<お知らせ>・【2019/7~】小説家になろうで【悪がいるからダメなんだ】の小説を書いている。ブログの更新は、しばらくゆっくりになる。
・キャンプファイヤーで資金を集めています→★【神共 歩】「小説家になろう」のサイトで、無料小説を書いて、出版社に応募したい★
毎日、幸せを体で感じ、幸せな目線で、美しく広がった世界を見れるように

神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog> > ★《5人組や、5人組の仲間達》 > 『5人組や、5人組の仲間達』の、「それが本性」と、いう発言(記事No.785)

★《5人組や、5人組の仲間達》

『5人組や、5人組の仲間達』の、「それが本性」と、いう発言(記事No.785)

【★1。『5人組や、5人組の仲間達』の、「それが本性」と、いう発言】

<1>。『5人組や、5人組の仲間達』の、相手の『心と考え』や、行動を批判する意味の発言である。

 ①。主に、相手が悪いことを行っているように、見える場合に発言する。

<2>。『5人組や、5人組の仲間達』の、「主犯」が、よくありがちに、発言する言葉である。

<3>。「それが本性」という発言は、相手の『心と考え』や、行動を批判することで、相手に嫌がらせを行う為の発言である。

 ①。「それが本性」という発言は、相手への侮辱である。

 ②。「それが本性」と、いう発言で、相手に嫌がらせを行うことで、自分が有能者であると、いう表現を行おうとするものである。

 ③。この主犯たち(主犯と関係性がある『5人組や、5人組の仲間達』の仲間たち)は、この記事の内容から、「嫌がらせと認識が出来ているのならば、この発言に効果がある」と、判断(認識)する場合が多く、何度も発言したがる。

<4>。「それが本性」という発言は、相手の『心と考え』や行動を批判することで、自分は相手を批判する、正しい人(善人)の立場の人であると、見せ掛ける為の発言である。

 ①。真実としては、正しい(善人)の立場ではなく、「主犯」である。

  (1)。真実としては、過去からずっと、『5人組や、5人組の仲間達』の悪事に加担している「主犯」である。

 ②。過去の、私の働いていた状態などを知っているので、自分は、「知っている」という表現である。

  (1)。ちなみに、私の、「この批判を受けている状態」も、「働いていた状態」も、正しい状態である(悪い状態ではない、批判を受ける正当な理由が無い)。

 ③。この主犯たちは、過去から何度も色々な場面で、同じ発言をするので、この主犯たちの、思考の流れや価値観などの、性質として持っている、特徴である。

  (1)。これは、この主犯たちの、自分を善人である(『5人組や、5人組の仲間達』ではない)と、見せ掛ける為に、好む方法である。

  (2)。これは、この主犯たちの、相手を批判することで快楽を得るのに、好む方法である。

   1。つまり、「知っている」という状態で、相手より優位になると、いう価値観である。

<5>。「それが本性」という発言は、私の行動を、悪いものであると、見せ掛ける為の発言である。

 ①。真実として、私は正しいことを行っているが、この発言から、私の行動を悪事であると、他人に見せ掛けよう(誘導しよう)と、する発言である。

 ②。私の、正しいことをしている状態の、過去からの「全て」が、嘘(捏造)であると、他人に見せ掛けよう(誘導しよう)と、する発言である。

  (1)。真実としては、私の、正しいことをしている状態の、過去からの「全て」が、嘘(捏造)であるとは、ならない(成り立たない)ことである。

  (2)。真実としては、私の、正しいことをしている状態の、過去からの「全て」の、1つも、嘘(捏造)であるとは、ならない(成り立たない)ことである。

  (3)。真実としては、私という物体が、正しいことを行う物体(性質)であることは、大量なものから、証明されていることである。

 ③。この主犯は、この発言から、私の正しい行動(真実の行動など)が、邪魔(阻止)されることを、誘発しようとする。

 ④。この主犯は、この発言を表の理由として、他の『5人組や、5人組の仲間達』の悪事が発生することを、誘発しようとする。

<6>。真実としては、本物の私の全てが、私の本性である。

 ①。一部だけを焦点にして、部分の認識をすることは、間違った解釈を持つことになる。

 ②。「それが本性」の、「それ」も含めて、全てが、私の本性である。

  (1)。人は、全てを知ることが出来ず、真実を認識することが出来ない状態なので、私が正しいことを行っている(言っている)と、分からないのである。

<7>。この主犯が、よくありがちに発言するので、関係の近い仲間も、発言するようになる。

 ①。似たような立場の、関係の近い仲間なので、この発言を気に入り、自分も発言しようとする。

<8>。真実としては、過去からも全て、私の正しい状態への、発言である。

<9>。過去に、アレクが同じ発言をしたことがあるが、それとは別のことである。

 ①。アレクは、自分を善人であると見せ掛ける必要が無く、過去からずっと、善人の活動に協力している、真実として善人である。

 ②。この出来事の、アレクの発言の対象は、私の偽者である可能性がある。

  (1)。これは、私の、意識の分断が発生している状態の出来事である。

   1。アレクが、「不自然に私に接近していた」、「同じ発言をする主犯も近くに存在していた」、「偽者たちも、私の近くに存在していた」状態の出来事である。

   2。つまり、捏造の状況が、発生していた状態の出来事である。

  (2)。私は、アレクの、この発言を聞いたが、私のどこへ向けての発言なのか、私は分からない。

   1。つまり、本物の私の意識の無い状態を対象とした発言の可能性がある。

 ③。「俺の嫁は、こんなに怖いの?」、「意外だった」と、いう意味の可能性もある。

  (1)。だが、私は、あまり言わないと考える。

 ④。アレクの偽者も、この発言をしたことがある。

 ⑤。悪人に、アレクが発言する場合もある。

<10>。この主犯たちの、過去から何度も繰り返される、「それが本性」という発言に、私は「そうです」と返答していることが、過去からずっと続いている。

 ①。この主犯は、私のこの主張などから、「私が悪いことをしている場合に言ってやろう」と、『心と考え』に強く持ち続ける(機会を待つ)。

  (1)。この主犯たちの、私の正論に反発しようという、性質の反応である。

 ②。この主犯たちは、この発言からの、私の反応を見る為にも、何度も発言する。

  (1)。この主犯たちの、不要で、不快な試しの行動である。

 ③。私は、過去からずっと、数百回以上は、この発言を聞いている

 ④。この主犯は、「俺も、善人に見せ掛ける必要が無い」と、主張(発言)する場合がある。

<11>。この主犯たちに、『5人組や、5人組の仲間達』に何を要望され、自分は何を行ったのか、『5人組や、5人組の仲間達』の知っている情報などを、質問すること。

 ①。完全な、善人の活動の邪魔であり、「主犯」であるので、見つけしだい、削除すること。






<<『5人組や、5人組の仲間達』の、有能者のモノマネは、有能者の表面だけを使ったものになる(記事No.786)神共 歩(しんとも あゆむ)公式ブログ <shintomoayumu blog>『5人組や、5人組の仲間達』に、過去の私のものを、今の私に強要されることで、今の私に必要なもの(欲しいもの)が無い状態になる(記事No.784)>>

コメント

コメントする

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

↑このブログを検索が出来る。
記事No.や、使用している言葉などを枠に入力して[検索]をクリック。

プロフィール

神共 歩(しんとも あゆむ)

Author:神共 歩(しんとも あゆむ)
ただ今、「小説家になろう(外部サイト)」で無料小説を書いています。
 世の中を良くする方法を、とりあえず小説で書くことから初めてみようかなっと思いまして・・・
 分かりにくい表現や、誤字などがあるかと思いますが、今(2019/5)はかなり忙しくて直せません。内容はとても重要なことだと考えているのですが、生活に関して忙しいのです。3年以内に誤字などが直せたら上出来だと思っています。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。

月別アーカイブ