようになります。




 最終的に、各自、各時代の自分と、合体し、知識の共有を、行うことが出来るので、少しでも苦痛を与えることに、意味がある。



 それと、原初の反応(原始時代など、初期の段階の人間が、すでに、持っていた機能)なら、悪人も、善人と同じものを、持っている可能性がある。



 何にしても、『5人組や、5人組の仲間達』に、罰を、執行しなくては、ならない。






<<【悪人の特徴】悪人の考え方 (記事No.69)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>【やる事】各サイトで、データのバックアップ&復元を厳重に (記事No.67)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
不快な世の中にウンザリしていて、善行をやらないとイライラが溜まるだけなので、やることにした。
世の中を良くする方法は知っているので、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
今(2019/5)は結構ヒマなので、多少読者の質問に答えられそうです。返事が気に入らなくても文句を言わない約束で(反論&意見は受け付けます)★メール★からどうぞ。
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ