<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★『5人組や、5人組の仲間達』 > 「利益を与えたから、苦痛を与えても構わない」とは、成り立たない理論であり、ならない(記事No.776)

★『5人組や、5人組の仲間達』

「利益を与えたから、苦痛を与えても構わない」とは、成り立たない理論であり、ならない(記事No.776)

【★1。「利益を与えたから、苦痛を与えても構わない」とは、成り立たない理論であり、ならない】

<1>。これは完全なる悪人の思考の流れであり、異常な思考(価値観)である。

 ①。人生の常に、他人の不幸を構わないとする価値観を、使用して生きている結果(の存在、日常的な異常な思考)からの、発言である。

 ②。人生の常に、正当な幸せの他人が、狡いので不幸になれば良いのにと妄想する(考える)価値観を、使用して生きている結果(存在、日常的な異常な思考)からの、発言である。

<2>。「利益を与えたから、苦痛を与えても構わない」という認識は、『5人組や、5人組の仲間達』の、「正当な理由が無く、不幸を与えられた被害者」、「正当な幸せを奪われた被害者」などへの、認識の仕方である。

<3>。対象者が、もう幸せを手に入れたので、悪事の対象にしても構わないとは、成り立たない理論であり、まともな人の価値観(思考)ではない。

 ①。対象者が、少しでも幸せがあったのだから、不幸を体験しても構わないとは、成り立たない理論であり、まともな人の価値観(思考)ではない。

 ②。対象者が、幸せを手に入れたから、代償に、不幸を体験しても構わないとは、成り立たない理論であり、まともな人の価値観(思考)ではない。

 ③。自分よりも幸せだったのだから、狡いので、不幸を体験しても構わないとは、成り立たない理論であり、まともな人の価値観(思考)ではない。

  ※補足1。現実の真実として、狡くない状態のことである。

 ④。現実の真実として、対象者は、いくらでも、大量に、幸せを手に入れても構わない、存在である。

 ⑤。現実の真実として、対象者は、大量の幸せを手に入れても、不幸を体験する必要(正当性)はない、存在である。

<4>。現実の真実として、悪事(不当な不幸)を受け入れても構わないとする、正当な理由(認識、理論)など、存在しない。

 ①。現実の真実として、とても小さな悪事(不当な不幸)でも、受け入れても構わないとする、正当な理由(認識、理論)など、存在しない。

<5>。『5人組や、5人組の仲間達』は、「利益を与えたから、苦痛を与えても構わない」と、いう発想(思考、価値観など)から、自分には罪が無いと、現実逃避をする場合が多い。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』は、「利益を与えたから、苦痛を与えても構わない」と、いう発想から、悪事(悪いこと、残酷なこと)が行われたのに、悪事(悪いこと、残酷なこと)ではないと、現実逃避する場合が多い。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』は、「利益を与えたから、苦痛を与えても構わない」と、いう現実逃避の発想(思考、価値観など)を、『5人組や、5人組の仲間達』は、悪事の表の理由として利用する。

  (1)。『5人組や、5人組の仲間達』は、他人の、この現実逃避の発想(思考、価値観、「表現」など)も、悪事の表の理由として利用する。

<6>。似ている思考の流れとして、『5人組や、5人組の仲間達』のクローンの作成時に、「不幸な人生だった人で可哀想だから、蘇生して、幸せを与えてあげよう」と、いう間違った価値観がある。

 ①。これは、『5人組や、5人組の仲間達』の、クローンを作成する場合の、表の理由として、使われることもある。

 ②。そして、『5人組や、5人組の仲間達』は、蘇生した人が、少しの幸せを手に入れると、殺す。

  (1)。これは、『5人組や、5人組の仲間達』は、「もう幸せを与えてあげたのだから、殺しても構わない」と、いう間違った価値観からの悪事である。

  (2)。これは、『5人組や、5人組の仲間達』の、「幸せな人は「狡い」から攻撃する」と、いう間違った価値観からの悪事である。

  (3)。『5人組や、5人組の仲間達』は、自分で幸せを与えるなどとして、蘇生して、自分の価値基準などで、勝手に判断して、蘇生した人を殺すのである。

<7>。似ている思考の流れとして、『5人組や、5人組の仲間達』の、「相手が覚えていないならば、相手に不幸を与えても構わない」と、いう間違った価値観がある。

 ①。『5人組や、5人組の仲間達』には、「自分の悪事を相手が忘れているのならば、自分の悪事は、無かったことである」と、いう間違った価値観がある。

 ②。『5人組や、5人組の仲間達』には、「相手が記憶しないならば、相手に不幸を与えても構わない」と、、いう間違った価値観がある。

<8>。死んだのならば、やり直しは不可能である。

 ①。やり直しではなく、新しい人が生まれたのである。

 ②。古い方の人は、死んで、人生が確定したのである。

 ③。死ぬたびに、常に、人生が確定している。

 ④。復讐は正当である。異常な悪人は駆除が正当である。不幸になるべき存在は、異常な悪人である。





<<「主犯」は、過去からずっと、偽者として行動している(記事No.777)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>私は、思っていない(記事No.775)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ